fc2ブログ
RSS
Admin
Archives

ぐりとぐらの本日も自転車日和なり

素人チャリダー夫婦の自転車生活あっちこっち

プロフィール

ぐりとぐら

Author:ぐりとぐら
自転車ど素人夫婦・ぐり(夫)とぐら(妻)が、07年11月 ジャイアント・エスケープR3を衝動買いしてしまって始まった自転車ライフ。09年1月にはBianchiロード・Via Nirone7 Al/Ca 105 Compactとミニベロ・MiniVelo 7を、そして10年3月GIOS VECCHIO 16年8月GIANT TCR ADVANCED PRO TEAM も加わってどこまで行くの?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2022.10
14
Category : ブルベ


221010a.jpg




221010b.jpg

ランドヌ東京「BRM1008東京600 奥日光600」に参戦してきました。

今年、200,300,400のBRMを走ったので、この600をとれば夢のSRということになります。
平日休み族の私がSRを取るという機会は、コロナ禍における対応としてとられたN2BRM方式があればこそ。コロナが収束した際には以前のように土日しか開催されない日が来るかもしれません。そうなってはSRはおろかブルベに参加することすらできなくなるかもしれません。
「600km走る」ということに不安を感じますが、せっかくのチャンスを逃す手はないと勢いで参加を決めてしまいました。

ランドヌ東京では私が参加できる600ブルベはこの「奥日光600」しかありませんでした。
10月にもうひとつ「ぐるっと関東一周」があるのですが、開催期間が1週間しかなく(通常2週間)私が参加できる日程がなかったのです。
つまりSRを取るには一発勝負となってしまいました。

私が参加できる日は10月10日です。昔の体育の日、今はスポーツの日です。この日は晴れの特異日なので、天候の心配はしていなかったのですが当日近くなってくると天気予報が芳しくありません。どうやら雨ブルベになりそうです。

雨だと荷物が多くなります。
レインジャケットはウインドブレーカーの代わりとして持ってゆくので良いとして、レインパンツを持つか否か。シューズに被せるカバーをどうすか。雨用手袋を持つか。

400ブルベの時に雨に降られて、完全防備体制で臨み完走できたという体験をもとに、今回もできるだけ雨に濡れない作戦でゆくことにします。
レインジャケット、レインパンツ、テムレス(ビニール手袋)、100均のビニールシューズカバー。400の時はビニールシュージカバーの上からパールイズミのシューズカバーを被せて履いたのですが、今回は100均のカバーのみとしました。

また、急遽ポチッたのが、フェンダーです。

SKS エスボード フロント用マッドガード フェンダー
221010c.jpg


取り付けもゴムバンドだけで手軽だし、見た目もそれほど目立ちません。後輪はサドルバックをつけるのでフェンダーはつけませんでした。


この時期、何を着てゆくかも大いに悩みました。
今回一番標高が高いのが金精峠です。天気予報を確認すると気温2度とかになっています。まあ、これはその日が特別に寒かった日だったからですが、400の時に寒い思いをしたのでちょっと峠の気温に敏感になっています。そして翌日の最高気温が28度とか。もう真冬と真夏を同じ服装で走れなければならないということです。
直近の天気予報で金精峠の気温が15度程度とわかったので、15度対応のジャージとレインジャケットで対応することにしました。が、やはり寒さのトラウマで小さくたためるウインドブレーカーを2つと、万が一の場合のエマージェントシート(寒かったときジャージ下に巻き付ける)までサドルバックに入れました。

モバイルバッテリーや予備電池など詰め込むとサドルバックは一杯に。レインジャケットの入る余地がなくなってしまったのでジャージのバックポケットに収まることとなりました。

ボトルゲージには輪行袋、ツールボトル。ステムポーチにドリンクと補給食。


いつものように出発は深夜と考えていたのですが、夜間に大雨が降る予報なので予定を変更。朝には雨雲が切れるそうなので6時スタートとします。
このBRMの標準出発時刻は6時なのでそれに合わせました。
深夜スタートのつもりで予約していた、ひたちなか市のビジネスホテルをキャンセルして宇都宮のビジネスホテルを予約し直したりと相変わらずバタバタです。

ここからが、当日の話。

いつもなら仕事が終わってなるべく早くベッドに入り23時ころ起きて出発するというあわただしいパターンですが、今回は3時半まで寝ていられるので睡眠も十分とれました。
ゴールPCがある武蔵中原近くのコインパーキングに5時すぎに着いて自転車を車から降ろし、5時半にはスタートPCのコンビニに到着。

スタートPC
セブンイレブン 川崎小杉陣屋 2丁目店 6:00 おにぎり

221010d.jpg


リモートブルベカードから事前スタート申請をして、6時ピッタリのレシートを取得。

空は曇っていますが、雨は大丈夫そう。路面は濡れていますが、フロントフェンダーが仕事をしてくれて靴も濡れません。
いい風が背中を押してくれて快走。

私が深夜スタートにする理由のひとつとして、通勤時間帯の混雑を避けたいからということがあります。しかしこの日は祭日ということで交通量も少なくスムーズでした。
前に走ったBRMと被るルートであると思われ見覚えのある看板や建物も見つけますが、走る時間帯が違うのでちょっと新鮮です。
雨の降っていない平坦ステージなので、ここで貯金を稼がなければとちょっと頑張って走っています。

PC1 46km
ファミリーマート海田岩蔵街道店 8:23 おにぎり 貯金 55分

221010e.jpg


家から持ってきたINゼリー的なやつもここで補給。
この辺から雲が厚くなってきました。

若干のアップダウンもありながら、まだ平坦ベース。淡々とペダルを踏んで距離を縮めてゆきますがまだまだ序盤も序盤。
霧雨のあかちゃんみたいなものが落ちてきたり止んだりを繰り返していましたが、ときがわ町に入った頃雨が降ってきました。
せっかく雨装備を持ってきたし濡れるのも嫌なので、レインジャケットとレインパンツ、グローブをテムレスに変えビニールシューズカバーまでして完全雨装備。
で、10分くらいしたら雨上がりました。
面倒なのでそのまま次のPCまで脱がずに行こうかと思ったのですが、例の撮影スポットがあったので停車。そこで雨装備を解除しました。

小前田駅
221010f.jpg


ちょっと青空も顔をのぞかせるくらい天候回復。

ガリガリ君工場
221010g.jpg


PC2の隣にどさん娘ラーメンがありちょうど開店したところだったので昼食をとることにします。
いつも変な時間にスタートするのでランチ難民になりがちなのですが、標準時刻にスタートするとちゃんと昼時にランチスポットがあるような所を通過するようになっているのですね。

中華丼
221010h.jpg


やはりしっかり補給しないともちません。今回はなるべくPC以外で補給で止まらぬようにミニ羊羹とINゼリー的なものを多めに持ってきて道すがら口に入れてきました。

PC2 103km
セブンイレブン児玉町児玉店 11:34 グリーンダカラ 月餅 貯金 1時間18分


空は晴れ、もう雨は降らないだろうと安堵。
だんだん登り基調にはなっているけど峠というわけではないので、それほど辛くもなく進んでゆきます。
正直、あまり見どころもなくただただ前に進むだけです。

PC3 165km
セブンイレブン沼田鹿野店 14:48 水 ミニッツメイド朝バナナ カップ天ぷらそば 野菜ジュース おにぎり 羊羹×2 貯金 2時間12分 

221010i.jpg


ここまで主に羊羹を1時間に1個づつ食べて甘いものに飽き飽きしていたので、しょっぱい天ぷらそばを補給。羊羹のエレルギーは1時間で切れる模様。

さて、ここから山岳ステージ。今回の山場です。

いきなりすごい坂が現れます。

遊覧坂
221010j.jpg


国道120号線の起点となっている場所です。
ここからこんな坂が金精峠まで続くのかと焦りましたが、登りきると街中に入り斜度は落ち着きました。

ルートは椎坂白沢トンネル手前で旧道に入りちょっとした峠をクライム。
変哲もない普通の峠を登りきると椎坂峠。ここにいきなり観光施設跡の廃墟が現れました。

221010k.jpg


椎坂白沢トンネルが2013年に開通したことにより交通量が減り廃業したのかと思いきや、トンネル開通前もう廃業していたようです。
誰もいないひっそりとした峠の巨大な建造物が物悲しかったです。

峠を降って国道へ。

秋の山が美しいけど、紅葉はまだまだ。
221010l.jpg


先へ進むと吹割の滝。観光客の姿がちらほら。

だいぶ陽も傾いてきて、道の駅尾瀬かたしなにピットイン。

221010m.jpg


プリンいただきました。卵の味が濃厚でカラメルの苦さがおいしさを引き立てます。

221010n.jpg


ここを出るころにはもう暗くなってしまいました。

尾瀬大橋
221010o.jpg


霧が幻想的。

ここから登りが厳しくなってきます。
そして街灯もない真っ暗な峠。交通量もほぼありません。ひとりゆっくりとペダルを踏み下ろす作業を延々と繰り返します。

道路脇の藪でなにかガサガサと動く動物の気配。獣の鳴き声。道端に茶色い動物が目に端に入りましたが、確認するのが怖かったのでスルーします。ホーホーとフクロウが鳴いていました。

月が出てきれいでした。
221010q.jpg


丸沼高原まで長かった。
221010p.jpg


自販機でお茶を買って一休み。
ここまで来たらあと少しだとその時は思っていたのですが、実は尾瀬の道の駅からまだ半分しか来ていなかったのでした。
もう峠だろう、もう峠だろうと思いながらなかなかたどり着けない金精峠。心を無にして進むだけ。

そして、やっと、やっと金精トンネル。

221010r.jpg


長かった。本当に長かった。

通過チェック 223km
金精峠の標高標注 20:07 貯金 2時間41分

221010s.jpg


ここでレインジャケットを羽織りダウンヒルに備えます。
午後8時といえば街ではまだまだ宵の口ですが、ここは金精峠。無人の山の中です。
街灯もなく暗い峠を降ってゆきます。このコースを考えた方が、なぜこの時間にここを通すことにしたのか?金精峠を絡めて600km走るとなれば必然なのか。

降り始めてすぐに道路脇から牡鹿が道路を横断してゆきます。路面も良いとは言えないし、暗いのでスピード抑え目で行きます。ここで今転倒したら詰むこと間違いないです。
寒いので、サドルバックからもう一枚ウインドブレーカーを出して重ね着。インナーグローブも投入しました。
暗くてわからないけど、滝の音が大きくして「湯滝だな」とか直線道路になったから「戦場ヶ原だな」とか。竜頭の滝で止まってみましたが紅葉は確認できませんでした。
中禅寺湖を過ぎていろは坂に入ると霧が濃いです。3mくらい先しか見通せません。ゆっくりゆっくり降ります。
金精峠からの降りはボーナスステージと思っていましたが、そうとはいかなかったです。いろは坂を降りきると霧は晴れました。

神橋
221010t.jpg


ここからも降り基調。杉並木(真っ暗だけど)をスピードに乗って進んでゆきます。しかし、なぜか空から水分が・・・。
雨はもう降らないものだと思っていたら、ちゃんとした雨が降ってきました。しばらくそのまま走っていたのですが、お尻に冷たさを感じ始めたので雨装備に変身。
で、10分くらいしたら雨はあがりました。雨装備に着替えると雨が上がるシステム。
もうすぐ宿に着くので、そのまま進みます。

ホテルアーバングレース宇都宮 
221010u.jpg


23:30頃チェックイン。
本当はランドリーでジャージなど洗濯・乾燥しようという計画でしたが、1秒でも早くベッドに入りたかったので止めました。インナーだけ水道で手洗いしタオルで水分を拭いてハンガーで干しておきます。
湯船にお湯をためてマッサージ。髭をそってさっぱりします。
ベッドに入れたのは24時。アラームは2時半としました。6km先の通過チェックコンビニの参考タイムが2:04なので、30分以上借金ですが、睡眠時間の確保を優先しました。

ベッドに入ってすぐに眠れるか?ここまで眠気は感じないまま走ってきました。しかし十分に疲労しているので、ウトウトしていつのまにか浅い眠りについたようです。
自然に2時過ぎに目ざめたのでそのまま起きました。
身体が重くて起き上がれないのでは?と心配していましたが、思いのほかスッキリ。かなり回復した感じがあります。これは湯船につかってマッサージをしたからか?アミノバイタルを寝る前に飲んだからか?
歯を磨いてコーヒーを飲んだら、準備に取り掛かります。手洗いしたインナーは乾いていなかったけど、体温で乾かします。
チェックアウトして走り出したのは3時でした。計画通りです。

通過チェック 301km 
セブンイレブン宇都宮石井東店 3:27  チキンカツサンド 野菜ジュース 月餅 グリーンダカラ 借金 1時間23分

221010v.jpg


もう、おにぎりも羊羹も見たくないので、サンドイッチ。

借金を返すべくペースを上げたいところですが、徐々にアップダウンが出てきます。淡々と進むのみです。

茨木県に入るころ、空が明るくなり始めます。
221010w.jpg


朝日が昇るころ霧。
221010x.jpg


濃い霧が太陽の光を遮断しています。
走っていくと畑が切れたと同時に霧は消失。畑の水蒸気が霧の発生源だったのでしょうか。

牛丼でも食べたいなと思っていたところにセコマ発見。

221010y.jpg


セコマのホットシェフのお弁当が食べたいと常々思っていたのでピットインします。

セイコーマート那珂戸店 6:08 豚カルビ丼 ほうじ茶

221010z.jpg


へたな飲食店で食べるより美味しいです。そして安い。

通勤時間帯になって道路は混んできました。海に近づくにつれ平坦になってくれるのがうれしいです。

ひたち海浜公園
221010z2.jpg


ひたち海浜公園は、いまはコキアが見頃なのでしょう。開園前から駐車場に車が並んでいました。

通過チェック 376km
磯崎漁港公衆トイレ 7:28 借金 24分

ここからはもうど平坦なはず。
海を見ながら進みます。

那珂湊のおさかな市場はまだ準備中っぽかったのでスルーします。

海門橋 幸運の鐘

221010z3.jpg


鳴らさなかったけど。

セブンイレブン鉾田上釜店 8:44 クリームオムライス 飲むヨーグルト 羊羹×2

おにぎりの顔を見たくなかったので、オムライス。ガッツリ目に補給して補給回数を減らす作戦。だけど保険で羊羹だけは買っておきます。しかしコンビニ飯に飽き飽きです。
ここで400kmほど走ったので、チェーンに注油。そしてvolt800に給電しておきます。

海沿いのまっすぐな道。
これまで風に恵まれていたのですが、ここにきてちょっと向かい風になったりします。そして眠気を感じてきました。身体もあちこちで悲鳴をあげはじめてきています。
下ハンを握ったり、ブラケットの先をつかんだり姿勢を変えながらやり過ごします。心はとっくにからっぽで、ただただ脚を回すマシーンとなっております。

鹿島スタジアム
221010z4.jpg


ここまでくると、なんとなく知ってる土地という安心感。

セブンイレブン神栖1丁目店 10:55 レッドブル

なんとなくシャキッとしないので、レッドブルを投入するも効果のほどは疑問。

銚子大橋
221010z5.jpg


千葉県に入ると圧倒的な安心感に包まれます。まあ、銚子にはあまり来ないんだけど。

通過チェック 463km 
セブンイレブン銚子新生店 12:18 チーズバーガー 水 カフェオレ 速攻元気ゼリー 貯金 38分

221010z6.jpg

とりあえず貯金が出来ましたが、ぎりぎりです。次のPCは足きりがあるので頑張らないとです。
気温が上がって暑いです。15度対応ジャージはオーバースペックだけど、前日の天候を考えるとこれでベストだったのでしょう。

銚子は久々にアップダウンがあります。てっきりドーバーラインを走るものだと思っていたら、ルートにはなかったのでちょっとラッキーでした。

銚子といえばキャベツ畑と風車
221010z7.jpg


東総広域農道も風に押されたり押さえられたりでした。ここも頭はカラッポでケイデンスマシーン。そして走ることに飽きました。

道の駅多古を過ぎて芝山を抜け八街へ向かいます。この辺になると普段走っている道なのであそこで坂だとかわかっちゃうのでよし悪しです。

PC4 523km
ローソン八街松が丘店 15:29 サクレ 貯金1時間27分
221010z8.jpg

さっぱりしたものしか受けつかないのでサクレ。レモンのすっぱさが心地よいです。
ゴールまで79kmを6時間半で走れば良いので余裕が出てきました。

PCを出て走り出すと脚が痛いです。これはおにぎりで治るやつなので羊羹を投入します。もう羊羹は飽き飽きしているのですが、薬と思って感情を殺し口に入れます。
するとやっぱり脚の痛みは消えるから補給大事ですね。

千葉市街から稲毛へ。

稲毛・美浜橋から美しい夕景
221010z9.jpg


ここ左に曲がるとわが家方面ですが、逆向きに走られければならぬ理不尽。

帰宅時間帯なので車もママチャリもわんさか。
特にママチャリは逆走・信号無視オンパレード。カオスです。

浦安橋を渡るとき、ここは自転車通行禁止なので歩道を通るのですが歩道を降りる時グルグルまわって降りるので方向を見誤り来た方へ走ってしまいました。
方向音痴の成せる業です。なんか走っていてさっきみたスーパーに似てるなと思ってたら青看板に「行徳橋」と。そこで来た道を戻っていると気づきました。
Uターンしてまた浦安橋へ。慎重に方向を確認して永代橋方面へと進みました。これで10kmくらいロスしたようです。

都内は信号峠が厳しかったです。
なんだかちっとも進みません。制限時間にはちょっと余裕だななんて思っていましたが、なんだか怪しくなってきました。
気持ちは焦っても遅々として進まないです。PCはまだか?あのコンビニか?サイコンの距離はとっくに600kmを越えているのに(自分のルートミスの為)。

ついにゴールPCにたどり着きました。

Goal 602km
ローソン武蔵中原駅北口店 20:50 水 貯金 1時間10分

221010z10.jpg


38時間50分で完走しました。
これでSR(仮)です。

221010z11.jpg


ブルベ600。長い。
ブルベは600より400の方がキツイなんてよく言われますが、私的には600の方が厳しいかもしれません。400は雨と寒さで別の意味で苦しみましたけど。

600は途中で眠れるから楽だというのも脚のある人の話で、私のようにわずかしか仮眠が取れない身には焼け石に水のようなものです。
400はなんだかんだいって一日で完結する気軽さがあります。600は仮眠場所や時間の運用に技がいりそうです。

600km後の身体。
私は300km以上走るとお尻の皮がむけがちなので、今回は プロテクトj1 を使ってみました。お尻の皮むけはなかったです。
前腿の筋肉痛。今回、200kmから100km進むごとにアミノバイタルを服用したので、この程度なのか?まあ普通に痛いですがこれは仕方ないですね。
右手の親指・人差し指・中指の痺れ。左手は何ともないので右手に荷重しているようです。手の痺れは600あるあるみたいなのである程度不可抗力か?完治まで時間がかかるようです。
疲労感半端ないです。400のときはここまであと引いたかなあ?というくらいに。よく「ブルベ腹」といって食べても食べてもお腹が空いた状態なんていう現象が語られますが、寝ても寝ても眠いといういわば「ブレべ寝」状態になりました。

(仮)ながら、SRという目標を達成できました。
ここで一旦ブルベはお休みしようと思います。
私の性格上、どうしてもブルベ中は次のPCに着くということに集中してしまいます。せっかくすばらしい景色が広がっていても見る余裕はなく、時間と距離のことしか頭に入ってきません。
また、ブルベは獲得標高が高めです。ひとライドひとクライムで十分な私にはオーバースペックなルートなことが多いような。

SR(仮)がとれたということは、私にとって大きな自信となりました。
ブルベを体験しなければわからなかったこと(雨天走行や補給の取り方など)も多く、これからのサイクルライフに大きな成果を得られたと思います。


ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト