fc2ブログ
RSS
Admin
Archives

ぐりとぐらの本日も自転車日和なり

素人チャリダー夫婦の自転車生活あっちこっち

プロフィール

ぐりとぐら

Author:ぐりとぐら
自転車ど素人夫婦・ぐり(夫)とぐら(妻)が、07年11月 ジャイアント・エスケープR3を衝動買いしてしまって始まった自転車ライフ。09年1月にはBianchiロード・Via Nirone7 Al/Ca 105 Compactとミニベロ・MiniVelo 7を、そして10年3月GIOS VECCHIO 16年8月GIANT TCR ADVANCED PRO TEAM も加わってどこまで行くの?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2022.02
25

220223a.jpg


ハプニングライドの翌日。回復走。
前日の風も治まり、晴天の自転車日和。

デポ地を道の駅・つどいの郷むつざわとさせていただきました。
220223b.jpg


相変わらずの自転車天国・いすみの田園を行きます。

たまに通りがかる公園内の赤い大きな鳥居
220223c.jpg


普段はスルーしていましたが、本日はのんびりポタリングなので気まぐれに寄り道してみます。

八幡神社
220223d.jpg


こじんまりとしていますが、なかなか趣のある神社です。

参道の入り口に脇道のようなものがあって、これが宮に向かうもう一つの参道?「どんぐりの山路」という看板がたっていました。

220223e.jpg


昔はここから登ったのでしょうか??

さて、ルートに戻り田園からプチっと風景が町並みになってきますと、本日の目的地「杢珈琲」さんへ。

杢珈琲
220223f.jpg


古民家カフェというやつですね。

中に入ると平日にもかかわらず先客が2組。私たちの後にも3組来店されたのでなかなかの人気店か。
あまりカフェとかいかないので、こういうものなのか私にはよくわかりませんけど。

季節のパフェとコーヒー
220223g.jpg


このお店はパフェが推しみたいで、他のお客さんもこのパフェを頼んでいました。
丁寧な細工を施した美しいパフェが1600円というのは、きっとお安いのでしょうね。
他のお客様方はきっとゆっくりとおしゃべりに花を咲かせるのでしょうが、中年夫婦は会話もなく食べたら帰るというスタンス。

一宮に向けてリスタート。
途中、小学生男子のクロスバイク乗りが笑顔で挨拶してくれて心洗われました。

一宮でお目当てのいちご大福の「かねきち」さんもお隣の「赤七屋」さんもお休みでした。

一宮川沿いのサイクリングロードを通るつもりだったのですが、工事中で通行止め。
迂回して国道128号に出たら、たまによる農産物直売所があったので野菜などお買い物。

キャベツメンチというのがおいしかった
220223i.jpg


ルートに復帰してランチスポット「バーガーキッチンラフィン」さんに到着。
220223j.jpg

220223k.jpg

220223l.jpg


このお店、今年の1月にオープンホヤホヤです。
最近のハンバーガー屋さんの値段の高騰にはついてゆけませんが、ここはリーズナブルなお値段でとてもおいしいバーガーを提供してくれます。
いろんなハンバーガー屋さんに行きましたが、ここはかなり個人的ランキング上位です。

お店の前の道をまっすぐ進めばデポ地の道の駅ですが、ちょっと寄り道してインスタ映え隧道へ。

第二永井隧道
220223m.jpg


なんでこんなに細長いかというと、上の方が崩れてきっちゃったらしいです。

この隧道をくぐった先に古墳があるというのでついでに立ち寄ります。

油殿古墳群
220223n.jpg


ついでに寄ったわりにすごく立派な古墳でびっくり。かなり大きかったです。

無事デポ地に到着。

やぎさん、どや顔でお出迎え
220223o.jpg

自転車日和、のんびりポタリングでしたが、なかなか見どころあった34kmでした。


ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



2022.02
23


220221a.jpg

4時に起きた。
風がシャッターを揺らしている。電線がうなりを上げる。暴風といってよい。
外に出ると月が冴え冴えと輝いていた。天気は問題なさそうだ。
TVを付けると千葉テレビで天気予報が流れていた。それによると風は日中弱くなるらしい。天気予報を信じていいのか疑心暗鬼になる。

なぜこんなに早く起きたのかというと、引いたルートが走行距離220kmだったから。私の脚では13時間くらいかかってしまう。5時に出発すれば18時頃には帰宅できるだろう。
そして今回は風を計算したルートにした。初め北風が吹いてのち西風に変わるという予報から、南房総に南下してそこから東に登ってゆけば楽して走れるという算段だ。つまり風は味方なわけだ。強風は強く背中を押してくれるはずである。
そう思って出発することにした。

最初に考えたルートは袖ヶ浦市の住宅街を通り抜けて鹿野山に出るということだったけれど、あまりにも強風なのでいつものJR内房線沿いの県道で行くことにした。
初め西に向かうことになるのだが、それでも風はアシストしてくれているようでペダルが軽い。少しでも北に向くと途端に進まなくなるので恩恵は大きいようだ。

姉ヶ崎を過ぎたとき、久留里街道で南下することを思いつく。
久留里街道を進めば、あえらかじめeTrexに入れてあるルートに合流できるからだ。進路を南に向けるとこれまで以上に背中を押されスピードに乗ることができた。
姉ヶ崎が久留里街道の起点になるのだけど、起点から走ることはほぼないことなので新鮮な気分を味わえるはずなのだけど、辺りは真っ暗なのでただただ脚を回している。

東の空が明るくなってきた
220221b.jpg


湯名交差点から県道166号に右折して、正規ルートに入る。小櫃川沿いを進む。
国道465号、国道410号と道の名前を変えてゆく。6時頃にはTVの予報通り風はおさまっていて雲一つない朝がやってきた。

気まぐれで本来のルートを外れた。
引いたルートだとアップダウンがあって回避したかったからだ。しかし、それが今回のライドがつまずく初めの一歩となってしまうのだった。
この辺りは走りなれているので、油断していた。私が生粋の方向音痴であることを忘れていたのだ。
東栗倉交差点に立った時、どちらに向かうか迷った。スマホを取り出し現在地を確認するも自分が向かう方角の表示(グーグルマップの)がなにか違うような気がする。eTrexの画面を拡大させて正規ルートを見るとずいぶん離れていてルートに近い方角に向かうことにした。
走っているとずいぶん登ったり降ったりする。でも正規ルートである紫色でマークされている道が近づいてくるので安心感がある。のだが、その正規ルートを越えてしまった。が、そんな道はない。そう、ここは陸橋。正規ルートはこの道の下なのだ。

ここはどこ?

再びスマホで確認すると房総スカイラインであった。
このまま進むと鴨川に出てしまう。鴨川まで行ってしまうとかなりショートカットしてしまうので、せっかく朝早く出てきた意味がなくなってしまう。
となると大鹿倉林道で三島湖に降るしかない。

三島湖まで降りてきた
220221c.jpg


ここから国道410号に入り正規ルートである和田までゆく。
同じような場所をぐるっと回ってなにやってるんだかとも思うが、まあ目的地らしい場所もないのでいいかと思うことにしよう。

国道410号は君鴨トンネルまで登る。トンネルをくぐって降り長狭街道にぶつかったコンビニで補給。本当は鹿野山の麓のコンビニで休憩するつもりだったので疲れた。

セブンイレブン 鴨川長狭中学校前店 8:33

おにぎり あんまん


このまま国道410号を行く。酪農の里をすぎればあとは降るのみ。
県道296号に入って正規ルートに戻った。もうeTrexの指示のまま走ろうと心に決める。

菜の花満開
220221d.jpg


eTerexの示すとおりに走ってゆくと知らない道だった。
ルートを引くときはなるべく近道を選ぶのでたまに未舗装路にでたりするハプニングもありがちだ。

沼蓮寺
220221e.jpg


こんなところにお寺があったのは知らなかった。

なんだかわからないけれど眠気を感じる。私は日が昇ってしまうとあまり眠くならないのだけど、道の駅・和田浦で小休止としよう。

220221f.jpg


コーヒーとパンを陽のあたるベンチで頂く
220221g.jpg


海沿いに出ると西風が吹いているようだ。あからさまな強風ではないけれど、それでも快走できるということは目論見通りということか。

鴨川松島 いつもここで写真撮りがち
220221h.jpg


安房小湊まで来てちょうどたまに利用する定食屋「いいとこ」の前を通過したのが開店時間の11時だった。でも10時に和田でパンを食べちゃったのでお昼はもう少し先にすることにした。
ここから海沿いを離れ内陸に向かう。県道82号の九十九折れを登って大多喜街道へ。

予定では大多喜街道を渡って、県道273号から御宿方面へ行くつもりだったのだが。

通行止め
220221i.jpg


ちょうどお腹も減っていたので、大多喜街道沿いの飲食店でお昼にしようと思う。ここを過ぎるといすみまでランチスポットがない。

無双庵
220221j.jpg


ミニ海老天丼と卵とじ蕎麦
220221k.jpg


温かい蕎麦が身体に染みわたる。

予定していた道が通行止めなので、もう一本脇の市道で県道174号で出ることにした。この市道はクイーンズケーキの脇に繋がる道だ。シュークリームでも食べようか。
しかしまたこの道も通行止めの看板が道端に立てかけられていた。なんていって、案外通り抜けできるのでは?と10%の坂を登ってゆくと・・・。

220221n.jpg


やっぱり通行止めだった。
くやしいので、行ってみたことのない勝浦宇宙通信所にハンドルを切る。

220221l.jpg

コロナで見学は予約制だった
220221m.jpg


そうとなれば、颯爽と10%の坂を下る。
そしてその隣の市道で県道174号に登り返す。そしてさらに県道82号を登る。その時、右ハムストリングスが攣った。
冬はボトルの水をあまり飲まないのでたぶんそれが原因だと思う。こまめに水分補給をするということは知ってはいるが、のどが渇いていないのに水を飲むことは億劫だ。この時期、家を出る前に補充したボトルの水を帰宅するまでに飲み切らないことはよくある。

いすみ鉄道・上総中川駅手前の菜の花の土手には、まだちらほらしか花がついていなかった。
県道27号に入って茂原へ。まだ風が背中を押してくれているようだ。

茂原公園の前を通過して、本納へ。
わざわざ本納に向かうのは、この店でお土産を買うためだ。

玉屋
220221o.jpg


大判焼き
220221p.jpg


朝ドラで毎日、回転焼きが出てくるので食べたくなる。まあこの店は大判焼きと呼んでいるれど。
しかし、大人気店なのだ。あとからあとからお客さんがやってくる。メニューはたくさんあるけど「今あるのは、白あんとクリームだけ」という。小倉は10分待てば焼けるとこことなので待った。他のお客さんもみんな待つので整理番号を持った人が溜まってゆく。
ウインドブレーカーの大型ポケットに大判焼きをしまって帰る。このウインドブレーカーの背中ポケットはウインドブレーカー下半分が収納という優れものなのだけど、もう売っていないのでかれころ10年以上着ていて日に焼けてしまっているのだけど、なかなか手放せない。

五井本納線で帰宅する。
ここで風を感じる。北に向かうからだ。つまり最後まで風に助けられた今回のライド。200km以上走った割には疲労していないのは作戦成功だった。
道に迷ったり、通行止めがあったりと足が攣ったりとハプニング満載ライドだったけど、自転車を満喫できたことは間違いない一日だった。


ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村





2022.02
17

220215a.jpg

変な時間に雨が降る予報が出ていた。
朝は晴れているようだが、午後1時から3時頃にかけて弱い雨が降るという。雨の範囲は南房総一帯と霞ケ浦辺りまで。筑波山に行こうかと考えてルートを引いてみたら200km以上あってやめることにした。

ぐらが鎌倉に行きたいというので、天気をチェックするとやはり午後1時から1時間くらい少し雨雲がかかるようだけど、おおむね曇りという予報なので一か八かで行ってみることにした。
鎌倉はブルベで通過するくらいで、最近ゆっくり走ることは久しい。そもそも鎌倉に土地勘もないので、どういうルートをとってよいのかわからないのでネットをサーフィンしていると「建国寺の竹林」というワードが目について今回のライドの目玉とした。

車に自転車を積んで2時間ほどで今回デポ地とさせていただいた笛田公園に到着。

笛田公園駐車場
220215b.jpg


午前10時すぎ出発する。
空気は冷たいけれど、天気は良く気持ちがいい。
鎌倉は海沿い以外、坂の街。公園は山の上にあるので、まずは降ってゆく。

スラムダンクの踏切で海が見えた
220215c.jpg


キラキラ光る海にサーファーが揺れている。

江の島
220215d.jpg


稲村ケ崎より
220215e.jpg


由比ガ浜から海沿いを離れて鎌倉駅方面へハンドルを切る。

途中、パンの焼けるいい香りがして脚を付いた。

日進堂
220215f.jpg


カレーパンとコロネが推しのようなので、辛口カレーパンとチョココロネ、モカコロネを買う。

そして建国寺。

220215g.jpg


門が閉まっている。

なんと
220215h.jpg


この日から入れなくなったよう。
ポツポツと知らずに来た参拝者が看板を見ては引き返してゆく。なんでもこの日(2月15日)はお釈迦様がなくなった日で年に一度、涅槃像?を公開する日だったとか。

仕方がないので、というわけではないけれど、建国寺の向かいにある浄妙寺へ。もちろん初めからルートに入っていた。

220215i.jpg

220215j.jpg


こちらは、枯山水庭園があるお寺。

220215m.jpg


梅もほころび始め、蝋梅もまだ残っていた。

220215k.jpg

220215l.jpg


鎌足稲荷神社にも参拝。

220215n.jpg


のんびりと境内をまわって、ゆっくりとした時間が過ぎていった。

ここまできたら、鶴岡八幡宮にも寄らないと。

220215o.jpg


お参りを済ませて、小町通りへ。

220215p.jpg


普段の小町通りの賑わいを知らないのでなんとも言えないが、閑散としているとは言い難い賑わいだった。
サンドイッチのようなものをつまんで、小腹を満たす。

鎌倉駅を経て、デポ地まで戻った。

220215q.jpg


結局、雨には降られず気持ちの良い自転車日和となった。
ただし鎌倉は人込みと坂で「自転車にやさしい街」とは言い切れないと感じた。


ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
2022.02
03


220131a.jpg


たまには山も登らないとなと思い、鹿野山を絡めたルートを引きました。
週間天気予報で「曇り」だったので、100kmくらい鹿野山~かずさアカデミアパークを回る感じでいいかなんて。
ところがライド前日くらいに天気予報が良い方に変わり「晴れ」になったので、富津岬まで脚を延ばして140kmくらいのルートに修正しました。

当日、晴れ。しかし風が強いです。
距離もそれほど長くもないので少しくらいの風なら大丈夫だろうと予定通り7時半に出発。
鹿野山に直接向かうならばJR内房線沿いの道で行くのが最短ですが、今回は東京ドイツ村経由で。

風は思っていたより強く、久留里街道では普通に漕いでいるのに時速40kmほど出てしまいます。これは復路で死亡フラグ立ちました。午後から風がやめば最高なんですけど。
それでも今はペダルも軽く快走。富士山がチラチラと姿を見せてくれます。

国道410号・俵田の先でいつも旧道の久留里街道と合流するのですが、今回はバイパスと繋がる道へ。この道も地図をみると国道410号なんですね。この国道410号というのは不思議な道なのです。
県道93号と交差しスイッチ。君津の山の中をえっちらこっちら。鹿野山の麓まで降りてきました。

鹿野山クライムは秋元郵便局から。
このルートは急登ですが休みどころが4カ所くらいあるので、個人的には更和から登る方がキツイかな。
この坂は去年、パーマネント千葉ブルベのラスボスとして登りました。その時はキツくて押し歩きしようかと思ったくらいでしたが、今回はまだ40kmほどしか走っていなかったのでブルベの時よりは余裕をもって登れました。

マザー牧場
220131b.jpg


富士山と東京湾観音
220131c.jpg


更和に降ります。
ここから初めて走る道へ。館山道を横切る感じの県道91号で無駄に登りがあり特に特徴はなかったです。普通に海沿いの国道を通った方が景色も良いです。しかし改めてこの周辺の地図を俯瞰すれば、小さい集落があり今度走ってみようかなという気持ちになりました。
220131d.jpg


館山道・竹岡インターを抜けて国道へ。
ここから北上します。忘れていた風が猛威を振るいます。

竹岡といえば竹岡式ラーメン。前回の緊急事態宣言の時もそうだったように、梅の屋とニコニコドライブインと鈴屋は足並み揃って休業中でした。
220131e.jpg


予定では、県道256号に入って富津までゆくつもりでしたが、風が強いので富津はパスすることとしました。
なんとなく考えていたランチスポットも寄ることができず、途中コンビニでおにぎりとパンをかじって済ますことにします。

県道163号、県道92号と繋いでかずさアカデミアパークへ。

クイックフィールズへ寄り道
220131f.jpg


お土産にパンを買います。ここのパンはおいしいですよ。クロワッサンをひとつ補給しました。
220131g.jpg


クイックフィールズは今はプレオープンで入場無料です。当初、今年4月にオープン予定でしたが、スタッフの方によると秋まで伸びたようです。入場料が無料のうちにまたパンを買いに来よう。

横田から東京ドイツ村へ抜けます。袖ヶ浦の田園地帯は何も遮るものがないので北風をこれでもかと受け脚が乳酸で満たされました。

のうえんカフェは相変わらず大盛況でした。私はお土産だけ買って帰ります。
220131h.jpg


14j時頃帰宅。行きはよいよい、帰りは怖い。という典型的なライドでした。


ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


2022.02
01
先日、チューブを交換をしたときに新品のチューブを2本穴を開けてしまいました。
これまでダメになったチューブは即ゴミ箱行きだったのですが、自分の不器用なせいで穴の開いたチューブを不憫に思いチューブをパッチで貼る修理に挑戦してることにします。

実はチューブにパッチを貼る修繕はずー-っと昔にやったことがありますが、その時はすぐに空気が抜けてしまって失敗した過去があります。それ以来、ダメになったチューブは潔く捨てる派になったのでした。

ネットでの口コミによると、パッチ自体にのりがついていて貼り付けるだけのタイプだとはがれやすいとのこと。今回はゴムのりがついたタイプを試してみることにします。

TIPTOP パンク修理キット(ロードバイク用)
220130a.jpg


内容物はこちら
IMG_20220129_213906.jpg


ハードケース・のり・やすり・パッチ×6・外国語による説明者
これとは別に日本語の説明者がついていました。

作業は簡単で、パンクの穴周辺をやすりで削ってのりを塗りパッチを貼る。
なぜか外国語説明書にはのりを塗ったあと5分乾燥させてからパッチを貼るとあるのですが、日本語版には乾燥部分が削除されていました。念のため5分おいてからパッチを貼りました。

220130c.jpg


空気を入れて数日経ちますが、チューブは膨らんだままなのでたぶん成功したのではないかと思われます。

チューブレス時代に時代錯誤な話題でした。


ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村