fc2ブログ
RSS
Admin
Archives

ぐりとぐらの本日も自転車日和なり

素人チャリダー夫婦の自転車生活あっちこっち

プロフィール

ぐりとぐら

Author:ぐりとぐら
自転車ど素人夫婦・ぐり(夫)とぐら(妻)が、07年11月 ジャイアント・エスケープR3を衝動買いしてしまって始まった自転車ライフ。09年1月にはBianchiロード・Via Nirone7 Al/Ca 105 Compactとミニベロ・MiniVelo 7を、そして10年3月GIOS VECCHIO 16年8月GIANT TCR ADVANCED PRO TEAM も加わってどこまで行くの?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2021.07
19


210719a.jpg


午後から所用があったので、モーニングライド。
とはいうものの、まとまった距離を走りたかったので4時前に出発するというアーリーモーニングライドとなった。

梅雨が明けてから酷暑が続いていて今日も暑くなりそうだけど、さすがにこの時刻ではまだ涼しい。
空には星も見えているけれど、東の空にはオレンジの光がにじみ始めていた。そしてあっという間に明るくなって太陽がせり上がってゆく。

木更津から鹿野山へ向けて走っている。いつもなら国道127号をまっすぐ進むところ、初めて君津中央病院の先から市道に入ってみた。住宅街を抜ける感じで走りやすく君津市民文化ホールの交差点まで出れるのでなかなか良いルートだ。
県道164号で鹿野山を目指すのだが、eTrexの指示通り(自分で入れた指示だけど)進むうち嫌な予感がしてそれは的中した。この道は鹿野山牧場脇を通る道だった。そこは一部未舗装路なんだ。だいぶ前に通ったときと同様にやはり未舗装だった。しかし未舗装区間は短いので実際にはそれほど問題にはならないのだけど。
その道は福岡ルートと合流する。福岡ルートは斜度が緩い分距離が長いのでピークにあるキリンの像がみえるとホッとする。のだけど、キリンの首が消失していた。一昨年の台風の影響か?

九十九谷公園より
210719b.jpg


秋元へ下って国道465号へ。この辺りの山中を縫って進む雰囲気が好きだ。三島湖で国道410号に入り君鴨トンネルまで登り基調。
長狭街道にぶつかったとこのセブンで補給してから、酪農の里を過ぎて県道89号へ。内房側から鴨川に行く場合、ほとんどこの道を選んでしまう。なぜなら一番楽だと思うから。アップダウンがないという意味では長狭街道になるけれど交通量や走りやすさ、景色の良さなどを鑑みれば県道89号の方が断然楽しい。

緑の棚田 今はどの田んぼも緑のじゅうたんが敷き詰められている
210719c.jpg


鴨川まできたので海を見ておこうと遠回りして鴨川松島
210719d.jpg


久しぶりに鴨川有料を登る。日も高くなって太陽がジリジリくるし、やっぱり(房総にしては)長い。
登りきるとミニストップがあるので、ご褒美にハロハロを食べちゃう。もう夏だ。

しかしこの後、脚に力が入らない。補給は足りていると思いながらもハンガーノックを疑う。この先、久留里まで補給できる場所がない。一瞬、亀山湖から養老渓谷回りで帰ろうかとも思ったいたけど、久留里経由にしておいてよかった。養老渓谷回りだともっと補給地点が先になる。

久留里のセブンでおにぎりを補給。すると脚の重さが取れて回るようになった。これって気のせいかもしれないけど、実際に気分よく走れているので効果はあったのだろう。
日が高くなるにつれ暑さも増してゆく。これからしばらくは日中自転車には乗れないかもそれないと思うほどだ。

久留里街道とは県道300号でお別れして帰宅。11時過ぎになっていたけど、この気温だとバテる。水シャワーが気持ちよかった。


ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



2021.07
15


210712a.jpg



千葉県を走るルートを考える時、まず目が行くのは南房総。それ以外の場所となると銚子、印旛沼、成田、江戸川サイクリングロード・・・。
今回はなかなか行く機会が少ないエリア東金・成東周辺をポタってきた。

雄蛇ヶ池 駐車場をスタート地点とした

210712b.jpg


本日の出動車両はクロモリジオス号とデローザ丸

210712c.jpg


雄蛇ヶ池は江戸時代にできた灌漑用の調整池で、池の形が十和田湖に似ていることから「房総の十和田」と言われているそうだけど、地上から見た感じ十和田湖感はあまり感じられない。

ここを出て八鶴湖へ向かう。
八鶴湖のほとりには東金御殿跡がある。東金御殿とは徳川家康が鷹狩の際に使った宿泊施設。家康が東金に鷹狩に来るまでの御成街道(鷹狩のために作らせた道)には船橋御殿(現在の船橋東照宮)、御茶屋御殿と休憩・宿泊しながらたどり着いたということ。
この八鶴湖も本来はもっと小さな池であったものを、東金御殿建築の際に広げた人造池だそう。

210712d.jpg


湖畔には徳川の時代にはなかったものの、大正時代に建てられた八鶴亭がまだそこにある。

210712e.jpg

210712f.jpg


雄蛇ヶ池、八鶴湖ときて、次はときがね湖へ。

ときがね湖の手前の和泉ヶ池からアプローチしようとしたのだけど、その道があまり良い道(舗装はしてあった)ではなかったので、県道からときがね湖へ合流すればいいやなんて思ってパスしたら、その先でときがね湖へ降りる道がなく行けずじまいになってしまった。これはいつかの宿題としよう。

偶然、通りがかった立派な八坂神社などを見学しながら、県道119号へ。

210712n.jpg


成東まで走って、浪切不動院へ。

210712g.jpg


ここは、館山にある崖観音のような作りになっている。

210712h.jpg


崖観音は登ったことないけど、今回は上まで行ってみた。
高所恐怖症の人はちょっときびしいかも。というのは欄干が低いので、高さというより落ちそうな気がして怖い。

210712i.jpg

成東・東金食虫植物群落へ。前から気になるスポットだったのだけど、行く機会がなくずっと放置していた。今回やっとそのチャンスに恵まれたものの、実際に行ってみると私にはただの野原にしか見えなかった。もちろん見る人が見れば貴重な植物の宝庫なのかもしれないが、とりあえず写真にだけ納め通り過ぎた。

210712j.jpg


予定していたルートが未舗装路だったので、ちょっと迂回して県道124号から海へ向かう。
そして本日のランチは橋本食堂。

橋本食堂は、リーズナブルにうなぎが食べられる人気店。開店時間の11時までに到着しておきたかったけど、11時半になってしまったのですでに満席だった。しかしラッキーにも5分ほどで席に案内された。それにしても平日にもかかわらず割と広い店内でもあるのに満席とは人気のほどがうかがえる。

ぐらはもともとうなぎが苦手なのだけど、なぜか最近「うなぎ屋さんのうなぎが食べたい」ということをひつこく常々言っていたので、リクエストに答えたわけだ。

210712k.jpg


うなぎ屋にしては早い提供で着重。甘いたれでやわらかめのうなぎ。ちょっと甘すぎないかと思いながら食べていたら、たれがお重のそこに溜まるほどかけられていた。ぐらのお重の方はそれほどたれがかかっていなかったようでそちらの方が私好みの味だった。接客含めておおらかな印象だったので、たれのかけ具合もそんな感じなのか?

県道30号で、海の駅九十九里へ。

210712l.jpg


この近くにだいぶ前に話題になったバンクシーの作品疑惑の絵があるのだけど、コロナの影響なのか立ち入り禁止になっていたので見にゆけなかった。

ここから海沿いを走るも、海はみえないのでひたすらペダルを踏むだけ。県道75号から東金方面へハンドルを切る。追い風で快走。八鶴湖近くまできて、台方のくずもちという店に立ち寄る。

210712m.jpg


今回もいくつかの店でお土産を買ったのだけど、ここのくずもちは大正解だった。黒蜜がさわやかで、有名なくずもち屋よりも断然美味だ。あまり立ち寄る機会はないだろうけど、ぜひまた再訪したい。


雄蛇ヶ池まで戻り、本日のポタリングは終了。晴れていたけれど、そこまで暑くもなく気持ちよく走れた。真夏だとこうはいかないだろう。


ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村