fc2ブログ
RSS
Admin
Archives

ぐりとぐらの本日も自転車日和なり

素人チャリダー夫婦の自転車生活あっちこっち

プロフィール

ぐりとぐら

Author:ぐりとぐら
自転車ど素人夫婦・ぐり(夫)とぐら(妻)が、07年11月 ジャイアント・エスケープR3を衝動買いしてしまって始まった自転車ライフ。09年1月にはBianchiロード・Via Nirone7 Al/Ca 105 Compactとミニベロ・MiniVelo 7を、そして10年3月GIOS VECCHIO 16年8月GIANT TCR ADVANCED PRO TEAM も加わってどこまで行くの?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2020.08
27
私が今使っているサイコンは、GAMIN Edge500と GAMIN eTrex30x。この二つを併用しています。
Edge500はスピードやケイデンス、心拍など一般的なサイコンとして、eTrex30xは地図を表示させルートの確認が主な役割です。
eTrex30xにもスピードや心拍などを地図にはめ込むことができるので、これだけでもサイコンとして十分に成り立ちます。
ではなぜ併用かといえば、Edge500が壊れるまでつけておこうという一時的な処遇・・・がもう何年も続いております。

Edge500を購入したのは2011年11月でeTrexの購入を考えていた2016年にはバッテリーがへたってきて買い替えを検討していた頃、方向音痴な私がGPSサイコンの必要性を強く感じていたこともあり海外通販で英語版を購入しました。
その後もEdge500は強靭な粘りを見せ今だに現役、ステム中央の座を譲っていません。その前にまさかeTrex30xが後進に道を譲ることになるとは思いもしませんでした。

eTrex30xに何が起きたのか?
それは、液晶漏れです。

200823a.jpg

200823c.jpg


ある時ふとeTrex30xの画面をみると、一筋の細い線が上から2/3ほどまで走っています。なぜ液晶漏れしたのか疑問です。強くぶつけたり落としたりした記憶はありません。小さな衝撃でも当たり所が悪いと起きてしまう現象なのかもしれません。
ネットでeTrex30xの液晶漏れについて検索してもあまりヒットしないので、レアなケースなのかもしれません。
といっても液晶漏れは細い線なので、画面を表示させても使用には問題なく放置していました。ところが数日後にその細い線は確実に成長していました。液晶漏れは広がるということなので、いずれ使用に支障が出るかもしれません。

ネットでeTrex30xの値段をチェックすると、アマゾンで並行輸入品が24,380円と案外リーズナブル。
前回、海外通販で買ったときの値段に近いです。余談ですが謎なのはeTrex20xが23,380円と1000円しか安くないことでした。アマゾンは在庫量とかで値段が変動するような話を聞いたことがあるのでその関係でしょうか。ちなみに8/27時点では27,500円と値上げされています。
ならば海外通販ならどうなの?かといえば、eTrex30xの後継機種eTrex32xはあるものの日本には配達できないということでした。

ところで、GAMIN以外の選択肢はないのか?
コスパのよいサイコンメーカーとしてBrytonがあります。eTrex30xと同じような使い方ができるのは、Bryton Rider 450かと思われます。

Bryton Rider 450は、白黒液晶 充電式バッテリー 19,900円 Brytonというメーカーの信頼性も不明(Brytonが信頼性がないということではなく、私が使ったことがないというだけ)。
やはりカラー液晶で乾電池で運用でき、これまで使っていてなんら不満のないeTrex30xに軍配が上がりました。eTrex32xも脳裏に浮かびましたが、値段も高くなるしeTrex30xとの違いは内部メモリーが4Gから8Gに増えただけのようなので30xで問題なしでしょう。

アマゾンでポチってから2日後に着弾。
アマゾンの箱の中から出てきたものは・・・。

この箱のみ。

200823d.jpg


えっ??外箱は・・・。

この白い箱のなかに、プチプチで包まれた本体が入っています。
これって中古か??

200823e.jpg

200823f.jpg


一応箱には「新品」の文字がありますが、なんとも釈然としません。

200823g.jpg

アマゾンの販売サイトを確認してみると、

"誠に申し訳ございませんが、ご購入後のお客様ご都合のキャンセルの場合(商品がイメージと違うなども含む)、お客様からの商品返送後に、商品代金の30%のみのご返金額となります。ご了承くださいませ。 またこちらの商品に関しましては、国内代理店様の各種サービスや保証などは、通常適応外となっております。 こちらも併せてご了承いただいた上での、ご購入をお願い致します。 尚、amazonの規約にのっとり、初期不良に関しましては、ご購入後30日間のみ無料にてご返品後のご返金または在庫がある場合は交換を承ります。 ご安心くださいませ。"

なんと、返品しても7,314円しか返ってこないだと・・・。
まあ、内臓バッテリーでないし経年劣化しにくい機種であろうし、販売会社が新品といっているのを信じてみようということにしました。が、今後アマゾンで買う場合は慎重にしないといけないかも。

並行輸入品なので、地図や日本語化など面倒なことがあるのですが、前回大変苦労したので、今回は何もしないで今まで使っていた地図のSDを移しただけ。
普通に使えます。良かったです。

実際にライドで使ってみましたが、使い勝手は同じ。至極当然。これがないと私のライドは死活問題なのでまた世話になります。



ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


スポンサーサイト



2020.08
24


200824a.jpg


熱帯夜から解放されてよく眠れたからか、午前5時半に目が覚めました。
まだ早いともう少し寝ようかと思ったけれど、ここで寝てしまうと寝過ごしてしまうことに違いないので起きることにしました。
外に出ると風が涼しくて前日までの酷暑がウソのように消え去っています。雲が空を覆っていますが明るいので雨の心配はなさそうです。

卵かけご飯を胃袋に納めて7時前に家を出ることに成功。まだ雲の向こう側にいる太陽の日差しは届かず秋のような気配が街に漂っています。
通勤や通学する人たちと逆方向に進む快感。ペダルも軽く流れる景色は、稲刈りを待つ黄金に広がる田んぼや咲き始めた秋の花々。

長南からいすみを経て大原へ。
なんとなく引いたルートだけど、大した登りもなく田園を進み切り通しを抜けて貸し切りの道路を堪能できた良コースでした。
しかし房総はどこを切り取ってもこんなコースだったと気づきました。最近は都内や神奈川などを走ることが多かったので、このホッとする感覚が妙に懐かしくうれしかったです。

大原から御宿へは岩船地蔵尊のがある海沿いの道を行くのが定番でしたが、浪花から山の中を行く林道チックな道が最近のお気に入りです。ここの方が登らないのが最大の魅力です。
例年ならこの時期賑わっているはずのビーチはどこも閑散としていて、御宿も例外ではありませんでした。なんとなくさみしいような気もします。
不思議だったのは、隣接するビーチでも一方は駐車場も解放されビーチでくつろぐことは許されている所と、警備員さんがアリ一匹通さないぞという勢いで管理されている所があって、管理する管轄が違うのか?と。
この疑問に地元の人に聞いたところ、その地区の区長さんの性格・判断の違いでそういう差異が出てくるなんていう話を聞きまして、なんとなく合点してしまったりしました。

安房天津から清澄山を登って、養老渓谷へ。
養老渓谷の老川交差点にある道の駅に。ご当地バーガーが出店するようになったと偵察に行きましたが、当のバーガーが1400円~と周辺の物価から見ても強気です。
それなら私は太田商店でカップ麺とおにぎりをチョイスするかなあ。

日中もそれほど暑くなく快走。3時過ぎに帰宅しました。


県道13号に新しく道が通りました
200824b.jpg



ボーっと走っていると、県道13号から外れてしまうのでご用心。(車で走っているときにやりました)
200824j.jpg



長福寿寺 私が初めてここを訪れたとき(10年くらいまえ)は本堂だけの質素な寺でしたが、少しづつオブジェが増えて、今じゃ境内にジブリ系JAZZが流れていましたよ
200824c.jpg


ONJUKUのOを物置にしないでいただきたい
200824d.jpg



ランチは「だいにんぐ清」さん再訪
200824e.jpg



塩やきそばとミニラフティ丼を頼んだけど、麺につくサービスのおにぎりまで平らげて満腹
200824f.jpg



おせんころがし たまには逆ショット
200824g.jpg



いちはら里山カフェ
200824h.jpg


もう家の近所だけど、最後の補給
200824i.jpg


ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

2020.08
19


200817a.jpg


西伊豆スカイラインへ。
道の駅・伊豆のへそをデポ地として設定していたのですが、ぐらの負担を軽減するために天城ふるさと広場をスタート地点と変更。
ここなら登りを6kmほど短縮できるので。

しかし、ぐらが頑張れたのは船原峠まで。
ここから西伊豆スカイラインの達磨山までの登りで力づき自転車を引き連れての押し歩き。

やっとたどり着いたピークから富士山は見れず。
西伊豆スカイラインで富士山がみれないのは、クリープを入れないコーヒーみたいなものなので、私だけここから反転し車をとりに帰ります。

ぐらからは戸田峠で待っているというラインが入っていて、車で戸田峠まで戻るとぐらのデローザ号だけポツンとあって本人が見当たりません。
近づいて探してみれば、藪の中で身じろぎもせず体育座りしてお地蔵さん化している姿を発見しました。



200817b.jpg

200817c.jpg


ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


2020.08
11


200810a.jpg


8月10日は「山の日」。
ということはまったく頭になかったのですが、富士山ライド。
実はこのルートはだいぶ前に考えていたのですが、なかなか実現しなっかったお蔵入りコースでした。
今回、満を持して実現することができました。

今回もロングライドなので、深夜スタート。
あわよくばルートを伸ばしてという欲もあったので、スタートはちょっと早めの23時発。
梅雨が明けてから猛暑が続いていますが、夜は涼しくて走りやすいです。

ナイトライドをしていると、世界から人間が消える時間帯があります。自分一人だけが無人の街の中を走っている感覚が好きなのです。
しかし都内は別です。いつでも誰か人影があって街が眠ることはありません。この日は連休の中日なので、都内は夜中でも特に人が多いように感じました。信号に阻まれなかなか進めませんが、夜が明ける前に雑踏を過ぎてしまうことが都内を抜ける秘策です。
そして都内ナイトライドあるある「信号無視ローディバトル」。抜かしても信号で追い抜かれまた抜いても信号で追い抜かれの繰り返し。
大体3時を過ぎる頃から、夜更かし人間と早起き人間の交換がされます。ふらふら千鳥足ニイちゃんから犬連れオヤジへ世界は転換します。

松屋 桜美林学園前店 3:49
牛丼

家を出る前に、カレーを大盛で補給してきたので、牛丼(並み)。
夜明け前の牛丼店に入るのがちょっとしたマイブームだったりします。

しかし私はやっぱり午前4~5時くらいに睡魔に襲われるんです。

セブンイレブン 城山原宿2丁目店 4:41
レッドブル エナジードリンク

コンビニの駐車場の隅に寄っかかって目を閉じてまどろみます。
ほんの10分位だと思いますが、空が青く光りだしていました。
コーヒーよりレッドブルの方が眠気を飛ばしてくれる気がします。

5時過ぎに津久井湖に到着。
道志みちから山中湖を目指します。ここからアップダウンが始まります。

セブンイレブン 相模原津久井青野原店 6:01
ポカリ おにぎり

道志みち入り口のコンビニは6時~24時までの営業なのでご注意を。
私がコンビニに着いたのは5:45頃だったので、開店まで待ちました。

休日だからでしょうが、とにかくオートバイがやたらと走っています。
道志みちに来たのは6年ぶりですが、その時はこんにオートバイはいなかったし自転車ももっと多かったと思います。
その少ない自転車に抜かされまくりながらヒイコラ「道の駅・どうし」までたどり着きました。
当然道の駅は開店前で自販機でコーラだけ飲んで先へ進みます。

山伏峠はなかなか憎い峠です。
そろそろピークかなと匂わせておいてまだ続いている。そんな絶望感を存分に味あわせてくれる峠です。

山中湖へ降ります。
富士山がその姿を見せてくれていました。
晴れていても富士山が見えるか見えないかはその場に来てみないとわからないです。
山頂付近に雲がかかっていましたので、たぶん山頂から下界は見れないのかもしれませんが、今年は登頂禁止なので残念に思う人もいないのでしょうね。
山の日に富士山を拝めてラッキーでした。山の日ということをまったく意識していませんでしたが・・・。
山中湖と富士山の見事なコラボを眺めながらコンビニで買ったおにぎりをほおばります。
山中湖をぐるっと回って、籠坂峠を登って御殿場へ落下。
あわよくば富士五湖を回って富士宮経由ルートも視野に入れていたのですが、山伏峠ですっかりメンタルも脚も削られたので堅実なルートを選択しました。このことは後に正解だったと気づくことになります。
途中、苦しそうに自転車で登ってくる人たちに会釈をしながら豪快にダウンヒル。
御殿場で補給ポイントを探します。今回はなるべく食欲がなくても補給しようと心がけます。適当な店を見つかられないままコンビニ飯。

ミニストップ 御殿場東山店 10:23
温玉うどん 水

さて。ここからまたクライムタイム。
長尾峠を越えて箱根へ。
乙女峠へ抜ける国道138号は交通量が多く走っていても楽しくない道ですが、県道401号はあまり車も通らず(といっても祭日だったので以前走った時よりも格段に車が多かったです。平日なら数台の車しか通らないのでは?)安心して走れます。坂の斜度も全般にきつくないのでのんびりした気分でまったり走れます。

長尾峠を越えると仙石原方面へ降ります。
降りながら、なんとなく違和感が。坂の途中で止まって確認してみますと後輪がパンクしていました。
私はスポーツ自転車に乗り始めたから外でパンクの経験はなかったのですが、今履いているタイヤにしてからこれで3回目です。
どうも耐パンク性に関してはよろしくないようです。しかもこのタイヤと私のホイールの相性が悪いのでなかなかタイヤを嵌めることができず辟易します。
30分ほどロスしてリスタート。軽い気持ちで芦ノ湖方面にハンドルを切って、待ち受けていたアップダウンが思っていた以上にきつくて半べそかきながら重いペダルを踏んでゆきます。

旧道から箱根を降って、小田原へ。
ここまでは案外暑さを感じることなく走ってきましたが、下界は灼熱地獄でした。
国道1号から国道143号へ。渋滞が増えてきて走りずらいです。しかし前を行くローディー2人組が良いペースで走ってくれて力をもらいました。ドラフティングにならない距離を保ちながらも、指標になる対象があるのと一人でダラダラと走るのでは違います。

あんまり暑いのでコンビニピットイン。
ローソン 大磯国府本郷店 14:41
サクレ 水

水をジャージの袖にかけてクールダウン。しばらくは涼しさを味わえました。
コンビニピットインしたので、先ほどのペースメーカーローディーとは別れてしまったのですが、走っていると前方にあのお二人が。やっぱりどこかで休憩したのでしょうね。

江の島辺りになるとますます渋滞がひどくなってきます。
これから久里浜からフェリーで輪行するつもりなのですが、出航時間に間に合うか微妙な感じになってきます。
16時台の船に乗れそうな心つもりでいたのですが、それはもう無理でした。17時25分の船に乗る予定です。
葉山辺りから内陸に入って久里浜へ向かいますが、何気に坂が厳しかったり信号に引っ掛かったりで思うように進めません。
そろそろ久里浜では?と思っていたら標識がでて「久里浜7km」と。7kmってまだそんなにあるの・・・。
頑張って走ってもどうも無理っぽいですが、それでも踏みます踏みます。
休日だということをあまり考えていなかったので、渋滞でこんなに計画が遅れるということは、富士宮まで降りるコースをとらなくて本当に良かったと思うのでありました。

久里浜港に着いた時、アナウンスが「まもなく出航いたします」の声。
船のゲートが閉められる寸前に係員さんにもう乗れないかと聞くと「チケットは?」ときかれ、まだ買っていないというと次の船でと。
あと3分早く着けば乗れたのか??
待合室の外のベンチでアイスをかじりながら夕方の気配をまとわせはじめた空を眺めていました。

18時15分久里浜発しらはま丸は定刻通り金谷へ到着。
陽は沈み、ライトを灯して千葉県に上陸しました。
ここから自宅まで60kmありますが、勝手知ったる道すがらは気分はもうパレードラン。
船を待つ時間と乗船時間で1時間45分ほど休憩出来たし、強烈な追い風アシストのおかげで楽して帰ってこれました。


本日の走行は、フェリー乗船区間を除いて340kmほど。

余談ですが、獲得標高はガーミンコネクトでは4300mとなっていますが怪しいです。
かつてはルートラボの獲得標高を個人的には信じていたのですが、今はなくなってしまったのでルートをつくってどのくらい登るのか?という予想ができなくてちょっと困っています。
ネットの噂では「ガーミンコネクトは獲得標高が高く出て、ルートラボは低く出る」と。RIDE with GPSだと3005m。
まあ、本当の獲得標高なんてわからないのだけど、「轍」が正確そうという話もきいてちょっと知らべてみたら3399m。なんとなくこっちのほうがしっくりきますね。確実に言えることは4300mなんて登ってたら生きて帰れません。


行徳橋が改修 走りやすくなっていて感動
200810b.jpg


津久井湖
200810c.jpg


道志みちは東京オリンピック・ロードバイクのコース
200810e.jpg


道志川
200810f.jpg


山伏峠
200810g.jpg


絶景
200810h.jpg


籠坂峠
200810i.jpg


長尾峠
200810j.jpg


長尾峠より芦ノ湖を望む
200810k.jpg


芦ノ湖
200810l.jpg


行ってしまった船
200810m.jpg


金谷より夕景の富士
200810n.jpg


轍による獲得標高
200810o.jpg



ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村