fc2ブログ
RSS
Admin
Archives

ぐりとぐらの本日も自転車日和なり

素人チャリダー夫婦の自転車生活あっちこっち

プロフィール

ぐりとぐら

Author:ぐりとぐら
自転車ど素人夫婦・ぐり(夫)とぐら(妻)が、07年11月 ジャイアント・エスケープR3を衝動買いしてしまって始まった自転車ライフ。09年1月にはBianchiロード・Via Nirone7 Al/Ca 105 Compactとミニベロ・MiniVelo 7を、そして10年3月GIOS VECCHIO 16年8月GIANT TCR ADVANCED PRO TEAM も加わってどこまで行くの?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2019.11
28
トップチューブバックをずいぶん長く使っている。
ロードバイクを買ったときは、トップチューブにバッグをつけることに抵抗を感じていた。
理由は「かっこ悪い」から。

当時、走るときはリュックを背負っていた。
その時はスマホもなく、地図を持ち歩いていたということもあるかもしれない。

しかしリュックを背負って走ることがだんだん煩わしくなり、走る部分だけ地図のコピーをとってポケットに入れるようになった。
すると他の小物達の行き場はサドルバックに。
当時、使っていたサドルバックは定番の「TOPEAK エアロ ウェッジ パック」のLサイズでかなり余裕があった。
収納という意味では、これで困ることはなかった。

しかし、ブログにアップするために写真撮影するわけだけど、その度に自転車を降りてサドルバックからカメラを取り出すのが大変な負担。
遂にトップチューブバッグに手を出してしまった。
はじめこそ若干の抵抗感があったものの、一度使ってしまうとその便利さにかっこ悪いなどというネガティブな感情は消え失せた。
それ以来ずっとトップチューブバッグを使っている。

前置きが長くなってしまったが、今使っているトップチューブバッグは「Topeak - Fuel Tank バッグ」のMサイズ。
防水仕様で、最近の大型スマホも収納できる優れものだが、2年くらいでファスナーが壊れる。
実は同じFuel Tank バッグを前回も使っていた。やはり2年くらい使うとファスナーが壊れた。

191128a.jpg


これは止水ファスナーを使っているからなのか、同じ症状でまた壊れたのでもう一回同じものを買う気にはなれなかった。

ここ最近、サイクルポーチというものが、流行っているよう。
トップチューブバックを辞めて、サイクルポーチを試してみようかという気になった。
トップチューブバックに入れていたものは、財布とスマホなのでサイクルポーチでも事足りる。

ゴリックスのサイクルポーチ(防水仕様)
191128b.jpg


開くと、ファスナー付き小銭いれ、カードが数枚、スマホも収納できる
191128c.jpg


実際に使ってみた。

やはりトップチューブバックの手軽さにはかなわない。
写真を撮るときは、
トップチューブバックなら、バックのファスナーを開けて、スマホと取り出し撮影、スマホをバックに入れる。
サイクルポーチでは、背中に手を伸ばしてポーチを取り出しファスナーを開けてスマホを手に取り撮影。スマホを閉まって背中に入れる。
ずいぶんと手間がかかる。いいなと思った景色に出会っても、スマホを取り出す手間を考えるとスルーしてしまったり。

スマホを取り出すという場面以外では、まったく不便さを感じない。
写真なんて撮らないよという人には、いい商品かと。
まあ、これも使っているうちに慣れるのかな。

ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村



スポンサーサイト



2019.11
26
ぐらのNEW BIKEに取り付けるサイコンを買わなければならないことになってしまいました。
なんせ突然のことだなので、熟考する時間もなかったのですが、たまたま最近話題になっている激安GPSサイコンが、アマゾンで2980円で売っていたのでポチりました。

「XOSS G+」という中華メーカーのものです。
このお値段でGPSサイコン。ANT+センサーがあれば心拍・ケイデンスも測れるし、標高、斜度もわかります。コスパ最高ですね。

しかし、ぐらは心拍やケイデンスなど全く興味もなし。走った記録をストラバにアップなどという言葉の羅列には「?????」でしょう。
ではなぜこのサイコンを買ったのかというと、単純にセンサーが要らないとうことのみです。

GPSがついていないサイコンの場合、フォークにセンサーを装着しスポークに磁石をつけなければなりません。
それがスタイリッシュではない気がします。(私の個人的な意見で、ぐらは気にしていないけど)
ネットで事前に、このサイコンのデータがストラバにアップできるとかできたとか流れていましたが、そこのところは関係がないので躊躇なく購入し、翌日にはわが手に。

191126a.jpg

内容物は、本体 充電コード ブラケット ブラケット固定ゴム 

191126b.jpg


早速、初期設定に移ります。

ネットで仕入れていた情報では、設定はスマホのアプリからするということでしたので、サクッとスマホにアプリをインストールします。
サイコンのパッケージにあるQRコードからでも,GooglePlayストアから検索してもアプリは探せます。

インストールしたらユーザー登録をします。
ユーザー名・メールアドレスを入力して「Send Code」をタップ。
登録したメールアドレスにコードが送られてくるので、急いで入力します。入力時間は60秒しかありません。

無事、アカウントは取得できました。

サイコンの電源をON。窓際に移動してGPSを補則します。
スマホのブルートゥースをON。

アプリの左上の顔アイコン→XOSS G→CONNECT→検出されたXOSS G+のIDを順にタップして進んでいくと、画面に緑色の「CONNECTED」が表示されてあっさり接続完了・・・されるはずなのですが。

いつまでたっても「connecting・・・」でしばらくすると「connect failed」(通信失敗)というメッセージがでて接続できません。

191126c.jpg

191126d.jpg


何度やっても同じで、試しにスマホを再起動してから再度挑戦してみたら、緑色の「CONNECTED」が表示されました。スマホの問題だったのでしょうか??
(ちなみにこれ以降ももう一度接続しようとしても接続できませんでした。スマホを再起動すると接続できることもあるという程度のものです)

191126f.jpg


サイコンとスマホが接続できたので、時計を合わせます。
「settings」から「time zone」を選んでも「setup option not found」というメッセージがでて操作ができません。これはタイムゾーン以外でもどこを選んでも同じメッセージがでます。

 191126e.jpg


私のこのサイコンの使い方は、スピードと距離、時間が出ればよいので現在時刻は狂ったままでもいいかと思いもしましたが、なんとなくしゃくです。
しかし、アプリからはにっちもさっちもゆきません。

再度、ネットで検索をかけてみますと、本体ボタンの二つを長押しすると設定画面に移るというものでした。

本体から設定できたのね・・・。

本体ボタンを長押しするとハートレートセンサーとケイデンスセンサーの同期画面がでます。
ぐらの自転車にはセンサーがついていないのでスルー。

次に右画面だけ押すと「P1 タイヤ周長設定画面」になります。
700C×25Cなので、「2105」と入力。

入力後、右ボタンで「P2 単位設定画面」で、「km/h」を選択。

また右ボタンで「P3 時差設定画面」で「09:00」と入力。これで日本の現在時刻が表示されます。

設定が終われば、また二つのぼたん長押しで元の画面に戻ります。

とりあえず時間が合っていればことたりるので、これで個人的な設定は完璧。

ネットで見る限り、私のようにアプリがペアリングできなかったという報告は見ないので、私のやり方が悪いのか(メカ音痴なのでその可能性大)私のスマホが相性良くないのか。

使用感に着いては、追って後日レポートします。

ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
2019.11
25
運命的な出会いで衝動的に購入してしまったDE ROSA FEDE。
翌日、自転車屋さんへセッティングを済ませた新しい家族を受け取りに行きます。

ズノウイースト
191119a.jpg


シートポスト切ってもらいます
191119b.jpg


お店の周りを一回りしてとりあえずセッティングも決まってお持ち帰り。

車で道の駅・やちよへ
191119c.jpg


ここから新川CRで印旛沼まで行ってみます。
191119d.jpg


とりあえず、CRの平坦路で試し運転です。

新川
191119e.jpg


191119f.jpg


印旛沼に到着
191119g.jpg


191119k.jpg

ここから来た道を戻りました。

本日の走行は、23km。

191119m.jpg

DE ROSA FEDEはどうだった??

ぐらの感想。

・軽い
・ギアが変えやすい(ジオスはWレバーだった)
・ジオスより疲れない気がする

私もちょこっとだけ乗ってみた感想

漕ぎ出しは重いですが(鉄下駄なので当然)、スピードに乗ってしまえば至って普通。
私は「普通」という走り心地が一番よいと思っています。なにか特徴がある乗り心地というのは、なにかに特化したバイクなのではないかと。
堅いフレームはスーっと進んでスピードがでるかもしれないけれど、長い距離を走るには体力がいるかもしれない。
やわらかいフレームは乗り心地がよいかもしれないけど、スピードをだすにはパワーをかけつづけなくてはいけないかもしれない。

バランスが良いフレームは、特徴のない普通の乗り心地なのかも。
いいかえればクセがない、無味乾燥。そういうフレームがある程度のスピードが出せて長い距離を乗っても疲れない。DE ROSA FEDEもそんな一台なのかもと思いました。

ジオスはWレバーで変速が億劫になりがち。もう少し軽くしたいと思ってもダウンチューブに手を伸ばすのが面倒でそのまま走ってしまいます。すると脚に負担がかかるのです。
そのひとつひとつは小さな疲労だけど、一日その疲労が蓄積すると山となっていたりもします。

クロモリのジオスは、やはりもっさりしています。人によってはしなやかと表現するのかもしれませんが。
登りは重さが効いてさらにもっさり。登りに関してはやはり軽さは正義だと思います。

そして、なぜだかわからないのですが、ジオスは前傾姿勢・・・というか滑り台にのっているような姿勢になってしまうのです。これはぐらのジオス特定の問題と思いますが。
サドルに座るとハンドルにむかって斜めに傾いているように感じるのです。もちろんサドルは地面と平行に設定してありますが。これがなんとも乗りにくいのです。うまく体重を自転車にかけられないとでもいうのか。

素直な乗り心地の FEDE。

ここからぐらの自転車劇場・第二幕が始まるのでしょうか・・・??
191119l.jpg


191119h.jpg

191119i.jpg

191119j.jpg


ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


2019.11
22
まさか新しい自転車を買おうなんてさらさら思っていなかったんです。
いや、「さらさら」というのはウソかもしれません。でなければこんな出会いがあるはずもなく。
でも、その瞬間まで「ほとんど」買う気はなかったのは本当です。

そもそもの始まりは、ぐらのジオスが娘に貸し出されたまま帰ってこないという事態がありました。
娘は一人暮らしをしていて我が家にはいません。同居していたときは、ジオスを貸しても当然ながらその日に返ってきていました。
今はなかなか返ってきません。行ったきり。・・・っていうか、返ってくるのでしょうか?3本ローラー台まで持っていってしまったので・・・。

なので、ぐらが自転車で出かけるときの出動車両はおのずとクロスバイクに限定されます。
クロスバイクで出かけること自体、それはそれで楽しいことです。殊に最近「クロスバイクでポタリング」の面白さを再発見していて、ロードバイクとは違う面白みを再確認してるところです。

しかし、クロスバクで走るのはせいぜい50kmくらいまで。30km前後がちょうどいいんです。
だとすると走る場所が限られてきます。たとえば南房総をぐるっと回ろうとするとやっぱり100kmくらいにはなってしまいます。
そんな時、ロードバイクがあったらなあということになるわけです。
でも、娘に「自転車返してよ」というのも酷なような気もしますし、まあいいかと時間が過ぎていたという前提がありました。

江戸川CRをポタったとき、水元公園のベンチに座りながらなんとなくチネリのロードバイクの話をしました。
なぜチネリかというと、私がTCRを買った自転車屋さんがチネリを扱っているからです。いや、他にもタイムやカレラなんかも扱っていますがチネリが一番おしゃれ(かつ安価)かなと思っいまして。
ぐらはかねてから「おしゃれなアルミロードが欲しい」と言っていたのです。

ぐらにチネリの話をしてスマホで検索して写真をみせます。

EXPERIENCE 105
cne1.jpg


一見して、まあまあ良いんじゃないの・・・という反応。
しかし、写真と実物とではイメージが違います。そこでチネリの代理店に電話して千葉県で実車が置いてある自転車屋さんを教えてもらいました。
実車をみて、もし気にいれば地元の自転車屋さんで買うこともできるという気軽な気持ちからでした。

江戸川から東船橋にある自転車屋さんまで車で移動。
しかし、行ってみるとその自転車屋さんには駐車場がありません。お店に駐車場がないかときくとコインパーキングにいれてくれとのこと。
ここは実車が確認できればいいだけなので、ぐらだけ自転車屋さんで見てくれば事足りるということで私は路駐して待っていました。

店から帰ってきたぐら。
どうだった?ときくと「まあ、いいんじゃない」とテンションは高くはありません。
そんなもんだったかと帰ろうとしますが、ぐらが私に「実車みてきて確認してきて」と言います。本人が気に入るか気に入らないかなので、私が見てもしょうがないと言いましたが「とりあえず見てきて」と言うので私一人見に行きます。

店内にEXPERIENCEがありました。
店員さんに「これは2019年モデルだけど、2020年モデルもあるのですか?」と尋ねます。

EXPERIENCEはカタログでは2019モデルとなっているのです。
店員さんは「EXPERIENCEは廃番で、2020年モデルは後継車になるSEMPERになる」と。

SEMPER SHIMANO Tiagra 10S
cne2.jpg


このモデルの写真もぐらにみせましたが、まずますの評価でした。
しかし、このモデルはサイズがSからしかなく、ぐらの体格では厳しいということでした。(EXPERIENCEはXSがある)
試しにEXPERIENCEの在庫をきいてみたら、すでにXSは在庫なしという通知がきているということでした。

ということで、新しい自転車を買うという妄想ごっこも終焉。
その時、店長さんが「今うちにあるXSサイズの自転車は、これかな」と指さす先にあったのが、運命の出会いだったのです。

TV番組ならここでCMとなるところですが、スポンサーなどついていないブログゆえさっさと発表しちゃいます。

DE ROSA FEDE
fede.jpg


まさかのデローザ。
これはぐらに相談しなくてはと、一旦店を出て車をコインパーキングに入れてから再入店。

デローザを見るとぐらのテンションも急上昇。
実はこのFEDE、ちょっと前に船橋ららぽーとのセオサイクルで見ていたのです。しかしぐらには大きくて乗れないサイズだったのです。
その時も特に買う気があったということではなかったのですが、なんとなく残念な気持ちが残っていました。

15分ほど二人で緊急会議をした結果、購入を決意。
「これ、ください」と言うと、自転車の修理にきていたおばちゃんがハトが豆鉄砲くらったような顔をしていました。

FEDE 購入理由

・デザインが気に入っていた

セオサイクルで見る前から、何度か実車を見る機会があり好きなデザインであった。またデローザというメーカーにも憧れていた。
そして、2020年からデローザのロゴが変更するがイマイチだと思っていた。FEDEは旧ロゴ。

・デローザ2020年モデルからアルミバイクが消えた

2020年のカタログを見ると、子供用バイクRAGA以外アルミバイクがなくなったよう。スカンジウムはあるけれどならカーボン買うでしょ。
2020年モデルからエントリーバイクが消えた。そもそもFEDE自体、日本限定モデル・女性向けエントリーモデルなので、今後デローザのエントリーアルミモデルはでないかも。

・特別価格で売っていた

定価の30%オフ。背中を強く押された。


このお店には、他にもぐらが乗れるサイズの自転車が2台(どちらもWilier)あったのですが、やはりデローザが一番輝いてみえました。

股下などサイズを測って、セッティングをしてもらう準備を整えまして、翌日受け取るという算段です。

まさか、新しい自転車を買うなんて露にも思っていなかったので人生何が起こるかわからないものですね。


ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

2019.11
21
久しぶりに江戸川CRへ。
朝は雨が降っていて昼前から天候が回復するという予報。この時期は日暮れも早いので自転車に乗っていられる時間は短いです。
ならプチっと江戸川でも走ろうかという程度で出かけてみました。

江戸川CRを走るときは、江戸川河川敷にある小岩菖蒲園脇の無料駐車場にデポするのが我が家の定番なのです。
しかし、台風の影響で河川時に降りるゲートが閉められていました。

191118a.jpg


仕方がないので、新たなるデポ地を検索。里見公園の駐車場にデポすることとさせていただきます。

191118b.jpg


青空が広がったCR
191118c.jpg


晴れて気持ち良い追い風を受け快走。
行きはよいよい、帰りは怖い。

矢切の渡しは大雨の影響でお休み
191118d.jpg


千葉県側の桟橋が流されてしまったそうです。
柴又側から渡し船は出ているいるようですが、Uターンして柴又に戻るよう。

小説「野菊の墓」の舞台になったこみちがあるという看板を発見して行ってみることにしましたが・・・。
191118e.jpg


ただの畑の中の未舗装路
191118f.jpg


しかも畑に植えられているのはネギなのです。辺りは強いネギ臭が漂っています。このネギ「矢切ネギ」といって名物です。私も食べたことがありますがとてもおいしいのですよ。

ガタガタ進むと坂川
191118h.jpg

191118k.jpg

野菊の墓文学碑
191118i.jpg


江戸川が見下ろせます
191118j.jpg


坂川まで戻って国道6号・新葛飾橋から江戸川を東京側へ渡ります。
191118m.jpg


柴又へ。

帝釈天
191118n.jpg


もちろんこのお二人にもご挨拶

191118o.jpg

191118p.jpg


京成の踏切を渡って、すぐのところにある「さくら」でお昼を頂く。

191118q.jpg


まぐろ山かけ丼
191118r.jpg


中とろ刺身定食
191118s.jpg


コーヒーもついてリーズナブル
191118t.jpg


美味しくて店内もきれい。柴又に来たらここはおすすめです。

参道で草もちなどをいただきながら、CRへ戻ります。
191118u.jpg


水元公園
191118v.jpg

191118w.jpg


天気も良く散策している方で賑わっていました。

水元公園の近くにはしばられ地蔵尊があります。

191118x.jpg


牛にまたがると出世するんだそうです
191118y.jpg


相変わらず縛られてます
191118z.jpg


こんな石造も
191118z2.jpg


ぐらが「これスタジイっていう名前だって」というので、どこに書いてあるのか聞いてみますと。

191118z3.jpg


木の名前でしょ・・・。

ぐら曰く「保存樹木とスタジイ」だと主張しますが、本当でしょうか?

江戸川CRに戻ると、強風。もちろん向かい風。
191118z4.jpg


ヒーヒー言いながら、市川橋まで戻り千葉県側に渡ってから里見公園まで戻りました。

本日の走行は23km.

ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

2019.11
15
午前6時すぎにスタートした。
もう辺りは薄明るいけど、走っている自動車はヘッドライトを灯している。
テールライトとヘッドライトのスイッチを入れて走り出す。
この時期、何を着ていいのか迷う。朝は寒いけど日中は20度まで気温が上がる予報だ。
通年着れるインナーと裏起毛長袖ジャージにウインドブレーカー&15度対応タイツでちょうどよかった。指切りグローブが失敗したかと思ったけど案外大丈夫だった。

今日のルートは南房総を回る。
台風や大雨で甚大な被害をうけた南房総。風評被害で観光客が減っているという話もきいていたので積極的に被災地を走ってみることにした。
お金を落とすことが復興の手助けになるはず。

我が家から南房総へのアプローチは何通りかある。
今回は東京ドイツ村から鹿野山方面へ抜け、南下して館山から和田、鴨川を経由して安房小湊辺りから北上する計画。

朝靄の養老川
191112b.jpg


靄に覆われた田んぼに朝日が差しはじめる
191112c.jpg


ドイツ村を通過して久留里街道を横切る。
この辺りから靄が濃くなってくる。すでにこれは霧といってよいだろう。靄と霧の違いは見通せる距離で決まるそうだが、「1km未満が見通せない」この状態は霧だろう。

191112d.jpg


アイウエアが曇ってまるで白い夜のよう。
視界が悪く危険なのでアイウエアを外しバックポケットにしまった。

霧はいつまでも晴れずに、幻想的な風景の中を進んでゆく。
空は真っ青なのに白くかすみががったフィルターを通して見える風景はまるで夢の中のよう。

191112e.jpg


小櫃川沿いの小道を進み、山の中へ。
大江戸温泉物語・君津の森の坂を登り鹿野山方面へ。

191112f.jpg


でも、今日は鹿野山登らない。

山麓をぐるっと回る国道465号からなんと富士山の頭が見えた。こんな場所から富士山が見えるとは知らなかった。
191112g.jpg


更和のセブンで休憩しようかと思ったけど、手前のファミマで小休止。イートインスペースがあってこちらの方が快適か。

ファミリーマート ダイト富津関尻店 8:41

カフェラテ ロールケーキ
191112h.jpg


海へ出る。
国道127号。富士山がきれいに見えた。

191112i.jpg


勝山辺りから海沿いの旧道にはいり堤防に寝転がる。
191112j.jpg


空の青、海の青、山の青。青のコントラストに囲まれて目を閉じると波の音が際立つ。
いつもほとんど休憩をしないで走り続けるスタイルだけど、たまにはのんびりこんな時間を過ごすのも自転車に乗っている特権なのではないか。
しかし、10分もしないでまた走り出す。

国道に戻ったり旧道に入ったりしながら法華崎遊歩道へ。

191112k.jpg

191112l.jpg

191112m.jpg


富士山と原岡桟橋
191112n.jpg



県道296号から和田浦へ抜ける予定だったけど、お腹が空いたのでちょうど通りがかりにあるビンゴバーガーへ。
休日は大混雑のビンゴバーガーだけど、平日なので誰も並んでいないお店で注文。

実はフィッシュバーガーが好き
191112p.jpg

補給もしたので、ルートに復帰。
しかし、もと来た道を戻るのがしゃくで安房グリーンラインの起点から半島を横断する。
この道はあまり通らないけど、自転車で走るにはのどかでとても良い。
クネクネ進むと国道410号にでる。

410号を北上。安房中央ダムの水が空っぽだった。
191112q.jpg

県道89号にスイッチ。
少し登ると県道272号と交差する。ここから鴨川まで長く緩い下りで運が良ければ一漕ぎもしないで国道128号近くまでゆける。

鴨川駅周辺は交通量が激しい。南房総でも珍しい繁華街。ここを過ぎてしまうとまたのんびり走れる。

安房天津辺りの堤防でまた休憩。
横になって青い空を眺める。トンビが不規則な軌跡を描きながら青いキャンバスを泳いでゆく。太陽がまぶしくて目を閉じると瞼にオレンジの幕がかかる。
脚が疲労していてダルい。じっとしていてもそれは収まる気がしない。じっとしているともう走りたくない。

191112s.jpg


それでもここで夜を明かしたくないのでサドルにまたがる。
サドルの上ではまた少し元気がもらえる。

新しいトンネルが開通していた。

しんみいりトンネル
191112t.jpg


これまでこの道を何度も走っているけど、このトンネルができてなにか良いことがあるのだろうか?
これまで不便を感じたことはなかったような気がするけど。

おせんころがし 
191112u.jpg


いつもは、おせんころがしから国道128号に戻るのが定番だけど、今回は国道に戻る前に分岐する山道をゆく。
ここを登ると県道82号へ抜けられる。

191112v.jpg


最大勾配は17%ほどだけど、ほぼ10%前後の坂。
ここから内陸に向かうにはどのルートをとってもいずれ登りになるわけだど、ここの良いところは海が見渡せるポイントがあるという点かな。
191112w.jpg


こんな太陽光発電パネルがあったけど、台風大丈夫だったのだろうか。
191112x.jpg


県道82号から県道177号へ。
自販機にザバスがあったので補給。

191112y.jpg


途中、ヤギさんがお仕事していたのでご挨拶すると、帰り際に「メエエ」と返してくれた。
191112z.jpg


上総中野駅
191112z2.jpg

191112z3.jpg


県道32号が通行止めというGooglemap先生のお達しがあったけど、なんか微妙だったのでちょうどお子さんのお迎いかいに来ていたママさんに「県道32号の通行止めは解除されましたか?」と尋ねると、丁寧に「解除されたという話も聞いたけど、もし解除されていなくても迂回路があるから大丈夫」と返答いただき県道32号方面へ舵を切る事にした。
そして県道32号は通行止めは解除されていた。Googlemapでは通行止めとなっていても実はすでに解除されているということは多々あるようだ。昨日通った茂原街道もそうだった。

191112z4.jpg


清澄養老ラインに入り南総消防局加茂分署前を通過すると、あれ??
191112z5.jpg


仮面ライダー像が移動している。
塀の先端にいたのに、脇に移動していた。これは台風の影響か??

牛久から養老川CRを経て、我が家へ帰還。
夕景の富士山の迎えられた。

191112z6.jpg


本日の走行は、196km。
191112a.jpg




ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
2019.11
13
朝、起きたら路面は濡れていた。早朝に雨が降っていたようだ。
天気予報では一日中はっきりしない天気だということだったけど、どうやら日中は回復するらしい。
どうせ雨だからと自転車に乗るのは諦めていた。
急遽予定を変更して、支度を整える。

睦沢の道の駅がリニューアルしたので、そこを今回の目的地とした。
車に自転車を積んで、デポ地とさせてもらう茂原公園に向かった。
しかし、いざ茂原公園の駐車場に到着するとそこは閉鎖されていた。
災害ごみ置き場として利用するためだと。
茂原は先日の大雨で河川が氾濫して甚大な被害を被った。こんな時こそ地元にお金を落とすのも復興の手助けであろう。

しかし新たなるデポ地を探さねばらない。
スマホで検索して「富士見公園」に駐車させていただいた。

191111b.jpg


本日の出動車両はぐりぐら号
191111c.jpg


国道128号から七井戸交差点より県道85号へ。

交通量の少ないのどかな道をのんびりと走る。
なぜだか知らないけど、ダチョウがいる場所に立ち寄る。
ここのダチョウは人懐こいのか興味深げに寄ってくる。

191111d.jpg


癒される田舎道
191111e.jpg


県道148号に入ると、道の駅はすごそこ。

道の駅 むつざわ
191111f.jpg


以前の道の駅とは道路を挟んで向かい側に新しい道の駅はできていた。
リニューアル前の道の駅は、農産物が並ぶだけの素朴なものだったけど、新しい道の駅は温泉施設やBBQ施設もあるモダンな建物になっていた。
丁度昼時だったので、道の駅に併設されたイタリアンレストランでランチをとろうかと思ったのだけど、この場所にしては強気な価格設定だったのでパスして売店で売っていたお弁当を食べることにした。
イタリアンレストランは日本橋の名店の監修らしく暴利をむさぶるということではないようだけど。

公園のベンチにてランチ
191111g.jpg


お昼も食べたので、デザート。
自転車乗りの場合、この「デザート」というのは「坂を登りに行く」と意味する場合もあるけど、我らは純粋にデザートを頂きにゆく。

県道148号を戻り一宮へ。

赤七屋
191111h.jpg


こちらはオンシーズンだと満員で入店すらできないので、涼しくなってから伺うのが我が家のルール。
おいしいかき氷と静岡おでんを頂く。

デザートの後にはお土産も忘れず角八でおまんじゅうなど入手。
道の駅で買った野菜と買った和菓子で私のリュックはもう定員オーバー。
191111i.jpg


せっかくここまで来たので海を見ない手はない。
一宮川を渡って一松海岸へ。

191111j.jpg


ここから県道84号でデポ地まで戻った。

本日の走行は33km。
191111a.jpg


のんびりゆったり晩秋の景色と風を感じた33kmだった。





ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村