fc2ブログ
RSS
Admin
Archives

ぐりとぐらの本日も自転車日和なり

素人チャリダー夫婦の自転車生活あっちこっち

プロフィール

ぐりとぐら

Author:ぐりとぐら
自転車ど素人夫婦・ぐり(夫)とぐら(妻)が、07年11月 ジャイアント・エスケープR3を衝動買いしてしまって始まった自転車ライフ。09年1月にはBianchiロード・Via Nirone7 Al/Ca 105 Compactとミニベロ・MiniVelo 7を、そして10年3月GIOS VECCHIO 16年8月GIANT TCR ADVANCED PRO TEAM も加わってどこまで行くの?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2018.12
30
Category : ローラー
1812deta.jpg

実走は、459.34km。
ロングが効いて、距離が伸びました。

今年の走行距離は、3286km。
まあ、例年並みです。

ローラーは、細々と続けてゆく所存です。
やっぱりZwiftがあったほうがモチベーションが上がる気もしますが。

本年も拙ブログをご愛読ありがとうございました。
皆様、良いお年をお迎えください。

ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



2018.12
26

やっと顔を出した朝日に照らされると、枯れた田んぼの中を走る黒い自転車と並走する。
影は時に長く短く形を変えながら、私と同じペースで冷たい空気を切り裂いて進む。

出発したのは日の出の時刻だったけれど、雲に覆われて光は届かなかった。
寒いのが嫌だったので、この時間まで出発を遅らせたのだけど、その期待は裏切られる形になった。
同じ気温でも、陽が当たるかどうかで体感気温はまったく違う。
そして太陽を見ただけで気持ちも暖かくなるものだ。

今朝、起きて外に出てみると、空に冴えざえとした月が輝いていた。それは寒さを一層強く感じさせるものだった。
冬の月は凍っているように見えた。
冬の太陽はストーブだ。ぬくぬくと身体が暖まってゆくのが心地良かった。

181224b.jpg


しかし太陽に照らされたのは、ほんの一瞬だった。
そのあと陽は、ほぼ一日中雲の後ろに隠れてぼんやりとした行燈のようだった。

今日はノープランで走っている。
とりあえず高滝湖へは向かっているが、その先は気の向くまま行くつもりだ。

自転車乗りは、きっちりルートを絞り込んで崩さないタイプと行き当たりばったりを楽しむタイプに分かれる傾向にある。もちろんどちらかというとそっち派かなというような、曖昧な意味も含めてであるけれど。

私はどちらかというと「きっちり」タイプだ。
計画したルートをきちんと消化してゆく。予定外のことを容認しない。
と言いつつ、重度の方向音痴なので予定外のことはしばしば発生するのであるけれど。
でも、それは不可抗力であって自分的には「きっちり」派であることは譲れない。

そんな私が、今日は「行き当たりばったり」なのである。
行き当たりばったりとはいっても曲がり角の度にどちらへゆこうか?などと考えてもいられないわけで、とりあえず「高滝湖」を目指している。

自宅から高滝湖まではほとんど地元感覚なので、何も考えずにたどり着いてしまう。

181224c.jpg


相変わらず寒い。
空には青い部分もあるにはあるが、ほとんどはドンヨリとした重たそうな雲がピタリとも動かない。

やはり海が見たい。

「海」という言葉には、なにやら心を軽くする魔法がかけられているようだ。
「山」はそうはいかない。山には坂がつきものだからだろう。

だから「海」を目指すことにした。
ここからまっすぐ海へ向かおう。

清澄養老ラインで養老渓谷へ。
養老渓谷までも、走り慣れた道だ。

慣れとは、良くも悪くも作用する。
自転車に乗り始めた頃、道端に咲く花をみただけで少なからず感動したものだ。もうこの花が咲いているのかとか、そばに寄ると良い香りがするとか、いちいち立ち止まったりもしていた。
それが今じゃ花など目もくれなくなった。もちろん美しいものは美しいには変わりはないけれど、感動はしない。ただその時期にそれが咲いていると認識するだけだ。花が良い香りを放つのは自然の摂理であると。
慣れとは、同じ経験を重ねることでそれがありふれたことに感じるようになるということだ。
養老渓谷までの道のりも、初心者の頃は遠かった。真冬の早朝に自転車に乗ることも、真夜中の田舎道を走ることも慣れてきた。そうやって人は経験を重ねて何にでも慣れてゆくのだろう。

養老渓谷駅では猫駅長がハイカーになで回されていた。きっちりと己の仕事を全うしているようである。
181224d.jpg


先へ進む。
養老渓谷温泉街で大多喜町へ入る。
祝日であるにも関わらず、ひっそりとした温泉街をぬけると登りにさしかかる。
その先は二手に分かれていて、どちらへ行っても国道465号に出るわけだが、いつもトンネルをくぐってゆくルートをとっているので、たまには違う道でと思いたちハンドルを左へ。
ちょっと考えればわかりそうなものなのだけど、こちらは旧道なんだ。だってこの山を回避するためにトンネルを通したのだから。
つまりもうひと山登ることになった。登りながら「そうか、こちらが旧道か」と気づく。旧道の方が趣があるじゃないかと負け惜しみながらえっさえっさとペダルを踏んでゆく。
旧道はトンネルはないものの、切通しになっている。房総半島には実に多くある切通し。素掘りトンネルや切通しが多いのは柔らかな地質であるからと聞いたことがある。

老川十字路を直進して県道178号へ入る。
この道は、南房総でもメジャーなスポット「粟又の滝」に通じる。

展望台
181224e.jpg

181224f.jpg


展望台から出発しようとしていたら、坂の上から路線バスが降りてきた。
バスは粟又の滝ゆきだった。そして乗客は一人も乗っていなかった。
空のバスはこのさみしい風景とマッチしていた。粟又の滝には誰も行かないのだ。そして私の行く先にも誰もいない。

粟又の滝の入り口には、わりと大きな旅館がある。
この旅館、実は結構お客の入りがいい。祭日だからか、駐車場に車がたくさん止まっている。
粟又の滝にはたくさん人がいたのだ。バスももっと遅い時間なら人がたくさん乗っているのかもしれない。
粟又の滝の風景がさみしく感じるのは、届かない太陽の光と寒さのせいだ。

粟又の滝の入り口は、ちょっと不思議
181224g.jpg

181224h.jpg

181224i.jpg


この先はこれまで以上に、山の中になる。
林道チックな舗装が荒い細道を登ったり降ったり。

県道82号に入る。
いつもは安房小湊へ降りるけど、今日は途中左折してミレーニア勝浦という新興住宅街を抜ける。
モダンなデザインの住宅が多く立ち並ぶ風景は、南房総の漁師町とは異次元の存在。
ここにはどんな人が住んでいるのだろう。別荘として?リタイヤした人の終の棲家??
どうしてもこの地には漁師町の方が似合う気がする。

国道128号を北上。
途中コンビニであんまんを補給。
冬はやっぱり肉まんよりあんまんのほうが暖まる。

鵜原海岸
181224k.jpg


今はもう冬なので、誰もいない海かと思ったら、サーファーの皆さんが波の上に浮かんでいらした。
ウエットスーツを着ていたとしても、きっと水は冷たかろうにと思うけど、この寒空に自転車の乗っているのも寒かろうと思われているに違いない。

トンネルをいくつも越えて勝浦へ。
本当は国道より海よりの県道を走りたかったけれど、ミレーニア勝浦からだと県道にでれなかった。
この辺りの国道128号は走りづらいので、県道をお勧めする。

勝浦から御宿へ。

御宿を望む
181224l.jpg


御宿駅
181224m.jpg


御宿から内陸へ入る。
朝から風はあった。でもだんだんそれが強さを増してきた。
北風で向い風。イソップ寓話を思い出す。太陽が出てくれないとウインドブレーカーは脱げない。

お腹が空いた。
熱いラーメンが食べたい。
以前、行った「らーめん順子」のしょうゆラーメンが食べたくなったが、開店時間よりかなり早く着いてしまうので諦めた。
でも、もうラーメンモードだったので、スマホで検索すると国吉辺りまで行かないとお店がない。
県道176号を進む。

いすみ市にはいると、田園風景が広がる。
つまり遮るものがないので、風が強まる。
そんな中、白い鳥の集団が目に入った。

181224n.jpg


白鳥のようだ。
群れで飛来してきたのだろう。
後で調べたら、千葉県内の三大白鳥飛来地だそう。

国道465号へ。
いすみ鉄道沿いを走る。
線路脇のいたるところにカメラを構えた人たちがいた。
なにかめずらしい汽車でも通るのかと、線路の方を見ながら走ってきたが一台の汽車も通らなかった。

国吉駅
181224o.jpg


国吉駅にも猫がいた。
ローカル鉄道の駅には猫が常駐する決まりでもあるのだろうか。

狩谷踏切交差点から広域農道へ。
ここでスマホで調べていたラーメン屋へ。

らーめんあすか
181224p.jpg


開店直後に入店。
先客が一組。
店の外観がインパクトがあったので、一瞬入店をためらったが、お客さんが一組、また一組とやってくる。地元では人気店のようだ。

メニューがやたら多くて迷う。
とにかくラーメンモードだったので、しょうゆラーメンとミニばら肉丼のセットにした。

181224q.jpg


ラーメンは昔ながらのしょうゆラーメンでそれ以上でも以下でもなかった。
しかし豚バラ丼はとてもおいしく、再訪しもう一度食べてみたくなる美味さだった。どうやらこの店はトンカツやカレーなどの方がおいしいのかもしれない。
これは次回に確認せねば。

相変わらず風は強い。
広域農道は交通量が多い。
行元寺の道しるべがあったので、細い道へ逃れる。

これぞ、いすみという景色
181224r.jpg


行元寺から高秀牧場の入り口を通り過ぎて道の駅睦沢を横目に県道148号へ。

県道148号はいつも風が強い。
風がない日でも、ここだけ風が吹いている。ここは風の谷かと思う。
今日のような風のある日は、当然ながら激しく吹いている。もちろん向かい風だ。

少しでも風の影響を受けないように、県道の脇の住宅街の小道を進む。
若干、風は弱まるも道は終わってしまい県道に戻される。
この道の嫌なところは風ばかりではない。一直線なのだ。一直線の向かい風。ああ気が滅入る。

直線地獄から逃れ、長南へ。
とはいうものの、風は強く吹いて寒い。

最後の登りをひいこら登っていたら、ハンドルにつけた小さなバックミラーに自転車の影。
いつも間にか後ろに付かれていた。
どうもこの坂で抜かしにかかっている素振り。
即座にケイデンスを上げスピードアップする。グイっと引き離しそのままピークへ。下りでも漕ぎをいれ差を広げる。
はあ、無駄に体力が奪われてクタクタになって帰宅。

本日の走行は、135km。

181224a.jpg


これが今年の走り納めになる。
特になにか面白いものがあったわけでもなく、どちらかといえば辛いライドだったけど、まあそんなものかとも思う。






ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

2018.12
21
冬晴れの日に、富津へポタリング。

内みのは運動公園駐車場をデポ地とさせていただきました。
181218b.jpg


気温は10度ほどでしたが、太陽が降り注いで暖かさも感じられるほどでした。

まずは、ハンガーノックになってはいけないとのぐらの提案で「なかぱん」へ。

なかぱんとは、館山にある有名なパン屋さんですが、君津にもあったのですね。

なかぱんカフェ
181218c.jpg


平日の中途半端な時間にもかかわらず、そこそこの盛況ぶり。

県道から国道16号へ。

青堀駅前に古墳。

青堀駅
181218e.jpg


上野塚古墳
181218d.jpg


この辺りには古墳が多くあり、内裏塚古墳群と呼ばれているそう。

ちょっと先には、内裏塚古墳。

181218f.jpg


こんもりとした山のようです。

国道16号に戻り、富津岬へ。
181218g.jpg


沖には、人工の砲台・海堡が浮かんでいます
181218h.jpg

181218i.jpg


海岸沿いの道を快走
181218j.jpg


海がきれいです。

お昼は、大貫の平兵衛 さんへ
181218k.jpg


はかりめ重
181218l.jpg


はかりめ天ぷら定食
181218m.jpg


どちらも美味でした。


佐貫町駅を過ぎて、鶴峯八幡神社。

181218n.jpg

181218o.jpg


「鶴」を社名に関する関東地方を代表する三つの八幡神社・八幡宮の総称を関東三鶴と呼びます。
鎌倉の鶴岡八幡宮と館山の鶴谷八幡宮。この二社は動かないのですが、ここ鶴峯八幡神社で関東三鶴とする説と、我が地元・市原市にある鶴峯八幡宮をとる説があります。
個人的には地元を押したい気持ちもありますが、富津市のこちらの方が立派な気もします。

珍しいのは、手水舎のところに自分で払う大麻(神主さんが持っている白い紙がついた棒)が備え付けられていたことです。

181218q.jpg


海の近くなので、碇が奉納されていました
181218p.jpg



国道127号にでます。
予定のルートは、ここから鹿野山のふもとをぐるっとまわって帰るものでしたが、時間がちょっと押していたのでショートカットして木更津方面へハンドルを切ります。

しかし、この道は狭いトンネルと路肩のない細い道があるので、途中迂回しました。
適当に曲がってしまったので、スマホの地図を頼りに進んでゆきますと。

雰囲気の良い里山にでました
181218r.jpg


水仙が咲いていて、どうやら今年はいつもより早い開花のようです。

車がほとんど通らない田舎道を走っていたら、なぞの生物を発見。

181218s.jpg


ヤギですね。
水が抜かれた田んぼの雑草駆除係りに任命されているようです。

その先にも任務待機中のヤギが軽トラの荷台にいました。
181218t.jpg


それまで平坦だったのに、登りが始まってダムへ。

郡ダム
181218u.jpg


ここからデポ地まではすぐそこ。

本日の走行は、48km。
181218a.jpg




ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

2018.12
14
Category : 自転車雑談
ブルベに初挑戦しようとしている私です。

ところで、ブルベってどうやって参加すればいいの??

未経験者のための、ブルベはじめの一歩を未経験者が綴ります。

・どこのブルベに出よう?

私の場合、参加できるのが元旦しかなかったので、元旦ブルベに申し込みました。
普通の日に参加できる方は、ご自宅からスタート地点のアクセスが良いブルベを選べば良いのでしょうね。
また、距離は200kmからが望ましいようです。
私が参加するブルベの主催団体は400・600kmの参加には前年度の実績がないと受け付けてもらえないようです。

・参加するブルベを主宰する団体のHPを熟読する

該当するページを見れば、概要・コース・参加資格・必要なもの・スケジュールなど記されています。
熟読して準備しましょう。

私は、リアライト(点灯できるもの)と反射ベストを持っていなかったので購入しました
ブルベ


・自転車保険に入る

賠償付き保険加入していないと参加できません。
賠償責任保険金額は1億円以上です。
私が加入していた保険金額は3千万円だったので、新たに加入しました。

・スポーツエントリーに会員登録しておく

ブルベのエントリーは、スポーツエントリーというサイトから申し込むことが多いです。
いざ、ブルベの受け付け開始というときに、会員登録から始めるのは他の参加者に先を越されかねません。
事前に会員登録だけ済ませておきましょう。

・スポーツエントリーから参加申し込み

事前に各ブルベの参加申し込み日時が示されているので、できればその時間にエントリーをしましょう。
人気のブルベコースは受付開始から10分で満員ということもあるそうです。

ちなみに、私も参加申し込み時刻ぴったりにエントリーしました。
元旦以外にも1/2 1/4 1/5 とブルベは開催されるのですが、元旦以外は翌朝には受付終了となっていました。

元旦はどうだって??

受け付け開始から4日ほど経ちますが、まだ受付中ですよ。。。
やはり元旦からブルベに参加するなんて人は・・・。

スポーツエントリーをするとき「自転車保険証券番号」が必要ですので、保険証券を手元に置いておくとよいでしょう。
気を付けることは、氏名を入力するところで「苗字は大文字のローマ字・名前は頭文字だけ大文字で以下は小文字」で書くことです。


・キューシートをダウンロード

キューシートからコースを確認します。
コマ図をおこしたり、地図機能のあるサイコンにルートを入れましょう。

私がこれまでに準備したことはこのくらいです。
実際にやってみて、たくさん反省点が出てくのと思われます。
こういうことは、経験しないとわからないことも多いかと。

といっても、ふたたびブルベに参加できるかどうかわからないのですけど。。。


ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


2018.12
12
ブルベとは、なんぞや・・・。

という話は、このようなマイナー自転車ブログの読者には必要ないと思われますので割愛いたします。

しかし、「元旦ブルベ」の存在は知らない方もいるかもしれません。
そうです。元旦からブルベを開催してくれている団体があるのです。

そもそもブルベは土日に行われることが多く、平日休み族の私には縁がないのです。
しかし元旦なら私も休みなので、参加することができます。

参加申し込みは(この時点では)まだですが、気分が盛り上がってきましたので、AJ千葉「房総クラシック300」のコースを
お借りしてソロで走ってきました。

実はソロブルベをやったことは過去にもあります。
しかし、その時はDNFしてしまいました。

ブルベとは、単純にその距離を走ることとは別のハードルがあると感じています。
自分で引いたルートではなく、天候にも左右されるブルベは、ただのロングライドとは別物だと。

房総クラシックのコースはこちら


本来のスタート・ゴールは袖ケ浦海浜公園ですが、我が家から一番近いPC1のセブンイレブン・市原原田店からスタート。
・・・しようと思ったのですが、コース上のウグイスライン大桶で通行止めがあり、その先の神崎交差点からルートに入ることにしました。

我が家を、午前0時15分過ぎに出ます。
冬の装備は着込むので時間を食いますね。
完全冬装備なので、気温は5度くらいですが寒くはないです。

神崎交差点
181210b.jpg


ここからブルベルートに入ります。
今回はeTrex30xにPCごとにルートを入れたので、次のPCまでの残り距離を表示されるようにしました。
300km走るので、残り250kmもあるのか。。と思うよりあと〇〇kmで次のPCかとわかった方が精神的に楽かもしれません。

今回走るルートはほとんど走ったことがある場所なのですが、次のPCまでの東金地区は未走区間が多くしかも暗いのでeTrexまかせ。
方向音痴な私には、キューシートを読む力はないですね。

PC2 セブンイレブン 九十九里片貝店 2:10

カップヌードルミニ 水500ml

181210c.jpg

九十九里ビーチラインを南下します。
ここからはしばらく平坦なので、なんとなく心静かに粛々と進めます。
まあ、ここまでも登りらしい登りはなかったのですが。

どうせずーっとまっすぐな平坦路だと思って、無思考状態で走っていたらいつのまにか一宮へ着いていました。
玉前神社の裏から、いすみに入ってゆきます。

私は4時から日の出までが眠たくなる時間帯です。
この日もやはり眠くなってきて、しかも寒いので休憩したくなります。

途中、イートインがあるコンビニを見つけたので吸い込まれるように駐車場に入ってゆきました。

ヤマザキデイリー 夷隅大多喜店 4:00

コーヒーとタルト
181210d.jpg


10分ほどイートインで突っ伏して目を閉じますが眠れませんでした。
諦めてリスタートします。

少しは休めましたが、やはり寒さと眠気が襲ってきます。
上総中野駅で休もうとハンドルを切ります。

時刻は5時10分で、時刻表をみると始発は7時21分だったので、まだ人は来ないとみて駅の待合室のベンチに寝ころびます。
軽トラがとまる気配を感じて起き上がると、5時35分でした。

すこし眠れたのでスッキリ。
白み始めた空の元、走り出します。

三石山を暗いうちに登るのは嫌だなと思っていました。
夜の時間帯は、猪や鹿がいるだろうと。

三石山に登り始めた頃には、だいぶ明るくなって車の通りも多くなっていました。
少し安心して登ります。
しかし登りながら、ウリボウをみたのでやっぱり早朝の林道は怖いです。

三石観音 6:35
181210e.jpg


三石山を降りて県道24号に入ります。

PC3 ミニストップ 君津笹店 6:53

おにぎり カップみそ汁

181210f.jpg


鴨川有料を降って、海沿いの国道128号を白浜へ。

鴨川松島
181210g.jpg

181210h.jpg


天気予報では晴天でしたが、雲が空を覆い日差しは届きません。
夜中ほどではないですが、寒いです。
こんなはずでは…と思うとテンションダウンします。
しかし、国道128号では追い風気味で快走できたのが救いでした。

野島崎灯台 
181210i.jpg


PC4 セブンイレブン 白浜滝口店 9:32

焼きそばパン あんまん

181210j.jpg


県道88号に入った途端、強い向かい風。
この先、思いやられます。

メガネ橋
181210k.jpg


風に押されてペースはダウン。
それでも走っていれば、それなりに進むもの。

館山を過ぎ、お昼はビンゴバーガーか?とも思いましたが、たぶん三芳には10時半には着く感じ。
ビンゴバーガーの開店時間は11時なのでちょっと早いなあ。。。

なんて思っていたら、一段と向かい風が強くなってきました。
そして、なんだか脚が痛い。
自転車に乗っていて、普段あまりどこかが痛くなることが少ない私ですが、両膝の外側から下部分に鈍痛。
ちょっと休むかと、道の駅三芳にピットインします。

道の駅の休憩場に座って休みます。
ついでだから、ビンゴバーガーの開店時間まで待って、お昼済ましてしまおう。

ビンゴバーガー
181210l.jpg


開店時間5分前に並んで、一番をゲット。

チーズバーガー
181210m.jpg


写真では大きさがいまいち表現できていませんが、ビッグバーガーです。
そしてリニューアルしていました。

181210n.jpg


バンズも以前はフワフワ系でしたが、しっかり系になっていたし、パティも20g増量。
ってことは、スーパービンゴバーガーは以前より40g増量ってことか!!
胃袋自慢の方は挑戦してみてください。

たっぷり休憩してリスタート。
しかし、向かい風は相も変わらず。
ゆっくりゆっくり進みますよ。

しいたけ峠を登って、長狭街道経由もみじロード。
結構登らされるなあ。。。

長狭街道のすいせん
181210o.jpg


もみじロードの楓はもう終わりでした
181210p.jpg


PC5 セブンイレブン 13:10

補給なし

181210r.jpg


お腹もいっぱい。ドリンクも自販機で買ったばかりだったので補給はしませんでした。

ラスボス・鹿野山への登りが始まります。
本格的な登りがはじまるまでも向かい風でのんびりと。

しかしここで異変が。。。

お腹痛いかも・・・。

マザー牧場辺りにトイレあったっけ?
いや、九十九谷公園にしかないな。。。
でもそこは通らないしどうしよか。。。


※この先の文章は、不快感を伴う内容となっておりますので、読まれたくない方は以下の段落を飛ばしてください






なんて考えながら、ここから本格的な登りが始まるというその刹那。

冷たい感覚が背中をつんざき、腸が大きく反転。
強烈なビッグウエーブが私の下腹部に襲い掛かります。

瞬間的に「これはダメなやつだ」と察知。
ここまで来たのに戻るのか?という微塵の躊躇を振り切って、踵を返し先ほど写真だけ撮ったPC5・更和のセブンイレブンへと取って返します。

幸いにして追い風の降り基調。
それでも短い周期で襲い掛かるビッグウエーブにサドルに座ることを許されず、不自然に傾いた立ち漕ぐ鬼の形相は負のオーラをまとった駿馬のごとく。

悠久の果てとも感じた更和セブンにたどり着き、自転車を止めるのもままならず店内突撃。
奇妙なステップを踏んでトイレへと潜入成功。

ぎり間に合って深く重いため息とともに、すべてを水に流しました。




   ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※


体調不良で再びPC5・セブンイレブン更和店に戻ったわけです。

セブンイレブン 富津更和店 13:45

水 500ml

また来た道をエッチラ。
今度こそラスボス・鹿野山を登ります。

もうヘロヘロなので、ゆっくりのんびり登ります。
ここを越えればもう登りはおしまいということだけを励みに、ノロノロノロノロ。。。

マザー牧場
181210s.jpg


降ります。
けど、ちょっと登り返すんです。

少し海がみれました
181210t.jpg


鹿野山を降りると、国道127号を越えて君津駅方面へ。

やっぱり風が強くて脚も痛いので、また休憩しておこうかと。

ファミリーマート 君津貞元店 15:31

新ビョウフェルミンS錠


ここで念のためトイレに行っておこうかなと。
すると、また体調悪化。

トイレから出れません。
しばらくして落ち着いたので、店内でなにか買おうかと物色していますと、まさかのウエーブ。
今出たばかりのトイレへ戻り、しばしの拘束。

これは参った。。。

こんな日に限って輪行袋を持ってきていません。
なんとか大丈夫だろうと、トイレから解放されて整腸剤を購入。

もうこれは、ブルベのコースをたどっている場合ではないと判断し、ここでソロブルベ房総クラシック300をDNFすることとしました。

ここから最短距離で自宅に帰れるルートで(途中公園のトイレと仲良くなりながら)帰宅。

本日の走行は、275kmでした。

181210a.jpg


急な体調不良とはいえ、なかなか侮れませんブルベとは。
このままソロブルベを続けていたとしても、制限時間の20時間ぎりぎりだったかもしれません。

途中、眠くて仮眠して時間をロスしたこと。
追い風でスピードにのって体力を消耗し、向かい風で急激にスピードダウンしたことも影響したかもしれません。
一定ペースで走ることが、一番速く走るコツなのでしょう。

と、本番を前に反省の多いライドでしたが、これを収穫として作戦を練りたいと思います。







ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村