RSS
Admin
Archives

ぐりとぐらの本日も自転車日和なり

素人チャリダー夫婦の自転車生活あっちこっち

プロフィール

ぐりとぐら

Author:ぐりとぐら
自転車ど素人夫婦・ぐり(夫)とぐら(妻)が、07年11月 ジャイアント・エスケープR3を衝動買いしてしまって始まった自転車ライフ。09年1月にはBianchiロード・Via Nirone7 Al/Ca 105 Compactとミニベロ・MiniVelo 7を、そして10年3月GIOS VECCHIO も加わってどこまで行くの?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
2017.08
31
午後から時間ができたので、ちょこっと走りにでかけました。
今月はまったく走っていなくて、少しでも距離を伸ばしたいところなのです。
だけど出発が午後12時なのと、気温が30度を越えるような暑さなので無理はできません。

どこへ向かおうかと考えますが、ホームコースを行くのが無難だと「大福山」を登ることにしました。
いつもの農免道路から養老川CRへ。

黄金色の絨毯
170828a.jpg


もう稲刈りが始まっています。
その隣には、コスモスが咲いています。
猛暑のなか走っていますが、季節は確実に秋へとむかっているのですね。

170828b.jpg


牛久から上総川間駅をぬけて、高滝湖へ。
ここでサクレでクールダウンします。

この夏、サクレを食べたのは2度目。
実はガリガリ君はいまだ口にしていません。

高滝湖から千葉県射撃場を越えて、廃校になった富山小学校を通り過ぎて県道173号へ。
ゆるゆる登る坂をやり過ごして、月出のピークまで。

170828c.jpg


いくつかトンネルをくぐって、県道84号に合流します。
渓谷の雰囲気が濃くなってくる景色を流しながら、養老渓谷駅に到着。

リニューアルしておしゃれになった養老渓谷駅。
170828d.jpg


なんだか、垢抜けちゃって養老渓谷っぽくないぞ。

ここから大福山クライム。
序盤のキツイ15%区間を過ぎれば、まったりモードで山頂まで。

170828e.jpg


今日はここから坂畑林道で亀山方面へ出ます。
坂畑林道までのアプローチが未舗装で、すくなくとも10年は舗装されぬままなのですが、どーなってるの??

亀山駅も亀山湖もみないで、国道465号にIN.
低い山が夏空に映える快走路。

久留里
170828f.jpg


国道410号をドイツ村から離脱して帰ってきました。

本日の走行は、93km。

170828g.jpg

170828h.jpg


心拍とか気にしないで走ったので、ライド後かなり疲れが出ました。
100kmに満たなくとも、心拍管理しないとバテバテになりますね。。。

ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2017.08
29
Category : 動画



ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
2017.08
26
上高地と乗鞍へ行ってきました。

初めの計画では、上高地も自転車で行こうかと思っていました。

上高地は、一般車両は通行できません。
国道158号から県道24号に入る「釜トンネル」からは観光バスかタクシー、徒歩・自転車が通行できます。
しかし、自転車(バス・タクシーも)で通行できるのは上高地バスターミナルまで。そこから先は自転車も入れません。
上高地バスターミナルまでには大正池もあり、バスターミナルのある河童橋をみて帰ってこようかなんて考えていました。

ところが、そのアプローチである「釜トンネル」が10%もある登りを1.3kmほど進まなければならないのです。
そして観光地である上高地ゆえバスがひっきりなしに通過するということでありますし、しかも路肩がせまいというお約束。
これは自転車で走っちゃいけないトンネルであろうと判断したことと、せっかく上高地まで行くのだから河童橋の先、明神池まで行ってみたいという気持ちもあって素直にバスでむかうことにしました。

というわけですので、自転車ブログ的には自転車が出てこない上高地の話題はスルーしてしまおうかとも思いましたが、まあせっかくなのでサラッと触れておきます。

自家用車で上高地に向かうには沢渡駐車場でバスに乗り換えなくてはなりません。
この日のバスの始発は5時40分だったのですが、駐車場には4時ごろ到着しました。

すると登山に来ていた2人組に声を掛けられて、タクシーを相乗りすることに。
4人でタクシー代を割り勘にすれば、バス代よりも安いし始発のバスを待つよりも1時間くらい早く着けます。
話が決まったところでタクシー乗り場に移動しているときに、もうひとり登山者を捕まえて結局5人でタクシー代を割れたのでかなりお得でした。

5時に釜トンネルのゲートが開くので、それと同時に通過。
私たちだけ大正池で降ろしてもらいました。

朝靄の大正池
170822b.jpg


大正池からは、遊歩道を散策して行きます。
ポロシャツ一枚だったのですが、合羽を着ないと寒くていられないくらいでした。

田代池
170822c.jpg


河童橋
170822d.jpg


雲に隠れて穂高は見れず
170822e.jpg


岳沢湿原
170822f.jpg


明神橋
170822g.jpg


穂高神社 奥宮へ
170822h.jpg

170822i.jpg


明神池 一乃池
170822j.jpg


二乃池
170822k.jpg


明神橋を渡って、河童橋まで戻ってきました。
170822l.jpg


大正池を5時15分くらいに出発して、バスターミナルに戻ったのは10時前。
河童橋まではほほ平坦で、その先はちょっと登るところもあったけれど、ハイキングなどしたこともない私たちが歩けるくらいの難易度でした。
しかし、まあ5時間歩くことなどないので、疲れはしますね。

上高地からバスに乗って駐車場まで戻ります。
宿をとっている乗鞍まで行きます。

時間はたっぷりあるので、善五郎滝を見たり
170822m.jpg


地元の人に勧められたお蕎麦を食べたりして、3時には宿の入ってしまいました。



前置きが長くなってしまいましたが、ここからが自転車ブログ的には本番です。

乗鞍エコーラインから登って、乗鞍スカイラインを降る予定です。

朝起きると、青空が顔をだしていました。
なのに雨が落ちています。

天気雨なので大丈夫だろうなんて思っていたらやっぱりすぐにやみました。
とはいうもののスッキリ晴れるということもなく、出発する段になってもうす曇。

乗鞍観光センターを7:40分にスタート。
170823a.jpg


三本滝までは普通の県道ですので横を一般車両車が通りますが、時間が早いからかほぼ交通量はなしでした。

雲行きが怪しい
170823b.jpg


三本滝からは一般車両規制されます
170823h.jpg


ここで乗鞍スカイラインの「自転車通行止め」を知らされるんです。

実はその前日も乗鞍スカイラインは自転車止めだったようで、ちょっと覚悟はしていたのです。
こうなったら乗鞍エコーラインで畳平まで登ってUターンすることにします。
もしかして登ってみたら天候が回復していて、スカイライン通行止め解除なんてこともあるかもしれませんしね。

三本滝駐車場の自販機でポカリを補充
170823i.jpg


ゲートのおじさんの「いってらっしゃい」という声を背中に受けてペダルを踏み込みます。
レースじゃないので、のんびり登って行きます。激坂とかも出てこないのでまったりモードです。

天気は曇り~うす曇~曇り~うす曇~ちょっとお日様~曇り~うす曇~・・・の繰り返し。
雨は降ってきませんが、いまひとつ天気が悪くテンションも微妙。

170823c.jpg


それでも眼下に見える山には日が差していて美しい景色が広がっていました
170823e.jpg


冷泉小屋辺りからガスが降りてきます。
徐々に目の前が白い靄がかかりはじめてきました。

登っているのに肌寒くなってきます。
登りはじめでは、ジャージの前ファスナーを開けていたものを、閉めます。
ウインドブレーカー着ようか迷うくらいです。

位ヶ原山荘
170823d.jpg


ここを過ぎると、いよいよガスが濃くなってゆきます。
道の外側は真っ白でなにもみえません。

ジャージは霧雨の中を走っているように濡れています。
視界も悪くなってきたので、サングラスを外します。

170823f.jpg


風が強くなってきます。
追い風の時は背中を押される感じで、坂を登るのが楽に感じますが、向かい風の時はちときついです。

ますますガスは濃さを増し、5m先ほどしか見通せない状況に。

方の小屋に着いた時も、ガスでトイレの建物に気づかないほどです。

170823j.jpg


ここから本来なら絶景のラストステージを楽しめるはずなのですが、ガスの濃度はますます濃くなってゆくのです。
えっちら登ってゆくとゴールがどこなのかよくわかりません。

直前になってガスの中から最終カーブがみえて、やっと着いたとほっと一息して曲がった途端、ものすごい風で転びそうになります。

暴風。

足をついて転倒は間逃れましたが、再び自転車に乗るどころじゃありません。
台風のような猛烈な風を受けて、自転車を押し歩き県境の看板までゆきます。

本来でしたらこの県境看板で写真をとるのが定番なのですが、自転車を立てかけた途端に崖の向こうまで自転車が飛んでいってしまいそうです。
写真は諦めて、畳平方向に押し歩いて進みますが、強風に阻まれなかなか進めません。
しかもあたりは真っ白で何も見えないので、それ以上進むのはやめます。

ゲートと自分の身体の間に自転車を挟んで、ウインドブレーカーを着ます。
バタバタとウインドブレーカーが暴れるので、飛ばされないようにやっと着てエコーラインへ戻ります。

その時撮った写真 これを撮るので精一杯でした
170823k.jpg


エコーラインに戻っても、崖側の道を自転車に乗って下るのはあまりにも危険。比喩でなく本当に崖下に飛ばされそうな勢いです。
正直このとき、命の危険を感じました。

エコーラインの壁側に沿って、自転車を押し歩いて降ります。
しばらく降ると、風はぐっと収まります。山で風がさえぎられるのでしょう。

これではスカイライン側が自転車通行禁止なのは納得ゆきます。
この真っ白な視界3mほどでこれだけの強風を受けて自転車に乗るということは、掛け値なしで「自殺行為」です。

しばらく進んで、風もなくなったので自転車に乗ってエコーラインを降ります。
相変わらず真っ白なので、ゆっくりゆっくり降ります。

降るにつれガスが薄くなってきます。
しかし、雨が降ってきました。

170823l.jpg


雨は三本滝でも降っていて、結局ビシャビシャになってしまいました。
こんな雨のなかでも自転車で登ってくる人が何人もいました。

雨の三本滝駐車場
170823m.jpg


ここでぐらが待機しているマイヨジョーヌ号に回収してもらい、本日はここまで33km.

170823aa.jpg


天気がイマイチで景色は楽しめませんでしたが、自然の驚異を身をもって感じたある意味貴重なライドとなりました。
これも良い思いでになりそうです。

冷えた身体を温泉で温めてから、穂高神社に寄ったり
170823o.jpg

170823p.jpg


松本城を見学したりしながら帰ってきました。
170823q.jpg

ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


2017.08
01
Category : 3本ローラー
1707deta1.jpg

1707deta2.jpg


あれ?ローラー乗ってないや。。。
実走はロング1回。
今年初のミニベロ出動で距離は伸びず。

もう月間距離とか気にしていなかったりもします。

ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村