RSS
Admin
Archives

ぐりとぐらの本日も自転車日和なり

素人チャリダー夫婦の自転車生活あっちこっち

プロフィール

ぐりとぐら

Author:ぐりとぐら
自転車ど素人夫婦・ぐり(夫)とぐら(妻)が、07年11月 ジャイアント・エスケープR3を衝動買いしてしまって始まった自転車ライフ。09年1月にはBianchiロード・Via Nirone7 Al/Ca 105 Compactとミニベロ・MiniVelo 7を、そして10年3月GIOS VECCHIO も加わってどこまで行くの?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
2017.03
16
Category : 自転車雑談
gggg.jpg

「疑惑のチャンピオン」という映画を観ました。

ツール・ド・フランスで七冠したヒーロー・ランスアームストロングがドーピングしていたという事件を題材にした映画です。

ロードバイクファンなら周知の事件で、その内幕を知るうえで興味深くはあるでしょう。
しかし、映画としてこの作品を評価すれば「否」です。←個人的な意見

もともとがノンフィクションが原作なので、物語的にドラマティックにするのは難しいかったのかもしれません。
しかしながら、映画の見せ方としてあまりにも稚拙というか、うまくないというか、だと率直に思いました。

ストーリー展開が早い。
もうちょっと見せ方があるのでは??
ロードバイクファン以外には「?????」な展開かもしれません。

そういうのを度外視して、個人的な感想をば。

チームぐるみでドーピングをしていたという事実。
ロードレースという商売が成立してしまっている前提のなかでの商慣行。

そういう悪い意味でのプロフェッショナルの世界を垣間見せてくれたというところが、この映画の肝でしょうか。
終盤、コンタドールが同じチームで出てくるのですが、裏読みすれば「コンタドールもドーピング?」とか・・・。

まあ、正直観なくてもいいかな。
お勧めはしません。

ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト