RSS
Admin
Archives

ぐりとぐらの本日も自転車日和なり

素人チャリダー夫婦の自転車生活あっちこっち

プロフィール

ぐりとぐら

Author:ぐりとぐら
自転車ど素人夫婦・ぐり(夫)とぐら(妻)が、07年11月 ジャイアント・エスケープR3を衝動買いしてしまって始まった自転車ライフ。09年1月にはBianchiロード・Via Nirone7 Al/Ca 105 Compactとミニベロ・MiniVelo 7を、そして10年3月GIOS VECCHIO も加わってどこまで行くの?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
2016.09
28
Category : 自転車雑談
私のファーストマシンであったビアンキ・ニローネは、TCRの登場と伴にセカンドバイクとして余生を過ごすこととなりました。
今後は夕練・ローラー専用マシンとして働いてもらうつもりです。

ニローネに今までついていたホイールはRS80。
そこそこ軽量なホイールで乗り心地も良かったので、ぐらのジオス号に移植することにしました。
そしてジオス号についていたホイールをニローネに。
このホイールは、持つとずっしり重い鉄下駄です。

TCRがきてから、ポジション調整などしたかったのでローラーもTCRに乗っていたのですが、TCRのポジションも固まってきたので鉄下駄ニローネで夕練へ出かけてみました。
最近はTCRに乗っても特別軽いとも思わなくなってきているので、さぞや鈍重なミニタンクを引きずって走ることになるのやらと懸念していたのですが・・・。


意外や意外、なかなかどうして軽快に走るじゃないですか。

走り出しはやはりTCRと比べれば重いです。
しかしひと漕ぎ、ふた漕ぎすると、ヌーーーっというウエットな感じで進みます。
ある程度スピードにのれば慣性の法則でヌルーーっと進んでくれます。
ペダルを強く踏むと、グワン、グワンと加速してゆきます。

それに対してTCRは、走り出しから軽くパリッと乾いた乗り味でペダルを回した分だけフワッと舞う感じ。
脚を止めればスピードも落ちる・・感覚。実際にはそんなにスピードは落ちていないのでしょうが、そんな感覚がニローネより強いです。

身体になじんだニローネに乗っていると、人馬一体感を感じられて自転車に乗っていることが楽しくなります。
ただしサイコンをみればTCRよりスピードが出ていないことに気づきます。
というか、TCRの方がしらないうちにスピードが出ているという方が合っているといえるでしょうか。
細かいところは違ってもおおまかTCRもニローネと同じような感じで乗っています。乗車感覚はそれほど違いません。
だからサイコンを見なければどちらも同じようなスピード感で走っている気になります。

しかし、TCRの方が確実には時速2,3kmは速く走れているでしょう。
ニローネの場合、私の脚では時速35kmを出すのはかなりしんどいです。TCRではニローネであまりみないスピードで走っていることが多々あります。
TCRの方が速い理由が、車体の軽さなの?ホイールのリム高か?セミコンパクトクランクか?たぶんそれすべてが関連しているのでしょうけれど。

坂になるとその差はさらに開いてゆきます。
坂を登る苦しさは同じでも、車体の重さを感じざるを得ないニローネは如実にスピードに反映されます。
坂に関しては軽さは正義。ヒルクライマーが100g1万円ともいえる減量パーツもせっせとつぎこむ気持ちもわからなくはないですね。

思いのほか鉄下駄を履いたニローネは快適でサイクリング程度で使うには、必要十分な性能を有していると感じました。
同時にTCRのようなレースにも使える機材は、やはり速い。1秒を競う選手にはそれなりのバイクに乗る必然性があるのだなと認識できました。

私はレースにはでないのですが、ロングライドのシーンにおいてもアベレージ時速が速くなるということは良いことでありましょう。
アベレージスピードが仮に2km上がれば、24時間で44km先に進むことが出来るのです。
私の脚は「100km6時間」。24時間で400kmというのが今までの目安ですが、24時間で450km走ることも可能かもしれません。

結局、良くありがちなアルミバイクとカーボンバイクの違いの話になってしまいました。

ところで、私はEDGE500をニローネとTCR二台で使いまわしているのですが、バイクを代えるときにいちいちケイデンスセンサーのペアリングをしないと使えないのでしょうか?
かなりメンドクサイのですが・・・。


ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2016.09
15
今までのバイクは、ビアンキでフレームの色はチェレステでした。
今回買ったTCRはマッドブラック基調のブルーとレッドのカラーリングです。

自転車に取り付けるアイテムも、フレームのカラーに合わせていたので、チェレステとマッドブラックでは色合いが違います。
ビアンキに付けていた装備を、そのままTCRに移植となるとカラーデザイン的にまとまりのないものになってしまいます。
ということで、小物達も新しくなりました。

まずはヘルメット。

ヘルメットはガンメタのOGK・リガスを使っていたので、カラー的にはそのままいけると思います。
が、はずかしながらリガスを買ったのが、ビアンキを買った時。つまり7年くらい使っているんですね。
ヘルメットの耐久年数は「購入後3年間」とも言われていますので、この機会に買い換えました。
っていうか、娘がプレゼントしてくれました。

西洋人の頭の形と日本人のそれとは違うので、やっぱりMEDE IN JAPANにこだわってOGK・ステアーにしました。
160915a.jpg


なぜステアー?かといえば、同じOGKの商品でもフィット感が違ってステアーが一番かぶり心地が良かったんです。
これは、その人の頭の形によると思うので、皆がそうというわけではありませんが。
そして、この「インパクトブルー」というカラーも気に入りました。
リガスに比べて明らかに軽いです。


ボトルゲージ。

一つはビアンキから移植。エリートのものです。
もう一つは新たに購入しました。

アランデル Looney bin
160915c.jpg


ホールドする部分にねじがついていて、挟む物の大きさに合わせられます。
ペットボトルからワインボトルまでいけるんです。

私はシートチューブにつけたボトルゲージは主に輪行袋を装着します。
いままでのゲージだと無理むり押し込んでいたのですが、楽に入るようになりました。

160915d.jpg


ポンプ。

今まで使っていたものが小さくて気に入っていたので同じものを買いなおしました。
今まではピンクでしたが、今回はブラックを。
とは言いつつ、幸いにも実際に使ったことはないんですが・・・。

エアボーン(ブラック)
160915e.jpg


サドルバック。

こちらも、今まで使っていたOrtlieb Microのブラックに。
今まではグリーンだったので。

最後に、自転車屋さんからもらったものも

GANTのTシャツとグローブ
160915b.jpg

KRGさん、ありがとうございました。

ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

2016.09
10
前回、夕練コースでシェイクダウンしたGIANT TCR ADVANCED PRO TEAM。
今度の休みに、ペロッと200kmくらい走ってどんな感じか確かめてやろうと思っていたのですが、どうやら雨らしいのです。
ならば、夕練でもいいからもう一度走ってみっかということでチョロっと行ってきました。

前回のシェイクダウンの後、ローラーに2日乗ってセッテイングの修正をしました。
セッテイングの修正というとかっこいいですが、サドルを下げただけです。
見栄を張ってシートポストを上げたままのっていたのですが、ローラーに乗った翌日に膝が痛くなってしまったのです。
サドルを下げるとケイデンスも上がって・・・、というかサドルが高すぎた時はケイデンスが上がらなかったんです。
やっぱり正しいセッテイングというのは重要なんですね。
セッテイングを見直して試走した結果はどうだったか?

のまえに、チューブレスタイヤの空気圧も前回と変えてみました。
タイヤに記されている適性空気圧は、85~125PSIなので、90PSI(6.3BAR)で試してみました。

乗り心地

かなり良く感じました。
空気圧を下げたからでしょう。
ただしロングライドなどで2日くらい空気が入れられない状況などでは、やはりもう少し高圧に入れないとゴールまでもたない可能性もあります。
ロングの場合は110PSI辺りでスタートするのがいいのかもしれません。

平地巡行

ビアンキよりは確実に速く走れているようです。
車体が軽いのでいつもより重いギアで走れているのかも。

ラチェット音が結構派手です。
私は無音派でしたが、これはこれでいいかも。

登坂

やはり重いギアで行けていると思います。
だらだら続く緩い坂があるのですが、ビアンキなら即インナーにいれているところ、途中までアウターで行けました。
急な坂もスピードはビアンキより速く走れるようです。
ただし苦しさは同じですが。
ダンシングは車体が軽く振れていい感触ですが、ビアンキと同じように振るのとは違った乗り方のがいいかもしれません。その辺りは今後の課題です。

ポジションが合って乗ってみた印象は、前回より好印象を持ちました。
尖ったことろはないですが、平均点が上がったという感じかな。
乗り込んでいって、このバイクに合った乗り方を探ってゆきたいと思います。

ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

2016.09
03
GIANT TCR ADVANCED PRO TEAMが納車されたのですが、私の次の休みはまだまだ先なのです。
しかしながら、早く乗ってみたいと思うのは当然の帰結。

走り初めからナイトライドは嫌だなと思っていたのですが、背に腹は代えられぬ。
いつもの夕練コースを走ってきました。

比較は、BIANCHI Via Nirone。アルミのエントリーバイクです。
フォークとシートステーがカーボンのハイブリッド。ホイールはシマノRS80。こちらもカーボンとアルミリムのハイブリット。
ニローネとRS80の組み合わせは、柔らかな乗り心地で相性は良いと思われます。

まず、漕ぎ出し

当然ならが軽いです。
ニローネとTCRの重量差は2kgほどあるので、確実に体感できます。

平地巡行

んん!!??よくわからん。
正直、ニローネと乗車感覚は似ています。
以前、TREK EMONDA SLを試乗した時のような、スッと進む感じはないです。
ただもしかしたら、スピードはニローネより若干でているのかもしれません。同時に乗り比べていないので、その辺りはよくわかりませんでした。
「このバイク、速い」とかは思いませんでした。

ただ、バイクの軽さは感じられます。
上ハン持ってまったり流していると、ブラケット握って必死こいて走っている時より軽さを実感できました。

スッと進む感覚というのは、フレームが硬いバイクによくある感じらしいです。
短時間ならこのスッと進む感じが良く思えるのですが、これがロングライドとなると逆に身体の負担が増えるという話もあるので、どちらがいいのかというの判断つけかねます。

ニローネはフレームの中心に芯のような重さを感じながらスーっと進んでゆくような感覚。
TCRは全体が軽い。踏めばフワリと舞うけれど脚をとめると失速するような感じ。

登り

このバイクの最大の特徴は、登りにあると思います。
軽さがダイレクトに効いてきます。

夕練コースには、短く急な登りがあるのですが、ここでいつもダンシングをいれたくなる衝動にかられるのです。
しかし、今回は「どこかでダンシングも試してみたいなあ」とか思いながら結局ピークまでシッテヒングで登ってしまいました。
やはり登りに関しては、軽さは正義です。

ダンシングは、バイクが軽く振れてすこぶるいい感じです。

降り

長い降りをノーブレーキ走ったときのスピードは、RS80のときと同じくらいでした。
特別回転の良いハブというわけでもないよいです。
まあRS80の方が重いので、それだけスピードに乗ってしまえば速いのかもしれませんが。

乗り心地

チューブレスタイヤ&カーボンホイールということで、乗り心地が良いのかと推察していましたが、劇的な変化はありませんでした。
私はいつもタイヤの空気を120PSI(8BAR)入れるのですが、チューブレスタイヤは低圧でもOKということなので、100PSI(6.8BAR)にしたのですがまだ下げてもいいのかな?

しかし、デコボコの橋があっていつもなら「わあああああああっ」って思うことろ、今回は「わわ」くらいだったので、衝撃安定性は確かに向上しているようです。

セミコンパクトクランク

TCRには52-36のクランクがついています。
ニローネは50-34。

52でもあまり違和感はありませんでした。もちろん上のほうしか使いませんが。
時速30kmくらいで走っているときに、ギアがガチャついた音がしたので確認してみたら、インナーで走っていました。
ずっとインナーでもいけるかも。

以上のインプレは、夜間だし初乗りでプラシーボ効いてるしで信憑性は薄いです。
そもそも、エントリーアルミとセカンドグレードカーボンを比べているわけですから、勝負になっていません。
しかしながら、登り以外のその差は思っていたよりも小さいものでした。
まあ、エンジンが同じなので当たり前かと。

おいおい乗り込んで、改めてインプレしたいと思います。

ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

2016.09
01
Category : 3本ローラー
1608deta1.jpg

1608deta2.jpg

実走はロングが入ったので、伸びました。
今年は台風が来てばかりですが、サイクリングベストシーズンであるこれからは、天気が安定して欲しいものです。

ローラーは低調。娘にローラーを占拠されていたりもします^^;

ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村