RSS
Admin
Archives

ぐりとぐらの本日も自転車日和なり

素人チャリダー夫婦の自転車生活あっちこっち

プロフィール

ぐりとぐら

Author:ぐりとぐら
自転車ど素人夫婦・ぐり(夫)とぐら(妻)が、07年11月 ジャイアント・エスケープR3を衝動買いしてしまって始まった自転車ライフ。09年1月にはBianchiロード・Via Nirone7 Al/Ca 105 Compactとミニベロ・MiniVelo 7を、そして10年3月GIOS VECCHIO も加わってどこまで行くの?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
2016.08
30
7月はじめに注文した私のNEW BIKE「GIANT TCR ADVANCED PRO TEAM」がやってきました。

adpro.jpg


Mサイズからデリバリーが始まったらしく、早い人は7月下旬に納車されたようです。
しかし、私のXSサイズは約2ヶ月待って、先日納車になりました。

私はGIANTのサイトにあった写真だけでこのバイクを買ったのですが、いざ実車をみると写真とはイメージが違うところがあります。

160830c.jpg


ダウンチューブが太い

トップチューブが赤かった

160830d.jpg


まあ、思ったより派手な自転車だったというわけですが、それはそれでいいか。

重量は、GIANTの公式記録ですと「Mサイズが6.9kg」。
私はXSサイズなので、もっと軽いようです。

ペダルをつけて、両輪にシーラント80gづつ詰めた状態で7.4kgほど。
持つとめっちゃ軽いです。

160830a.jpg


まだ自転車屋さんから自宅に戻るまでの10分くらいしか実走していないのでインプレめいたことは後のレポートに譲ることにします。

TCR ADVANCED PRO TEAMの気になるところ

クランクがセミコンパクトである
160830e.jpg


前々から次乗る自転車のクランクは48にしようと思っていたのですが、この自転車には52がついています。
ビアンキは50だったのに、スプロケの半分以下はほぼ使わない状態でした。52になったらどうなっちゃうのでしょうか??

カーボンホイールである
160830f.jpg


リムがカーボンだと、長いくだりで熱を持って止まらなくなるとか、雨で濡れるとだめだとかいいますが、実際のところどうなの?
また、チューブレスタイヤが標準装備されていますので、乗り心地、パンク修理などメリット・デメリットが気になりますね。


ペダルはLOOK KEO 2 MAXにしました。
160830h.jpg


ビアンキもLOOKだったので、自転車を乗り換えるたびにクリートを取り替えるわけにもいかないので。

ANT+2.4GおよびBluetooth Smartに対応スピード&ケイデンスデジタルセンサーがフレームに初めからセットされています。
160830i.jpg

ケイデンスセンサーがチェーンステーの中に隠れているので、マグネットの調整がちょっとてこずりました。

スローピングなので、シートポストが出て、大型サドルバックでもタイヤと干渉することが無くなったのはかなりうれしいです。
160830g.jpg


GIANTロゴも隠れなくて良かった。

まだまともに乗っていないので、なんとも言えない状態です。
はやく乗りたいのですが、休みは遠く走り初めはいつになることやら・・・。

ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
2016.08
24
Category : 自転車雑談
booooook.jpg

「スティグマータ」近藤 史恵 著 読みました。

ご存知、サクリファスシリーズの最新作です。

舞台はツールドフランス。
アームストロングをおもわせる汚れた英雄の復活を軸にストーリーは展開してゆきます。
ツールドフランスを純粋に自転車レースとして向き合う者、ビックビジネスの足がかりとして捕らえる者、それぞれがツールドフランスという側面なのでしょう。

ネタばれしないよう、内容については詳しくは触れませんが、この小説これまでのサクリファスシリーズにも増して、自転車競技を知らない人が読んで、どれだけ楽しめるかは謎です。

自転車乗り、ひいては自転車ロードレースに興味がある人ならばとても楽しめる本書であると思います。

ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

2016.08
21
八ヶ岳ライドの途中で雨に降られDNFした翌日。
天気は「曇り」予報。
とりあえず雨はなさそうなので、胸をなでおろします。

8時過ぎに白樺湖へ。

160816b.jpg


ぐらは前日の雨ライドに懲りて本日はDNS。
予定では、ちょびっとビーナスラインを走るはずでしたが、心折れたようです。

というわけで、私ひとり旅でビーナスラインへGO。

160816c.jpg


曇っていますが、青空も部分的に見えたりして案外コンディションはいいかも。

白樺湖を眼下に見下ろして
160816d.jpg


ユルユルと登りっぱなしですが、見晴らしの良いビーナスラインは走っていて気持ちいいです。

160816e.jpg

160816f.jpg


車山高原
160816g.jpg


高い木がないので見晴らしがよく登りの苦しさも帳消しです
160816h.jpg

160816i.jpg


反対側の道はもう下りです。ピークは近いぞ。
160816j.jpg


ピークまで登ると,霧が峰まで一気にくだります。
寒いのでウインドブレーカーを着ます。

160816k.jpg


霧が峰から県道194号に入り、美ヶ原方面へ。
ここからはアップダウンの道になります。

高校生くらいのキャンプ道具を満載した自転車グループを抜かして、先へ。

街がみえました
160816l.jpg


諏訪湖もチラリと
160816m.jpg


登っては下ってを繰り返して、なかなか楽な道ではありません。
しかし激坂とかはないので、ジワジワ進んでゆくんです。

次第に霧が湧いてきて視界が悪くなってきました。
160816o.jpg


三峰大展望台は霧の中
160816n.jpg


扉峠で補給
160816p.jpg


ここも景色は楽しめませんでした。

それまで小さな峠を登っては降っての繰り返しでしたが、いよいよ県道178号に入ると九十九折れ区間に入ります。
斜度も若干上がって、苦しい道が始まります。

160816q.jpg


ゼーゼーハーハいいながらも標高を稼いでゆきます

それほど距離はないので、いつかピークへ
160816r.jpg


霧の中、休憩していると霧が晴れてきて美ヶ原高原美術館のオブジェが姿をあらわします
160816s.jpg

160816t.jpg


ここから降ります。
県道178号をズーーーと下りです。

こちらは観光客の姿はなく、林道のような道をひたすら降ります。

路面は悪いです
160816w.jpg


アップダウンはなく、降るのみ。
川沿いの道。せせらぎを聞きながら。

160816x.jpg

160816y.jpg


降るにつれ気温の上昇を体感します
160816z.jpg


国道142号にぶつかって、佐久方面へ。

160816z2.jpg


本当はここは右折して白樺湖へ戻る予定だったのですが、なんかもうアップダウンとか走りたくなくてぐらに途中まで迎えにきてもらいました。

本日はここまで
160816z3.jpg


国道152号の交差点でぐらと合流。

本日の走行は、57km。

ビーナスライン。
天気が良ければ最高に気持ちよい道だと思います。
今回、半分は霧の中を走った感じになってしまいましたが、それでも十分楽しめました。
個人的な感覚ですが、西伊豆スカイラインを長くした感じとでも言えばよいでしょうか。
それなりにアップダウンがあるので、だれもが楽しめるということはないかもしれませんが、ある程度坂を登れる人には最高のロケーションだと思います。

ぐらと合流した後は、白樺湖のお蕎麦屋さんでお昼を食べてから車で再度ビーナスラインを走って諏訪湖まで。

諏訪湖で、映画「テルマエロマエ」のロケ地にもなった「片倉館」でお風呂に浸かって帰ってきました。
160816z4.jpg




160816a.jpg

ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

2016.08
17
夏休みを利用して、信州まで足を伸ばしてきました。

かねてから「ビーナスライン」を自転車で走ってみたいと思っていて、今回やっとでかけることができました。

しかし予定していた日の天気がいまひとつです。
一日目は午後から天気が崩れそう。二日目は雨は降らないようですがスッキリとは行かない様子。
当初の予定では、一日目に「ビーナスライン」を、二日目に「八ヶ岳の麓をまわる」コースでと考えていました。
メインイベントである「ビーナスライン」は二日目に回して、初日は「八ヶ岳ライド」とすることにしました。

早朝、自宅を出て8時過ぎに茅野市運動公園へ。
駐車場をデポ地とさせていただきました。

天気予報とは違って、良い天気です。
これなら、ビーナスラインに行っておけば良かったかもなんて思ったりもして。

いきなり坂
160815b.jpg


雲がかかっていて八ヶ岳の姿はみえません
160815c.jpg


原村をすぎてもずーっと登り続けています。さすがに山国。
160815d.jpg


ときどき標高が書いてある看板が出てきます
160815e.jpg


まっすぐに続く道。
これが気持ちいい道なのか?はてしなく見える先まで登らないといけない苦しい道なのか??
160815f.jpg


八ヶ岳エコーラインを過ぎて、
160815g.jpg


白樺のこみち
160815h.jpg


八ヶ岳鉢巻道路へ
160815i.jpg


ここまではずーっと登ってきましたが、ここから降り。
なのですが、路面がガタガタで走りずらいったら。

本来なら八ヶ岳の雄大な風景がみれるはずなんでしょうけど・・・
160815j.jpg


八ヶ岳カントリーキッチン
160815k.jpg


ここでパンでも買おうかと立ち寄りましたが、予約分以外は売り切れとのことでした。ガックシ。

お昼を食べるにはまだ時間が早かったので、先を進むことにしました。

・・・が。

ポツン。

さっきまであんなに天気が良かったのに、急に雲が空を覆ってきました。

そして、ポツン、ポツン、、、ザアーーーーーーー。

普通、ポツンときて少しポツンが続いてから雨が強くなるものですが、今回はいきなりザアーっときました。
様子を見ようかとかいう余裕もなく戦意喪失。

予報より早いタイミングで降ってきました。
「曇ってきたな、危ないからここらでルートを回避するか」とかいう間もなく土砂降り。

「今日はもうだめ」

ということになりましたが、ここからどうする??

本来の予定は、小淵沢~八ヶ岳牧場~清里~野辺山。
野辺山から輪行で茅野まで戻る計画でした。



なので、輪行袋は持っています。
スマホで一番近い駅まで行くことにします。

写真ではわかりずらいですが、どしゃぶりです
160815l.jpg


ガーーーーッと下って行きます。
下ってゆくだけだからまだいいか、と思っていたらプチットクライムもあったりしてかなり過酷です。

160815m.jpg


途中、屋根があって雨宿りができるところがあったので様子をみますが、いっこうに止む気配は無いのでまた雨の中へ。
カッパも持っていなかったので、全身ずぶぬれです。

富士見駅
160815n.jpg


駅に着く頃には、雨も弱くなっていました。

電車は5分後にくるということですが、当然それには間に合いません。
その次の電車は1時間後。

実はここからデポ地までは13kmほどです。
もう雨も小降りだし、ここまで濡れたし、電車を待つより走ってしまおうということにしました。

国道20号に出て、茅野を目指します。

途中のコンビニの駐車場に、御柱が鎮座しておりました
160815o.jpg


デポ地近くまで来るとまた雨が強くなってきます
160815p.jpg

やっとこ、デポ地に到着。
本日の走行は、40km。




160815a.jpg




160815bb

結局、この後は茅野の街でコインランドリーを探したり、コインランドリーで洗濯して乾燥したりして時間がつぶれました。
そのまま、宿に入り終了。

二日目は、ビーナスラインです。

ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


2016.08
12
久しぶりにロングライドしてきました。
どのくらい久しぶりかというと、4月に伊豆イチ未遂をして以来です。

今回の目的地は、以前から気になっていた峠ふたつをからめたコースです。

奥武蔵グリーンラインを走ったときに寄った名栗湖。その時は湖を立ち寄っただけで帰ってきてしまったのですが、後日そこから秩父に抜ける道があることを知ります。
我が家から秩父へのアクセスはよろしくないので、この有馬峠を抜けて秩父へ行ってみたいなと思っていました。

また、秩父からは志賀坂峠に行ける林道があってその場所も過去に志賀坂峠を走った時に、この林道はどこに繋がっているのかな?と疑問だった林道だったのです。
今回はその二つをまとめて走ってみようかという計画です。

しかし距離は260kmほどとロングライドとしては控えめですが、獲得標高が3000m弱ということなのでかなり厳しい道のりになりそう。
本当に走りきれるか?とビビリながらも決行しました。

私のロングライドのスタイルは、仕事を終えただちに就寝。2,3時間眠ったあと午前12時頃に出発するというものです。
しかし今回はあえて、眠らずにスタートして途中仮眠をとる形を試してみることにしました。

仕事を終えてすぐに眠りにつけるものでもないし、スタートを早めることで目的地に着く時間的余裕がでるのではないかと考えたからです。
ただし仮眠なしで走るのは、ロングライドの先人たちのお言葉からも、自身の経験からも危険であることは承知しております。
ファミレスなどしっかり休める場所で、きちんと時間をとることにします。

そんなわけで、出発は午後8時。
いつもなら静まり返った街のなかを走り出すのですが、この時刻ならまだ街は賑わっております。
場所によっては車も渋滞していたりして、勝手が違います。
そして、街を徘徊している人種も違っていて渋滞する車をすり抜ける時などに軽くチョッカイだされたりしたりして、走りづらかったりもします。
真夜中の街の方が安全だとは気づきませんでした。

22時 東京都にIN
160808b.jpg


信号にやたら引っかかります。
時間ばかり経って、距離が伸ばせません。

街をほのかに照らすロウソクのよう
160808c.jpg


早稲田通りに入ると、少しはまともに走れるようになってきます。
以前青梅へ向かった時には早稲田通りから青梅街道に入ったので、今回は新目白通りを経由して走ってみました。
こっちの方がアップダウンがある感じですね。青梅方面へ行くのは早稲田通りで行った方が良さそう。

次第に深い時刻になってきますが、あまり眠気を感じません。
目的地である名栗湖に入るための成木街道の基点である東青梅のファミレスで仮眠をとろうと考えていました。
しかし、通り過ぎるファミレスの閉店時間が早いのです。
12時閉店や遅くても2時閉店ばかり。ファミレスって24時間営業じゃないの?

もしやと思い、予定していたファミレスの閉店時間を調べてみたらなんと12時閉店。
すでに閉まっているじゃありませんか・・・。

急遽、その周辺のファミレスで24時間営業の店を探して仮眠場所は確保しました。
リサーチ不足でしたね。

1時にはファミレスに入りたいなと思っていたのですが、結局1時45分くらいに入店。

ジョナサン青梅 にて、たらこスパをカーボローディング
160808d.jpg


2時前ですが、お客さんはまばらながらもいて、おしゃべりに興じています。
まあそういうのが目的のお店なのだから当然ですが。

サクッとパスタを平らげて、仮眠。
・・・しようにもしゃべり声や照明の明るさで眠れません。
机に突っ伏して目を閉じてみます。

それでもウトウトできて、気づくとお店には誰もお客さんはいなくなっていました。
このとき3時。

こりゃいいや、4時くらいまで寝ちゃおうと思った矢先、居酒屋から流れてきたであろう若者たちがドヤドヤやってきました。
ああ、こりゃだめだなと退散することに。

3時半に店をでました。
それでも滞在時間90分の半分くらいはウトウトできた模様。
頭もスッキリしています。

東青梅駅を通過して、成木街道へ。
成木街道の入口がラストコンビニなります。

ファミリーマート 青梅成木街道店 3時40分

ブレンドコーヒー オレンジジュース1L ブラックサンダー バターロール6個いり

コーヒーを飲みながらパンを一つ補給。ボトルにオレンジジュースを詰めて出発。

まだ暗いので、ライトに照らされた山道をゆるく登って行きます。
山道といっても県道なので、しっかりとした普通の道路です。

この道は以前も走ったことがあるので、景色が見えなくてもいいや。
そのうちに空が白みはじめました。

160808e.jpg


そして名栗湖へ
160808f.jpg

短くて急な坂を登って名栗湖
160808g.jpg

160808h.jpg


さて、ここからが本番の有馬峠クライムです。

名栗湖の周りをぐるっと回るように走って
160808i.jpg


林道の入り口へ
160808j.jpg

160808k.jpg


特に景色が良いわけでもなく、普通の林道の雰囲気です。
が、普通でないのは斜度です。

坂を登っていると、なんだかスピードがでないのでおかしいなと思ったら10%でした。
この林道は10%が普通です。平坦きたと思ったら5%、坂が急になったと思った時は15%という感じです。
いろんな坂に登りましたが、かなりきつい峠です。

路面はたまに小さな尖った石が落ちていますので気をつけないとパンクしそうですが、荒れ放題というわけではありません。
突然広くて舗装の良い場所があったかと思えば、狭くてガタガタのところもあるという感じです。

しかしきついんです。
名栗湖ではボトルがほぼ満タンに入っていたのでそのまま走ってきてしまいましたが、ドリンクの減るスピードが早いんです。
おもわず途中で自転車を降りて座り込みます。
息を整えてしばし休憩しますと、喉の渇きもおさえられてきました。
走っているとあちこちで小さな滝やら小川やら目に付きますが、それは飲めないのでやはりダブルボトルを推奨します。

走り出して、空が近くなってきました。
そろそろピークか?という頃に本当の平坦がきます。
そして降ったりもします。この辺りからは尾根伝いに走る感じです。

いよいよピークに近づいていると油断してはいけません。
ここから3kmほどアップダウン。これが長いんです。

有馬峠
160808l.jpg


やっと着いたという感じ。
標高1142m。ヘビー級。もう登りたくない。

名栗湖が小さくみえます
160808m.jpg


ゆっくり休もうと思っていたら、ブヨ(?)がブンブンうるさいのでさっさと降ります。

山が深い
160808n.jpg


こちら側も道が荒れてる箇所があるので注意です。
いちばん酷いところはこんな感じでした。

160808o.jpg


秩父側に入ると恐ろしい看板
160808p.jpg


「有馬峠で熊をみた」というような噂もきいていたので、ちょっとビビッていたんです。
会わなくて良かった。

なんだかおもしろい人形がたくさんありましたよ
160808q.jpg


今日も暑くなりそうだけど、気持ちよい
160808r.jpg


寄国土トンネル
160808s.jpg

160808t.jpg


獅子舞をモチーフにしているそうな。

浦山ダム
160808u.jpg


ダムの周りはアップダウン。

国道140号に入ります。
やっぱり下界は暑いです。

次に向かうは八丁峠ですが、この辺りがラストコンビニなので補給しておきます。

ローソン 秩父荒川上田野店 7時39分

とろろそば アイスキャンディ グリーンダカラ

イートインスペースがあったので、そばを食べてちょっと休憩。

しかし秩父は山が深いです
160808v.jpg


走っていると視界に山の頂上が見えません。
見上げないと頂上が見えないのです。
これって山が近いんでしょうね。長野なんかの方が高い山があるのでしょうが、遠くにあるので視界の中に山がまるまる納まります。
秩父は緑の壁があるだけです。

写真も縦にしないと収まらない
160808w.jpg


三峰神社 一の鳥居
160808x.jpg


神社まで近いなら参拝しようかなと思いつつ、でも三峰神社って山の上だったような気が・・・。
ここから徒歩3時間だそうです。もちろん参拝はまたの機会にさせていただきました。

160808y.jpg


森林浴気分で走ります しかし暑い
160808z.jpg


道の駅 大滝温泉
160808z2.jpg


赤コーラと朝買ったロールパンを補給。

これまでもジワジワ登りでしたが、さらに登りがきつくなってきます。

ループ橋
160808z3.jpg

160808z4.jpg

160808z5.jpg


トンネルがいくつか出てきて、中津川。

160808z6.jpg


この写真を撮って、次のトンネルにはいりますがこれが長いんです。
2kmもあるんです。しかも登ってます。
自転車に乗っている方ならだれもが嫌であろうパターンですよね。

長いトンネルなので、GPS電波が遮断されてeTrexの画面も落ちます。
トンネルの路肩は広くはないですが、交通量もまばらなのでそれほど危険は感じません。

やっとトンネルを抜けて、eTrexの画面が復帰。
するとルートをはずれているではありませんか!!!

さっき写真を撮った道へ行かなければならなかったようです。
あの2kmのトンネル登りはなんだったのでしょうか・・・。
時間と体力を無駄使いしてしまいました。
Uターンします。今度はくだりなのでさーっと元の場所へ戻れました。

さて、気を取り直して八丁峠へ
160808z7.jpg


中津川を眺めながら
160808z8.jpg


朝、有馬峠を登った身ですから、坂としてはまったく緩いです。

ルートラボによれば、

有馬峠は11kmを770m登る。平均斜度7%
八丁峠は16kmを648m登る。平均斜度4.3%

しかも有馬峠は3kmほど尾根伝いの平坦区間ありですから、数字よりも坂区間の斜度はきついはずだし。

八丁峠はらくちんか?

路面悪すぎ。。。。

有馬峠なんてもんじゃなく、酷い場所が多いです。
それは、ニッチソという会社が石灰を掘っていて稼動しているので、ダンプが走ったりするからかもしれません。
実際、狭い林道で2台のダンプとすれ違いました。

それでもこの林道は魅力的です。

やはり緑深いこと
160808z9.jpg


たくさんの小さな滝が流れていたり
160808z10.jpg


秘境感も満載
160808z11.jpg


オーバーハング
160808z12.jpg


林道入口
160808z13.jpg


いくつものトンネルを通過することになるのですが、照明なんてありません。
なかでもこのトンネル。

160808z14.jpg


ものすごく長いけど中は真っ暗闇です
160808z15.jpg


明るいライトがないと通過できないでしょう。

そして、八丁峠といえば廃墟マニアの人らには有名スポットなんです。

160808z16.jpg


ニッチソが昔使っていた建物跡とのこと。

この廃墟を過ぎると普通の林道です。

途中に水場があったので、冷たい水で顔を洗ってリフレッシュ。

ピークの八丁隋道までは長かった。
やっと現れた隋道。

八丁峠 標高1240m

160808z17.jpg


八丁隋道も長く照明はないのでライト必須です。

八丁峠は、走っていて楽しい峠でした。
深い緑、秘境感、廃墟、さまざまな顔があるテーマパークのような峠です。
斜度も常識的なレベルだし。ただ路面の荒れとダンプにはご注意。

八丁隋道の向こう側
160808z18.jpg

さーっと降ると志賀坂峠にでます。
160808z19.jpg


ここで本日の登りは終了。
時間と体力と気力があれば矢久峠までちょいと登ると絶景が広がっている場所があるということで、行ってみようとも考えていたのですが当然そんなものは残っていません。

志賀坂トンネルの向こうは群馬県
160808z20.jpg


一気に下って、国道462号十国峠街道へ。

神流川には釣り人がたくさんいました
160808z21.jpg


時刻は12時半。
どこかでお昼を食べないと。
と思いつつ、お店がまったくないんです。もちろんコンビニも。

そして暑い。ものすごく暑いんです。
とにかく児玉方面へペダルを回します。

後で考えればこの時点で補給不足でした。ハンガーノックになりかけていたのかもしれません。

補給をしなくてはと思いながらも、店はなし。
かといってロールパンは食べたくないし、食欲もそれほどなし。
ただただ水分ばかりをとっていたので、たぶん胃液が薄まって体調も良くはない。

道の駅 万葉の里に到着。

ここでお昼を食べるのが面倒になっていました。
この判断もハンガーノックで思考能力が低下していたのでしょう。
あと30kmほどで輪行予定の駅に着くという気持ちもあったのですが、1時間半はかかる距離なのですが。

結局ここでは、ドリンクだけ補充してまた走り出します。
しかしすぐに力が入らない感じで、やっぱりあそこでなにか食べるべきだったと後悔します。
しかし、店が無い。

アイス食べたいなあ・・・とか思いながらこの辺りから登りが多くなってきたりしてますます疲れてきます。
この駅まで向かうというためだけに走る距離が無駄だなあ・・・しかし、それこそがロングライドなんだよねえ。

たしかもうひとつ道の駅があったから、そこで絶対なにか食べようと心に決めて走って行きます。
そして道の駅 上州お越しの向いにあったそばやさんへ。

ざるうどん 1時半
160808z22.jpg


ものすごくおいしい。
大量に汗をかいていたためか、つゆのしょっぱさを身体が欲しがって飲み干してしまいました。

これで一息ついて、あとは駅まで走るだけ。

本庄早稲田駅近くのコンビニで汗まみれのジャージを着替えて、駅へ。

160808z24.jpg


おつかれちゃん
160808z23.jpg


4時23分発 新幹線あさまにて帰ってきました。

いつも最後部座席を指定するのですが、この日は指定席は売り切れ。仕方ないので自由席を買いましたが満員で座れずでした。
夏休みだからでしょうか。

今回、仮眠をあまりとらずに走ってきましたが、走行中は眠くなったりしませんでした。
ただ東京駅から自宅までのあいだ(座れた)爆睡してしまったので、やはりもう少し仮眠をとらなければと思うところです。

自宅で仮眠と取らずに出るメリットは、途中で大休憩が出来ることでしょうか。
仮眠をとってから夜中に出る場合、昼食以外大休憩しないで走ってしまいます。
100kmくらい走って大休憩できると、身体の負担も軽くなるような気がします。

本日の走行は、263km。

160808a.jpg


edge500からルートラボにおこすとアフリカ経由になってしまうので、eTrex30xからおこすとふたつに分割されてしまいます。アフリカいかないからいいけど。








ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


2016.08
03
最近、スローパンクが立て続けにおきて、タイヤをよくよくみてみると小さい傷や穴が散見します。
距離も6700km乗っていたしロングライド計画もあるので、タイヤを交換することにしました。

今まで使っていたのは、パナレーサーRACE A EVO2。
これがなかなか気に入ったので、次も同じRACE A 。しかしバージョンが変わって EVO3です。

たぶん体感できるほどの差はないのでは?

以前は、海外通販の安いタイヤを履いていましたが、ゴム製品は劣化が心配なので「日本製」の国内通販で買うことにしています。
通販でなくてもいいのですが、買いに行く時間と手間がないので・・・。

タイヤ交換する前までは、まだいけるか?と思っていたのですが、交換したらけっこう台形になっていたので代える時だったかも。
タイヤによって消耗距離が違うけど、5000km目安で代えた方がいいのでしょうね。

ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村




2016.08
01
Category : 3本ローラー
1607deta1.jpg

1607deta2.jpg


実走も距離が出ず、ローラーも夕練もさぼりがち。
まあ、しょうがないか・・・。休みの日は全部乗れたので良しとします。

ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村