RSS
Admin
Archives

ぐりとぐらの本日も自転車日和なり

素人チャリダー夫婦の自転車生活あっちこっち

プロフィール

ぐりとぐら

Author:ぐりとぐら
自転車ど素人夫婦・ぐり(夫)とぐら(妻)が、07年11月 ジャイアント・エスケープR3を衝動買いしてしまって始まった自転車ライフ。09年1月にはBianchiロード・Via Nirone7 Al/Ca 105 Compactとミニベロ・MiniVelo 7を、そして10年3月GIOS VECCHIO も加わってどこまで行くの?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
2016.06
30
Category : 3本ローラー
1606a.jpg

1606b.jpg

実走は夕練で稼いでなんとか。

夕練はじめたら、「今日は夕練やめてローラーでいいか」とかいう日も増えて。
夕練がなかったら「今日はローラーいいか」となっていたはず。
クッションが一つ増えたので、ローラー率も上がったか!!??

ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
2016.06
28
午後から時間が出来たので、プチッとライド。

この日は梅雨の晴れまで天気が良かったのですが、風が強くていきなり向かい風の洗礼を受けます。
なので、出かけるときには「麻綿原高原の紫陽花でも見に行こうかな」と思っていたのですが、気持ち的にはちょっと萎えてしまいました。

それでも、行く先はあまり決めないで、とりあえずいつもの農免道路から養老側CR経由で牛久まで出て、川間駅の脇をぬけて高滝湖まで来ました。

緑の絨毯が美しい季節になりました
160627a.jpg


里見駅の先、菜の花と小湊鉄道のコンビレーションで有名な撮影スポットですが、この時期は紫陽花との競演です。
160627b.jpg


清澄養老ラインで養老渓谷まで、エッチラコッチラ。
駅前の角谷商店で、ガリガリ君とドリンクを補充。

さて、ここから麻綿原までゆこうか?それとも大福山登って帰ろうか??

なんか風もあるし疲れちゃったので、日和って大福山登って帰ることを選択。

大福山はアプローチはちょときついですが、あとは尾根を走る感じでアップダウン。
ピークの東屋でちょっと休憩。

160627c.jpg


ここからも、久留里に降りて久留里街道で帰るか?林道を繋いで帰るか?大多喜経由で帰るか??ちょっと考えます。

一番平坦なのは久留里経由かな?でもまっすぐ一直線に帰ることを選択。
なんか楽に帰ることばかり考えてました。輪行袋があったら輪行してたかも。そんなに疲れてもいなかったけど、なんか帰るのが面倒になってきたり。
やっぱり午後から出発とかっていまいち気分があがりません。

林道養老線から万田野林道、音信山林道と繋いでゆくのですが、林道を越えるごとに路面が悪くなってきます。
特に音信山林道は夜間の走行は強くお勧めしません。大きな穴が開いているので、そこに突っ込んだら落車確実です。

無事、音信山林道を終えて、国道409号に抜ける分岐にでたところで、通行止めの看板がありました。
160627e.jpg


まあ、そんなこと言っても実は通れるんじゃないの?

などと高を括って行っていますと・・・
160627d.jpg


完全に通行止めでした。
すごすごと戻って、丹原林道に入ります。

160627f.jpg


丹原林道はアップダウンがあって疲れますね。
音信山林道で坂は終わりと思っていたところだったので、なおさらそう感じたのかもしれませんが。

国道409号に出ますが、この国道も登ったり降ったりで好きじゃないんですよね。
なのでこの道はあまり通らないことにしていたのですが。

途中から脇道に逸れて、光風台へ。
光風台はいつも夜練コースで山を登ったりしていますが、もう坂は見たくないのでまっすぐ家へ帰りました。
行きで向かい風だったので、この辺りは追い風でそれがちょっと救いでしたね。

本日の走行は、84km。




160627g.jpg

ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

2016.06
22
梅雨の晴れ間に足利まで行ってきました。
足利というのはあまり行く機会がなかったのですが、ぐらの旧友が住む街ということで白羽の矢がたったというわけです。

道の駅・きたかわべをデポ地とさせていただきました
160620a.jpg

まずは、渡良瀬遊水地へ
160620b.jpg

広いです
160620c.jpg


水辺は気持ちがいいですね。
この日は晴れ間が見えてはいますが、太陽サンサンというほどでもなかったのでさやわかに走れました。

しばらく渡良瀬遊水地を走って、
160620d.jpg


県道9号へおります。
トラックが割りと多くて走りづらい道でした。

渡良瀬川や近くに見える山を眺めながら道幅の狭い県道を進んだ先には、佐野厄除け大師。

160620e.jpg

金ぴかのお寺です。

160620f.jpg


なにはともあれお参り

160620g.jpg

金の仏像に甘茶をかけてから、鐘をならして手を合わせるのだそうです。

なんともめずらしい自販機発見

160620i.jpg


おまもりやおみくじの自販機です。

ぐらがおみくじをひいてみました

160620h.jpg


箱に入った中身をみれば、おみくじとおもり

160620j.jpg

なるほど、おみくじだけではうまく落ちないというわけか。
自販機の隣にかごがあって、おもりと箱はこちらへどうぞ。

160620k.jpg


ちょいとお腹がすいたので補給したいところですが、時間がはやくてまだお店がやっていないみたいです。

厄除け大師の向かいに観光センターがあって、そこならやっていました。

佐野のゆるきゃら・さのまる
160620l.jpg


さのまるがかぶっているのは佐野ラーメンでしょうけど、手に持っているのは??

これが佐野名物「イモフライ」だそうです。

イモフライってなんだ?

これだ!!
160620m.jpg


まあ、名前の通り「じゃがいものフライ」ですな。ソースが甘くておいしかったです。

さて、足利へ向け県道67号をひた走ります。

つもりだけど、例のアレでちょっこし足止めをくらったり・・・
160620n.jpg


足利に着くと、ぐらの友人と連絡を取ってランチ。

一茶庵
160620o.jpg


足利といえば蕎麦店が多くあるのですが、なぜでしょう?

蕎麦の畑があるわけではないのです。一茶庵があるからなのでした。
一茶庵の創業者が、東京で修行してきてこの地にお店を開いてから、ここで修行した人たちが次々と独立したということだそうです。←地元の友人談
つまり、足利の蕎麦屋の元祖的なお店なんだそうです。

三色盛り
160620p.jpg


お上品な蕎麦でした。


友人と別れて、ポタ再開。

織姫神社へ
160620q.jpg


階段クライムきびしいです。

けど景色はいいですよ
160620s.jpg


拝殿
160620r.jpg


アフロっぽいご神木
160620t.jpg


お参りを済ませると、あの階段を降るんですがそれもきついですね。
これなら裏から自転車で登った方がよかったかも。


君はパンヂュウを知っているか??

パンヂュウとはなんぞや??

パンヂュウはこんな屋台で売っています
160620u.jpg


正体はこれだ!!
160620v.jpg

地元で大人気のソウルフードらしいです。
大判焼きの生地をたこ焼き機のような型にながして、なかにはあんこが入っている「たこ焼き型大判焼き」のようなものです。

パンかでもなく、まんぢゅうでもない「パンヂュウ」なのだ。
塩気のきいた餡と大判焼きの生地があいまってこれは美味です。

この日は気温が高かったにもかかわらず、これを求める人が並んでいました。しかも皆さん大量に買ってゆくのです。
3個で100円というお財布にもやさしいのがいいです。


足利観光、最高の目玉といえば「足利学校」でしょう。

ところが・・・
160620w.jpg


月に一度の休館日でした。

となりの鑁阿寺「ばんなじ」へ。

160620x.jpg


まあ、落ち着いたお寺ですね。以上。
160620y.jpg


渡良瀬橋へ。

渡良瀬橋ときいてピンとくるのは昭和のお父さんですね。

1993年に発表された森高千里の「渡良瀬橋」。
それを記念して2007年に歌碑がたったそうで、それがこちら。

160620z.jpg


ボタンを押すと、森高千里の歌う渡良瀬橋が聴けます。

しかし、この歌碑の場所が
160620z2.jpg


変哲の無い歩道の脇にあってなんだかなあ。

その渡良瀬橋を渡って、ちょいとゆくと三船屋という鯛焼きとかき氷のお店があります。

160620z3.jpg


私達が店に到着すると入れ違いで、ローディーグループが出るところで「おすすめは生イチゴ」ということをきいたので、

ぐらは生イチゴ
160620z5.jpg


私は宇治金時
160620z4.jpg


とってもおいしくコスパも最高。近所にあったらいいのになあというお店でした。
小学生からおじさん、お年寄りと客層も幅広くみんなに愛されてる店のようでした。

ここからは渡良瀬川CRで戻ります。

160620z7.jpg


広くなったり狭くなったりしながらも、繋がっているCRは便利です。
が、途中でボトルが空になってしまって、離脱してドリンクを補給しましたが。CRは補給ができないところが玉にきづですね。
160620z6.jpg

本日の走行は、70km。

梅雨の晴れ間で、暑さもそれほど厳しくなくてなかなかの自転車日和でした。
自転車を車にしまったら雨が落ちてきたので、タイミングが良かったのかもしれません。



160620aa.jpg


ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


2016.06
12
ハートレートセンサーが遂に壊れた模様。

最近、心拍が異常に低かったり高かったり信憑性のない数値をたたき出していた心拍計でしたが、、遂に無反応に。
電池をかえたり、お決まりの電池ひっくり返し初期化も試しましたが、まったくダメでした。
Edge500本体の設定をいじっても無反応なので、こりゃダメだあ。

まあ、このハートレートセンサーは、GAMIN Edge500を買った4年半前に付属していたものなので「4年半もった」ということをほめるべきかとも思うのですが・・・。

この際、心拍計なんていらないか。なんても思ったのですが、なにげに、時速・ケイデンス・心拍はチェックしていて、ロングライド時は心拍計しかみていないなんてこともあるしeTrex30xも心拍読めるので、やっぱりあったほうがいいかなと。

心拍計が壊れた。というお話はネット上にたくさんあって、特に「ガーミンプレミアムハートレートセンサーの断線」の話題が豊富です。
その際、ポラールのストラップが互換性があって安価で手に入るなどという記事が多くあります。

しかし、私がEdge500を買ったときは、まだハートレートセンサーが旧型・新型入れ替え時で、どちらのものが届くかまちまちだった時代です。
私は旧型が届き、その当時はちょっとがっかりしたのですが、後の評価で新型はすぐ壊れるという噂がたち「旧型でよかったかも」と思うようになりました。

ポラールのストラップは新型のハートレートセンサーに対応したものであり、私が使っている旧型のものには使えないのです。
なので、私は新しくハートレートセンサーと買わないといけないないわけなんです。

さて、どうしよう?

ガーミン プレミアムハートレートセンサーはこれほど耐久性が無いといわれているので、パスしたいところです。

ネットで調べていると、キャットアイからハートレートサンサーがでているようです。
しかし、こちらもソフトタイプのストラップでちょいと断線の不安があります。
値段もそれほど安くは無いですし海外通販などもみましたが、結局どのメーカーも同じような価格だったので、今まで使っていたものと同じやつをアマゾンで買いました。
翌日配達で、便利極まりなし。

あいかわらずの過剰包装
160612a.jpg

ちゃんと箱入り
160612b.jpg

今まで使っていたものと並べてみます
160612c.jpg

ロゴが完全に擦り切れてなくなっていますが、同じものです。

もちろんちゃんと使えます。
異常な数値もみれません。

耐久性を考えると、旧型の方がいいと思うのですが・・・。


ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


2016.06
01
Category : 3本ローラー
1605deta1.jpg

1605deta2.jpg

今月はロングライドでがっつり走ろうと思っていたのですが、天候等諸事情で距離伸びず。
まあ、乗ればいいってもんじゃないと最近は思うようになってきました。

ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村