RSS
Admin
Archives

ぐりとぐらの本日も自転車日和なり

素人チャリダー夫婦の自転車生活あっちこっち

プロフィール

ぐりとぐら

Author:ぐりとぐら
自転車ど素人夫婦・ぐり(夫)とぐら(妻)が、07年11月 ジャイアント・エスケープR3を衝動買いしてしまって始まった自転車ライフ。09年1月にはBianchiロード・Via Nirone7 Al/Ca 105 Compactとミニベロ・MiniVelo 7を、そして10年3月GIOS VECCHIO も加わってどこまで行くの?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
2015.11
24
Category : 自転車雑談
23日は祭日で天気さえ良ければどこか走りにゆこうと思っていたのですが、天気が微妙すぎました。
完全な雨ではないですが、いつ降ってもおかしくないような曇天です。

自転車に乗ることは諦めて、家でゴロゴロしようと決め込んでいたのです。
が、ぐらが「どっか連れてけ」とブーブー攻撃。

なんとなくスマホをいじっていたら、東日本橋のトレックショップで試乗会をやっているという情報をゲットしました。
なんでも土曜から三日間行われているようで、これも祭日だからか?
平日休みの私達にはあまりない機会なので「微妙な天気」などと言っている場合ではありません。
ちゃっっちゃと支度して出かけてきましたよ。

ローロバイシクル
151123a.jpg


こんな天気だからかわりかし空いていたようで、ちょっと長めに試乗させていただきました。

私がお借りしたのは、Domane 6.2
t4.jpg


本当は Domane 5.2を試乗したかったのですが、この日はないというわけで、ワンランク上の6.2。
試乗しても、とてもじゃないけど買えない高級バイクでございます。

なぜにDomaneかといえば、このバイクはトレックでもロングライドに特化したバイクという触れ込みです。
乗り心地が最高というのを体験したかったんのです。

で、ぐらも試乗します。

ÉMONDA SL 8
t3.jpg


ぐらは店長さんに「どんなの乗りたいですか?」という問いかけに、「なんでもいいです」。
というわけで、これは店長さんおまかせバイクです。

ヘルメットをお借りして、いざ行かん。
坂も登ってみたかったので、皇居方面へペダルを漕ぎ出します。

151123b.jpg


九段坂もクライム 登りでも笑顔のぐら
151123c.jpg


お決まりのミステリーでお店までちょっと迷って、約束の時間をちょい遅刻して無事返却させていただきました。

で、Domane 6.2はどうだった??

比較は、Bianchi Via Nirone 7 Alu/Carbonというフレームはアルミでフォーク・シートステーがカーボンというエントリーバイク。
ホイールはシマノRS80。これもアルミとカーボンのハイブリットホイールです。
この組み合わせはやらかい乗り心地で、自分自身は乗り心地が良いと感じています。
しかし、高級エンデュランスロードバイクの乗り心地たるやこんなもんじゃないんだろうなという期待に胸を膨らませての試乗でした。

漕ぎ出し
軽いです。スッと走り出せます。

巡行スピード
わかりません。なんせサイコンが付いていないので。サイコンつけて欲しかったなあ。先日クロモリジオスに乗った時も、体感スピードはいつもと変わらなかったのですが、スピードメーターみていつもより遅いとわかったので、今回もいつもと変わらない風で実はかなりスピードが出ているという可能性は大です。

登り
これは明らかに違います。九段坂は何度も登っていますが、こんなに坂緩かったっけ??というほど楽に登れます。

乗り心地
ここがこのバイクの肝です。この部分に大いに期待しての試乗だったのですが「思ったほどではない」というのが正直な感想です。わざとデコボコやマンホールの上を通ってみたのですが、今乗ってるアルミビアンキとあまり変わらないような・・・。
期待が大きすぎたのか?

※上記感想は、違いのわからない男の私の個人的な印象、思い込み、勘違いなので、皆さんに当てはまるとも思いませんし、信憑性もありませんので話半分以下で聞き流してください。

ところで、途中、ぐらが試乗のÉMONDA SL 8も乗せてもらったのですが、これがなんとも今まで経験したこともないくらいスーーと走るのです。
なんだこれは!!と思ってしまいました。

試乗後、そのことを店長さんにお話させていただいたところ、Émonda SLR 8も試乗させてもらいました。

Émonda SLR 8
t1.jpg


実は店長さんも個人的にÉmonda SLR 8に乗っているそうで、ちょっと硬いかもというお話でしたが、その通りでした。
ものすごく軽いので、軽快感ハンパないですがちょいとヒラヒラする気もします。そして硬い乗り心地です。

ついでにÉmonda SL 6も。
t2.jpg


こちらはÉmonda SLR 8よりもやらかい気がします。乗り心地もDomaneと比べても悪くないです。
店長さんいわく、これぞオールマイティバイクとのこと。

思いがけす、高級ロードバイクを試乗することができました。
ネットの情報などで、「トレックならDomane一択」と思っていましたが、眼中になかったÉmondaが好印象となることに。

やはり実際に乗ってみないとなんともわからないものですね。

ですので、この文章を読まれてもご自身で試乗してみて、ご自分の感覚を確かめることをおすすめします。

151123d.jpg

ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
2015.11
22
筑波山ライドの翌日。
さすがに脚が重く「今日は自転車いいや」と思っていたのですが、こんな日にかぎって天気が良く、家には誰もいなくて自転車に乗らない理由がないという条件が揃ってしまいました。
つまり自転車に乗りに行ってしまうわけです。

とはいえ、回復走程度にご近所をそろっと走る程度にしておきました。
だので、定番の高滝湖までサクッと。

いつもの農免道路から養老側CRで牛久まで。

上総牛久の駅に、機関車型のトロッコ列車が鎮座しておりました。
151117b.jpg

この列車は、小湊鉄道が運行するトロッコ列車です。
151117c.jpg

詳細はこちらでご確認を。

なかなかやってくれますね、小湊鉄道。

・・・と思っていたのですが、なんと開通2日めくらいで故障してしまい、しばらく運転中止だとか。なんとも・・・。

上総牛久駅を出て、高滝湖へ。

途中、久保駅の銀杏をチェック。
151117e.jpg

紅葉が進んでいました。

高滝湖まで行って、タッチandゴーで大多喜街道へ。

ミニストップでアイス補給して、鬼太郎ハウスに寄ってから帰宅りました。

本日の走行は53km。

回復走のつもりが、爆風で脚を使ってしまいました・・・。




151117f.jpg


ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

2015.11
17
クロモリでロングライドしたらどうなんだろう?というちょっとした好奇心で、今回はぐらのジオスで出発。

目的地は久しぶりに東国三社参りでもしようかと考えていましたが、筑波山が紅葉しているかもしれないと思って筑波山経由東国三社参りとなりました。

家を午前1時頃出ようと予定していましたが、早めに目覚めてしまったのでそのまま出発することにします。
ここで二度寝をしてしまうと、起きられないなんてこともさもありなん。

零時前に走り出します。
今年はいつもに比べて暖かい気がします。
服装は、クラフト冬用インナー 薄手の長袖ジャージ 薄手のビブタイツ。

真冬だとインナーはアンダーアーマーになります。そこまではいらないかなという判断です。
これに小さく畳めるウインドブレーカーを背中ポケットに忍ばせています。

走り出して10分位して、胸に違和感。
んん??心拍ベルトをしています。
今回はジオス号なので、サイコンはキャットアイ。心拍ベルトしていても心拍なんて読めないんですが・・・。
なんの意味もなさない乳バンドをして走る特殊な趣味のおじさんになってしまいました。

まずは千葉に向かって国道の一本内側の県道を進んでゆきます。
千葉からは国道16号に入って、米本交差点で県道4号にIN。
国道16号はこの時間でもトラック街道ですが、交通量は昼間に比べ圧倒的に少ないので大丈夫。
県道4号に入ると、外灯が少なく無人の街が出現します。ほとんど車も通りません。

セブンイレブン 印西相嶋店 1:54
赤飯おにぎり カップ天ぷらそば 水500ml

151116a.jpg


ここまでは、9月の会津若松ライドと同じルートです。ここでの補給も同じです。
寒くなってきたのでウインドブレーカーを着ます。

栄橋から茨城県へ。
県道4号をまっすぐ進むと、同じ道が県道48号になっています。

田んぼにはさまれた田舎道です。
空に星が瞬いています。

長山北交差点で県道48号を離れ牛久市街方面へ。
県道272号にぶつかって、北上します。

方向音痴な私の生命線、スマホのグーグルマップ。
この時、位置を確認しようと起動させるもまったく違う場所を示したままです。。
地図は表示できるので、たぶんここか?とあたりをつけて走ることになってしまいました。
なんとか次の左折ポイントの県道25号までたどり着けたので、この時はミステリーが起こらなかったのですが・・・。

阿見住吉交差点で県道55号に。
この辺りから、靄が出てきます。

はじめは気にならない程度でしたが、どんどん視界が悪くなってゆきます。

151116b.jpg


まるで霧雨の中走っているような感覚です。
ウインドブレーカーも湿ってきます。

自転車もこの通り
151116c.jpg


ファミリーマート つくば筑穂一丁目店 4:04
アップルパイ ホットコーヒー

カフェのようなイートインスペースでゆっくりします。
ちょっと長めに休憩します。というのも、やはり家を出るのが早すぎました。このままだと筑波山に着いても真っ暗闇です。
かといってロングライドな予定なので、あまり時間を消費したくはありません。

4時半頃、靄の立ちこめる街へ。
靄はますますひどくなり、これはもう深い霧といえます。

筑波学園都市を抜けると、周りは暗くなってさらに視界が悪くなりました。
ヘルメットライトをつけると、霧が乱反射して真っ白になって余計何も見えなくなるので、前照灯2灯だけで照らします。
ゆっくり進んでゆかないとその先の道が曲がっているのかもわからないほどです。

しかしそのような暗い道は長くはなく、県道214号に出ると外灯も増えしばらく進むと登りが始まります。
登りはじめてすぐに霧が晴れて、今までが嘘のように夜空を見上げると星がキラキラ。

夜の峠越えははじめてです。
ちょっとしたアップダウンなら夜間走行で経験がありますが、登りっぱなしというのははじめてです。

暗闇のなかでの登りは、好きでした。
斜度がよく見えないので、あまり苦しく感じないのです。
しかし、峠越えともなると違いますね。やっぱり苦しいです。

筑波山神社の大鳥居には5時に到着。
151116d.jpg


真っ暗なので、参拝はしませんでした。
そのまま風返し峠を目指します。

このルートは麓から神社までひと登り、神社まで登りきるとちょっと降り区間があってまた登り返すので、風返し峠までひと登りと2本のクライムという感じなのでちょっと気持ちが楽です。

風返し峠から東側の空が白んできていたので、そのままつつじヶ丘まで登っちゃいます。
途中、すばらしい景色が飛び込んできました。

151116e.jpg


写真ではわかりませんが、朝焼けと雲海です。スマホのカメラの限界です。
そこに地元のカメラマンさんがいたので聞いてみたら、上に行くよりもここの方が景色が良いそうです。

日の出まではまだ間があるので、サクッと登っちゃいましょう。

つつじヶ丘
151116f.jpg


明るくなってきました
151116g.jpg


ここには用が無いので、降ります。
降りながらもちょこちょこ止まって雲海を見ます。

151116h.jpg


そして日の出
151116i.jpg


美しい雲海です。

山の西側はびっしり雲で覆われています。
一面の絨毯の中から、ちょっこり雪をかぶった富士山が姿をみせていました。が、スマホのカメラではうまく捕らえられませんでした。
夜中あれだけの霧のなか走ってきたので、この景色はそのご褒美でしょうか。
そもそもの目的であった紅葉は、いまいちわかりませんでした。

表筑波スカイラインを下ります。
途中も雲海がすばらしい。

151116j.jpg

151116k.jpg


富士山もみえています
151116m.jpg


街を飲み込む霧
151116n.jpg


あの霧の中はどうなっているのでしょう?

こうなっていました
151116o.jpg


霧がすごいんです。
普通、山から下りてくると暖かいのですが、今回は下のほうが寒いんです。
霧の中を濡れながら走ります。昼間なので視界が悪いということはあません。

県道53号を走るうちに、霧は晴れました。
県道53号は国道6号に突き当たります。

国道6号を石岡方面へ左折。
国道は交通量が多くて閉口します。

しばらく走って、次の右折ポイントはまだか?とスマホでチェックしますとまだまだ距離があります。
あれ?こんなに遠かったか?と地図をみているとある奇妙なことに気づきました。

「国道6号を石岡方面ではなく、土浦方面へ走って国道354号経由で霞ヶ浦を抜けたほうが次の目的地である鹿島へは近いのでは?」←後で調べたら石岡周りの方が5kmほど短かった

あーなんでこの道選んだかなあ?まあいいや、自転車乗るの好きだから。とかいいながら右折ポイントをチェックするとまだまだ先のよう。
うーん?でもちょっとおかしいです。
地図で確認すると現在地がずれています。夜中チェックした時も現在地がずれる現象がありましたが、直ってないです。

結局、右折ポイントまですぐそこで国道355号にはいります。
なんだかちょっと気持ち悪くなってきました。決してお腹は空いていませんが、これはハンガーノックの症状かも。
何か食べると体調が戻ったりします。

で、朝からカツ丼セット@ゆで太郎 8:00
151116p.jpg


やっぱり食べたら元気が出てきました。

国道355号から県道8号へ。
県道8号は細かい千葉の多古辺りの道に似て、田んぼに囲まれたのどかな道です。
細かいアップダウンが続くのですが、Wレバーのジオス号だとちょっと面倒です。

県道8号から県道18号へ。
北浦湖畔を走ることになります。

CRもあるのですが、CRはくねくねしてるし、スピードも出せないので県道をチョイスしました。

とかいいながら、ちょっとだけ走ってみます
151116q.jpg

151116r.jpg


湖を眺めながら、平坦な一本道を走ります。
県道238号との分岐で、またまたちょっと道案内が不安になりスマホを取り出しますが、使い物になりません。
地図は出るので、カン(これが頼りにならないのですが)で進みます。
途中、人に聞きながらなんとかたどり着きました。

151116s.jpg


東国三社参りは、鹿島神宮、息栖神社、香取神宮の順でまわるのが正式らしいです。
これで東国三社参りは三度目になりますが、正式な順序でまわるのは初めてです。

七五三の参拝者も多く、いつも以上に賑わっています。
凛とした空気感が気持ちよいです。

拝殿
151116t.jpg

奥参道
151116u.jpg


奥宮
151116v.jpg


要石
151116w.jpg


御手洗池
151116x.jpg


どこもすがすがしいです。

帰りに甘酒と味噌おでん
151116y.jpg


ここで補給しているとき、どうしてグーグルマップの現在位置が出ないのか検索してみました。
どうもスマホを再起動すると直ることがあるということで、やってみると見事復帰しました。
これでもう道に迷っても安心です・・・。といいつつ、夕方また現在位置がずれ、再起動。見るたび再起動するのは不便です。

さて、東国三社参りの二社目。息栖神社へ向かいます。

国道124号をちょいと走れば到着です。

151116z.jpg


拝殿
151116z2.jpg


ここで、鹿島神宮ですれ違った人と会ったので、この方も東国三社参りしてるんだなあとか。
わりと多いのでしょうかね。

最後の香取神宮へ。

利根川を渡って、利根川CRをゆきます。
151116z3.jpg


しかし、すぐに
151116z4.jpg


なんだか利根川CRはどこかで工事してる印象です。
ちょこっと砂利道を通って迂回、CRに復帰します。

香取神宮一の鳥居
151116z5.jpg


ここから香取神宮へ一本道の参道が続いています。

151116z6.jpg


東国三社参り完了です。

桜門
151116z7.jpg


拝殿
151116z8.jpg


紅葉はまだのようです
151116z9.jpg


奥宮
151116z10.jpg


要石
151116z11.jpg


さて、ここからどうやって帰りましょうか?

ちょっとお腹もすいたので、とりあえず佐原方面に向かいます。

スリーエフ 佐原病院入口店 13:59
カレーパン パンケーキ オレンジジュース1L

佐原からまた利根川に戻って神埼あたりから下って帰ろうかとおもっていましたが、県道16号の表示をみて反射的に左折。
岩部交差点で県道44号へ。

成田空港が近づいてきて、さくやの山公園に大勢の人が見えます。

なんかいつもよりギャラリーが多い
151116z12.jpg


この日は次々飛行機が飛び立ち、降りてきます
151116z13.jpg


空港の脇道から三里塚で県道43号へ。
この辺からはいつものコースで。

八街から国道409号を経由して県道53号から県道66で鎌取まできて、明徳高校脇道で八幡まで。

17時半くらいに帰宅しました。

本日の走行は275km。

で、クロモリロードでのロングライドはどうだったのか?

一言で言うならば「重い」です。

クロモリはしっとりした乗り味などと表現されますが、それも重さに起因する感覚だと。
「しっとり」は人によっては「どっしり」「もっさり」と感じるかもしれません。

漕ぎ出しも重い。
巡行スピードも、時速で2,3km遅いのではないか?
そして一番顕著なのは、登りです。これは時速5kmくらいちがうかも。
クロモリとは関係ないですが、Wレバーは変速が億劫になります。

しかし、乗り始めて半日も経てば慣れます。
なんとも思わなくなります。Wレバーすら。
ただしダンシングで変速できないのには困りましたけど。

スピードは出ませんが、マイペースでのんびり走るのにはなんの問題もありません。
そういうスタイルで自転車に乗っている人ならば、クロモリロードはむしろ良い選択といえるかもしれません。

自転車に乗るスタイルは人により様々。
レースで勝ちたい人、坂を速く登りたい人、長い距離を走りたい人、ゆっくり景色を楽しみたい人、輪行であちこち行きたい人・・・。
それぞれに合った自転車があって、それぞれの人が満足ゆけば良いのです。
万人に最高点である自転車は存在しないのですから。



ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

2015.11
12
先日、日光に行った時にアイウエアを落として、後輪で轢いてしまいました。
それでレンズの一部分に大きな擦りきづをつくってしまうことに。
右レンズの上のほうに出来てしまったきづなので、前を向いて走るぶんには使用に問題はないともいえるのですが、なんとなく気になります。

で、新しいアイウエアを探してみました。
どうせまた落としたり、なくしたりするんだろうから、安物で十分。という考えでユニクロの「アイプロテクトエイトカーブ」というものを買ってみました。
1500円という超リーズナブルな価格設定です。

151112a.jpg


掛けた感じは、顔に当たる感じがあるけれど許容範囲。なんせ1500円ですから。

しかし、買ってから重大なことに気づいたのでした。

「これスモークレンズだよねえ・・・」

実は私、スモークレンズのアイウエアって使ったことがないのです。

自転車に乗り始めて最初に買ったアイウエアはシマノのクリアレンズのものでした。
このアイウエアにはクリアとスモークのレンズが2枚ついていて、クリアを入れて使っていました。
というのは、自転車に乗るまでサングラスというものとは縁が無く、スモークの暗さに違和感があったからです。
クリアなら裸眼と同じ感覚なので、単純に虫や枝などから目を守るという役目だけしてもらえばよかったのです。

シマノのアイウエアは3年くらい使ったくらいにノーズパッドがとれたりツルの滑り止めがなくなったりしたので、買い換えることになりました。
次のものは、BBB Winner PH 。こちらは調光レンズです。

やはり真夏の日中などはクリアレンズだと眩しいです。
シマノのアイウエアを使っている時から、今度買うときは調光レンズにしようと思っていたので、BBB Winner PHを選びました。
今回後輪で轢いてしまったのは、このBBBのものです。

というわけで、スモークレンズを使うのは初めてです。
そこフトとこんな疑問が頭をよぎります。

「これって夜も見えるの?」

ものは試しと思って、夜練にこのアイウエアを掛けて出かけてみました。

外灯が明るい幹線道路    やや暗いけどまあ大丈夫
外灯はあるけど暗めの道路  ちょっと暗いけどまあ大丈夫かなあ?
外灯のないくらい道     ヘッドライトが照らす部分は見えるけど、周りは見えない 

「無理すれば使えないこともない」というのが私の印象ですが、やはりこんなことでリスクを負うのはバカらしいです。
ただでさえ暗い道では、黒い服を来てウオーキングをしているステルスおじさんがいてなかなか気づきにくいのに、スモークグラスではなお発見に遅れる、あるいは気づかないということもありそうです。

自転車は日中しか乗らないよ、という方なら問題なく使えると思います。
顔の形など誰しもが問題ないか?といわれればそうではないと思いますが、私のようにあまり細かいことは気にしないで、必要最低限の機能だけあればよいという考え方であるば使えると思います。
ということで、ユニクロのスモークアイウエアは自動車運転時に使うこととしました。

そんなわけで、当面は今まで使っていたBBBのものでいいやと。
そんな時、フラ~っと入った自転車屋さんで何点かアイウエアの割引をしていたのです。 

ユニクロのこともあって、夜中から日中まで自転車に乗る私には調光レンズだなと考えていたので、いろいろと試してみました。
それで、これがいいかなと思うものを店員さんに確認してみると、

「夜乗るなら、調光レンズでもクリアのものがいいですよ」

とアドバイスされました。
私が選んだものは、ちょっとスモーク掛かっているものだったのです。

クリアの調光レンズは2種類しかなく、デザインがイマイチ。
こうなったら調光じゃなくてただのクリアでいいか・・・と手に取ったもの。

uvex active
151112d.jpg


これが一番かっこよかったんです。
これでいいやと商品をしげしげみていたら、レンズに小さいカメレオンのシールが貼ってありました。

ん・・・これって・・・調光じゃないの???

たぶん、絶対、そうだよね・・・。

かなりお値打ちバーゲン価格で出ていたので、これに決めました。
家に帰って調べたらやっぱり調光レンズでした。

さっそく夜練で使ってみましたが、使用感はかなり良いです。
クリアレンズなので、暗い道も裸眼と同じクッキリハッキリ見えます。

調光の具合ですが、写真の通り日光を当てると瞬間的に暗くなります。
151112c.jpg


ちなみに今まで使っていたBBBのものにも同じように光を当てましたが、ほぼ変化なしでした。
調光レンズは2年くらいで調光しなくなるといわれていますが、本当なんですね。BBBはもう3年くらい使ってますら、交換時期だったのかもしれません。

片側のレンズだけに光を当てましたが、ほぼ変化なしです
151112b.jpg


新しいアイウエア、自分のタイヤで轢かないように気をつけます。


ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

2015.11
01
Category : 3本ローラー
1510deta1.jpg

1510deta2

夕練は寒くなってきたので、ちょっとおっくう。
夏ならばTシャツとレイパン一丁で出れたのですが、寒くなるといろいろ着なくちゃいけなくなってきて面倒。
でも練習でないと実走が伸びないんです。

今月は遠征が多かったわりに距離は控えめ。
自転車シーズンも終わりに近づいてきて、まったりモードに突入か?

ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村