RSS
Admin
Archives

ぐりとぐらの本日も自転車日和なり

素人チャリダー夫婦の自転車生活あっちこっち

プロフィール

ぐりとぐら

Author:ぐりとぐら
自転車ど素人夫婦・ぐり(夫)とぐら(妻)が、07年11月 ジャイアント・エスケープR3を衝動買いしてしまって始まった自転車ライフ。09年1月にはBianchiロード・Via Nirone7 Al/Ca 105 Compactとミニベロ・MiniVelo 7を、そして10年3月GIOS VECCHIO も加わってどこまで行くの?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
2015.10
30
トップチューブバックは、見た目的に決して美しいとはいえないのですが、一度使ってみるとその便利さで手放せなくなるアイテムです。
今までトップチューブバックは、トピーク・トライバックを使っていました。
しかし、スマホを最近買い換えたら、今までのトライバックには収まらなくなってしまったので、買い換えることにしました。

私のトップチューブバックに求める要件は、スマホ、財布、給電用バッテリーが入ることです。
その条件で探すと、なかなかこれといったものが見つかりません。

スマホの画面を表にして、画面が見えるように透明なフィルムが蓋になっているタイプは必要ありません。
走りながらスマホでナビをさせるとかいうことはしませんから。
それだとバッテリーが消耗してしまうし、バックの大きさがペダリングに悪影響をあたえるのではないか?とも思うのです。

バックの中にスッポリ入る今までと同じ使い勝手のバックを探しますが、近年のスマホの大型化もあってなかなか良いものがないのです。
ネットや店頭で探すも、私のスマホが収納できそうなものは、トピーク・フェルタンクMか同じシリーズのL。ネットで調べて良さそうだったのは、GIANTショップで売っている、TOP TUBE BAG WP L。

GIANTのものが、値段も安く(2500円)良かったのですが、なにしろGIANTショップまで行かなくては買えません。
我が家から一番近いGIANTショップは二子玉川なので、あまりにも遠いです。

なので、ご近所でもネット通販でも手に入るトピーク・フェルタンクを購入することに相成りました。

top1.jpg

フェルタンクシリーズには、MとLがあります。

実際にスマホが入るのか?
ここが入らなければ意味が無いので、自転車屋さんの店頭で確認して購入。

ちなみに、私のスマホのサイズは、143mm(高さ)×71mm(幅)×7.7mm(厚さ)です。

で、Mは、高さ、幅ともスマホがギリギリ入る。厚みは余裕があるので、予備バッテリーや財布も余裕です。
そして、Lは、当然高さは余裕。幅はMと変わらず、厚みも同じ。予備バッテリー、財布はもとより、その他補給食などいろいろ入りそうです。
MとLの違いは、バックの長さだけであとは同じサイズです。

大は小を兼ねる。
せっかくだからLにしようかとも思ったのですが、店頭で2つのバックを比べて展示用の自転車のトップチューブにバックを当ててみます。

・・・Lはないな。

かなりデカイです、L。
見た目の美しさも損なうし、ペダリングや乗り降りに支障が出るかも。

トップチューブバックとしての存在感として、Mがギリかな。いや、Mもデカイはデカイですが。

というわけで、Mを購入しました。

実際に使ってみての印象です。

やっぱりちと大きいです。
ペダリング時、たまに脚に当たります。
まあ、慣れるとあまり気になりませんが(細かいことを気にしない私の性格ではということですけど)
あと、停車時サドルから降りて足を着く時に、バックと股間が当たります。Lならばバックの上に乗っかっちゃうことになったでしょう。
当然トップチューブが長いバイクの方は余裕があるかもしれませんが、やはりLだと厳しいかも。


とりあえず、当初の目的のスマホ、予備バッテリー、財布は入り、アミノバイタルくらいならねじ込むことはできます。
151030a.jpg

目一杯、収納してみました。
上から、鍵 反射タスキ 給電用ケーブル 予備バッテリー スマホ 財布 アミノバイタル。このくらいでマックスです。
151030b.jpg


完全放水で、レインカバーなくとも安心して雨天走行できそうです。


前使っていたトライバックもそうでしたが、走っていると左にバック自体が倒れてきていちいち直さないといけないのは面倒です。
これは私の装着の仕方の問題かもしれませんが、トップチューブ下にワイヤーが通っているのであまりガッチリ固定できないんです。
まあ、これくらいは我慢できる範囲です。

とりあえず、現状では満足です。
しかし、これ以上のスマホの大型化に伴うトップチューブバックの大型化は許容いたしかねます。

ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
2015.10
24
ずっと前から金精峠を越えてみたいと思っていました。
しかし、なかなかタイミングが合わず行けないままでした。

今回は、日光の紅葉と金精峠をメインに走ってこようという計画です。
どんなコースで走ろうか、いろいろと考えます。

自宅から自走して、宇都宮~日光~霧降高原~山王林道~金精峠~沼田から輪行 とか

沼田からも自走をチェレンジしてみる!!??とか。

しかし、それって景色もよくない道路を移動してる時間が大半なのでは?と思いなおし、こんなコースを考えました。



距離は200km強と控えめですが、獲得標高が5000m越えとか・・・。
なんかキツそう。

そして、当日はぐらと娘が同行することになり(ぐらたちは車で観光)ちょっと時間的に難しいか・・・とか思いながらもとりあえず行ってみることにしてみました。

我が家を3時に出発して、6時すぎに日光に到着。

151020a.jpg


完全冬装備。
冬用インナー 冬用ジャージ ウインドブレーカー 顔全体を覆うフェイスマスク
薄手のビブタイツ モンベルサイクルニッカ

よそ様のブログを見ていると、渋峠で気温4度だとか2度だとかいう記事を見るに、1000mを越える霧降高原もさぞや寒かろうと。

日が出てきて、天気も良さそうです
151020b.jpg

151020c.jpg


まずは霧降高原を登りますよ
151020d.jpg


いきなりの8%の坂がお出迎え。
これってはじめきつめで、あとから緩くなるパターンかとか思いながら走っていると、なかなか緩斜面はでてきません。
結局、全体を通して8~10%くらいの坂が続きました。

気温は10度くらいで、登っていると暑くなってきてフェイスマスクとウインドブレーカーは脱いで、ジャージのファスナーを大きく開けて走ることになりました。

紅葉がきれいです
151020e.jpg


キャンプ場が近づいてきて、子供の声のようなものが聞こえてなんだろう?と近づいてみると猿でした。
猿はこちらに気づくとサッ逃げてしまいます。いろは坂の猿のように人慣れしていないみたいです。

エッチラ登っていると民家の脇を通るのですが、そこの放し飼いにされた犬が一直線にこちらに向かってワンワンワンとほえながら猛ダッシュ。
こちとら7%の坂を登坂中なので、逃げるに逃げられず完全無視決めこみます。すると犬は途中で諦めたのか、どこかに行ってしまいました。こんなところで犬にかまれてDNFとかなら悲劇です。

いつまでたっても登っているなあ~とか愚痴りながらも、空が近くなり木々も薄くなってピークへ。
151020f.jpg


六方沢橋
151020g.jpg


橋を渡ると、もう少し登り返して標高1450m
151020i.jpg


ここからはくだりです。

白樺が群生してます。
151020j.jpg


長いくだりはやっぱり寒いんです。
ウインドブレーカーを着こんで大笹牧場へ。

151020k.jpg

151020l.jpg


ここで事故発生。

持参したおにぎらずを補給しようとして、景色がよいベンチに移動するときに横着してサングラスをハンドルにかけたまま徐行していたら・・・。

ポロっと落ちて後輪で轢いてしまいました。
151020m.jpg

大きな擦りキズがついてしまって、もう使い物のならなか??
前を向いて走る分には、気にはなるけど走るに支障はなしです。が、右をちょっとみるとキズが視界を覆ってしまいます。
なんたる失態。

しかしまだ旅は始まったばかり。
気を取り直して、紅葉した山をみながら、おにぎらずを補給。

151020n.jpg

151020o.jpg


水を買ってボトルに継ぎ足し、ホットココアで暖まります。

リスタートして、また降ります。

カーブを曲がるたびに、赤く染まった紅葉の絵画が目に飛び込んできます。
151020p.jpg

151020q.jpg


山もパッチワークのように色づいています。写真ではぼんやりしていますが、実際にはきれいに彩られていました。
151020r.jpg


県道23号に入り、川俣温泉方面へ舵を切ります。

蛇王の滝
151020t.jpg

151020s.jpg


この辺は平坦かと思っていたのですが、微妙に登っていてジワジワ脚が削られてゆきます。
いつしか道も林道チックになってきます。

151020u.jpg


しかし、すばらしい紅葉の景色に目を奪われて、苦しさも半減です。
151020v.jpg


川俣大橋と川俣湖
151020w.jpg


景色最高。一番紅葉の見頃に来たかも。
151020x.jpg

151020y.jpg


交通量もほぼ皆無だし、景色も天気も最高で自転車乗り冥利につきます。

川俣温泉。ここで山王林道と分岐。
151020z2.jpg


間欠泉です
151020z.jpg


20~50分に一回間欠泉が吹き上がるらしいのですが、待ってられないのでスルーしました。

ここから山王林道。
151020z3.jpg


戦場ヶ原方面からの車が結構やってきます。

151020z4.jpg


こちらも紅葉がきれいでした
151020z5.jpg

151020z6.jpg


やっぱり8~10%の坂の林道です。思ったよりきつかったです。
ゆっくりのんびり登るんです。

途中でチョコレートバーを補給。携帯は圏外。

ピークか?と思われる場所から、湖がみえますがなに湖?
151020z7.jpg


この辺から、赤系だった紅葉が黄系に変化
151020z8.jpg


ピークかと思わせぶっておいてまた登ったり、下ったけど上り返したりと心折らせながら、日光市との境でほんとのピーク。
151020z9.jpg


ちょろっと下ると山王林道終了。戦場ヶ原側から登った方がラクなのか?
151020z10.jpg


光徳牧場
151020z11.jpg


牧場ときたらソフトクリームなんだけど、ここはアイスクリームなんです。
151020z12.jpg


氷のつぶつぶみたいのが入っていて美味です。

国道120号に入ります
151020z13.jpg


湯滝の駐車場は渋滞。紅葉シーズンの日光だからしょうがないです。

湯ノ湖
151020z14.jpg


ここからは金精峠クライムです。
すぐに湯ノ湖が眼下に。

151020z15.jpg

151020z17.jpg


国道120号はロマンチック街道 道があの山まで続いていて萎えます。
151020z18.jpg


それでもゴールが見えるということは、ゴールが近いといういうことで、金精峠登ったよ。
151020z19.jpg


さて、ここからどうしましょう?
とりあえずお腹すいちゃってるんです。

というわけで、あまり考えもせづ金精トンネルを抜けて降ります。

こんにちは群馬県
151020z20.jpg


こちら側は、紅葉は終わっているのか、モノトーンの世界です。
151020z21.jpg


菅沼キャンプ場の前の食堂兼お土産屋さんにピットイン。
151020z22.jpg


がっつり食べたかったのでライダー丼というのを所望します。
観光シーズンでお客さんはワンサカいて、食堂のおばちゃん達のキャパを越えているようで、ちょいと待たされてやっとお昼にありつきます。

ライダー丼
151020z23.jpg


ソースカツ丼 そば コンニャク かぼちゃ トマト なかなかボリューミー。

で、お昼も頂いて現在時刻は13時。
ここから予定ルートを進むと、赤城山までは降りっぱなしではなく登りもあるようなので、15時前くらい?
それから赤城登って降ると日が落ちてるかも。そこからわたらせ渓谷を登ると何時になるんだろう??
あきらかなのは、闇夜のクライムになるということ。せっかくここまできて暗闇の坂を登ってもおもしろくないのと、翌日は仕事。家族も待たせているのでやっぱりここから金精峠に戻ったほうが賢明だろうという判断をくだしました。

ということで、ここから上り返します
151020z24.jpg

151020z25.jpg


ぐわーっとくだっちゃったので、大変かなとか思っていたけど、ほどなく本日二度目の金精峠。
151020z26.jpg


ここからはもう降るだけ。
観光ポタリングモードにロックオンします。

男体山
151020z27.jpg


戦場ヶ原を見学
151020z28.jpg


竜頭の滝
151020z29.jpg


中禅寺湖のまわりも紅葉しています
151020z30.jpg


私のポタリングの基本は神社巡りなので、ここは寄らないと
151020z31.jpg


二荒山神社中宮
151020z33.jpg

151020z32.jpg


中禅寺湖
151020z34.jpg


中禅寺湖あたりから道路は渋滞し始めています。

いろは坂もノロノロ運転
151020z35.jpg


しかし紅葉見物しながらならいいかも
151020z36.jpg


日光市街までおりてきました。

で、また寄り道です。
151020z37.jpg

二荒山神社 本社
151020z38.jpg


奥院
151020z39.jpg

151020z40.jpg

151020z41.jpg

151020z42.jpg


奥院は別料金で公開時間が決まっているので、今回初めて参拝しました。
ご神木が立派で、清らかな空気感がはりつめる気持ちの良い場所でした。

神橋
151020z43.jpg


ここが本日のゴール。
走行は114km(?)
なぜかガーミンが途中で衛星を見失って、リスタートしたときにスタートを押し忘れしたようでログがとれませんでした。




この後、ぐらと娘と合流して、我が家のマイブームであるカキ氷を食べて、

151020z44.jpg

151020z45.jpg

151020z46.jpg


日帰り温泉につかってから、帰宅。

念願の金精峠、天気と紅葉に恵まれて、最高のライドでした。
今回、登りがどこも10%前後だったのはちと誤算でしたけど。

ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
2015.10
22
天気が良いので、プチっとご近所ポタリングに行ってきました。

とりあえず牛久においしいたこ焼き屋さんがあるので、そこを目指します。

季節は秋めいて、コスモスが花盛り
151019a.jpg


いつもの農免通りから養老川CRへ。

すっかり稲刈りが終わった田んぼ
151019b.jpg


イチョウも色づいてきました
151019c.jpg


ほどなく牛久に到着して、たこ焼き食べます
151019d.jpg

151019e.jpg


アツアツたこ焼きがおいしい季節になりました。

米沢交差点から、国道409号に入り茂原方向へハンドルを切ります。

途中、内山小学校辺りに新しいケーキ屋さん

151019f.jpg

まだオープン前で10月末くらいに開店するんだとか。
ここってちょっとまえまで、昔ながらの雑貨屋さんでしたけど、娘さんがケーキ屋さんとしてリニューアルしたんですと。

国道を進み、ちょい先を左折して三叉から県道13号に入ります。
お昼ご飯も食べたいので、AKBクライムしてお蕎麦でも食べよっかとか。

で、がんばってますよ
151019g.jpg

なのに、ああ無常・・・レ・ミゼラブル
151019h.jpg


展望台は年中無休、開いてて良かった展望台
151019j.jpg


あんな坂登らされて、寿命がのびるのでしょうか、はなはだ疑問ではあります。

しかし、景色はいいのです
151019k.jpg


蕎麦の花畑も、見ようによっては北海道チック
151019i.jpg


秋元牧場ではお馬さんが待っていてくれました
151019l.jpg


何度か秋元牧場には来ていますが、こんなに馬がいたことはなかったです。
なぜだかこの日は、7,8頭お馬さんが草をはんでいました。

しかし、困った昼飯どーすんだ!!

ここから近いアリランラーメンに行ってみることにします。
茂原街道をちと下って、やってきましたアリランラーメン。

しかし、ウエイティングの人たち
151019m.jpg


しかも、取材陣まで
151019n.jpg


でも、20分くらいで入れるとのことなので、待つことにしました。
で、お言葉通り20分ほどで店内に。

実はニンニクがちと苦手な私です。

アリランラーメンはかなりニンニクが効いているんですね。
なので、ここにきてチャーシュウ麺を注文する私です。
お客さんのほとんどが、アリランラーメンかアリランチャーシュウのどちらかをたのんでいました。

151019o.jpg


ぐらは、アリランラーメン
151019p.jpg


チャーシュウ麺は、竹岡ラーメンに似ています。
濃い目のスープにやわらかチャーシュウ。なかなかイケます。

アリランラーメンは、ニンニクがガツンと。
ちょっとスープを飲みましたが、癖になるのもわかります。
調子に乗ってスープを飲んでいたら、夕方お腹にきちゃったことは内緒です・・・。

ちなみに、アリランラーメンは3店舗あって、ここ茂原街道沿いにある「八平の食堂」が本店です。
他に牛久にある「味覚」と長南の「ラーメン八平」。
長南の店のように、注文方法に独自なルールがあるなどということもなく、普通のラーメン屋感覚で入れます。

お昼も食べたので、帰りますよ。

茂原街道を長柄方面へ。

すると、ひつこい看板が目に入ってきます。
151019q.jpg


店の2km手前から、1km、すぐそことか看板が目白押しです。
151019r.jpg


で、その正体は、大分から揚げのお店
151019s.jpg

ここで夕飯用にから揚げを買って、本日のミッションはすべて遂行されました。
ここのから揚げは安くておいしいので、おすすめです。

本日の走行は、50km。



ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

2015.10
15
自転車の乗りはじめた頃から行ってみたいと思っていた場所があります。

それは霞ヶ浦です。
霞ヶ浦には何度か行ったことはあるのですが、そこに浮かぶ帆曳船が見たいのです。

帆曳船とは、霞ヶ浦でわかさぎなどをとる帆曳網漁に使う船のことです。
大きな帆を広げて、風の力で網を曳く姿が美しいそうです。
今は漁に使われることはなく、観光船として活躍しています。

茨城県のHPより拝借
151012w.jpg


観光船である帆曳船は期間限定の土日祝日しか運行していません。
つまり、平日休みの私たちとは縁遠かったわけなのです。

しかし、そのチャンスがまわってきました。
12日の体育の日、私たちの休みと重なったのです。
千載一遇の機会を得て、車に自転車を積んで出発。

栃木県美浦村の光と風の丘公園をデポ地とさせていただきます。

151012a.jpg


Giant OCR2 デビューです。

国道125号で土浦方面へ進行。
のんびり行きますよ。

しばらく走ると霞ヶ浦が見えてきます。
適当に曲がって、霞ヶ浦CRに入ります。

霞ヶ浦のまわりは、蓮田がおおいです
151012b.jpg


なぜだかぐらが蓮の収穫に興味津々
151012c.jpg


霞ヶ浦CR
151012d.jpg


気持ちよい道ですが、やたら羽虫が多いです。
立ち止まると首や顔にバンバン止まってきます。
すれ違うサイクリストが、顔をバンダナのようなもので覆っているのは虫対策でしょうか?

白鳥もいます
151012e.jpg


予科練平和記念館
151012f.jpg


人間魚雷「回天」の模型
151012g.jpg


ここでCRから国道に移って、霞ヶ浦総合公園へ。
霞ヶ浦CRは、他のCR同様一本道ではありません。

風車
151012h.jpg


土浦の街へ。
ここでお昼を食べるのですが、まだちょっと時間が早いので・・・

ケーキ屋さん
151012i.jpg


とか

パン屋さん
151012j.jpg


とか

ケーキ屋さん
151012k.jpg

151012l.jpg


とかまわって、ランチタイム。

洋食 大かわ
151012m.jpg


開店時間11時半の少し前に入ったのですが、すでに2席しか空いていませんでした。

私は、ハンバーグとオムライス(小)
151012n.jpg

151012o.jpg


ぐらは、クリームコロッケとカレー(小)
151012p.jpg

151012q.jpg


さっき行ったパン屋さんで「ここはカレーが名物」と聞いていたからです。

ハンバーグとオムライス、コロッケは「THE・町の洋食屋さん」といった感じ。
カレーは口に入れた瞬間は甘さを感じて、後味は辛味が効いてくるという面白い味でした。

お昼もたべて、本日のメインイベント「帆曳船」です。

なんでも、帆曳船は沖宿という港から出るとのこと。
そちらへハンドルを切ります。

151012r.jpg


船はどこか?ときょろきょろしながら走っていると、それらしき二艘が沖に向かって走っていくのを見えました。
帆畳んだ状態で、エンジンをうならせて進んでゆきます。

私たちは自転車を降りて、土手に座って帆が開くのを待ちます。

写真では確認できませんが、ここに船が浮かんでいるのです
151012s.jpg


暑いんです。
日差しがサンサンと降り注いでいます。

・・・15分経過。

変化なし。船はちょこっと移動したりするだけです。

・・・20分経過。

帆のような白いものが出てきました。
しかし、まだ広げません。

・・・35分経過。

観光船が帆曳船に近づいてきました。
やっぱり観光船を待っているのでしょうね。観光の目玉なんですから。

・・・45分経過。

観光船は帆曳船に近づいたり離れたりしますが、帆曳船は変化なし。

・・・60分経過。

観光船、帰る。
これはもしかして、これで終了か??

近くにカメラをセットしている人がいたので聞いてみたら、
「今日は風がないから、終わりかも」ということです。

まあ、風が無ければ帆が開きませんからね。

というわけで、わたしたちも諦めてUターン。

帆曳船あった!!
151012t.jpg


来た道を戻って、途中、予科練平和記念館で休憩。

ゼロ戦の模型
151012u.jpg


ここからは、国道125号でデポ地まで戻りました。

本日の走行は、56km。

天気が良くサイクリング日和でしたが、肝心の帆曳船がみれなくて残念。
また機会があれば行ってみようかなあ。



151012v.jpg

ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

2015.10
07
我が家に新しい自転車が仲間入りしました。

Giant OCR2 2004
151007e.jpg

新人ですが、10年ほど前の自転車です。

ノーマルのスペックは、

151007f.jpg

この自転車は、ぐらの旧友から譲り受けました。
そのオーナーはコンポをアルテ化していたので、

STI FD RD クランクはアルテです。っても9速。
151007c.jpg

151007d.jpg

ホイールはぐら号からR500を移植。

最近お世話になっているご近所の「菊池輪業」でおおまかなチェックをしていただき、

タイヤを、パナレーサー・クローザープラス25C(イエロー)に交換
151007a.jpg

チネリのバーテープに巻きなおして、一応リニューアル完成。
151007b.jpg

サイズが440なので、我が家内では娘っこのバイクとして登録。
今後ステムとサドルを交換するかも。

前3枚で補助ブレーキ標準装備。Wレバーの変速がメンドイと言っていたので、憧れのSTI。
理想のバイクに近いと思うのですが、さて、どれだけ登板するかなあ??

ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村