RSS
Admin
Archives

ぐりとぐらの本日も自転車日和なり

素人チャリダー夫婦の自転車生活あっちこっち

プロフィール

ぐりとぐら

Author:ぐりとぐら
自転車ど素人夫婦・ぐり(夫)とぐら(妻)が、07年11月 ジャイアント・エスケープR3を衝動買いしてしまって始まった自転車ライフ。09年1月にはBianchiロード・Via Nirone7 Al/Ca 105 Compactとミニベロ・MiniVelo 7を、そして10年3月GIOS VECCHIO も加わってどこまで行くの?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
2015.01
31
Category : 3本ローラー
1501.jpg

1501-2.jpg

実走はロング1回でちょっと距離をかせぎ、この時期としてはまずまずの滑り出し。

それに引き換え、ローラーの体たらく。
でも、こんなもんでいいのか・・・。

ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
2015.01
27
モンベルのレインウエアを買いました。
早速、インプレしたいところですが、雨が降らないとレインウエアのインプレは出来ません。

私はレインウエアであるトレントフライヤージャケットを、普段はウインドブレーカーとして活用しようかと考えています。
せっかくのゴアテックスを普段使いしてしまうと、ゴアの性能劣化が激しくもったいない。という意見と、ほとんど出番の無いレインウエアを箪笥の肥やしにしているのはもったいない。という双方の「もったいない論理」があるのですが、私は使ってこそ道具と思っているので前者でいこうとところです。

というわけで、今回はウインドブレーカーとしての「mont-bell トレントフライヤージャケット」のインプレライドとなります。

朝、5時半に起床。
しかし、夜に雨が降ったようで路面は完全ウエットです。
なので二度寝。

8時過ぎ、路面はウエットながら乾き始めます。
昼くらいから晴れ予報だったので、もう少し家でまったりして、9時に出発。
路面はウエットですが、水溜りなどはありません。

時刻も押していますので、ご近所ライドです。
大福山でも登ってみようかという気になって、毎度おなじみ農免道路から養老川CRへ。
牛久に出る定番ロードになっています。この道だと登りがないのでらくちんなんです。

空は曇っていますがレインウエアを着ているので気分も晴れやか、「雨バッチ来い!!」です。
朝から気温は高めだったのですが、いつものクセでやっぱり着すぎちゃってます。

アンダーアーマー 厳冬インナー + 5度対応ジャージ + 小さく折りたためるウインドブレーカー + mont-bellトレントフライヤージャケット

この気温にしては着すぎです。
すぐに暑くなります。

ここで私の体内集中管理室から指令発動。
「mont-bellトレントフライヤージャケットのベンチレーション、開放!!」

脇下のファスナーを全開してベンチレーション効果を確認します。
しばらくすると、冷たい空気が脇下から背中に抜けるような感じがして、少し涼しくなったようです。
やっぱり効果ありです。
一方で、ゴアテックスの汗を逃がす効果というものは、体感できるほどではなかったです。
まあ同じ条件で普通のウインドブレーカーと比べないとその違いはわからないのでしょうが。
とにかく着すぎなので、養老川で折りたためるウインドブレーカーは脱ぎます。

曇り空の養老川もまたよろし
150126b.jpg


牛久まで出て、上総川間駅から高滝湖へ。

上総川間駅には、珍しく小湊鉄道の車両が止まっていましたが、個人的には見慣れた小湊鉄道。写真に納めるまでもなく。
高滝湖もわざわざ止まって写真撮影する気にもならずスルーしました。

久しぶりに千葉県射撃場を登って、森永高滝CC脇から徳治トンネルをくぐって清澄養老ラインへ。
月崎から県道32号に入って、林道養老線で大福山クライムです。

林道の入り口に蝋梅
150126c.jpg


香しい蝋梅を堪能して、ヒイコラ登って行きます。
林道養老線は、登り切ってしまうと尾根伝いをアップダウンしていきく感じです。

途中、水墨画のような山並みが拝めます
150126d.jpg


そろそろピークかというところで、雲が切れて日差しがさしてきます
150126e.jpg


東屋でひとやすみ
150126f.jpg


ここから養老渓谷駅へ下ります。

150126i.jpg

ところで、そろそろお昼なんです。
養老渓谷でのランチといえば、私的にはプチデカ盛りのラーメン屋さんのです。
しかし、たまには他の店と思って、駅前の蕎麦屋さんに入ってみることにします。

あさひ屋
150126g.jpg

なんでも山菜蕎麦が名物という張り紙があったので、注文しました。

150126h.jpg

山菜たっぷりと張り紙にありましたが、まあ普通か?
山菜蕎麦にしてはちょっとお高めかも(@850)なので、コスパ的には微妙。
やっぱりデカ盛りラーメンのが良かったかも。

お昼も済ませて、再出発。
晴れてきたので、気温も上昇。この日は4月の陽気だったとか。
ベンツレーション全開で、前ファスナーをちょっとあけるとそれほど暑さを感じませんでした。

養老渓谷温泉を経て、老川交差点から国道465号を大多喜方面へ。
いつもなら、国道465号で大多喜街道まで出ちゃうのですが、今日はきまぐれで上総中野から山の中に入って、大多喜の街中を通ってみました。

鉄橋にいすみ鉄道が通るタイミングで撮影できれば良かったのですが、待ってられませんでした
150126j.jpg

大多喜といえば、津知家の十万石最中なのです。大きめ最中の餡は、ちょうどよい甘さで補給にはもってこいです。
150126k.jpg

大多喜街道に出て、九十九折れの坂をあがったら我が地元・市原市なんです。
ここをちょっと進んで、山内ダム方面へ曲がってみます。

秘境ラーメン店・アリランラーメンを偵察してみました。
150126l.jpg

平日でもなかなかの盛況ぶりです。
他県ナンバーの車もちらほらと。

枯れた田んぼが広がる「のどか」しかない道を進んで、水沼交差点で県道148号にIN。
野見金公園は登りたくないので、次の曲がり角で左折し蔵持へ。
ここから、大津倉経由で県道13号から川在、農免道路で帰宅しました。

本日の走行は、98km。

さて、mont-bell トレントフライヤージャケットのウインドブレーカーとしての性能はどうだったのか?
比較するのが、ただのナイロンのウインドブレーカーなので、それより劣るということはないです。

ベンチレーションも効果的だし、ベンチレーションを閉じていればバタつきもなし。ベンチレーションを開けていてもそれほど気になりませんでした。

あえてデメリットを言えば、ポケットが少ないこと。胸ポケットが一つあるだけです。
また、洗濯が面倒です。洗濯機でも洗えますが、脱水してはいけないとか。我が家の洗濯機はすすぐ前に自動的に脱水してしまう仕様になっているので、手洗いです。

少な目の洗剤でやさしく手洗いして、十二分にすすぎ軽く水を切ってから陰干し。完全に乾いたらあて布をして低温でアイロンを当てる・・・。

面倒だ・・・。

アイロンは割愛。

そんなわけで、毎回この作業をするのは嫌なので、雨の心配のない日帰りライドなら普通のウインドブレーカーで出かけることにします。
ロングライド、雨が降りそうな日はトレントフライヤーで出動しようと思います。




150126a.jpg

ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

2015.01
23
一昨年くらいからロングライドがマイブームな私です。

ロングライドをしていると、雨が気になります。
計画をしていた日が雨で出走できないということはもとより、出かける時は晴れていても途中で雨に当たりそうだということで出かけることを諦めたり。
また、天気予報では晴れと言っていたけれど、走ってる途中で雨が降りそうになって輪行で帰ってきたこともあります。

どうしてこんなに雨ばかりに当たるのか?

よく考えてみれば、ロングランドをしていて雨に当たらない方が珍しいことなのではないか?という結論に達しました。
広範囲を長時間走るわけですから、そのどこかで雨が降るということは、しごく当然のことです。

だから「雨だから走るのやめよう」ということでは、ロングライドなんて出来やしないのです。
ブルペをやってる人たちが、雨でも走るのはそういう理由なのですね。

雨の中を走るということは、その備えが必要です。
そこでレインウエアについて、自分なりに調べてみました。

結論から言うと、100均やコンビニで売っている使い捨ての「安いやつ派」とゴアテックスなどを使った「高級品派」に別れるようです。
その間をとった中途半端なものは、「帯に短しタスキに長し」で結局「安いやつ派」か「高級品派」どちらかに流れてゆくそうです。

ロングライドはブルペに学べということで、ランドヌールたちはどうしているのか??

ランドヌールのレインウエアの制服とでもいうべきレインウエアが存在するのだそうです。

それは、モンベルのGORE-TEX サイクルレインジャケット
これを着れば、間違いなしだそうです。

しかし、お値段が上下で52000円ほど。
クロスバイク買えますよ。

いくら良くても、カッパに5万も出したくないです。

おなじモンベルで自転車用ではないけれど、ゴアテックスを使ったレインウエアがあります。

トレントフライヤージャケット

こちらは上下で36000円ちょい。
だいぶお安くなりましたが、まあ高額であることは間違いないです。

サイクルレインジャケットとトレントフライヤージャケットの違いはなにか?

サイクルレインジャケットは、自転車用と謳ってあるだけあってひじ部分が立体裁断になっていたりファスナーのうえにカバーがついていたりします。
トレントフライヤージャケットとの一番の違いは、ベンチレーションの有無です。

安いレインウエアと高いものとの最大の違いは「透湿性」です。
ゴアテックスのような素材を使ったレインウエアは、雨は通さないけれど汗は逃がすというハイテック。

ビニールのレインウエアは、雨では濡れないけれど自分の汗で蒸れてずぶ濡れになるのです。結局レインウエアを着ていても濡れてしまっては本末転倒。
浸透性の高いレインウエアは「蒸れない」のです。
ただゴアテックスにも限界があって、ベンチレーションを開閉することでレインウエア内の温度調節をして汗をかかないようにしてやれば、なお蒸れ知らずです。

サイクルレインジャケットにはベンチレーションがついています。
トレントフライヤージャケットにはありません。

私は超高額のサイクルレインジャケットを買う気はありません。
トレントフライヤージャケットでブルペを走っている人をネットで見つけることはできませんでしたが、トレントフライヤージェケットのひとつグレードを落としたストームクルーザーで走っている記事は見つけました。

トレントフライヤージャケットとストームクルーザーの違いは収納した時のサイズです。トレントフライヤージャケットの方がコンパクトになります。
この両者の使い勝手は、同等と思われます。

ストームクルーザーでも問題ないという記事と、長時間の走行では蒸れるという記事があり実際のところはその人の使い方次第なのかもしれません。

ところで、私の友人にSR取得者がいます。
その彼にレインウエアーのことをきいてみました。

彼は使い捨てできる「安いやつ派」でした。
ランドヌールは「安いやつ派」が多いとのこと。

嵩張るレインウエアを持って走るデメリット。使い終わったら捨てられ身軽になれるメリット。どんなレインウエアでも蒸れるから一緒という達観。

トレントフライヤージャケットを買うべきか?使い捨てカッパで凌ぐか?
ゴアテックスは管理が面倒でもあります。数年立つと撥水効果が薄れてくるとも。

悩むところです。


そんな時、偶然の巡りあわせでモンベルのアウトレット店に行く機会がありました。
せっかくだから、レインウエアの偵察でもしてやろうと店内に潜入します。

サイクルレインジャケットを見つけて、羽織ってみます。
たぶんこれっていいんだろうなと思いますよ。
でも買いません。いや買えません。

トレントフライヤージャケットも試着します。
自転車用ではないですが、普通のウインドブレーカーのようでバタツキもしなそう。
ロードバイクの乗車姿勢をとっても違和感ありません。

しかし、やはりベンチレーションがないのが気になるところです。
とりあえず「安いやつ」で様子を見て、だめならまた考えるか・・・。

その時、一緒に来ていたぐらが何かを発見したのです。

「脇にファスナーがあるのと、ないのがある」

なんですと!!

同じトレントフライヤージャケットなのに、脇の下にベンチレーションがあるものとないものが並んでいます。

どういうこと??

よく商品のタグを見ると、ベンチレーションがあるものには「海外製」ないものには「日本製」と。
店員さんを捕まえて聞いてみます。

するとなんでもないような感じで「そうです。海外製のものはベンチレーション付きです」

ネットであんなに調べたけど、そんな情報はひとつもヒットしませんでした。
トレントフライヤージャケットにはベンチレーションが無いと思い込んでいたので、ちょっとぐらっと。

さらに店員さんに詰め寄ります。

「海外製って常に置いてあるんですか?」

店員さんいわく「海外製はたまにポツンと入ってきたり入ってこなかったりです。日本製は常にあります」

ということは、このチャンスを逃すとベンチレーション付きのトレントフライヤージャケットは手に入らないというとこもあるのか??

ここで、購買意欲指数はググーンとアップ。

しかし、色であります。
トレントフライヤージャケットは「赤」「青」「緑」です。(日本製には「黒」「茶」もあり)

私は目立つ「赤」が良いと思ったのですが、店頭に海外製の赤がありません。
レジに行って、「海外製のトレントフライヤージャケットの赤ありますか?」ときくと、ここにはないが倉庫に在庫があるので自宅まで送ることが可能だという。

「じゃあ、それでお願いします」

あれ?買っちゃった!!

まあ、今使っているウインドブレーカーもそろそろヘタってきたし、普段はウインドブレーカーとして使おうとも思います。

150123a.jpg

脇下にベンチレーション
150123b.jpg

海外モデルだけの仕様
150123c.jpg

ちなみにサイズはSです。

試着した結果、日本製のSサイズがピッタリの私が、海外製のSはちょっと大きいという感じです。
150123d.jpg

収納サイズ 縦16cm 横7cm ipone5cと比較 
150123e.jpg

ジャージのバックポケットやボトルゲージにも収納可。

買ったのはジャケットだけです。
パンツはコンビニのでいいやというわけです。

私は以前、オートバイに乗っていたので「カッパの下はすぐにダメになる」というのを経験済みです。
シートとカッパの摩擦でダメになるのか、カッパはパンツから防水性が落ちてきます。

なので、とりあえずパンツはコンビニのカッパで様子をみようと思います。
100均のものよりコンビニの物のほうが、耐久性があるらしいです。

これで「雨だからDNS」と言えなくなりました。

インプレはまた今度。

ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


2015.01
20
ロングライドに行こう。
さてどこ走ろうか??

はじめに思いついたのが、以前ガーミンにルートをいれておいた筑波山方面。
でもやっぱりこの時期は、路面凍結が怖いかなって却下。

山だけでなく平地だって、夜間は道路が凍っているかもしれない。
なので夜通し走るようなライドは、避けておいた方が良さそう。

ってことは、海沿いで200kmくらい走るようなコースかな。
正直、千葉は食傷気味なんだな。
県外で海沿いで暖かい場所で200kmって、もう湾イチしかないでしょ。

でも、東京湾一周はまえやったことあるんだよなあ。
そこでまえは反時計周りだったから、今回は時計周りで久里浜から横須賀に上がらないで、三崎方面を経由して湾イチしようと計画。

江ノ島まで行ったら、国道1号から帰ってこようか?
それとも国道246号まで行っちゃう??
とか思うけど、どちらも道自体はつまらなそう。

地図を眺めていたら「鎌倉街道」というワードを発見して、滑川から鶴岡八幡宮に通じる県道21号で横浜に向かうことにした。
横浜からは、いつも国道15号を使うので、今回は国道1号で帰ってこよう。

そんな計画を立案。
さて実際はどうなることやら。

時計周りということは、まず金谷に行ってフェリーに乗る。
フェリーの始発は6時20分。次が7時15分。

始発に乗れれば、余裕のある時間配分で一日走っていられそう。
でも我が家から金谷までは55kmあるので2時間半くらいはかかりそう。
ってことは、3時半、もしくはもっとはやくに家を出ないといけない。

うーん、きびしい・・・。

7時15分でもそんなにかわんないか。
でも、そうなると一番寒い時間帯に自転車こがなきゃいけないなあ。
できれば一番寒い時間帯に、船の中でヌクヌクしたいかなあ。
とはいうものの、3時半かあ・・・。
3時半だと路面凍結してないか?4時半でも同じか・・・。

なんて頭の中でグルグルと考えていて、結局目覚ましを4時にセット。
もしもっと早く起きれたら早めに出るという、なんともいいかげんなことに。っていうかもう7時15分でいいやと9割方傾いてる。

で、当日は3時過ぎに起きちゃう。
なんとなく眠りが浅く、1時と2時にも起きてまたウトウトするというような感じだったので、3時にも起きちゃった。
だのに、布団のなかでちょっとウダウダしちゃうのは、冬だものしょうがない!!でしょ?

それでも3時20分頃起きて、卵かけご飯を急速充填して出発したのが3時55分。
あれ?これって間に合わないんじゃ・・・。

まあ、6時20分に乗れなければ7時15分でもいいじゃないという気分で走り出す。
けどやっぱり、どこかで気分が焦ってちょっとオーバーペース。

もしかしたら間に合うかもしれない。
頭の片隅のそんな思いと、初っ端から心拍上げると後半バテバテになるという気持ちがいったりきたり。
風にも恵まれてスムーズに進んでゆけるから、なおさら微妙な心持になる。
これが向かい風でペースが上がらないなんていう状況なら、諦めもついたんだろうけど。

木更津できっちり1時間。
ここまでいつも1時間かかるんだ。っていうことは、気持ち速めに走っているつもりだったけど、普段通りなんじゃんとちょっと冷静になる。

国道127号に入って鹿野山の麓までやってきた時、5時20分。
この時、もう間に合わないなと覚悟するも、急いている気持ちはおさまりきれずにいる。
ここまできたから、もうちょっとがんばれば行ける・・・かも?と心拍などは気にせずガチ踏みモード。

5時50分、竹岡。
間に合うか?間に合わないか??微妙なところだけど、ここまできてたら絶対6時20分に乗ってやると後先考えずにペダルを踏み込む。
乗り遅れたら、寒い待合で1時間くらい震えて待たなきゃいけないのか。
いや、始発に乗ってヌクヌクしながら売店のカレーパンをかじりながら熱いコーヒー飲むんだ。

そして6時10分、金谷に到着。

150119b.jpg


チケットを買って、すぐに乗船。

始発のフェリーはガラ空き
150119b3.jpg


自転車も乗船
150119b2.jpg


夜が明けてきた
150119b4.jpg


誤算だったのは、船内があまり暖房が効いていなかったということ。
外よりは暖かいが、ヌクヌクどころかガタガタと身体を震わせながら揺れるシートにうずくまったっていた。
これは暖房のせいだけでなく、汗冷えによるものと思われ。

そして売店も開いていない。
仕方がないので、自販機でマックスコーヒーを買って頬づりしながらチビチビ飲むしかない。
金谷から11km40分で久里浜までの船旅は終了。

日が昇る
150119b5.jpg


海を渡って久里浜へ
150119c.jpg

150119c2.jpg


下船すると、やたら寒い。
千葉より寒くないか?と思ったけど、そうじゃなくこの時間帯が寒いのだろう。
とにかく暖かいものが食べたくなった。

県道212号を南下する。
金谷までで脚は使いきってしまったので、ここからはポタリングモードと思っていたのけれど、こんなに寒いと心拍を上げないと走ってられない。
ちょっと走ればまた暑くなるだろうと、ウインドブレーカーをたたんで背中ポケットにいれていたのをあわてて引っ張り出し重ね着する。

今日は冬用インナー1枚と5度対応ジャージにウインドブレーカー&小さく畳めるウインドブレーカーという重装備。
いつもインナーを2枚重ねするのだけど、それだと途中で暑くてしょうがないので、今回はインナー1枚にしたのだけどやっぱり寒かったかな?

良い天気になりますように
150119c3.jpg


日が昇りはじめて、海沿いの道をランニングする人を多くみかける。
ランニングブームはすごいなあ。
こんな道を毎朝走るのは気持ち良さそう。

国道134号に入って、しばらく行ったところのローソンで補給。

ローソン横須賀長沢店 どんべい てんぷら蕎麦 7時20分

暖かい食べ物を補給。身体は芯から暖めなくちゃ。

雲が多め。
陽が陰ると少し寒い。陽が照ると暖かい。太陽は偉大だ。
気持ちも太陽と伴にある。

県道215号に入り、定番のスポットで撮影
150119d.jpg


同じ海でもなんとなく房総とは違う雰囲気を楽しみながら走る。それが旅情というものなのか?
150119e.jpg


定番スポット2
150119f.jpg


畑越しに富士山。この日はずっと富士山に傘がかかっていた
150119g.jpg


曇りがちだった天候も次第に晴れてきて、青空サイクリング。
気分よくペダルも軽いよ。

気づけば城ヶ島が左手にみえている
150119h.jpg


何度来てもここで迷うんだな。
でも今日は、もともと城ヶ島に行くつもりがなかったのでいいか。

三崎漁港を過ぎて、油壷マリーナへ。
富士山がドーンと見える。

150119i.jpg


富士山アップ
150119j.jpg


県道216号、県道26号と繋いで、国道134号へ。
交通量が激しい道で走りづらい。おまけにアップダウンも連続。

三崎駅をすぎて、充麦で補給。

150119k2.jpg


サイクルラックあり
150119k.jpg


ちょうど焼きあがった瞬間のチーズパンを頂く。チーズがトロ~ン、アツアツをハフハフしながら食べる。絶品。
150119k3.jpg


また国道をゆく。
しばらく走ると佐島の標識があり、国道を走るのに飽きていたので寄り道。

150119l.jpg


この辺りは、房総の漁村の雰囲気。
150119l2.jpg


ぐるっとまわって、また国道134号へ。
国道はつまらん。

葉山の先で、県道207号へ。

海に鳥居。そして富士山。
150119m.jpg


森戸大明神の鳥居に吸い込まれて、参拝。
150119m2.jpg


静かな海。青い空。しばし休憩。

またまた国道134号。
そろそろ海とはお別れタイム。

150119n.jpg


滑川から県道21号鎌倉街道にスイッチ。

ここでぐらからの特命、スリーエフ限定おやつ「もちぽにょ」をゲット。
150119o.jpg


まるおさんのブログを読んだぐらが「これ買ってきて」の特命指令。
モチモチトロ~ンのうまい奴だった。

まっすぐ進むと、鶴岡八幡宮の一の鳥居
150119p.jpg


そして、鶴岡八幡宮
150119p2.jpg


この階段を登らないと、参拝できない。参拝クライムは厳しい。

150119p3.jpg


お参りも済ませて、ぼたん展やってたので見学。

入口の展示だけで、目の保養
150119p4.jpg


鎌倉街道に復帰し、横浜へ。

鎌倉は観光地。平日でも賑わっている。狭い道路に観光客、車も多くて自転車には酷な環境だ。
北鎌倉を過ぎて、大船駅を越える。
戸塚方面へハンドルを切り、川沿いの道を進む。

ここで私の体内に内蔵されたミステリーセンサーが反応。
どうもこれは鎌倉街道じゃないぞ!!

そう、お決まりのミスルート。
北鎌倉で右折しなければならないところを直進したようだ。

県道23号経由でルート修正。
公田交差点にて、鎌倉街道に復帰。

150119q.jpg


ここからは、まっすぐ横浜にむけ進む。

徐々に人が多くなり、街が賑わってきて横浜に到着。

150119r.jpg


ちょうど昼だったので、ランチをとりたいのだが、あいにく土地勘もなければグルメ情報も持ち合わせていない。
横浜といえば中華かというわけで、とりあえず中華街へ足を踏み入れる。
150119r3.jpg

しかし、どの店が美味しいのかなど皆目見当も付かないので、とにかく自転車が止めやすい店を選ぶ。
150119r4.jpg


昼時なのに空いている店内に若干の不安を覚えるも、自転車が止まられるということに感謝しよう。

パイコーメン
150119r5.jpg


スープは中華、麺はうどんっぽい。個人的には・・・。
でもいいんです。自転車乗りにとって、自転車をとめられる=正義なのです。

あとでこの店を検索すると、なかなかの老舗で餃子とサンラータンが名物らしい。麺もこれはこれで伝統あるもののような。もし次回あるならば餃子を注文しよう。

横浜を後にして、国道1号で東京へ向かう。
いつもは国道15号なのだが、国道1号のほうがアップダウンがあってはしりずらいという噂。
はたしてそうなのか?そうでした。
上り下りがあって疲れる。国道15号のが楽して走れる。やっぱりこれからも国道15号を使おう。

ランチがいまいちものたりなかったので、補給。

セブンイレブン 横浜大口通店 ジャムパン オレンジジュース1L 13時34分

多摩川を越えると東京都
150119s.jpg

150119s2.jpg


東京タワー
150119s3.jpg


東京駅
150119s4.jpg


を通過して、帰ってきたぞ千葉県
150119t.jpg


船橋辺りで夕焼け小焼け
150119t2.jpg


ふたたびのライトオンでとっぷり陽も落ちたころ帰り着いた。

本日の走行は、234km(フェリー11.5km含む)

おおむね自転車日和。向かい風区間もなく、都内に入ったところで、ローディーに後ろに付かれ、無駄に脚を使った以外は比較的楽に走れた印象。

メリノウールソックスの追加インプレ
前回、メリノウールソックス&トークリップで寒くなかったので、今回もおなじ仕様で走ってみた。
前回と違ったのは走る時間帯で、太陽が出た9時過ぎと日の出前の4時ではやはり全然違った結果になった。

今回は道路上の気温計がマイナス3度。
この条件では「足先が凍る」。メリノウールにも限界があると知る。
あたりまえか。




150119a.jpg

ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

2015.01
13
12日の成人の日に、ぐらとどこかに走りに行こうと思案します。

「この時期はやっぱり鋸南町の水仙だな」

ということを考えていたら、ツイッターでKIKUさんが「水仙ロードに行く」とつぶやいていました。
その日は私も水仙ロードに行く予定だと伝えると、昼食を一緒にとりましょうということで話がまとまりました。
そんなツイッターの流れの中で、pentaさんnobsun3さんもご一緒していただけるということになりました。

pentaさんとnobsun3さんは外房からいらっしゃるので、内房に位置する鋸南町への電車でのアプローチがなかなか面倒であります。
そこで集合場所をJR外房線の終着駅・安房鴨川駅としました。

また、にしやんさんもご家族で水仙ロードをポタリングするということで、お昼だけ合流しましょうという運びに。

当日の天気は、雨の心配はないですが、風が強い予報です。
実際朝、風の音で目覚めたくらいです。
「これは一人で出かけるとしたらDNSだったかもな」と弱音が出るくらいの風です。
しかし、約束の地に集結する仲間達を思い、午前7時前に車で家を出発しました。

我が家から安房鴨川までは60kmほどなので、集合時間の9時半までには余裕があるのですがこの時刻に出発です。
というのも、今回昼食を予定しています「住吉飯店」は安房勝山にあります。
安房鴨川から安房勝山までは距離にして30km。その中で山越えが3つ。強い向かい風。
9時半に安房鴨川を出て「住吉飯店」の開店時間である11時に到着するには、ぐらには走力が不足しています。
ぐらは皆よりも少し先行スタートして、保険をかけようという作戦です。

そして8時頃、安房鴨川に到着。
コンビニで補給してから、8時半先発隊が出発します。

150112b.jpg


単騎、県道89号を漕ぎ出します
150112b2.jpg


私は本日のデポ地とさせていただく鴨川市陸上競技場に
150112c.jpg


ここから、長狭街道で安房鴨川駅へ向かいます。
いきなり時速30km以上を維持しながら巡行できるのは、強烈な追い風アシストのおかげです。
つまり私たちがこれから進む先は、向かい風ということです。

安房鴨川駅
150112d.jpg


定刻通りpentaさんとnobsun3さんが登場します
150112d2.jpg


さっそく輪行袋を解いて、出発の準備にはいります。

pentaさんの輪行袋は私と同じオーストリッチL100です。
150112e.jpg

nobsun3さんの輪行袋はサドルとハンドルで支えるタイプの横置き型です。ホイールカバーを使っていて収納が楽そうです。
150112e2.jpg


輪行が苦手な私には収納が楽そうで魅力的ですが、やはり袋自体の大きさとのバーターですね。L100はボトルゲージに収まりますから。

9時半、スタート。
まずは海沿いに出て、県道89号に入ります。
県道89号は山の中をゆくので、若干風の影響は弱まった気がします。

県道沿いにも、水仙が咲いていてなかなかきれいな場所もあります
150112f.jpg


車の通りがほとんどない田舎道です。
走りやすいのですが、アップダウン・・・というか、登り基調が続いてなかなか厳しいです。
11時までに安房勝山に着きたいという、時間的制約もありオーバーペースで進んで行きます。

のどかな道を、ぐいぐい進みます
150112g.jpg

登りも満載
150112h.jpg


どこかでぐらと追いつくか?と思っていましたが、さすがに1時間のアベレージは大きく結局は安房勝山まで逃げを容認しました。

かなりの疲労感に包まれつつも、目的のお店「住吉飯店」に到着。
150112i.jpg

自転車サンドイッチ
150112i2.jpg

KIKUさんとぐらは入店済みでした。

神奈川からの刺客 KIKUさん
150112r.jpg

住吉飯店は「デカ盛り」で名を馳せています。
私たちは少し前に、このお店を訪れていたのですが、臨時休業ということで入れませんでした。
今回はそのリベンジというとこも兼ねています。

住吉飯店の「三大デカ盛りメニュー」は「もやしそば・えびそば・五目そば」です。
私は以前、五目そばは食べたことがあったので、今回はえびそば狙いです。

KIKUさんはそのえびそばの大盛りを食べていました。
150112k.jpg

巨大などんぶりに、なみなみと満たされたえびそば。
150112k2.jpg

私は普通盛りのえびそば
150112k3.jpg

普通盛りだって、一般的な盛りの1.5倍はあろうかと思われます。
そして、いくら食べても食べてもえびが減ってくれません。

住吉飯店の良いところは、単純に量が多いというわけではなく、味もおいしいというところです。
なので完食いたしました。

にしやんさんご家族も加わって、記念撮影。
150112k4.jpg

ちなみににしやんさんは、「三大デカ盛り」のなかでも一番デカいもやしそばをチョイス
150112k5.jpg

これ普通盛りですよ。おそろしや・・・。

チバザイル
150112k7.jpg

150112k8.jpg


にしさんさん御一家の自転車達。・・・一台場違いな雰囲気の自転車がありますが、このシングルギアで水仙ロードを登って降ってきたってんだからさすが蛙の子は蛙。
150112k6.jpg

ここでにしやんさんご一家とは、お別れして勝山港へ。

写真じゃ伝えきれませんが、富士山ドーンです
150112l.jpg


ここから神奈川在住のKIKUさんに、江月水仙ロードを案内していただきました。
地元民か!!??と思うような細道をスイスイ案内していただきました。

150112m.jpg

山の中に入るにつれ、登りがはじまってきます
150112m2.jpg

水仙の甘い香りに包まれながら、激坂に耐えるのです。
150112m3.jpg

見よ!この角度!!
150112m4.jpg

150112m5.jpg


そして、ピークへ。ここからも富士山が見えるのです。
150112m6.jpg

富士山アップ
150112m7.jpg


保田方面へ降りてゆくと、観光客が増えてきます。
水仙自体は、まだ5分から7分咲きといったところでしょうか??

150112m8.jpg

150112m9.jpg


水仙ロードともお別れして、長狭街道に出ます。
ここでフェリーで神奈川に帰るKIKUさんとはお別れ。
また自転車でどこか出かけましょう!!

私たちは長狭街道で、安房鴨川を目指します。
ここからは追い風。
とはいうものの、横根峠を越えるまでは登りが続きます。

道端に咲く水仙を眺めながら、途中ぐら待ち休憩を取りつつ横根峠へ。
150112n.jpg


長狭街道は、横根峠を越えても2つばかり小さな峠を越えなければならないので、個人的にはちょっと苦手です。
しかし、よく考えてみれば朝走った県道89号も、3つばかり峠をやっつけなければならないので、同じなのかもしれません。
横根峠が嫌いなのは、自転車を始めたばかりのころ、やたら辛くてそのイメージが深層心理の中に埋め込まれてしまっているのかもしれません。
ファーストイメージってなかなか払拭できないんですよね。

国道410号との交差点で左折します。
カステラ工場でお土産タイム。

150112o.jpg

いつも平日に来るので、自分達以外のお客さんが入っているのを見たことがなかったのですが、さすが休日でこのにぎわい。
150112o2.jpg


カステラ工場の向かいの「みんなみの里」で甘いものを補給。

といいつつ、私は寒かったのでゴボウマン
150112p.jpg

さてゴールまでもう一息。
追い風バビューンで、快走します。

鴨川市運動公園で、pentaさんと nobsun3さんとはお別れ。本日はお付き合いいただきありがとうございました。これに懲りずまたご一緒お願いいたします。
150112q.jpg

本日の走行は、70kmでした。

ところで、今回はシューズカバーをぐらに貸してしまったので、トークリップとメリノウールソックスという心もとない体制でした。
しかし、まったく足先が冷たくなかったです。
前回のシューズカバー&トークリップ&メリノソックスでは、足がかじかむことはなくとも、若干の冷たさは感じました。
今回それがなかったということは、やはり汗冷えしなかった、つまり汗をかかなかったということでしょうか。
まあ、比較した時間帯の差もあるかもしれませんが、メリノウールソックスの底力を感じた次第です。



150112a.jpg


ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
2015.01
06
新年、明けましておめでとうございます。
本年も拙ブログを、よろしくお願いいたします。

というわけで、2015年の走り初めを3日に行って参りました。

いつものクセでアラームを5時半にかけますが、お布団峠厳しく家を出たのが7時半。
行き先はなんとなく「鴨川」くらいしか考えていなくて、なんとなく鴨川方面へむけ走り出します。

さすがに1月だから寒いだろうと、

上半身 冬用インナー×2 5度対応ジャージ ウインドブレーカー
下半身 ユニクロタイツ 春秋用ビブタイツ 

と、重装備しました。結局暑くてジャージとウインドブレカーのファスナーを開けたり閉めたりして体温調整です。
冬用インナー1枚でいいのかな?

そして、今回新兵器を投入しました。

150103p.jpg


メリノウールの靴下です。

いつも普通の靴下にトークリップ シューズカバーで走っていました。
これだと走り始めはいいのですが、30分くらいするとつま先が凍えてしまうのです。
汗冷えというやつでしょう。
メリノウールは汗をすばやく乾かせる機能があるらしく、汗冷え対策に有効だとか。

使ってみた感想ですが、確かに効果ありです。
30分くらい走ると、ちょっと足先が冷たいかな?と思えるくらいで、凍えることは無かったです。
もしかしたら、トークリップが無い方が効果的かもしれません。汗冷えは汗をかかないことが一番なので、メリノウール靴下とシューズカバーくらいのほうが汗自体をかかないかも?
実験を重ねたいと思います。

メリノウールの効果は感じられたのですが、いただけないのはその値段です。
今回投入した靴下は一足2千円です。

この靴下を買った数日後にコストコにいったら、4足1500円ほどでメリノウールの靴下が売っていたのでこちらも買ってみました。
実はずいぶん前からコストコ・メリノソックスを狙っていたのですが、いつ行っても売っていなくて店員さんも「いつなにが入ってくるのかわからない」ということだったので、半分諦めていたところで買えたのでラッキー。

コストコのメリノウール靴下
150103o.jpg


2000円のものとはメリノウールの配合が違うと思いますが、こちらでも実験して後日ご報告いたします。

天気が良くて、富士山も見えます
150103b.jpg


東京ドイツ村を経て、久留里街道へ。
150103c.jpg


お正月なので、いつもはダンプにあおられながら走る久留里街道も、平和に走れます。
バイパスから旧道に入ったところで朝食。

セブンイレブン 君津小櫃店 カップ天ぷらそば 8時40分

久留里街道は旧道に入るとアップダウンが厳しくなってきます。
天気が良いのと道が空いているので、張り切ってペダルを回してゆきます。

亀山湖
150103d.jpg


今日はそんなに走らないから、多少オーバーペースでもいいかなんて思いながらあまり心拍も見ないで走っていました。
これが後々効いてくるんですけどね・・・。

道の駅ふれあいパークきみつの先のミニストップでコーヒーブレイク。9時50分。

イートインコーナーが空いていたので、ゆっくりコーヒーをすすっていたらドカドカお客さんが増えてきたので、すごすごと退散します。

鴨川有料道路
150103e.jpg


ここを降ると、もう鴨川の街です。
しかし鴨川の街中は好きじゃないので、有料道路終点から初めの信号を左折します。
この道は菜の花の時期は、黄色に染まって美しい道です。
ここの菜の花は食用で、「好きに持って帰っていいよ」という看板が出ているので、この日も収穫しているおばちゃん数名みかけました。

海に出た
150103f.jpg

とりあえず鴨川まで来ました。
ここからどうしよう??

ちょっとまえに白浜・館山方面に行ったので、御宿方面に舵を切ることにしました。

海を見ながら走るのは、気持ちがいいですね。
なんて思いながらも、お腹空いたなあ・・・。

と思った時、目の前にあったのが、

150103g.jpg


いいとこ

えっ?このお店ってNobさんのブログに載っていたやつじゃん。

これもなにかのご縁。お店に吸い込まれます。

注文したのも、Nobさんお勧めの「鯛めしとなめろう丼のプチプチセット」

150103h.jpg


写真でみると地味に見えますが、なめろうも量が多く鯛めしも旨さこの上なし。
久々に再訪したいお店に出会えました。
ご主人も面白い方で、カレーを注文したお客さんに「カレーはドリンクですが、他にはいらないですか?石ちゃんじゃねーか」とひとりぼけつっこみしていました。

お腹も膨れて、リスタート。
安房小湊は誕生寺渋滞で、車がびっしりです。

誕生寺
150103i.jpg


車の脇を抜けて、今年も絶景。
150103j.jpg


行川アイランドから旧道へ。
鵜原からもいつもは旧道を行くのですが、今回は久々に国道で。
国道は面白みが無い道ですが、やっぱり距離が短いので早く進めます。

勝浦を抜けて御宿へ
150103k.jpg


御宿から先は、海が見えなくなってくるので、ここから山側に抜けて帰ることにしました。

その前に補給。セブンイレブン上総御宿店 オレンジジュース1L チョコモナカジャンボ 12時20分

県道176号から国道465号に入り県道151号で睦沢まで。
山に入るとだんだん向かい風が厳しくなってきます。

道の駅むつざわでコーヒーブレイク
150103l.jpg


ここからは、風をさえぎるものがない吹きっさらしの県道148号を使うのが常なのですが、今回はnobsun3さんに教えていただいた一本裏の道を走ってみることにしました。

こんな道です
150103m.jpg


確かに民家や林があるので、風が吹いていてもそんなに強くは感じません。
しかし、天性の方向音痴な私ですので、県道27号に出るのにちょいとまわりみちをしたりして・・・。
県道27号を越えても長南方面に脇道があるようですが、迷う気満々なので素直に県道148号でゆくことにします。
でも半分は風がしのげたのでよしとしましょう。

セブンイレブン上総長南店 からあげ棒 14時42分

最後にから揚げ棒で気合を入れます。今回は心拍などあまり気にしていなかったので、後半にきてバテてきました。

農免道路が追い風だったことで、なんとか帰り着くことができました。

本日の走行は、151km。




150103a.jpg

前回、バックミラーのインプレをしました。
前回のインプレでは、かなりの低評価でしたが、今回バックミラーの取り付け位置を変えたことで、かなり評価があがりました。

150103n.jpg


このように、グリップエンドの下にミラーを取り付けました。
この取り付け方によって、前回のデメリットがほぼ解消されました。

前回のデメリットとしてあげたこと

・大きいので、車の脇をすり抜ける時に気になる(実際はそんなにギリギリにはすり抜けないんだろうけど)
・鏡がずれる気がする(大きいゆえ少しのずれも気になるのか?)
・早朝などは曇る
・スタイリッシュでない(ハンドル周りのゴテゴテ感20%増量)

取り付け位置変更で改善されたこと

・ミラーが横に出ないで下に垂れ下がった状態なのですり抜けも不安なしです
・下向きゆえか?ほぼずれません

今回は早朝ではなかったので曇りについては不明
スタイリッシュではないというのは否めない。でも横向きにつけた場合よりは、ゴテゴテ感が薄らいだか??

そして、良かったこと。

ブラケットを握っても、下ハン持っても後方確認が可能。

これは富士彫刻工業のものよりも優れています。富士彫刻工業のミラーはブラケットで合わせると下ハンでは後方確認できません。
普段はブラケット、下り坂は下ハンを握ることが多いので、このどちらでも見えるというのはかなりポイント高いです。

ヴェロガレージの方には、説明書の写真に今回のような取り付け方の写真でも載せていただいた方が、よりよく使える方が増えるのではないでしょうか?と提案したいです。

ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村