RSS
Admin
Archives

ぐりとぐらの本日も自転車日和なり

素人チャリダー夫婦の自転車生活あっちこっち

プロフィール

ぐりとぐら

Author:ぐりとぐら
自転車ど素人夫婦・ぐり(夫)とぐら(妻)が、07年11月 ジャイアント・エスケープR3を衝動買いしてしまって始まった自転車ライフ。09年1月にはBianchiロード・Via Nirone7 Al/Ca 105 Compactとミニベロ・MiniVelo 7を、そして10年3月GIOS VECCHIO も加わってどこまで行くの?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
2014.02
28
Category : 3本ローラー
140228.jpg

140228a.jpg

実走は雨などで乗れなかった日もあった中、ロングが2本でなんとか体裁を繕えたでしょうか。
ローラーもこんな感じでいいかな??

そういえば、ローラーに乗ってから体調不良でお休みということがないなあと。
自転車の入院とかローラー会場(ベランダ)の修繕とかで1週間乗れないとかはあったけど。つまり自転車乗ってから風邪とかひいたとこないっとこと??
もう3年くらいローラー乗ってるけど・・・。

ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
2014.02
24
なぜか娘(短大1年生)が自転車に乗りたいと言い出したので、出かけてきました。

娘が高校生の時はたまに自転車で走っていたのですが、短大に入ってからはなにかと忙しく自転車に乗る機会がなかったのです。
なので、久しぶりの自転車。たぶん50kmも走ればクタクタになってしまうんだろうから、我が家から高滝湖往復くらいでいいかなと。

しかし、朝起きてみればドンヨリ暗い雲が垂れ込めています。
それは見るからに寒そうで、自転車に乗るテンションではないです。

娘は多少寒くても大丈夫ということでしたが、寒空の下走ったことが少ないのでそんなことを言っているのでは?と勘ぐります。
なので、車で高滝湖まで行ってしまって大福山クライム辺りでお茶を濁そうかなとか思います。
が、高滝湖までの道のりで路肩にだいぶ雪が残っていました。これは山は危険だなという判断。急遽、高滝湖周辺をポタることに変更です。

高滝湖からスタート
140224a.jpg


湖畔をすこしまわって、県道168号で馬来田を目指します。

やっぱり路肩は雪が積もっている場所があちこち
140224c.jpg


しかし梅の花咲いてきました。春は近いです。
140224b.jpg


牧場の前でうま君と戯れようと思っていたのですが、道路が工事中で片側通行。ダンプにせっつかれながら急いで通り過ぎます。

緩い登りが続きます。娘もがんばる。
140224d.jpg


山道を登り切るとのんびりした風景が続いて、馬来田へ。
ここから久留里街道を進んで小櫃から、県道160号にイン。

セメント工場から長い登りです。
ダンプが多く、走りづらいんです。
やっぱり雪道をゆっくりゆっくり登ります。

140224l.jpg


途中でロウバイを発見。いい香りに癒されます。
140224e.jpg


登った後は降りです。
バビューンと降ると、飯給駅。

世界一広いトイレを見学
140224f.jpg


清澄養老ラインへ。
里見駅の先のある「功徳庵 更科」でお昼です。

お店の窓に広がる田園風景
140224k.jpg


お茶とおしんこが出てきます
140224g.jpg


メニューの「つけ おとうぞそば」なんてのがあります。
「とうぞ」とは味噌をつくるときに出る煮汁なのですが、ここ市原市加茂地区の名物です。ちなみに私は苦手ですが・・・。
140224j.jpg


つけ鴨汁そば 大盛り(成人男性なら大盛りでちょうどいいかも)
140224h.jpg


そばも汁も絶品です。もともと千葉市で営業していた名店だったそうですが、こちらに移転して4年だそうです。
また寄りたいお店ですね。

里見から高滝までは目と鼻の先。

本日の走行は、31kmでした。

残雪のおかげで路面が濡れていて、バイクは泥んこになってしまいました。
30kmほどですが、娘は久々の自転車で疲れたようです。50km走らなくて良かったでしょう。

ソフトクリームでお疲れちゃん
140224i.jpg






ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


2014.02
18
週末のたび大雪が降りました。
雪は雨と違ってその日だけ自転車に乗れないということではなく、雪が解けるまで乗れなくなってしまうというたちの悪さ。
先週は休みをまるまる雪でつぶされて、またこの週末の降雪でダメかと肝を冷やしました。
しかし、今週は前回ほどの積雪にはならず、私の休日である月曜日にはすっかり路面はドライ状態になっていました。

でも、平坦な千葉県とはいえ山岳地帯は雪が残っていると思われます。
今回の雪は「銚子方面は積もらなかった」とそちら方面にお勤めの方から情報を得ていたので、今回は安全策をとって海沿いを北上することにします。
また、以前行こうとしたけれど開店時間前に着いてしまって諦めた旭のラーメン屋さんにリベンジしようとも計画します。

早朝出でてあえて遠回りして一宮経由で海に出てから北上しようと思っていたのですが、お布団峠が厳しく5時15分に目覚ましをかけたものの抜け出せず。
ダラダラしながら起き出して外を見ると真っ暗。一気にテンションが下がって日の出出発に変更します。

6時半、朝日とともに出発
140217a.jpg


出発を遅らせたので、一宮経由はやめて県道13号で茂原まで行きます。
真冬装備で出たので、30分も走るとちょっと暑いかなといったところ。晴天なので気分も晴れやかです。
しかし、ちょっと足がまわりません。2週間ぶりの実走だからかな?とか思いますが、実はちょっと風の影響を受けていたようです。

凍った田んぼに朝日が差します
140217b.jpg


茂原から県道84号に入って、一松海岸へまっすぐ進みます。
途中、県道123号にはいる交差点で左折します。海沿いの県道30号で行っても海が見えるわけでなし、苦手なまっすぐな一本道が続くので、県道123号で。
まあ、県道123号もまっすぐなんですけど、若干ゆるいカーブを描いている部分もあるから。

この辺りで旭までの距離を計算してみますと残り40kmほど。
現在時刻8時過ぎ。あれ?また1時間早く着いちゃいそうだ・・・。
ゆっくり走ろうと思いつつ、なにげに追い風でスピードが出ちゃいます。

県道123号はいつしか県道122号に名前を変えますが、辺りの風景は同じように枯れた田んぼの中を進んで行きます。
小松交差点の手前にたこ焼きのノボリが風にはためいているのを発見。
ここはpentaさん行きつけの店だな。

140217c.jpg


準備中の看板があるのでたこ焼きは食べられないなあと思いながら道路の反対側で写真を撮っていたら、お店のおばちゃんがわざわざ歩いてきてくれました。
前日もpentaさんが来店されていたようで、しっかり名前も覚えていました。
しかしこのお店って土日だけの営業だそうで、私はあまり利用できそうにないんですね・・・。

おばちゃんと別れて、時間調整で蓮沼海浜公園に寄ります。
県道から海方向にハンドルを切ると、強烈な追い風でグングンスピードが出ます。
こんなに風吹いていたのか。

蓮沼海浜公園
140217d.jpg


サイクリングロードがあるみたいなので、偵察してみました。
しかし、路面状態が悪く撤退。

140217e.jpg


道の駅 オライはすぬまがすぐそばにあったのでピットイン
140217f.jpg


千葉県人はマックスコーヒー
140217g.jpg


ミニタイヤキ
140217h.jpg


写真を撮ったりして時間調整
140217i.jpg


県道122号に復帰。やっぱり斜め追い風でスピードにのります。
県道122号から旭に行くには県道35号にのらなければならないのですが、前回はうっかり通過してしまいました。
今回は見落とさず行くぞと、注意して走ってみます。
で、県道35号の入口には表示がありませんでした。これでは見落とすなあ。

県道35号沿いにある「へいきち」

140217j.jpg


11時開店で10分前に到着。
向かいにある神社でちょいと時間を潰して、開店と同時に入店。

メニューは「支那そば」しかなく、麺が「従来麺」と「細麺」から選べます。

細麺・大盛り
140217k.jpg


細麺はコシがあるそうめんのような食感ということでしたが、まさにその通り。
あっさりしたスープにチャーシュウがおじさんの疲れた胃袋には優しいですね。
次回は従来麺を試してみたいです。

ここから犬吠崎を目指します。
県道35号から県道71号に入り国道126号へ。

国道に入った途端、強烈な追い風。
時速40kmで巡行できます。瞬間的に時速50kmをマーク。
これはまずい。この風は今は自転車をやさしく包み込み犬吠崎へと誘ってくれる女神ですが、一旦方角を変えた途端凶暴な牙をむき行く手をさえぎる悪魔へと豹変するであろうことは容易に想像できます。

飯岡灯台の坂もなんとなう楽に登れて、銚子ドーバーラインもバビューンと進めます。

銚子ドーバーライン
140217l.jpg


あっという間に犬吠埼
140217m.jpg


海も荒れています
140217n.jpg


君ヶ浜
140217o.jpg


さて、ここから向かい風。
今までのラクラクライドからいきなり拷問ライドへスイッチ。

君ヶ浜から銚子へ。
海沿いの道は風が強かろうと内陸に入りますが、同じでした。
銚子から国道356号へ。
なんでしょうか?この強風は。
たまらずインナーにギアを落とします。

進まないんです。なるべく身体を小さくして下ハン持って地道にやり過ごすしかないんです。
途中、コンビニでドリンクとブラックサンダーを補給して風のロードへと舞い戻ります。

我慢の走りが続きます。
国道356号から県道74号に入って帰ろうという計画です。
県道74号にはJR成田線の下総豊里駅脇から入るのですが、一向に案内がでません。
頭のなかは真っ白で、ひたすら風と格闘しているのでフリーズ状態。
ふと、そういえばここはどこなんだ??とスマホのPS地図で確認しますとなんと通り過ぎているじゃないですか!!

無駄に向かい風と戯れてしましました。
軌道修正して一山越えて県道74号に入ります。
県道74号に入ったら少しは斜めからの風になるかなという淡い期待をしていたのですが、それは見事に裏切られ真正面から受け止める風圧に翻弄されます。

たまに住宅地に入ると若干弱まるような気もしますが、基本的に田の中をゆくので吹きっさらしです。
140217p.jpg


やっとこ多古まできて、国道296号、県道79号、県道45号国道409号、県道53号、県道66号と繋いで鎌取まで。
途中、県道53号と県道66号の間をショートカットしようと細道に入ったところでいきなりスマホがブラックアウトしてしまいました。
県道を走っているならまだしも、細道でここがどこなんだか良くわからない状態で、GPS地図が使えない状況とはまさに遭難必至です。
途方にくれ何度か再起動をこころみると、復帰してくれました。
改めてGPS地図のありがたさを知るところになりました。


埴輪の声援をうけてがんばります
140217q.jpg

八街で補給
140217r.jpg


すっかり夕暮れ
140217s.jpg


鎌取ではもう暗くなってしまいます。
明徳高校脇から住宅街を通って八幡高校まで。

夕方は逆走ママチャリなんかがいて注意が必要です。小学生高学年男子が無灯火、逆走、全力漕ぎで突っ込んできたりします。
同じ暗闇でも早朝の方がよっぽど安全ですね。

本日の走行は209km。

行きはよいよい、帰りはこわいを地で行くようなライドでした。

 

なぜかアベレージスピードが遅い。
140217t.jpg

ラップタイムが普通は「1」と「概要」が同じなんだけど、今回だけ違うのが原因か??
140217u.jpg





ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

2014.02
11
先日、タイヤ交換した時にポンプが壊れてしまいました。
100psi(約7bar)くらいでポンプの金口がスポンと抜けてしまうのです。
余談ですが、皆さんbarで空気圧管理されている方が多いですが、なぜか私はpsi管理。まあどっちでもいいんですけど。

新しくポンプを買ってもいいのですが、今まで使っていたポンプ本体はまだ使えそうだし「ヒラメ」というポンプ金口も気になっていたので、金具だけ交換するなんて選択もありかも。

とはいうものの、この「ヒラメ」っていうのは税込みで5千円くらいします。
なら新品のポンプが買えちゃうじゃないですか。
金具だけにしては高価すぎやしませんかね??という疑問も持っていました。

しかしネットの口コミなどをみればほぼすべての方がベタぼめしているのです。
安いポンプでは高圧に入れるのが難しいとか、すぐに壊れてしまうなんていう話もあったので、どうせ新品ポンプを買うにせよ同じような金額を出費するなら、この際「ヒラメ」を体験してみるのもいいかもと購入を決意します。

ちょうど買い物で寄ったセオサイクルに売っていました。
しかし2種類あるんです。留め金が縦型と横型と。
どっちがいいのでしょうかね??

謎なのは値段の差です。
縦型は3,444円。横型は4,599円。
機能や性能、使い勝手はほぼ同じだそうですが、この千円の差はなんなんでしょうかね??
ディスクホイールなんかは縦型は使えないということですが、たぶん個人的にはディスクホイールなんて一生ご縁がないと思われますが。
でも、なんとなく皆さん横型派が多いようなので、右へならえで私も横型にしときました。
ちなみにセオサイクルでは縦型を使っているそうです。
同時にゴムを締める金具留めも300円で売っていましたが、これは近所のホームセンターで78円で買いました。

これがヒラメだ
140211a.jpg

使い方は、まず今まで使用していたポンプの金具を引っこ抜きます。
私のポンプ・SERFAS AIRONESでは金具後ろのネジを緩めると簡単に取り外すことが出来ました。
そしてそこにヒラメを刺します。ゴム管部分に止め具を固定して出来上がり。

さて、実際に空気を入れてみましょう。

このように金具をバルブに刺します
140211b.jpg

そしてこの赤い部分をクルクルとまわして、しっかりロックがかかるところに調整
140211d.jpg

ロックします
140211c.jpg

あとは普通にポンピング。
規定の圧まで入れば、金具を戻して空気入れ完了です。

と、まあすんなり簡単に出来たとはいかず、ここまでくるのに例のごとくひと悶着あったわけです。

とりあえず、ヒラメの説明書というのが何かいてあるのかわかりません。
わかってる人が読み返せば、簡潔に書いてあるといえなくもないですが、はじめてこの物体に触る人にはわかりづらいことこの上ないです。

こんなときは、ネットでいくつもある解説記事を読み流していきます。
そして、トライしてみます。

まず、バルブにヒラメを差し込むとシューと空気が抜けてしまいます。
ここであれあれ!!と慌てます。
ヒラメを差込すぎたか。そんなに差し込まなくてもいいようです。

次に赤い部分を回します。
どのくらい回せばいいのかよくわかりません。
このへんか?というところでロック。

ポンピングするとパンッとヒラメが吹っ飛びます。
あれ?壊れたままの状態じゃないですか。

おかしいなあ??
これって金口の問題じゃないのか??
と迷宮入り。

またまたネットで検索してみますと、ある方の記事にロックした状態の写真がありました。
そうです、ロックが甘かったのです。

ロックは上記写真のように、ロックとヒラメ本体が平行にくっつくくらいでないといけないのです。
また、この状態になるように赤い部分を回して調整します。

空気を入れたら、金具を開きます。
プシュっといって、ヒラメを抜きます。
このときの抵抗が軽いというのが、このヒラメの一番の売りなんです。
140psi(9.6bar)までいれてみましたが、ちゃんと入りました。

で、ヒラメってどうなのよ??という話です。

最大の特徴である空気充填後の金具引き抜き抵抗でありますが、確かに今までよりは軽いですがそこまで違わないかな。
私が今まで使っていたSERFAS AIRONESは仏式と米式の口が別々についているものでした。
最近では同じ口で仏米両方いけるポンプが多いようです。そういったポンプはあまり使ったことがないので、そのタイプの金口は、仏式専用タイプより力がいるのかもしれません。
むしろ赤いバルブをいじる手間が増えた分、面倒になったともいえます。

個人的には買っ良かったと絶賛するまでではないです。
しかし、ポンプが壊れてしまって買う必要があったことと、もし仏米両用ポンプで引き抜き抵抗が今までよりも増していたら嫌なので、これはこれでよかったのかもと思います。

ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

2014.02
07
そろそろ後輪が台形になってきたので、タイヤ交換します。距離も5700kmほど乗ったので十分でしょう。

バーテープとサドルが黒になったのでタイヤも黒にしたいところなのですが、安売りの時に買い置きしておいたPro3ピンクが残っています。

なので、しばらくはチェレステ×ブラック×ピンクでゆく所存です。
で、作業しようと見てみると・・・

140207a.jpg


あれ?ゴムむけてる・・・。
先日走ったときのやっちゃったかな??

で、交換。
新品タイヤは硬いよ。
握力が赤ちゃんレベルになったころ、ようやくはまりました。

やれやれと空気を入れると、ポンプの金口がポンッはずれてしまいます。
???
チューブでもねじれたのか?

なんとなく気持ち悪いのでもう一度タイヤをはずして、チューブを確認しますがなんでもないです。
また赤ちゃんレベルまで握力なくなるまで、がんばってはタイヤを装着。

で、またポンフの金口がパンっとはずれちゃう・・・。
これって、ポンプが壊れた??ようです。
無駄にタイヤを二回も付け直したよ・・・。

今更の話ですが、Pro3って最大空気圧が116PSIまでなんですね。
私はなにも考えず120PSIまでいつも入れちぇってました。今度から100PSIくらいにしとこ。

リムテープも前後輪交換してきましたよ。

次は、ハブのグリスアップ。

前回は去年の5月くらいにやったので、ちょっと早めのグリスアップですね。

前輪はこんな感じでした
140207b.jpg


カラカラではないですが、結構へっていました。
後輪は十分グリスが残っていました。

まあ1年に一回ペースで大丈夫そうですね。


ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

2014.02
04
暖かい日が続いておりました。
そして、私の休日は18度まで気温があがるとの予報です。
これはロングライド日和だということで、計画を練ります。

先週は南房総に行ったので北へ向かおうか?
北といえば筑波山辺りかな・・・でも、筑波までってあまりおもしろい道じゃないんだな・・・とか思案。

そこで一転、視線をもう少し右へ。
鹿島神宮なんかどうだろう?前々から行きたかった息栖神社も。それならついでに香取神宮も回ってみようか。

ということで、東国三社参りライドと相成ったわけです。
あとで気づいたのですが、この日はちょうど節分でした。節分にお参りの機会を得るのも神のお導きかと存じます。

ところで、東国三社参りとはなんぞや。
東国三社とは、鹿島神宮・香取神宮・息栖神社のことであり、江戸時代、伊勢参りをした関東以北の人たちは必ず東国三社参りをしたそうです。

さて、今回もロングライドになりますので、5時過ぎに出発します。
当然真っ暗なのですが、それよりも霧が濃い。

140203b.jpg


気温は暖かいのですが霧の中を走るということは、霧雨の中を走るようなものなので全身しっとりと濡れてしまいます。
しばらく走っていると、ウインドブレーカーがビチャビチャになってしまいました。
それでも夜が明ければ霧も晴れるだろうと進んでゆきます。

八幡高校脇から村田川を越えて明徳高校を抜けて県道66号に入ります。
ここからは県道66号川崎十字路から県道53号へ。川上入口から国道409号で八街十字路で県道43号、三里塚で県道62号、小菅で県道44号と網の目を縫うように走ります。
国道51号一本でダーッと走るのが簡単なのですが、国道51号はトラック街道。
他に一本道で北総まで行く道がないのでしょうがないです。

6時を過ぎて徐々に明るくなってくるはずですが、厚い雲が空を覆っています。
行き交う車がヘッドライトを消す時刻になっても、霧は晴れません。

深い霧に包まれる
140203c1.jpg

140203c2.jpg


幻想的な風景ともいえますが、走っていてバイクはドロドロ
140203d.jpg

8時近くになっても視界が悪い
140203e.jpg


小見川の町に近づいた頃、うす雲越しに太陽が姿を見せ始めます。
少しづつ太陽は光を強くして、霧も晴れてゆきました。

小見川大橋を渡るころ、やっと晴れてきました
140203f.jpg


茨城県に入ります
140203g.jpg

利根川を渡ると、息栖神社はすごそこです。

神社を参拝する時は、一の鳥居から参るのが正式だと聞いたことがあったので、今回は一の鳥居へ。

140203h1.jpg

しかし、鳥居はくぐれません。
両脇に小さい鳥居があります。

140203h2.jpg

140203h3.jpg

この鳥居の下から泉が湧き出しています。
これは「忍潮井」といい、日本三霊水のひとつだそうです。

140203h4.jpg

息栖神社
140203h5.jpg

こじんまりとした神社ですが、静かな佇まいのなかにどっしりとした雰囲気が漂っています。

140203h6.jpg

140203h7.jpg

この日は節分だったので、氏子の皆さんがその準備をされていたようです。

東国三社の一社目の息栖神社を後にして、次は鹿島神宮を目指します。
鹿島神宮の一の鳥居は北浦のほとりにあるということす。
北浦のまわりにはサイクリングロードのような道が整備されていました。

140203i1.jpg

そして、北浦の中に鳥居があります
140203i2.jpg

ここもくぐれません。

鹿島神宮は小高い森の中にあるので、ちょっと登ってゆくのです。

鹿島神宮
140203j1.jpg

桜門をくぐって
140203j2.jpg

拝殿でお参りをします
140203j3.jpg

杉並木が清清しい
140203j4.jpg

奥の院でもお参り
140203j5.jpg


その奥には要石
140203j6.jpg


御手洗池
140203j7.jpg


ここで一息、お団子を補給します。私はみたらし団子っていうのが苦手なのですが、ここのは甘ったるくなくとっても美味しかったです。
140203j8.jpg


鹿島神宮はいつ来ても気持ちがいい大好きな神宮です。
間違いなく日本有数のパワースポットなので、元気100倍パワーアップできるのです。

息栖神社、鹿島神宮お参りして、残すは香取神宮です。

国道124号に出て、もう一度小見川大橋を渡り、千葉県上陸。
利根川CRで香取まで行こうとしますが・・・

工事中で通行止め
140203k1.jpg


並走する一般道を走ります。
工事区間を通り過ぎたら、利根川CRに復帰。

しかし利根川CRは路面に問題ありなんです
140203k2.jpg


完全な砂利道もありますが、ところどころでガタガタみちが出てきて走りづらいったらありゃしない。
しかも向かい風の吹きっさらしを我慢の走りです。

そして香取神宮、一の鳥居が忽然とあわられます
140203l.jpg


こちらはちゃんとくぐれます。

一の鳥居をまっすぐに行けば、香取神宮に続くはず。
住宅街を抜けてゆくと、香取神宮の駐車場裏にでました。

香取神宮
140203m1.jpg

参道の灯篭
140203m2.jpg


香取神宮は、鹿島神宮とはまた違った空気感がします。
鹿島神宮はきりっとした雰囲気ですが、香取神宮はやさしく包まれる感じです。

総門をくぐり
140203m3.jpg


桜門を通って
140203m4.jpg

拝殿
140203m5.jpg


御神木に圧倒されます
140203m6.jpg


奥宮
140203m9.jpg

要石
140203m7.jpg

140203m8.jpg

鹿島神宮の要石は参拝者で賑わっていましたが、香取神宮の要石はひっそりと人気がありません。
個人的には、香取神宮の要石の方がなにか力を感じるのですが・・・。

これで東国三社参りを達成。
神様のご加護があらんことを願います。

さて、ここからどうやって帰ろうかな??

朝、来た道を行くのはつまらないし、他の県道を繋いで帰るのもなんか面倒な気分。
ならば佐原まで出て、国道51号を走ってみましょうか。

小野川に寄り道
140203n.jpg


国道51号へ。
国道は向かい風。たぶんここからずっと向かい風か・・・。

それでもマイペースで淡々と進むのみです。
途中、コンビニで補給したりして。とりあえず成田までやってきました。

成田から国道409号で八街経由で帰るルートも考えていて、とりあえず成田までと走ってきました。
ちょうど成田の信号で止まっていたところ、マイクで「福はうち~、福はうち~」と聞こえてきました。
成田山新勝寺で豆まきをやっているのです。
せっかくなので、ちょっと寄ってみようかとハンドルを切ります。

成田山 総門
140203o1.jpg


なにやら人だかりが出来ていて、そっちを見てみるとお相撲さんが出てきたところでした。

小さいけれど白鵬です
14020302.jpg


人ごみの参道を、自転車を降りて押し歩き。
成田駅辺りから自転車に跨って走り出します。

もうこのまま国道51号でいっちゃうことにして、小倉台から鎌取、ちはら台と経由して村田川CRへ。
ここまでくれば、もうのんびり流して我が家まで。

村田川CR
140203p.jpg


本日の走行は、192kmでした。

200km越えるかと思っていたのですが、案外近かった?
しかし、先週より身体はバテバテになってしまいました。向かい風区間が長かったからでしょうか??
ペース配分を考えて走らなければいけませんね・・・。




140203a.jpg

ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村