RSS
Admin
Archives

ぐりとぐらの本日も自転車日和なり

素人チャリダー夫婦の自転車生活あっちこっち

プロフィール

ぐりとぐら

Author:ぐりとぐら
自転車ど素人夫婦・ぐり(夫)とぐら(妻)が、07年11月 ジャイアント・エスケープR3を衝動買いしてしまって始まった自転車ライフ。09年1月にはBianchiロード・Via Nirone7 Al/Ca 105 Compactとミニベロ・MiniVelo 7を、そして10年3月GIOS VECCHIO も加わってどこまで行くの?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
2014.01
31
Category : 3本ローラー
1401deta.jpg

1401deta2.jpg

走行距離は、1月にしては乗ったほうですかね。1年の滑り出しとしてはいいですかね。
ローラーは、マイペース。今年もボチボチで行きましょう。


ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
2014.01
28
寒さが緩んだ週末。明けた月曜日は天気予報でしきりに「週明けは寒さが戻るので気をつけて」と繰り返しておりました。
そんな厳冬の中、鋸南町の水仙と館山のフラワーラインを走ってきました。

今回はロングライドなので、5時過ぎ起床。
窓の外は漆黒の闇でございます。前日からの強い風がまだ吹いていて、二度寝の体勢に入りかけますが「これは追い風か」と気を取り直して布団からの脱出に成功しました。

だらだらと支度をして、6時前に出発。
空にはくっきり三日月が冷たい光を放っています。

真っ暗とはいえ、もう6時。
始発も走っています。通勤に向かう人や車もあって真夜中の雰囲気ではありません。
日の出前はもっとも気温が下がる時間帯ですが、完全真冬バージョンのいでたちの前ではそれほど寒さは感じませんでした。
寒くなければ、冬なんてなんてことないんですね。

車もライトをつけて走っています。
当然、私も前後のライトを点灯しているのですが、ふと信号待ちで後ろを振り返るとリアライトが消えています。
もう一度スイッチを押すと、元気に点灯しましたのでまた走り出します。
しかし、次の信号で確認するとまた消えています。
・・・これは電池か。

予備電池は持っていたので(リアライトよりフロントライトの電池切れを危惧していた)、交換するとそこからはずっと点灯し続けてくれました。
しかし、このリアライト(キャットアイLD650)、電池がなくなりかけても光量はかわりません。あるときパタッと消えてしまうタイプみたいです。徐々に光が弱まってくれれば電池の交換時期がわかるのですが、このように急にお亡くなりになるということはいつ消えてしまうのか予想がつかなくて困りますね。

15分くらい走ると夜が明けてきました
140127b.jpg


たまに水溜りが凍結していますので、さけながら走ってゆきます。
東京ドイツ村の脇を抜けて、久留里街道へ入ります。

バイパスからは富士山が見えて、好天が期待できます。
雲ひとつない空に太陽が昇ってきます。日が出ると暖かいです。

久留里を過ぎて上総松岡から国道410号に入ります。

この田んぼ道も立派な国道
140127c.jpg


三島湖の手前から、国道465号へ。
国道465号をずっと行くより、ちょっとショートカットできそうな道が、清和中学の手前にあったのでそちらを入ってみましたが、妙にアップダウンがあって素直に国道で行った方がよかったかも?

鹿野山の麓をぐるっと回る国道465号より、鹿野山を越えた方が距離も短く感じるのでいっそ登ちゃうかとか思わないでもないですが、今回は長丁場なので無理はしません。
もみじロードに入ると、日陰の区間が多くてちょっと寒いなあなどと考えながら、細かいアップダウンを行きます。

長狭街道にぶつかって、ちょっと登れば横根峠です。
ここを降ると佐久間ダム方面へゆく道があります。ここを左折。

せっかく降ってきたところを、また登り返して大崩地区に入ります。
ここも水仙の名所です。「をくずれ水仙郷」として名をはせています。

140127d1.jpg

140127d2.jpg


そろそろ見頃も終わりかなといった感じでした。
甘い香りを胸いっぱいに吸い込みながらペダルをこぎます。

をくずれ水仙郷から山を降りと佐久間ダムがあります。
こちらも水仙の名所。

140127e.jpg


ダムを離れて、県道184号に出ます。
ここから「江月水仙ロード」に向かいます。
水仙ロードは、保田からちょろっと見に行ったことがあったのですが、今回はNobさんのブログを参考に県道184号からアプローチしてみようと。

この看板を入ります
140127f1.jpg


しかし、道なりに走っていたら県道184号に戻されてしまいました。
おかしいなと思いながらもそのまま進んでゆくと、同じ看板がまたあったので再度IN。

田んぼの中の道に、「ハイキングコース→」みたいな看板(JRの看板?)と「江月→」みたいな看板が時々あって、それにしたがって行きます。
またチョークで書かれた→が地面にあって、それも頼りにしますが、心もとない。

村中の路地を進むのですが、不安。
140127f2.jpg


そして唐突に激坂現るのです。
道の脇に水仙があるので、この道で合ってるはずですよね。

140127f3.jpg


かなり登らされます。しかも急勾配です。
写真撮影という休憩をいれながら、ゼーゼー登ってゆくのです。

そしてピーク。
ピークをちょい降りたところに「富士山」看板。
なんだろう?とよくよく見ると、山の奥に富士山がドーンと見えます。

140127f4.jpg


写真ではドーンと見えませんが、実際はおおきく見えます
140127f5.jpg


ここから、今まで登った分を降って、保田方面へ。

水仙ロード保田側は、もう花の盛りは終わっている様子。

140127f6.jpg


保田からは国道127号で館山に向かいます。
お昼は勝山の「住吉飯店でエビソバ」かなとか思っていましたが、勝山通過時刻は10時過ぎ。また開店していません。

なので、富浦の釜新肉店で「イカメンチ」を補給。
まだ温かいイカメンチは、家でチンして食べるより美味ですね。
140127g.jpg

国道127号から県道302号に乗り換えて、那古船形から海沿いの道・内房なぎさラインへ。
やはり館山辺りの海は南国の雰囲気が濃くなりますね。
天気予報では寒くなると脅かされてきましたが、太陽がサンサンと降り注いで暖かく春の海の佇まいさえ感じました。

雰囲気の良さそうな神社があったので、お参りしたり
140127h1.jpg

140127h2.jpg


富士山が見え隠れしているので、眺めながら走ったりします。
140127j.jpg

しかし、たまにこんな砂たまりがあるので、ご用心。
車線いっぱいに砂が堆積しています。ここに突っ込んだら落車確実です。

140127i.jpg

州崎灯台を過ぎて、フラワーラインに入ります。
140127k1.jpg


何度かフラワーラインを走ったことがありますが、花が咲いていたことがありません。
「なにがフラワーラインじゃい」と思っていたのですが、この時期だったのですね。

どこまでも続く菜の花のライン
140127k2.jpg

140127k3.jpg

まっすぐ伸びるフラワーライン(県道257号)は国道410号に合流します。
そろそろお腹も空いてきたので、お昼にしましょう。そういえば、この辺りに海鮮丼の店があったはず・・・と向かってみれば。

140127l1.jpg

140127l2.jpg

この店にフラれるのは二回目です。
前回も臨時休業してました。
これで、今日のお昼はコンビニに決定。

国道410号を白浜方面へ。
海沿いは風が強いです。

遠く野島崎灯台が見えます
140127m.jpg


とにかくお腹が空いたので、県道86号に入ってコンビニに入ります。
おにぎりとカップ天ぷらそば、から揚げ棒を日が当たるベンチで頂き、満腹。

さて、ここからどうやって帰ろうかと思案します。
時刻は1時前。

鴨川までグルット回って久留里街道で帰ろうかとも思っていたのですが、それではあまりにも遠い気がします。
ならばこのまま県道86号を行き、館山から三芳に抜けて帰ろうかなと。

めがね橋を通り越して、北上します
140127n.jpg


走りながら、三芳に行くなら安房グリーンラインで行った方が良かったかなとも思いましたが、結果県道86号の方がアップダウンが緩くて正解だったかもしれません。

館山から国道128号、県道88号で三芳を通り越して平久里中から登ります。
こちら側から走るのは初めてです。いつもしいたけ村側から登ることばかりでした。こちらからの方が、勾配は緩いですが距離が長いですね。

長狭街道にぶつかったら金束から木の根峠を登ります。金束から木の根峠を登ると、さっきとは逆で短く急なのぼりの後は、緩く長い下りが待っています。
戸面原ダムを横目に見ながら滑走してゆきます。

そして国道465号に帰ってきました。
ここからまた鹿野山の麓を回るのです。山を登った方がショートカットになるなんて思いません。
九十九トンネルまでが長く、ヒーヒーとペダルを回します。

ここからは君津に向かい、途中のコンビニでアイス休憩を入れながら国道127号へ。

ぐらお気に入りのパン屋・かさりんごで、ぬかりなくお土産もゲット
140127o.jpg


国道127号で木更津からJR内房線脇の県道を使って帰ってきました。

日の沈む前にわが町の工場地帯にたどり着けました
140127p.jpg


本日の走行は、231km。

行きも帰りも追い風な場面が多く大いに助かりました。
朝は北風、午後は南風だと一日中追い風というコースが組めます。

水仙はぎりぎり見頃を逃さなかったし、初めてフラワーラインでフラワーを両脇に眺めながら走れたので良しとしましょう。
南房総はもうそこまで春が来ていますよ。



140127a.jpg


ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

2014.01
25
Category : 自転車雑談
「じこまん2」 玉井雪雄 著 読みました。

140125.jpg

いわゆる自転車あるあるマンガです。

じこまん1を読んだとき、衝撃的におもしろくて「うん、あるある」と大きくうなずいた印象が強く残っていました。
その後、同じ作者で「自転車脳の人々」というムック本を立ち読みしたとき、なんだかつまらなくてもうネタ切れかと確信。(実はこの本、最初のマンガ以外はアシスタントの作だったらしいけど)
なので、じこまんの2巻が出ても、買う気はなかったのです。映画とかでもよくある続編がつまらないってやつだと。
が、ネットでの評判がすこぶる良いので気になって読んでみました。

で、私の感想。
たぶん「じこまん1」と同じくらいのクオリティーだと思うのです。
しかし、「じこまん1」を読んだ時の衝撃が大きかっただけに、本書は期待値が上がってしまったのかもしれません。

じこまん1が「あるある!!そうだよなあ~~」だとすると、じこまん2は「ああ、あるよね」といった具合ですね。
おもしろいとは思いますが、熱がないというか。
じこまん1は作者自身が初心者のときのエピソードが多かったのに対し、2ではある程度乗ってからの経験談が多いのかな。つまり、自転車に対する熱が初心者の時と比べて低い・・・というと語弊がありますね。冷静といったほうがいいか。

まあ、自分自身が自転車に対して初心者の頃より冷静というか落ち着いたので、そういう意味では「わかるわ~」なんですけどね。


ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

2014.01
22
いちごの季節です。
この時期、我が家では恒例の騒動が巻き起こるのです。

それは「いちご大福争奪劇」です。
一宮にある和菓子屋「かねきち」のいちご大福をゲットするためにひと悶着あるのです。
「かねきち」のいちご大福は、大変な人気で予約をしないと買えないのです。なぜにそれほどの人気かというと、厳選されたいちごしか大福に出来ないということで数量自体が少ないのも一因であるでしょう。また、買えないとなると意地でも欲しいという欲求も生まれるのかもしれません。
そしてこの「かねきち」は月曜日が休み。そう、我が家の休日とかぶっています。我が家は月に2回火曜日も休みなので、この2回のチャンスを逃してはいけないのです。しかもいちご大福は季節限定商品。12月の終わりから4月の上旬まで。
我が家の休みの周期からいえば、1月から3月の6回しか買えるチャンスがないのです。予約の電話も熾烈です。今回は開店の8時ジャストに電話をして、繋がったのが20分後でした。
それほどまでにおいしいいちご大福なのか?それはもう美味しいですよ。

というわけで「予約取れたから、いちご大福を買ってまいれ」という特命を受けいちご大福ライドに行ってきました。
前回、七福神巡りをしたときに、買い損なった成東の「橋本」とその近くにあるといういちご農家直売の「相葉苺園」の大福もこの際買ってみることにします。

前回、橋本に到着したのが3時だったので売り切れていました。
朝いちで行けば売り切れないとお店の人に確認していましたので(そのへんはぬかりのないぐら)、8時前に家を出ます。
五井本納線から誉田に抜けて、千葉東金道路の中野インターから国道126号へ。
国道126号は路肩が狭いのに大型トラックが頻繁に通るので。県道301号に逃げます。
県道301号から県道119号に入って、成東駅方面へ。

10時前に「橋本」に到着
140121a.jpg


ミッション1クリアです。
間髪入れず、ミッション2へ。

国道126号に出て東金方向へ。追い風でらくちんです。
ほどなく「相葉苺園」に着きました。

140121b1.jpg

140121b2.jpg


ミッション2クリア。

ここから海へ向かいます。
七福神ライドのときに、混雑していて入れなかった食堂が気になっていました。
今回はそこでお昼としましょう。

とりあえず海に向かえばいいんだろうと、適当に左折します。
が、地図には道がありましたが、砂利道でした。
すごすごとUターン。

素直に国道を南下。県道25号を左折します。
ここって七福神巡りの時も通った道だなあとか思いながら、片貝海岸へ。
食堂の開店時間11時にちょっと早かったので寄り道。

片貝漁港
140121c.jpg


開店5分前くらいにお店に向かいます。

とむら
140121d.jpg


営業中看板のがありましたので、恐る恐る引き戸を引きますとお兄さんが店内に案内してくれました。
店内といっても、普通の民家ですね。靴を脱いであがるんです。

140121e.jpg


開店直後だったので、誰もいませんでした。

メニュー
140121f.jpg


事前にネットで得ていた情報では、「なめろうがおいしい」とか「アジフライがサックサク」とか書いてあったので、大好物のアジフライを頼もうと思っていたのですがメニューにありません。
ってか、なめろうもないんですけど・・・。

ここはpentaさんおすすめのカキフライ定食にしておきました。
カキフライも大の好物です。

結構ボリューミー
140121g.jpg


サックサクでおいしい。牡蠣も大きい気がします。
ワシワシ食べちゃいました。

そんな時に、常連さんらしきおやっさんが来店。
店員さんに「なめろうとビール」とかいう声が耳に入ります。

なんですと!!なめろうあるんじゃん。
メニューにないものを頼めるのは、常連さんの特権か?
次回はこれに挑戦だ。

大満足でとむらを出て、更なるミッションに向かうのであります。

今度はメインの一宮へGO。
県道30号を一直線です。
気持ちよく追い風が吹いてスピードものります。

が、この県道30号、どこまで行ってもまっすぐなのです。

140121h.jpg


景色の変化も乏しく、ローラー気分です。
個人的にこういうまっすぐな道は苦手です。景色の変化やアップダウンがあったほうが飽きません。

永遠と続く一本道で、町の名前だけが変化してゆき、やっと一宮へ。
「かねきち」には2時に受け取る予約だったので、時間に余裕があり一宮海岸に寄り道。

エンジン付きパラグライダーが気持ち良さそう
140121i.jpg


一宮に到着して、ぐらから「あれも買ってきてもいいよ」となかば強制されてきた食べ物がもうひとつあります。

トバタコス
140121j.jpg


ここのもっちりとした皮がおいしいんですよね。


ここから、一宮の駅方面に走ります。
駅を越えて、上総の国の一宮・玉前神社の参道に「かねきち」があります。

が、その参道の入口にもう一軒「角八」という和菓子屋さんがあります。
ここにもいちご大福があって、人によっては「かねきち」のより好きという評価もあるほどのおいしさ。
我が家の子供たちも、「角八」派なのです。

角八
140121k.jpg


ここでも、いちご大福ゲット。ミッション3完了。

そして、「かねきち」
140121l.jpg


予約時間よりはちょっと早かったですが、無事手に入れることができました。
ミッション4完了し、本日のミッションすべて終了。
リュックも久々にパンパンで重いんです。

この重いリュックを背負ってどこか寄ろうとかは思わないので、まっすぐ県道148号で長南、国道409号経由県道13号で帰宅しました。
帰りは向かい風に押さえつけられながら、粛々といちご大福の運搬にあたりました。

本日の走行は、125km。
純粋に、自転車でお買い物してきただけって感じでした。

今回、ゲットしたいちご大福たち
140121m.jpg

140121z.jpg


写真の鈴木というのは、うちの近所の和菓子屋さんのものです。

個人的な感想。

鈴木   すっぱいいちご 甘い餡
橋本   まろやかな餡
相葉   橋本に似ている 餅がやわらか
角八   いちごがジューシー 餅がやわらか
かねきち いちごが主張 餡と餅が少なめ

橋本と相葉はいちご小さめ。
角八とかねきちはいちご大きめ。
やはり地域で傾向が似るのでしょうか。

私は角八が一番おいしいと思いました。ジューシーないちごと餡のバランスが絶妙。
かねきちはいちごがとにかく主張しています。ジューシーないちごが主役。いちごを食べるための大福という感じ。
橋本、相葉はジューシーないちごながら小粒です。食べ応えという点では、一宮勢に劣るかな。

ちなみに、ぐらはかねきち、長女は橋本、次女は相葉と好みが分かれました。
ということは、どれもおいしかったということかな。




140121n.jpg

ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

2014.01
20
ピンチェレ号がオーバーホールから帰ってきました。
新しくなったワイヤーやチェーンの変速具合や、新調したサドルのすわり心地などを試しに走ろうかと思っていたのですが、天気予報が微妙です。
端的に言えば「曇り」なんです。

曇り空の中走るのは、テンション下がるんです。
しかも「不安定な天候で、にわか雨も?」なんていう気象予報士。
・・・まあ、ちょろっとでも走れればいいか、なんて弱気なおじさんです。

休日の朝、空はきれいな朝焼け。
でも、朝だけ晴れてすぐに曇天ということは何度も経験済みです。
だまされちゃいけない。

午前中は、お正月に撮り溜めた映画など観てゴロゴロと。
あれ?いつになったら曇るんでしょうか??
お昼の天気予報を見れば、ちゃっかり「晴れ」マークにすりかわっています。

なんですと~。
お日様サンサン、風も弱し。
これって自転車日和ってやつじゃありませんか??

というわけで、午後1時前に出発。
今からじゃ遠くにはいけないので、地元練習コースです。
なんていうとお茶を濁しておしまいって感じですが、実は私の住んでいる地区は千葉市辺りの自転車チームや競輪選手が練習に来る地域だったりします。
自転車に乗る前はなにもない田舎と思っていたのですが、自転車乗り目線でみれば自転車天国だったんですね。
でも、そういったコースは家から近すぎて走らないというもったいないことになってます。
なので、たまにはそういったコースも走ってみるのもおもしろいかも。

ニューバージョンのバイクです
140120e.jpg

140120f.jpg


ピンチェレ号
130917z12.jpg


下半身がまだピンチェレ号の余韻を残しています。
というのは、ピンチェレ仕様のタイヤ・Pro3ピンクのストックがまだ1本あるんです。これを使い切ってから黒いタイヤをいれたいと思っております。その時にボトルホルダーも黒にしましょうか。
ということで、まだ進化中ということなのですが、チェレステ×ブラック=チェレック号としたいと思います。

出発が午後からなので、厳冬装備ではなく冬用インナーとジャージ&薄手のウインドブレーカーで出ましたが、ちょっと走ると暑くなってウインドブレーカーは脱いでしまいました。
とりあえずいつもの農免道路から市原中央高校裏の林道へ。

昨年11月の台風で、この林道は通行止めになっていたのです。
しかし地元の方の情報で、通れるとのこと。

やっぱり看板は設置されています
140120b.jpg


かまわず走ってゆくと、また看板
140120c.jpg


これは本当に通行止めなのかも。
恐る恐る走ってゆきます。

そしてまた看板が
140120d.jpg


あれ??ここで終わり?
工事箇所や崩落箇所などありませんでした。
まったく普段どおりの道だったのですが・・・。

牛久から国道409号で茂原方面へ。
原田からウグイスラインに入ります。
長い登りをマイペースで乗り切って、川在から県道13号へ。

AKBの入口はスルーして、長柄町役場を右折します。
茂原街道を跨いで、エアロビクスセンターに向かう坂を登ってゆきます。

最近エアロビクスセンター方面に行っていなかったので、ちょっと寄り道してみました。
貸し別荘やプールなんかもあるエアロビクスセンターです。
むかし何度かこの貸し別荘に泊まったことを懐かしく思い出しました。

ぐるっとまわって、またさっきの坂・県道128号に戻ります。
ここから大仏通りに入り、喜多の手前で犬成方面にハンドルを切ります。大仏通りを走るとき、いつも喜多まで行ってしまうのでまたには違う道で。

で、その先にあるのが長柄ダム
140120g.jpg


長柄ダムは遠く利根川から水を引いているんだそうな。

また茂原街道を越えて、谷底のような小山を上り下りして福増浄水場を通過していつもの農免道路に戻って帰ってきました。

オーバーホールしたばかりなので、変速もバッチリ決まって気持ちいいです。
サドルは滑らなくなったというのが、一番の違いでしょうか。今までがもろプラッチックのDスバイダーだったので、これが普通なのでしょうけど。
あと、トークリップとシューズカバーの二枚重ねは暖かかったです。厚い靴下をはかないですみそうです。

本日の走行は、59kmでした。



140120a.jpg

ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

2014.01
16
オーバーホールから帰ってきましたピンチェレ号。

・・・っていうか、ピンチェレじゃない。

今回、オーバーホールを機会に、バーテープをブラックにイメチェンしました。
ってことは、サドルもブラックにしなきゃってことです。

エゲレスから荷物が届いて降ります
140116a.jpg


箱の中身
140116b.jpg

サドルは「Prologo カッパ EVO」であります。
あと、クラフトのトーカバーとビットリア・チューブ。

去年の走り納めの時、pentaさんがトーカバーとシューズカバーの二枚重ねで足がぽっかぽかときいて購入。
冬の足先対策になればと。

チューブは安かったので完全に送料無料にするための調整です。

で、本題のサドル。

今まで、DスパイダーというMTB用のカタカタサドルをつけていました。
このサドルを選んだのは「色」だけです。
チェレステにピンクを合わせるためだけに、ピンクのサドルをもってきたのです。
ピンクのサドルは女性用のものが多く、男子がつけて違和感のないサドルはこれ以外にはなかったから。

しかし、鋼鉄のお尻を持つ私には、この硬いサドルでも300km乗ったところでなんてことなかったのです。
サドルの旅に出る方はおおいですが、私には無縁なのです。

しかし、今回ニューサドルを導入しました。

なぜ??

それは、Dスパイダーが小さいからです。
最近私は登り坂を走るとき、後ろ乗りをします。
Dスパイダーの小さいサドルだとお尻がはみ出てしまうのです。

はみ出て悪いのかというと悪くはないのですが、やっぱりちゃんとしたロード用のサドルのほうがいいかなとか。
ちょうどオーバーホールして、バーテープも変えないといけないタイミングだったので、チャラチャラしたピンチェレ号から、渋く黒いバーテープに黒いサドルでいこうかななんて。

で、鋼鉄のお尻な私なので、サドルなんてなんでもいいわけです。
だから、イオン・サイクルテラスでみつけたセレイタリアの2500円の黒いサドルでいいかとか思っていました。

しかし、自転車と人間が触れる部分にはお金をかけたほうがいいという話も聞いていました。
要するに、ペダル・ハンドル・サドルですね。

ペダルもハンドルもお金かけていませんが、そういわれるとサドルもそこそこのものがいいのかな??とか。
いろいろネットで見ているうちに、プロロゴがかっこいいかなと気になります。

でも、サドルに2万も3万も出したくないので、プロロゴの廉価版・カッパEVOのハードブラックをポチッてしまいました。

でも実は海外通販とイオンサイクルテラスでは1000円も差がなかったことに気づいたのはポチッてからでした。
海外通販も今やウマミが減っていますね。

早速、サドルを交換してみました。
まだローラーでしか乗っていませんが、まあよくわかんないです。
たぶん、私の場合なに乗っても同じなんでしょうけど・・・。

実走したらまたインプレします。

ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

2014.01
14
世の中、3連休であります。
しかし、私は「成人の日」の月曜日だけお休み。
ツイッターで「この3連休のどこで走ろうかなあ?」などとつぶやいている自転車仲間さんに「成人の日に走るべし」とプッシュして、nobsun3さんpentaさんにお付き合いいただくことになりました。。
で、どこに行きましょうか?
私はノープランだったので、nobsun3さんからご提案いただいた「七福神巡りといちご大福ツアー」にのっからせていただきます。

我が家から1時間ほどで到着する茂原公園に9時集合ということなので、ちょっと余裕をもって7時45分に出発・・・。
しようとしたのですが、ちょっとゴタゴタして8時前になってしまいました。
でもまあ、大丈夫だろうと走り出します。

天気はピーカン。雲ひとつない青空です。
しかし風があります。北風なので、集合場所までは追い風。
気分良くペダルをまわします。

しかし、本日の出動車両はぐらの愛車・青い稲妻 GIOS VECCHIO号 であります。
ピンチェレ号はオーバーホールのため自転車屋さんにドッグ入りなのです。
なので、サドルの高さが合いません。
走りながらサドルの位置を直すこと数回。そんなことをしていたら、集合時間に間に合わなくなりそうになってしまいました。
途中からガチでフミフミして、なんとかギリギリ9時ぴったりに茂原公園にたどり着きました。

すでに皆さん集合しています
140113a.jpg


GIOS VECCHIO号
140113b.jpg


pentaさんはコラテック号
140113c.jpg


nobsun3さんのDECO2号
140113d.jpg


さあ、皆揃ったので出発進行!!とゆきたいところですが、ヘロヘロな私。寒い寒いというお二人をよそに、汗だくな私。
いきなり赤コーラタイムいただきました。

で、ここでちょっと、GIOS VECCHIO号のインプレなど。

GIOS VECCHIO号はクロモリ&Wレバーのクラシックスタイルバイクです。
「クロモリなので乗り心地がいいでしょう?」と聞かれることがありますが、答えはYESです。
アルミ&カーボンバックのピンチェレ号にカーボンラミネートホイール・RS80をはかせた乗り心地とほぼ同じです。
VECCHIO号はフォークもクロモリだし、ホイールもデフォのままなので、柔らかいホイールをはかせたらもっと乗り心地はよくなるはずです。
まあ、乗り心地が良くなるということは、推進力が落ちるということに繋がるので、絶対的なスピードは落ちるかもしれませんが。

スピードが落ちるといえば、このVECCHIO号はピンチェレ号よりスピードが出ない気がします。
たぶんピンチェレ号でがんばれば出るであろう時速より2,3km遅いんじゃないかなあ。
それは、やっぱり車重が関係しているのではないかと。VECCHIO号とピンチェレ号を持った時に、明らかにズッシリとくるのがVECCHIO号です。
また、ホイールのスポーク数もVECCHIO号の方が多いので、空気抵抗も大きいのかもしれません。

この日の後半、アップダウンのある道を走ったのですが、車体の重さを感じられずにはいられませんでした。
それはつまり疲労がそれだけたまることに直結するということです。
やはり自転車にとって、軽さは正義なのでしょうか。

なんていいましたが、このVECCHIO号のコンセプトは「のんびり気持ちよく走る」ことだと思います。
そういうスチエーションでは、最高のバイクだと思うのです。
自転車の乗り方は、ひとそれぞれ。ベストバイクもひとそれぞれだということでしょう。

さて、話を戻します。

しばし休憩をいただいてから、nobsun3さんを先頭に走り出します。
もうこうなったら、大船に乗った気分で後ろを着いていくだけ。
そこがどこなんだかわからない小道を、クネクネ行くのです。

140113e.jpg


私達が今回走るのは浜の七福神です。
他にも七福神巡りは千葉県各地にたくさんあるようです。

まずは、観明寺
140113f1.jpg


こちらで、御朱印紙を買って七福神を巡るたびに御朱印を押してゆきます。

福禄寿 長寿・幸福の徳を持ち、招徳人望の神として信仰されています
140113f2.jpg


このお寺は、「浜の七福神」とは別「外房七福神」の寿老人もいらっしゃります。
140113f3.jpg

茂原公園からここまでは追い風でしたが、ここから先は向かい風になります。
私はちゃっかり3人列車の最終車両だったのであまり辛くはなかったのですが、先頭を曳いているnobsun3さんには辛い時間の始まりになってしまったようで申し訳ありませんでした・

次は、清泰寺
140113g1.jpg


弁財天 七福神中、唯一の女神であり、知恵財宝、愛嬌縁結びの徳があるといわれています
140113g2.jpg


どんどん行きます、真光寺
140113h1.jpg


毘沙門天 仏教四天王の一人で七福神中唯一武将の姿をしており融通招福の神として信仰されています
140113h2.jpg


nobsun3さんならではの、マニアックな道を通って
140113i.jpg


要行寺
140113j1.jpg


寿老人 星の化身で、不老不死の霊薬を持つといわれ、長寿延命、富貴長寿の神として信仰されています
140113j2.jpg


八坂神社 ここからは神社になります
140113k1.jpg

140113k2.jpg

恵比寿 七福神唯一の日本の神様で、漁業・商売繁盛の神として信仰されています
140113k3.jpg


この辺で、お昼近くになってしまいました。
ランチを休憩といたしましょうということになりまして、周辺の情報通pentaさんが先頭を交代。

とってもマニアックなお店にご案内いただきました
140113l1.jpg

140113l2.jpg


しかし、残念ながら混雑していて時間がかかるとのこと。
とっても気になるお店でしたが、今回はパスすることになりました。次回リベンジですな。

で、THE MAVERICKという乗馬倶楽部が経営するレストランへ。
140113m1.jpg


乗馬倶楽部なので馬がいます。
今年は「午年」。こいつは春から縁起がええわい。何を隠そう私は年男だったりしますし。

140113m2.jpg

140113m3.jpg


お昼はチーズハンバーグをいただきました
140113m4.jpg


お腹も落ち着いて、七福神巡りを再開します。

五所神社 立派な神社です。ちょっとオーラを感じました。
140113n1.jpg


大黒天 大地を掌握する神様といわれ、財宝・福徳海運の神として信仰されています
140113n2.jpg


いよいよ最後、四社神社
140113o1.jpg


布袋尊 弥勒菩薩の化身といわれ、笑門来福、夫婦円満、子宝の神として信仰されています
140113o2.jpg


七福神巡りコンプリート
140113s.jpg


少しも迷うことなく七福神を案内していただいたnobsun3さんがいなければ、こんなにスムーズにはいかなかったことでしょう。
今年、就活している長女と受験を控えた次女にご利益あらんことを。

七福神巡りのミッションを終え、次なるミッションはいちご大福です。
地元民であるpentaさんの指示のもと、成東まで最短距離で走ってゆきます。
今考えたら、このときpentaさんは列車の最後尾から先頭のnobsun3さんに指示していたのですが、先頭を走ったほうが良かったのでは??

とかいいながらも、若干追い風気味で快調に走って成東までやってきました。

目的の和菓子屋さん 橋本
140113p.jpg


しかーし、残念ながらタッチの差で売り切れでした。

この事態に手ぶらで帰るわけにはいかないと震える私のために、もう一軒別の和菓子屋さんにいちご大福があるという情報を得てそちらに急行。

秋月
140113q.jpg


こちらには幸いいちご大福が8個残っておりました。
8個・・・微妙な数です。

我が家が4個、pentaさんが3個、ということでnobsun3さんには1個だけ。
たいへん申し訳ございませんでした。

おいしくいただきました
140113r1.jpg


いちご最中も
140113r2.jpg


最終ミッションも終え、帰路につきます。
夕方なるにつれ雲も増えてきて、寒さが増してきます。
相変わらず力強いnobsun3さんの曳きでバビューンとひた走りです。

途中でpentaさんとお別れして、私は新治から五井本納線に入りnobsun3さんとお別れしました。

一日中、先頭を曳いて又七福神を案内していただいたnobsun3さんには感謝いたします。
今回はずっと後ろに隠れてのライドだったので、ずいぶん楽させていただきました。七福神も一人では半分もまわれない自信ありありです。
pentaさんに教えていただいた「とむら」。個人的にリベンジさせていただきます。
お付き合いいただいたお二人、次の機会もよろしくおねがいいたします。

五井本納線のアップダウンを地味に苦しみながら、さほど暗くならないうちに帰宅しました。

本日の走行は138kmでした。

ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

2014.01
09
Category : 自転車雑談
アラフォーからのロードバイク 野澤伸吾 著 読みました。

1401book.jpg


著者はY’sロードの店長さんです。

なので、メンテのことは「走ったあとはチェーンをからぶきする」以外書いてありません。自転車屋さんに任せなさいということです。
また、レイパンもソックスもホイールもフレームもいいものを買ったほうがいいと、これも商売上手です。
そりゃ、いいもののがいいでしょうけど・・・。

サブタイトルに「初心者以上マニア未満の<マル秘>自転車講座」とありますが、ほぼ入門者的な内容かと。
私も初心者以上マニア未満ですが、ほとんどの内容は「知ってること」が多かったです。

個人的に、ほ~っと思ったのは「ロードバイクはわきの下でこぐ」という章です。
これはあまり聞いたことがなかったので。
ロードバイクのフォーム・ペダリングの奥深さを改めて感じました。

ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


2014.01
07
Category : 自転車雑談
イオンモール幕張新都心のなかにCYCLE TERRACEという自転車屋さんが出来たということで、偵察に行ってきました。

IMG_0711.jpg



さすがに新しく出来たばかりなので、きれいです。
隣にあるイオンバイクがママチャリなどの一般車を扱っていますので、サイクルテラスはスポーツバイク専門店ということになっております。

パーツはシマノ、スラム、カンパも扱っています。
IMG_0712.jpg


店内の広さもこの地区では大きく、船橋のY’sロードを凌駕する勢いです。
特出すべきは、店のすぐ脇にに試乗コースを有しているということでしょう。
50mほどのコースですが、実際に試乗できるというのはありがたいです。ただしすべてのバイクが試乗できるのか、限られた車種なのかは確かめていません。
閉店時間が22時というのも、サラリーマンローディーには重宝するでしょう。

残念なのは、取り扱いメーカーが少ないというこです。
致命的弱点ともいえなくもないです。欲しい自転車が売っていなければ、買えないわけですから。

サイクルテラスではオーバーホールも受け付けていて、内容によってはここでオーバーホールをしようと思っていました。
しかし、内容・金額ともにジロの方が良かったです。

というわけで、ピンチェレ号のオーバーホールは、前回同様サイクルハウス・ジロにお願いしました。

そんなわけで、自転車はただいま入院中。

ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

2014.01
03
新年明けまして、おめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

というわけで、走り初めに行ってまいりました。

年末は大晦日まで仕事。で、明日から仕事初めなので、今日を逃すとまた走れなくなってしまいます。
早朝から走る気がまったくなかったので、ゆっくりと起きて外を見ると薄曇り。テンションも上がらぬまま、ゴロゴロとTVなどを観て過ごします。
なかなか重い腰が上がらなかったけれど、ようやく11時に出発進行。

寒そうだったので真冬装備で出ちゃいましたが、薄日が差していて暖かかったです。
ジャージとウインドブレーカーのファスナーをあけて、温度調節しながら走ってゆきます。

こんな時間からなので、地元練習コースを行きます。
高滝ダムでも往復しようかと思っていたのですが、なんとなく長柄ダムを走ってみたくなって神埼からウグイスラインに入ります。そこから長柄町役場を経由して長柄ダム、大仏通りで帰ってこようかと。

いつもとは反対まわりにウグイスラインを走りことになります。
おなじコースでも反対から走るとイメージが変わるものですが、個人的には今回のコースのほうが楽な気がします。

一旦、ウグイスラインを離れて自衛隊送信所方面へハンドルを切ります。

サーキット場からキングフィールズゴルフ場に向かう時、事件は起きました。
アウターで降ってから右折し登り返す時にインナーへ落としました。
その刹那、ガシッとクランクが何かに挟まったような感じで動かなくなりました。

あれっ?と思い、自転車を降りて確認しますとチェーンはインナーにおりていて異常なしです。
急な坂をえっちら登って、アウターにいれます。

すると、周期的な感覚でチェーン付近から異音がします。
止まって確認すると、一部分だけFDにチェーンが接触しています。

これは、FD調整ってやつをすればいいのか?

しかし、悲しいかなメカ音痴な私。
その場で、スマホを取り出しFD調整のお勉強。

なにやらFDのネジを緩めたり締めたりすればいいらしい。
初めにギアをインナー・ローにするとか。

携帯用工具でネジをいじってみます。
インナーはなんとかこれでいいかな?ってくらいになりました。

次はアウターの調整。
アウター・トップにギアをいれます。
えーっとどのネジをどっちにまわすんだっけ??

とか、思いながらふと気づきます。

「一部分だけでチェーンがすれるってことは、FD調整とかじゃないんじゃないか?」

FD調整は、チェーンが常にFDにすれてしまうときに行う作業なのでは?
だとすると、もうお手上げです。
とりあえず、インナーでは走れるのでこのまま帰宅することにしました。

というわけで、本日の走行は32km。

新年早々、走り初めでこのアクシデントとは、今年の自転車ライフが前途多難だという予言でしょうか。
自転車で出かけていて、メカトラブルになったことは自転車に乗り始めた初日以来の6年と数ヶ月なかったことかもしれません。

しかし、自転車ブロガーとしてのネタには困ることにがないという暗示のような気もします。

自宅に帰ってから、もう一度FD調整を試みてみましたが、案の定、泥沼にはまって収集がつかなくなりました。
ちょうど、オーバーホールをしてから2年4ヶ月くらい経っていて、その間ワイヤー交換をしていなかったです。この機会に自転車屋さんに持ち込んでオーバーホール含めみてもらおうと思います。



140103a.jpg

ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村