RSS
Admin
Archives

ぐりとぐらの本日も自転車日和なり

素人チャリダー夫婦の自転車生活あっちこっち

プロフィール

ぐりとぐら

Author:ぐりとぐら
自転車ど素人夫婦・ぐり(夫)とぐら(妻)が、07年11月 ジャイアント・エスケープR3を衝動買いしてしまって始まった自転車ライフ。09年1月にはBianchiロード・Via Nirone7 Al/Ca 105 Compactとミニベロ・MiniVelo 7を、そして10年3月GIOS VECCHIO も加わってどこまで行くの?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
2013.04
24
ハルルさんのブログに載っていたバケットカレーが美味しそう。くしくもそのお店の近くに酒々井プレミアムアウトレットもオープンしたので、そちら方面をポタリングです。

道の駅・風和里しばやまをデポ地とさせていただきます。
130422a.jpg


とりあえず道の駅で野菜などをチェックしてから出発。

天気は良いものの、北風がちょっと肌寒いです。
県道45号を酒々井方面へ向かいますが、向かい風。

畑が広がる道をのんびりと進みます。
南房総の田舎道と違って、交通量はやや多めです。

130422c.jpg


畑の片隅に、道標がありました。いつの時代のものなのでしょうか?

松尾 植谷 とあります
130422b.jpg


裏面には八街とありました。

県道45号をどんどこ進むと、県道77号に交差します。
県道77号をさらに進むと、目指すカフェ「ぬく森」に到着。

130422d.jpg


11時から開店かと思っていたら、10時半開店でランチは11時半からでした。
私たちは11時15分くらいに着いたのでちょうどいいのかと思いきや、先客の4人組&2人組がすでにいらっしゃいました。

その後も続々とお客様がいらしゃいまして、その後2組×2で、ほぼ満席状態です。ちなみに月曜日です。人気店ですね。

私たちのお目当ての「バケットカレー」を注文しますが、店員さん数量を確認します。このメニューは数量限定です。
どうやらぎりぎり間に合ったようで安堵しました。

店員さんいわく「お時間かかります」ということです。
今日は時間に余裕があるので大丈夫と答えました。

店内は雑貨も売っています
130422e.jpg


っていうか、雑貨屋さん、木製家具屋さんがカフェもやってるっていうのが正しいです。

店内の雑貨などを見ながらカレーを待つのです。
なかなかきません・・・。
時間をもてあまします。

どうしてこんなに時間がかかるのかというと、バケットのパンをくりぬいてそれを店員さんが食べているからか?とか、店員さんのお腹がいっぱいになってしまうので、限定商品なのか?とかいいかげんなことを言って待つ待つ。

やっと登場 待ちに待ったよ50分
130422f.jpg


焼きたてバケットにビーフシチューのようなカレー。
確かに美味しいです。

しかし、食べ方に工夫がいります。
やっぱりカレーとパンを一緒に食べたいんです。
カレーだけ食べてしまうと残ったパンをそれだけで食べなければいけません。

はじめのうちはパンの壁を崩しながら、カレーとともに食べられるのですが、ある程度まで食べ進めるとカレーがパンの壁から決壊してしまいます。

そこで片手で持ち上げて、ハンバーガースタイルで食べることに。
するともうそのパンを皿に戻すことはかないません。
一気に食して食べ終わります。
でも、お勧めですね。濃厚カレーパンですよ。

お店を出て、県道77号に復帰。
国道409号を越えると、反対車線では渋滞が起こっています。
これはまさにアウトレット渋滞ではないでしょうか。

アウトレットに近づくにつれ車が多くなってきます。
さすがにまだオープンして間もないので、混雑しています。

130422g.jpg


駐輪場に自転車を止めて、いざアウトレットへ。
130422h.jpg


平日にしては混雑しています。
ブラブラとウインドーショッピング。

話題の「ギャレット ポップコーン ショップス」がどのお店より群を抜いて大行列。
店員さんによれば、3~4時間待ちだそうです。
ポップコーン買うのにそんなに並ぶかあ~。

130422i.jpg


ぐるっと一周して帰ります。
なぜかぐらのワンピース(掘り出し物)がチーバックに収まっていますが・・・。

国道296号まで出ます。ここまで車は渋滞ですが、その脇をスイスイと自転車なら走れます。

国道296号を成田方面へ。
途中で、パン屋さんの看板をみつけて、強制ピットイン。

130422j.jpg


七栄東交差点から県道102号。
ここをまっすぐ進むと,県道43号にぶつかって、さらに直進すると、シュークリーム工場があります。99RIDERさんが立ち寄っていましたね。

HIROTA
130422k.jpg


お土産に限定シュークリームと、その場で抹茶シューアイス。
130422l.jpg130422m.jpg


甘いものチャージも済ませ、はにわ道へ。

130422n.jpg


ピーナツ王国だから、ピーナツも購入
130422p.jpg


芝山仁王尊住職のメッセージカード入りです。
130422q.jpg


ほどなく道の駅風和里に戻ってきました。

本日の走行は31km。

道の駅で、ソフトボール大のスイカをゲット。
130422r.jpg


そして、ストロベリーミックスソフト
130422o.jpg


このストロベリーはジェラードっぽくて美味しかったですね。

本日のぐらの一句。

「くり抜いた パンのゆくえが 気になるの」

私も一句。

「自転車屋 ないアウトレット 買うものなし」 字あまり






ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
2013.04
20
Category : 自転車雑談
「栗村修のかなり本気のロードバイクトレーニング」栗村修 著 読みました。

130418.jpg

個人的には、かなり目からうろこの本書でした。

何のためにトレーニングをするのか?という基本に返らせてくれた一冊です。
一番、納得したのは、

トレーニングの目的は、洗練された走りを得るためのものである。ということ。

心拍計やパワーメーターを使ったトレーニングは一般化していますが、そういった計器を使うと数値ばかりを気にして、肝心の洗練された走りがおざなりになってしまうということ。

心拍トレーニングでは、心拍を上げることばかりに気がとられて、フォームやペダリングが二の次になってしまう可能性があると。
心拍160で20分漕ぐ。それが目的ではなく、きれいなペダリングをすることが目的で、なおかつ心拍が160で20分漕ぐのがトレーニングであるはずです。

なるほど、何が目標なのかをはっきりさせること。これこそが一番重要なことではないか。

私の場合、レースにも出ないし、なにが目標なんだっけ??

なにも考えないで、ネットや本から得たトレーニングメニューをただやっていたのですが、それがなんの意味もないことだったように思えてきます。

そう考えると、きれいなペダリング。効率の良い走り。それくらいが目的だったはずです。

ということで今後、私のローラートレーニングは、ケイデンスや心拍などはあまりみないで、フォームやペダリングに注意をはらうことだけを考えたものにするつもりです。

でも、なんか指針がないとだらけちゃうんですけどね。


ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


2013.04
18
今までの自己最高走行距離が鹿島神宮往復270kmだったので、今回はそれを越える300kmを目指すロングライドにチャレンジです。
300kmともなると夜間走行は必須になるので、ピンチェレ号はナイトライド仕様になっております。

コースは成田を抜け筑波山・不動峠を登って霞ヶ浦をかすめて帰ってくるというものです。
出発は午前0時。ちょっとは仮眠できたので、割とすっきりした気分です。パンをひとつお腹に納めます。

そしても黒ヴァームを投入
130415c.jpg


この日は前日から風が強くて出発を躊躇しましたが、とりあえずは追い風なので良しとしました。

当然、真っ暗
130415d.jpg


まだ終電も終わっていない時間なので、街を歩く人もちらほら見かけます。
風に押されて快調な滑り出しです。

まずは国道一本手前の市道で蘇我を目指します。

本格的なナイトライド初体験です。
装備としては、前灯・CATEYE EL540&ジェントス 閃 SG-355B。後灯・CATEYE LD650&GPスカリーライト。

EL540はハンドルに、355Bはクイックにライトフォルダーをつけて装着しました。
この2灯で照らすとかなり明るいです。が、クイックにつけたライトアダプターの径が細く、355Bにつけたライトフォルダーを目一杯きつくしてもちょっと緩いようで、走っている振動で位置がずれてしまいます。

なので、クイックのアダプターからハンドルに場所を移動します。
するとばっちり照らしてくれました。もともと355Bに付属していたライトフォルダーを使えばクイックアダプターでも問題なかったのかもしれません。けど、使わないと思って捨てちゃったんですよね・・・。

EL540のみ
130415e.jpg


355Bのみ
130415f.jpg


EL540&355B
130415g.jpg


これは自動車のヘッドライトなみに明るいです。

ちなみに後灯も盛大にピッカピカしてます
130415h.jpg


蘇我から青葉の森公園脇を通過して国道51号へ。
国道51号は大型トラック天国なので、自転車で走るには地獄の行軍となるのですが、日曜日の深夜ということでさすがに交通量は少なくて走りやすかったです。
そしてなにより強烈な追い風。ラクラク走行で成田までサクッと到着です。時刻は午前2時まえ。

ここから国道408号へ。
あまりお腹空いていなかったけど、コンビニで「一本満足バーホワイトシリアル」を補給。

国道51号よりも街灯は少なくなって、より暗い道になります。
方角が変わったので風向きも変わるかと思ったのですが、案外追い風で余裕です。

しかし真っ暗です。
景色が見えないので、ただライトに照らされた目の前のアスファルトに向かってペダルを踏むだけ。
ときより追い抜いてゆく自動車がありますが、真夜中の田舎道をただ一人黙々と進んで行きます。
これがブルペだったりすれば、同じコースを何台ものをランドヌールが駆け抜けているイメージを持てるのかもしれません。その一員として心強いかもしれません。
しかし私はロンリーローディー。こんな真夜中にただ一人、世界の片隅でペダルを踏んでいる孤独なローディー。誰しもが心安らかに眠りについている夜のとばりのど真ん中で、誰にも知られぬままひとりトボトボと歩む旅人。

長豊橋で茨城県へ
130415i.jpg


茨城県に入って、松山交差点で国道408号は左折します。
するとここから、向かい風です。

今まで追い風基調でいかに楽をしていたのかと思い知らされるほどの向かい風。
いっきにペースダウンします。

一体こんな真夜中に何をしているんだという自問を繰り返しながら、淡々とペダルを回すのみです。
昼間ならば牛久大仏が見えるはずなのですが、漆黒の闇に包まれて何も見えません。
夜に自転車に乗る意味ってなんなんだろう?といまさらながら考えてみたりします。

ふと視線を感じて振り返れば、哀愁をたたえた笑顔が闇夜に浮かんでいました。レストランの駐車場に置いてあったコックさん人形です。びっくりさせんなよ~。

はあ~ここまでで何キロ走ったろ?とサイコンを確認するとまだ70kmと少々。
まだそんなもんか・・・。

岡見中央から県道48号に入ります。ここで強烈な向かい風とお別れ。
ここのコンビニで赤コーラー休憩。午前3時半。

県道48号を進むと、高速道路・牛久阿見ICの入口です。
ここを右折してちょっと登ります。ギアをインナーにするとチェーン落ちです。真っ暗の中チェーンをかけて出発しようとしたらサイコンの電源が落ちています。

再起動して距離を確認すると70kmちょっと。あれ?さっき確認したときと変わっていないじゃないか!
どこかでスタートボタンを押すのを忘れたようです。というわけで、今何キロ走ったのかわからなくなってテンションがた落ちです。

後で確認したところ、この直線区間が記録されていませんでした
130415b.jpg


気を取り直して、先に進みます。
県道48号から県道203号へ。途中の住宅街でグレーチングが外れていたようで落車しそうになりました。やっぱり夜は危ないです。

県道203号からは幹線道路のようですが、真夜中のこと交通量もまだ少なく走りやすく街灯も多くなってきます。
県道203号、県道25号、県道55号と道路の名前は変わりますが、ひたすらまっすぐ進みます。

筑波学園都市へ。

筑波宇宙センター
130415j.jpg


筑波大学などをすぎる頃、小鳥のさえずりが聞こえてきます。

辺りが明るくなってきました
130415k.jpg


美しい並木道
130415l.jpg


筑波山に登る前に、なにか食べておかないとお店がないかもと思って、24時間営業のマックで朝食。午前5時。

130415m.jpg


さて、いよいよ不動峠へ向かいます。
明るくなってきて、景色も見えるようになってテンションが上がります。

県道53号から県道19号に入るはずだだったのですが、気持ちよくスピードにのって気づいたら国道125号まできちゃいました。
軌道修正して、大池公園。

朝日がまぶしい大池公園
130415n.jpg


大池公園の近くに平沢官衛遺跡がありました。平安時代の役所跡だそうです。

朝日を浴びた古代建築(復元)が神々しかったです
130415o.jpg


「カンガ」と振り仮名をふってくれてありがとう
130415p.jpg


不動峠の入口
130415q.jpg130415r.jpg


道は狭く林道のような雰囲気です。
勾配は5%前後でユルユルと登って行き最後に10%がちょっとあってピークです。
反対側から登るのが正しいのか??

しかし、やはり登りにはじめると先日痛めた左膝に違和感が出ます。のんびりモードでチンタラゆきます。

不動峠
130415s.jpg


ここからまだ筑波山に登れるようですが、今回は下ります。

こんな雰囲気の道
130415u.jpg


山桜が満開でした
130415t.jpg


下りきってフルーツラインから県道138号、県道64号、県道141号と繋いで霞ヶ浦へ向かいます。
段々街になってきて、通勤通学の人たちで賑わいだします。

霞ヶ浦のほとりの道に入ってやれやれと思っていたら、自動車がびゅんびゅん通るんですね。通勤時間帯だからでしょうか。
130415v.jpg130415w.jpg


霞ヶ浦から筑波山?
130415x.jpg


ここからが苦行になりました。
向かい風がかなりきついです。
とにかく我慢の走りで乗り切ろうとしますが、気力が持ちません。

湖畔の道は、自動販売機ひとつありません。
右はただ目の前に広がる海のような湖。左は蓮田で作業する農家の方。そしてどこまでも続く一本道。
どこまで走っても同じ風景が走馬灯のようにエンドレスに流れていきます。

あーー、疲れた。
そういえば、5時に朝マックしてから補給していませんでした。
ボトルのドリンクも尽きています。

自販機ないかな・・・。補給したいな・・・。

そう考えながらフラフラと自転車を進ませます。
しかし、たぶん、この先にはなにもない。

並走する県道118号へ逃げます。
コンビニなどはないですが、自販機がありました。

スプライトを買って座り込みます。家から持参したソイジョイをかじりながらスプライトで流し込みます。
少しは落ち着いて、ヨロヨロと立ち上がり自転車によじ登るように跨って、ゆっくりと前へ進みます。

そのまま県道を進むと登り。ここで登りか・・・と思いながらもエッチラゆくと資料館という名のお城出現。

130415y.jpg


お城を過ぎてもう一度下ると国道354号。
霞ヶ浦大橋を渡って、道の駅たまつくりで休憩。午前9時。

かなりへばってます。とにかく座りたかったです。
風も向かい風で、体力も消耗しています。胃腸の具合がよろしくないです。
ロングライドが出来る人って胃腸が丈夫な人でないとダメみたいです。私はどうも200kmくらい走ると疲労で胃腸に血液が回らないような感じになってくるようです。

少し休みましたが、いつまでもこうしていられません。
重い腰を上げて、国道へ復帰します。

お尻が痛いです。
私は鋼鉄の持ち主で、どんなサドルでも大丈夫なのですが、200km近くなってくるとさすがに痛くなってきます。
しかも、ピンチェレ号のサドルは超合金か?ってくらい硬いタイオガ・Dスパイダーです。

また向かい風。
国道355号に入っても向かい風。
右側の彼方に霞ヶ浦があるようですが、ここからは水面は見えません。単なる田舎の民家がある道です。平坦なのが救いでした。

はあ~体調悪い・・・。
時々止まっては、グーグルマップ先生に現在位置を教えてもらい「まだ、ここか」と落胆します。

セブンイレブンがあったのでピットイン。
そしてトイレに直行。

お腹がピーヒャラピーヒャラ踊るポンポコリンなわけです。
いまいちスッキリしないまま、食べたくもないウイダーインゼリーを買って胃袋へ。
本当はBCAAとか補給したかったのですが、コンビニには置いていないんですね。

長めに休憩をとって、リスタート。
相変わらずヨタヨタと元気がありません。

ひとつコンビニをスルーして、次のセブンイレブンに再びのピットイン&トイレに直行。
なぜセブンイレブンなのかといいますと、このコンビニのトイレはウオシュレットだからなのです。

今度は玄米茶1Lパックを買ってボトルに詰めて、残りを飲み干します。
お腹が痛いのに、飲んでいいのかとか、玄米茶ってどうなの?とか思いますが、飲んじゃいました。

ここでも長めの休憩。だいぶ時間をロスしています。
それでも、なんとか走り出して国道51号へ戻って参りました。
国道51号に入った途端に、追い風。
そうなれば現金なもので、俄然元気が出ます。

水郷大橋を渡って帰ってきました、我が故郷。千葉県。
佐原の街です。

「うどん」という看板が目に入ってちょっと早いけどお昼にします。午前11時。

お腹にやさしい力うどん
130415z1.jpg


力うどんで力をもらって、追い風アシストで調子をあげます。
国道51号で成田へ。ここで成田へ向かったことが後になってミステイクだったことを知るのですが、この時点ではなんの疑いもなく成田へ。

追い風なので、脚が回ること回ること。
元気を取り戻して、っていうか単なる向かい風でダメダメなだけじゃないか?

国道51号はアップダウンがあるのですが、成田までサクッと到着。
このまま国道51号で千葉まで行っちゃおうかとか真剣に悩みます。

でも、朝来た道と同じなので国道409号へ左折。途端に風を感じます。いきなり後悔。
しかし、まずまず元気にペダルを漕いで八街へ。

富里辺りのシュールな景色
130415z2.jpg


富里はスイカの街なのです。

八街を通過、高速道路をくぐって県道301号から季美の森経由、県道20号大網街道へ。
大網街道からは五井本納線に抜けようと思っていたのですが、ほとほと疲れていてもうアップダウンは勘弁モード。
そのまま大網街道で誉田まで行くことします。

大網街道は追い風で絶好調に飛ばせましたが、難点があります。
途中に自転車通行禁止の陸橋が二つもあっていちいち押し歩かなければならないのです。

130415z3.jpg


誉田から瀬又まで下って村田川。

ちょうど鯉のぼりを設置しているところでした
130415z4.jpg


村田川はいやされますね
130415z5.jpg


のんびりまったり川沿いを走って帰ってきました。

で、本日の走行ですが、サイコンでは264kmです。
途中でサイコンの操作ミスでロスした分は何キロくらいあったのでしょうか?だいぶ走った気がするので10kmくらいはあるのかな?と思ったのですが・・・。

3kmでした。

ってことで、267km。
あれ?自己最高も達成できてないよ。

よくよく考えてみたのですが、実はこのコースを作ったのはだいぶ前だったのです。計画はかなり以前から立てていたわけです。
確かそのときに、今回走ったルートで計算して距離が足らなかったので、佐原から銚子に向かって降りて農道経由で八街まで行こうとしていたことを思い出しました。
そうすれば300km以上は走れたはずだったのです。が、すっかりそんなことは忘却の彼方へ。

しかし、かなり疲れちゃったのでもう今日はこれでいいや。

アミノバイタルを投入
130415z6.jpg


はじめてのナイトライド付きロングライドでした。
夜走ることについては、正直あまりおもしろくないという感想です。とにかく景色が見えない。淡々と前に進むだけです。

そして長い距離を走ること。
私の場合、200km以上は体調を犠牲にすることになるようです。
まず胃腸が不調になることと、お尻が痛くなること。この二つの現象は自転車を乗る楽しみを、上回る苦痛へと向かわせます。

やっぱり自転車は楽しく乗らないと意味がないと感じる一方で、かつては160km走ったくらいでバテバテになっていた私なので、訓練しだいで新しい世界を見せてくれるかもしれないという淡い期待もないこともないです。
自転車とは、常にチャレンジ精神とともにあるともいえるからです。
後半、割と元気よく走れたので、そのへんにヒントがあるのかも?

また、補給。
今回は、走る前に黒ヴァーム。走った後にアミノバイタル。
走り終わった後に、3本ローラーで軽くクールダウンをすると疲労回復効果があるということなのですが、帰ってすぐにローラーに乗るのははばかれたため、帰りの10分くらい軽いギアで高ケイデンスで回してダウンして帰りました。

そのどれが効果があったのかわかりませんが、翌日はだいぶ楽でした。
普通、このくらい走ればバテバテなはずなのですが、そうでもなかったのは、推測ですがアミノバイタルが効いたかなとか。
やはりサプリに頼らないとだめなお年頃です。

130415a.jpg

ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

2013.04
12
ポチッとしたブツが届きました。

130412a.jpg

箱の中身はこちら
130412b.jpg

キャットアイ EL540とLD650です。

それからあさひリアル店舗で買ったこちらも
130412c.jpg

クイックにつけるライトアダプターです。
このアダプターをつけて、ジェントス355Bをハブへ。

130412d.jpg


前から持っていたGP・スカリーライト<リア>をシートステーにつけて、前2灯、後ろ2灯でナイトライド仕様になります。

前灯は定評のあるEL540。
ジェントスから自転車用ライトが出たようですが、まだ改良の余地があるようです。

リアはこれまた定番LD650とスカリー。実はスカリーの方が目立ちます。LED2灯なんですけど。
でもやっぱり二つないと不安です。

これでナイトライドも安心ですかね??

ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

2013.04
10
桜も終わって次はなにかと尋ねたら、チューリップ。
ということで、チューリップでもネタにポタッてみようと調べてみれば、白子町でチューリップ祭りだとか。

白子町なら我が家からもそんなに遠くないので、ちょうど良いポタリングになるのではないかと計画立案いたします。
そんな時、ペンタさんが会社命令で有給休暇を取らなければならないという情報を聞きつけます。
ちょうど日程的にも合うということで、ご一緒していただきました。

ペンタさんとは10時に本納駅集合とお約束していますので、8時に家を出ます。
天気はうす曇で、風もそんなになく自転車日和といえるコンディションです。

まずは村田川CRにて瀬又まで目指します。

130409b.jpg


一週間まえに村田川CRと通ったときは、桜をはじめとしたあらゆる花が咲き競っていたのですが、この日にはもう花は終わった様子でその代わりに新緑が青々と葉を広げていました。

130409d.jpg


蛍もみれるのかな?
130409c.jpg


瀬又までのんびりと川沿いのまっ平らなCRを行きましたが、ここからは五井本納線に向かうべく山道に入ってゆきます。
県道128号から県道21号へ。
アップダウンを繰り返し、本納駅へと進みます。

計算どおりといいますか、もう少し早く着くかなと思っていた時間より遅く9時45分頃、本納駅に到着。
130409e.jpg


しばらくするとペンタさん登場。
130409f.jpg


ここから3人列車で、チューリップ祭り会場である白子町役場へと進むです。
ちょっと方向音痴な私に代わって、ペンタさんに先頭を引いていただきます。

田んぼに囲まれたこの地区によくある景色を眺めながら、隊列は進みます。
天候は曇り。でも雨はなさそうです。

県道31号に入って、まっすぐとまっすぐと。
白子町役場が見えて、チューリップ祭り会場へ。

130409g.jpg130409h.jpg130409i.jpg

本当はチューリップ祭りは4月13日からなのですが、すでにギャラリーが大勢います
幼稚園生からお年寄りまで・・・っていうか幼稚園生とお年寄りですが。

今年は桜の開花も早かったように、チューリップも早いようです。
品種によってはもう花が落ちているものもありました。

しばらくチューリップを堪能して、お腹が空いたと騒いでいる参加者約1名の方の意向を汲んで昼食といたします。
県道31号に戻って、海へ向かいます。

浜清丸
130409j.jpg


11時開店と同時に入店。
お店に入ると、いきなり魚のカマが凍りの入った桶に並んでいます。

130409k.jpg


これを料理していただけるとのこと。
無類のカマ好きな私は、こちらに決定。

ペンタさんはイワシ丼。ぐらは悩みに悩んで桜海老のかき揚げを定食にしてもらいました。

私はブリのカマ焼き定食
130409n.jpg


これで900円とは、脅威のコストパフォーマンスです。

また、地元では有名な「ながらみ」という貝をペンタさんにごちそうしていただきました。
130409m.jpg


貝類全般大好物の私です。最高においしい。さざえのつぼ焼きのライト版といったところでしょうか。日本酒が欲しくなる一品です。
ペンタさん、ごちそうさまでした。

ところで、このお店、生簀があるのですがときたま変わった生物がお目見えします
130409l.jpg


お店を出ると、風が強くなってきています。
しかもこれから向かう茂原方面へは、向かい風。
ヒイコラいいながら、我慢の走行です。

県道30号から県道84号に入って、向かい風から横風にかわって少しは走りやすくなってきます。
田んぼに囲まれた一本道をがんばって走って、茂原市街地へ。

130409o.jpg


なぜに茂原まで走ってきたかといえば、以前訪れてお休みだった鯛焼き屋さんへのリベンジのためです。
鯛焼き,鯛焼きと特にぐらのテンションは最高潮に上り詰めていたのですが、目の当たりにした現実は・・・。

130409p.jpg


なんとお休み。えっ?なんで??
このお店の定休日は、第1,3,5火曜日でこの日は第2火曜日だから営業しているはずなんだけどなあ。

未練がましいぐら
130409q.jpg


後ろ髪を引かれつつ、諦めることにします。
その代わりに、ペンタさんご用達のコーヒーショップへ。

珈琲工房
130409r.jpg


喫茶店でコーヒーを飲むなんて久しぶりです。ゆっくりとした時間が流れてゆきます。

130409s.jpg


どうしても鯛焼きが忘れられないぐらは、こんなカフェラテを。
130409t.jpg


カフェラテの絵柄は店員さんにリクエストできるそうなのですが、ぐらの「鯛焼きで」というお願いに「やったことないので・・・」と口を濁されます。
「じゃあ、おまかせでなんでもいいです」と折れたぐらですが、店員さんガンバッテくださいました。

130409u.jpg


たぶん、ぐらはお魚マニアの「女さかなくん」なのだと思われたことでしょう。
ぎょぎょ~~。

おいしいコーヒーを堪能して、ここでペンタさんとはお別れ。
本日はお付き合いいただきありがとうございました。

ここからなぜか来た道を戻る感じで、パン屋さんへ。

UN Pont,un
130409v.jpg


これまで空のリュックを背負ってきましたが、いきなりパンが顔を出してますけど・・・。
130409w.jpg


我が家まで25km。そろそろ帰らないと家に着かないぞってことで、気合を入れてペダルを漕ぎます。
なのですが、猛烈な横風。
ハンドルがとられそうな勢いです。

風をさえぎるものがない田んぼの一本道。
横風は向かい風になり、さらにペダルは重くなってゆきます。

県道13号が長かったこと。
フラフラ揺られながら、家路へと。その間一瞬追い風区間もありましたが、ほぼ向かい風という苦行。
ヘロヘロになって帰還しました。

走行は、81.68kmでした。

ぐらの本日の一句

「空振りの 鯛焼きもとめて カフェアート」

「ながらみと 一杯飲みたい 九十九里」

私も一句

「春嵐 ノンアルだけど 千鳥足」


130409a.jpg


ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


2013.04
09
午前中は所用で動けなかったので、午後からぷちっと走ってきました。
昼過ぎからなので、地元練習コースのなかからちょっとロングな大福山ヒクラコースで林道巡りながら帰ってこようと思います。

まずはいつもの市原中央高校脇の林道で牛久まで。
市原中央高校は入学式だったみたいで、校門で記念撮影する父兄がいました。春ですなあ~。初々しい。

林道も青葉の雰囲気。
田んぼに水も入って田植えまじかですね。

春サンサンの太陽を感じてのんびりポタポタゆくのです。
風もそれほど強くなく自転車に乗るのが気持ちよい季候ですね。

牛久からは、上総川間のおっとりとした雰囲気を通り越して、高滝湖へ。

130408b.jpg


清澄養老ラインに入って、春の雰囲気を満喫します。

新緑の雰囲気
130408d.jpg


この日から、過疎化により周辺学校が統合され中小一貫教、加茂学園の開校がはじまって、小湊鉄道で登下校することになった子供たちが里見駅に集まっていました。
小さい背中のランドセルが揺れています。通学大変だけど、がんばれ!!

今年は菜の花が不作なのか、いつも小湊線沿線は黄色く染まるのですが、いまひとつな感じです。
養老渓谷駅で一休み。

130408f.jpg


ここから大福山クライム。
養老渓谷駅側から登るのは久しぶりです。
先日の左ひざの違和感はまだ残っていますが、なんとか乗り切りましょう。

今日は青い橋から
130408g.jpg


大福山、養老渓谷駅側から登ると、初めにきつめの坂が来ますが登るつれ斜度は緩やかになる感じです。

山頂付近・東屋から
130408h.jpg


しばし休憩。
静かです。

音がしません。

音がしないという非現実。

風の音がする。
羽虫の羽の音。
ウグイスのさえずり。
青空の天井を這うように進むジェット機のエンジン音。

そんな音の合間に、完全なる無音の時間が訪れる。
無音。
そんなことが、この世界の中にあったのだ。

林道養老線を下ります。
林道養老線は舗装も良く、ほぼ下り基調。気持ちよく走れます。
林道養老線を下ると、県道32号を挟んで万田野林道へ。

万田野林道は、市原市市民の森脇を通る形で、山の尾根をゆく雰囲気です。
ですので、アップダウンを繰り返す感じでしょうか。

万田野林道を過ぎると、県道160号にぶつかります。
県道160号を右折し、スタンド脇から音信山林道に入ります。

ここはとにかく舗装が悪いです。
アップダウンはそれほどないのですが、なにせ舗装が最悪。
ガタガタいいながら走ります。

途中で分かれ道
130408i.jpg130408k.jpg

林道山口線との分かれ道です。
行きべき方向はわかっていましたが、山口線はどこまで行くのかとスマホのGPS地図で確認してみますと「圏外」。
ソフトバンク、使えなすぎ。これは行くべき道をあらかじめ地図でリロードしておかないと、地図が表示されないという最悪の事態が起きそうです。っていうか起きています。

音信山林道は県道169号にぶつかり右折。国道409号へ。
ここから裏道で光風台へぬけ帰ってきました。

本日の走行は、77.72km。

20130408a.jpg

ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

2013.04
03
最近、坂登っていないなあと思って、久しぶりにクライムライドを計画します。
そして、まとまった距離も走っていないので、気合を入れて早朝スタートで200kmくらいを目指してみます。

ということで、4時起床。
卵かけご飯をかっこんで、気分だけカーボローディング。

4時半頃スタート。
当然、真っ暗。っていうか夜。

130401b.jpg


ジェントス355B1灯では心もとないですが、市街地なので街灯もあってなんとか大丈夫そうです。
まずは、JR内房線沿いの県道で木更津まで。

とあるロングライド達人のブログをみていたら「心拍を135目安で走る」とあったので、私も真似してみます。
いつもはケイデンス90~100程度な私なのですが、今回はケイデンス70~80で。
ケイデンスを上げるとどうしても心拍が上がるので、重めのギアでケイデンスを抑えて心拍を上げない作戦です。

5時を過ぎると空が白んできて、小鳥のさえずりが聞こえてきます。
始発電車が走りだします。地元の駅ではまだ始発の時間じゃないんだけどなあ・・・と。考えれば下りの駅ほど始発は早いので当たり前だったなんてひとりごちたり。

朝焼けが美しく広がってきて、ライトは消します。

夜明けの桜
130401c.jpg


木更津辺りで、大体1時間ほど走りました。
ここで、コンビニにピットインして補給。
っていうか、トイレ。
あまりお腹は空いていなかったけど、ホットコーヒーと菓子パン。

こんなウダウダしていたら、日が昇ってしまいました。
今日は長旅なので、悠長にかまえていられないんでした。

木更津から国道127号に入ります。まだ6時過ぎなんだけど通勤の車がビュンビュン通ります。
外箕輪交差点を左折。
まずは鹿野山クライムです。

県道164号を行きます。
私はいつもここから鹿野山へアプローチする場合、マザー牧場の案内看板通りに進むので途中で曲がって県道163号に入ります。
なので164号を直進するルートは今回が初めてです。
何度も鹿野山にはきているのですが、未走のルートがあったんですね。

手入れされた庭先
130401d.jpg

朝もやに煙る里山
130401e.jpg


ゆっくりと景色を楽しみながら進んでゆくと、こんな看板を発見
130401f.jpg


せっかくだから、見学してやろうとハンドルを切ります。
登りが始まります。

しかし今回、クライムライドと謳っていますが「なるべく疲労しない走り方」の実証実験も兼ねています。
ということで、一生懸命登りません。むしろ「登りは休憩場所」というイメージでここでも心拍を上げずに走ります。まあ135とかは無理ですが、150にならないように。

しばらく登って、なかなか桜がないのでもしかしたら通り過ぎた??なんて思いはじめたあたりで桜出現。

馬登のしだれ桜
130401g.jpg


一般の民家のお庭にあるようです。
ちょっと見頃は過ぎてたのかな?

しだれ桜から少し進むと。県道163号に合流します。
ここからはちょっと登れば県道93号にぶつかって、マザー牧場方面に下って行きます。

朝日の木漏れ日が光のカーテン
130401h.jpg


また来ちゃったマザー牧場
130401i.jpg


マザー牧場、山の上駐車場から更和に降ります。
更和を過ぎると未店舗地帯に突入するので、念のためセブンでミニ羊羹をゲット。

国道465号から県道88号に入って木之根峠へ。
この道は県道182号・もみじラインと並んでいますが、県道88号の方がアップダウンがないのかな??
のんびりムードが漂う田舎道をゆっくりゆきます。
今回は、ケイデンスと心拍だけ気にしていて、スピードはあまり見ていません。アベレージ20kmでいい計算です。

戸面原ダム
130401j.jpg


木之根峠といっても、富津側から走ると「どこに峠あった?」っていうくらいユルユルと登っていくだけでピークに達してしまいます。

木之根峠 
130401k.jpg


ただし鴨川側から登るとちょっと骨を折ります。
県道88号から県道34号・長狭街道に入ります。

長狭街道から大山千枚田へ。

もう水が入った田んぼが多くて、田植えも間近かのようです。
千枚田にも水がはられていました。

130401m.jpg130401l.jpg


さて、ここから愛宕山クライム。
愛宕山は千葉県最高峰なのですが、標高は408m。しかも頂上には陸上自衛隊のレーダー基地があるのでピークまでは行けません。なので、たぶん自転車で行ける高さは鹿野山と同じくらいと思われます。

大山千枚田を過ぎて登ってゆくのですが、そんなに急勾配というわけではありません。
たまに15%ほどの短い区間があわられるくらいです。
愛宕山クライムと言いましたが、本当のところは千枚田側から登るのであれば「二ツ山クライム」といったほうが正しいです。

二ツ山とは、愛宕山の北峰であるという説もあるようです。二ツ山の標高が376m。この二ツ山を登るまでがきつく、ここまできてしまえば一旦下ったりして峰を走っている感じです。

愛宕山 自衛隊基地前
130401n.jpg


ここから一気に下ります。
千枚田から登ると、路面状態も悪く自転車ではとても越えられないようなグレーチングもあるお世辞にも走りやすいとは言えない道です。しかし国道410号側の道は舗装も良く一気に下る感じなのでスピードがでます。
しかし、ガードレールが切れている箇所や、急カーブ、通る車も意外と多く注意が必要です。

国道410号を右に曲がって、県道89号、県道186号へ。
この県道186号は、以前和田浦側から走ったことがあって、最高に気持ちが良い道だと感動した覚えがあります。
しかし、今回鴨川側から走ってみて、こちら側からのが「気持ち良い」と。
っていうのも、ずーっと下りだからです。

130401o.jpg


房総の典型的な里山の景色を、ペダルも回さずに緩いくだりに身をまかせて眺める楽しさ。
あっという間に、国道128号に出てしまいました。今回の一番気持ち良い道でした。

そして海
130401p.jpg


海に着いた途端、向かい風が強いです。
海沿いにCRもありましたが、少しでも風の影響を受けたくないので国道をゆきますが、あまり意味がないです。
なるべく身体を小さくして風に向かって走ります。

130401q.jpg


和田浦の駅を過ぎると、鯨の骨のオブジェが見えてきます。
ここは「道の駅・和田浦WA O!」です。

130401r.jpg


和田浦の名物といえば、鯨なのです。
鯨コロッケや鯨給食などが話題の道の駅ですが、秘かに美味しいのが「はちみつソフトクリーム」です。
そういえば、日の出とともに食べた菓子パンとコーヒーから何も食べていないです。食べていないというより、ここではちみつソフトを食べるつもりだったからです。
でもでも気分的に鯨コロッケかなあ、なんて考えながら道の駅に意気揚々と入ってゆくと・・・。

「開店10時」の看板。
現在時刻9時45分。

15分も待ってらんね。

がっくし肩を落として、向かい風の国道に戻ります。
補給もできず、風も強い。テンションも急降下。
海沿いの道は、アップダウンも結構あってきびしいです。

南房総は花がきれい
130401s.jpg


がまんの走りで鴨川に到着。
この辺りで、究極にはらへり。
なにか食べないとまずい感じになってきました。

実は鴨川の池田食堂で「金目鯛の焼き魚」を食べようと画策していたのですが、開店時間は11時半。現在時刻10時半。
1時間もあるし・・・。もう、すき屋でいい・・・。

すき屋の大盛り牛丼でお腹も落ち着いて、まだまだ走りますよ。
鴨川からのルートは考えていなくて、時間と疲労度で決めようと思っていました。

時間はまだ早いし、ゆっくり走る作戦が功を奏して疲労もそれほどでもない・・・ってまだ100kmちょいしか走ってないから当然ですが。
なにより海沿いは風が強いので、山に逃げようということで安房天津から県道81号・清澄養老ラインへ。
鹿野山、愛宕山ときたら清澄山登らなきゃでしょ。これが房総三山といっていいです。

またまたまったりモードで登って行きます。
とはいうものの、やっぱり息が上がります。ハアハアいいながらなるべく軽いギアで負荷をかけないようにゆっくり。
清澄山のピークは清澄寺で、県道81号からの分岐する寺までの道からが更にきついです。

清澄寺
130401t.jpg


清澄寺の山門前のお土産屋で赤コーラを買っていると、お店のおじさんが出てきて「この自転車いくら?」と聞いてきます。
このおじさんは、毎回必ず自転車の値段をきいてきます。私が20万くらいですというと「安いね」。自転車の値段に関してはかなりの目利きなようです。

清澄寺の大杉のまえで休憩。
なんとなく左ひざに違和感。

ツイッターでつぶやくかとスマホを取り出すと、圏外。
さっき木之根峠でも圏外でした。
ソフトバンクは「一番繋がりやすい携帯」になったんじゃなかったのかねえ。ちなみにAUでは繋がりましたが・・・。

清澄養老ラインから国道465号へ。大多喜方面に向かいます。
海沿いよりは弱いものの、それでも向かい風が吹いています。

上総中野から伊藤大山クライム。
地味にきついです。この辺りから左膝の違和感がじわじわと痛みへ変化してきます。

伊藤大山
130401u.jpg


伊藤大山ピークで、座り込み羊羹を投入。
日差しが暖かく、頬をなでる風が気持ち良い。このまま眠ってしまいたい衝動を振り払い大多喜まで下ります。

大多喜からは、県道27号で茂原を目指します。
ここから左膝との格闘が始まります。今までは心拍を上げないようにタラタラ走っていましたが、ここからはタラタラしか走れません。
これまでの、ちょっと重めのギアでケイデンス低めのペダリングから、いつもの軽めのギアでケイデンス高めに変更。少し楽になります。
膝痛の原因は、重めのギアがいけなかったのでしょうか?それとも登りすぎ??

いつもは癒されるのどかな景色も、こころなし曇って見えますが、この日は桜が満開のものもあって、元気をもらいます。

桜の下で休憩
130401v.jpg


茂原に着いたので、せっかくなので桜の名所である茂原公園に行ってみました。
人が大勢でています。

130401w.jpg


しばらくぼんやり眺めてから、またスタート。
ここでちょっと休んだからでしょうか?膝の痛みはだいぶ取れました。

今回の目標である200kmを達成するには、ここからどうやって帰ればいいのか考えます。
外房有料経由で帰れば、確実に200km以上になると思われますが、膝の不安もあるので本納で県道21号・五井本納線から県道128号、村田川CR経由で戻ることにします。

五井本納線をはしっていたら、舗装の良い道になって4月27日に開通する圏央道・茂原北インターが出現。

130401x.jpg


当然だれも走っていません
130401y.jpg

ここを自転車で走る企画があったんだけど、いつも間にかポシャッタようです・・・。

県道128号に入って、瀬又。
村田川の桜並木は満開でした。

130401z.jpg


村田川CR沿いには、桜や水仙、菜の花が咲き競っていました。

村田川と交差する瓦窯(がよう)通りの桜並木
130401z1.jpg


桜は同じような景色なのですが、どうしても写真に納めたくなってしまいます。
ところで瓦窯とは??
粘土でつくり上げた瓦を焼き締めるため地面に設けた窯のことで、この近くに奈良・平安時代の瓦窯跡があるんだそうです。

そんなわけで、帰宅しますと距離が197km。
もうちょっとなので、近所の桜の名所も見に行ってみます。

しかし、もう桜はだいぶ散ってしまっていました。

このように堰をつくって、水を堰きとめて川の水位をあげたところに船を浮かべて桜見物。という趣向なのですが、今年はだめみたいですね。

130401z2.jpg130401z3.jpg

ということで、帰り着きますと199km。
もうこれでいいや。

今回は、心拍を上げず体力温存走法を試みました。
身体や脚はその効果があったように思われますが、膝がやられてしまったことはいけません。
老体に鞭打って走っていることを忘れてはいけませんね。

本日の走行は、199.18km
獲得標高は、 2、270m
千葉でもこれだけ登れます。細切れですけど・・・。

しかし、帰宅直後に砂を土嚢に詰める作業を2時間ぶっとうしでやることになり満身創痍。
200kmで疲れたのか、土嚢つくりで疲れたのかわからなくなりました・・・。

130401a.jpg

ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村