RSS
Admin
Archives

ぐりとぐらの本日も自転車日和なり

素人チャリダー夫婦の自転車生活あっちこっち

プロフィール

ぐりとぐら

Author:ぐりとぐら
自転車ど素人夫婦・ぐり(夫)とぐら(妻)が、07年11月 ジャイアント・エスケープR3を衝動買いしてしまって始まった自転車ライフ。09年1月にはBianchiロード・Via Nirone7 Al/Ca 105 Compactとミニベロ・MiniVelo 7を、そして10年3月GIOS VECCHIO も加わってどこまで行くの?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
2013.01
31
Category : 3本ローラー
201301deta.jpg

201301deta1.jpg

3本ローラーのメニューを変更してみました。
今までは、ケイデンス120縛り10分にメディオインターバルだったのを、ソリアインターバルに。

~5分・アップ~10分・ケイデンス120縛り~3分・ダウン~20秒もがき・60秒ダウン×6セット~5分ダウン

今までの10秒もがき・50秒ダウンは初心者レベルのインターバルトレーニングということだったようで、心拍もあまり上がりませんでした。
20秒もがき・60秒ダウンは中級者レベルだそうで、私がやるとソリア強度の心拍まで上がってしまいます。

インターバルトレーニングはきついか?

実はケイデンス120縛り20分の方が、きついような気もします。だからインターバルしてるのかもしれません。
ただし、120縛りも初めの10分がきつくて、あとの10分が比較的楽になってくるので同じかな??

120縛りを10分してから残り10分をギア1枚重くしてすればトレーニングになりそうですが、あんまりきついとローラーに乗ること自体が億劫になりそうで・・・。

実走について。
今月は雪の影響で、休みの3日がつぶれました。
お天気稼業の自転車乗りには厳しいコンディションでしたね・・・。

来月はお天気に恵まれますように。

ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
2013.01
22
先週は雪の影響で自転車に乗れなかったので、久々の実走です。
しかし、夕方から夜にかけてまた雨か雪という予報。雪はもう勘弁願いたいです。

朝は薄い雲に覆われて、薄日がさす空模様。
ちょっと寒そうな予感がしましたが、9時半スタートということもあって、走り出して30分もすると暑くなってくるほどでした。
風もなく自転車日和。

今日の行き先は、久しぶりに富津方面にでもいってみようかなあ・・・という程度の無計画。
地図を眺めていたら、前に走っていて気になった通りがあったので、ここを通って木更津まで出ようということだけ。

とりあえず東京ドイツ村の前を通過して、久留里街道に入ります。
日陰はまだしっかり雪が残っていて、路肩にも凍りついた残雪があるのでちょっと注意が必要ですね。
なんでもここいらに住んでいる人の話では20cmほど積もったそうなので、ちょっとでも標高が高いとだいぶ違うものですね。

久留里街道を少し進んで、湯名の交差点で県道166号に右折。すぐに県道145号を右折して、富岡小学校方面に左折。
この道が、気になっていた「山ゆり通り」です。

初めて走る道は、やっぱり楽しいです。
実際はなんてことない田舎道ですが、「うわー、ここから登りか」とか「牧場があるのか」とか新鮮な気分で走れます。

実は私がこの道を見つけたのは、反対側・県道33号を通っている時だったのです。
走りながらなんかいい感じの坂があるなあと。

写真でみるとそうでもないけど、肉眼で見るともっと急に見えます
130121b.jpg130121c.jpg


こちら側から走ってくるとあまり急な登りはなかったです。
県道33号まで降りてきて「反対側から走ったほうがのがよかったのかなあ・・・」とか思いながら先に進むと、また登り。
谷のようになっていたのですね。

その登りがこれ
130121d.jpg


体感的には20%もあるようには思えなかったけど,瞬間的に20%の箇所があるのかなあ?

この道をまっすぐ進むと木更津駅に着きますが、途中で国道16号を左折して君津方面へ。
国道16号はしばらく行くと国道127号と名前を変えて、毎度おなじみの鹿野山へと続いてゆきます。

鹿野山といえば、定番のパン屋さん。

またきちゃった かさりんご
130121e.jpg


お使いミッションも完了。
ここから、気分がのれば鹿野山を登ってもいいかなとか思っていたのですが、なんとなく山モードでなかったので富津岬を目指します。

この先に「郡ダム」という小さなダム湖があって、前に行ったときにきれいだったので、郡ダムを経由して向かうことにします。
国道127号を郡交差点で右折すれば郡ダムです。

130121f.jpg


静かな湖畔の森の影からカッコーは鳴いていませんが、キラキラ光る水面を眺めているだけで癒しモードです。

いつまでもこうしていたいのですが、出発します。
と、思ったところでこんな標識を目にします。

130121g.jpg


三舟山?聞いたことないですが行ってみることにします。
展望台でもあって、景色が良い場所に出れるのかなと期待しつつペダルを漕いでいたら、むしろ下り基調。
あれ?いつまでたっても登りません。

で、着いたところはこんなところ
130121h.jpg


遊歩道というかハイキングコースというかそんな感じだったんですね。

なんとなく肩透かしをくらって、もと来た道を戻る気になれずそのまま進みます。
当然あてずっぽうに走ります。

で、案の定、ここから迷走するわけです。
とりあえず、適当に走っていると「富津岬」の標識が出てきたのでそちら方面へ。
しかし、その後に標識は途絶えて、「たぶんここを曲がるんだろうな」という交差点をパス。
こういうときになぜパスするのかが謎なのですが。

そして、大きな建物が見えてきて「富津市役所」の前にきてしまいます。
ここで、やっと携帯でルートの確認をします。今更ですが。

次の交差点を曲がるんだなと思っていた場所まで来ると、「富津岬 右折 郡ダム 直進」の標識。
富津岬は何度も行っているし、特に面白いものもないし「なんかもう富津岬いかなくてもいいや」という気分になって、直進します。

しかし、直進してみたものの、低い山と枯れた田んぼを縫ってゆく景色が続く平坦路。
3本ローラーに乗ってる気分で、淡々とペダルを踏むばかり。

まだ着かないのか郡ダム!といいかげん飽きてきたところで、激坂登場。

またきちゃった郡ダム
130121i.jpg


本日2回目の郡ダムです。
ここから国道に戻り内房線脇をひた走るルートで帰宅。

本日の走行は97.7kmでした。

本当に行き当たりばったりライドになってしまいました。
まあ、たまにはいいか・・・。

うちに戻って、自転車を降りるとツールボックスの蓋がない。
途中、木更津でドリンク補給したときにはあったはず。そこから自転車を折りなかったのでどこで蓋が落ちたのか?
家の近所を少し戻って探しましたがありませんでしたので、諦めましょう。

で、さっそくポチッたのは、シマノPROのこちら
130121j.jpg


白は汚れるので、今度は黒にしました。

130121a.jpg

ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

2013.01
17
東京に7年ぶりの大雪が降った日。
我が町では、朝は雨でした。

せっかくの休みでしたが、雨では自転車に乗れないので買い物に行くことにします。
朝のニュースでは北関東では雪、南関東は雨と言う予報。
雪なんてどうせ降らないだろうと高をくくって、ドノーマルタイヤの愛車で出かけます。

船橋のY’sロードにてお買い物。

イノテック105
130115b.jpg


FINISHLINE プレミアムテフロングリース
130115a.jpg


船橋で買い物が終わって、帰ろうかという頃になると雨は雪に変わっていました。
それでもまだ道路に積もるような勢いはなく、路面が濡れる程度です。

それから幕張のコストコで買い物をして出てきたら、そこは雪国でした。
芝生や木には雪が積もっています。

道路にもシャーベット状の雪がうっすら。
吹雪のような勢いで、空からどんどこ落ちてくる白い悪魔。

なるべく坂がない道を、ゆっくり前の車の轍に沿って帰ってきました。
ほとんどの車が夏タイヤであったようで、時速30km走行のろのろ渋滞。
雪に弱い関東地方なのです。

翌朝、天気は回復し晴天であります。
とは言うものの、路面には雪が残っていてとてもじゃないけど自転車で走るには危険すぎます。
昼までに雪が解ければ、走りに行こうと思います。
午前中はお日様サンサン降り注いで、雪は急速解凍されてゆきました。

さて、午後から走りに行く前に、サクッとハブのグリスアップでもしちゃおうかなと。
昨日このために、決死の思いで買ってきたグリスであります。

ハブのグリスアップは去年2012年2月に行っていると記録してあります。
一度やったことがあるので、ちゃちゃっとできるだろうと・・・。

まず前輪から。
17mmのハブレンチで外します。けど、ハブレンチ1本しかないぞ?ああ、そうだったもう1本は普通のスパナで外したんだっけ??
という具合に完全にやり方忘れてます。

なんとか、レンチでロックナットを外して中を開けます。

グリスは残っているものの、量は減っています。確か前回はデュラグリスを満タンに充填したはずです。
そして、かなりの汚れです。

130115e.jpg130115f.jpg


1年たっていなくてこの状態ということは、予想していませんでした。
思った以上に汚れていますね。

玉押しの汚れも落として見てみると、ひとすじの線がうっすらと。

130115c.jpg


これって虫食いなのか??
でも、片方の玉押しも同じだったのでデフォか??
玉当たりが強すぎた??

そして玉受けにもなにやら不審なでこぼこが。
130115d.jpg


これももう片方の玉受けにもあったので、デフォ?

まあ、この辺はあまり気にしないことにします。
玉受けにグリスを塗って、きれいにしたベアリングをピンセットでつまみ、一個づつ置いてゆきます。
その上からダメ押しでグリスを上塗り。

蓋をして、玉当たり調整も適当。

次に後輪。

後輪はスプロケ外さないとなので、ちょっと面倒です。
私、このスプロケ外すの苦手なんですね。
なんだかググッと力をいれるとスプロケ曲がりそうな気がして・・・。

でも、なんとかスプロケを外すことに成功。
前輪同様、17mmのハブスパナで外します。

後輪はベアリングの径が前輪より大きく数も少ないです。
汚れ具合は前輪同様ですが、グリスの量はやや多めに残っている感じです。

ハブシャフトを抜き、ベアリングを取り出しきれいに拭きます。
グリスを充填して蓋をします。
玉当たりは適当。

外したスプロケも一枚一枚きれいにして組み立てます。
スプロケをつけるのは、レンチでググッと締め付けるだけないでラクチンです。

時刻は12時を回ってしまったので、昼食を食べて一旦休憩。
ついでにタイヤローテーションもしてやろうと思います。

私の使っているタイヤはミシュランPro3レース。
走行が3500kmほどになったので、後輪が台形になってきました。
Pro3はそんにもたないという噂ですが、ローテーションしてまだまだいけそうです。
耐久性にも難ありとのPro3ですが、今のところノーパンクです。

さて、ローテーションしてタイヤもはめたので、自転車に取り付けて走りにゆこうか!!

と、後輪を自転車に取り付けようとしたところ・・・ホイールがはまりません。

なぜ???

なぜなの???

理由がさっぱりわかりません。
もしかしてハブの組み立て方間違えた??

確認してみます。
っていっても、またスプロケ外すところからですか・・・。

苦手なスプロケ外しをして、ハブを分解。
もしかしてスペーサーの順番とか違う??

ネットでちょろっと調べてみますが、よくわかりません。
うーーーん、適当に順番を入れ替えて組んで、スプロケつけて試してみますが、やっぱり入りません。
また、スプロケ外して違う組み合わせでやってみたりするうちに、頭が混乱してなにが正しいのかわからなくなってきます。

いちいちスプロケを外したり付けたりするのも異様に面倒。
もう、シマノのカスタマーセンターに電話して正しい組み合わせを問い合わせちゃいましょう。

ということで、さっそく電話。
家電メーカーのカスタマーはなかなかオペレーターと繋がらないことがよくありますが、シマノはすぐに繋がります。(シマノのカスタマーに電話するのは二度目)

カスタマーさんに組みつけの順番を確認すると、私が組んだやり方で合っていました。
で、こんな会話。

「ハブはどちら側からはずしましたか?」
「フリー側です」
「あっ、それは逆から外さないとだめです」
「でも、硬くて外せなかったんですよね」
「いや、外れますよ」

ロックナットを外すとき、フリーじゃない側からが硬くて外れなかったので、フリー側から外してしまいました。
そして、こう言われます。

「私が思うに、ダストカバーがちゃんとはまっていないんじゃないかと。ダストカバーは外さずにベアリングを取り外してください」

そうなんだ。でも、それじゃあ掃除できないっぽいけどなあ・・・。

しかし、ダストカバーをしっかりはめてみるという新しい発案がでたので、そこで電話を切りトライしてみることに。
やってみると、前とあまり変わらないような気もしますけど。

・・・やっぱり同じでした。
うーーーん、もうこうなったら自転車屋に持ち込むしかないのか??

ふと、思いつきます。
もしかして、シャフトの入れる向きが逆??

フリー側から抜いたんだから、フリー側から入れないといけないのに、逆から入れていました。
やってみるとビンゴ!!

あーあ、この数時間、なにをやっていたのでしょうか・・・。


メカ音痴 ここに極まる


ということで、すっかり3時を過ぎていて、これから走りに行こうなどとは思いませんでした。
せっかくの連休だったのですが、自転車にはまったく乗れませんでした・・・。

その後、RS80の展開図を発見したので、備忘録として貼っておきます。

RS80 FRS80 R


ハブグリスアップ    2013.1.15
タイヤローテーション  17、604km


ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

2013.01
15
Category : 自転車雑談
「じこまん」玉井雪雄 著 読みました。

130115.jpg

自転車にはまってゆき、のめり込んでゆく過程を追ってゆくマンガであります。

この手のマンガって、いわゆる初心者向きに書かれたものが多いのですが、本書はすでに自転車界の住人でも面白く読めると思います。

佐渡ロングライド、MtFUJIヒルクライム、JAPAN CUPなど定番イベントの話題や、ウエア、減量、事故にあわないためのことなど自転車乗りの身近な話題も取り揃えております。

お勧め本ですが、表紙がアレですね・・・。

ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

2013.01
11
Category : 自転車雑談
「追い風ライダー」米津一成 著 読みました。

130107i.jpg


短編小説集です。
それぞれの話の主人公が自転車に乗っています。
小説なので自転車はあくまでも小道具ですが、主人公達は自転車にのめり込んでゆく、あるいはのめり込んでいるので、自転車が準主役といってもいいかもしれません。

この小説は、誰に向けて書かれているのでしょうか?
自転車に興味のない人が読んで、おもしろいと思うか疑問です。
自転車にすでにハマッている人には物足りないかもしれません。

つまり、自転車に興味があるけどまだ乗っていない人や、自転車に乗り始めたばかりの人には面白く読めるのかもしれません。
まあ、「追い風ライダー」というタイトルでこの本を手に取る人なんだから、まったく自転車に興味のない人は読まないか・・・。

肩肘張らずにスラスラ読めてしまいます。つまらないTVドラマを眺めているよりは、いいかも。話の内容がご都合主義なところは、ご愛嬌。


ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


2013.01
08
このお正月は自転車で出掛けるのを躊躇するような、風の強い日が多かったです。
しかし、ここ最近は落ち着いてきて、7日月曜日も「晴れ時々曇り」で無風というまずまずのコンディション。
こうなると出動しないわけにはいきません。

とはいうもののこの季節、早朝は寒いです。
太陽が顔を出してしばらくは、空気も路面も凍てついていて走れたものではありません。

9時半すぎて、ようやく家を出ます。
久しぶりに大福山でも登ってみようかという気になりますが、それだとこのところ毎週のように通っている高滝湖を通過しなければなりません。
なんだか高滝湖はもう飽き飽きっていう気分だったので、東京ドイツ村まわり久留里街道経由で大福山にアプローチしようと思います。

自転車ブログなどでは、同じコースを毎回のように走っておられる方もお見受けしますが、私は飽きっぽいのかどうも違う道、走ったことがない道を選んでしまいます。
今回も、県道160号と県道32号を繋ぐ道が未走だったため、ここを走ってみようという目的もあります。

走り出しはちょっと寒いかなと思ったのですが、身体が温まってくるとちょうどよい感じになってきます。
日差しがあると、暖かかさを体感できます。
この日は太陽が雲に隠れたり、出てきたりと気まぐれだったので、体感気温がありありと変化します。お天道様のありがたみを感じるのです。

高速道路・館山道の側道からドイツ村に向けてゴルフ場の合間を抜けてゆきます。
久留里街道に入って開けた田園から富士山が見えるかと思ったのですが、今回は雲に隠れて姿を拝めませんでした。

三田から県道160号に入ります。
枯れた色した山や田んぼを眺めながら進んでゆきます。
途中、セメント工場との分岐で、県道160号から離脱。県道160号はセメント工場から長い上りになるので、まだまだ楽できます。

この道が未走区間です、
まあ、どこにでもある田舎道といってしまえばそれまでですが。

しかし、セピア色の枯れた野山のなかを走るのもまた「いとおかし」であります。
冬には冬の景色があるのです。
同じ場所なのに春や夏の生命力あふれる姿だったり、秋や冬の哀愁漂う姿をみれるのも自転車を趣味にしている人の特権かもしれません。

県道32号に入って、上りが始まります。
ヒイコラ言いながら、のんびり登っていきます。

そんなときに、林道を発見
130107a.jpg

こんな林道があったのか。
でも、今回はこの林道がどこに繋がっているのか不明なので、次回の課題にとっておくことにします。

しばらく進むと、大福山につづく林道養老線の入り口です。
ゆるゆると行くんです。

この林道養老線は登りっぱなしではなく、斜度もそれほとないので比較的楽です。
舗装もきれいでときより開けた場所から、山の連なりなども見渡せます。

するとまた林道の入り口を発見
130107b.jpg

なんとさっきの林道長者線の出口でした。
これは次回、トライしてみなきゃですね。

アップダウンを繰り返し、やってきました大福山山頂。
130107c.jpg


この頃は太陽が雲から出てきて、暖かかったです。
東屋でちょっと休憩します。

誰もいません。
広がる山々とカラスや名前のわからない鳥のさえずり。
目の前の笹がカサカサと風に揺れる音。

遠くで銃声が一発。
猟の季節のようです。

直射日光が冬の日差しとは思えないほど強く、ジリジリと身体を焼いてゆきます。
冷たい風が頬を伝って、気持ちが良いです。

いつまでもこうしていたいのですが、そろそろ下山します。
下りは養老渓谷駅へ。

こちら側は、道も狭く急で木が覆いかぶさって影になり寒いです。
風を切っ下るので、今まで暖まっていたのが一気に吹き飛んでしまいました。

養老渓谷駅まで降りてきて、この辺でお昼。
以前、行ったことがあるラーメン屋さんへ。
この周辺にはあまりお昼を食べれれる所が少ないので貴重です。

130107d.jpg


冷えた身体には暖かいラーメンが最高のご馳走です。
本当は「タンメン」を頼んだつもりだったのですが、口をついたのが「タンタンメン」。まあいいか。

タンタンメン
130107e.jpg


出てきたのは、一般的なタンタンメンというより、タンメンの辛いスープっていう感じ。
もともとタンメンモードだったので、結果オーライ。
しかし、器が巨大だなあ。量は普通より多めだと思われます。

お昼も済ませて、ここからどうしよう?
天候次第でこのまま清澄養老ラインでまっすぐ帰ろうかとも思っていたのですが、天気も良いし大多喜まで足を伸ばしてみます。

養老渓谷温泉街を抜けて、国道465号に入り大多喜方面へハンドルを切ります。
老川の交差点から少し登ると後はしばらく下り。
気持ちよくダウンヒルを楽しみます。

いすみ鉄道沿いに走り、黒原で橋を渡ります。
夷隅川がゆっくりと流れています。

なんだか好きな夷隅川
130107f.jpg


国道297号に入って、千葉方面に舵を取ります。
現れるのが、道の駅たけゆらの里おおたき。

また来ちゃった
130107g.jpg


ここにきたらソフトクリームを食べるのが掟です。
濃厚ソフトを堪能します。

さて、大多喜からどうやって帰ろうか??
帰り道というのは、いつも迷います。なるべく楽して帰りたい、登りがないルートはどこだろうと考えながら。

候補は、県道150号で睦沢から長南経由。または、県道27号から県道147号に入って長南経由。
これらのコースでは、大多喜街道の七曲の坂を登らなくて済みます。

あるいは、大多喜街道をそのまままっすぐ帰るという手もあります。七曲の坂を登ることになりますが、そのあとは下り基調です。
追い風っぽかったので、大多喜街道で帰ろうかなとか。
なんて走っていたら、追い風ではなくなって横風。これじゃあ、だめだなあ・・・どうしよう?

と、考えながら気が進まないまままっすぐ大多喜街道で七曲の坂を登っていました。
そして、県道171号で鶴舞公園方面へ。ここもまた坂があって、気が進まないまま登り始めます。
なんでかなあ・・・とか思いつつ、ウグイスライン基点の原田交差点まできて、また気の進まぬままウグイスラインの登りをエッチラ。

坂は登る前は億劫なのですが、登ってみればなんとか登りきれちゃうんですけどね。

本日の走行は、100.74km。
午後から雲が出て寒くなってしまいましたが、まずまずの自転車日和でした。

130107h.jpg


ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

2013.01
05
Category : 自転車雑談
日本経済新聞 電子版より

130105.jpg


もしかして、コンタドールやシュレック兄弟が生で見れる??


ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

2013.01
03
新年、あけましておめでとうございます。
本年も、よろしくお願いいたします。

暮れから新年にかけての暴飲暴食がたたって、なんとなく体調がすぐれません。
明らかに運動不足に違いありません。

今日、3日を逃すと明日からまた仕事になってしまうので、自転車に乗れる時間がとれません。
なので、走り初めをするなら3日かなと思っていたのですが・・・。

朝起きると、風が強いです。
この風の中を走るのはぞっとしないので、走るのは諦めました。

TVを観たりダラダラしていて、また眠くなったので二度寝です。
そして起きたら12時過ぎ。

外はまだ風が強いようですが、天気は良くて太陽がサンサンと輝いております。
少し悩みましたが、重い腰を上げてでかかる準備をしてみます。

そして、1時前に自宅を出発。
確かに風はありますが、暮れに走り納めしたときと同じように、行きはよいよい追い風、帰りはこわい向かい風パターンです。

いつものように、ウグイスライン川在交差点まで。
ここから気分が乗れば高滝湖、嫌になったらウグイスライン・大仏通りでお茶を濁そうと考えます。

さすがに正月も3日でお休みの人が多いようで、いつもは見かけないローディーさんと何人かすれ違いました。
平日ライダーだと気づきませんが、ここいらもローディー人口多いんですね。

で、川在から原田交差点方面に。
風向きが良く、疲れ知らずで来ちゃったので気分よく高滝周りを選択しました。

原田まで降りて、そのまま鶴舞公園を通過して国道297号へ。
すぐにゾウの国方面へ右折して、高滝湖です。

高滝湖には船を浮かべて釣りをしている人たちが何艘か見えました。
こんな寒いのに、ご苦労さんな事ですね。とお互いに思われてるんでしょうけど。

高滝には高滝神社があります。
平安時代末の壮健という古社です。
初詣の参拝者が並ぶほど多ければ帰ってしまおうと思っていたのですが、人出はあるものの並ぶほどでもなかったので、お参りをさせていただきました。

さて、ここからは帰り道。
想定通りの向かい風です。

小湊鉄道の上総久保駅、上総川間駅を通過して、上総牛久まで。
そこから市原中央高校に出る林道経由で風に向かってジワジワ帰ってきました。

本日の走行は、52.19km。


風が強く後半陽も陰ってしまいましたが、やっぱり運動すると気持ちいいですね。



ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村