RSS
Admin
Archives

ぐりとぐらの本日も自転車日和なり

素人チャリダー夫婦の自転車生活あっちこっち

プロフィール

ぐりとぐら

Author:ぐりとぐら
自転車ど素人夫婦・ぐり(夫)とぐら(妻)が、07年11月 ジャイアント・エスケープR3を衝動買いしてしまって始まった自転車ライフ。09年1月にはBianchiロード・Via Nirone7 Al/Ca 105 Compactとミニベロ・MiniVelo 7を、そして10年3月GIOS VECCHIO も加わってどこまで行くの?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
2012.09
30
Category : 3本ローラー
1209date.jpg

1209deta2.jpg

今月は、我が家のローラー特設スタジオであるベランダの塗装やチェーンの交換などでローラーがあまり乗れませんでした。

ロードは、まるおさんと行った200kmが効いてますね。

ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
2012.09
28
前回チェーンを交換してから、8,000km以上走ってしまったので、交換することにしました。
といっても今のチェーンには、体感的にはなんの不具合もないのですが・・・。

そして、チェーンを交換するときに、巷で話題のオイル・innotech105を試してみようと思っていました。
このinnotech105は、純粋にオイルというよりは、コーティング剤に近い性質のようです。

私のお知り合いやお知り合い以外のブロガーさんの評価も、すこぶる良好なので楽しみです。
なんでも、ウエットの感触なのに触っても汚れない。1回の注油で300km以上、なかには1,000kmも走れるという話もあったりします。

もともと、ウエット系オイル好きな私には、夢のようなオイル。
今使っている、タクリーノも感触・オイル持ちについては気に入っているのですが、いかんせん汚れがひどい。

今回交換するチェーンは5600系105
120928.jpg


チェーンを交換するときに、グレードアップされるかたは多いですが、私のピンチェレ号のコンポは5600系105なので、チェーンもそろえました。
初めてチェーンを交換したときに、5700系105のチェーンに交換したのですが、なんとなく調子が悪かったです。
まあ、チェーンの長さとかもミスったので、そういう要因が大きいのだと思います。

が、自転車屋さんいわく、
「5600系のコンポには5600系のチェーンが相性がいい」
ということも言われて、至極納得した覚えがあります。

というわけで、チェーンはこれでいいのだ。

さてと、チェーンを交換する前に、innotech105を塗布しなければいけません。
このinnotech105は、普通のチェーンオイルのようにすればいいというわけではありません。

手順は、チェーンを完全に脱脂して乾燥させ、innotech105を塗布。
そのまま24時間乾燥させるということなのです。

私は、念には念を入れてパーツクリーナーで新品のチェーンを脱脂して、ハンガーにつるし一晩乾燥させました。
それから、innotech105を6時間どぶづけ。
実は、この時、あまりつけ過ぎると乾燥に時間が掛かるから、ほどほどでいいということを後から知りました。
どぶづけしたinnotech105を、ハンガーに2晩と6時間ほど乾燥させます。

その結果、チェーンに触ると少しべたついますが手は汚れません。
チェーンを切って、取り付けます。

実は、同時進行でスプロケもばらして、innotech105を塗っておきました。
ピカピカチェーンとスプロケです。

ここで、問題発生。
チェーンを取り付けるとき、アンプルピンを押し込みますよね。
前にチェーン交換したときには、押し込むと自然に先端が折れたんです。
今回もそうだろうとグイグイ押し込んでも、ピンの先端が折れません。

ペンチなどで先端を折ると説明書にはあるので、ペンチでギュッ折ろうとしますが、びくともしません。
あんまりやると、チェーンのリンクが曲がりそうだし。

押し込みが足りないのか??
ちょっとづつ、押し込むと・・・

ポロッ

あああ・・・・

反対側に落ちちゃいました。

それは、どうしよう・・・。
予備のアンプルピンないし・・・。

再利用。
また、グイグイ押し込んで、ペンチで折るのですが、折れない。
なんでこんなに硬いの??

気合でぐいっとやったら、折れました。
ヤレヤレ。

でも、一度使ったアンプルピンを再利用って、大丈夫なのかなあ??

ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


2012.09
24
久々にぐらがロードに乗ることに。
前回、いつロードに乗ったんだっけ??
忘れちゃうくらい前です。調べてみたら4月以来なんですね。実に5ヶ月ぶり。

ということで、ロード回復走というわけで、近場を行きます。
ぐらがかねてから行きたいと言っていた茂原辺りが妥当ではないかということで、茂原ポタ決定です。

秋分も過ぎてやっと猛暑も収まったところではありますが、太陽光線はまだまだ元気。
信号待ちなどで止まっていると、日差しがジリジリと刺してきます。しかし、かつての勢いはなく、走っていればさわやかな風を感じることが出来る自転車日和でした。

茂原までは自宅から30km弱なので、ゆっくり家をでます。
スピード抑え目で、ポタポタと秋の気配が感じられる空のもと走り出します。

毎度おなじみうぐいすラインの川在まで走って、そのまま県道13号で茂原を目指します。
この辺りまでくると、車もぐっと減ってのんびり田舎道を走れます。

120924a.jpg


目に入る色は、木々の緑と空の青。
稲刈りはすっかり終わっていて、さっぱりとした田んぼに秋の高い空がもの哀しさを引き立てます。
なのに、まだセミが元気に鳴いているのが、ミスマッチでした。

120924b.jpg


茂原の街に近づいて、もうすぐ茂原公園というところでぐらの「ストップ」の掛け声が響き渡ります。

「おだんご」というのぼりに反応したようです。
私はこの道は、幾度となく通っていますが、こののぼりに気づいたことはありませんでした。
というのは、ここを通過する時間はいつも早朝が多いから??でしょうか。それとも「おだんご」というワードをスルーしていたのかもしれません。

三矢菓子店
120924c.jpg


和菓子屋さんですね。
季節柄、おはぎがおいしそうだったのでひとついただきました。

120924d.jpg


甘すぎず、とってもお上品なお味でした。

そして、このポスターに食いついたぐら
120924e.jpg

当然、ご購入
120924f.jpg


ピーナツの餡ということで、さすが王国。

茂原公園で一休み
120924g.jpg


茂原駅に行ったことがないというぐらのために、駅まで。
120924h.jpg


茂原まできた一番の目的は、おいしいたい焼き屋さんがあるという情報を聞きつけたからなのです。
ということで、たい焼きの店「仲屋」さんを捜索。
駅前の近隣商店がのっている地図で場所を確認して行ってみますと・・・。

120924i.jpg


な、な。なんとお休み。
定休日は、火曜日のはず。なんでお休みなのお・・・。

がっくしのぐら。
でも、家に帰ってから調べたら、営業時間が12時~4時半じゃないですか!!
このときは11時だったので、まだ開店時間前ってことだったみたいです。

というわけで、最大の目標を失って糸が切れたタコのようなぐらの頭の中で、高速回転する脳細胞。

「茂原といえば、とんかつ!!」

なんだそうで、茂原にはおいしいとんかつ屋さんがあるらしい。
ネットで住所を調べて、目標変更です。

ちょっと迷いながらも、たどり着けました。

豚食健美 優膳
120924j.jpg


こじゃれた店内。気持ちの良い接客。なかなか良い感じ。
120924l.jpg

まず出てきたのが、山盛りのキャベツとおしんこ三点盛り
120924k.jpg


ぐらはロースカツ定食
120924n.jpg


私は、ヒレカツとコーンクリームコロッケ定食
120924m.jpg


サックサクでおいしいかったです。
12時頃にはどんどんお客さんが入ってきます。

食後のコーヒーとメニューにはなかったデザートも頂いて満足満足です。

お腹も120%膨れて、元気100倍です。

ここから単純に引き返す予定でしたが、時間も早いし暑くもないので長南経由で帰ることにします。

県道84号から茂原公園まで戻って、県道27号で給田。そこから県道148号。

のんびりした景色。気持ちよく走れます。
120924o.jpg


自転車に乗るようになってから、毎週のように森林浴や海を見たり、田んぼの中を走ったりしています。この風景が生活の一部になっています。
こういう風景をみることが、精神衛生上とてもいいことだと実感した今日でした。

自転車と人車一体となって、路上をすべるように進む快感。
流れる自然と風の感覚。
自分の鼓動と呼吸がリズムを刻んで身体の中で弾む。

国道409号に入って、牛久を目指します。
ここから、自宅まで幾つかルートがあるのですが、なるべく坂を登らないコースがいいと悩むところです。

先日発見した平地コースを試してみることにしました。
このコース、坂はあまりないのですがちょっと遠回りになるのです。

でも、登るよりはいいかという気持ちで、行ってみました。
・・・が、結構登りもありました。遠回りをした上に、登りもあるとは・・・。
この道は、養老渓谷方面からの帰りにしか使えないかな。

とはいうものの、登りの難易度としては低くそこをクリアしてしまえば、下りか平地です。
光風台まで戻ってきたところで、ボトルが空に。

どこかで飲みものを補給したいと思っていたら、「新風堂で今日はチーズケーキが半額だった」とぐらが思い出して寄ることにしました。

新風堂
120924p.jpg


ところが・・・
120924q.jpg


なんと売り切れ。
たい焼き屋につづいてがっくしです。

やけくそで、今晩のおかずにソーセージとワインを買ってしまいました。
あの・・・チーバック今日は背負ってないんですけど。

こんな状態
120924s.jpg120924r.jpg


ワインをボトルゲージにとは、どんだけのん兵衛なの。
ビンなので、ソロソロ帰りますよ。

本日の走行は、77.35km。

ぐらは久々のロードでしたが、問題なくなかなか良いペースで走っていました。
距離も自己歴代3位くらい出たようです。

冬眠する前に、もう少しロードにも乗らなきゃなんじゃないんでしょうか。


120924x.jpg


ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

2012.09
18
千葉の自転車ブロガーが集結して、銚子をポタってきました。
今回の幹事・penta&あきさんトッシー&ハルルさんnobsun3さんと私達ぐりとぐら&おはるさんの総勢8名。ブロガーが終結したというか、いつものメンバーじゃん・・・。

実は、新たにはるかぜ&娘さん、ブルペSR取得者I部長も参加される予定だったのですが、はるかぜさんはご都合がつかず、I部長は集合場所まで50kmほど自走中にアクシデントがありDNSとなってしましました。
新しいお仲間と走れることを楽しみにしていたのですが、次の機会に是非ご一緒できること願っております。

集合場所の銚子市青少年文化会館に集まって、自転車をセッテイングします。
この日は、関東地方全般に不安定な天候だったのですが、ここ銚子だけはピーカンのギラギラ太陽。真夏の青空です。千葉チームの晴れ晴れパワーは素晴らしいです。
しかし、暑すぎます。日焼け止めを塗りたくり、お肌の準備も抜かりなく。
ダラダラとおしゃべりしながら、なかなかスタートしません。

集合写真
120917c.jpg


本日の出動車両は、フォールディングバイクのオンパレード
120917a.jpg


我が家だけ、クロスのぐりぐら号とビアンキミニベロ号
120917b.jpg


ぼちぼち、いくべ~かあ~という感じで、pentaさんを先頭に走りだします。
まずは、銚子電鉄・しあわせ三像のひとつがある仲ノ町駅へ。

しあわせ三像ってなに?と思いましたが、こういうことだそうです。

ゲーム会社ハドソンの人気ソフト「桃太郎鉄道」の発売20周年を記念して、経営難にあえぐ銚子電鉄の支援活動として桃鉄の貧乏神キャラクターをモチーフにした「しあわせ三像」という石像三体を設置したということです。

仲ノ町駅には、貧乏神の上に猿が乗っていて「ビンボーがサル」ということです。
120917d.jpg120917e.jpg


仲ノ町駅は醤油工場の脇にあって、香ばしい香りがプンプン漂っていました。

そして、その工場に潜入です。

ヤマサ醤油工場
120917f.jpg


ここで頂くのが、ショウユソフトなのですが、3種類あって、しょうゆソフト・ミックスソフト(しゅうゆ&バニラ)・バニラカップ特製しょうゆソース。
ちょうど我が家は3人で参加していたので、3種類頼みました。

120917g.jpg


しょうゆソフトは、思ったよりしょうゆの味が強くなかったです。バニラカップのしょうゆソースはそれだけで食べると濃すぎて、しょうゆ好きの方ならこたえられないかもしれません。
ソフトクリームが溶けてきて、特製ソースとバニラが混じると普通のしょうゆソフトになりました。

観光客っぽくパチリ
120917h.jpg120917i.jpg


シャッターを押してくれた売店のお姉さんが「はい、ヤマサ~」とおちゃめしてくれました。

しょうゆ工場を後にして、銚子の街へ。

龍泉堂という最中のおいしいお店だそうです。
つぼの形をしたつぼ最中とどら焼きをゲットします。しかし、炎天下の銚子の街を最中を持って歩くのは危険ですので、お店に取り置きさせていただきました。

お昼にはちょっと早かったのですが、大人気中華屋さんに行く予定で、お昼に近づくにつれ混雑してしまうということで、開店時間すぐに行ってみることに。

大塚支店
120917k.jpg


休日だったからか、ガラガラの店内に陣取ります。
名物のワンタンをチョイス。

120917l.jpg


昔ながらの醤油味のスープに、大きなワンタン。甘めの味付けの餡が醤油味のしょっぱさにマッチして美味しいです。
すごく美味しいです。ここはまた近いうちに食べたいなあ。

ワンタンといえば、おやつ的な感覚と思われがちですが、男子なら昼食として腹八分目?くらいの量。女子には多すぎという感じでしょうか。今回参加の女性陣は皆さん食べ切れなかったです。
ワンタンと並び名物なのが、シュウマイ。このシュウマイも大きい。やっぱり甘い味付けでした。美味しい美味しい。

120917m.jpg


私達が店を出る12時頃になると、お店も混雑してきてやっぱり人気店なんですね。
ちなみに大塚支店。支店ってことは本店もあるのか??お店の人に尋ねてみたところ、本店もあったけれど現在はもうなくなってしまったということでした。
また、街を走っているときに大塚分店というのを発見。他にも大塚○○店というのが存在するのでしょうか??

お腹も膨れて、出発進行。
さて、次はどこゆくの??

さのや
120917n.jpg


あのお・・・いまお昼食べたばかりなんですけど。

大判焼きのお店です。
炎天下の銚子の街で熱々の大判焼き。

120917o.jpg


まあ、3人で1個くらいなら食べられるか。味見もしてみたいしと思っていたら、なぜか2個注文されていて熱々の白餡・黒餡の大判焼きを食べることになってしまいました。
が、香ばしい皮にしっかりした餡子。確かに美味しい。白餡も黒餡もそれぞれ美味しかったです。けど、もうこれ以上胃袋にはなにも入らないからね。

ここから少し腹ごなしという感じで、海沿いの道を行きます。
海が見えると、やっぱりテンションがあがります。
台風が接近しているからか、波は荒いです。

120917p.jpg


そして、向かった先は、嘉平屋さんという練りもののお店。
カレーボウルという白身の魚にカレーが混ぜてあるボウル状の練りものがここの名物だそうです。

お腹がいっぱいな癖に、ついつい試食をしてしまう、いやしんぼな私。
ここで、いろんな練りものがパックになっているお得セットを買って、背中にしょったチーバックに詰め込みます。もちろん保冷財入り保冷バックに入れて。
お土産を持ち帰る手はずは、パーフェクトなぐら。それを背負うのは私の役目なのですけど・・・。

ここから、ちょっと走るとハーブガーデン。

120917q.jpg


ハーブが激安で売っていましたが、自転車で持ち帰るわけにもいかず、涙を飲んで諦めたようです・・・ぐらが。
あ~あ、良かった。

住宅街の小道を抜けて、笠上黒生駅へ。
しあわせ三像の二つ目。貧乏神の上に鳥が乗って「ビンボーをトリ」

120917r.jpg120917s.jpg


ちょうど、銚子電鉄がやってきました。

120917t.jpg120917u.jpg


この銚子電鉄、電車なんですね。千葉のローカル線、小湊鉄道もいすみ鉄道も久留里線もディーゼル列車です。
まあ、銚子デンテツなんだから、電車というのは当たり前なんですけど。

ここから海へ降りてゆきます
120917u1.jpg


8人列車は壮観
120917v.jpg


犬吠埼も見えます
120917w.jpg

そして、ちょっときつめの坂が現れます。
「もっとギアを~」とゲーテのような魂の言葉をつぶやきながら、最後の坂を登りきったあきさん。

その先にあったものは・・・
120917x.jpg


ペンギンでした。
うだっていました・・・。
120917y.jpg


ここには足湯があって、一息つこうという趣向だったのですが、真夏の青空。
炎天下で太陽にジリジリと照らされながら、足元からポカポカと温められるのはぞっとしないだろうと躊躇する一同。

所在なげにホテルのロビーをうろうろしたりしながら、なんとなく気になって足湯の様子をのぞいてみます。
やっぱり誰もいない・・・。

でも、このホテルは高台にあるので、風がさわやかでした。
ということで、私達ぐりとぐらが先陣を切って、足湯に特攻してみます。

おーー、暖かい。

なんとも気持ちよいです。
日差しはあるものの、心地よい風も吹いていてそれほど暑くないです。
そんな私達を見てか、他のお客さんも足湯にイン。
続いて、nobsun3さんも、トッシーさんも、ハルルさんもと・・・。

結局、皆んなで足湯でいい湯だなあ~
120917z.jpg

足湯につかっただけで、なんとなく身も心もリフレッシュして、犬吠駅へ。

しあわせ三像・三つ目
120917z2.jpg

貧乏神の上に犬が乗って「ビンボーがイヌ」
この犬、なんか猫っぽい。
120917z3.jpg



ここでも駅の売店などを冷やかして、銚子名物・ぬれ煎餅のイシガミ。

120917z4.jpg


試食&試食。そしてぬれ煎餅もチーバックへ吸い込まれてゆきます。
もうリュックは満員です。

そしてまた海沿いの道。
屏風ヶ浦が見渡せる銚子マリーナへ。

120917_1515^00


釣りをする人がいるなか、まだ泳いでいる人がいました。
もう9月も半ばすぎてるんですけどね。

しばらく海を見ながら、まったりと佇んでいました。

また、走り出して銚子の街へ。
私は方向が音痴なので、いまいちどこをどう走っているのか、よくわからないのですがとにかくついてゆくと、ぐらが予約していたベーグル屋さん。

クロッチョカフェ
120917z5.jpg


ここのベーグルはあらかじめ予約しておかないと、なかなか手に入らないんだそうで。

朝,おとり置きしてもらっている最中屋さんに行って、輪行してきたnobsun3は電車の時間があるということで、ここでお別れです。

他の皆さんは、さきほど試食だけした嘉平屋さんで改めてお土産を買ったり
120917z6.jpg


ぐらだけは、めざとくパン屋をみつけてこっそり買ったり
120917z7.jpg


というわけで、自転車はこういう状態です
120917z8.jpg120917z9.jpg


おはるさん以外の、全員がこういう買い物車仕様になっていました。

スタート地点銚子市青少年文化会館に戻ってきて、今回のポタリングは終了。
本日の走行は、27kmでした。

誰かさんと違って、危なげなく(あたりまえか!!)ガイドしてくださったpentaさん、お疲れ様でした。
また、今回ご一緒いただいた皆さん、ありがとうございました。

よその地域が悪天候の中、これだけ見事に晴れたのは、日ごろの皆様の行いのおかげですね。
また青空ポタに出かけましょう~。





ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

2012.09
13
横浜からまるおさんが、海を越えて房総へやってくるというお話を聞いて、ご一緒させていただきました。
とりあえず、地元民である私がコースアレンジ&ガイド役を買って出ます。
天才的方向音痴である私ですので、何が飛び出すかわからないミステリーツアーへようこそ!!

せっかくはるばるおいでいただくので、のんびりとした南房総の道とB級グルメを堪能していただけるようレイアウトしてみます。
他県から房総にくるサイクリストは、どうしても海沿いをぐるっと走るコースをとることが多いようです。
千葉県は海に囲まれていますが、実は海を見ながら走れる道はごく一部です。

そして、海沿いの道は比較的交通量もあり、自転車では走りづらかったりもします。
地元サイクリストは、海沿いよりも内陸を走ることが多いです。内陸の方が自転車で走るには絶好な条件を満たしている場合がほとんどです。
今回は、そんなのんびり田舎道をポタリングしてもらえればと思うところです。

今回のルート


まるおさんは、東京湾フェリーで久里浜から金谷に上陸するとのこと。
金谷着9時の船だというので、私は8時半に金谷に着くように5時半に家を出ます。
我が家から金谷までは55kmあり、万が一アクシデントなどあっても3時間あればたどり着けるだろうということです。

朝はまだ、気温も低く走りやすいです。
天気も上々。ポタリング日和になりそうです。

快調に走って、特にトラブルにも見舞われず、金谷には7時半過ぎに到着してしまいました。

金谷港と鋸山
120911b.jpg120911c.jpg


時間があったので、以前からクランクを回すとコツコツと異音がするので、原因を探るべく携帯用工具で怪しいと思う箇所を増し締めしてゆきます。
すると、クランクの軸のねじがなんの抵抗もなくスルスルと回ってしまいます。

あれれ・・・。危ない危ない。

普段からの整備は、怠ってはいけませんね。
結局、ここを強く締めましたが、異音は直らなかったのですが・・・。

そんなことをしてる間に、まるおさんを乗せた船が港に入ってきました。

120911d.jpg

かなや丸
120911e.jpg

そして、元気よくまるおさんが船から飛び出してきました。
120911f.jpg


まるおさんとアンカー号
120911g.jpg


まるおさん、開口一番「くれぐれも、ゆっくりペースでお願いします」と。

???

私は、ポタリニストなので、もともとゆっくりペースでございます。
ツイッターであらぬ噂が流れたようで・・・。

というわけで、のんびりポタスタート。
まずは、竹岡方面へ北上します。

この辺りは海がきれいに見渡せます。
キラキラ光る海に、白い雲がかかって美しいです。
この区間の景色はいいですね~。

個人的に好きなパワースポットである黄金井戸・ヒカリモ群生地をご案内します。
国指定天然記念物であるヒカリモ。3月から5月には外光を反射して光るそうです。
ひっそりとしたたたずまいと神秘的な空間は、一度訪れてみる価値はあると思います。

さらに北上します。
竹岡ラーメンの二大有名店を通過しながら、上総湊を鹿野山方面へ右折。
といっても、今日は登りはなしです。

鹿野山へのアプローチ口である更和のコンビニでドリンク補給した後、もみじロードへ進みます。
もみじロードは、その名の通り志駒川沿いにカエデの木が植えてあって、紅葉の季節になると見事に紅く染まった「もみじロード」になるのです。
しかし、今回は緑のカエデロードでした。

とはいっても、程よい(?)アップダウンと圧倒的に少ない交通量。こじんまりとした山と鳥のさえずり、せみの声。
自転車を走らせるには、なかなかいい道だと思うのです。

まるおさんが軽く登りをクリアしながら「ここから先が、本格的な登りですか?」と。
いえいえ、千葉には本格的な登りはありません・・・。
このような細かいアップダウンが続くだけなんです。
さすが神奈川のサイクリストは、坂に対する心構えが違いますね。

細かく登ったり下ったりしながら、もみじロードは長狭街道にぶつかります。
そこはすでに横根峠は過ぎた場所なので、2つくらい坂を越えるとあとはずーーーっと下りです。

まるおさんは、下りになると漕がなくても誰よりも速く走れる体質をお持ちだそうで、私は漕ぎを入れながら滑降します。
バビューンと下りって、勝浦タンタン麺発祥の店などご案内していると、ここでミラクル。

なぜか、魚が2匹路上に落ちていました。
長狭街道は何度も走っていますが、魚が落ちているのは初めてみました。
やはりまるおさんは魚を呼ぶのでしょうか

長狭街道から、国道410号を右折。
酪農の里へ向かいます。

酪農の里は、戦国時代に軍馬を育てるために作られた日本で最初の牧場です。
ここのソフトクリームがおいしいんです。

しかし、ソフトクリームにありつくには坂を登らないといけないんですね。
しかも、だいぶ登ります。この日一番の登りでした。

酪農の里
120911h.jpg


お目当てのソフトクリーム 巨大で濃厚~
120911i.jpg


冷房の効いた部屋で、ソフトクリームをペロペロしていると、もう動きたくなくなってしまいます。
しかし、自分の足で漕がないといつまでたっても進まないので、後ろ髪引かれる思いでリスタート。

国道410号を下って、県道89号へ。
少し進むと分かれ道。

・・・別れ道?そんなのあったっけ??
一瞬躊躇しますが、たぶん右でいいと思います。
すると山道です。

坂を登りながら、この道で良かったのかなあ・・・とちょっと思い直したりします。
ミステリーツアーの ヨ・カ・ン・・・。

この登っている坂も、以前きた時よりもきつくない気がします。
確かもっともっときつかったはず??
おかしいなあ・・・と思いつつも、ピークにきてしまってグワーーーんと下り始めます。

下りながら、嫌な予感は収まらず、あるカーブで停車。
まるおさんが「いや~、この道は気持ちいいですねえ~」とダウンヒルを満喫している様子。

「あのお・・・道、間違えたかも・・・」
まるおさん、一瞬凍りついて「えっ」絶句です。

「もしかして、この坂を戻るんですかあ・・・。ちょっと泣いちゃいますよお」
気持ちの良いダウンヒルであればあるほど、ひっくりかえせば登りはきついということですよね。しかも、下ってきた道を引き返すのは尚のこと精神的にショックが大きいです。心がポッキリ折れちゃうパターンです。

ミステリーツアー、今回も炸裂か!!??
新たなる伝説をつくるのか??!!

こんな方向音痴なのに、まともな地図を持ち合わせていないワイルドな私。
まるおさんのスマホで現在位置を確認してもらうと、コースミスは私の勘違いでした。

以前、娘とビンゴバーガーに行ったとき、娘が熱中症になってへたり込んだ坂道の感じと、この坂道がそっくりに思えたので間違えてしまったのです。
とりあえず、Uターンという最悪の結果は回避できました。
まるおさん、ひやひやさせて申し訳ありませんでした。

一度そんなことがあると、「この道でいいんだよなあ??」とどこを走っても自分が信じられない自問自答、疑心暗鬼。
しかし、なんとかビンゴバーガーにたどり着くことが出来ました。

120911j.jpg


私は今回、ベーコンバーガーをチョイス
120911k.jpg


まるおさんには、パテ2枚・Wチーズ・ベーコン入りのスーパービンゴバーガーを食べていただきたかったのですが、ご本人いわく「意外と小食なんです」とのことで、ベーシックにビンゴバーガーを選ばれていました。

ビンゴバーガーは、注文してから作るので時間がかかります。
パラソル付きのベンチに座って、じっと待つのです。日陰は涼しくてさすがに秋の気配も感じられました。

10分ほどしてハンバーガーが出来上がり、無言でかぶりつくおじさん二人・・・。
満腹になって、とてもすぐに自転車に乗れるような状態ではないので、パラソルの下で語らうおじさん二人・・・。

小一時間休憩して、館山に向け走り出します。
ここからは、段々と交通量が多くなってゆきます。

国道128号に入って、館山市街へ。
館山といえば通称「ナカパン」、中村屋というパン屋さんが有名なのです。ここの一番のお勧めは、「チキンバスケット」と「あんぱん」なのですが、ビンゴで満腹状態だったので個人的にお勧めの「モカソフト」を。

120911l.jpg120911m.jpg


お腹がいっぱいでも、ソフトクリームは別腹ですね。

青く輝く海を眺めながら県道302号を走り、国道127号に合流して富浦まで。
まるおさんには、富浦駅近くの釜新肉店で「イカメンチ」をお土産に買ってもらって、一路金谷。

ここからは、狭い・暗い・路面が悪い、と三拍子揃った隋道多発地帯。しかもトラック率も上がってきます。
まるおさんのレーシング3のラチェット音にもせきたてられるように、黙々とペダルを踏みます。
まるおさんは、下りだけでなく登りでもラチェット音を鳴らしてプレッシャーをかけてきます。

そんなことで3時少し前に金谷に到着。
まるおさんは、3時20分発久里浜行きの船に良いタイミングで乗ることができました。

さわやかに乗船するまるおさん
120911n.jpg


お別れした後、船から手を振ってくださったそうですが、気づかないでごめんなさい。

さて、ここから我が家にどうやって帰ろうか??
自走ならば55km。一応輪行袋は持参しております。

最寄の駅は、JR内房線の浜金谷駅ですが、1時間に1本ほどしか電車が来ません。
君津まで行けば電車の本数も増えるので、とりあえずはそこまで自転車で行ってみることにします。

朝来た道と同じなので、あまり面白みはありません。
しかし、追い風ぎみで調子よく走れたので、君津を通過して家まで自走してしまいました。

本日の走行は、198.57km。

120911a.jpg

思ったより距離走っちゃいました・・・。
当初、予定していたルートより遠回りをして、ソフトクリームを食べるために酪農の里に寄ってしまったからです。
急に予定変更して、まるおさんごめんなさい。

そして、一日お付き合いいただきありがとうございました。
これに懲りず、また房総に遊びにきてくださいね。
房総の見所はこんなものではなく、大多喜や養老渓谷、いすみなどまだまだおいしいところがありますので。


ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

2012.09
12
昔からチェックしていた五反田にあるハンバーグの有名店「ミート矢澤」に行ってきました。
六郷土手をデポ地とさせていただきます。

120910a.jpg


思いの外、早く着いてしまって午前9時過ぎに出発。
すでに日差しが眩しいです。
まずは多摩サイで多摩川大橋まで。

120910b.jpg


国道1号で五反田を目指します。国道1号は走りづらいですね。
交通量が激しいなか、路肩をすごすご行きます。

多摩川大橋から五反田までは約8KM。あっという間に着いちゃいますので、以前目黒川お花見ポタリングの時に、迷って見つけられなかったパン屋さんをリベンジです。

シャンティーユ
120910c.jpg


ここでパンを買い込み、目黒川沿いに五反田へ。

120910d.jpg


木陰は気持ちいいです。自転車はトラックの脇を走るより、こういう道が似合います。

のんびり走っても五反田はすぐ。
11時半開店のミート矢澤には10時半過ぎに着いてしまいました。誰もいません。
しかし、自転車を置くのに戸惑って再びお店に戻った10時50分頃には、すでに2組待ち。私達は3番目でした。
その後、お客さんはどんどん増えて、11時には長い行列が出来ていました。

120910e.jpg


11時半になって開店。
手際良く席に案内され、オーダー。
ハンバーグのセットとサイコロステーキのセットを頼みました。
二人連れのお客さんはほとんどこのパターンでした。
120910f.jpg120910g.jpg


さて、お味の方は?
ハンバーグは、肉~という主張が強烈。
サイコロステーキはとろけるような柔らかな肉に感動。
行列は伊達じゃないです。

お腹もいっぱいになって、次なる目的地、品川神社へ。
ここには、品川富士があるのです。
品川富士とは富士塚です。

富士山を信仰する富士講というのがあります。この信仰は富士山に登ることが修行なのですが、なかなか本物の富士山には登りに行けないので、富士山のミニュチア版を作ってそこを登り、本物の富士山に登ったことにしちゃおうというものです。
神社の隅に富士塚があることが多く、実は我が家の近所の神社にもあります。

品川神社
120910h.jpg


そして品川富士を登ります。
120910i.jpg

かなり急な斜面を行きすぐ登頂。山頂はこんな感じで広々。
120910j.jpg120910k.jpg

山頂からの眺め
120910l.jpg


下山して品川神社を参拝します。

120910m.jpg


しかし暑い。9月とは思えない太陽光線。しばし休憩します。元気がいいのはセミばかり。

国道15号から池上通り、見晴らし通り、桜新道と細い通りを経て蒲田へ向かいます。
途中に木造の大きな建物が目に入りました。
味噌屋さんみたいです。

120910n.jpg


やたらマッチョなご主人から、赤だし味噌をゲット。
そして蒲田。
蒲田といえば、NHK朝の連続テレビ小説「梅ちゃん先生」の舞台です。

120910o.jpg

経済効果、すごいの?舞台が東京だからそうでもないのかなあ。
もうすぐ最終回ですね。

そして、ベーグル屋さん。

ぐるぐる べーぐる
120910p.jpg


蒲田といえば蒲田行進曲でお馴染みの蒲田撮影所。

今はこうなっています。

大田区民ホール・アプリコ
120910q.jpg


ここからは、サクッと多摩川六郷土手まで戻って本日のポタリングは終了。

走行は、36KMでした。

とにかく、まだまだ暑い東京でした。


ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

2012.09
06
先日、清澄ライドのときEDGE500のハートレートが反応しませんでした。

まず疑われるのは、ハートレートセンサーの電池切れ。
比較的新しいリアライトの電池と交換して試してみたのですが、変化なしでした。

そこで、新しい電池を買ってきて交換してみます。
結果は同じでした。リアライトの電池もほぼ新品だったので予想できたことです。
電池の入れ方がわるいのかと思って何度も入れ直すも、徒労に終わりました。

困ったときは、google先生にお伺いをたてるしかないです。
検索した結果、ハートレートの無反応という状態自体が少ないです。

その中で一件だけ、私と同じようなケースを見つけました。
それによると、電池を反対に入れてから正しい向きで電池を入れ直すと直ったというもの。

そんなアホなあ~。

しかし、藁をも掴む気持ちでちょっと試してみます。
電池の向きが逆なので、当然無反応。
電池を取り出して向きを直そうと…。

外れません。

ただでさえ外しにくいボタン電池は、ひっくり返っていると尚更外れにくいです。
爪を立てたり、定規を挟んだりしてみますが隙間に入ってくれません。
格闘すること数分、もうとれないかもと弱気に。もしかして、新しいセンサー買わなきゃなのかしらん?と脳裏をよぎります。
最終兵器・キリを投入。スッと電池は外れました。

一時はどうなることかと胸を撫で下ろしましたが、スタート地点に戻っただけで、なにも解決していません。
そうだったこれて正しい向きに電池をいれると直るということでした。まあそんなことを試したばっかりに、あやうく電池が取れなくてセンサーを買い換えるという、恥ずかしい伝説を作るところでした。
こんな道理で直るはずもなし…と電池を入れて本体の電源のスイッチオン。

ピッ

直っとります!

なんだか分かりませんが、復旧しました。
電池ひっくり返しの術はEDGE500の裏技か?

後日、ローラに乗っても心拍をキャッチしているので、完治したといって言いと思います。


ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

2012.09
04
夏季休暇中というnobsun3さんが、ポタリングに出かけるという情報を目ざとくゲットして、ご一緒させていただくことにさせていただいました。
普段ソロで走ることが多い私ですので、誰かと一緒に走るということ自体がイベントなのであります。

例によって、ルートや道案内はすべてnobsun3さんにおんぶにだっこ。
ミステリーツアーとは無縁の、スムーズライドでした。

一応の集合を午前9時に高滝湖ということに決めていたので、余裕を持って7時半過ぎに家を出ます。
先週は、灼熱の霞ヶ浦だったのですが、今日は空の高いところに雲もかかって、いい具合に日差しがさえぎられサイクリング日和になりました。

サイコンのスイッチをいれて、さあ出発というところで、ハートレートが反応しません。
渋峠に登った日も、一瞬ハートレートが反応しなくて再起動したら直ったという現象があったのですが、先週の霞ヶ浦ではなんともなかったです。
ただ、2日前にローラーに乗ったときにもハートレートは無反応で、その時はあまり気にしていませんでした。

そして、今日はうんとすんとも言いません。
何度か再起動を繰り返しますが、変化なしです。
これは電池がないのか?と思い、リアライトのボタン電池が同じ型式だったので交換してみました。リアライトの電池は最近代えたばかりなので、電池がないということはありません。

しかし、これでもだめ。
nobsun3さんとの約束の時間もあるので、このまま行くことにしました。
私は、主に心拍とケイデンスを確認しながら走るので、ハートレートが起動しないというのは、走りづらいです。

思いもかけない時間ロスしてしまったので、ちょっと急いで走ります。
毎度おなじみ、ウグイスラインの川在交差点から原田に下りて鶴舞公園を右折して大多喜街道をちょっと走って象の国の入口の坂を登ります。
坂を登りきったら、前方にローディーさん。
平日のこの辺りでローディーを見ることは少ないので、もしかしたら?と思ったら、やっぱりnobsun3さんでした。

このまま高滝湖まで下って、ちょっと休憩。

nobsun3さんのデコ2号
120903b.jpg


もう一度ハートレートセンサーの電池をはめなおしてみたり、右膝に違和感を感じたのでサドルをちょっと上げたりします。
ハートレートは変化なし。サドルは、最近よく右膝に違和感を感じるので、そのたびちょっとずつあげるのですが、またすぐに違和感を感じます。もしかして、乗ってるうちにサドルが下がってきてる??

時間をとらせてしまいましたが、仕切りなおしてここからスタート。
もちろんnobsun3さんに先行していただきます。

千葉県射撃場の坂を登って降りて、伊藤大山へのアプローチのダラダラ坂から県道172号へ。
この道は、nobsun3さんは未走ということでした。こちらから行くには下り基調でしたが、反対側からだとちょっと骨のある道です。次回は反対側から登ってみてくださいね、nobsun3さん。

清澄養老ラインに入って、養老渓谷駅を目指します。
この辺りの風景は、渓谷の雰囲気が色濃くどこか遠くの山の中のような雰囲気で好きな道です。

養老渓谷駅に到着
120903c.jpg


走っていると感じませんが、止まるとやっぱり日差しが強いです。
ちょっと休憩して、リスタート。
養老渓谷温泉へ、ハンドルを向けます。

いくつかのアップダウンを心地よいペースですり抜けて、温泉街へ。
老川交差点で国道465号を右折。
ここからジワジワと清澄山まで基本登り基調。
のんびりペースで、緑や空を楽しみながらジワジワ行きます。
ほとんど車も通らないので、おしゃべりに花を咲かせながら登ってゆきます。

七里川温泉から、また県道81号が復活。
路面は悪いけど、自然いっぱいの雰囲気がある道です。
せみ時雨のなかを行きます。
しかし、せみの種類が多い。私の知っているせみすべての鳴き声が一斉の空から降ってきます。
大きなトンボも飛んでいて、私に突っ込んできました。

四方木峠はどこだ??という話をしながら、走ってゆきますが結局ここだ!という場所は確定できませんでした。
四方木峠というバス停を見つけましたが、そこは峠という雰囲気がまったくしない場所だったからです。

そんなこんなでついにピークまで登り切って、清澄寺へ。
私は神社は好きなのですが、どうもお寺が苦手。なのですが、この清澄寺はすがすがしい空気に包まれていて気持ちがいい場所です。

清澄寺
120903e.jpg120903d.jpg


しばし休憩して、ここからは一気に下ります。
あっという間に、安房天津。

今までの山の景色から、海の景色へ。
やっぱり山から下りると、暑さも増します。

安房天津から安房小湊へ。
お昼も近いので、安房小湊駅近くの「なかむら」へ。

120903f.jpg


前来たとき、おらが丼を食べたので、今回は「あじのたたき定食」にしました。

120903g.jpg


さて、お腹もいっぱいになって午後も張り切って走りますよ~。
県道82号でまた山の中に入ってゆきます。
ここの九十九折れをなんとか登ると、そこは秋でした。

稲刈りを待つ頭をたれた稲穂。高い空。さわやかな風が通り抜けます。
県道177号へ。
広くきれいに舗装されたこの道は、自転車で走るにはうってつけ。ほとんど車も通らないし、アップダウンも感じないくらいに平坦。
ゆっくりと景色を楽しみながら走っていると、nobsun3さんの右折サイン。

平沢ダムに続く道だそうで、道幅は狭くなり山道の様相。
点在する民家と緑を通りすぎて、平沢ダムへ。

120903h.jpg


水辺だからでしょうか、風が強いです。
天然扇風機。涼しいです。

国道297号、大多喜街道に入ります。
追い風でグングンスピードがでます。

大多喜といえば、道の駅・たけゆらの里おおたきのソフトクリーム。
ここを素通りするわけにはいきません。

120903i.jpg


濃厚ソフトクリームは相変わらず美味です。

大多喜街道、船子交差点を少し過ぎた辺りで、またまたnobsun3さんの右折サイン。
マニアックロードへの誘いでございます。

具体的にどこを走っているのかイメージできないまま、田んぼの中をゆきいつのまにか県道151号に入っていました。
行元寺から県道150号で道の駅・むつざわ。ここを左折して広域農道へ。
芝原交差点で、私は県道148号へ。nobsun3さんはそのまま茂原方面へと。

nobsun3さんには終日曳いていただき、ただただ着いて行っただけで何のお役にもたちませんで申し訳ありませんでした。
これに懲りず、またご一緒お願いいたします。

で、私は県道148号で長南方面へと行くんですが、前方に怪しい雲が広がっています。
この日は、雨雲が遠く近くに見えていて、雨に降られなければいいなと思いながらのライドでしたが、ついにその時がやってきました。

長南町役場手前くらいからポツポツと。
気づけば路面も濡れています。これはかなり降った後のようです。
幸いポツポツくる雨は、帰宅途中の小学生がカサを振り回して帰るくらいのものだったので、大して濡れもせず走れました。

国道409号に入ります。
相変わらず路面は濡れたままです。雨は降ったり止んだりですが、路面は水溜りができるくらいウエットなので水を巻き上げて走らなければなりません。
そのうち、いつか靴下がびしょびしょになってしまいました。メッシュのSPDシューズなのでしょうがないですね。

なるべく楽な道で帰りたいといろいろルートを考えますが、結局どの道をいっても登りがは避けられないので、素直に原田からウグイスラインに入りエッチラコッチラ登ってきました。
川在で県道13号に入りますが、ここは他が晴れていても雨が降っていることが多く、こんな日はもちろん雨でした。

大多喜街道に戻って、市原市役所辺りで青空が見えてきて大きな虹がかかっていました。
これは雨に濡れた罪滅ぼしでしょうか。

それほど暑くもなく、サイクリング日和でした。
夏の名残と秋の気配がいりまじった風景を感じられたライドでした。

本日の走行は、149.15km。

帰ってから、自転車の大掃除・・・。



120903a.jpg

ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

2012.09
01
Category : 3本ローラー
1208deta.jpg

1208deta2.jpg


3本ローラーは、相変わらずケイデンス120縛り。

5分アップ+10分 120縛り+5分休憩 ~10分 120縛り+5分クールダウン=35分 か、 
5分アップ+20分 120縛り ~5分クールダウン=30分  

の、どちらか。
負荷はかけないので、ペダリングの練習のみ。

3本はやっぱりペダリングの練習しかならないのかな・・・。

走行距離は、今年ワースト1。
雨が意外と多かった。


ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村