RSS
Admin
Archives

ぐりとぐらの本日も自転車日和なり

素人チャリダー夫婦の自転車生活あっちこっち

プロフィール

ぐりとぐら

Author:ぐりとぐら
自転車ど素人夫婦・ぐり(夫)とぐら(妻)が、07年11月 ジャイアント・エスケープR3を衝動買いしてしまって始まった自転車ライフ。09年1月にはBianchiロード・Via Nirone7 Al/Ca 105 Compactとミニベロ・MiniVelo 7を、そして10年3月GIOS VECCHIO も加わってどこまで行くの?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
2012.07
31
JR東日本には、お得な割引きっぷが何種類かあります。
そのうちのひとつに「休日おでかけパス」なるものがあって、西は小田原・大月・奥多摩、北は本庄早稲田、東は土浦、南は君津。上総亀山とそのエリア内ならば一日乗り降り自由。
かなりお得なきっぷなのですが、使えるのは土曜・休日のみ。平日休みの私には縁がないものなのです。
しかし、例外として4月29日~5月5日、7月20日~8月31日、12月29日~1月3日の毎日も使用可能。

ということで、今回はこのきっぷを使ってどこかに行ってやろうと計画を立てました。
そこで思いついたのが、以前KIKUさんとkumaさんが行かれていた「西伊豆スカイライン」です。
高原の絶景ロードということで、このうだるような下界から脱出して涼やかなる空気に包まれながらのんびりサイクリングと洒落込もうというわけです。

休日おでかけパスは小田原までしかフリーエリアじゃないので、小田原から箱根を越えて修善寺まで来て、そこから西伊豆スカイライン経由で伊東まで出て輪行という150kmほどのルートを考えていたのですが、KIKUさんの「函南を8時頃出発して宇佐美に16時頃着いた」というお話をきいて、即効で計画変更。
私も函南まで輪行することにしました。

考えてみれば、函南から距離も100km弱あるし登りもどっちゃりひかえているので、平地を走るような感覚で計画しちゃ無謀ですよね。
普段まっ平らな千葉しか走っていないので、その辺の感覚が欠如しています。
車で移動なら夜中に家を出て,早朝から走れれば時間も稼げるのですが、輪行の場合どんなに早く出ても始発よりは早く出れないわけですし。

当日は早起きをしてもちろん始発の電車に乗るつもりです。
自宅から最寄り駅の5時22分発の電車に乗るつもりだったのですが、思いのほか支度が早く整ってしまって蘇我駅まで車で送ってもらい(もともと駅までは車で送ってもらう予定だった)5時8分東京行きに飛び乗ることに成功。
東京駅の端っこにある京葉線ホームから自転車担いで、競歩のように東海道線乗り場まで一心不乱に歩いて6時7分の熱海行きにもぎりぎり乗れて乗り継ぎもうまくいきました。

輪行袋置き場として、先頭・最後尾車両は定番ですが、東海道線は車両にトイレがあってその前のスペースも広いので使えます。
時間も早いので東京を出る頃にはガラガラな車内でしたが、横浜辺りから通勤客が増えてきて平塚まで混雑していました。これが平日輪行のネックだったりします。始発で出てきてもどこかのタイミングでラッシュアワーにぶつかるということ。
まあギューギューの満員電車というほどではなかったので、助かりました。
平塚でどーっと降りて、その後はまたガラガラ状態になりました。以前小田原まで輪行したときに、国府津で満員だった乗客が降りた記憶があるのですが、人の流れが変わったのでしょうか。

熱海でJR東日本からJR東海に。
函南に着いたのは、8時13分でした。

は~るばる~きたぜ~かんなみ♪
120730b.jpg


電車の中は冷房が効いていたのでわからなかったですが、日差しが痛いくらいに強いです。
輪行袋から自転車を取り出して、組み立てるだけで滝汗です。

8時半に駅を出発。
駅から降ってすぐの、小さな商店で調理パンと500mlコーヒー牛乳。

ここから県道144号で伊豆箱根鉄道の大場駅を越えます。そのまま国道136号・下田街道に出て修善寺を目指せばいいのですが、それじゃあちょっと遠回りと思って、また踏み切り渡って南下します。
天才的な方向音痴なんだから、そんなことしないで遠回りでも確実な道を選べばいいものを・・・。
で、案の上迷います。

すぐに後悔。しかし、いまさら戻るわけにもいかず迷走は続くのです。
そういえば、KIKUさんのブログに川沿いのCRがでてきたっけと思い出します。
走っていたら、それらしきCRがあってこれか?と思い走ってみるも、すぐに途切れてしまいます。

なんだかもう自分がどこにいてどっちに向かっているのか定かでないまま、フラフラとペダルを漕いでいたら交通量の激しい通りが遥か前方に見えました。
きっとあれが国道に違いないと行ってみたら、国道136号に出れました。

これで、間違いなく修善寺までは行かれる。
とふと道路の上に土手があります。
ん?これが川沿いのCRか??

自転車を担いで階段を登ってゆくと、狩野川CRでした。
これがKIKUさんが走っていたCRだな。

120730c.jpg120730d.jpg


風光明媚であります。
こんもりとした緑の小さな山が連なり、川面がキラキラと光る風景は、まさに夏です。

そんな景色を眺めながらも、一体どこまでこのCRで行けるのか??
不安を抱えながら走るのも嫌なので、国道に戻っちゃえと大通りに出ると国道とは一本奥の県道131号でした。
伊豆半島がどーんと載っている地図しか持っていなかったので、細かい道が良くわからなくてここでも勘を頼りに走ります。

正直、修善寺までは迷わずサクッと行けると思っていたので、時間ロスでかいです。
なんだかわからぬまま国道414号に出ました。

道の駅・伊豆のへそに着いて、ドリンク休憩。
道の駅の人にルートを確認して、今度こそ国道136号で修善寺に到着できました。

もしかして、狩野川CRをずーっと走れば修善寺まで来れたの??

この辺からカメラの設定間違って変な写真失敗
120730e.jpg


修善寺温泉方向へ進んで、西伊豆スカイラインの標識を右折すると、いきなりすごい登りが始まります。
当然登るんだろうなということは覚悟していたのですが、休みどころがありません。
ずーーーーっと登り。
いつまでたっても登ってばかり。

実は15kmを820mほど登るんですよね。
3kmで400m足らずの鹿野山でヒーコラ言ってる千葉の自転車乗りには、永遠と思われる距離。
いつまでたっても終わりが見えません。

ただ救いなのは、登るにつれ涼しい風が感じられるようになることです。
ゼーゼー荒い息で、ポタポタと汗を流しながらノロノロと進みながらも、そんなに暑さは堪えなかったです。

登りながら、なんとなく空が大きく見えだして、やっとピークかと思ったらキャンプ場だったりして、やってきました達磨山レストハウス。

120730f.jpg


駐車場から入ってゆくと、富士山がどーーーん!!
富士山の足元には相模湾が雄大に広がっています。

まさに絶景。
夢中でシャッターを切りますが、このときもカメラの設定ミスに気づかすトホホなものしか残っていません。
まあ、瞳に焼き付けたので、いいか。

絵に描いたようなすばらしい景色を見ながら、スプライトをグビグビっと。
観光客の家族が、風が冷たいねなんて話していましたが、こちとら汗ダラダラが引きません。

ボトルに水分も補給して、スタート。
出てもまた登るです。

しかし、ちょこっと登ればピークの戸田峠。
立派な看板が出来ていましたよ。

ここから西伊豆スカイラインに入ります。
ここからもユルユルと登る感じです。
が、絶景が続くので、つらくないです。

緑を縫うように続く道と眼下に広がる青い海。
ちょこちょこ自転車を止めて、写真を撮りまくりました。
・・・がまだ、カメラの設定間違いに気づかず・・・。

やっと、変だと気づいて、改めて撮ったのがこちら
120730g.jpg120730h.jpg120730i.jpg

西伊豆スカイラインは国道136号と交差するところで終了。
ここから先は、西天城高原線というらしい。

気持ちよく降ってきたけれど、ここからまた登ります。
西伊豆スカイラインほど景色は良くないです。
両脇を土手(?)で囲まれた地味な道をエッチラ登るです。

そしてピークが近づいてくると、また景色も開けてきます。

風早峠
120730j.jpg120730k.jpg120730l.jpg

ここから県道59号で一気に下ります。
ここからは狭い山道です。

しかし、この下りが長い。
どこまで下るの??ってくらい、いやってほど降ります。
まあ、考えてみれば、それほど登ったってことなんですけど。

狭い山道から民家が点在する集落を過ぎて,また山道になってもずーーーーっと下り。
ルートラボで確認すると、25km下ってます。これだけの下りは気持ちいいですね。

ほぼ下りきった湯ヶ島温泉辺りで分かれ道。
ちょっと迷いますが、左には県道59号の標識があったので、そちら方面へ。
で、国道414号に出てまた県道59号に入らないといけないのですが、あれ?県道349号の標識。

ちょうどそこにいたお土産屋さんのご主人に「県道59号はどっちですか?」と聞いたところ、どこに向かうのかきかれて、「伊東に行きたいのです」と答えるとならはこのまま進んで県道12号を行った方が楽だし早いとのこと。
「(県道59号は)狭いし坂もきついよ」というご主人のお言葉と、せっかく教えていただいた好意を無駄にするのも悪いので、というかもう本日の「登り」は閉店ガラガラ気分なのが本当の気分で、ありがたくお言葉に従わせていただきました。

この道もなかなか気持ちよかったです
120730m.jpg120730n.jpg


走りながら考えてみれば、どうしても伊東にゆく理由もないんだなと気づきます。
どうせ輪行するんだから熱海方面へ行った方がいいんじゃないか。

県道12号の分岐まできて、とりあえず修善寺駅へ。
さて、ここからどうしようか??

時刻は1時を回っていたはずです。
熱海までは、絶対無理だろうから、網代?
一瞬、ここ修善寺から輪行っていうのもありかなとも考えるも、この時間で終了するのは早すぎる気もする。

とりあえず県道80号を行くことにしました。
なんの変哲もない田舎道。

暑い。

ユルユルと登っていきます。
すぐに修善寺から輪行すればよかったと後悔しはじめます。

サイクリルスポーツセンターの看板。
自転車ブログのネタ的には寄ってみたい気もするけど、暑いし疲れてるしそんな気力はなく写真だけ撮って終了。
120730o.jpg


アー、疲れた。
暑い,暑い。
アー、疲れた・
暑い,暑い。

が頭の中をループする。

県道19号との交差点にコンビニの看板。
もちろんピットイン。

お昼は、風早峠で持参のウイダーインゼリーを飲んだだけだったので、ここでおにぎりとガリガリ君とりんごジュース1L。
リンゴジュースは完全にいつもの癖で買ってしまって、飲みきれない・・・。

コンビニのレジのおばちゃんに「ここから一番近い駅はどこですか?」と聞いてみました。
すると、伊豆箱根線まで戻れと言います。
「網代はどうですか?」と聞くと、「全然遠いよ~」と地図を持ってきてくれて、現在位置と駅を見せてくれました。
「宇佐美は?」と聞くと「そっちのがいいかもね」とおばちゃん。「ちょっと登れば、後はずーっと下りだし」と。

というわけで、宇佐美に目的地変更。
むしゃむしゃとガリガリ君とおにぎりを胃に納めて、ボトルのぬるいコーラを捨てて、代わりにりんごジュースで満たします。

おばちゃんは、たいした坂じゃないと言っていましたが、疲労した身体にはジワジワ堪える登りが続きました。
そして、目の前にあわられたのは、またしても「サイクルスポーツセンター」でした。

120730p.jpg


なかまでは入りませんでした。

そして、やっとピーク。亀石峠。
120730q.jpg


写真は失敗しましたが、戸田峠も同じ形の看板でしたよ。

ここからはグワーーンと下るのです。
宇佐美の海。
120730r.jpg


宇佐美駅には3時頃到着
120730s.jpg


次の電車は3時25分です。
この25分というのは、結構ギリギリの時間だったりします。

急いで自転車を輪行袋に詰めて、ジャージの上半身を脱いでTシャツに着替えて、小田原までのきっぷ買ってホームに出たらちょうど電車が来たという感じでした。
ここからも、電車の繋がりがよく自宅には6時45分くらいに着きました。

本日の走行は、97.29kmでした。

いやあ~、バテました。
とにかく修善寺からの登りの長さには閉口。
後半、修善寺から亀石峠までもヘロヘロでした。

しかし、西伊豆スカイラインの絶景ロードは素晴らしい。
あそこだけ、何度も走ってみたい道ですね。

そして、輪行は今回程度の距離が限度かなと。
始発に乗っても、8時は過ぎるわけで、普通に我が家から最寄駅の始発・5時半の電車では9時になっていたと思われ。
そこからスタートして、3時頃には帰路についていないと家に着くのが夜中とかになってしまうわけで。

自転車に乗っている時間より、電車に乗っている時間の方が長いのはどうもいけませんね。
新幹線でバビューンと移動か、宿泊ツーリングならまた違うのでしょうけどね。

迷走した記録です
120730a.jpg


ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2012.07
25
Category : 自転車雑談
先日、東京湾一周ライドをした際、横浜で休憩したときに気づいたのですが、アイウエアの片方のツルのゴムパッドが消失しています。
辺りを見回して探してみますが、ありません。
しょうがないので、そのままの状態でその日は走りました。

家に帰ってから、よくみるとノーズパッドも片方が外れています。これはいつ外れたのか不明です。
このアイウエアもロードバイクを買った時に購入したものなので、もう4年目か。
レンズもだいぶ傷ついていて、十分仕事は果たしてくれた感ありありです。

アイウエアはなくてはならない必需品なので、新しいものを買わなきゃなあ・・・などとネットを徘徊していました。
以前うわさで、ユニクロの偏光サングラスが1000円で売っていると聞いていて、それでもいいんじゃないとユニクロの通販サイトにいってみたら、取り扱いがなくなっています。
これはユニクロ、偏光サングラスから撤退したのか・・・。

ところで、皆さんのアイウエアのレンズの色は何色でしょうか?
スモーク系が多いように感じます。
私はクリアがいいんです。

どうも色がついているのは苦手。
でも、夏の日中はやはりクリアでは眩しいということもいなめません。

ということで、気になっていたのが調光レンズ。
紫外線量によってレンズの濃度が変わるという優れものです。
これならば、交換レンズを持つことなく(持って出る気もなくクリアですごしてきましたが)最適なライドができるのではないかと。

ちなみに、偏光レンズというには、ゆがみを補正してくれるレンズのことです。
私は初め、偏光レンズが調光レンズのことかと思っていました・・・。

で、毎度おなじみ海外通販サイトをチェックしていたら、Wiggleが「表示価格から更に15%オフ」バウチャーと「ツールドフランス期間中、全世界送料無料」のWキャンペーンをやっていて、「この機会に是非とも買いなさい」という神の声が聞こえました。

なわけで、 BBB - Winner PH スポーツサングラス- Photochromic 2012

SN3D1171.jpgSN3D1172.jpg

今回は一週間で到着。
Wiggleの商品説明画面では、「追加レンズ付属:黄および透明」とあるけど、そんなものは入っていないんですけど・・・。

このアイウエアが届く一週間の間に、ユニクロに行く機会があってちょこっと見たら、偏光サングラスがしっかり売っていました。ユニクロサイトにはないけど、実店舗では売っていたのか。
まあ、調光じゃないからいいかなと思ったのですが・・・。

調光レンズがそんなにいいものではないという情報もあったりして。
明るいところから暗いトンネルに入ったりするとレンズの退色が遅く暗いままだったりするらしいのです。
まあ、普通のスモークの人と同じですけど。私はそれもいやだったのでクリア派でした。
調光の変色は30秒くらいらしいのですが、いったん暗くなったレンズが退色するのは30分から1時間くらい要するとか。
それと、調光の寿命は2年くらいらしいです。

まあ、買ってしまったので、これはこれで良しとします。
今後、使用感などはお知らせします。

それにしてもアイウエア、ワークマンで売ってるような500円くらいから、30,000円以上するブランド物と、安いのから高いのまでいろいろありますが、どこがどう違うのでしょうかねえ??



ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
2012.07
23
今日は、午後までいろいろとミッションがあって、なんやかんや自由時間になったのが午後3時過ぎでした。
しかしながら、日中はポツポツと弱いながらも雨が降ったり止んだりを繰り返していたので、自転車で走るのは無理だろうと諦めていたのですが・・・。

家でごろごろしていたら、窓の外は青空。
これはちょこっと出かけられるかな??
3本ローラーを30分漕ぐよりは、外を1時間でも走った方がいいに決まっています。

なわけで、短パンとTシャツというやる気なし丸出しのかっこのまま3時半過ぎに出発。
行き先はあまり考えていなかったのですが、とりあえず習慣でウグイスライン川在交差点を目指します。
そこから先は、右折して高滝湖にゆくか、左折してウグイスラインを走るか・・・。

しかし、途中まできた時、進むべき先の山側上空には黒い雲が垂れ込めています。
一方逆側海側は青空が広がっています。

これはルート変更。
まっすぐ市原中央高校脇の抜け道から牛久まで。
そこから国道409号から幽谷通り経由で帰ることとします。

牛久まできて、国道409号。
そこから音信山林道入口まできて「そうだ!」と思いつきます。

そういえば、地図で見ていたここから先の家までの抜け道をいつか確認しようと思っていたんだ。

来た道をちょっと戻って、左折。
田舎の民家が並ぶ道を過ぎて、田んぼ地帯。
なんだか降り基調だなあ。

分かれ道があって、そこで散歩してるおじさんにそれぞれどこに行くのかきいてみます。
どっちも同じだそうで、左のが近道だとか。

左に進んでちょこっと登るとまた降り。
あとは田んぼ緑の絨毯の間を走ると、光風台の街がみえてきました。

この道はいい。
ロングライドに出た場合、牛久を通って帰るパターンが多いのです。
が、牛久を越えるにはどのルートを通っても登りがあって、疲労した身体には最後の試練ということになっているのです。
しかし、このルートはなんと降り基調。
最後、光風台でちょこっとは登りますが、他のルートに比べればたいしたことないです。

疲れたときは、この道を活用しましょう。

というわけで、本日の走行は36.98kmでした。

120723.jpg





ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

2012.07
20
平日休み友であり、ブログ・ツイッター友でもある99RIDERさんと、走ってきました。
平日休み友といっても、私の休みと99RIDERさんの休みが合うのは月に2回で、お互いに用事があったり、天気が悪かったりとなかなかご一緒する機会がなかったのですが、今回やっと実現いたしました。

私の家と99RIDERさんの家の中間地点であろう茂原公園に8時集合。
ということで、私は7時ちょっと前に出発。
梅雨明けはまだというのに、ピーカンの青空。朝から日差しが強いです。(この日に関東地方は梅雨明け宣言が出されました)
茂原公園に向けペダルを漕ぎ出します。

快調に進んでゆくということは、追い風なんですね。
つまりは、この先向かい風になるということも意味しています。

8時少し前に茂原公園に到着。
すでに99RIDERさんも到着していました。
ここまで、1時間走ってきたのでちょっと休憩。
日焼け止めなどを塗りながら、ボトルに水を足します。

99RIDERさんのFELT F5SL
120717a.jpg


さて、出発。
今日の予定は、茂原公園から県道27号で給田。給田を右折し県道148号に入り国道297号へ。
そこからいったん牛久方面へ進み、象の国、高滝湖、養老渓谷、亀山湖から鴨川に降りて、国道128号で海沿いを走り、安房小湊から県道82号で大多喜周りで帰るというものでした。

なのですが、実際にはまったく違うルートになります。
前日の横浜ポタがミステリーツアーにならなかった分、ここでミステリーぶりを存分に発揮することになってしまいました。

まず、走り出すと向かい風が強めに吹いています。
いきなりくじけます。

茂原から給田に曲がっても、さらに向かい風はつづくよ ど~こまでも~♪
県道148号に入ると山道が現れます。
それまで前を走っていた私ですが、99RIDERさんに「登りは千切れますので、先行ってください」というと、水を得た魚のようにピューっと登ってゆく99RIDERさん。

ここから先、ずーと99RIDERさんに前を曳いてもらいました。
Mt富士ヒルクライムでシルバーリングを狙おうって人と坂に来ちゃいけませんよね・・・。
あれ?っというまにみるみる背中が小さくなってゆきます。

こちとらはぜーぜーと風によろけながら、とぼとぼゆくであります。
国道297号に出て、なにも考えずに左折。
はい!ミステリーの始まりです。

ここは右折する予定だったんですよねえ。
でも、結果的に左折で良かったです。
ギラギラ太陽、向かい風&終わっちまった私の脚・・・。
ショートカットになる大多喜周りで良かったあ。
とはいうものの、実は大多喜の例の九十九折れの坂の手前まで、ミスコースに気づきもしなかったという能天気な私でありました。

大多喜、十万石ドライブインの向かいのコンビニで休憩。
私は例のごとく、リンゴジュース1Lとサクレ・レモンを投入。
しかし、99RIDERさんは補給なしです。
ほとんど「走り出したらとまらないぜ」の横浜銀蠅 ぶっちぎりRock`n Roll走行なんだそうです。
200km走る時でも、途中で牛丼一杯食べるくらいなんだとか。
うーん、太れないわけだあ。

というわけで、ここまできちゃったので伊藤大山登ります。
登りに入ると、99RIDERさんの背中が小さく小さくなってゆきます。

どうしてかな?小人になっちゃうの??

なわけではなく、どんどこ登っていっちゃうんですね。
そして視界から消えるのに時間はかかりませんでした。
ひとり荒い息をたてながら、きつい坂をじわじわ進んでゆきます。

なんとかピークにさしかかっても99RIDERさんの姿はなく、もっと先に行ってのんびり自転車を漕いでいる99RIDERさんの後姿をみるも追いつけません。
やっと市原市の境界について、ここから降り。
養老渓谷方面と上総中野方面の分岐で、どちらに行こうかという話になったのですが、上総中野方面に降りてもらうことにしました。
上総中野まではバビューンと降ります。

上総中野駅でちょっと休憩。
駅舎は風が抜けて涼しいです。

しばしベンチに座って地図とにらめっこ。
予定していた亀山湖経由、鴨川には行かず、県道177号で海まで降ることにさせていただきました。
ここもいつもはあまり気にしない程度のアップダウンがあるのですね。

平地では99RIDERさんの子持ちシシャモのようなふくらはぎを見ながら走ることが出来ますが、ちょっとでも傾斜がつくと離されてしまいます。
離されると追いつくのは難しい。追いついたとしてもまたちょっとの登りで離されるということの繰り返しでした。

いえ、99RIDERさんは、普通に走っているのだと思います。というかゆっくり目で走ってくれているのだと。しかし、いかんせん脚力の差が大きすぎるんですね。
99RIDERさんのペースを乱してしまって申し訳ないっす。

というような感じで、県道82号にぶつかります。
ここを左折して、勝浦方面へ。
ここから、追い風でございます。

追い風アシストと99RIDERさんに曳いてもらって高速走行。
気持ちよく飛ばします。
途中で右折し、海へ。

国道128号に入ります。
ここも追い風。
細かいアップダウンもなんとか99RIDERさんに食らいついて、ついてゆきます。

海も荒れています
120717b.jpg


ここらへんでランチタイム。
勝浦はバイパスで通過してしまったので、次の町御宿を過ぎるとお店が少なくなってしまいます。
そこで、以前御宿ポタのときにお邪魔した石松でお昼をいただくことにしました。

石松 なんか暖簾が新しくなってるぞ
120717c.jpg


私は前回、石松定食を食べたので、今回はミックス丼定食にしました。
120717d.jpg


女性人気NO1とあったので、やっぱりご飯が少なめかな?しかし相変わらずここの味噌汁は美味しい。

さて、また追い風の国道へ。
もう99RIDERさんが、ガンガン曳いてくれます。
高速巡航であっという間に、東浪見。

ここで99RIDERさんは県道30号へ。私は国道128号へと分かれます。
せっかく追い風にのっていたのでとまってしまうのも申し訳ないと思い、車上からお別れのご挨拶をさせていただいた非礼お許しください。

ここから一人旅。
なんだか追い風だったのが、横風に変わっています。
もうポタペースでとぼとぼ帰ります。

それにしても暑いです。
風も熱風。
自販機で炭酸を補給しながら、ヨロヨロと走っていると今までの高速ペースがうその様に先に進みません。
ここから結局家に着くまで、3回も自販機休憩してしまいました。

やっとこさっとこ茂原について、コンビニに吸い寄せられます
120717e.jpg


冷房が効いた店内は天国ですなあ。
窓の向こうに見える青空がまぶしいです。

さあ、ここからどうやって一番楽なルートで帰ろうかと思案するも、どこを通ってもひと坂登らないといけないんですよね。
朝来た同じ道はつまらないので、国道409号からウグイスライン・原田の坂をおっちら登って帰ってきました。

本日の走行は156km。

とにかく暑かった。
なんでも、梅雨明けもしたそうで、これからの季節は日中はだめですね。というより危険です。

そして99RIDERさん、本日はありがとうございました。
ペースを合わせることができす、ご迷惑おかけしました。
これに懲りずまたご一緒してくださいね。




120717f.jpg


ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村



2012.07
18
16日の海の日、千葉県自転車ブロガーが集結して横浜へポタリングに行ってきました。

当日は、風があるものの晴天に恵まれて、いや恵まれすぎて真夏を思わせるような天候。朝から気温もグングン急上昇です。
午前10時に本牧海釣り公園に集合の予定だったのですが、なんせ田舎から出張ってゆくので早めに家を出発します。今回はうちの高校生の娘っこ・おはるさんも同乗しています。
普段、平日休みのため休日の道路状況がよくわからず、渋滞してたらまずい。一応今回のポタの幹事なので、一番乗りしなくてはと意気込んでいたのですが、高速道路はガラガラでアクアラインを渡ればもうすぐに横浜に到着してしまいました。

午前8時過ぎに本牧に着いてしまいましたが、なんと予定していた本牧海釣り公園駐車場はすでに満車。
釣り好きパワーおそるべし。
しかし、本牧海釣り公園駐車場の隣に、シンボルタワー駐車場が開いていたので、そちらに急遽集合場所を変更して事なきを得ました。

というわけで、集合時間から2時間弱早く来てしまい、これからどうすんべえ??と思案する間もなくトッシー&ハルルさんのおフランス車が駐車場に入って来るじゃありませんか。
お久しぶりなお二人とご挨拶をして、せっかくだからとなりゆきで目の前にあるシンボルタワーとやらを散策してみることにします。なんせ時間はたっぷりありますから・・・。

120716b.jpg

階段を登ってゆくと、左右に海が一望できます。
正面に貝の形の彫刻があったので、貝がシンボルのタワーなのかと思っていたのですが、この彫刻は「遥かなるもの 横浜(貝)」という名前がついているようです。敷地内の花壇にも「遥かなるもの 横浜(花壇)」と対になっているそうな。なんか芸術というものは難しい。

120716c.jpg120716d.jpg

そんな風にプラプラしていたら、penta&あきさんも登場です。
まだ8時半になっていなかったと思いますが・・・。

しかし、自転車談義やその他雑談をしていると時間はあっという間に過ぎていきます。
そうしている間にも、地元・横浜の自転車番長まるおさんが駆けつけてくれました。

まるおさんには、今回の横浜ポタに企画立案時から横浜の観光スポットやグルメについてご相談させていただいておりました。
また、当日は通常ならばお仕事なところ、万障お繰り合わせていただき私たちにお付き合いいただくことも叶いました。

そして、真打登場。
KIKUさん&三男君、集合時間の30分前にやってきました。ベンチ暖めておきました、師匠。

120716e.jpg

総勢10名のおじさんと(昔)お姉さん、女子高生、小学生と年代もばらばらな千葉&神奈川混成チームです。

KIKUさんのブログから拝借
002-edc33.jpg


さっそく走り出します。
先頭は、まるおさんにお願いしました。なにからなにまで、申し訳ないです。

120716f.jpg


地元番長のまるおさんが先導してくれるので、今回はコースミスの心配がなく皆さんの安心感が一行を包みこんでいます。

歩道橋は歩いて渡りましょう
120716g.jpg


埠頭地帯を抜けると、街へ。

マリンタワーが青空にはえますね
120716h.jpg

山下公園をすり抜けて
120716i.jpg

大桟橋へ
120716j.jpg120716k.jpg

ここって船の形をしてるのかなと思っていたのですが、鯨をかたどっていたんですね。
青い海と空、白い雲。まさに海の日です。
その海の日のイベントでしょうか?いつもは帆を閉じている帆船・日本丸の帆が開くというので見に行きます。

日本丸
120716l.jpg

なにやら作業をしています。
まだ帆は開いていないようです。

そこにいた警備員さんの言うには、1時間くらいかかるとのこと。
うーん、待ってられない・・・。

ということで、こちらの笑顔で勘弁してください。KIKUさんとぐらのB型コンビ。
120716m.jpg


ここで、KIKUさんと三男君はコスモワールドへ。
残りの大人たちは赤レンガ倉庫へ。
本来の予定では、もう少し余裕を持ったつもりだったのですが、幹事の不徳のいたすところであまり遊ぶ時間がなくなってしまって、ごめんね三男君。
赤レンガでも、女性陣がゆっくり買い物ができなくて申し訳ありませんでした。今回の時間消失ミステリーってことでしょうかね・・・。

120716n.jpg

12時に予約をしてもらっている中華街へ。
120716o.jpg

祝日だからでしょうか、賑わっている中華街。
自転車を押しながら、人を掻き分け狭い路地へと分け入ってゆきます。

120716p.jpg

福楼
120716q.jpg
 
自転車置くスペースあり。中華街とかって自転車置く場所に困ったりしてました。

まるおさん、いきつけのお店です。
混雑する昼時の中華街で10名が路頭に迷うことなく、おいしいお昼をいただくことができたのも、まるおさんが予約をいれておいてくれたからです。

私は、まるおさんお勧めの牛バラ麺。確かに美味しい。

120716s.jpg

ぐらとおはるさんは、台湾焼きそばと春巻き、餃子。

120716u.jpg120716t.jpg120716r.jpg

ここの餃子は、はじめからタレがかかっていて、モチモチして美味しかったです。

そして、ぐらが他のお客さんの「だいこんもち、おいしかったです」という言葉をききつけて、追加注文。

たいこんもち
120716v.jpg

だいこん?の味はあまり感じなかったけど、お好み焼き?ちぢみ??みたいな雰囲気。
美味しい中華とこの日は暑かったので、水もたらふくいただいてごちそうさま。

中華街といえば、肉まんやしゅうまいのお土産買わなきゃです。
120716w.jpg

そして、デザートに杏仁ソフト
120716x.jpg

お腹パンパンなんですけど・・・。
で、腹ごなしに自転車乗りましょう。

伊勢崎町へ、向け出発進行~っても、まるおさんについてくだけですけど。
途中に飴屋さんがあって、おはるさんが食いついて寄ることに。

papabubble
120716y.jpg


「かわいい、かわいい」と女性陣には好評ですが、柴又の飴屋には「かわいい」と言わないなあ。同じ飴屋なのに。

伊勢崎町といえば、これですよね
120716z.jpg

赤いボタンを押すと、おなじみのリズムが流れます
120716z1.jpg


「青江美奈、私、知らな~い」とハルルさんが一発ギャグを披露して、降り注ぐ太陽光線で火照った身体をクールダウン。

pentaさんおすすめのコーヒー豆屋さんで一服。にが~いアイスコーヒー、さすがコーヒー豆屋さん。
120716z2.jpg

元町へ。
120716z3.jpg

元町といえば、ここなんだそうで・・・。

ウチキパン
120716z4.jpg


なんでも、日本の食パン発祥のお店だとか。
確かにイギリスパンは美味しかったです。

元町から山手の坂を上って、洋館へ。
120716z5.jpg


ここでもイベントでスタンダードジャズ
120716z7.jpg


港が見える丘公園
120716a.jpg


港が見えるから港が見える丘公園。わかりやすし。
ちょっとまったり。スカイツリーが見えました。

120716z8.jpg120716z9.jpg

ここからワシン坂を下ります。
当初予定では、ここを登るはずだったのですが、なんか長くて斜度も急なところもあったので、降りで良かったです。

そして、途中でまるおさんとお別れ。
まるおさんには、企画段階からオブザーバーとして協力いただき、当日もおんぶに抱っこ、肩車状態で、大変お世話になりました。
まるおさんなくして、このポタリングは成立しなかったことでしょう。
次回は是非、房総半島にも遊びに来てください。

シンボルタワーに戻って、本日のポタリングは終了。
走行は、24kmでした。

皆さんと走れることが少ない私たちなので、こうやって大勢で走れるのは楽しいものです。

途中走っていて、あきさんが前の人と離れてしまい「前,詰めた方がいいよね」と言うのを、pentaさんが「このままでいいよ、じゃないとペースがあがっちゃうもん」と全体のペース配分までコントロールしてくれていたり。

トッシーさんが、日本丸の帆を開くのを見るためにちょっと別れ別れになった時、ハルルさんにトッシーさんから電話があり「ヨ~ソロ~」と電話に出たのが、たいへん微笑ましく思えたり。

KIKUさんが、一日中、良きパパだったり。

いろんな発見が、ところどころに散らばっていて、そのひとつひとつが良い思いでになりました。
また、機会がありましたらご一緒させていただければと存じます。


ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

2012.07
14
天気が良かったので、近場でポタリング。

デポ地を大網アリーナとさせていただきました。

120710a.jpg

立派な体育館です。
そして、のどかな風景。

120710b.jpg


県道83号は、大網駅を越えると県道20号になって大網街道になります。
そして、なかなかの登り。

120710c.jpg


登った先は昭和の森公園です。

120710d.jpg


暑かったので、氷休憩。
120710f.jpg

なにかのCMの撮影をしていました。
120710e.jpg


そして、昭和の森展望台からの眺め
120710g.jpg

土気駅に向かい県道131号。
東金街道へ向かいます。

実はお腹ペコリンコで走っていて、なにか食べるところはないかと探しながらの走行でしたがなーーーんにもなし。
東金街道に入ってもなんかなあ・・・。

そして、雄蛇ヶ池へ。
120710h.jpg120710i.jpg


房総の十和田湖といわれるだけあって、なかなかの風格。
これで池なのか??
一周できる道はありそうですが、舗装されている区間は短く自転車では無理っぽい。

東金の町へ。
とにかくお腹がペコリンコすぎて、駅前のショッピングセンターの中華屋に入ります。

ここがなかなか本格中華なお店でした。
作っている人も、店員さんも中国の人のよう。

私は、黒酢スブタ

120710j.jpg

ぐらはジャジャ麺。

120710k.jpg


ボリューム満点。少ない店の二人前くらいある??
ご飯お代わり自由。
美味しいし、満足です。

デフォでパン屋に寄ります。
120710l.jpg

デポ地に戻って、本日の走行は42km也。



ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

2012.07
11
「東京湾一周」というワードは、自転車ブログ的にはおいしそうなネタです。
しかし、実際には市原市の我が家から反時計回りに走るとして、千葉、東京、横浜と交通量が激しい国道を繋いで、ビルの谷間を黙々とペダルを踏むだけの区間が続くだけ。
横須賀から久里浜までも走ったことはあります。フェリーに乗って金谷から富津、我が家までもよく走るコースです。

ということで、実際にはあまり楽しくないのでは?しかもほとんど平地だし距離も200km弱。
なにか新しさがないんだよなあ・・・。

といいつつも、「東京湾一周」というワードだけで、出かけてしまうのは自転車ブロガーの悲しい性ですね。

当日。
午前4時に起きて、卵かけご飯で炭水化物を投入。
午前4時半過ぎに出発。
梅雨の晴れ間で、天候が崩れる心配はありません。

市原市の自宅から反時計回りに東京湾を一周します。
千葉へ向けまだ車の少ない街を漕ぎ出します。

国道16号は車が少ないながらも路肩が狭く、大型トラックも飛ばしてくるので、陸側に並行する県道24号で蘇我まで。

蘇我からは幕張メッセ方面、県道15号で行きます。
追い風が吹いていて、なかなかいいペースです。
稲毛海浜公園辺りからは海が見えてきます。
今日はこの海を囲むように走るわけですが、海を見ながら走る場面は、実は少なかったです。

この頃から、私の下半身後部をノックする気配が・・・。
次のコンビニでピットインすればいいか。

しかしマリンスタジアムが見えたくらいから、ノックの気配が激しくなってきます。
これは緊急事態発生です。
確か、次の信号を曲がったところに公衆トイレがあったはす。
ダンシングでダッシュします。

そしてかの公衆トイレ発見。
ギリギリセーフ!!かと思いきや、シャッターが閉まっていました。

な、なんですと~。

この公衆トイレは時間限定で昼間しか開いていないようです。
もう切羽詰りさらに激しくなるノック。
まさかここできじ撃ちできるはずもありません。
わかんないけど、この先にコンビニあるかもとスパートをかけます。

そして、ついに発見したコンビニ。
やったあ!!間に合いました。
しかし、ちょっと時間ロスしてしまいました。

気を取り直して、コースに復帰。
花輪インターから国道14号に入ります。
国道357号は、自転車では恐ろしくて走れないトラック天国。
国道14号も路肩が狭く走りにくいのですが、こちらの方がまだ安全です。

ここから信号に引っかかりながら、車の脇をすごすごと進んでゆきます。
道が狭いので、乗用車の後ろ角っちょに位置すると、ドラフティング効果でスピードが出ます。
が、車にアシストされてもおもしろくないので、離脱し一人旅を楽しみます。

江戸川・市川橋を越えると、東京都に入ります。
市川橋を越えて信号でとまっていると、脇から クロモリのデローザに乗った人が私の前に出ました。
信号が青になって、後ろにつかせてもらいます。

これがとんだ特急列車。
追い風の影響もありますが、時速40kmくらいで巡航です。
途中、橋に登る坂があって引き離しにかかられたのかダンシングで加速されますが、ここは離されるわけにはいかんと食らいつきます。

そしてまた40kmオーバーで巡航。
再度の引き離しで、デローザさん下ハン握って50kmにまで達していました。
それでもついてゆくと、平井大橋の途中で下に降りていってしまいました。

車にアシストされるのは罪悪感がありますが、自転車だとそうでもないところが不思議です。曳いてい ただいたデローザさんには悪いと思いましたが・・・。
しかし、この方の前に出るほど脚はないし(ついてゆくのがやっと)かといって、同じ方向走っているので・・・。
おかげさまで、稲毛でトイレロスした分を完全に取り戻せました。
ただし心拍も170を越え脚を使ってしまいましたが。

スカイツリー
120709a.jpg

亀戸から新大橋通りに入り、築地まで。
築地で2回目の朝ごはん。

ロングライドのコツとして「前半食べられるうちにガッツリ食べておけ」というのに習い、胃腸が元気なうちにエナジーチャージです。
築地といえば、きつねやさんのホルモン丼なわけです。

120709b.jpg


味のイメージとしてホルモン丼というより、タンシチュー丼と言ったほうがより実像に近いです。
アツアツご飯はデフォで、猫舌の私にはちょいと厳しいですが美味しいさこの上なし。

ハンガーノック対策も万全で、国道15号、第一京浜に進路をとります。
追い風が気持ちよくて、ここでも踏み踏みしてしまい調子こいて走ってていいのか??と自問しながらも高速巡航。

東京タワー
120709c.jpg

多摩川を渡って神奈川県入り。
横浜でちょっと休憩。

120709d.jpg

ここからちょと向かい風を感じたのですが、すぐに追い風に。
国道15号の終点まできて、今度は国道16号に乗り換えます。

あとはまっつぐ国道16号を行けばいいのですが、天性の方向音痴をここで発揮。
気がつけば県道21号へ迷い込んでいました。
なんと国道を見失う失態でございます。

ちょうど止まったところがホテルの前で、そこの警備員さんに国道16号までの道を聞いて戻ることができました。
警備員さんに「16号の分岐ってどこだったんでしょう?」って聞くと、ずーーーっと向こうだよと教えてくれました。

国道16号に復帰して、どんどこ進みます。
横須賀、ヴエルニー公園で小休止。

120709e.jpg


あんまり暑いので、かき氷投入
120709f.jpg

青い海を眺めながらのカキ氷は最高です。

この辺りから海を見ながら走れます。
やはり気分がいいですね。

観音崎を通過
120709g.jpg

浦賀から久里浜へ。
12時前にフェリー乗り場に着いて、12時20分のフェリーに乗れました。

フェリー乗り場で会った自転車乗りさん。
120709h.jpg

自転車で日本一周を果たして、千葉に渡ってサーフィンをしにゆくとか。
荷台を自転車で牽引していて、確かにサーフボードも乗っていました。
これで日本一周したのかあ・・・。

我がピンチェレ号も乗船
120709i.jpg

ここから11.5km、40分の船旅です。
船に弱いので甲板に出ます。

120709k.jpg

暑いので誰もいません。
横浜海軍カレーパンで栄養補給。

120709j.jpg

船が出ると、サイコンも反応。
時速は20kmくらいみたいです。

120709m.jpg

ほけ~っとしていたら、あっという間に金谷に到着。

久里浜から金谷で運んでくれたかなや丸
120709n.jpg

金谷に着くと、もう地元気分です。
日本一周さんは富浦に向かうということで、ここでお別れ。

ここからも海沿いを富津岬めがけて走ります。
上総湊まで、国道127号。
ここから県道256号へ。

THE房総っていう道です。
120709o.jpg

狭い道幅。両脇は田んぼの緑。細かいアップダウン。誰も通らない道。
落ち着きます。
今日は、ずーっと都会の道を走ってきたので、こういう道がとっても落ち着きます。

これまで追い風にまかせてハイペースで走ってきましたが、速く走るのがばかばかしくなって、いきなりポタリングモードです。
佐貫から国道465号。富津岬まで。

これまで追い風だったので、千葉に入ったら向かい風なんだろうと覚悟していたのですが、ここでも追い風でした。
ペダルも軽く富津岬。

120709q.jpg

暑いので塩タブレットと梅干シートの補給は忘れません。

富津岬を過ぎると、進む方角が変わって今度こそ向かい風だろうと。そして富津の工業地帯の長い長い直線を向かい風で走るのはさぞやキツかろうと心して向かうも、またも追い風。
今日は風運最高です。

サクッと木更津まで。
さらりと来てしまいましたが、空にはギラギラ太陽が輝いております。
暑いこと暑いこと。

120709r.jpg

コンビニで最後の補給
120709s.jpg

ハロハロで一息ついて、もうちょっとで我が家。東京湾を一周です。
とここで、右膝上辺りにちょっとした痛み。

実はこの違和感は、今日朝イチで感じていたのです。
自転車に乗ってすぐに「あれ?ちょっとへん?」というくらいのわずかなもので、しばらくすると消えてしまいました。
しかし、たまにこに違和感はあらわれては消えるという感じで続いていたのですが、ここにきて違和感から痛みへと変化してきました。
この辺りで距離は180kmほど走っていたので、このくらいからあちこち弱くなってくるのでしょう。

膝前の痛みということで、たぶんサドルが低いのかもと思い、2mmほどサドルを上げてみました。
まあ、さっきよりはちょっといいかも??といった程度ですが、少しは改善されたようです。

最後の最後まで追い風で、ラクラクライドでした。
本日の走行は、211.45kmでした。うち船が11.5km含まれますので大体200kmですね。

120709deta.jpg

本当に風に恵まれたので、200km走ったといっても実際の疲労度はかなり低いです。
これが逆周りだったらと、想像しただけでも恐ろしいです。

補給は、

 4:00 卵かけご飯 味噌汁 ポカリ600ml
 7:20 ホルモン丼
 7:40 りんごジュース1L
10:40 カキ氷
12:20 カレーパン
14:50 ハロハロ
その他 水500ml ×3本  塩タブレット・梅干シート ×数個

胃腸が元気なうちに食べとく作戦はいいかも。





ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

2012.07
08
Category : 自転車雑談
基本、私、本は図書館で借りるを信条にしているのですが、この「ロングライダース」は本屋さんでもアマゾンでも買えない同人誌です。

120708.jpg


内容はタイトル通りのブルペやロングライドに特化した体験記。
今のところ、ロングライダース1、1.5 2と三冊出ていて、同人漫画の展示即売会のコミックマーケットや、同人誌専門店、またそのお店の通販サイトで購入可能です。

私は手っ取り早くサイトで、三冊大人買い。
昔は当たり前にバンバン本を買っていたけど、ネットが現れてから本もCDも買わなくなったなあ。

表紙のイラストはいわゆる萌え系ですが、ページをめくるといきなり1600km海外ブルペの話だったりして、かなりの変態度です。
読み進めるうちに、「あれ?この話読んだことあるな」とか。ロングライド系の自転車ブログの記事をそのまま転載されているものもあるようです。

そのほとんどの記事が、ロングライド系の自転車ブログを読んでいる感じ(実際にブログアップされているかはわかりませんが)です。
1.5に書かれている「路上の真実」は、ロングライダースのブログ記事にも同じものがアップされています。
ただ、面白い記事をネットで探してくるのも面倒なので、こういうふうにまとめて読めるところが紙媒体のいいところですね。

この3冊を読んで、ロングライドの肝は「補給」と「仮眠」であると思いました。

補給は、胃が丈夫であるか否かが大きな分かれ道。
ここでいう胃が丈夫というのは、普段の生活で感じるものではなく、200km走ったあとでもガンガン食べられるかということ。
そういう意味では、私は胃が丈夫ではないですね。

仮眠は300km程度のライドならば必要としないのだけど、400km以上になるとどこかでとる必要があって、その場所の確保や時間が問題になるようです。
ということは、300km程度だとロングライドとはいわないのか??というような距離感ぶっ壊れな人たちが愛読する本ですね。

ロングライド好きな方には、お勧めです。
私は読んでるだけで、お腹一杯。脚が攣りそうになりました。

ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


2012.07
03
梅雨真っ最中ですが、関東では曇りはするものの雨が続かない日もあったりして、この時期にしては自転車に乗るチャンスがあります。
そんな晴れ間にポタッてきました。行く先は手賀沼。柏市と我孫子市にまたがる沼です。

午前中は雨が残るという予報をうけて、ちょっと遅めに家を出発。
霧雨が降ったり止んだりしますが、デポ地の道の駅しょうなんに着く頃にはあがっていました。

道の駅しょうなん
120702a.jpg

本日の出動車両
120702m.jpg


手賀沼にはサイクリングロードが整備されていて、自転車と歩行者がきちんと色分けされています。
とても走りやすいサイクリングロードです。

120702b.jpg120702d.jpg

途中でガーガーがいます。野良か?
120702c.jpg


湖畔を気持ち良く走っているとパン屋さん。
これはパケットさんに教えてもらっていたお店ですね。

天然酵母パン PAISIBLE
120702e.jpg

当然吸い込まれるぐら。

ここから柏の街へ。
住宅街を通り越し駅前。

ランチはパスタ。
マレア
120702f.jpg120702g.jpg

かなり入りづらい外観。事前調査しなかったら絶対パスしていたでしょう。ってか、一瞬躊躇しました。でもここまで来たのだし、ネットの口コミも良好なので突入。

店内はボサノバが流れるちょっとコジャレた感じ。

ランチメニューはパスタのみ850円で統一。一品だけ950円の渡り蟹のトマトクリームソース。
私は渡り蟹のトマトクリームソースをチョイス。

120702h.jpg

ぐらはカルボナーラ

120702i.jpg


とっても美味しいです。口コミは伊達じゃないですね。これは何度でも通いたくなるお店です。
コスパも最高!お勧めです!!

ランチも済ませて、ポタリングへ戻りま…せん。
柏で有名スイーツを食べに街をグルグル。

ちょっと迷って見つけました。

三日月氷菓店
120702j.jpg


ここも分かりづらい&入りづらい。
急な階段を登ってやってきたかき氷専門店。

私は宇治金時
120702l.jpg

ぐらは生プラム
120702k.jpg

ふわふわの氷。
練乳をかけると溶けてしまいます。
サクサク軽く食べれちゃいました。
暖かいほうじ茶が嬉しいです。

さて、来た道を戻って手賀沼に戻ります。

手賀沼周辺には白樺派の文人たちの住居跡が点在していて以前来たときにも、武者小路実篤の住居跡に行ってみようと試みたのですが、迷って辿り着かなかったのです。
今回はそのリベンジです。

が、また迷って結局スルーしてしまいました。

その代わりと言っちゃなんですが、志賀直哉の書斎跡は発見できました。

120702n.jpg120702o.jpg

この建物は書斎で、母屋もこの敷地にあったそうです。
ひっそりと佇む書斎跡。きっと当時はもっと静かな湖畔だったのでしょうね。

志賀直哉も防犯対策はしっかりしていたようですね。
120702p.jpg


手賀沼に戻ります。
沼の北側は狭い遊歩道でした。自転車では走りづらいですね。

120702q.jpg

手賀大橋まで来てここを渡って道の駅に戻ります。
本当はぐるっと一周するつもりでしたか、スタートが遅かったので時間切れです。

走行距離は14KM。
正統派ポタリングでした。

ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村