RSS
Admin
Archives

ぐりとぐらの本日も自転車日和なり

素人チャリダー夫婦の自転車生活あっちこっち

プロフィール

ぐりとぐら

Author:ぐりとぐら
自転車ど素人夫婦・ぐり(夫)とぐら(妻)が、07年11月 ジャイアント・エスケープR3を衝動買いしてしまって始まった自転車ライフ。09年1月にはBianchiロード・Via Nirone7 Al/Ca 105 Compactとミニベロ・MiniVelo 7を、そして10年3月GIOS VECCHIO も加わってどこまで行くの?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
2012.06
30
Category : 3本ローラー
6月は、あまり走れませんでした。

201206deta.jpg

201206deta2.jpg

ロングが2回、ショートが2回。
クロスはまったく走っていません。
・・・な、わりに、ロード実走だけみると、今年一番距離走ってる・・・。
やっぱり、ロングが効いてるなあ。

3本ローラーは、新メニューを導入。

心拍アップ
120から始めて、5分ごとに心拍を10づつ上げてゆく。

結局、160過ぎないと苦しくないので、ほとんどの時間苦しくなくトレーニングにならないような。
はじめから心拍上げて始めるのは、心臓がもちそうにないし。

インターバル
アップ5分、もがき20秒 クールダウン60秒 ×10セット クールダウン5分

アップが5分だと心拍が上がらないままもがきに入るので、9本目くらいまではまったく苦しくないです。
つまり、あまりトレーニングになっていないということでしょう。
10本目から「あれ?、苦しいかも?」と思ったのでプラス2,3本追加しました。

それを踏まえて、次にインターバルトレーニングをしたときには、アップを10分にして心拍を上げぎみにしてトライ。
まあ、苦しいは苦しいけど、なんかもがきもローラーから落ちそうになるしイマイチかなあ。

ケイデンス120縛りメディオ
アップ5分 ケイデンス120縛り10分 クールダウン5分 ケイデンス120縛り10分 クールダウン5分

ロングトライアスロン(スイム3km、バイク180km、ラン42.195km)をやっていた人にトレーニング方法を聞く機会がありました。
その方のいうには「ローラーで2時間ケイデンス120を維持できるように漕げるようにする」だそう。

さすがに2時間とかは無理なので、20分でやってみました。

・・・無理。

10分でギブアップです。
もちろんずーーーと120なんてキープできませんし。

なので、メディオと同じ要領で、10分~5分休憩~10分でやってみます。
これってかなりいい練習になりそうです。
心拍もちゃんとメディオのいい領域にくるし。むしろ、心拍を基準に走っていると知らずに落ちてくるのですが、ケイデンス重視でやっていると、心拍は落ちない。ケイデンスは落ちたりしますが・・・。

しばらくは、このメニューでやっていこうかな。


ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2012.06
27
Category : 自転車雑談
「自転車生活の愉しみ」 疋田智 著 読みました。

bok 1


自転車ツーキニストという言葉を世に広げた人として有名な著者。
出版が2001年というのが、すべてを物語っています。

2001年の出版なのに、現在の自転車を取り巻く社会環境がほとんど同じように語られているということ。
つまり、10年以上も問題を提起しながら、状況はほとんど進んでいないということ。

2001年の出版だから、メカに対する記述が古い。現在とマッチしていないということ。
この部分は、時間とともに進化したんだなと思うことろ。

後半は自転車外国事情。
外国で暮らさないと思うので、個人的にはあまり関係ないかな。
日本も外国のよきところを取り入れるべきといいたいがための部分でしょうけど。

感想として、まあ飛ばして読んでおしまいって感じの本でした。


「自転車芸人・団長安田のヒルクライム入門」読みました。

bok 2

自転車本というものは、初心者向けのものが圧倒的に多いです。
だらかはじめの方で、自転車の種類だとか必要な用具だとかある程度自転車に乗っている人には、当たり前のことが書いてあったりしてページの無駄です。

しかしこの本の場合、すでにロードバイクでヒルクライムを経験している人が対象に書いてあります。
具体的なペダリングテクニックやトレーニング方法などオールカラーでわかりやすく解説されています。

後半は、団長が参加したレースと峠の紹介。
なかなか「坂ばか」な内容で、おもしろかったです。



ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村



2012.06
23
Category : 自転車雑談
ちょっと気づいたんですけど・・・。

CRCってブラウザーで価格が違うの?

私が使っているブラウザーはグーグル・クロームです。

CRCでタイヤ買おうと思ってみたら

120621a.jpg

これ、去年のクリスマスバウチャーで買おうと思ってバウチャーコード入れたらエラー。

なぜ??

ブラウザーの問題?と思ってエクスプローラーで開いて再度試そうとCRCを開いたら、

120621b.jpg

同じものなのに値段が違うんですけど。

なぜ????

これって、クロームで買ったほうがお得っていうことなのでしょうか???

ちなみに、Schwalbe Ultremo ZX Tyreもクロームでは3300円で、エクスプローラーでは3772円なんですけど。

参考までに、WIGGLEではどちらのブラウザーでみても同じ値段でした。


うーーーん、なぞだ。

ああ、バウチャーコードは手入力でいれたら認識されたので、CRCで買いました。


ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

2012.06
21
175kmライドの翌日、天気はイマイチ。
脚に疲れも残っていたし、娘のママチャリがパンクしたということで、放置している学校の駐輪場まで回収しなくちゃいけなかったりして、グズグズしてる間に時間が過ぎて、自転車で出かけるタイミングを逸してしまいました。

ならば、ちょっと掃除でもしてみようかと。
そして、前々から気になっていたタイヤの様子をじっくり見てみます。

こんな状態
120619a.jpg120619b.jpg

サイドカット?
以前からこの部分に傷がついていたのはわかっていたのですが、前日のライドの時に、めくれるくらい剥がれていたのに気づきました。
これはまずいでしょう。

そして、ひび割れも気になります。全体的にこんな感じ。

120619c.jpg

ついでに、なんか紐がびろーんと。

120619d.jpg

これって、もう交換ですかね??

タイヤの山は全然OKなので、なおさらもったいない。

走行距離は、3329km。
この距離が妥当なのかどうか??

コンチ4000Sが7000km以上もったので、どうしても比べてしまうのですが、どうも3000km以上走れば許容範囲らしいのですが・・・。
うーーん、どうなんでしょうか??3000kmっても、半分はローラーだし・・・。

サイドカットは運としても、ひび割れが納得いかん。
ってか、このくらいなら気にしないで乗れる範囲なのかしらん???

ちなみに、紐はつーーーーっと引っ張ると、途中で切れたのでこれはこれで大丈夫そうですけど。

でも、不安を抱えつつ高速ダウンヒルとかしたくないので、タイヤ交換しちゃいました。

今度のタイヤは、Michelin Pro3 Raceです。
Pro4が出て、現在投売り状態なところで買っておいたものです。

タイヤをはずしてみると、リムテープがへたっていました。

120619f.jpg


これも交換しておきます。今度のリムテープはシマノ。
リムテープも前回交換から4ヶ月くらいしか経っていないのに、このへたれようはなんだかなあ。このテープもシュワルベなんだけど・・・。

タイヤ交換していると、なんとなく薄日もさして天気がもちそう。
せっかく新しいタイヤなんだし、シェイクダウンしてみたい。

なわけで、急遽出動しました。
といってもあまり遠出もできないので、地元練習コースをゆきます。



で、Pro3はどうかというと・・・。

よく巷でインプレされている通りでございました。
絨毯を敷いたようなしなやかさとか、シルキーな走りとか。
まったくその通りで、1m走っただけで、その乗り心地の違いがはっきりわかりました。
こんなに違いのわかるタイヤは初めてです。

ただ気になったのは、スリップしやすい??
今までと同じようにブレーキしても、後輪がちょっとする感じがします。Pro3は一度タイヤロックさせるともう終わりと聞いたことがあるので、繊細なブレーキングが必要ですね。

そして、ピンチェレ号特有の例の問題

SCHWALBE ULTREMO ZXの場合はこんな感じ

で、Michelin Pro3 Raceはというと
120619g.jpg

一番広い。
以前、自転車屋さんで「コンチとミシュランはカサ高なので、ビットリアかシュワルベにしたほうがいい」というアドバイスを受け、シュワルベにしたのですが、Pro3の方が明らかに開いている。
しかもデフォでついていたビットリアより開いてる感じもします。

これは、もうPro3だなと思って、安売り中のPro3をCRCで買っちゃいました。
耐久性に疑問符がつきますが、それでも値段からしたら元はとれそうだし。

Pro3のピンチェレ号
120619h.jpg


ULTREMO ZXの派手なロゴも気に入っていたのですが、ピンク度はPro3の方が上がったかなあ。

本日の走行は42.75km。

ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
2012.06
19
梅雨の真っ最中ですが、ちょうど休日に晴れたので走ってきました。

今回は、あまり目的ももたず風まかせに走ってみようかと。
ただ、気になる道がいくつかあったので、そこは押さえておこうかなとかなんとなく思ったりして。

気になる道の一つ目が、鹿野山・更和から長狭街道に抜ける林道。
もみじラインと県道88号はいつも通っているので、はじめて走る道を開拓してみようという魂胆です。

もう一つは、ビンゴバーガーに行くときにいつも使う県道88号から富浦に向かう県道185号。
ここも未走なので通ってみたい。
そして、館山から県道86号へ。ここも未走区間。

とにかく私は走ったことがない道をゆくのが好きなのです。

ということは、野島崎灯台まで行ってしまうことになるので、やっぱり200kmオーバーコース。
早起きしなくちゃダメなわけです。

4時半に目ざましセットするも、痛恨の二度寝。
5時半にぐらに叩き起こされ、6時頃出発。

今年初のレーパンで出撃。今までタイツでした・・・。やっぱりCRCで買った安物タイツよりパールの3Dのパッドはしっかりしてるや。
あじさいがどこに行っても満開ですねえ。

120618b.jpg

第一の目標である、更和に行くのはやっぱり鹿野山を目指すことになります。
ドイツ村の脇を通って、久留里街道をまたいで県道165号から国道409号、県道33号と渡り歩いて上総アカデミアパーク。

120618c.jpg

上総アカデミアパークから、県道92号へ。
ここのダウンヒルは爽快でした。ってことは、ヒルクライムはいい練習になりますよ。

県道92号から県道163号に入って、今回は福岡口から鹿野山クライム。
鹿野山へのアプローチは4,5箇所あるのですが、ここ福岡からが一番難易度が低いのかも。ダラダラと緩い登りが続きます。
ただ傾斜が緩い分、距離が長い。キリンのオブジェが見えたらもうゴールです。

ここからマザー牧場方面へ。
なんか、気づくとマザー牧場にいるんですけど・・・。

120618d.jpg


更和までさーっと降って、お目当ての林道です。
更和セブンイレブン前の橋を渡って、山の中に入ってゆきます。

千葉の林道というのはとてもわかりにくく、当然標識なども期待できないので、今回は最強の地図を持参しております。

県別マップル 千葉県道路地図
120618o.jpg


千葉県の地図といっても、房総半島だけおおまかな縮尺な地図が多い中、こちらの地図はどこの地区でも1/30,000の縮尺です。林道もバッチリ載っています。
地図を見ながら、林道にアプローチ。途中で分かれ道が突然出てきても、地図で確認して事なきを得ます。

林道といっても、集落がたまにでてくる道で、正式に○○林道という名前はついていません。正式には市道なのでしょう。

でも、こんな感じ
120618e.jpg120618f.jpg


小川沿いを水の流れる音を聞きながら走ってゆきます。
途中で、15%越えの坂が現れたりして、なかなか乗り手を飽きさせません。
でも、普通に長狭街道に出たいなら、素直にもみじライン(県道182号)か木の根峠(県道88号)を行った方が、走りやすくて早いと思います。

また分かれ道が現れて、地図を確認。
右を選択して、進みます。こんな山の中なのに、立派な道に出て集落もあります。
そろそろまた曲がらないといけないはずなんだけど・・・。

ここかな?と思ったところを左折。トンネルが出てきたので合ってるはず・・・なんですけど、あれ?トンネルは二つ続くはずなんだけどなあ??
進んでゆくと開けた場所に出てきました。おかしい・・・。

地図で確認すると、竹岡インターの近くのようです。
そうです、さっき右を選択した場所が直進だったのです。

あんなに走って、まだ竹岡。
テンション急降下。

あーーーどうしよう。
今いるところを左折すれば、また林道に戻れるようですが、もうあの走りにくいガタガタ道はいいかな。
ということは、竹岡まで行って、国道127号で南下するしかないか。
国道127号はあまり走りたくなかったのですが、しょうがないですね。

とりあえず南下しますが、どこまで行こう?
館山まで25kmという標識があります。

うーん、1時間かあ・・・。

でもなんとなく、落ちたテンションが戻りません。
もう、館山まで行く気力がないかも。
でも、じゃあ、どうする??

長狭街道で鴨川まで行くのが、一番素直なルートのような気がします。
が、最近長狭街道ばかり走っているので、ここも飽き飽きしているんですよね。

じゃあ、勝山まで出て県道184号から県道89号、嶺岡林道で鴨川・・・。
これもなんか大変そう・・・。

もう、なんだか考えるのも面倒。どこに行くのも嫌っていう状況に陥ってしまいました。
ああ、もういいっ、長狭街道で鴨川だ。

保田で長狭街道に入った途端、向かい風。
しかもかなり強い向かい風。
風任せの旅だとか言いながら、風に向かって走ってどうするよ。

そいうえば、時代劇などで「かぜの向くまま気のむくまま」なんていう台詞がありますが、それって追い風の方に進むっていう意味だったんですね。
私は単に気まぐれっていう意味だとばかりと理解していたのですが。車や電車じゃあ風向きとか関係ないから、自転車に乗るようになって初めて体感しましたよ。

風に向かって、横根峠。
なるべく降りでスピードを稼ごうとしますが、風に押されて進まない。
平地もまったく進まない。反対側から来るローディーの涼しい顔が恨めしい。

なんとか鴨川まで到着。
2週間前も鴨川でお昼を食べようとして、ずるずる食べ損なったことを踏まえて、今回は確実に開いてる店で早々に昼食をとります。

まるよ
120618g.jpg

鴨川っていえば魚なんでしょうが、今日はジャジャ麺の気分
120618h.jpg

さて、お昼も済ませたので、ちょっと気分も上がってきました。
かねてからちょっと気になっていた、安房小湊の上にある「内浦山県民の森」に行ってみます。

県道285号を登ってゆくのですが、思ったほどの坂ではありませんでした。
内浦山県民の森から、清澄寺や麻綿原高原にも行けるのですが約5kmほどあるので、次回にします。
今回は、勝浦ダムに抜けて県道178号へ。

勝浦ダムには、林道内浦山線を使います。
120618i.jpg

また林道かよ・・・。
林道にはちょっと今日は食傷ぎみ。

勝浦ダム
120618j.jpg


ここから県道178号で養老渓谷方面へ。
この県道178号は狭くて路面も悪いので、並行する県道177号の方が快適です。
まあ、久々に走ったからいいか。

会所トンネルをくぐると、麻綿原高原への入り口。
ここは、アジサイが有名なお寺があるのです。ただ標高が高いということで見頃は7月からということです。

120618k.jpg


どんどこ進んで、粟又の滝。
120618l.jpg


ここはこどもが小さいときによく水遊びに来ました。
なだらかな岩が滑り台になるのですが、水質がいまいちなのと、水が冷たいのでちびっ子はご注意してください。

国道465号を交差する老川から県道81号。
ここまでくれば我がホームグラウンド・養老渓谷でございます。

養老渓谷でちょっと話題のスポット、二段トンネル。
120618m.jpg


はじめは上のトンネルを使っていたのですが、後から下にトンネルを新たに掘ったということから、このような形になったそうです。
養老渓谷温泉街に弘文洞入口という看板を入っていってすぐのトンネルです。

ここからは清澄養老ラインで、トボトボと。風は相変わらず向かい風。
里見小学校を右折して、県道171号。
ここのデイリーでアイス休憩。

120618n.jpg


私の好きなサクレ。レモンスライス入りしか知らなかったのですが、ミカンバージョンを発見。小豆もあるらしいぞ!!

射撃場から高滝湖に出て、小湊鉄道・川間駅を通過し牛久から市原中央高校脇経由で帰ってきました。

本日の走行は175.84km
120618a.jpg


林道は時間が読めなくて、道に迷うリスクも高いので、ロングライドに入れるのは危険ですね。




ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

2012.06
14
Category : 自転車雑談
「鉄道で広がる自転車の旅」田村浩 著 読みました。

bok.jpg


前半は輪行とはなんぞやから、輪行に適したバイク、輪行袋の使い方、輪行旅のプランニングの仕方など輪行を経験したことがある人ならば目新しい情報はありません。
後半には、輪行で行ったサイクリングレポートがいくつか。

全体的に、経験者ならば知ってて当たり前のことが多いですが、ひとつだけそうなのかあと思ったこと。
それは、時刻表の使い方。

ここでいう時刻表とは、駅にある各駅の時刻表ではなく、本屋さんで売っている時刻表のことです。
私は、輪行するときネットの検索でおおまかな時刻を調べるくらいしかしないのですが、時刻表を使えばもっと便利にいろいろなことがわかるそうです。

この本の中に解説されているのですが、時刻表という特殊な世界なので読みこなすにはちょっとコツがいるようです。
また、ダイヤだけではなく駅構内の配置や車両の座席配置図などで自転車をどこに置けばいいのかまでわかってしまうといいます。

時刻表買おうかなあと思ったくらいです。
が、ほとんど輪行しないし、そんなに遠くにも行かないので必要ないか。

でも、この本を読んで改めて輪行の可能性を感じました。
最近は寝台特急がほとんど走っていないようですが、復活してもらえばいいのになあと思ったしだいです。


もう一冊。

「ロードバイクライディング完全ガイド」満生文洋 監修

bok2.jpg


よくあるロードバイク入門ですね。
オールカラーで読みやすいです。

ロングライド、ヒルクライム、レース・イベントといった走りのシーンによっての走り方の違いなどもでています。ハンドサインや補給のとり方などにも触れていて、きめ細かいです。が、さーっと書いてあるという程度かな。

この本のモデルにでてくる自転車が、うちのピンチェレ号(ビアンキ・ニローネ2009)なので、ちょっとうれしかったです。

ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

2012.06
12
今日は、平日お休み仲間の99RIDERさんとご一緒するはずだったのですが、天気予報によれば「午前9時くらいから雨」ということでしたので、また次の機会にということになってしまいました。
残念ですが、また来週辺りでも晴れたらお願いいたします。

で、9時から雨ということは9時まで雨は降らないということで、雨が降っていなければ自転車ではしれるということに他ならないわけです。

そういうわけで、午前5時に起きて睡魔と闘いながら準備を済ませて5時半前に走り出します。
空は一面雲に覆われているものの、なんとなく明るくて大丈夫そう。

といってもあまり遠くにはいけないので、養老渓谷から大福山に登って帰ってくるか、天候しだいでは高滝湖辺りで戻ってくることになるかもしれないななんて考えていたのですが・・・。

うぐいすライン・原田交差点に来たときにポツンと。
あれ気のせいか??というようなポツンが2,3回あって、今にも泣き出しそうな黒い雲がたれこみはじめていました。

これはもうだめかもと思い、そこから引き返します。
牛久から市原中央高校に抜ける林道(?)ちっくな道をひた走り帰ってきました。

本日の走行は、36.66km。

不完全燃焼だなあ。


ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

2012.06
06
先日の山付き200kmライドのとき、160kmを越えてから満身創痍になってしまいました。今回はこれを克服することが課題です。

つまり、長距離を走っても疲労しない走り方と、膝が痛くならない坂の登り方の実証実験ライド。
また、補給のとり方もいまいちうまくいかないので、その点も工夫してみます。

前回の補給はこまめにいろんなものを食べて、後半胃がもたれる感じだったので今回は固形物はなし。ゼリー飲料とドリンクだけにするつもりです。ただし昼食はがっつり食べます。

今回も200kmオーバーのロングライドなので、朝4時に目覚ましをかけます。
ちゃんと目は覚めましたがしばらくゴロゴロ・・・。朝は苦手です。卵かけご飯をかきこんで4時45分に出発。

空は一面曇り。
靄?霧??がすごいです。

120604a.jpg

寒がりなので、まだビブタイツと長袖ジャージ(これは真夏でもだけど)だったのですが、ちょっと寒いくらい。

疲労しない走り方ということで、LSD走行に徹します。
今日はスピードは気にしないで、とにかく心拍を上げないように走ります。

走っていたら、サングラスが水滴で濡れています。なんだかジャージもしっとりとしているし。
途中、ポツンときたので、また雨か??と思いきや、ヘルメットからしたたる水滴でした。
これはもう、寒くてだめだということで、ウインドブレーカーを着込みます。

茂原のコンビニで休憩。
ウインドブレーカーに水の玉が浮いています。
この状態じゃあ、寒いわけですね。霧雨の中を走っているようなものですから。

茂原から県道27号で大多喜まで。
空は相変わらず曇ったままで、靄も。
天気予報は良かったのですが、これは一日雲りか?

と思ったら、大多喜で青空。
やっぱり天気がいいとテンションもあがります。

大多喜から県道172号で伊藤大山へ。
本日はじめの登りです。

今回のテーマのひとつである膝が痛くならない登り方。
なるべく軽いギアで、負担をかけないように登ります。そして「坂はサボる、坂は休む」と唱えながら行きます。
どうしても、坂になるとがんばちゃいがちになりますが、今回はゆっくりゆっくり登ってゆきます。
久しぶりに大多喜側から伊藤大山に登りましたが、こっちからのが楽な気がします。斜度は急ですが距離が短いので。

伊藤大山から
120604b.jpg


山頂まできて、養老渓谷側に降りてゆきます。
県道172号で清澄養老ラインにでて養老渓谷駅。

ここから大福山クライム。登り初めは急な箇所もありますが、段々緩くなってゆきます。新緑のトンネルをくぐって森林浴気分です。
120604c.jpg

大福山山頂
120604d.jpg

登ったら降ります。
99RIDERさんの先日のブログにこの道の分かれ道について書かれていたのですが、私は分かれ道の存在すら気づかないでいました。
今回、注意して走っていくと…ありました。
私は何も考えず右側を選択していました。
で今回は左側を行ってみます。何度も通っていた道ですが、新鮮な思いです。知らない道はまだまだあるんです。

県道32号に出たら久留里まで。
久留里からちょっと戻って県道145号。
この道は未走です。なかなか気持ちいい道でした。

120604e.jpg

こういう道に出会うとつくづく千葉は自転車天国と感じます。
県道145号を離れて県道163号。
ここはうって変わってダンプが来る来る。
千葉の山の中には採石場が多く、なんでこんなところにダンプ?ということがあります。

県道92号に出ると鹿野山に向けてハンドルを切ります。
鹿野山クライムは秋元郵便局から。この坂を心拍上げずに登りきることは難しいので、なるべくゆっくりを心掛けるしかできません。実際はゼーゼー言いながら九十九谷公園。
景色をしばし楽しんで息を整えます。

120604f.jpg

ここからマザー牧場山の上駐車場まで移動。

富津岬までくっきりと見えました
120604g.jpg

更和に降ります。
国道465号経由で県道88号へ。
この道は、先日のセンチュリー未満ライドの時、ヘロヘロになって走った道です。ただしその時とは逆からですけど。
緩い登り基調がダラダラ続きます。
富津市と鴨川市の境がピークでそこからは急坂です。ここが木之根峠です。

降りはあっという間で、長狭街道にぶつかります。
田植えが終わった、大山千枚田に寄り道。

120604h.jpg

そして、千葉県最高峰の愛宕山アタック。
といっても、頂上は自衛隊基地なので上がれませんから、自転車で行ける標高としては鹿野山と同じくらいでしょう。
千枚田から愛宕山に登るのは、路面が悪くところどころ激坂が待ち受けているので、ゆっくりしか走れません。
緩い区間と激坂区間が極端なのが、こちらからの登りの特徴ですね。

自衛隊基地前
120604i.jpg


登ったら降る。何回目??
国道410号に出ますが、すぐ向かいの嶺岡林道へ。

なんですが、ボトルが空。
水分なしで、嶺岡林道クライムは自殺行為なので国道410号を降って酪農の里へ。

酪農の里とは、日本酪農発祥の地であります。
戦国時代から牧場だったんですね。

120604j.jpg


だけど、私の休みとこの牧場の休みがリンクしているます。ここのソフトクリームはおいしいのになかなかありつけないのです。
自販機で水を買って、ボトルにつめます。

嶺岡林道まで、えっちら戻って更に登る林道を進みます。
以前、鴨川側からこの林道は走ったことがあるのですが、こちら側からは初めて。
難易度としてこちら側からのほうが楽だときいていたのですが、なかなかどうしてなめてかかってはいけません。

途中のパラグライダー場からの眺め
120604_1254^00

ピークまでくると、長い降り。
気持ちいいですねえ。でももうちょっと舗装がいいと文句ないんだけどなあ。

鴨川まで降りてきました。

120604k.jpg


ここで、時刻は1時。
お昼食べなきゃです。
今回はあまり下調べしてこなかったので、適当な店はないかと探しますが、いきなりいいお店が見つかるわけもなし。
キョロキョロ走っている間に、鴨川の町を過ぎそうになってしまいます。

ちょうどチーバックの中に、鴨川観光協会が推している「おらが丼」のパンフレットがあったので広げてみました。
「おらが丼」とは協賛している飲食店が、それぞれのお店独自のお勧め丼を提供しているのです。

で、以前から食べてみたかった「あわびの海鮮丼」をだしているつかさが近かったので、行ってみる事にしました。
が、準備中の看板。
なんでえ??定休日でも営業時間外でもないのにい・・・。

そんなこんなしていたら時間がどんどん過ぎて、ほとんどの店のランチ時間が終わってしまいそう。
あ~どうすっかなあ・・・。確か以前食べたおらが丼の店が安房天津にあったはずと思いむかうことに。

急いで安房天津に着きますが、あれ?なんか違う??
そうでした、以前食べたのは安房小湊でした・・・。

もうどうしよっか・・・と途方にくれていたら目の前に「あぶらや」という定食屋があります。
そして、ちょうどそこのおかみさんらしき人が、店先にでていたので「まだいいですか?」と聞くと大丈夫だということで、まともな食事にありつけました。

あぶらや食堂というだけあって、揚げ物しかメニューにありません。
天丼をチョイスして、午後2時という遅めのランチです。

120604l.jpg

天丼といえば、よくお芋のてんぷらがのっていたりしますが、ここのはえび2本、なす、いんげん、みょうが2個。みょうがのてんぷらがグッジョブです。

お腹も満足して、店を出るとそこに現れたのは・・・

120604m.jpg

くじゅうくりの自転車風来坊・pentaさんでした。
ツイッターで山に登るたびに方言シリーズでつぶやいていたところ、pentaさんもこの日はお仕事で三芳から夷隅に向かう途中だったということで、捕獲されました。

しばしおしゃべりして、pentaさんはお仕事に、私は自転車で出発。
小湊誕生寺の手前で、県道82号でまた山の中に入ります。
ここもプチ九十九折れをやり過ごし、あとは追い風モードで松野まで。

松野で大多喜街道をちょっと経由して、ふたたび県道82号。
国道465号からは、どうやって帰ろうかと迷いましたが、ちょっと前から工事中の県道151号作田トンネルが通れるようになっているのでは?という予想で行ってみますが、まだ通行止めでした。一体いつになったら通れるのでしょうか?

結局、市道経由で広域農道まで戻されて、茂原を目指します。
途中、道の駅むつざわで休憩。
時刻も3時半を回っていて、ここからの距離と時間をかんがみて、茂原経由はちょっと厳しいかなとか考え出します。
じゃあ、給田から長南経由で帰るとするかと方向転換。

県道148号、県道147号と抜けて国道409号へ。
笠森観音手前から、長柄へ。県道13号で帰ってきました。

本日の走行は231.48kmでした。

120604n.jpg 120604o.jpg


さて、実験の結果です。

まず疲労度。
当然、疲れました。ただ半死半生というような状態ではありませんでした。
やはりLSD走法は効果的ですね。ただ、鋼鉄のお尻を持つ私ですが、後半170km越えた辺りからでしょうか尻痛を感じました。まあ我慢できないほどではなかったですが。

次に膝。
これはまったく問題なし。坂は休み場所という気持ちでいけば良さそうです。

しかし、平地はLSD。坂は休み場所。ということはアベレージスピードがかなり落ちます。
ロングライドに行く時には、アベレージ20kmくらいの計算をしておいたほうがいいですね。

そして補給。

4:30 卵かけご飯
6:00 マックスコーヒー
7:00 ウイダーインゼリー
8:55 ミニ羊羹
9:20 アイス コーヒー1L
11:00 赤コーラ
14:00 天丼
16:30 ウイダーインゼリー
その他、水を3本

マックスコーヒーはあまりにも寒くてホットでいただきました。
固形物はとらないとか言いながら、ミニ羊羹とアイスの魅力には負けてしまいました。

やはり後半は、胃がもたれる感じがしました。あまり食べていないんですけどねえ。
これは水分をとりすぎて、胃液が薄まってしまうからでしょうか??
でも前回よりはだいぶいいので、あまりちょこちょこ食べるよりはいいのかも??
補給については宿題といった感じです。

ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

2012.06
03
Category : 自転車雑談
円高ですね。
Pro4が出たということもあって、CRCで、Michelin Pro 3 Race が56%OFFで売っている。

ちょっと前にも買ったんだけど、もう一組買っておこうかなあ??

ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
2012.06
01
Category : 3本ローラー
今月はこんな感じです。

201205deta.jpg

201205deta2.jpg

ロードは2日しか乗っていないけど、ロングだったのでそれなりの距離走れました。

ローラーはメディオ。メディオは2セットしてるのですが、1回目より2回目の方が楽なので、2回目はもうちょっと心拍あげようかなあ。

これから梅雨に入ると、ローラーが活躍しそうです。



ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村