RSS
Admin
Archives

ぐりとぐらの本日も自転車日和なり

素人チャリダー夫婦の自転車生活あっちこっち

プロフィール

ぐりとぐら

Author:ぐりとぐら
自転車ど素人夫婦・ぐり(夫)とぐら(妻)が、07年11月 ジャイアント・エスケープR3を衝動買いしてしまって始まった自転車ライフ。09年1月にはBianchiロード・Via Nirone7 Al/Ca 105 Compactとミニベロ・MiniVelo 7を、そして10年3月GIOS VECCHIO も加わってどこまで行くの?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
2011.10
26
御宿といえば海水浴場として有名でありますが、その砂浜に「月の砂漠像」があります。
ぐらはこの像を見たことがないということで、一度見てみたいとかねてから言っていました。
そこで、過去に一度「月の砂漠像を見にゆくポタ」を敢行したのですが、その日は強風で道半ばにして断念するという結果に。
今回はそのリベンジポタであります。

朝、起きたら空はドンヨリ厚い雲に覆われていました。
いかにも降りそうです。
しかし、天気予報では雨は降らないと断言していたので、出かけることにしました。

デポ地を大多喜の道の駅「たけゆらの里・おおたき」にさせていただき出発します。
天候は、大多喜に向かううちにみるみる回復して、青空。
絶好のポタ日和となりました。

111024a.jpg


国道297号・大多喜街道を少し進んで、佐野交差点を県道82号へ。
国道から離れて、のどかな里の中を走れば気持ちもノンビリです。
県道82号から県道174号・県道176号と田舎道を行きます。

外房線をくぐって、御宿駅へ。

111024b.jpg


以前来たときより、綺麗になってる。
駅の隣に観光協会の建物もコジャレています。

111024c.jpg


私が駅の写真を撮っている間にぐらの姿がありません。
見れば観光協会の脇でなにやら誰かと話しているみたいです。
ぐらが知らない人と話すのは、日常茶飯事なので驚きませんが・・・。

そっちの方に行ってみると、バイクラックにぐらのジオスが収まっています。
「第一号なんだって~」と興奮気味のぐらが言うには、このバイクラックが設置されてから、自転車が置かれたのが初めてだということだそうで。

111024d.jpg


南房総でサイクリングマップを作成したりして、観光の活性化を図るというような新聞記事を読んだようなような気がするので、このバイクラックもその一環なのでしょうか。
観光協会の方のお話では、このようなバイクラックをここだけではなくいくつか作る予定だとか。
またこの観光協会には空気入れも置いてあるそうです。

っても、まだ未使用でしたが
111024e.jpg


ということで、私めが空気入れの実演をしたりしました
111024f.jpg


空気入れがあるといっても、実際普通に走っていて使う機会はないわけで「空気入れの出番はパンクした時だけなので、予備チューブの販売なりしてくれればありがたい」というようなお話もさせていただきました。

御宿町観光協会ブログに、私たちの自転車が掲載されています。
このような形で、自転車で走りやすい環境を提供いただければありがたいですね。

観光協会を後にして、駅前のケーキ屋さん。

ディアンヌ
111024g.jpg


ケーキ屋さんですが、パンも売っています。
店先にテーブルがあって外で飲食できるようになっています。ここにおじいちゃんたちが優雅にお茶を楽しんでいました。

サドルバックからツール缶に変えてから、もともとあまりなかった収納力はガタ落ちして、お土産を買う余裕がありません。
収納はジャージのポケットだけ。やっぱりサドルバックに戻そうかなあ・・・。
かろうじて、ぐらがウエストバックを装着していたので、お土産にキャヌレをひとつだけ。

お土産がダメなら、お腹に入れちゃえってんで、ブリオッシュは店内のイートインスペースでいただきました。
ちゃんとスライスしてくれて、シュガーパウダーもつけていただきました。

ブリオッシュはフワフワサクサクで軽くて美味しいです 
111024h.jpg


キャヌレもすごく美味しくて、また寄りたいお店ですね。

さて、いよいよ本日のメインイベント。月の砂漠像です。

御宿中央海岸のなかにその像はあります
111024i.jpg


童謡「月の砂漠」は加藤まさをによって御宿で作詞されたそうで、それを記念してこの像が作られたとか。
青空に映えるラクダに乗った二人は誰なの?としきりにぐらが言っていますが、名前とかはないんじゃない?

月の砂漠像を堪能して、次の目的地へゆこうとしていたところに、さきほどケーキ屋さんであったおじいさんのひとりの方と会って、「この先に見晴らしのいい場所があるから、ぜひ寄ってみれば」と。
せっかくのお言葉なので、行ってみることにしました。
でも、待てよ、見晴らしがいいってことは・・・やっぱり坂でした。

日・西・墨三国交通発祥記念碑
111024j.jpg


地球が丸く見えます
111024k.jpg


青い海と空。見晴らしも最高です。ここまで登ってきて良かったです。

さて、ここで御宿ともお別れして、国道128号で南下します。
この道は、なかなかアップダウンがあって走りごたえがありますね。
ぐらも、ヒーヒー言いながらも頑張っています。

行川アイランド前駅から抜け道。
海がキラキラして気持ちいい道です。

111024l.jpg


でも、たまに車が突っ込んでくるので注意が必要です。
車は国道を走って欲しいなあ。

誕生寺を通過
111024m.jpg


安房小湊駅近くの「なかむら」でお昼。

111024n.jpg


私はおらが丼
111024o.jpg


ぐらはなかむら定食
111024p.jpg


かなりCPがよいお店ですね。平日にもかかわらずお客さんで賑わっていました。

お店を出て帰路に着きます。
予定よりずいぶん時間が押しているので急がなければいけないのですが、食後のデザートは忘れません。

ぐらが目ざとく来しなに見つけておいたお店に直行。どら焼きの文字を鷹が獲物を見逃さないがごとく捉えていたのでした。

かまた
111024q.jpg


きざみ栗どら焼き
111024r.jpg


皮がしっとりして美味しかったです。
このお店、以前は通りに面していたそうですが、バイパスが出来てから人の流れが変わってしまったということで・・・。
確かに私もこの道は何ども通っていますが、存在に気づいていませんでした。ちょうど安房小湊のホテル三日月の前辺りです。

帰り道は、県道82号を行きます。
ここは、本日唯一のキツい坂です。

この辺りから九十九折りの登りがはじまります
111024s.jpg


2kmほどの登りです。
この日の登りはこれだけだったので、張り切っていきます。

ぐらも頑張っていました
111024t.jpg


ここから、県道177号で中野まで行って大多喜まで戻ろうか思っていたのですが、時間が思ったより遅くなってしまったので、県道82号で大多喜街道まで出てしまいます。
下り基調でしかも追い風ときたもんで、快調に飛ばしてすぐに大多喜街道に合流する松野に到着。
そこから大多喜街道を進んで、道の駅・おおたきまで帰って来ました。

お約束のソフトで締め。ここ、たけゆらの里のソフトは濃厚で美味しいんです。
111024u.jpg


本日の走行は、67.29km。

思いがけず、好天のポタリングとなりました。
秋を満喫・・・っていうかちょっと暑いくらいでした。

本日のルート



ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
2011.10
24
Category : 3本ローラー
10/3 (月) 休み・実走
10/4 (火) 30分 22.98kmLSD50-15
10/5 (水) 休み
10/6 (木) 30分 22.71kmLSD50-15
10/7 (金) 30分 21.95kmLSD50-15
10/8 (土) 休み
10/9 (日) 休み

10/10 (月) 休み・実走
10/11 (火) 休み・実走
10/12 (水) 休み
10/13 (木) 休み
10/14 (金) 30分 16.07kmLSD50-23
10/15 (土) 30分 15.45kmLSD50-23
10/16 (日) 休み

10/17 (月) 休み・実走
10/18 (火) 休み・実走
10/19 (水) 休み
10/20 (木) 30分 15.24kmLSD50-23
10/21 (金) 30分 14.79kmLSD50-23
10/22 (土) 30分 15.55kmLSD50-23
10/23 (日) 休み

後半は軽いギアでクルクル走法。
まあ、いろいろ試してみようと思います。

ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

2011.10
21
用事があって、船橋まで。
ロードで行ってきました。

行きは第二湾岸をひた走ります。
たまにトラック列車に乗ったりして楽しますが、こういう走りは練習にならないのでほどほどに。

曇りの稲毛の海
111018a.jpg

船橋で用事を済ませ、国道14号を使って帰ります。

ガリガリッチ君を投入
111018b.jpg

先日、オーバーホールした際のワイヤー初期伸びをとってもらいに、サイクルハウス・ジロに寄りました。
オーバーホール後は自転車の調子も絶好調で、変速もばっちりでしたが微調整してもらいました。

行きも帰りも3本ローラー気分で、平坦な道を高ケイデンスを意識しながら走ってきました。

本日の走行は、69.07km。

ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

2011.10
19
ぐらが「筑波山へ行きたい」と口走りました。
筑波山は、山であるということが分かっていらっしゃるのでしょうか??
まあ、余計なことは言わずに、筑波山へ行っちゃいましょう。

常盤自動車道・土浦北インターを降りて、つくばリンリンロードの藤沢休憩所駐車場をデポ地とさせていただきます。
つくばリンリンロードとは、筑波鉄道の廃線後を利用してできたサイクリングロードで、土浦から岩瀬までの40kmを繋いだものです。
サイクリングロードというと川沿いのものが多いのですが、ここはのどかな田の中をゆくのです。

111017a.jpg


藤沢休憩所
111017b.jpg111017c.jpg


きちんと整備されたサイクリングロードです。
自転車で走っている人もチラホラと見かけます。
ただ道路が交差する場所が多く、いちいち止まれ標識が出て段差もあるので、そのへんがちょっと・・・。しかし、ゆっくりのんびり走るにはこのくらいでいいのかな。

筑波山が見えてきます
111017d.jpg


そして、徐々に巨大化してゆきます
111017e.jpg


あの山に登るのかあ~と眺めながら走っていたら、筑波山アプローチ口である筑波休憩所に到着。
藤沢休憩所から12km程しかないのであっという間ですね。

さて、ここから一の鳥居が見えて、いきなり登っています。
初め、多少アップダウンがあってから本格的な登りだろうとタカをくくっていたら、ここから登りっぱなしでした。

エッチラコッチラ登るです。
前回習得した、軽いギアで下ハン走法でジワジワ行きます。
やっぱりダンシングよりスピードが多少出るので、有効?しかし途中でやっぱりダンシングも入れちゃいました。

坂の斜度は驚くようなものではありません。
ジワジワ行けば登れちゃうかんじです。

ぐらも頑張って足つきなし
111017f.jpg


筑波山はこちらか側から登ると、二段構えになっています。
筑波神社まで上りで、そこから平坦もしくは下って風返し峠までまた上がる感じです。
参道入口から神社までは約3km。神社からの平坦・下りは約1km。風返し峠までは2km。

神社で一旦休憩。参拝です。

大鳥居
111017g.jpg


大鳥居をくぐると、お土産屋さん&駐車場が並んでいて、店先に店員さんが客引きをしています。
なんかちょっと引いちゃいます。
「自転車100円で止められるよ」と声がかかりました。

山門
111017h.jpg


御神木
111017i.jpg


立派な神社です。古いままあまり手を入れていない感じがいいです。
境内は清々しい空気が流れていますた。

拝殿
111017j.jpg


大きな鈴が目を引きます。

この時期は七五三のお宮参りなんですね。
赤ちゃんを連れた方が何組みかいらっしゃいました。

今回のポタは、美味しいものを堪能するようなお店が見つからなかったので、この辺のお土産屋兼食堂でなんか食べようかと思ったのですが、ぐらは気持ち悪いからなにもいらないとらしくない発言。
後で考えたら、どうやら軽い熱中症だったようです。
そう言いつつも、用意周到なぐらは家からオニギリを持参しており、それをチャチャっとぱくついてなんとなく治ってしまったようです。
10月半ば過ぎとはいえ、熱中症になるほどの天候でした。

さて、再スタート。
ここからは平坦な道と少し下ったりもして1km程進みます。
そして、風返し峠まで2kmは登りです。

参道から神社までと同様、激坂はなくゆっくり行けば登れてしまう感じです。
千葉県の方にしかわからないかもしれませんが、感覚的には「鹿野山を2本」です。
筑波山自体は、877mの山なので覚悟していたのですが、今回のピークの風返し峠は412m。しかも、二段構えで途中で休憩が入るので難易度としては高くはないです。

もっともクライマーはこのルートではなく、不動峠を登ってくる方が多いようです。
今回は、ぐらも一緒だったので難易度の低いコースにしてみたのでした。

風返し峠
111017k.jpg


ぐらは熱中症の影響もあってちょっと押し歩いたようですが、最後は自転車にのって上がってきました。

111017l.jpg


ここから、表筑波スカイラインへ。
この道は二輪車通行禁止なのです。
自転車は軽車両なのでOKですけど。

111017m.jpg


風返し峠からの表筑波スカイラインは、下り基調です。
気持ち良いダウンヒルを楽しみながら、時より見える景色を楽しめます。

111017n.jpg

たそがれるおじさん
111017o.jpg


表筑波スカイラインから県道199号に入ると、急な下りになります。
ここは車のスピード抑制のための凸凹処理がしてある区間が断続的に現れ、走りずらく自転車には危険です。

下りきったら、まっすぐデポ地のつくばリンリンロード・藤沢休憩所まで、田舎道をゆくのです。

本日の走行は、38.72km。

つくばリンリンロードや筑波山は以前から走ってみたかった場所なので、来れて良かったです。
この日は、自転車日和でもあったので気持ち良いポタリングができました。
次回は、不動峠や筑波山の向こう側にも脚を伸ばせたらと思います。

本日のルート(つくばリンリンロードを除く)


ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

2011.10
13
前日の奥多摩ポタの翌日。
脚は重かったのですが、晴れていたし午前中、誰もいなかったので、自転車で出かけることにしました。

さすがに坂はもうお腹いっぱいだったので、なるべく平地をゆくことにします。
茂原から海に出て、大網経由で帰ってこようかなと思いながら走り出します。

回復走の意味もあって、軽いギアでケイデンスちょっと高めにして走ってみます。
普段はケイデンス90でギアチェンジしてるのですが、今回は100で。
これは脚に負荷がかかりません。
スピードは出ないけど、疲れない。そして、このゆったりペースもまたいいかも。

まわりの景色を見ながら進むこの感じも、ポタリング。
でも考えてみたら、重めのギアで90回すのと、一枚上げて100で回すのとそんなにスピードは変わらないんですよね。
なんだか、この走り方もいいかも。

そんなことを思いながら、うぐいすラインの川在を通過して長柄町役場方面へ。
そして県道13号で茂原まで。

早くもソフト投入
111011a.jpg


ここから高師の交差点で県道84号、一松海岸に向かいます。

なのですが、私、県道84号が鬼門みたいです。
何回通っても道を間違えるのです。
いっつも国道128号に突き当たっちゃう・・・。
なんでかな??

で、今回もまた突き当たっちゃいました。
もういいや、このまま一宮まで行っちゃえ。
もう迷い慣れてるので、今更県道84号に戻ろうとか思いません。
ああ、またここに出ちゃったのね・・・って感じ。

一宮海岸から九十九里有料道路と並走する県道30号を行きます。
すると一松海岸に出るのです。

一松海岸
111011b.jpg


この県道84号の入口はどこなのか?
いつも迷う原因はなんなのか??
を探るために、県道84号で茂原を目指します。

田んぼの真ん中の何もない一本道。
平坦な道をひたすら軽いギアでクルクルクルクル。
なんか、クルクルが気持ちいい。脚は軽いです。ただクルクル回すだけ。
だけど、やっぱりスピードは上がりません。

ちょっといつものケイデンスでシフトアップ走行をしてみると、スピードが上がります。だけどそんなに変わらないっちゃ~変わらない??
なんかモチベーションの問題でしょうか?90で走るときはどんどんシフトアップしてゆく感じなのですが、クルクルだといつの間にかスピードが落ちていて、そのまま失速みたいな。
この走り方が慣れていないだけなのか?

そんなことを考えながら、茂原の街に近づいてきました。
そして、ここで曲がるんだという地点に到着。

111011c.jpg


どうしてここを見落としてしまうのか?
標識の不備なのか??

標識
111011d.jpg


こんなデカデカと標識があるのに、なんでかなあ??

このまままっすぐ茂原街道で帰りました。
茂原街道の登りは、先日檜原街道で抜かされたローディーさんの走りを真似て、下ハン握って軽いギアを高ケイデンスで回して走ってみました。
これはいいですね。
いつもよりスピードを維持して、登れた感じがします。

考えてみれば、下ハン握れば高ケイデンスで回せるので、脚に負荷が掛かりにくい軽いギアで高速回転すればそれなりのスピードで上がれるというわけです。
この手、ちょくちょく使わせてもらいましょう。

本日の走行は、78.7km。

自転車の走らせ方は、なかなか難しい・・・。


ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


2011.10
11
いつも平日休みの私ですが、10月10日は祭日で私の休みともぶつかります。
そこで、普段は使えないJR東日本の「ホリデーパス」なる休日限定のフリーパスを使って輪行してみようというわけです。
この「ホリデーパス」は、2,300円でフリーパスエリア内なら乗り降り自由。しかもそのフリーエリアが広いんです。
南は茂原・成田空港。西は平塚・大月・奥多摩。北は熊谷。東京を起点にするとお得感は薄まりますが、千葉県在住の私にしてみれば、大月なんて片道切符代で行けちゃうんです。

私は普段、ほとんど輪行したことがありません。
というのは、朝は始発でもそれなりに電車内は混んでいます。そして目的地に近づく頃にはまさに通勤ラッシュアワー。以前、小田原まで輪行したときには、満員電車の中大きな輪行袋が大迷惑をかけてしまった経験もあります。
そして、帰りは帰りでよっぽど早く帰らない限り、夕方の混雑に巻き込まれます。
そういったことが億劫で、なかなか輪行しようという気にならないのです。

しかし、休日ならば通勤のラッシュというものはないはず。
のんびり車窓の風景を眺めながら、目的地までひとっ飛びしてるというわけです。

目的地は、坂バカの聖地・和田峠。八王子から表和田を攻めてみる計画です。
そして、せっかくここまで来るのだから、奥多摩にも行ってみよう。甲武トンネル経由で風張峠を経て奥多摩湖から青梅で輪行して帰る予定。
そう思って、フリーパスエリアを見ていたら、フリーエリア終着駅に大月があります。・・・ってことは、と地図を眺めていると「松姫峠」という魅惑的なワードが。
松姫峠経由で大月までの距離数と、青梅までの距離数でそんなに差がなかったので、体力次第で決断することにしました。こういうことが出来るのも輪行ならではの強みですね。

当日の朝を迎えます。
朝、4時半に起床。外は真っ暗。
しかし、路面が濡れています。水たまりもあるくらいに。
まさか、雨か?と疑いましたが、すでに雨は上がっているようです。TVの天気予報は「関東地方は雲がかかっていますが、お昼前には晴れてくるでしょう」という中途半端なもの。晴れるの?晴れないの??
でも、雨は降らないようなので、出かけることにします。

始発電車よりすこし早めに駅に着きましたが、すでにホームには乗客がチラホラと並んでいます。
始発電車は、休日も平日もないのでしょうか?
電車が駅に入ってきて、先頭車両の運転席後ろの壁をゲット。
これで千葉駅まで座って行けます。

千葉駅から東京駅までと、東京駅から八王子までも先頭車両確保に成功。

111010a.jpg

東京駅からの中央線快速では、私が自転車を定位置に置いたあと、カップルの自転車乗りさんが、私と同じタイオガ・コクーンの輪行袋で登場。
既に私が場所をとってしまったあとなので、巨大なコクーンを置く場所がありません。こういうのも輪行のリスクですよね。
私が「輪行袋重ねちゃっていいですよ」と声をかけ、置いてもらいました。
このお二人は純粋なポタリニストのようで、服装も普段着で中野で下車されました。

そんなわけで、車内はあまり混むこともなく私が爆睡しているうちに八王子に到着。
中央線に乗ってるうちに、陽がさすくらい天気は回復していて、絶好の自転車日和になっていました。

8時前に八王子に到着
111010b.jpg


自転車を輪行袋から取り出して、まずはコンビニへ。
一人輪行で一番困るのが、トイレです。
誰かと一緒なら、自転車を見ていてもらってトイレにも行けるのですが、一人だと自転車を置き去りにしてトイレにも行けず、鍵をかけて行くのもなんか・・・。
なので、駅に着いたらまずコンビニなのです。

コンビニで飲み物と補給食を買って、おにぎりを頬張り出発。
結局8時半に和田に向け走り出します。

国道20号から県道521号・陣馬街道に入ってゆきます。
まずは街中を行く感じですが、走るうちに徐々に山の雰囲気が濃くなってゆきます。
道沿いに、小川が流れていて水がきれい。

111010d.jpg


和田峠というと、どうしても激坂をイメージしてしまいますが、サイクリングを楽しめる気持ちの良い道だと思いました。
そして、「夕やけけ小やけふれあいの里」で一休み。

111010c.jpg


ここは、童謡「夕焼小焼」の作詞家の出身地ということから出来たそうです。

この先も山あいを登ってゆきますが、まだ激坂の片鱗は伺えません。
いい感じのアップダウンで気持ちよく走れます。

陣馬高原下バス停からいよいよ本格的な上りです。
111010e.jpg


ちょうどバスが着いたばかりなのか、ハイカーが多く歩いています。
誰もいない木立に囲まれた坂を登るよりは、ギャラリーがいたほうが励みになります。
いきなり坂は急になっていて、もうダンシングしちゃってます。

裏和田から登ったローディーが何人か下ってきます。
しかし、表から登ってくる人には会いませんでした。
表和田は道も狭く、急でしかもこの日は路面が濡れていたので、気を付けないとハイカーと事故を起こしそうで危険です。

表和田は前半は若干斜度はゆるめですが、進むごとに激坂度がアップしてゆきます。
ハイカーの姿もまばらになってきて、ひとりゼーゼーハーハー言いながらジワジワと登ってゆくのです。
確かに「なんじゃこりゃ」と叫びたくなる激坂も出現。
事前に第3ヘアピンと第4ヘアピン辺りまでがキツいと調査していたので、ここを抜ければ大丈夫!と信じて亀走行でしのぎます。

超激坂区間を抜けて、エッチラコッチラ走っていたら、木造の建造物が見えてやっとゴール。
表和田峠を制覇しました。
・・・制覇と言っても、私の場合時間は関係なく「足つきなし」を制覇と呼ぶのですが。

お約束の
111010f.jpg


茶屋でしばらく休憩後、さてそろそろ下るかと思っていた時に、悲鳴に近い荒い吐息で猛ダッシュして登ってくるキャノンデールのローディーさん。
タイムトライアルをしているのでしょう。私はこんな坂でそんなことしようとは思いません・・・。

裏和田へ下ります。
裏和田の道から富士山が顔を出していました。写真ではよくわかりませんね。

111010g.jpg


裏和田は表よりも道幅も広くハイカーもいません。
和田峠を登るなら、表より裏からの方が楽しいよというお話もきいたことがあります。
確かに走りやすそうだし、表のような激坂もないですね。

ずーーっと降って、藤野北小学校の先を右方向へ。
ここからまたアップダウン。和田を登った後だけに、このくらいの勾配ではびっくりしません。

途中で分かれ道。
ちょっと迷いますが、ここは道なりでしょうと進みます。
すると、国道20号に出てしまいました。
あれ???ここがどこなんだか、まったくわからなくなります。

ちょうど信号待ちをしていたおじさんに「甲武トンネルはどっちですか?」と聞くと「甲武トンネルってなんだっけ?」と聞き返されてしまします。
まあ、普通トンネルの名前なんか知らないですよね・・・。
「奥多摩に行きたいんですけど」と言うと、右方面だよと教えてくれました。

家に帰ってから調べたところ、さっきの分かれ道が本来進むべき道で、ちょっと遠回りをしてしまいました。
地図を見た自分のイメージでは右折する感じに見えたのですが、実際には本線から外れるような感じの道だったので、これは違うと思い込んでしまったんですね。方向音痴はこれだからいけません。

国道20号を上野原方面へ。県道33号に入って甲武トンネルを目指します。

景色が素晴らしい
111010h.jpg


気持ちの良い道でした。
自転車に乗っていて良かったと思える瞬間です。これも道を間違えたから味わえた??

県道18号と県道522号、県道33号が交わる交差点。本来ここに出るはずだったんですね・・・。
ここを過ぎるとまた登りになってゆきます。

驚くほどの坂ではないのですが、脚が回りません。
速度もノロノロ。実は和田峠で思った以上に疲労していたようです。
ハアハアいいながら、ダンシングでノソノソ上がってゆくのですが、なかなか進まないし、疲労困憊。
見上げる先の坂が三角定規みたいになっているのを目にしたとき、完全に心が折れました。

何もないただの路上に自転車を転ばして、へたりこみます。
朝コンビニで買っておいたシリアルバー・1本満足シリアルホワイトを投入。
これで気持ち的には、多少上がりましたが、脚は相変わらず回りませんでした。
走り出してすぐに甲武トンネル前の見晴台で、そこからトンネルもすぐでした。

甲武トンネル
111010i.jpg


トンネルの中も登りだとばかり思っていたのですが、トンネル手前がピークです。
ここから一気にダウンヒル。

111010j.jpg


一気に下まで降り切ります。
そして、ここからまた登り。県道206号・檜原街道です。
ここからは登りっぱなし。
やっぱり和田で脚が終わっていたので、もう惰性で登るだけです。
もう苦痛以外のなにものでもありませんね。

途中で一人のローディーさんに、音も無く抜かれてゆきました。
その方は下ハンの端を握って、一定のペースで淡々と登ってゆくのです。
こういう人を「速い人」と言うんだろうなあ。
私もその方の走り方を真似て、下ハンを握って漕いでみましたが、確かにケイデンスが上がってスピードが上がりましたが、脚が疲労してやっぱりダンシングでノロノロと。

追い抜かれたローディーさんは、その方一人ですが、反対方面から下ってこられる方は多数いました。
奥多摩から登ってくる方が一般的なんでしょうか?

檜原街道が終わって、奥多摩周遊道路に入ります。

111010k.jpg


ここで小休止。
だってその先に見える道は、こんななんですから・・・
111010l.jpg


それでも、進まなけらば1cmも先には行けません。
まったりのんびり行くしかないのです。

しかし、この登りは長い。
長すぎる。檜原街道に入ってからピークの風張峠まで15kmあります。
とりあえず、途中の都民の森を目指して進むのですが、「都民の森まで○km」の看板距離を見るたび凹みます。

しかしノロノロでもどうやら都民の森に到着して、駐車場のおじさんに導かれるままここで休憩。

111010m.jpg


ソフトを頼みましたが、これはアイスをグルグルしただけでは?
111010n.jpg


ここで休んでいると、ローディーさんがどんどん入ってきますね。やっぱり下る人なのか?それとも登りの人??
休憩したので、重い腰を上げて再び風張峠を目指します。

都民の森を出たあとは、若干坂の傾斜がゆるくなっている気がします。
今までは登る一方だったのですが、アップダウンも。
脚が休めるアップダウンはありがたや~。

そして、やってきました風張峠
111010o.jpg


風張峠の文字はありませんが、どうやらここがピークなようです。
ここからは一気に下りです。
さっき通り過ぎた気温計では15度になっていました。これは登っているときにはちょうどよいのですが、下りとなるとちょっと寒い。
ウインドブレーカーを着込んで、今までのウサを晴らすように高速でダウンヒル。

登りも長かったけど、降りもロングです。
時々、オートバイが抜かしていくので危ないのですが、基本的に交通量は少なめで爽快です。

奥多摩湖が見下ろせます
111010p.jpg


下までやってきました
111010q.jpg


ここから国道139号を左折すれば、松姫峠なのですが「滅相もございません」。
こんなヘロヘロではじめに予定していた青梅までどころか奥多摩から帰ろうかな・・・とか弱気です。

ここからは下り基調でスピードもガンガン出るのですが、案外と交通量が多く、またスピード防止のために路面に凸凹処理がしてあり走りにくいです。しかもトンネルの連続。
トンネルの中は車が怖いので必死で漕いで猛スピードで抜けてゆきます。
なんだかそんなのが、カッタルイしもう疲れたので、とりあえず奥多摩駅まで行って時刻表を確認してみることに。

時刻は2時半だったのですが、次の電車は2時42分。これは無理だな。
その次は3時6分・青梅行き。その次は3時26分・快速東京行き。

快速東京行きに乗りたいけど、ほぼ1時間後です。
これはやっぱり青梅までゆくか?
でもなあ・・・。

と迷った挙句、やっぱり奥多摩から輪行することにしました。

111010r.jpg111010s.jpg


青梅行きの電車に乗るとまた乗換えが面倒なので、ここはやっぱり快速で帰ります。
奥多摩が始発なので、ずいぶん前からホームに電車は待っているので、先頭車両に自転車置き場を確保してのんびりと座席に座って発車を待ちます。
奥多摩駅は山登りの人が多く利用しているようですが、混雑するようなこともなく東京まで行けました。
東京からも、乗り換えをしたくないあまり我が家の駅まで直接乗り入れている直通電車を待ったりして、家にたどり着いたのは7時を過ぎてしまいました。
でも、ウトウトしながら家まで連れていってくれる輪行はやっぱり楽ちんだあ。

本日の走行距離は、89.37km。

自転車日和の中でのポタであったはずなのですが、そんなことよりも目の前の坂ばかりに気が取られるばかりでした。
正直、和田峠よりも、そのあとの甲武トンネル手前の登りや風張峠の方がキツく感じたのは、和田峠で脚が売り切れてしまったからでしょう。
坂もほどほどにしないと、まったく楽しくないただの苦行ポタリングになってしまうことを思い知りました。

本日のコース



ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
2011.10
05
ぐらが、浜松町でつけ麺のイベントやってるから行こう!!とパワープッシュ!!
食欲の秋なのか、スポーツの秋なのか微妙ですが、とにかく行ってきました。

夢の島マリーナをデポ地とさせて頂き出発です。

111003a.jpg

そのまえに、ちょっとトイレ。
ということで、マリーナでまったりしていたら、デローザに乗った紳士に声をかけられます。
私はこの時、背中をむけていたので気付かなかったのですが、どうやらぐらがカッコイイロードに乗った方を見つけてガン見していたようで、声をかけていただいたようです^^;

そして、そのカッコイイロードバイクがこちら
111003b.jpg


DeRosa CINQUANTAです。
なんでもデローザが50周年を記念して作られた限定車だそうで、日本ではかなりの稀少車だとか。
デローザ大好きなぐらは、バーテープとサドルの金色に感激していましたが、もっと凄いところがたくさんあるんじゃないかな。
フルカーボンでカーボンホイールもクランクもオリジナルということだそうです。

いろんなお話をさせていただき、この方は数年前まで東京都自転車競技連盟の普及委員長で、現在は夢と遊びの学校の校長をされているということです。
自転車も7台保有とか。偶然、すごい人に会っちゃったです。

さて、浜松町に向け出発。
晴海通りから築地を通って、浜離宮庭園へ。
ちょっと時間もあるので寄ってみます。

111003c1.jpg111003c2.jpg


金木犀が良い匂いです。
この日は、自転車で走っているとどこからともなく、この香りが漂ってきて心なごみます。

111003c3.jpg


浜離宮からちょこっと行けば、大つけ麺博の会場です。

111003d1.jpg


平日の開催直後の11時だというのに、結構な人で賑わっています。
ラーメン好きって多いんですね。

111003d4.jpg


共通のチケットを買って、好きなお店のブースに並ぶシステムです。
お店によって列の長さが違うので、呼び込みの店員さんもヒートアップ。

さて、どのお店にしようかな?
111003d2.jpg


昨今のブームなのか、魚介系スープのお店が多いです。
私はこの魚介系スープというのがちょっとイマイチなので、「日本ラーメン協会」なるイベント限定のつけ麺にします。
なんか列が短いんですけど・・・。

鶏祭麺
111003d3.jpg

お味はなかなか美味しいです。
つくねが付いてくるのですが、これまたいい味です。

ぐらはこちら
111003d5.jpg


イタリアンなつけ麺ということです。その名も「ワインレッドの誘惑」
これは、つけ麺というより、パスタですね。スープスパゲッティのつけ麺バージョンみたいな。
しかし、これまた美味しいかったですね。トッピングにスパニッシュオムレツを付けたのですが、これまたヒットでした。

お昼も済ませて、次へ。
増上寺が改修工事をしていてずっと大殿にシートがかかっていた状態だったのが、やっととれたということで見にゆきます。

111003e.jpg


大殿と東京タワー、そして秋の澄んだ青空の共演。
こうしてみるとスカイツリーより大きく感じるのはなぜでしょうか?
実際にはスカイツリーはこの倍の高さがあるんですよね。

芝公園の脇に、芝東照宮。
111003f.jpg


都会の真ん中に、ひっそりとした空間がポカンと空いています。
芝東照宮は、四大東照宮のひとつだそうです。
元々は、増上寺に境内にあったそうですが、後に移転されたそうです。

国道1号で恵比寿に向かいます。
が、途中でいつものアレです・・・。

松島屋
111003g.jpg


豆大福が美味しいとか。
よくある豆大福より、ちょっと小ぶりですが、塩気が効いていて美味しかったです。
評判のお店らしく、ひっきりなしにお客さんが途絶えません。

白金1丁目から国道1号を離れて、恵比寿ガーデンプレイスまで。

111003h.jpg


ここでも、やっぱりパン屋さんなのです。
ラ・ブティック・ドゥ・ジョエル・ロブション 恵比寿ガーデンプレイス。なんかものすごく高級なパン屋さんみたいです。
バケット、かなり美味しいです。

恵比寿ガーデンプレイスから、山手通りに出て目黒不動尊。

111003i1.jpg111003i2.jpg


こちらも改築中。
目立つのは「○○してはいけません」という張り紙多し。
千社札を貼らないでとか柵の中に入ってはいけませんとか・・・。

ここで出会った小学生二人組。
カゴをもって池のところでなにやら獲物を物色中。
なにを採っているのか尋ねたところ、ザリガニだという。水中に手を突っ込んでガサゴソ。こんな小学生が目黒に生息していたとは。ある種の感動を覚えました。

山手通りに戻り、国道1号、晴美通りと来た道を帰って夢の島まで戻ってまいりました。

本日の走行は、40km。

今回はなんか食べ物めぐりポタになってしまいました。
東京はやっぱり西より東寄りのほうが見どころがあるのかなあ。

本日のコース


ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

2011.10
04
Category : 3本ローラー
9/19 (月) 休み・実走
9/20 (火) 休み
9/21 (水) 休み
9/22 (木) 30分 21.55kmLSD50-15
9/23 (金) 30分 22.67kmLSD50-15
9/24 (土) 休み
9/25 (日) 休み

9/26 (月) 休み・実走
9/27 (火) 休み
9/28 (水) 30分 22.66kmLSD50-15
9/29 (木) 休み
9/30 (金) 休み
10/1 (土) 30分 21.95kmLSD50-15
10/2 (日) 休み

今週から、ローラー台はベランダに移動。
騒音問題は解消です。ただし雨の日はどうする??
外の方が涼しくていいです。ローラー台のお供の音楽は、いままでPCで鳴らしていたのですが、MP3でヘッドフォンに変更。ヘッドフォンの方が集中できていいかも。

9月ローラー距離数は、157.53km。
備忘録として、7714kmでオーバーホール(チェーン交換)

ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


2011.10
01
ビアンキ・ピンチェレ計画の一環として、サドルをタイオガ・Dスパイダーに交換しました。
で、どんな具合なのかインプレ致します。

ただし、元々私は鋼鉄のお尻の持ち主であり、レイパンなしで乗ってもお尻が痛くなったことがないという前提ということでご了承ください。

タイオガのスパイダーシリーズには3種類あります。

まず、スパイダーサドル
sp1.jpg

そして、スパイダーツインテール
sp-t.jpg

Dスパイダー
sp d


基本のスパイダーサドルに、左右独立して動くセパレーテッドテールを採用したのがスパイダーツインテール。そしてDスパイダーはベースの厚みを増して強度をあげたものだそうです。
スパイダー、スパイダーツインテールがロード用サドルなのに対し、DスパイダーはMTB用みたいです。

私がDスパイダーを選んだのは、カラーがピンクというそれだけです。
他のスパイダーには、ピンクがなかったのです。

Dスパイダーの第一印象ですが、小さいです。
サイズは、250×130×43mmです。
ちなみにスパイダーサドルは、270x125mm。スパイダーツインテールは、285×135×45mm。

そして、形状が後ろの部分が出っ張っているデザインで、お尻を置く位置が限定されてしまいます。
他のスパイダーシリーズは、平らなデザインなので、やっぱりMTB用だとこうなのでしょうか??

この小さくてお尻を置く位置が決まっちゃってるというのが、ちょっと曲者です。
今まで使っていたフィジークのサドルを外して、Dスパイダーを取り付けます。
座ってみると、ずいぶん前に感じます。

めいっぱい後ろになるように取り付けてみますが、まだ前すぎるような気がして、ちょうどよい位置にお尻を置くと、出っ張っている部分にお尻が当たります。
Dスパイダーのお尻を置く位置にすると、やっぱり前過ぎな気がして・・・。
でも、これ以上後ろに付けられないので、とりあえずしょうがないです。

一応、取り付けは完了したので、3本ローラーで試乗してみます。
ちなみに普通の短パンで乗りました。

第一印象は「硬っ!!」
私の鋼鉄のお尻をもってしてもこの硬さ。

スパイダーシリーズってしなやかな乗り心地がウリじゃなかったっけ??
やっぱりDスパイダーは強度を上げてるので尚更硬いのかな?

なんか前過ぎるなあ・・・とか思いながら、3本ローラーに乗っています。
お尻を後ろに置くと、出っ張りが当たってちょっと痛い。
やっぱりちゃんとした位置で乗ろう・・・すると肘が曲がって、あれ?これっていいフォームじゃない?

硬いけど、まあ痛いというほどでもないです。
ちなみにレイパン履いたらどうだろう?とやってみたら、かなり硬さがとれました。
心配なのは長距離乗って、膝とかに違和感が出ないかですね。

で、先日150kmほど乗ったのですが、膝など違和感なし。
そして、前よりと思っていたフォームも肘が自然に曲がって、いい感じかも。
今まで長距離走ると右肩が痛くなっていたのですが、今回はいつもより痛くならなかった気がします。

そして、今現在、3本ローラーに普通の短パンで乗っても、まったく違和感無し。硬さに慣れたのか、若干Dスパイダーがへたったのかは、わかりませんが。
結論として、私的にはOKですが、敏感なお尻をお持ちの方には、近づくとやけどしちゃうかもしれません。

ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村