RSS
Admin
Archives

ぐりとぐらの本日も自転車日和なり

素人チャリダー夫婦の自転車生活あっちこっち

プロフィール

ぐりとぐら

Author:ぐりとぐら
自転車ど素人夫婦・ぐり(夫)とぐら(妻)が、07年11月 ジャイアント・エスケープR3を衝動買いしてしまって始まった自転車ライフ。09年1月にはBianchiロード・Via Nirone7 Al/Ca 105 Compactとミニベロ・MiniVelo 7を、そして10年3月GIOS VECCHIO も加わってどこまで行くの?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
2011.08
30
韓流ブームと呼ばれるようになってから、久しいです。
どうやら、韓流という言葉か出てきた始まりは、かのヨンさまの「冬のソナタ」が放映された2003年頃かららしいのですが、その勢いは衰え知らずです。

近年はTVドラマだけでなく、K-POPという韓国発の音楽にもブームが拡大。東方神起や少女時代といったタレントが日本のお茶の間に浸透している現状です。
とはいうものの、私にはまったく興味のない世界です。

ですが、食べ物はまた別の話。
韓国料理には興味津々であります。
韓国料理といえば、まず焼肉を思い浮かべるのですが、いわゆる韓国家庭料理のお店も進出してきています。

ところで、ぐらはいわるる韓流ファン世代です。
韓流はぐら世代の奥様たちを虜にしています。
ぐら本人は、まるで関心がないのですが、ぐらのお友達に熱心なファンがいてその方に先日新大久保に連れていかれ、美味しい韓国家庭料理を食べてきたというのです。
これは、私も体験してみなければということで、今回は新大久保コリアンタウンポタなのであります。

デポ地はいつもの北の丸公園。
ここから新宿通りを四谷方面へ向かいます。

麹町辺りがなんか物々しい雰囲気です。
いつもこんなに警官がいたっけ??
そういえば、この日は民主党の代表選挙当日だったんですね。

四谷から、迎賓館方面へ。

美しい迎賓館
110829a.jpg


迎賓館は一般に参観できる期間があるんですね。もちろん抽選ですが。しかし、今年は、東日本大震災等で被災された方々、福島原子力発電所の事故により避難を余儀なくされた方々を対象として、無抽選による「被災者枠」があるそうです。
やるなあ~内閣府。

迎賓館を過ぎて、神宮外苑をかすめ、千駄ヶ谷駅。
ここから新宿御苑の裏道を行きます。
この道は、先日放送されたBS11「自転車紀行 チャリ散歩」で、玉ちゃんが新宿をポタッた時に、抜け道として紹介されていました。
確かに車はほとんど通らず、走りやすいです。

新宿御苑 千駄ヶ谷門
110829b.jpg


この道も、明治通りに合流します。
明治通りを進み、新宿通りと靖国通りを超えた先に、花園神社があります。

110829c.jpg110829d.jpg


大都会新宿の雑踏の中に、静かな空間がぽっかりとあるのです。
お参りを済ませて、社務所を覗くと変わったおみくじがありました。

110829e.jpg

ぐらが迷いに迷って選んだのが、こちらの達磨様。一つ一つお顔が違うのです。

110829f.jpg


おみくじは大吉でした。

花園神社の境内に芸能浅間神社があります。
なんでも芸能の神様とか。

110829g1.jpg

知ってる名前もそうでない名前も・・・
110829g2.jpg110829g3.jpg110829g4.jpg


藤圭子の歌碑
110829g5.jpg


和菓子屋があると放ってはおけないぐらは・・・

花園饅頭
110829h.jpg

お土産ゲットして、西新宿方面へ。
しかし、新宿という街は、自転車のことは考慮されていない道路作りですね。
歩道橋は充実していますが、横断歩道がないです。
どうやって向こう側に行くの??という道満載。

地元の人らしきママチャリのおじさんは、車線の中央を走って右へ左へ。
でも、こうするしかないのかも。それともいつ現れるとも知れる横断歩道まで行って渡って逆走して戻るか??
あるいは横断歩道を自転車かついで昇り降り?

この問題は、道路行政の自転車に対する認識のなさからくるもの思われます。
が、自転車に乗っている人のマナーの悪さも目につきました。私はたまに都内を走りますが、ここ新宿は他の場所よりもかなり目立ちましたね。
まったく信号の意味を理解していないママチャリ女性。逆走してきて中央の緑地帯で待機して、信号が変わってからまた逆走してゆく男性。
自転車ブームと言われる中で、自転車に乗る人は増えたけれど、マナー面がまったくお粗末。これでは社会から自転車が追い出される日も近いでしょう。

自転車LOVEってことで
110829i.jpg

高層ビル郡を流しながらのんびりと。
新宿中央公園の緑が見えてきます。

セミの楽園でした
110829j.jpg


公園を走っていたら、神社があったので寄ってみました。

熊野神社
110829k.jpg


紋付袴の男性と白無垢の女性が記念撮影をしていました。
お幸せに。

十二社通りから税務署通りに。
十二社通り沿いは、昭和の香りがプンプンします。
懐かしい雰囲気のお店が並んでいますが、シャッターを締めている方が多いかな。
再開発の計画も進んでいて、こういった街並みが消えてしまうのは寂しい気もしますが、仕方ないことなんでしょう。

税務署通りからJRの線路脇の小道を新大久保方面へ。
そこはもうコリアンタウンです。

韓国料理や韓流アイドルのグッズを扱うお店、韓国化粧品店など韓国づくし。
そして、街行く人は女性ばかりです。

私は、韓流ファンというのは、40から上の世代のものなのだと思っていたのですが、若い女性が圧倒的に多いです。
どうやらヨン様の時代とは様変わりしているようですね。

110829m.jpg


お腹が空いたので、さっそくお昼なのですが・・・。
なんだか韓国料理店の入口に行列ができています。
嫌な予感。

おすすめのお店を、韓国通のぐらのお友達から聞いていたので、そのお店を目指します。
ここは原宿竹下通りかと見まごうくらいの人、そして若い女性の群れ。韓流ブームおそるべし。
しかし、ぐらの話では前回来た時よりもだいぶ空いているといいます。前回(お盆休み期間)は足の踏み場もないくらい混んでいたといいます。

自転車は、商店街の駐輪場があって安心して街を歩けました
110829l.jpg


やっと、教えて貰った店を探し当て、店内に潜入しようとしましたが、このお店は並んでないんですけど・・・。

ハンヤン
110829n.jpg


なんとなく他のお店が並んでいて、ここが並んでいないというのは不安なものだったりします。
でも、教えて貰ったお店で間違いないので意を決して入ってみたら、地下を降りていった先に店の玄関があってそこから何組みものお客さんが並んでいました。
ホッとしたような、ガッカリしたような・・・。

しばらく並んでいたのですが、一向に列が進まないのです。
これは、しばらくこの状態が続くのか??と思って、新大久保で行きたいスポット「小泉八雲記念公園」へ先に行くことに。

ブラブラ歩いて、住宅街の中に唐突にあります。

110829o1.jpg110829o2.jpg110829o3.jpg


「怪談」で有名な小泉八雲。本名はラフカディオ・ハーン。ギリシャ生まれのイギリス人だそうです。
この地で没したということです。

まあ、公園も見たので、また戻ります。
すると、列は進んでいて、さっきは居なかったお客さんに並ばれていました。
もう、ここはじっと待つしかありません。

しかし、意外と早く列は進んで、やっと席に案内されました。
何を頼もうか??

私は初めからサムゲタンを食べようと思っていたので迷いませんでしたが、ぐらは迷いに迷ってやっぱりサムゲタン。

お通し?のキムチなどのセット(無料&お代わり自由)
110829p1.jpg


そしてグツグツ煮えたぎった状態できたサムゲタン
110829p2.jpg

美味しいです。そしてボリュームもあります。
調子にのってキムチなどをバクバク食べた後だったので、ご飯入のサムゲタンを食べきるのはきついくらい。
しかも、ぐらが食べきれなくて半分ほど手伝ったので、お腹ははちきれそうになりました。
これで、780円(ランチ価格)はコスパ良すぎるでしょう。

ここから、大久保通りをまっすぐ神楽坂へ。
途中で、お約束のパン屋立ち寄り。

メゾンカイザー
110829q.jpg

バケットまで買って、私のドイターから飛び出しちゃってるんですけど・・・。

神楽坂までやってきて、お茶なども買ってから坂を下ると、ここにしかないという不二家のペコちゃん焼。ここしかないというより、ここだけ残っていると言ったほうがいいようです。
かつては全国の不二家にあったそうなので。

110829r1.jpg110829r2.jpg

まあ、普通の人形焼?わざわざ買いにゆくことはないかも。

ということで、まっすぐ北の丸公園まで行って、本日のポタは終了。
走行は、19.76kmでした。


本日のルート



ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村



スポンサーサイト
2011.08
26
Category : 3本ローラー
8/ 8 (月) 実走・休み
8/ 9 (火) 実走・休み
8/10 (水) 休み
8/11 (木) 10分 6.52kmLSD
8/12 (金) 休み
8/13 (土) 30分 21.89kmLSD50-15
8/14 (日) 休み

8/15 (月) 実走・休み
8/16 (火) 休み
8/17 (水) 実走・休み
8/18 (木) 休み
8/19 (金) 10分 4.10kmLSD ポジション変更
8/20 (土) 30分 21.55kmLSD50-15
8/21 (日) 休み

猛暑に負けて10分とか・・・。
でも、実走多しなので・・・。
8/19はサドルの位置をいじってみましたが、なんかよくわからんです。


ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


2011.08
23
早起きして午前5時に出発。
まずは毎度おなじみ伊藤大山練習コース。

川在からうぐいすラインを原田に下って、鶴舞方面へ。
鶴舞公園を通り越し、トンネルをくぐって、大多喜街道に合流。

いつものコースなら、ミニストップでぞうの国方面・県道168号に入るのですが、今日はその先の「山小川」信号から県道171号に入ります。
この道は、結局千葉県射撃場を下った道になるのですが、こっちから行った方がアップダウンが緩いかな??

富山小学校を通過して、伊藤大山へ向かう道すがら、パンク地雷がもう落ちていました。

もう秋か
110817a.jpg

登って降って登ると分かれ道。
上総中野方面へダウンヒル。

グワ~ンと降りて、牛小屋の番犬の激しい声援にこたえながら上総中野駅。

いすみ鉄道と小湊鉄道のそろい踏み
110817b.jpg110817c.jpg

気が向けば海まで行ってみようかとも思っていたのですが、なんとなく気が乗らず大福山経由で帰ることにします。

養老渓谷駅から大福山に登るのは久しぶりです。
養老渓谷駅から大福山山頂までの道は「林道女ヶ倉線」です。
前半に急斜面がありますが、そこを過ぎてしまうと比較的緩斜面が続きます。

大福山山頂付近から
110817d.jpg

ここから下ります。
「林道養老線」です。
路面を舗装しなおしたのでしょうか?非常に路面状態が良かったです。
こちらは終始緩い下りです。言い換えれば、登ってくる場合優しい道です。

下りきると、県道32号を挟んで、「林道万田野線」。
市民の森の後ろ側を通る形です。
ここもはじめの登りを過ぎちゃえば、尾根づたいを細かくアップダウンしてゆく感じです。
時刻は8時前だったと思うのですが、この林道をウオーキングしている人がいました。一体どこから歩いてくるのでしょうか??

万田野線を降り切ると、県道160号を挟んで「林道音信山線」に入ります。
この音信山林道は私にとって未走です。

ここは林道入口付近から、かなり路面コンディションが悪いです。
カーボンホイールを履いてる方は、顔をしかめるでしょうね。
入口付近はダンプが行き来しているので、こうなっちゃうんだと思います。

しかし、先を進めば路面も落ち着いてきます。
やっぱり尾根をゆく感じでどちらかというと降り基調なのかな。

途中で、「林道山口線」との分岐がありますが、本線を進んでゆくと唐突にT字路になっていて、音信山林道は終わってしまいました。
ん??どっち??

実はこの辺の地図は持ってきていなかったのです。
方角的に多分、右。

こんな道
110817e.jpg

これは「林道丹沢線」??
走っていったら、田んぼの開けた道に出て、大きな道路に合流しました。
国道409号です。

ここから牛久まで行って、国道297号(大多喜街道)で帰ってきました。
いつもなら、交通量が少ないうぐいすラインで帰るところなのですが、もう林道登り倒して坂はこりごり。原田の登りは回避しました。
国道297号を走るのは、本当に久しぶりでしたが、やっぱり走りづらいです。

今回、養老渓谷から牛久まで林道を縫って走ってきました。
養老渓谷から牛久へというルートはよく通るのですが、今までは清澄養老ラインか里見小学校を右折し千葉県射撃場から高滝~鶴舞ルートしかなかったので、この新たなルートもバリエーションのひとつとしておもしろいかも。

本日の走行は、89.75kmでした。

本日のルートの一部



ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

2011.08
21
夏休みで暇してて、自転車乗りたそうな娘とポタリング。

行先は、南房総ではちょっと有名なビッグハンバーガーのお店・ビンゴバーガーへ。
自転車に乗りたいのか、ハンバーガーが食べたいのか、娘っこも張り切って出かけます。

道の駅・きょなんをデポ地とさせて頂き、出発進行です。
やっぱり夏!海が見えるとテンション上がります。

110815a.jpg

ゆっくりペースで海岸沿いの道をゆきます。
しかし、すぐに海とお別れして、県道184へ。
本当はもう一つ先の、県道89に入る予定だったのですが、間違えました・・・。
しかし、前方にシマシマの山が。採掘の跡??

110815b.jpg

のどかな風景の中走って、鋸南富山のインターを右折して本来のルート県道89へ戻ります。
ここから、里山の雰囲気のなか進んでゆきます。
こじんまりとした棚田が点在します。

110815c.jpg


若干のアップダウンがありますが、ほとんど平坦な気持ちの良い道です。

ガンバル娘
110815d1.jpg

坂も上がってきます
110815d2.jpg

しかし、この写真を撮った直後、娘が座り込んでしまいます。
フラフラして、気持ちが悪いと言います。
これは、熱中症?まだ10kmほどしか走っていないのですけど。

実は娘のボトルの中には、先日CRCでレイパンを買ったときに、同封されていた固形型で水に溶かすタイプのスポーツ飲料を詰めていたのですが、こいつがマズイ・・・。
それを飲んで気分が悪くなったというのも、一因のようです。
また、まずいからあまり水分を取らなかったということもあったかも。

とにかく、その場で休憩を取ります。
症状は、立つとたちくらみがする、視界がぼやける、気分が悪いということ。
やっぱり熱中症です。

とにかく、水分をとらせないといけないのですが、まったく店も自販機もありません。
しばらく様子をみていましたが、一向によくはなりません。
娘が、ずーっと降りたところに自販機があったと証言。

私は気付かなかったのですが、そこまで降ってアクエリをゲット。
娘のところまで戻って、飲ませると少しずつ回復してゆきました。
結局小一時間休んだでしょうか。

なんとか走れるくらいには回復した娘ですが、ここからデポ地まで戻るという選択枝もあります。
また、デポ地までの距離と、ここからビンゴバーガーまでも同じくらいの距離。
娘はハンバーガーを食べたいということで、とりあえずビンゴバーガーまで行って、そこから私ひとりでデポ地まで戻って迎えにゆくということに。
なんかこういう展開は富士イチのデジャブか!!

ゆっくりペースで、ビンゴバーガーを目指します。
田園風景の中をゆくのです。

もうすぐ収穫ですね
110815e.jpg

なにげに元気を取り戻してる娘。
意外と元気に道の駅・三芳内にあるビンゴバーガーに到着。

110815f1.jpg

お盆期間中だからでしょうか、ビンゴバーガーは大盛況。
娘を室内の席で待たせて、私が注文します。
娘はビンゴバーガーを、私はベーコンバーガーを頼みます。

しかし、ここからが長い。
注文するのも、ある程度ハンバーガーが出来てからしか受け付けてもらえないのですが、注文を終えてからも30分くらい待ったでしょうか?
炎天下の中、お店の前でじーーーーっと待つのであります。
前回、ビンゴに来たときは、平日だったので10分ほど待っただけだったと思います。やっぱり休日は混むんですね。

やっとこ巨大なハンバーガーを受け取って、早速食べるです。

しかし、この大きさは尋常ではありません。

110815f2.jpg

娘の顔は完全に隠れます
110815g1.jpg110815g2.jpg


娘が待ってる間、隣の席にローディーが二人いて、そのうちの一人がスーパービンゴ(ビンゴバーガーよりさらに巨大)を食べていたようなのですが、半分食べてギブアップしたそうです。
胃袋自慢のあなたは是非トライしてみてくださいね。神奈川県の人~^^

やっぱり、これだけの人気ハンバーガー、当然おいしいです。
ただ巨大なだけではありません。
娘もがんばって完食。(ちょっと私が手伝いましたが・・・)

ビンゴバーガーパワーで、娘も元気100倍。
ここから先も、走るれるようです。

さて、道の駅・三芳を出発。
国道127へ向かいます。

国道127は南国情緒漂います
110815h.jpg

国道を北上し、道の駅・とみうらへ。
なんだか道の駅めぐりですね。

道の駅・とみうら
110815i.jpg

ここはなんてったってビワなんです。
前回、ここに来たときに「ビワソフト」を食べたのですが、そのあとすぐに「プレミアムビワソフト」なるものがあると気づいたのですが、時すでに遅し。
今回は、そのリベンジで「プレミアムビワソフト」を食べるぞ!!

かのお店で注文しようとしたら、今日はオリジナルのソフトしかないというではありませんか。
しょうがないので、それを所望す。

110815j.jpg

まあ、ほのかにビワ風味?
ってかんじですか。

それ食べちゃってから、娘が氷も食べたいいいます。
確かに、この暑さはソフトクリームというよりかき氷です。
で、氷を買いに他の店に行ったら、それぞれの店にビワソフトがあるんですね。
あー、こっちでプレミアム買えたじゃん・・・。

でも、かき氷を買ってクールダウン。
やっぱ、かき氷はうまい。

そして、この富浦に来ら外せないのが、イカメンチのお店。

110815k.jpg

イカだけで作ったメンチカツです。
今晩のおかずに買ってかえります。

ここからは、デポ地まで一直線。
国道127をひた走るのですが、恐怖の隧道が二つあるのでご注意を。
保田の先にも二つ恐怖隧道がありますが、こっちの二つも負けず劣らず恐ろしいです。
弁天鉱泉隣の隧道が一番怖いかな。

いろいろあったけど、なんとかゴール。
本日の走行は43.08kmでした。

10kmほどでも熱中症になるんですね。水分補給は大切です。まずいスポーツドリンクは避けましょう。

本日のルート




ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


2011.08
20
Category : 自転車雑談
娘がジャージが欲しいと言う。
はじめは、自転車屋さんを見に行きたいといっていたのですが、品揃え・価格の両面から海外通販を強力プッシュ。
実際に、娘が欲しいロングのレイパンは最寄りのお店に電話で確認したところ、パールイズミのもの1点しか置いてありませんでした。

で、PCに向うこと数十分。
前々から気になっていたらしいカステリの半袖ジャージとどこぞのモノとも知らぬ7分丈レイパン。そしてアディダスのランスカもポチっと。

しかし、ジャージとランスカは在庫があったものの、レイパンだけは「在庫あり 0」という不可解な表示で、結局あとでメールがきて「いつ入るかわからないけど、入ったら送るね」みたいな状況。
結局、レイパンはキャンセルしました。

で、wiggleと双璧をなす英国通販サイトCRCを覗いてみます。
CRCは送料の壁があって、どうしても先にwiggleを見てしまうのですが、実は軽いものなら送料は600円くらいです。
そして、全体的にwiggleよりCRCの方が、お値段が安かったりするので、モノによっては送料を払ってもwiggleよりもお得ということもあります。

今回がまさにそういう状態で、CRCの方がwiggleよりも女性用レイパンの種類も豊富だし、値段もかなり安いです。
結局、wiggleで頼もうとしたレイパンよりもお安いものをCRCで買いました。送料を足してもこちらの方が安いです。

注文したタイムラグがあるので、wiggleの方が先に届きましたが、どちらも10日ほどで遥々英国から千葉の片田舎まで送られてきました。

wiggleは厚手のビニール袋で届きました
110818a.jpg


カステリのジャージ
110818c1.jpg110818c2.jpg

写真ではわかりずらいですが、右肩に透かしのサソリロゴがおしゃれです。


CRCは段ボールで

110818b.jpg

レイパンとランスカ
110818d.jpg

あまり聞いたことがないメーカーですが、パッドもしっかりしているような
110818e.jpg

全部で12,000円くらい。
良い買い物をしたようです。


ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


2011.08
18
県道147号を小山方面へ。
まだまだ下り基調です。
サーッと降って、小山の町中から「足柄峠→」標識に導かれるまま、県道365号へ。

110809k.jpg

ゴルフ場の間を抜けるように、登ってゆきます。
標高が上がってくると、なんの山だかわかりませんが景色がいいです。

110809l.jpg


ゴルフ場のクラブハウスの所がピークなのかと思ったら、まだそこからも登って県道78号に合流。
そこからもまた登って、やっとこ足柄峠に到着しました。

110809m.jpg


本日のメインディッシュは明神峠で、そこはもう登ってしまったのでほとんど仕事は終わったとタカをくくっていた足柄峠ですが、なかなかどうしてキツかったです。
足柄峠をちょっと降ったところに、足柄関所跡があります。

110809n1.jpg110809n2.jpg


この関所の門は映画「乱」で使われたセットだったとか。

ここから、一気に下りです。
110809o.jpg

急な下り区間が終わると、ゆるやかで長い下り。
足柄道です。

110809p2.jpg110809p1.jpg

気持ちよく風をきって、ゆるく長い下りは最高です。
千葉だと、長い上りもない代わりに、長い下りというのもなくて、微妙なアップダウンが続く道が多いので、こういうお楽しみはあまり味わえないのです。

街中にはいってゆき、県道74号。
小田原を目指すのですが、途中でなぜかサイコンが無反応。
なぜ??磁石がずれたのか?と思って、いじってもだめ。しかし、まったくだめではなく、たまに反応したりしなかったり・・・。
同時にケイデンスも無反応になるので、センサーの問題ではなさそう。私のサイコンは、ケイデンスとスピードが別のセンサーを使っているので。
時計はまったく問題なく使えるのでバッテリーとかじゃないし、コードの断線か?(私のサイコンは有線)

どうやっても治らないので、もういいやと思って走り出します。
サイコンなしで走るのは、なかなか不便ですね。距離、スピードがわからないのもさることながら、ケイデンスが表示されないのがペースつかめません。

さて、小田原に着いて昼食です。
以前も食べておいしかった、小田原漁港にある「大原」。
ここは、アジフライが名物です。

110809q1.jpg110809q2.jpg


ラッキーなことに一席だけ空いていて、すぐに入店に成功。
店の収容能力にも問題がありますが、ほとんど並ばないと入れないお店なんです。
やっぱりアジフライはサクサクでフワフワ。とっても美味しいんです。

お昼も食べ終わって、ぐらにここまで迎えにきてもらおうと思っていましたが、ぐらもまだ御殿場にいるということ。
じゃあ、途中までは自転車で向かうよという話になって、やっぱり箱根の山には登ることになってしまいました。

国道1号を進みます。
箱根湯元辺りはやっぱり車が渋滞。ぐらに迎えに来てもらわなくて正解でした。

ここから、旧道方面へ
110809r.jpg


というのは嘘で、国道1号を登ってゆきます。
この日は散々坂を登ってきたので、さすがに国道1号でも脚にきます。
ヘイコラ登っていると、ぐらから仙石原に着いたと連絡。
私が仙石原まで行ってると、予定の時間がどんどんずれ込んでしまうので、太平台の駅まで来てもらいました。

太平台駅の隣の山神神社
110809s.jpg

本日のポタはここで終了。
走行距離は、サイコンの不具合で確認できなかったのですが、なぜか箱根に登り始めてから正常に動き出し70km+αということとさせていただきます。
サイコンは、その後何事もなかったように復活。やはり前日の雨にあたったことで接触が悪かったのでしょうか?

ぐらと合流後、お決まりの箱根神社参拝と日帰り温泉でリフレッシュして帰路につきました。
この日は、富士山をちゃんと見れなかったのですが、乙女峠で帰りの車中から素晴らしい富士山の姿を見ることができました。

110809t.jpg


二日をかけて富士山から箱根にかけて走りました。
やっぱり千葉とはスケールの違う山々。普段からこういう場所を走っている方が鍛えられるのは納得です。
最近、私の嗜好が登りっぱなしの坂よりも、アップダウンを繰り返す道へと変わりつつあります。それは千葉県サイクリストの宿命でしょうか?

本日のルート



ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

2011.08
16
天国と地獄をみた富士イチの翌日。

今日は、私ひとりで山中湖からスタートです。
ルートは、三国峠から明神峠を経て足柄峠で小田原まで降りて、箱根旧道を登ろうという坂三昧コース。
ぐらと子供たちは、御殿場アウトレットでお買い物をしていただき、箱根で待ち合わせて温泉に浸かって帰ろうという極楽コースです。

前日、籠坂峠から降りてきた国道138号と国道413号の分岐から出発します。

前日とうってかわった美しい山中湖
110809a.jpg


山中湖の周りを走るサイクリストをチラホラ見かけます。
でも、籠坂峠に向かう人が多いのかな?

国道413号を進むと、県道730号と分かれ道。

奥が国道413号・道志みちの入口 手前が県道730号
110809b.jpg

道志みちも走ってみたいコースです。
が、今回は県道730号・三国峠を目指します。

緑に囲まれた別荘のような住宅街を登ってゆきます。
進むにつれ家はなくなって、山の様相を呈してきます。
自動車がエンジンを唸らせて脇を通過してゆきます。

ゼーゼーいいながらも登ってゆくと、景色が開けたところに出て、山中湖が一望できる絶景。

110809c.jpg


富士山の頭が雲に隠れているのが残念でしたが、それでも十分な景色を堪能させていただきました。
これこそ坂を登ってきた人だけが味わえるご褒美ですね。

110809d1.jpg110809d2.jpg110809d3.jpg

さて、先をゆきます。
ここからも同じような山道。ただし、そんなに激坂というほどではありません。
なんでも、三国峠よりも明神峠の方がものすごいということだったので、まだまだこれからが本番です。

しばらく登って、神奈川県との堺の標識が現れました。
峠の表記はどこにもありませんが、きっとここが三国峠なんでしょうね。

110809e.jpg110809e2.jpg

ここからダウンヒルです。
三国峠からみる山々
110809f.jpg

ビューンと降っていると、また山梨県の県境標識があって、そこから更にビュビューンと降ります。
なんだかすごい下りです。
ブレーキを握る握力が急速に奪われてゆきます。途中で止まりながらのダウンヒル。
斜度も二桁数字の標識が、次々現れます。
激坂の証明、丸刻印の滑り止めや細かい縦溝(いわゆるレコード盤)の滑り止めが急に出てきて危険です。

こんな坂をクロモリに乗ったかなり年配と見える方が、登ってくるじゃありませんか!!
すごいです!!

で、もしかして??と気づいてしまいました。
今、降っているこの坂が、明神峠なのではなかろうか???

私は勘違いをしていました。
今降っているのは三国峠の下りで、降りきったら明神峠の登り降りがあるのだと。
どうやらそうではないらしい・・・。

そんなことを考えていたら、麓まできてしまいました。
110809g.jpg

やっぱり、そうか、あれが明神峠だったんだ。
ってことは、今回は明神峠の登りはなしってこと?

はっきり言って、今回のメインイベントは明神峠だったのです。
このまま、通過してしまったら、次回いつ来れることやらわかりません。
つまり・・・。

Uターンです。

Uターンすることで、当初計画していた時間がずれ込んでしまいます。
ここは箱根の山を登ることは諦めましょう。
箱根にはまたこれる機会は多そうです。それに比べればここ明神峠はアクセス的になかなか来れそうにないですから。

いきなりきつい登りがはじまりはじまり。
今、降りてきただかりなので、どれだけ急な坂かはしっかりと覚えています。
よっこらよっこら登るであります。

この坂の斜度(降りながら撮影)
110809h1.jpg110809h2.jpg110809h3.jpg110809h4.jpg

ご覧のように激坂と坂と激坂の繰り返し。
中でも18%が二箇所あるのが、最大の山場です。
道路に丸印滑り止めがあることろが、一番キツイ場所でしょうか。

降りてくるときは、谷底か?と思います
110809i1.jpg110809i2.jpg

これは何のために自転車に乗っているのか?というくらいのスピードで、歩いたほうが早いかもしれない速度を保ちつつ進行。
もうとにかく、足つきしないことだけを目標にがんばります。

それでも、確実に一歩一歩前に進んで、神奈川県の県境標識が見えました。
坂のピークはまだ1.5kmほど先のようですが、ここから先は三国峠とみなし、ここをゴールとしちゃいます。

110809j.jpg


なんとか足つきだけはしないで、登り切れました。
ここから、二度目のダウンヒル。
今度は下ハン握って、しっかりブレーキかけながら降りてきました。


ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
2011.08
13
さて、ここから富士イチルートに戻ります。

浅間大社脇から県道180号を登ってゆきます。
はい、登りです。
考えてみれば、あれだけ下ってきた(本栖湖が見晴らせるテラスからずっと下り基調)のだから、登るのは当然です。

しかし、登りっぱなしです。
ずーーっと登りです。緩斜面とはいえ、ずっと続くので辛いです。

やっと、県道180号から国道469号に入ります。
・・・ここにきても更に登り。

県道180号で疲労した脚にはきます。
脚というより精神的なダメージの方が大きいか。
特にぐらは、かなり体力・気力共に疲労感が滲み出ています。

ここまでぐらの脚に合わせてきた私は、それほど疲労感はなかったのですが、ぐらはいっぱいいっぱいな感じです。
どんどんスピードが落ちていって、なかなか前に進まないです。
時間ばかりがすぎてゆき、目の前の坂はいつまでも続き終わる気配すら感じられない。

ヘトヘトなぐら
110808h.jpg

しかもこの道は、お店はおろか自販機すらない、まさにリアル自然ワールド。
私のボトルもだいぶ前から空なんですけど・・・。

やっと見つけた一台の自販機で、水分を補給して一息つくも、この先も果てのない登り坂。
厳しい坂は、山中湖手前の籠坂峠ばかりだと思っていたので、これは予想外の展開です。

県道24号との分岐点でついにぐらが切れます。
「もーーーー、やだ」

この時点で時刻は13時くらいだったでしょうか?
このままのペースでゆくと、御殿場に着くのが15時位になりそうです。そして、河口湖には・・・。たぶん到着できない。

ここで、ぐらに県道24号を下り、裾野の街の適当な店で待機してもらい、私が一人で河口湖まで行ってその後、車で迎えにゆくという提案をしました。
すると、ぐらは「とりあえず、御殿場までは一人でがんばってみる」と。

というわけで、ここから別行動で、私は河口湖へ向けハイスピードで漕ぎ出すのです。
迫り来るゲリラ豪雨とぐらを迎えにゆくという指名が、走れメロスチックに心をかきたてます。

しばらく登れば、今度は下りでした。
山岳地帯を抜けて、自衛隊の演習場の緑の中をゆきます。

110808i.jpg

富士山が見えなかったのは惜しいです。せかされる気持ちのままペダルに力がこもります。
国道138号入ると、細い道に車がびっしり。
県道150号の抜け道を使おうかと思っていましたが、一枚しかない地図はぐらに預けてしまっていたので、道に迷わないことを優先して渋滞する国道138号へ突撃。

ここもずーっと登りです。
籠坂峠の前からずーっと登りじゃないですか!!
もしかして、これも籠坂峠なの?とか思いながらヒーヒー言いつつ走ってゆきます。

須走のインターから脇にそれて、ここからが籠坂峠ですね。
しかし、今までのオーバーペースで既に脚は売り切れておりました・・・。
もう、惰性で登るしかないです。

しかも、雲行きが怪しい。
冷たい空気がサーっと抜けて、いかにも雨が落ちてきそうだな・・・と思ったいたら、ゴロゴロと遠雷。
うわー、勘弁してよ~。

降るな降るなと唱えながら、登るのです。当然、息絶え絶えです。
しかし、籠坂峠についた位に、ついにポツポツと落ちてきました。

雨の籠坂峠
110808j.jpg

ここからグワーっと下って山中湖へ。
ポツンポツンだった雨は、山中湖に降りた時点で、本格的な雨になっていました。
「参ったなあ~」と思いつつ、走っていたら、いきなりザーーーーーっとゲリラ豪雨。
道路脇の木下で雨宿りです。

わかりにくいですが、豪雨
110808k.jpg

ここでぐらに、「こちらは豪雨で雨宿り中ということ。そちらはどの辺かということ」をメールしてみます。
すると、「もうすぐ御殿場。雨は降っていない」とのこと。

15分くらい雨宿りをしていたら、雨足が弱くなったきたので、出発します。
しばらく走っていると、雨はやんで路面も乾いていました。局地的なものだったのでしょうか?

山中湖を離れ、東富士五湖道路の山中湖インター付近でまた突然の豪雨。
今度は先ほどよりも、降りが強いです。
雨宿りするようなところもないので、構わず走っていたのですが、どんどん強くなる雨足に視界不良で走っていられません。
気持ちだけ枝の下に停って雨をしのごうとしますが、まったく効果はありません。

それでも15分ほどそうしいていたでしょうか。こうして雨宿りをしていても濡れるなら、いっそ走ってしまえと降りしきる雨の中を走り出します。
幸い下り基調なので、ほとんど漕がなくとも前に進みます。
しかし、路面は川のように水が流れ出ているので、危険です。ブレーキの効きもかなり悪いです。

もうやけくそになって、前進あるのみです。
そもそも自転車は、全天候型スポーツなのだ。ツールだってブルペだってツル千葉だって土砂降りの中走るじゃないか!!

全身水中を進むような潜水自転車の様相で、ガンガン下ってゆきます。ジャージも靴もなにもかもがびしょびしょ。
結局、河口湖まで雨は止むことなく、そのまま富士イチ達成いたしました。

本日の走行は、113.75km。

時刻は15時半くらいでしたが、とにかくずぶ濡れだったので、とりあえずシャワーを使って着替えます。
ひと心地ついたところで、ぐらに連絡を入れようと、携帯を取り出します。
すると、ぐらからメールが入っていました。

『御殿場からバスで帰るから大丈夫』


時間を戻します。

以下、ぐらの日記より

ちょっと早い夏休み。

富士山を1周の計画です。
昨年はぐりさんが一人で5合目をめぜし、私はのんきに温泉♪娘っ子たちは富士急でしたが、
今回は今回は・・・・・

私も一緒に 富士山1周です。
河口湖からスタートして戻ってくる。総距離120キロ

  地図を見る限り 大丈夫そう!  3時には帰ってきて 吉田うどんたべよ~っと。。

    こんな ノリでスタートしちゃいます。。


河口湖のペンションから7時スタートです
R139少し上り気味で走り始めます。。
まずは、道の駅鳴沢へ~
走り始めは順調です。。
 道の駅にはここに泊まっていたのでしょうか・・・・・・自転車君のグループ
     若い子はどこでも寝ることができるのね~

鳴沢からR71ここはいいですね~
走りやすいです。。登ったりもしますけど、、
緑が気持ちいい♪

  ずっとこんな感じななかな~
  富士山ってたのしいではないかっ!   (今だけ今だけ)

白糸の滝までは ほんとに 気持ちいいです。。車も少ないし空気はおいしい。富士山もきれい。

白糸の滝にきました。。
  きもちいいいいいいいい♪
  涼しいし 和みます

   ここで、素敵な出会いもありました。。
   
   自転車の旅を楽しんでいる 私たちの両親くらいのおじ様です。
   横浜から御殿場まで電車、そこから1泊の予定で 富士山1周の計画だそうです。。
   おじさまは 昨日御殿場から山中湖の峠が厳しかったって・・・・・
      んん???今から、私たちが行こうって思っているところ???
   夕方にはドシャ降りの河口湖・・・・などなど
   いつもの自転車ライフやら  いろいろ 
   自転車の話をさせていただきました。。
   ちょっと 楽しいひと時。。

で、お次は

富士宮の浅間神社です。ずーーーーーーっとずーーーーーっとくだりです。
   いいのかこんなに下っても???
 
途中パン屋さんで調理パン。豚味噌パン うん・・・できたてなんで まあ良しです。。

浅間神社まできたので、あとは御殿場をまわって河口湖に帰るのです。
お昼は御殿場!馬刺し!レッツゴー!

R469がんばるぞーーー。

ですが、この気合は すぐに 打たれちゃいます。。
のぼり、きつい・・・・
    のぼり、きつい・・・・・
        のぼり、」きつい・・・・平均時速10キロない・・・・・
     ぐりさん一言「ママチャリより遅い!」

平坦な道・・・・・みじかっ!
で、またまた のぼり、きつい・・・・・
             あつい・・・・お日様嫌い・・・・
                 でも、入道雲はもっと嫌い・・・・・
                       のぼり、、、、まだまだ・・・・・

やっと富士裾野R24への分かれ道
  ここで、決断

ここまで約65キロ。ここから御殿場まで約25キロ。

          別行動!

こんな 山ん中で・・・・うげげ・・・とほほ・・・・でも、これ以上は早くは走れない。
まあ、御殿場まできたら 何とかなるかな~。って感じで 。

かる~くばいばーーいってしましたが、  一人の自転車って初めてです。

しかも、山ん中・・・・家も道行く人もいない・・・・・自動販売機もない・・・・・

でも、ちょっとがんばってみると、
見晴らしがいい!こういうところを走るのは気持ちいいです。。のんびりのんびり。

ずっとこんな調子がいいんですよね~。。

でも、こんな道は一瞬だけです。。

すぐに、びゅんびゅん車は走っていきます。。こわいです。
親指立てて ヒッチハイクしたい気満々!!
誰か乗せてくれないかな~。。
自転車じゃあ無理か・・・・

ってなわけで がんばる。。。しかたがないので。。

でも その先には 世にもおそろしいくだり坂 ヘアピンカーブです。
のぼりよりも急なくだりは大嫌いです!

もういいです!自転車は押して下ります。ずーーーーっとね。

しばらく押していると、事故です!
くるまーーー山にぶつかっているのです。あらら・・・

くるまでも 曲がりきることができずに、ぶつかるんです。
未熟な私の自転車では、よそ様に迷惑です!
ってなわけで、ずーーーーっと自転車は押していきます。

いつまで、押していくのやら、
  おなかもすいて 自転車する元気もない・・・・・
  
でもでも がんばらないと、御殿場に着かない・・・・とにかく 御殿場!

だんだん 町並みになってきました。。
いい感じです。人間のにおい・・・・ではなく、おいしそうな・・・!!!
しかも有名店ではないですか!!!
馬刺しーーーー♪たべたーーーい。もって帰りたい。
   あーーー自転車・・・・・保冷できない、もって帰れない・・・・
  なので、馬刺しはあきらめ、からあげ2個・・・・・・とほほ・・・・・今日のランチはからあげ2個・・・・
  さみしい・・・・・・むなしい・・・・・
  でも、おいしいです。
  ジューシーでカラッとからあげ。
  もっと食べたいかも。。

しばし 小休憩

さてさて、目指せ御殿場駅!

からあげパワーで 御殿場駅到着2時40分!

どうにかなるさ、御殿場 まできましたが・・・・・

きょろきょろ 御殿場駅。。。バスロータリー・・・・バス案内所・・・バス・・バス・・・バス!!バスです!

どうにかなる、ではなく、どうにかする!

バス案内所のおばさんの話では 自転車は袋に入れたら乗れる。
河口湖駅まで行ける!
路線バスはあと、1時間半待ち
でも、高速バスは3時発!のこり20分!

 絶対に乗りたい!高速バス!

目指せコンビニ!
御殿場はゴミ袋が高い・・・・1500円・・・・・えーーーーー。
ほかに・・・・新聞紙??ビニルかさ??
レジャーシート!!!!&ビニルテープ!!あわせて500円。

あと残り時間 15分。
いつもなら ぐりさんまかせのタイヤはずし
チェーンの油が・・・・うげげ
手をまっくろにしながらも どうにか 前輪後輪はずし 
おしゃれ感覚でハンドルにつけていたレザーブレスレットで自転車に固定!ナイス!ナイス!
   我ながら 絶賛!

そのあとはレジャーシートをひろげ、テープでぺたぺた。
不恰好だけど。

まあ、つかれきって顔から塩吹いている私よりはきれいかも。。

格好なんて気にしてられません!人目も気にならない!

あと一歩、うげーーーー3時のアナウンス!

「渋滞のため、高速バクは少し遅れて到着です。しばらくお待ちください」
   天の助けです!

バスがロータリーの先に見えてきたところでなんとか完成!
脇に抱えて大急ぎ。。

こんなにも 不恰好な自転車でも乗せてくれる????
  どこでもいいから乗せてーーーー。。不安でいっぱいです。。

でも、若い運転手さん快く乗せてくれました。。

ありがたいありがたい。。
本当にほっとしました。。

ほっとしたところで ぐりさんにバスで帰るよーーーーメール。

ほっとしたところで おなかがすいた。

ほっとしたところで 乗り物酔いの私・・・・我に帰る・・・・・外をみて 気分転換気分転換

そんなことを いろいろしているうちに
1時間もしないで 河口湖駅到着♪

富士山1周まではできませんでした、約85キロかな
富士山の洗礼は未熟者の私に厳しかったです。。
もう少し心を入れなおさないと・・・・・

やっぱり 富士山は日本一ですから。



なんとも、男前なぐら。
まさか、輪行してくるとは・・・。

このようにしてパッキング
110808l1.jpg110808l2.jpg110808l3.jpg

高速バス乗車券
110808l4.jpg

車内は空いていたようです
110808l5.jpg

とにかく、ぐらに電話を入れると、すでに河口湖駅にいるというので、そこまで迎えにゆきました。

110808m.jpg


そして、昨年も行った吉田うどんとそばの店「手打ち麺工房 一樹」へ。
吉田うどんのお店っていうのは、ランチの時間帯しかやっていない店が多いのですが、このお店は17時までやっています。
ぎりぎり入店でしたが、吉田うどんにありつくことができました。

110808n1.jpg110808n2.jpg

やっぱり、このコシはクセになりますね。

というわけで、アクシデント満載の富士イチ(?)終了。
ぐらには、ハードルが高かったですね。しかし、大抵のことにはへこたれないということも証明されたような・・・。




ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


2011.08
12
去年の夏、富士スバルラインを登りました。
そして、この夏もまた富士山。
よっぽどの富士山フェチなのか??いや、そうではありません。

去年、私が富士山を登っている間、子供たちが富士急ハイランドに遊びに行ったのですが、完全燃焼できなかったようで是非リベンジがしたい。また新アトラクション・高飛車も新設されているということもあって、是が非でも行きたいという願いです。
今年も子供たちが遊んでいる間に、こちとらも自転車に乗ろうという魂胆なので、子供たちが楽しんでくれるところでないとうまくないわけで、連続の富士山行きが決定されたのです。

さて、富士山は決まったとして、またスバルラインを登るのも芸がないわけで、どこに行こうか思案するわけです。
といっても富士山登らないなら、富士山一周しかないですね。

サイクリストは、琵琶湖一周だとか三浦半島一周だとか、どこかを一周するのがお好みらしいです。
さすれば、日本一の山、富士山を一周するのも定番中の定番。
やはり定番は押さえておかないとということで、今年は富士イチなのです。

で、ぐらはどうするの?
富士山一周は距離にして約110km位なようです。
ぐらの一日の最長走行距離は80kmです。30kmほど記録更新になります。しかもこのルートには籠坂峠という難所も含まれています。
しかし、最近のぐらは、登坂能力も上げてきています。本人も坂を登ることよりも下ることの方が自信がないというくらいです。
ということで、ぐらも一緒に富士イチなのです。

早朝に家を出て、富士急ハイランドに6時半位に到着。
子供たちを開園前(開園は8時半)の富士急に置き去りにして、すぐ近くにとった宿に車を置かせてもらいます。
車から自転車を降ろして、7時に富士イチ出発進行でございます。

宿の人の話では、ここ最近3時頃にゲリラ豪雨が毎日あるということで、なるべく早く帰ってきたいところです。
国道139号に入って、道の駅・鳴沢を目指します。
ゆるい登りが続きます。
そして、交通量が割と多し。

ぐらに合わせてのんびりと登ってゆくと、道の駅・鳴沢に到着しました。

110808a1.jpg


富士山が顔を出しています。
やっぱり大きいなあ~。

この道の駅には、湧き水があるということなのですが・・・。
110808a2.jpg


時間外で止まっていました。
ってことは湧き水じゃないんじゃないの?
井戸水かな?

そんならここには長居は無用。
先に進みます。なんてったって、3時には帰りつきたいんですから。

すぐに県道71号の分岐です。
いきなり登りです。が、劇的に交通量は減少して、気持ちの良い木立ちの中を走ります。

110808b1.jpg


両脇は、樹海の森です
110808b2.jpg

涼しい。とっても涼しい。
爽やかに森林浴を楽しみながら、ゆるい登りを楽しんで走ります。
しばらく行くと開けた場所に出て、本栖湖が見渡せるビュースポットに。

110808c1.jpg110808c2.jpg

ここからは一気に下ります。
牧草の広がる牧場や、野に咲く花の景色がすり抜けていきます。
富士山が雲に隠れがちだったのが、惜しかったです。

110808d1.jpg110808d2.jpg

白糸の滝まで、ずーっと下ってきました。
せっかくなので、白糸の滝に寄ってみます。

白糸の滝というのは、全国いたるところにあるようですが、ここ富士宮市にある白糸の滝は国の名勝・天然記念物だそうです。

110808e1.jpg


とても美しい。
マイナスイオン大放出でございます。

110808e2.jpg110808e3.jpg

ここであった年配のビアンキ・インフォニート乗りの方とお話。
実はこの方とは、本栖湖が見渡せる見晴台辺りから抜きつ抜かれつしてそのたびに、お話していたのです。
横浜在住でロードは2台目だとか。2日かけて富士イチをしているとこことでした。
こういう出会いも旅の醍醐味ですね。

本来、富士イチのルートは、ここから国道469に入るのが常套でしょう。
が、私たちは県道414号を富士宮まで下ります。
途中、パン屋さんやご当地コーラを飲んだりと寄り道。

110808f1.jpg

お茶の味はあまりしなかった
110808f2.jpg

そして下って下って、どこまで下るのってくらい下ると、富士山本宮浅間大社があるのです。

110808g1.jpg

日本全国にある浅間神社の総本宮でございます。
実は、去年も隙あればここに寄ろうと思っていたのですが、願い叶わなかったのでこのチャンスを逃してなるものかとやってまいりました。

110808g3.jpg110808g2.jpg

立派な境内。
湧玉池の清らかな流れに魅了されました。

110808g4.jpg


ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
2011.08
11
Category : 3本ローラー
7/25 (月) 休み・実走
7/26 (火) 休み
7/27 (水) 休み
7/28 (木) 休み
7/29 (金) 10分  7.54kmLSD50-15
7/30 (土) 30分  22.89kmLSD50-15 
7/31 (日) 休み

8/ 1 (月) 実走・休み
8/ 2 (火) 30分 21.20kmLSD50-15
8/ 3 (水) 休み
8/ 4 (木) 22分 16.80kmLSD50-15
8/ 5 (金) 休み
8/ 6 (土) 休み
8/ 7 (日) 休み

この時期、3本ローラーといえ、激しい運動は危険です。
7/29は扇風機なしで乗っていたら、気分が悪くなり途中降板。8/4も滝汗すぎて手袋をしていなかった両手から汗が滴り落ちてテンションダウンして中止。
しかし、今更ながら両手離しで乗れれうようになりました。

あまり距離に意味はないけど、7月のローラー距離数は182.16kmでした。



ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

2011.08
05
Category : 自転車雑談
サヴァイヴ 近藤史恵/著 読みました。

boooooook.jpg

自転車乗りにはおなじみの「サクリファス」「エデン」に続く自転車小説であります。
登場する人物もおなじみさんです。
ただ時間軸は行ったり来たり。

小説雑誌に過去に掲載された短編をまとめたのが本書です。
ですので、本書の一篇「プロトンのなかの孤独」は読んでいました。

ロードレースの解説本としても読めるので、面白いです。
自転車乗り以外の人はどうなんだろう?とか思ってしまいますが・・・。

著者ご本人は、ロードレースファンみたいなので、まったく別の話も読んでみたいです。


ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

2011.08
03
検見川神社でほおづき市があるというので、ぷちポタです。

デポ地は稲毛の浜近くの無料駐車場。
ここから、稲毛の浜公園を通って、花見川CRへ。

本日の出動車両は、ぐりぐら号(R3)です。

110801a.jpg

やっぱり海はテンション上がります。
遠くにヨットが浮かんでいました。これは磯辺高校のヨット部か??

110801b.jpg

稲毛の浜辺に、こんなオブジェも。
110801c.jpg

花見川CRに入ります。
この辺は、ウオーキングや散歩をする人が多いです。

110801d.jpg

川沿いの道をのんびり走ってゆきます。
クロスバイクでポタポタといくのも気持ちいいものですね。

のんびり走っていても、すぐに検見川に到着。
ここからCRを離れて、検見川神社へ。

街がお祭りモードです。
家々の間には縄が張られ、提灯も飾ってあります。

110801e.jpg

ただのほおづき市だと思ってやってきたのですが、これはお祭りなんですね。
神社につくと、立派な山車があります。

110801f.jpg

そして神輿も。
110801g.jpg

検見川神社
110801h1.jpg110801h2.jpg


なかなか立派な神社です。そして祭りの雰囲気なので、賑やか。
御神水もあるんです。

110801i.jpg

ほうづきも並んでいました
110801j.jpg

自転車なので、お持ち帰りはできませんでした。
風鈴も売っていて、風が吹くと涼やかな音色が境内に響いて風流でした。

さて、時間も早いけどお昼の心配。
事前に調査した結果、美味しいカレー屋さんが近所にあるということです。
開店時間にはまだまだ早かったのですが、店の前まで行ってみました。
店の前には、すでにウエイティングの名前を書く紙が置かれていましたが、ちょっと早すぎるのでそこには名前を書かずに、開店が近づいたらまたくることにします。

じゃあ、時間つぶしにCRに戻って、行けるところまで行ってみようということに。
なのですが、ぐらが急ブレーキ!!

河内屋 
110801k.jpg

甘いもの屋に寄らないと気が済まないらしく、ここでおまんじゅうとモナカをゲット。
110801o.jpg

それぞれ栗が入っていて、美味しかったけどちょい甘めかな。

今度こそCRに戻リます。
ここいらまで来ると、ウオーキングなどしている人もほぼいなくなって、たまに釣りをしている人がいるくらいの小道をゆくのです。
切り良く花島公園まで目指しましたが、なんかカレー屋の時間が中途半端で、CRも中途半端な場所でUターンしちゃいます。
っていうのはこのカレー屋さん、人気店で開店前から並ぶという話です。

元きた道を戻って、またまたやって来ましたカレー屋さん。
あれ?既に待ってる人がいます。
それでも開店25分前なんですけど・・・。

先程のウエイティングの紙に名前を書こうとしたら、すでに5,6組み記入済み。
あ~、やっぱりさっき書いとけばよかったあ。

とりあえず名前を書いて、まだ時間があるのでその辺を散策。
ズラーっと出店が並んでいます。
これは結構大きな祭りなんだな。

110801m.jpg

なんて、プラプラしてたらカレー屋さんの開店時間が迫ってきました。

シタール
110801l.jpg

なんとか一順目で入店することができました。
開店と同時に待ってる人も数組み。

店内はそんなに広くないのですが、従業員がやたらといます。
それだけ人気店ということでしょうか。

私は、シタールランチセット。カレーはバターチキンとベジタブル
110801n1.jpg

ぐらは、タンドリーランチセット。カレーはチキン。
110801n2.jpg110801n3.jpg


カレー屋さんとしては、ちょっと強気の料金設定か?と思っていたのですが、実際に食べてみてこれは納得です。
美味しい。

ネットの評判では、とにかくバターチキンが高評価だったのですが、これはものすごく美味しいですね。
濃厚で、カレーというよりシチューみたい。
これだけ皆さん行列するのは、やはり理由があるんですね。

お祭り期間中のサービスとして、うちわもいただきました。
110801p.jpg

ちなみに店員さんに聞いたのですが、御神輿が夜出るそうでその時間帯からがお祭りの本番なのかな?

ここからCR経由で稲毛の浜に帰ってきました。

本日の走行は20kmくらい?サイコンの電池切れで距離計測不能。
短距離でしたが、内容は濃いポタでした。


ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村