RSS
Admin
Archives

ぐりとぐらの本日も自転車日和なり

素人チャリダー夫婦の自転車生活あっちこっち

プロフィール

ぐりとぐら

Author:ぐりとぐら
自転車ど素人夫婦・ぐり(夫)とぐら(妻)が、07年11月 ジャイアント・エスケープR3を衝動買いしてしまって始まった自転車ライフ。09年1月にはBianchiロード・Via Nirone7 Al/Ca 105 Compactとミニベロ・MiniVelo 7を、そして10年3月GIOS VECCHIO も加わってどこまで行くの?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
2011.07
30
Category : 自転車雑談
ツール・ド・フランス2011 総集編をNHK総合とBS1で放映。

地上波でツールが観れる貴重な機会ですね。ツールの放映権をまたNHKに戻して欲しいもんです。

7月31日(日)15:00~16:50 BS1
8月4日 (木)19:00~ BS1
8月7日 (日)2:00~3:40 NHK総合
8月8日 (月)0:00~ BS1

お見逃し無く!!


ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
2011.07
29
Category : 自転車雑談
「ロード乗りこなすならもっと業界一の自転車バカに訊け!」菊池武洋 著 読みました。

booook1.jpg

 
この本は、前作「ロード買うなら業界一の自転車バカに訊け!」の続編です。
私は前作は未読ですが、どうもタイトル通り自転車バイヤーズガイド的な内容のようです。

で、本書の方はある程度自転車乗ってる人向きの内容でしょうか。
自転車本というのは、どうしてもこれから自転車始めたいとか初心者を対象としたものが多いです。
そういう意味では、とても面白く読めました。

特に2台目のバイク・ベストバイという章の冒頭に、「2台目のバイクは、あなたのサイクルライフを決定する重要な1台になる」という言葉が印象に残りました。

確かに私に場合、ロードバイクってどんなの?みたいな気持ちのまま勢いで買ってしまったところがあります。
まあ、誰しも1台目はロードバイク初心者なのだから、そんなものでしょう。
しかし、2台目は違う。

私はもし2台目を買うとしたら、どんなバイクを選ぶでしょう??
今現在、新しいバイクを買う気はまったくありません。
このままの状態で、しばらくはいろんなところを走ってゆきたい。それだけです。

でも、あと数年後、自分はどんな自転車を選ぶんでしょう?
カーボンで軽々?アルミでガンガン?クロモリでまったり??

自転車は乗るほどに、趣向が変わってきます。
自分がどんな自転車乗りになってゆくのかも、楽しみだったりします。


ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

2011.07
28
Category : 3本ローラー
7/11 (月) 休み・実走
7/12 (火) 休み・実走
7/13 (水) 休み
7/14 (木) 30分 21.07kmLSD50-15
7/15 (金) 30分 22.18kmLSD50-15
7/16 (土) 休み
7/17 (日) 休み

7/18 (月) 休み・実走
7/19 (火) 休み
7/20 (水) 休み
7/21 (木) 30分 20.61kmLSD50-15
7/22 (金) 休み
7/23 (土) 休み
7/24 (日) 休み

前半は、初オフ計画があったので気合入ってますが、後半は、この体たらく・・・。
やっぱり目的がないとモチベーションが下がりますねえ。


ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

2011.07
26
午後から所要があったし、猛暑も戻ってきそうなので、朝早く家を出て早めに帰ってこうよという朝練です。

4時半に目覚ましをセット。
4時半に目は覚ますのですが、そこから二度寝しちゃうと、もう今日の計画はおじゃん。
なんとか重い身体を起して、起床成功。起きちゃえば、今日のポタも半分以上は成功です。

5時前に出発します。
もう十分明るくて、犬の散歩やウオーキングをしてる人、早めの通勤の方も含め、この時間からもう動いている人間多数です。
普段は眠っている時間帯ですが、早起きは三文の得?

太陽もまだ低く、涼しい。心地よい風を切って、空いてる道路をスイスイと泳いで行きます。
まずはいつもの練習コース・伊藤大山コースを進みます。

うぐいすラインに入ってゆるい登りに入ったところで、陣痛が・・・。
これだから早朝のポタはいけませんね。
なんか急激に痛みがやってきて早産の様相。とにかく原田のコンビニまでは我慢しないとなんですが、波のように押し寄せる痛みにヒッヒッフーなのであります。
痛ててて・・・と変速ダンシングでやり過ごし、ダーーーっと坂を下ってコンビニのトイレにスプリントをかけ無事出産。

爽やかな気分でトイレを後にし、ついでに朝食。おにぎりとランチパック(ピーナツバター)でカロリーを補給。
ここから鶴舞方面へ進みます。
ぞうの国の脇を抜け、高滝湖を過ぎて千葉県射撃場を登り降り。湯原観音を左折すると、徐々に登り基調になってゆきます。

この辺りから霧雨が降ってきました。
でも空は晴れていたりもして、変な天気です。
霧雨は小雨にはならず、降ったり止んだりを繰り返します。

登りきって、グワーっと下ると、伊藤大山のヒルクライム。っても1kmくらいでしょうかね。
ここは抜け道なのか、通勤時間帯に限って結構車が通ります。
道幅は狭いのに飛ばしてくるので注意が必要です。

伊藤大山を登って、分かれ道。
いつもは左折して大多喜方面へゆくのですが、今回は西畑へ降りてゆきます。
山を抜けると集落に出て、牛たちがお出迎え。酪農が盛んなのかなあ。

西畑駅
110725a.jpg110725a2.jpg


西畑駅はバス停みたいにこじんまりとした駅です。まあ、いすみ鉄道の駅はみんなこんな感じですが。
国道465から黒原交差点で右折。
ここにいすみ鉄道の鉄橋があるのですが、偶然一両編成のムーミン列車が走ってゆきました。
それを見ていたら、見覚えのある水色の丸い背中が見えます。
なんだ??と正面に回ってみると、ムーミンが釣りをしていました。

110725b.jpg


携帯のカメラでとったので、かなりわかりにくいですが、ムーミンが釣り糸を垂れています。釣り餌はニョロニュロ??

川沿いの道。水辺は気持ちいい。
110725c.jpg


国道297を経て、県道82号へ。
ゆるいアップダウンが繰り返す田舎道。
スピードを出して走るも、まったり景色を楽しみながらもOKな道です。

県道82号が終わると、また国道465にぶつかります。
ここを右折して、刈谷交差点で南総広域農道に入ります。
ここは先日、御宿未遂ポタの時に通った美味しいイタリアン屋さん・カンパーニュのある通りです。

まっすぐで平坦な道。
田んぼに挟まれた正に農道です。
たまーにアップダウンもありますが、基本まっ平らです。
グイグイ走って茂原へ。先日、デポ地とさせていただいた「道の駅むつざわ」までの道が車で走っていて気持ちよさそうだったので、このルートを走ってみました。

茂原駅から茂原公園へ。
途中、茂原七夕祭りの看板を撤去?前日までお祭りだったようです。

110725d.jpg

ここからは茂原街道をえっちら。
ヘイコラ登り切ると、いいトラックはないかあ~と探します。
下り基調を味方に、トラック列車に乗って楽して帰ろうという魂胆ですが、なかなかよい物件が来ない。

道路も微妙に空いていて、乗ろうと思ったトラックもサーっと過ぎて行ってしまうのです。
頑張って付いていこうにも、やっぱり本物のエンジンがついてる車には追いつきません・・・。
やっといいタイミングで一台のトラックを捕まえて、ドラフティング効果で漕がなくても40kmほどで走れたのですが、すぐに分かれ道。
ここからまったり家まで帰ってきました。

当初、予想距離が120km位かなと思っていたので飛ばし気味で走ってきましたが、実際には100km位だったのでもっとゆっくり家を出てもよかったのかも?でもそれだと暑くてだめだったか。
8時位まではまだよくてもそれ以降は暑いので、やっぱりこの時期早朝から午前の早めに収まるように計画立てたほうがいいかもです。

本日の走行は、101.88km。

本日のルートの一部




ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


2011.07
23
鴨川有料を下り切ったところで、ランチ。

まるよ
110718e.jpg

実は、このお店、私も初です。
いつも鴨川では、この店の少し先の「食事処 池田」に行くのですが、池田は平日でも満員御礼。休日ならなおのこと並ぶことになるんだろうなと思ってパスしました。
「まるよ」は平日だとそんなに混んでいない感じだし、食べログでもわりと上位にヒットするし、なによりボリューミーがウリみたいなので、胃袋に自信があるKIKUさんにはむしろこっちのほうがいいかもと思ってチョイスしたのです。

しかし、詰めが甘かったです。
平日では並ばなくとも、休日なのでやっぱりお店の前でウエイティングの人たちが群れていました。
困った・・・しかし、他のお店も同じような状況だろうと判断し、順番待ちの列に並ぶこととしました。

20分位待ったでしょうか。
順番が来て店内へ。

待っていた間に、メニューをもらっていてオーダーするものは決めていたので、すぐに注文します。

私は天丼。pentaさんはざるそばとサンガ丼。kumaさんは鉄火丼。KIKUさんはトロサーモンいくら丼とざるそば。
もう一度言いますが、このお店はボリューミーがウリ。食べログのクチコミでも、はじめは喜んで食べてても、そのうち飽きてきて苦しくなってくるということなんですが、KIKUさんはその上にざるそばまで一緒に頼んじゃってるんですけど・・・。
店員さんの「えっ!二つですか?」という驚きの表情を見逃しませんでした。

私の天丼とpentaさんのざるそばとサンガ丼は、ノーマルな量です。

kumaさんの鉄火丼
110718g.jpg


KIKUさんのトロサーモンいくら丼
110718f.jpg


実はkumaさんも胃袋は丈夫だったんですね。大量のマグロを黙々と平らげます。
KIKUさんは、トロサーモンいくら丼を猛スピードでやっつけて、ざるそばもぺろりと。
やっぱり神奈川県勢は違う・・・。

昼食も済ませて、店を出ると雲行きが怪しい感じになっていました。
走り出して、すぐにポツンと落ちてきます。
台風の影響が早めに出始めているのかもしれません。それは雨だけではなく、湿度が尋常ではなく高い。もう温室に入っているような感じです。
kumaさんが「千葉はいつもこんな感じですか?」と言われますが、ここまで湿度は高くないはず。

鴨川松嶋を経て、県道89号に入ります。
この辺りから、雨が降ったり止んだりを繰り返します。しかし、本格的な雨にはならず走行にはあまり問題にはなりませんでした。むしろ涼しくなった?
この県道89号は、皆さんから好評で意外でした。意外・・・というか、そうか!!という感じでしょうか。
はっきり言ってただの田舎道です。特になにもない道。ただ抜け道として使っただけだったんです。

でも、好評だった。私もこの道は楽しいなと思いました。
私は元々こういった何もないけど、走りやすい道が好きなのです。
適度なアップダウン。少ない交通量。里山の風景。
そうか、皆さんもこういう道が好きなのか。

確かに、自転車に乗っていて気持ちいいと思う瞬間って、楽しい道を走っている時ですね。
それは自転車乗りの共通した感覚だったんだ。
今回ルートを決める時には、メインディッシュ的なものを繋いだルートを主眼に考えていました。
例えば鹿野山や鴨川有料道路、鴨川松嶋・・・。
それも必要かもしれませんが、それよりもこれはいい道だなあ~という場所を紹介するというのがホストの役目だったのかもしれないなあとひとりごちたり。

県道89号をワッセワッセとピークまで登りつめると一気に下ります。
そこでヒヤリハット。
私が先頭で、ガーーーっと降りて行く途中、民家から軽トラがぬ~~っと出てきました。
軽トラの運転手はこちらに気づいてもなお、出ようとしていてうわー、こっちは止まれないよ~となって大きく右に膨らみます。すぐ後ろを走っていたpentaさんが気を利かせてくれて、更に大きくよけてくれていたので接触・落車ということにはならなかったのですが、もし対向車が来ていたら事故にあっていたかもしれません。
先頭を走る者として、安全の配慮が足りなかったことを猛省するところでございます。

県道89号から国道410号に入り、酪農のさとで休憩。
ここではお待ちかね、ソフトクリームです。

110718h.jpg

さすが皆さんブロガー、食べる前に並んでソフトの写真撮影。

ここから長狭街道、横根峠を越えて保田から金谷へ戻って参りました。
保田から金谷には恐怖の隧道(暗い・狭い・路面悪しの三拍子)が2つあるので、注意が必要です。
この辺も皆さんにピッタリ後ろに付かれ、もしかして遅いの??とか思いながら頑張って走ったので、ピューンとフェリー埠頭に着いたと思います。

やはり集団走行に慣れていない私のご案内ということで、皆さまには行き届かないところが多々あったと思います。
私の頭の中では、うーん、これでいいのか??と常に五里霧中でありました。
しかし、やっぱり一人で走るのとは違った楽しさ爆発です。
またいつの日かご一緒できることを願いつつ、KIKUさんとkumaさんがフェリーに乗って帰ってゆくのをお見送りしました。そしてpentaさんとも駐車場で別れ一日を終えたのでした。

本日の走行は92.59km。


ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
2011.07
22
いよいよ当日を迎えるのです。
梅雨が明けてからというもの、カンカン照りのピーカンお空が続いていたので、少しは曇ってくれないかなあ~など思っていたら、いきなり台風が発生。
今度は雨の心配ですよ・・・。しかし、天気予報ではこの日までは雨の心配なしとのこと。朝起きたら、青空に薄雲がかかっているというベストコンディションです。

集合は9時に金谷フェリー埠頭ですので、普通に考えれば7時半にうちを出れば間に合うはずですが、今回のご案内役として遅刻するわけにはいかないので、6時半に家を出発します。
普段平日にしか動かない私なので、休日の道路状況がどんなもんだか不安だったのですが、むしろ平日より交通量は少なく余裕で金谷まで行けそうです。

はじめてのオフ会、はじめて会う人たち、はじめての集団走行・・・はじめてづくしなのであります。
心地よい緊張感を保ちながら、車はスムーズに進んで竹岡にさしかかったところで、ケータイにメールの着信があります。
時刻は7時45分。pentaさんが金谷に到着した旨のメールでした。
集合が9時で既に到着とは、さすがに気合が入っています。

私もすぐに金谷に到着。
固い握手を交わして、pentaさんとリアルはじめましてです。
pentaさんは、人当たりのよい楽しい人でした。
まだまだ時間があったので、KIKUさんたちの到着を待ちながら、おしゃべりに花を咲かせていました。
そんな中で、まぐさんが途中パンクで今日はDNSという連絡が入ったということでした。残念ですが、またの機会にご一緒お願いいたします。

あっという間に9時が近づいて、車から自転車などを出して準備していると、入港してきたフェリーからKIKUさんkumaさんがビューンと走ってきます。
KIKUさんはブログの写真でお姿を見ていましたが、まさにブログからそのまま飛び出してきた感じです。
KIKUさんはブログの写真などのイメージではちょっとコワモテ風と思っていたのですが、実際にお会いするととても温和なナイスガイです。kumaさんはクールな感じですね。pentaさんがとにかくkumaさんのふくらはぎがすごいといっていたのでビビってます。

簡単に本日のルートなどをおさらいして、いよいよスタート。
とりあえず、私が先頭ですよね・・・。

なんせ、初めての集団走行。ハンドサインなんてものわかんないし、やったこともなし。
でもやらないと危ないんでしょ?やらないとねえ・・・。

そして、なによりわからないのがペース配分。
実はこの日は最後までどんなペースで走ればいいのか分からずじまいでした。
なんてったって、豪脚ぞろいな皆さん。
とりあえず全力疾走です。

もうこれ以上はスピードでないよ。
これより早く走りたいなら、先に行っておくれ!!
というような感じで走っていたら、皆さんから速すぎのお言葉。

この時点で一番安心したのは、確実に私です。
しかし、じゃあどのくらいで走ればいいの??ここからはその問題との葛藤の一日になりました。
あまり遅すぎじゃあ、皆さんに楽しんでもらえないし、かといって全力疾走だと速いんだよねあ・・・。もちろん全力だと私の脚がもたないんだけど。
時速何キロ縛りとかならわかりやすいのですが、ここは下りだからもうちょっとスピード出したほうがいいの??ここは登りなんでこのくらいでいいのかなあ???と常に頭の中は現状のスピードのことで一杯。
時々後ろを振り返って、離れている場面があると「ちょっと早いのか?」またぴったりくっつかれている時は「もしかして遅い???」とどうもペースがわかりません。

そんなことを思いながら、金谷を出てまずは鹿野山を目指すのです。
竹岡を抜け上総湊から更和へ。
個人的に、鹿野山を登るルートで一番きついと思っているのがこの更和からのルートです。
と言っても、本当の登り区間は3kmほどで、神奈川県勢のお二人には物足りないかもしれません。

私はKIKUさんと並んで登っていったのですが、途中でKIKUさんが苦しそうな様子。
えっ?あのKIKUさんが千葉の坂で??と思ったのですが、よくよく見ればKIKUさんはアウターじゃないですか!!
当然私は初めからインナーに入れています。これが神奈川県勢か!これがKIKUさんなのか!!と己の実力のなさを見せつけられた思いです。

KIKUさんは残り1kmのところでインナーに入れてサーーって行ってしまいました。
私はKIKUさんの小さくなってゆく背中を見ながら、ヒイコラ後を追うしかありませんでした。

ヘロヘロの私。当ブログで自分の写真が出るのは初かも。
110718a.jpg

続いて、pentaさんとkumaさんも登頂。pentaさんはヘルメットのベルトについた自分の汗で塩分補給。
110718b.jpg

鹿野山を登った先はマザー牧場です。
ここで記念写真をパチリ。
あーなんか、こういうのってよくブログで見るよねえ~。

おじさんと自転車
110718c.jpg

ここからも、ちょっとアップダウンがあって九十九谷公園の景色などを楽しんでもらいつつ、秋元口へ下ります。
ここから房総スカイラインに入ります。

房総スカイラインはこちらから登ると、どちらかというと登り基調ですね。
ここもワッセワッセと登るのですが、こういう時ってのはどうなんでしょう。なんか喋りながら走るの?それとも黙々と登っちゃっていいのかしらん??
どうなんだろお???と思いつつ走っていると、終点が近づいてきて例のレコード盤滑り止めが出てくるので、皆さんに注意喚起。

房総スカイラインから鴨川有料道路へ。
鴨川有料は下りですが、そこまでにまたアップダウン。
やっと下りだー、気持ちいいぞと走っていたら、KIKUさんパンクです。

110718d.jpg

やっぱりPRO3は弱いのかなあ。
KIKUさんもPRO3だし、pentaさんもPRO3なんだけど表面が擦り切れているのを朝に発見したりして。どうもタイヤロックさせるともうダメみたい。

KIKUさんは、パンク修理もちゃっちゃと終えて、すぐに走り出します。


ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

2011.07
20
私が巡回している自転車ブログには、仲間と走っている記事を多く見かけます。
仲間とは、元々の友人知人や自転車ショップのチームなどの場合もありますが、ネットを介して知り合った者同士というのも少なくないようです。
私もブログでやり取りさせて頂いている方もいますし、某SNSにも加入しています。
しかしながら、皆さん集合するのは土日ばかり。土日が仕事の私には縁がないのです。

私は基本、ソロで走ります。たまにはぐらとも走りますが、一緒に走るというより私がずいぶん先を走って間が離れすぎたら待ってる・・・みたいなことが多いです。
それに、同じような経験と情熱をもった仲間とサイクルライフについて語り合うというのも、実際に会って話してならではの醍醐味ではないでしょうか。

私のもっとも身近な人間も、自転車乗りでローディーなのですが全く話が合いません。
ホイールがどうだとか、どのタイヤにしようかとかそういう話をしても「やっぱりタイヤは白がいいんじゃないの」とか「まわりは可愛い色がいい」(たぶんリムの色のこと)とか。
とにかく自転車の興味は色と形だけなの人なのです。もちろんぐらの話ですが・・・。

そんなロンリーサイクリストの私にも千載一遇のチャンスがまわってくることがあります。私の休日と皆様の休日である祭日が一致する日が、年に数回あるのです。
先日もそんな惑星直列的奇跡の日(そこまで大げさでもないか)があったので、ダメモトでいつもブログでやり取りさせていただいている「お先にどうぞ」のKIKUさんに連絡してみたのです。
すると、速攻でお返事を頂きトントン拍子に話は進み、「くじゅうくりの風来坊!」のpentaさんと共に南房総を暴走することと相成った訳であります。

そして話の流れ上、言い出しっぺの私が今回のプランニング&ガイド係を仰せつかったのですが、なんせこういったいわゆるオフ会的なことも初体験でありますし、ネット上ではお付き合いのあるKIKUさん、pentaさんですが、リアルでお会いしたことがないので緊張するです。
お二人のブログを拝読するに、KIKUさんは坂大好きでどこまでも走って行けちゃうタフガイ。pentaさんは平地番長でハイスピードで地平線の向こう側までも走り抜けるスプリンター。
このお二人に満足していただけるコースをセッテイングしなければなりません。

集合が金谷ということは決まっていたので、ここを起点に考えます。
まず坂。KIKUさんといえば坂なんです。
が、いつも神奈川の山々や富士山を登っているKIKUさんを満足させられる坂など、この千葉県には存在しておりません。
仕方がないので、千葉県最高峰の山・愛宕山と第二位の山・鹿野山でお茶を濁しておきますか・・・。
pentaさんは平地が大好物なので起伏の少ないルートもコースに含めます。

サイクリングの魅力のひとつは、食事です。
ご当地の美味しいものを味わっていただくのも、コーディネイターとしては外せないファクターであります。
千葉といえばやっぱり魚の美味しい店が多いのですが、KIKUさんも神奈川県民、pentaさんも千葉県民ということで、美味しい魚はいつも食べているだろうと推測。
そこで、サイクリストの間ではちょいと有名なビックサイズハンバーガーを食べさせてくれる「ビンゴバーガー」にトライしていただくことにします。
甘いものも忘れてはいけません。サイクリングの締めはソフトクリームなんです。美味しいソフトクリームがある牧場もねじ込んで、つくったコースがこちらです。



走行距離は120km。本格的な登りは2つ。といってもたかだか標高350m程度です。
これじゃあ、まったく甘ちゃんなルートかも??
KIKUさんなどはいつも160~180km位は軽く走っているみたいだし・・・。

恐る恐るお二人に、ルートをメールでお知らせしたのですが、pentaさんから登り2つは厳しいかも・・・というご謙遜。
鹿野山はともかく、愛宕山は標高の割にそんなにきつくない印象を持っていたので、その旨伝えると納得いただけました。

とはいうものの、このコースで私自身が未走地帯が部分的にあるのです。
ご案内する者が、道に迷ったりしては大変な非礼でございます。
というわけで、試走をかねて未走地帯を走ってみました。

ルートをお二人に送った時は、まだ梅雨明けしていなかったのですが、今年は例年よりも早く梅雨が明けて試走の時はもう夏の様相です。
早朝から朝にかけては好調に走れたのですが、愛宕山を登りだした8時過ぎでもう直射日光が刺すように鋭い。
そしてこの暑さからか、思いの外愛宕山アタックがきついものでした。
また、平地だと思っていた箇所も微妙なアップダウンが続き、まっ平らというわけにはいかなかったり、予想以上の暑さで熱中症になりかけたりと散々な思いをいたしまた。

これは、コースを変更したほうがいいかもしれない。
山はひとつでいいか。
ビンゴバーガーに行くならここを通らない訳にはいかないし・・・。
いや、逆周りならどうなの??
やっぱり下りが多いほうがいいよなあ~。
海も見たいよね!
ソフトは外せないからなあ・・・。

等々、熟考。
結局、距離は90km程度、山も鹿野山だけというゆるいコースを提案いたしました。ビンゴバーガーは今回は見送りです。
 



お二人には、猛暑の中の走行ということも考慮してこのコースに賛同していただきました。
そして、オフ会当日が近づくにつれ、新たに参加される方も増えて、「ロードバイクで走った記録」のkumaさんと「ロードバイクで何処までも」のまぐさんも交えて総勢5名。
集団走行も未体験な私なんですけど、大丈夫ですかねえ・・・。

ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


2011.07
19
夏といえば、カレーの季節・・・なの?
私は1年中カレーが好きです。

しかし、ぐらは主張します。
夏といえばカレーなのだと。
そして、カレーは西葛西なのです。

というわけで、カレーを食べに出かけたのです。西葛西に。
西葛西には、インド人がたくさん住んでいるということで、カレー屋さんも多数あるとの情報。
しかし、中華街のような街はなく、ただインド人(IT関係が多い)が住んでいるというだけ。街並みはいたって普通です。

デポ地はいつもの夢の島マリーナ駐車場としてスタート。
まずは葛西臨海公園を目指します。

国道357号をゆくと、荒川にかかっている橋が、荒川河口橋であります。
この橋は東京都内で2番目に高い橋だそうです。1番高いのはレインボーブリッジですが、自転車で通れるという点で言えばここが一番高いということになります。

荒川河口橋からの景色
110712a.jpg

川を越えて、葛西臨海公園。

観覧車が大きい
110712b.jpg

公園内を散策します。
しかし、暑いんです。日差しが真夏なんです。
青い空、青い海、もう完璧じゃないですか。

110712c1.jpg

遠くに見えるのは、建設中の東京ゲートブリッジ
110712c2.jpg110712c3.jpg

今年度内(2011年)に完成・開通の予定とか。
問題はここを自転車で通行できるのか?というところですよね。どうやら一般道路のようなのですが、どうなるんでしょうか??是非とも通行可の方向で関係者の方にはお願いしたいものです。

サクっと公園を一周して、さあカレーカレー。
もう暑いんで、自転車なんて乗ってらんねーのです。

環七をビューンと真っ直ぐ突っ走って、さてこの辺だとグルグル。
そんな時、ぐらが「あっ!!」と声を上げ急ブレーキ。

Fine Bread
110712d1.jpg110712d2.jpg110712d3.jpg


例によってパン屋さんです。なんでも、ネットの「クリームパンランキング」で1位ということです。あんぱんランキングとかぶどうパンランキングとかもあるのでしょうか。

で、肝心のカレー屋さんがないんですけど、一体どこへいってしまったの??
おかしいなあ~とよくよく地図を見ていると、カレー屋さんがあるのは西葛西で、ここは葛西じゃないですか!!
隣の駅だったのね・・・。
しかし、地下鉄の隣駅なんてのは歩いたって大したことのない距離。
自転車漕いで、やってきました西葛西。

カルカッタ
110712e1.jpg110712e2.jpg

この店は、北インドカレーと南インドカレーの両方を楽しいめます。
一般的に良くみるカレーは北インドカレーで、前回私はこの店で南インドカレーというものを食べてみたのですが、食べかたも分からず私にはその美味しさも伝わらなかったので、今回は普通に北インドカレーを注文しました。

私はチキンカレー ぐらはキーマカレー
110712f1.jpg110712f2.jpg110712f3.jpg


普通に美味しいです。やっぱり普通がいいです。

ここからは、どこにも寄らず真っ直ぐ明治通り経由で駐車場までかえりました。

本日の走行は17km。
やっぱり炎天下は暑いよ~。
すごい入道雲でした
110712g.jpg

ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
2011.07
16
Category : 自転車雑談
7/18(月) NHK BS1 23:00~ 23:50 「アンディシュレック ツールへの情熱」 放送します。

実はこの番組、7/10に放映したのですが、見逃していました。まあ、この日もなでしこジャパンの中継が急に入って、放送時間をAM2:00に変更され、普通の人は見れなかったようですが・・・。

というわけで、もう再放送はないので、忘れないようにしなければ・・・。

ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
2011.07
15
愛宕山を降りると国道410号に戻る。
ここをさらに下って、酪農のさとへ。ただし休園日なので人っ子ひとりいない。
ここ酪農のさとは、かの暴れん坊の将軍が日本で初めて牧場経営をした場所である。

下りながら国道410号から県道89号へ右折。
しばらく下り基調だったが、ここからまた少し登りだ。
愛宕山で脚が疲労していたので、もう坂は飽きてきた。

しかし、ここを一山登りきればあとは平坦地。そこは日本の原風景、里山の世界が広がっている。
ここいらの山はこんもりと低く、まるで子供が砂遊びで作った山を適当に置いてみたというような佇まいだ。
黄緑色の田の稲と山の緑、夏の空の青に浮かぶ白い雲。そんな絵が自転車で走る私の脇をすり抜けてゆく。

昨年(2010年)9月に開催された千葉国体の自転車ロードレースのコースが、この道なのだ。
110711zz.jpg

ロードレースコースの標識が立っている
110711f.jpg

なかなか走りやすい道路で、実際の大会ではこのコースを周回する。
成人は5周して150kmを競ったようだ。
次回、機会があれば1周だけでもしてみたい。

平郡小学校の交差点で、県道88号へ。
まっ平らな幹線道路風の道である。まっすぐ進むと道の駅三芳に到着する。

道の駅三芳といえば、キングサイズのハンバーガー・ビンゴバーガーが名物なのであるが、まだ開店しないなかった。
その代わりというわけではないが、ソフトクリームを所望。濃厚なソフトクリームで疲れた身体に染みる。

110711g.jpg

しばらく休憩後、車輪の上の人になる。
県道88号から県道296号へ。
また山間の農村地帯に分け行ってゆく。

太陽がだいぶ天井に近くなってきた。
信号待ちで止まると、ジリジリと強烈な光線を照射してくる。
走り出すとそう感じないのだが、確実に紫外線が私の身体全体に刺さっている。

身体が露出している部分は顔と脚。上半身は長袖のジャージを着ているのでひとまずは安心だ。
顔と脚には日焼け止めを塗ってあるのだが、汗で一瞬のうちに流れていて効果のほどは疑問である。
日焼けはバカにできないほど、体力を奪う。
なるべく日焼けは避けたいのだが、面倒でこまめに日焼け止めを塗り直さない。
そして後日後悔するのだけれど・・・。

誰もいない田んぼ地帯を過ぎて、海が見える。
海が見えるとテンションが上がる。

110711h.jpg

やはり夏は海だと思う。
国道128号。
海沿いの道。

千葉県は海に囲まれているが、海を見ながら走れる道は案外少ない。
ここ和田から御宿あたりまでが外房では海が楽しめる道路だ。

江見辺りのコンビニでひと休みして、鴨川へ向かう。
実はここいらで今日の走行距離は100kmくらいであった。
本来の予定であったら少し遠回りして200kmを走破するつもりだったのであるが、猛暑と坂、そしてこれまで平地でもアベレージを上げて走ってきたのが効いて気持ちが切れた。
このまま素直なルートで帰路につくこととした。
やはりロングは春か秋か、いや日の長い春分の日頃がいいのかもしれない。

太海の手前で県道247号へ入る。
バイパスのこの先のトンネルは危険なので注意されたし。

県道に入ると、漁村の雰囲気が色濃く残る街並みが現れる。
小さな魚屋、水産加工業、海の町だ。

鴨川松嶋を眺めながら、ゆっくりとペダルを漕いで景色を堪能する。
透き通る青き海。

鴨川青年の家からみる海
110711i.jpg


鴨川駅を渡って、鴨川有料へと向かう。
鴨川有料道路は緩やかな上りが3kmほど続くであろうか。とぼとぼと登り、小休憩。

鴨川有料道路を上り切ったところ
110711j.jpg

有料道路の料金所で通行料20円を支払い、亀山湖へと進む。
ここから養老渓谷を抜けて帰ろうというわけである。

しかし、どのルートを通ってもやはり一山超えなければ帰れない。
そこで選んだのは、林道戸面蔵玉線。
このルートは大福山を越えることなく、小田代まで遠回りをしなくて済む近道なのだ。

林道戸面蔵玉線の入口
110711k1.jpg

いきなり登る。トンネルがいくつか続きそれを過ぎると下りになる。
途中、出世観音の看板があった。

110711l1.jpg

養老渓谷のシンボルと言っても過言ではない赤い太鼓橋。
その橋の向うにあるのが出世観音である。
ここを走るサイクリストは多いと思うが、出世観音に行ったことがある人はごく稀であると思われる。
私も養老渓谷にはなんども来ているが、出世観音に立ち寄ったことはない。

せっかくだからと思い、看板が示す方へとハンドルを切る。
確かこの道はダートだと聞いていたのだけれど、道幅は細いながらも舗装はされている。

こういう道
110711k2.jpg

しかし、やはりある地点で舗装が切れた。
110711l2.jpg

自転車を担いで降りるという選択もあったのだが、坂の斜度があったことと、ダートも荒い石がゴロゴロとしていたので引き返すことにした。
先程入った入口に地元の方がいて、ダートがどのくらい続くのか聞いてみたところ、150mくらいでまた舗装路にもどるということだった。

林道を更に下る。
養老渓谷の駅に続く道に出る。
ここまでくればもうホームグラウンドという気持ちになる。

養老渓谷のオアシス、駅前の金子商店でガリガリ君を買おうとするも置いていない。
仕方がないので、昔ながらのカップかき氷を買って、お店の前でいただく。

110711n.jpg

ここで英気を養って走り出す。
清澄養老ラインは細かいアップダウンが連続してなかなかいやらしい。
そういうことに耐えつつ淡々と進む。
この区間は、追い風にずいぶん助けられた。これは神風だ。

高滝湖にやっと到着した頃、ボトルが空になっていた。
その辺の自販機で補給しなきゃと思いながら牛久まできてしまい、ここまできたら原田のコンビニで休憩をいれるかと思う。
そこからは、本日の最後の仕事、うぐいすラインの原田の坂を登らなけらばいけない。ここはドリンクなしではきついだろう。

ところが、原田まで来てみるとコンビニの駐車場が満員。
なんとなく自転車を止めて鍵をかけて買い物をするのが面倒で、スルーしてしまう。

うぐいすラインの原田の坂は、鴨川有料の坂に似ている。距離は1/3ほどであるが。
ダラダラと続くる坂をダラダラと登る。
本当に斜度が上がるのはピークの前、10mくらいか。

登りながら、ドリンクを買わなかったことを後悔する。
意識がボーッとしてきて、両手にしびれを感じる。
これはまずいな・・・と思う。

それでもなんとか登りきってここからは下る一方なのだが、やはり体調はまずい方向にむいている。
確かコンビニはずいぶん先だし、自販機もなかったと思う。
注意力が散慢になってくる。

そこに天の助け、自販機がポツンと立っていた。
ヨロヨロと自販機の前で止まって自転車を降りる。足がふらつく。
500mlの水を一気に飲み干し、ファンタオレンジの350ml缶を流し込む。
しばらく日陰で座り込み休んでいると、元気がでてきた。
やはり水分補給は抜かりなくしないといけない。

本日の走行は、183.71kmだった。
目標の200kmには達しなかったものの、地味に自己最長距離を更新。
またいつかリベンジしなくては。

本日のコースの一部



ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

2011.07
13
午前4時30分。
窓の外は朝焼けが美しい。

梅雨が開けてから雨の心配はなくなったのであるが、その代わりに容赦なく照りつける太陽を相手にしなくてはいけない。
まだ寝静まっている家族を気にしながら、さっと支度を整えて出発する。

朝の5時前だというのに、もうウオーキングをしている人がいて、一日の時間の使い方は、人様々であることを思い知る。
薄桃に染まった雲を遠く見ながら、ゆっくりとペダルを回してゆく。
まだ空気はひんやりとして、スピードを上げると頬を伝う風が心地よい。

久しぶりのサンライズクルージングである。
進むは大海原ではなく、青々と揺れる田の中ではあるが。

110711a.jpg

こんなに早くに出たのは、ロングライドに挑戦してみようと思い立ったからだ。
私の今までの最長走行距離数は175km程である。
この夏に是非とも200km越えをしてみたいとなんとはなしに考えていたのだが、思いの外早く梅雨が開けてしまいちょうどよい機会という気もして早起きしてみたわけである。

コースは南房総を中心とした。
最近も南房総にはよく出かけるのだが、車で適当な場所まで行き走るパターンが多かった。
久しぶりの自宅からの自走ロングである。

さすがに早朝ということで、車の往来は少ない。
ドイツ村を抜け、久留里街道に入っても全体的には交通量は少なめである。しかし時たま追い抜いてゆくダンプの列にはヒヤッとさせられた。
日本の大型自動車のプロドライバーは概ね安全運転であるという話を聞いたことがある。確かに自転車で路肩を走っていても安全な追い越しができる区間までスピードを抑えてくれている場面はよくある。
自転車に乗っているこちらとしては、それがプレッシャーになるわけでもあるが。

しかし、稀に自転車ギリギリですり抜けてゆく大型車両もある。
こちらは身体剥き出しの丸腰である。一方の大型自動車は鉄の塊であって1対1の勝負をすれば結果は火を見るよりも明らかだ。
明らかに危険な道路の場合、歩道に一時避難をすることも必要と思うのである。

馬来田のコンビニで朝食。
太陽も登り始めているので、ビタミンCのゼリー飲料も補給しておく。
ここら辺から久留里街道はバイパスが途切れ、道幅が狭くアップダウンが激しくなってくる。
久留里城を横目に見ながら通過、平山を過ぎ松丘の手前で国道410号へと続く細道にはいってゆく。

道幅が3mたらずの田んぼに囲まれたこの道路も立派な国道である。
集落を抜けて2車線に道幅が広がる。
房総スカイラインをくぐるトンネルを通過して、しばらく走れば三島湖だ。

走っていたら「○○食堂 100m先」のような雰囲気の看板で「パワースポット 三島神社」とある。
パワースポットと呼ばれる場所にはいくつか行ったことはあるが、自ら看板でパワースポットを名乗るのは少数派ではなかろうか。
果たして本当にパワースポットなのか?そもそもパワースポットってなんなの?などという疑問もフツフツとわかないでもないが、せっかくなので寄ってみることにした。

110711b1.jpg

一の鳥居は木製である。
なかなかの風格。
鳥居をくぐると、少し登って赤い二の鳥居。
その奥に杉並木が清々しい。

110711b2.jpg110711b3.jpg

御神木
110711b4.jpg

拝殿の前の杉は特に立派で、パワーを感じずにはいられない迫力。
お参りをして、神社を後にした。

国道410号に戻る。
この道は上り基調なのだが、ユルユルと続く坂は好きだ。
しかし、ロマンの森辺りから斜度が急になり息が上がってくる。清和の森公園には紫陽花がきれいに咲いていた。

110711c.jpg


麓ではすっかり花が終わっていた紫陽花であるが、標高が若干でも高いと花の咲く時期がずれるのであろう。千葉県で有名な紫陽花の名所は麻綿原高原であるが、やはり今頃が見頃なようである。

積み重ねてきた位置エネルギーを一気に放出して、長狭街道にぶつかる。
長狭街道を右折して、大山千枚田の入口看板を入ってゆく。そこは既に小規模な棚田でゆるい上りが続くのは山の田んぼの証である。
大山千枚田は東京に一番近い千枚田だそうで、日本の棚田百選にも選ばれている。ちなみに千枚田といっても実際に田んぼは375枚ということ。
 
110711d1.jpg110711d2.jpg


千枚田をまだ先に登ってゆくと、千葉県最高峰である愛宕山を目指すことになる。
こちら側から登ると一本道ではない。南房総は細かい山道が迷路のように入り組んでいて、大雑把な地図だけでは迷うこと必至なのだ。
登頂までに曲がり角が二箇所あるのだが、それぞれ曲がる手前に斜度がきつくなっている。
その区間は時速ひと桁台で虫の息で上がってゆくのだ。
二ツ山まで登ってしまえば、あとはアウターでも行けてしまう。そしてたどり着くのはこの場所。

110711e.jpg

愛宕山の山頂は自衛隊の基地になっていて、一般人は立ち入り禁止である。
よって自転車で行ける場所もここまでなのだ。暑さもあってかヘトヘトである。サドルバックに忍ばせていたゼリー飲料を飲み干して、日陰に座り込む。
疲労感が身体から溶け出して地面に吸い込まれてゆく。
しかしどんなに遅くとも、自分の力だけでここまで来たという達成感は格別だ。


ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

2011.07
12
Category : 3本ローラー
6/27 (月) 30分 20.39kmLSD50-15
6/28 (火) 休み
6/29 (水) 30分 21.79kmLSD50-15
6/30 (木) 休み
7/ 1 (金) 休み
7/ 2 (土) 休み
7/ 3 (日) 休み

7/ 4 (月) 休み・実走
7/ 5 (火) 30分 22.55kmLSD50-15
7/ 6 (水) 30分 21.95kmLSD50-15
7/ 7 (木) 休み
7/ 8 (金) 30分 21.70kmLSD50-15
7/ 9 (土) 30分 21.67kmLSD50-15
7/10 (日) 休み

6月の総ローラー距離数は、154.41kmでした。
先週からまたアウターで漕いでいるので、距離数は伸びました。
逆に言えば、距離数はあまり関係ないんですけどね。同じ時間同じようなケイデンスで回していることには変わりがないのですから。

しかし、暑くなりました。
もう扇風機がないと、やってられません。
扇風機を正面から当てて漕ぐと、実走感が増します。そして汗も抑えられていいです。

ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


2011.07
09
Category : 自転車雑談
「ロードバイク熱中生活」下野康史 著 読みました。

boooook.jpg

著者は自動車評論家です。
自動車評論家が自転車にハマる。というとなんとなく滑稽な感じもしますが、わからんでもないです。
世に言う「エンスー」というオタクとローディーは共通点も多いような気もします。
例えば、メカにこだわるところやスペックを気にする、乗って楽しむ人、集めて楽しむ人、磨いて楽しむ人・・・。

本書の前半は、ロードバイクとはなんぞやという話。
後半は、著者が走った体験記、そして試乗したいろんな自転車(あのマホガニーの自転車も!)のこと。

自転車でどこか走りに行くたくなる本です。
著者が14回も出ているという「東京~糸魚川ファストラン」に挑戦してみたくなりました。


ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

2011.07
06
県道85号に戻ります。
実はコンビニがあったらトイレに行こうと思いながら走り続けていたのですが、コンビニどころか自販機すら見当たらないリアル田舎ワールドだったので、ここいらにきてやっと都会らしくなってきました。
もう辛抱ならんと、市役所夷隅庁舎に飛び込みお手洗いを拝借。
そこで、ぐらがなぜか職員のお姉さんにおすすめグルメ情報を聞き出し、観光地図までゲット。
お姉さんおすすのの一軒を目指して県道85号から一本向こうの広域農道へ進みます。

カンパーニャ
110704d1.jpg110704d2.jpg

なかなか良さげなお店ではありませんか。
昼どきでお客さんで満員。

私はオムライスランチ
110704d3.jpg

ぐらはハンバーグランチ(限定15食)
110704d4.jpg

サラダ・ドリンク・プチデザートが付いてランチは1,000円はとってもリーズナブル。ハンバーグだけ1,200円。
しかも、とっても美味しいです。
オムライスのデミソース、ハンバーグの肉の食感は絶品です。特にハンバーグは近年のヒットですね。強力におすすめいたします。

向かい風攻撃で、じわじわとパワーを吸い取られて、クタクタモードなのです。
美味しいものをチャージして元気も出てきましたが、吹き荒れる風に気力は奪われ本日の目的地であります御宿行きは断念しました。

で、事前に調べておいた岬町のパン屋さん経由で帰ることに。
一旦国道465へ出て、いすみ鉄道の国吉駅前の商店街を抜けます。

110704e1.jpg


そこで見かけたのがこちら
110704e2.jpg

ミムラ姉さんとニョロニョロ。
なんでミムラ姉さんなの?

そういえばいすみ鉄道といえばムーミン列車ですよ。
じゃあ、他のキャラもいるのかとキョロキョロすると、向かえの文房具屋さんにムーミンパパとムーミンが鎮座ましていました。

110704e3.jpg

他にもスナフキン
110704e4.jpg

ムーミン
110704e5.jpg

これって手ずくり?

県道154にはいり、追い風区間突入。
は~~楽チン。

青々とした稲の海原の間をイルカのように泳いでゆきます。
110704g.jpg

途中良さげな神社を発見してお参りします。
広い境内。明るい佇まい。

天神社
110704f1.jpg

天神社というと、天神信仰ということで絵馬などもありました。学問の神様ですね。
本殿とは別に合祀された神社もあったのですが、ずいぶん古い狛犬さんがいました。
110704f2.jpg110704f3.jpg

気持ちよく追い風に乗ってパン屋さんに一直線。
しかし、ぐらが急ブレーキ。

目指すパン屋さんでないパン屋さんを発見。

110704h1.jpg

ぐらが大好きなドイツパンというワードを獲物を狙うタカのような眼差しで一瞬にして捉えたようです。
自転車を止めていると、外人さんがやってきてお店に入っていったので、本格的なのか??

スイスクロワッサンという普通のクロワッサンより細長い感じのやつとドイツパンのお買い得セットを買って帰りました。
スイスクロワッサン・・・まあ普通かな。一般的なクロワッサンのほうが好みかも。

110704h2.jpg

そして、岬町椎木交差点にあるパン屋さん。
110704i1.jpg110704i2.jpg

こちらも普通っぽいパン屋さんでした。
普通のパンでは飽き足らないぐらにはいまいちだったみたい・・・。

110704i3.jpg

ここから、田舎道を時に向かい風、時に追い風、時に斜め風に吹かれながら道の駅に帰ってまいりました。

途中の牧場のポニー
110704j.jpg

終始、強風が吹いていましたが、ずーっと風にあたっていると風の存在も普通になってしまいます。
まあ、確実に距離以上に体力は消耗していますけど。

睦沢・いすみ地区は今までほとんど走ったことがなかった空白地帯だったのですが、なかなかどうして面白い道でした。
ゆる~いアップダウンと田んぼの中の一本道。
交通量の少なさも魅力です。
もともと何もないところを走るのが好きなので、今度じっくり走りにこようと思います。

本日のルート


本日の走行は、43.61km


ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

2011.07
05
梅雨なのに関東地方はあまり雨が降りません。
雨は降らないのだけど、天気予報はいつも「雨」。
でも結局降らないみたいな・・・。

そんなこともあって、今回の休みは予報が雨でも出かけるつもりでした。
そんなことを知ってか知らずか(知らないでしょうけど)予報は曇ときどき晴れ。
ならば心置きなく出かけられるというものです。

今回の目的地は、御宿です。
なぜに、御宿??

それはぐらたってのリクエスト。
どうしても御宿の月の砂漠のラクダ像が見てみたいというのです。
一度、この像を見た方ならわかると思いますが、期待度に比べて実物はこんなもんかと思ってしまうランキング上位に位置するのではないでしょうか?
逆に言えば、それだけキャッチーな観光名所とも言えるわけで、ぐらが見てみたいと思う気持ちも理解できます。

ということで、御宿を目指す訳ですが、どこからスタートしましょう?
私一人なら余裕で自宅から自走可能な距離ですが、ぐらにとってはちょとロングかもしれません。
地図を眺めながら、今まで走ったことのないルートなども考慮して、茂原まで車で行ってそこから出発することにしました。

しかし、落とし穴が!!
猛烈な風です。
予報でも南風が強いという情報が出ていましたが、予想以上の強風度。
これは少しでも目的地に近いほうがいいかもという配慮と、道の駅好きなぐらの要望もあって「道の駅・つどいの郷 むつざわ」をデポ地とさせていただきました。

車から自転車をおろして、いざ出発というところですが、ものすごい強風なんですけど・・・。
歩いていても止まってしまいそうな勢い。
はたしてこれで自転車を漕いで走れるものなのかと疑いをもつほどの強風。

しかし、ここまで来てしまってすごすごと引き返すのは納得がいかないのです。だって天気は晴れているのだし。
渋るぐらを言いくるめ、強引に出発します。

しかし、スタートは追い風。
強力な追い風アシストでグングンスピードに乗って走り出します。
しかしそれもすぐに終了。

向かい風ゾーンに突入です。
追い風の時は、優しいそよ風に包まれながら高速巡航していたのですが、立場が変われば同じ風なのにペダルに重りがついたような負荷がかかります。
スピードは一気にダウンです。

のどかな田園地帯をノソノソ行くよ~
110704a1.jpg110704a2.jpg


しかし、風もずーっと吹いているので、慣れますね。
それが当たり前のように、平地ヒルクライムのつもりで淡々と進むのみです。
むしろ最近は、平地でもヒルクライム感覚が味わえるという発想の転換で向かい風も好きだったもします。

県道85号をひた走り、万木城跡公園へ。

110704b1.jpg

丘の上にお城風展望台が見えます。
これを登ってゆくのです。

110704b2.jpg

ここはかなりの激坂です。
しかも道幅も狭く、車の通行もあるようなので無理せず押し歩きしました。
出会い頭で車と遭遇したらビンディングも外せず転ぶこと必至と思われたので。

そして、展望台からの眺め
110704b3.jpg

万木城は戦国時代のお城の跡ということです。

その万木城跡の近くに、海雄寺があります。田んぼの奥にある小さなお寺です。
ここには、涅槃像があります。

涅槃像とは、お釈迦さまが入滅(釈迦の死・解脱)した姿を仏像として表したものだそうです。
釈迦の像には立像・坐像・涅槃像があり、立ち姿は修業中で悟りを開く前、座った姿は修行して悟りを開かんとしている、そして寝てる姿は、すべての教えを説き終えて入滅しようとしているところだと。
涅槃像にも、釈迦が目を開けている姿と、つぶっている姿があって、開いたものはすべての教えを説いているところ、つぶっているものはすでに入滅した姿だそうです。

海雄寺
110704c1.jpg

涅槃像
110704c2.jpg110704c3.jpg

ここの涅槃像は目を閉じているようですね。

ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


2011.07
03
Category : 自転車雑談
今年もツールドちばが開催されます。
日程は、10/8,9,10の3日間。

公式HPはこちらですが、詳細はまだ未定なようです。

ただし、今回のコースは今までと大きく変更。
震災の影響だと思われます。

木更津かずさアカデミアパークがスタート・ゴール地点。
成田市をはじめ北総~鴨川をめぐるコースだそうです。
前回よりも距離も30km延長したとのこと。

コースの変更がどんな風になるのか、楽しみです。
他の自転車イベント同様、このツールドちばも申し込み開始から早々に定員に達してしまうので、参加されたい方はこまめにHPをチェックですよ~。


ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

2011.07
02
Category : 自転車雑談
今晩の世界ふしぎ発見で、ジロ・デ・イタリアを特集。

これははずせないでしょう~。

ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村