RSS
Admin
Archives

ぐりとぐらの本日も自転車日和なり

素人チャリダー夫婦の自転車生活あっちこっち

プロフィール

ぐりとぐら

Author:ぐりとぐら
自転車ど素人夫婦・ぐり(夫)とぐら(妻)が、07年11月 ジャイアント・エスケープR3を衝動買いしてしまって始まった自転車ライフ。09年1月にはBianchiロード・Via Nirone7 Al/Ca 105 Compactとミニベロ・MiniVelo 7を、そして10年3月GIOS VECCHIO も加わってどこまで行くの?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
2010.12
29
Category : 自転車雑談
今年のポタメシランキング、ぐら編でございます。

第3位 高木屋のカキ氷
第2位 一樹
第1位 ナプレ

第3位の高木屋は柴又・帝釈天の参道にあるお団子で有名なお店です。そこのカキ氷が「フワフワで懐かしい~」
第2位は、河口湖町にある蕎麦と吉田うどんのお店。吉田うどんは「はじめての歯ごたえ、こしの強さ。感動的」
第1位は東京・青山にあるイタリアンレストラン。「安心して食べられるモチモチピザ」

というわけで、ポタスポットでは全然かぶらなかったのですが、ポタメシはぐりぐらとも同じようなラインナップです。おいしいものは誰が食べてもおいしいという至極当然な結果ですね。

↓ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
2010.12
28
Category : 自転車雑談
ポタスポットに続いて、2010年のポタメシランキング。まずはぐり編。

第3位 ナプレ
第2位 かどかわ
第1位 一樹

第3位は東京ミッドタウンにも出店しているイタリアンの有名店。当然おいしいです。
第2位、はうなぎ屋さん。印旛沼のほとりにあるお向かいのお店「い志ばし」と双璧を成す。次回はそちらにも行きたいなあ。
第1位の一樹。こちらは実はブログ未登場のルール違反。富士山ポタをしたときに、車で食べに行った吉田うどん&更科そばのお店。ここの吉田うどんに感動して 東京でも吉田うどんを食べられないかと戸越まで行ったのですが、やっぱり別物でした。そばもおいしく機会があればまた行きたいお店です。

↓ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村



2010.12
26
Category : 自転車雑談
今年行ったお気に入りポタスポット、ぐら編です。

第3位 南房総ポタリング

第2位 東京紅葉ポタリング

第1位 河口湖・西湖ポタリング

ぐらのランキングコメント

第3位の南房総ポタは、「海を見ながら走るのは気持ちいいから」。このポタはぐらのジオス初ポタでもありました。
第2位東京紅葉ポタ。「東京大学の紅葉がきれいだった」
第1位は河口湖・西湖。「湖畔を走るのことがないから」

だそうです。
やっぱり水辺はきもちいいですからね。

↓ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

2010.12
25
Category : 自転車雑談
年末恒例企画 2010年に行ったポタスポットのランキング。
まずは、ぐり編でございます。

第3位 月出・大多喜練習コース

第2位 ひとりMt 富士ヒルクライム & 河口湖・西湖ポタリング

第1位 箱根にアタック2010

第3位の月出・大多喜練習コース。一般の人にとってはまったく見所はなく、山の中の坂道しかないような場所ですが、自転車に乗る人間には地味ながらなかなか楽しいルートを開拓できたと自負しております。このような練習コースをまたいくつか開拓できればと思うところであります。

第2位は、富士山。地元千葉にはありあえない永遠と続く登り坂。登り切った足がワナワナと感動に打ち震えておりました。下山後にその富士山を眺めながらのポタは絶景の連続で感動です。

第1位はなんといっても箱根の山です。以前登った国道1号で、箱根を制したつもりになっておりましたが、今回の旧道こそがTHE箱根だったことを思い知らされました。一から出直して来いといわれた気分で、次回挑戦するときはもうちょっとまともに登りたいです。

というわけで、結局「坂道」だらけのランキングになってしまいました。

↓ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


2010.12
22
今年も残り少なくなってきました。
雨続きのMY休日なのですが、天気予報より早く天候が回復し、走り納めポタを決行。

当初、予報では午後から晴れということだったのですが、10時過ぎには青空が見えてきて、気温も上がり絶好のポタ日和となりました。
とはいうものの、この時期夕方も早いので、あまり走る時間はないです。
なので、やっぱり近場の練習コース・ウグイスラインから高滝湖・伊藤大山・長柄とまわってみます。

本日のコースの一部


服装は完全冬試仕様で臨んだのですが、この日の最高気温が17度というポカポカ陽気で暑いくらいでした。
本格的にロードで走るのは、忘れちゃうくらい前なので、やっぱりきついです。

このコース。特になにもないので、淡々とペダルを回すだけ。
伊藤大山の頂上付近・市原市と大多喜町の境界でちょこっと休憩していたら、競輪選手と思われる方が通り過ぎたくらいで、他に自転車に乗った人とも会いませんでした。

熊野の清水で水を汲んでのどを潤していたら、菜の花がもう咲いていてびっくりです。
あったかいからもう咲いちゃったのでしょうか?それとも菜の花ってもう咲くの??

国道409号にぶつかって、笠森観音方面から長柄に抜けようと思っていたのですが、天性の方向音痴から左折すべくところを右折してしまいます。
走っていたら、なんとなくいい感じの神社発見。

豊栄神社
101220d.jpg101220a.jpg

狛犬がどことなくかわいい
101220c.jpg101220b.jpg

明治時代に村内神社を合祀したらしいです。
落ち着いた感じで、なかなか素敵でした。

県道13号に入り、この前は秋元牧場から帰ったので、今回は長柄山を登って茂原街道へ出ました。
秋元牧場は三段坂なので、たまには休めるのですが、こちらの坂は登りっぱなし。結構長いんですよ。

12月半ばを過ぎていながら、暖かく快適なポタでした。
本日の走行は84km。

私はもう年内休日がないので、完全なる走り納めであります。

↓ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

2010.12
15
Category : 自転車雑談
今年の夏、印旛沼へうなぎポタに出かけたので味をしめた娘。
「実はうなぎというのは、冬の方がおいしいのだと」いう話をしていたら、今度はこの前行った向かいの店に行こうということになってしまった。

そのお店は印旛沼では有名店なのだが、評判は賛否の分かれるところでもある。
それなら、成田山新勝寺の参道にあるお店の方が定評があるのでそちらの方に行ってみようかということになった。

ポタ当日は、娘は午前中授業だけなので、午後から出かける予定にしていた。
朝から雨が降っていたのだが、予報で午後からは晴れるということだったのでちょうどよかったはずだった・・・。
自転車を車に積んで出ると、雲行きは怪しいまま。
晴れる気配もなかったのだが、もう出ちゃったし予報を信じて。

目的地が近づくにつれ、雨は止むどころか強くなるばかり。
やっぱり天気予報はあてにならん。

しかし、せっかくここまで来てしまったので、せめてうなぎだけでも食べて帰ろう。
その前に、ポタるならばデポ地にしていた成田空港近くのさくら山公園に寄ってみた。

101214e.jpg

ここからは、飛行機が飛び立つ姿が大迫力でみれるという公園なのだ。
小雨の中、公園のビュースポットに向かうと今まさに上空に飛行機が空の高みに向かうところであった。
雲が厚いので、すぐにその姿は雲の中に吸い込まれてしまうのだが。
さぞや晴れていたら壮観な眺めかもしれない。

公園を後にして、新勝寺へ。
お参りは後回しにして、うなぎうなぎ。

参道にはたくさんうなぎ屋さんがあるのだが、ここ川豊が一番人気なようである。
実際、他のうなぎ屋さんよりもずいぶんと混んでいる。

101214a.jpg

店先では、うなぎをさばいている職人さんがいて、道ゆく人も足を止めて見入っていたり。

101214b2.jpg

実はこの川豊にくるまえに、川豊別館に行ったのであるが、店構えが立派すぎて躊躇してしまった。
なんせこちとら自転車に乗るつもりだったので、一般的にはかなり変なファッションだったので・・・。
その店、こちらの本店は気軽に入れる雰囲気なのである。

まず店に入ると注文をきかれてお会計を先に済ます。
そして、席について待つこと10分くらいだろうか、うな重(1500円)と別に頼んだ肝吸い(100円)が運ばれてきた。
上うな重もあるのだが、お店の人の話ではうなぎが大きいだけの違いだそうだ。
それを聞いた娘は「じゃあ、上うな重じゅなくて、大うな重にすればいいのにね」と。確かにその方がわかりやすいよな。

101214b1.jpg

肝心の味はどうか?
夏行った印旛沼のお店との比較になるが、印旛沼は「濃い目のたれに、皮はぱりぱり、なかふわ~」なのに対し、こちらのものは「薄味のたれに、ふわふわのうなぎ」という感じ。
たれの味が抑え目なので、うなぎの味が引き立つ。最後まで食べても飽きないもたれないというところか。どちらのうなぎもおいしいので、どちらが好きかは好みで分かれるところだろう。

うなぎを食べていたところに、ぐらからメール。
なんと自宅付近は快晴だという。こちらはあいかわらず小雨模様だというのに。まったくついていない。

うなぎを食べ終えて、新勝寺を参拝。

101214c1.jpg101214c2.jpg101214c3.jpg

広い境内は閑散としていたが、正月は大変なにぎわいになることだろう。

もう自転車に乗ることはあきらめていたので、成田まで出たついでに香取神宮に行ってみることにする。
普通の人は、成田のついでに香取まで行かないと思うが・・・。

神社好きの私。
香取神宮は少し遠いし、なかなか自転車で気軽にこれる立地でもないので、この機会を利用する。

以前、香取神宮に行ったときに、要石を見なかったことを後になって後悔していたこともある。
なんでも、香取神宮の要石こそが香取神宮のパワースポットなんだとか。

香取に向かううちに空も雲が切れてきた。
神宮に着く頃には、青空が広がっていた。

101214d1.jpg

雨上がりの参道には、もみじが色付いていてとても美しい。

101214i.jpg

やっぱり香取神宮の拝殿・本殿はパワーがすごいと思うのは気のせいではないと思う。
茅の輪をくぐって参拝。

101214j.jpg101214h.jpg

境内全体の空気感がとても気持ちよい。
決して私は霊感が強いとかスピリチュアルに強い興味があるとかではないのだが、ただ単に神社の境内の空気感が好きというだけで、他にはなにもわからない。

で、目的の要石はどこ??
あたりを見回してみそれらしきものがない。
神主さんが作業をしていたので、きいてみるといったん境内から出ると奥宮と要石があるという。
場所を教えてもらったとおりに行ってみた。

山道のような細い砂利道を進んで行くと要石があった。
この香取神宮の要石と鹿島神宮の要石で大なまずの頭としっぽを押さえて地震を起こさせないようにしているんだとか。

101214g.jpg

そしてその先に奥宮。
101214f.jpg


こちらも清らかな雰囲気がする。
お祈りをして帰ろうとすると、娘が「ここヤバイよね」と。
なんのことやら私にはわからない。

どうやら要石の場所で、娘はなにかを感じるらしい。
その場所から明らかに変化があるという。

身体が揺れるらしい。
私も改めて娘のいう境界線を越えてみると、確かに磁石の同極をくっつけたときのような抵抗感を感じだ・・ような気がした。
まあ、私にはその程度のものだったのだが、娘には確かに変化があったようだ。
娘は普段霊感などないのだけど、そういえば赤ちゃんのときに風呂場の天井に猫がいるとずーっといっていたっけ。

そういうわけで、自転車にはまったく乗れなかったのだが、個人的にはうなぎと香取神宮を満喫できたので、まあ良しとするか??


↓ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
2010.12
09
国道127号を北上しております。
浜金谷ではフェリーがちょうど着くところでした。

101206f.jpg

そして、私のお気に入りパワースポット「黄金井戸」です。
井戸にはいつもお参りするのですが、この高台には、皇神社があります。
今までここを登ったことがなかったので、はじめて急な階段を登って参拝させていただきます。

101206g1.jpg

ここからの眺めはすばらしい。そして歴史ありそうな狛犬。
101206g2.jpg101206g3.jpg

さて、本日のルートですが、海沿いの道をはずれてしまうと、コンビニはおろかもみじロードなどは自販機すら見かけなくなってしまうのです。
山側に入る前にお昼を食べておかなければなりません。
ここ竹岡といえば「竹岡ラーメン」なのです。

竹岡ラーメンの有名店といえば「梅乃屋」と「鈴屋」です。
その両店とも私は食べたことがないのです。
それはこの道を通る時間が昼時じゃなかったり、行列していて入れそうになかったりするからです。

今回はちょうどよい時間帯。
で、どっちの店にする??

ちょうど前日にもTVで竹岡ラーメンを紹介していて、そのときは梅乃屋さんでした。
どうもネットなどで情報を仕入れても、梅乃屋さんのほうが個性的というか強烈というかB級度が高いというか。

梅乃屋の前を通ると醤油の濃い匂いが漂っていました。
店構えもなんとなく敷居が高い感じ?敷居というか、地元の漁師がふら~っと入るような感じというのかな・・・。

梅乃屋
101206h.jpg

で、なんとなくパス。鈴屋さんに行くことにしました。
鈴屋さんもまだ昼前だったのですが、お客さんがいっぱい。そしてどんどん入ってくる。
店内に入ると、お店のおばちゃんが元気よく「いらしゃぃませ~」と。なかなか感じ良し。

101206i1.jpg101206i2.jpg

メニューはラーメンとチャーシュウメン。それぞれ大盛りがあるだけ。
私たちはラーメンを頼みました。

101206i3.jpg

濃い色をしたスープにチャーシュウが3枚。チャーシュウメンじゃないですよ。ラーメンで3枚。しかもかなり厚切り。
海苔とメンマとナルト。
ナルトって久々食べたなあ~。
麺は生麺です。ちなみに梅乃屋さんは乾麺。

一口スープをすすります。
あっさりしてる。見た目ほど濃くないスープ。まあ、薄味とはいえませんが。漁師町のラーメンですから。
一番わかりやすく言えば、「昔ながらの醤油ラーメン」ですね。

普通においしいです。
これだけ繁盛してるのも納得。客層も地元の人半分、観光の人半分っていうところでしょうか。
また寄らせていただきましょう。

お昼も済ませて、さていよいよもみじロードへ。
上総湊から国道465号に入ります。

その前にもみじロードとはどこ??

もみじロード

もみじロードとは、志駒川に 沿って走る県道182号の約11km。
いつも鹿野山を登る更和を今日は通過して、もみじロードを目指します。

ここが入り口です
101206j1.jpg

田んぼの中をのんびり走ってゆくと、「ここからもみじロード」という看板があり、アップダウンもはじまりハジマリ~。
でも、もみじロードといっても、圧倒的なもみじがあるわけではなく、たまにあるな・・・といった程度ですね。
そして、もう紅葉終わってる?それともこれからなの??となんとなく中途半端な感じです。

101206j2.jpg101206j3.jpg

うーーん、なんだかなあ~・・・と走っておりますと、山中(地名)に近づくにつれ紅葉が濃くなってきました。
志駒よりの方はもう紅葉が終わってしまっていたのかもしれません。
ゆっくり自転車をこぎながら紅葉を楽しみました。

101206k1.jpg101206k3.jpg101206k2.jpg

やっぱりこんな時は自転車のスピードがぴったりです。
車で見に来ている人もいますが、ピューンと通り過ぎてしまって、あっという間にいなくなってしまいます。
もったいないなあ。

紅葉を堪能して、山中トンネルをくぐればもみじロードも終了。
ここで、ぐらが後ろから声をかけます。

「サルがいるよ~」

見れば崖にサルが2,3匹移動しています。
ほんとだ、ほんとだと眺めておりますと、トンネルの上にも2,3匹います。
サルが増えて困るという話はよく聞いておりましたが、やっぱりたくさんいるんだ。

ぐらがそこにいたおじさんにきいたところ、昔は10匹くらいの群れだったのだけど、最近は50匹ほどに増えているということです。
そして、サルが猫を食べちゃうんだという恐ろしげなことも。
ボスサルはおじさんくらい大きいという話なので、ホントかよ!!と突っ込みたくなりましたが。

長狭街道に出ると、横根峠を一気に下って保田まで行けちゃいます。
保田に近づいたところの川に人だかりがしています。

なんだろう??と思ってスピードをゆるめると、おじさんが「鯉を放流するから見ていって~」と。

101206l.jpg

写真に写っている黄色い帽子をかぶっているちびっ子は、地元の幼稚園のお子たちです。
青いジャージの人たちは、習志野空挺団のレンジャー部隊になるための訓練を終えた人だそうです。

空挺団の教官のかたとお話しましたが、1ヶ月の訓練をこの日に終え、明日からレンジャー隊員としてバッチが与えられるんだそうです。
この1ヶ月の訓練は、厳しいものだそうで、1日で7kg体重が落ちるんだとか。
千葉の山の中で3日間、食料も水も与えられないというような過酷な訓練を乗り越えた精鋭で、今回は一人の脱落者もでなかったそうです。

保田に出て、国道127号に入って、道の駅に戻ってきました。
本日の走行は44kmでした。

自転車日和、紅葉日和で気持ちよく走れました。

本日のルート




↓ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
2010.12
08
12月に入って紅葉ももう終わりに近づいております。
日本で一番遅い紅葉スポットとして有名な養老渓谷に行ってもよかったのですが、以前から紅葉の時期にぜひ行ってみたいと思っていた富津にある「もみじロード」へ出かけてみました。
私ひとりなら養老渓谷~亀山湖~もみじロードとまわってこれる距離なのですが、今回はぐらもお供しますので、もみじロード周辺をぐるっと走ってみます。

というわけで、本日の出動車両はロード2台。
デポ地であります道の駅きょなんをスタートいたします。

101206a.jpg

ところで、今回はもみじロードを目指すわけですが、このご近所にはもうひとつ「ロード」があるんです。
それは江月水仙ロードです。

12月11日から水仙まつりが開催されるということなので、もしかしたらもう少しは水仙咲いてるのかしらん??というわけでこちらにも寄り道してみました。
が、この水仙ロードの場所がわかりにくいのであります。
ちょいと迷って、こちらのお店で聞いてみました。

101206b.jpg

そしてこんなおかしもゲットです
101206b2.jpg

水仙ロードの場所ですが、参考までにご案内しておきます。
国道127号線保田交差点の近くに「鋸南町国民健康保険 鋸南病院」があります。
この脇の細い道、病院第二駐車場の方に入って行きます。川沿いの道を行くと、内房線の鉄橋をくぐり十字路の橋を渡ればそこは水仙ロードです。
ちょうど町の職員の方でしょうか、水仙まつりの看板を設置しているところでした。

101206c2.jpg101206c3.jpg

のんびりとした里山の中を走ってゆきます。
101206c6.jpg

水仙がたくさんあります。
なんでも鋸南町の水仙は日本三大水仙群生地のひとつなんだとか。
毎年1000万本の水仙が出荷されるんだそうです。

ほんとにたくさんの水仙・・・っていうかねぎ畑?

101206c4.jpg

青々していてほとんど花は咲いていません。
ほんの2,3輪、ぽつんぽつんとあるくらいです。

101206c5.jpg

やっぱりまだまだ早すぎでした。
でも、これが見ごろを想像すれば、さぞや見事な景色でしょう。

国道127号に戻ります。
海沿いの道を走ります。
やっぱり海は気持ちいいです。

101206d.jpg

千葉県は海に囲まれた立地なのですが、意外と海を見ながら走れる道は少ないのです。
ここ内房は、そんな中でもナイスビューな道なのですが、道幅が狭い上にダンプの交通量が多いところがいただけません。
特にトンネルが多く、ただでさえ狭い道幅がトンネルになるとさらに狭くなり、ダンプが同士だったりするとすれちがえないといった事態にもなるのです。

そして我々自転車に乗っている者には、もっと恐ろしいことがこのトンネルに待ち構えているのです。
それは路面が悪いことです。
しかも、明るいところから暗いトンネルに突っ込んでゆくと一瞬目が見えない。
そこにきてガタガタと悪路にハンドルととられそうになり、後ろからダンプが迫ってくる・・・などという場面は想像もしたくないくら危険極まりないのです。
しかも迂回路なし。自転車はもちろん歩行者もこの道を通らなければいけないのです。

特に危ないのが「明鐘隧道」であります。
ここを通るときは、いつも恐怖なのです。
が、何度もここを走っていたのですが、今回はじめて気付きました。

こんなボタンがあったんだ!!
101206e1.jpg101206e2.jpg

初めてぽちっとしてみました。
するとどんな変化があるのか??

たぶん、隧道脇1.5mくらいのところにライトが並んでいてこれが光るのではないでしょうか??
いつももっと暗い印象があったのですが、今回はこのライトのおかげがちょっとだけ明るかったような気がしないでもない・・・かな。
それとも違うサイン、たとえば車の運転者に「歩行者あり注意」などといった注意喚起のメッセージが表示されるのでしょうか??

いまいちこのボタンを押して明らかな違いを感じられないまま通過しました。
ちなみに明鐘隧道の手前にも、同じように怖い「潮噴隧道」があるのですが、ここにはボタンはありません。
江戸時代からここは難所だったそうですが、今なお自転車乗りには変わらず難所であります。


↓ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
2010.12
01
東大を出て次に向かうは、六義園です。
六義園は小石川後楽園とともに江戸の二大庭園に数えられていたそうです。
明治時代には岩崎弥太郎の所有になっていたそうですが、昭和13年に東京市に寄付されたそうです。

101129c1.jpg

ちゃんと自転車置き場もありますよ。
101129c2.jpg

やっぱりシーズンだからでしょうか、人が出ていますね。
特に写真を撮るおじさんがわんさかいました。

広い庭園をのんびり散策。
モミジはまだ色づき始めといったところでしょうか。
真っ青なモミジもあれば、これから赤くなるもの、真っ赤なものは少なかったです。
夜はライトアップもしているそうです。

101129c3.jpg101129c4.jpg101129c5.jpg

のんびり歩いていたら、上のほうでガサガサ音がして、2mほどありそうな木の枝が落ちてきてあやうくぐらの頭を直撃するところでした。
すぐに木の上を見てみたら、カラスが「惜しかった~」というようにカア~と鳴いて飛び去っていきました。
あれは絶対に狙っていたんだと思います。
おそろしきカラスです。

カラスに追い立てられるように六義園を出て、巣鴨へ。
巣鴨といえばとげぬき地蔵ですよね。

101129d1.jpg

商店街の中ほどにとげぬき地蔵こと高岩寺があります。

101129d2.jpg

こちらは洗い観音。「自分の悪いところを洗うと治る」ということだそうです。
私は全体的に洗っておきました。

101129d3.jpg

さすがにおばあちゃんの原宿の異名をとるだけのことがあって、年配率高し。
そして、商店街のディスプレイもお年寄り嗜好高し。

そんな中、人だかりができていた塩大福のお店があって、大福好きの私はここはスルーできないわけです。
ひとつ買って食べてみました。

101129d4.jpg

うーん、塩。
あんこがちょっと塩味。
やっぱ普通の大福のが好きかな。

そして、有名なこんなお店も。パワー全開。
101129d5.jpg

ここから細い道をゴニョゴニョ通り抜けて大塚まで。
大塚から路面電車と並走して池袋。

池袋に来たのは、世界最大のプレッツェルチェーン「アンティ・アンズ」がオープンしたからです。
プレッツェルなんてあまり食べたことないんだけど・・・。

しかし、お店は大行列。
101129e.jpg

なんと40分待ちだそうです。
TVでやってたからねえ・・・って我々もそのTV見て来ました~の一員ですが。
40分も待ってられないので、次回のお楽しみにとっておきます。

ここから明治通りから新宿通り、外苑西通りを経て神宮外苑までワッセワッセと走ってきました。
イチョウ祭りも開催中で、すごい人出です。
でも、イチョウはちょういい感じでしょうか。

101129f1.jpg


向かって右側のイチョウ並木は葉がずいぶん落ちてしまったようです。
左岸はちょうど見ごろでした。

101129f2.jpg

黄色いじゅうたんを踏みながら並木を歩いてゆきました。
今日はイチョウを満喫してます。
1年分のイチョウを見た気がします。

またまた自転車にまたがって、青山通りから内堀通りに入って皇居のイチョウ並木。
今回のポタの本来の目的は、皇居のイチョウ並木を見るということだったんです。

が、すでにこんな感じ
101129g.jpg

すっかり葉が落ちています。
やっぱりちょっと遅かったか・・・。
でも、東大と神宮のイチョウがすばらしかったので良しとしますか。

というわけで、本日の走行は24km。
絶好のポタ日和。やっぱりお日様の元走るのは気分いいなあ~。

本日のルート



↓ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村