RSS
Admin
Archives

ぐりとぐらの本日も自転車日和なり

素人チャリダー夫婦の自転車生活あっちこっち

プロフィール

ぐりとぐら

Author:ぐりとぐら
自転車ど素人夫婦・ぐり(夫)とぐら(妻)が、07年11月 ジャイアント・エスケープR3を衝動買いしてしまって始まった自転車ライフ。09年1月にはBianchiロード・Via Nirone7 Al/Ca 105 Compactとミニベロ・MiniVelo 7を、そして10年3月GIOS VECCHIO も加わってどこまで行くの?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
2010.10
29
Category : 自転車雑談
「ゼロからはじめるロードバイクメンテナンス」読みました。

1102941496.jpg

自転車屋さん・フレンド商会の監修。
ロードバイクの乗り方、選び方&軽いメンテなどなどこれからロードバイクに乗りたいなあな人や、乗り始めたばかりの初心者向けかな。

表紙の浅草キッドがおそろいのデローサに乗ってるという情報が一番HOTか!!??


↓ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2010.10
27
さて、大多喜といえば、津知家 十万石最中なんだそうです。
駅の辺りでかのお店はどこかなとうろうろしていると、自転車で通りかかったおじいさんが、お店までわざわざ連れていってくれました。
他にも、話しかけるわけでもないのに、こっちの話をキャッチしてお返事をくれる人と何人かであって、とてもフレンドリータウン大多喜であります。

津知家 十万石最中
101025f1.jpg101025f2.jpg

大き目の最中です。
ボリュームありますね。
出来立てを食べられる場合もあるみたいですが、今回はそうじゃなかったです。出来立て食べてみたかったなあ。

津知家の隣に酒蔵があって、ここもちょっと見学。
101025h.jpg

そしてはずせないのが神社です。

夷隅神社
101025g.jpg

かなりの古社であるようです。
歴史の重みを感じる社殿。

五十日には朝市が開かれるそうで、この日も市がたっていたようですが、行った時間が遅かったので皆さんあとかたづけの最中でした。
「また今度来てね~」と包丁屋のご主人に明るく挨拶されてしまいました。きっと自転車だったので近所の者だと思われたのかも。

まだまだ続くよ、甘いもの。

どら焼きが有名らしい福田屋さん。

101025i1.jpg

大きめのどら焼きです。
チーズ・梅・栗とあります。やっぱり栗でしょうよ。

チーズのどら焼きってめずらしいですよね。
実は、このどら焼き、うちの近所のお店にも出していることが判明。
今度チーズ買ってみよっかな。

栗のどら焼きと一緒に並んでいた「麩まんじゅう」もおいしそうなので買ってみました。
このお店は、イートインスペースがあって、ここで食べさせてもらいます。
店番の先代社長がお茶もいれてくれました。

101025i2.jpg

どら焼きは皮がさわやかでおいしいく、麩まんじゅうもなめらかなあんこと笹のかおりがなんともお上品なお味。
「麩まんじゅうはむずかしいから、この辺りのお店じゃなかなかやってないよ」と先代。
和菓子はあんこが命とおっしゃる先代に職人の魂と誇りを見ました。


天気も相変わらずイマイチなので、大多喜の町とはこのへんでお別れ。

100125j.jpg

デポ地の道の駅に戻ります。

ちょうどお昼なので、ここの名物・いのしし丼をいただきます。
ぐらは、竹炭そばと華寿司のセット。

101025k1.jpg101025k2.jpg

いのししの味はどんなもんかといいますと、豚肉の脂のない部分をパサパサさせたみたいな感じ??
まずくはないです。やらかいし。
華寿司はうちのほうでも作るのでめずらしくないんです。都会の方はあまりみないのでしょうね。

食事をしていると、どんどん空模様が怪しくなってきました。
じゃあ、もう今日はここをゴールにしようかということにします。

本日の走行は11kmでした。

自転車を車に収納して、ちょこっと道の駅の野菜コーナーなど見ておりますと、なんとなく薄日がさしている??
自転車をしまうと晴れる。出すと雨。なんとも嫌味な天気であります。
が、もう一度しまっちまったもんは、出したくないので、もういいや。

ここの一押し。自家製ソフトを食べながら先行きを考えます。

どれだけ食べんの?
101025k3.jpg


本来、自転車で行くはずだったチーズ工房に車で行ってみることにします。

車で走る出すと、日が差してきました。
久しぶりに青空見たなあ・・・。

向かうのは、チーズ工房IKAGAWAさん。
ナビ頼りで無事到着しましたが、入り口がとても狭いので3ナンバー車はムリしないほうがいいかも。

101025l.jpg

こちらは、自前の牧場に3頭の牛を飼っていて、そのお乳からチーズを作っているそうです。
今、一頭が妊娠中で、お乳がでないので、生産がままならないというわけで、残っているチーズも3ケのみということで・・・。

101025l2.jpg


牧場つくりのいきさつや牛達のことなど、いろんなお話しを聞かせていただきました。

西大原にもう一軒、有名なチーズ工房があります。
せっかく車なので、そちらにも足を伸ばしてみました。

チーズ工房 フロマージュ KOMAGATAというお店?工房??

かなり細い道を進んだ先に、ありました。
そして、TVなどでお見掛けしたお顔の主がゴルフの練習をしています。

101025m2.jpg101025m1.jpg

その庭の片隅に工房があります。
中に案内してもらい、いろいろ説明をしていただきます。
実は無類のチーズ好きというわけでもないので、どんなチーズを普段食べていますか?というような質問をされてもちょっと困ってしまう・・・。

試食や熟成庫を見せていただき、ブルーチーズを買ってかえりました。
実はまだ1週間ほど熟成が必要とのことで、お味のほうはあとのお楽しみなのであります。

お土産にお庭で実ったゆずももらったのでした
101025m3.jpg

↓ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
2010.10
26
家から大多喜までロードで行ってみようか・・・と思っていたのですが、最近の天候は定まりません。
天気予報も雨なんだか曇りなんだか晴れなんだかわからない曖昧モコモコっぷりで、信用ならないし。

朝起きたら、どんよりとした低い雲が空一面を覆っております。
これは雨降りそうだなあ・・・。

でも、予報では9時頃まで雨でそれ以降は曇りか晴れ間もな~んて、ホントかよ。
迷いましたが、出かけてみることにしました。
でも、保険をかけて家からではなく、大多喜まで車で行ってみることにします。

本日の出動車両・ぐりぐら号を積んで出発。
走り始めて15分くらいしたらポツポツと降ってきました。
そんなら朝から降ってよ!!

時に弱く、時に強く雨が降る中、大多喜に向けて走っておりました。
デポ地の道の駅に着く頃には一応雨は止んで、曇り空のもと出発。

101025a.jpg

とりあえず大多喜城を目指すです。
R297を登って県道231に入ります。

なかなか坂の多い街です。
ひとやま越えるぐらとハロウィンバージョンのぐら号

101025b.jpg

そして大多喜城です。

101025c.jpg

自転車進入禁止 この前来た時はなかったけどなあ
101025c2.jpg

大多喜の町を見下ろせます。
観光客の団体さんもきてましたけど、資料館は休館日でした。

城を下って、大多喜駅へ。
立派な門がお出迎えです。

101025d1.jpg

昭和57年製らしいですけど・・・。
101025d2.jpg

大多喜駅
101025e.jpg

ここいすみ鉄道は国鉄木原線から引き継いで、第三セクターとして運営されています。
が、経営は厳しく廃線の危機に直面しているのです。

で、最近は社長を民間から募集したり、電車運転資格取得金自腹者の運転手さんを採用したりとなにかとユニークな話題を振りまいております。
そのなかで、あのムーミンをキャラクターとした列車を走らせたりもしています。

なんでも、いすみ鉄道が走る沿線の風景がムーミン谷に似ているからだということらしいです。
本家ムーミンのフィンランド関係者からもこの風景をみてお墨付きをいただいたということです。

ムーミン列車
101025e2.jpg101025e3.jpg101025e4.jpg

自動販売機もいすみ鉄道だったり
101025e5.jpg

ムーミン列車目当ての観光客なんかも何組かいましたよ。

↓ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
2010.10
21
去年(2009)の3月に初めて三浦半島をポタりました。
途中で迷ってしまい、そこにいたおじさんにぐらが道をきいていたのですが、例のごとく無駄(?)な話も。
その時、仕入れた情報に「黄金サバがおいしい」というワードがぐらの頭にインプットされたようで、ことあるごとに「三浦は黄金サバらしいよ」「今は黄金サバの季節だよ」とパワープッシュするのです。

時期のものは、季節限定なので「じゃあそのうちに」と流せないわけです。
今しか行けないとなると、今行くしかないわけです。
というわけで、三浦半島へ。

前回は、金谷からフェリーで海を渡ったのですが、船に弱いわたしたち。
今回は車で向かいます。
アクアラインも値下がりしたことだし、都内に出るよりアクセスいいかも。

デポ地に10時に到着。
本日の出動車両は、ロード2台です。

県道27号で海まで出ちゃいます。
青空の海がキラキラと光って、気分いいです。

101018b.jpg

海沿いの道を気持ちよく走って、三浦海岸から県道215へ。
ここからは、漁村的な風景が続きます。
千葉の港町にも通じる雰囲気です。

そして現れる急な坂。
前回はクロスでこの道を通ったのもあるのかもしれませんが、とにかく坂が厳しいイメージが鮮明にあるのです。
なので、今回もかなり覚悟して臨んで来たのであります。

なのですが、ロードの力を借りてスムーズに登れてしまいました。
ぐらもがんばって「クロスの倍のスピードで登れた!!」と。時速は8kmだったらしいですが・・・。

坂を登った先には、畑が広がる向こうに海。そして我が故郷・房総半島を望むナイスビュー。
なんともさわやかな景色です。

101018a.jpg

ここから一気に下ると、江奈漁港です。

101018c.jpg

ここに、漁協直営のレストラン・エナビレッジがあります。
ここで、「黄金サバ」が食べられるのです。

黄金サバとは、大分の関サバと並び称される高級サバのブランドで、三浦の松輪漁港に水揚げされることから松輪サバともいわれます。

エナビレッジ
101018d.jpg

開店時間直後だったこともあるのか、先客が1組。
定番のメニューと黒板のおすすめメニューがありますが、なんか強気の料金設定。
黄金サバは、普通のサバの10倍くらいの値がつくそうなので、しょうがないのか。

101018e.jpg

私が頼んだのは、本日のおすすめ「松輪サバの三種盛り」です。

101018h.jpg101018f.jpg101018i.jpg


ぐらは、「いなだカマ塩焼き」。

101018g.jpg


松輪サバ、サバの刺身でこの値段??と思ったのですが、さすがにブランドサバ、油が乗っていておいしいかったです。
魚がちょっと苦手なぐらも、おいしいと太鼓判。
いなだのカマもおいしかったですよ。

エナビレッジ、お昼に近づくにつれお客さんがどんどんやってきます。
土日などはずいぶん並ぶらしいです。

お昼も済ませて、発車オーライ~。
風力発電がシンボルの宮川公園前の坂が待ち受けております。

101018k.jpg

ここもサバパワーで軽くクリア。
三崎漁港へ向かいます。

産直施設「うらり」でまぐろカマを買うです。
まぐろカマを買うために三浦に来たといっても過言ではありません。
このために、今日はリュック持参です。

首尾よくカマをゲットして、県道26号へもどりR134号経由でぐらお気に入りのパン屋さん「みつむぎ」へ。

101018l.jpg

リュックの許容範囲いっぱいのパンを買い込みます。

R134を再び。
途中、ソレイユの丘に寄り道。

101018m.jpg

ここで、ソフトクリーム休憩。

101018n.jpg

お子ちゃま達が集う公園のような場所ですね。
のんびり施設内をぐるーーと回って帰路につきます。

また県道26に戻ると、登り調子でちょっとつらい道が続きました。
3時すぎにデポ地に到着。

本日の走行は42kmでした。

天気もおおむね良く、坂も思ったほどではなく、なかなか気持ちよく走れた三浦半島でありました。

↓ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
2010.10
19
ビアンキのロードにデフォでついていたホイール・WH-R500。
今回、新たにWH-RS80導入にあたり、R500をぐら号(R3)にインストールすることにしました。

ぐらは、こういうことにはまったく関心がないので「まあ、どっちでもいい」という了承を得て、作業に取り掛かるです。
タイヤ交換時にリムテープも交換したほうがいいのではないかと思ったのですが、R500のリムテープが全然へたった感じがしないので、とりあえず「このままでいっか」という結論にいたりました。

まず、ぐら号のデフォホイールからスプロケをはずします。
R3のスプロケは、小さい歯2枚とカセットという構成です。

101016f.jpg

はずしたものを拭き拭きしてピカピカに。
前回、RS80を組み付けた後に、「フリーハブにグリスを塗っておくこと」という記述をみつけ、当ブログにも「グリス塗ってるよ~」というコメントもいただいたので、今回はフリーハブ部分とロッキングにグリスを塗っておきました。

恥ずかしながら、グリスというものを持っていなかったので、初購入。
初めてのデュラエースという名のついたものを所有しました。

101016g.jpg

次に、タイヤを交換しちゃいます。
ぐら号には、ピンクリボン運動と協賛した限定ピンクタイヤがついています。
ぐらが乳がん撲滅キャンペーンにどのくらいの興味があるのかは定かではありませんが、見た目で選んだタイヤだということは確実です。

実はこのタイヤ、ケブラービードのタイヤだったのです。
見た目だけで選んだタイヤなので、そんなことは気づかなかったのですが・・・。

ケブラービードとは、ビードにワイヤーではなく繊維素材を使用しています。
これにより軽量化ができるんだとか。

タイヤをはずしてチューブを抜こうかとしたところ、なかなかはずれません。
普通、タイヤをはずすとチューブってサクッととれますよね。
なんだかべったりとタイヤとチューブがくっついているのです。

これって、ケブラービードのタイヤだからなの???
一体化してるのか?と思うほどくっついています。

101016e.jpg101016e2.jpg

強引にはがしてゆきます。
なんかチューブ切れちゃいそうな勢いです。

なんとかはずして、R500へ装着。
これで走りが変わるか??!!
ぐらにわかるかな~?わかんないだろうな~、イエイ!!

↓ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
2010.10
16
NEWホイール・WH-RS80を導入したことにより、ロードに今までついていたWH-R500が勇退することと相成りました。
とはいうもののWH-R500には、第二の人生をまだまだ現役としてバリバリ活躍していただかなくては。

WH-R500はぐら号(R3)に移籍させていただきます。
そしてWH-R500に装着しておりましたタイヤ・ビットリア ザフィーロはぐり号(R3)にと大トレード大会なのであります。

で、今回話題にいたしますのが、リムテープです。

リムテープっていつ取り替えるのか??
タイヤを交換するときにだとか、1年に1回だとかいろんな情報がネット上に飛び交っているのですが、いまいちこれだという正解らしき答えが見当たりません。

まあ、定期的に取り替えておいた方がいいんじゃね?くらいの感じでしょうか??
なので、この大トレード大会のついでに、リムテープも代えておくかという次第です。

WH-R500の使用期間は1年10ヶ月ほどでしょうか。
1年に1回代える派のかたからみれば、消耗期限はもうとっくに過ぎています。
タイヤ代えた時派の人からみると、ザフィーロはあと1000kmくらいはいけそうなので、まだまだ大丈夫なはず。

実際のリムテープの状態はどうかというと・・・。

こんな感じ
101016a.jpg

たしかに穴の形は見えてますけど、この程度で交換時期なのでしょうか??
まったく基準がわからないので、なんともいえないのですが、リムテープに触った感じは新品同様ではないかと思えるくらいしっかりしています。

これは代えるべきか?代えないべきか??悩むところです。
そんなとき、どうせタイヤをはずすぐら号のリムテープの状態を比べてみたらどうか??というひらめきが。

さっそくひんむいてみますれば、こんな状態

101016b.jpg

ぐりぐら号は丸3年リムテープ代えていません。
やっぱりくっきり丸く形が現れております。

これは、当然ぐり号も同じ状態に違いありません。
それじゃあ、練習も兼ねてぐり号のリムテープを交換してみようということにしました。

まずマイナスドライバーで穴からリムテープをひっぱりだしてカットします。
R3のリムテープは、紙のような布のようなシマノのものに比べて明らかに薄い感じです。
カッターでサクッと切れちゃいます。

101016c.jpg


今回買ったリムテープ・DEDA TRE リムテープ
13-deda-0008.jpg

近所の自転車屋さんにはこれしか置いていなかったです。
シマノよりは薄そうです。

リムテープの穴とホイールの穴を合わせて、ドライバーで穴がずれないように押さえます。

101016d.jpg

そして均一に力を加えてホイールにリムテープをかぶせてゆきますが、やっぱり下のほうにゆくと入りません。
強引にいれるとテープが切れたりゆがんだりするらしいので、何度かやり直しましたが結局ちょっと強引にいっちゃいました・・・。

でも、なんとか完成。
タイヤも装着して、ぐり号も23C化です。

↓ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
2010.10
13
新しいホイール・SHIMANO WH-RS80を装着して、早く走りたいと思う日々。

体育の日は、最高のお天気でまさに自転車日和だったのですが、別の用事がありこの日は未走。
でも、その次の日だって、天気は良いということなので、余裕でかまえておりました。

さて、当日。
5時半に起きて6時頃、家を出ます。
空は曇り。でもまあ、大丈夫でしょう。

で、新ホイールはどうか??

前のホイールはSHIMANO R500でタイヤがVittoria Zaffiro。
今回は、WH-RS80にタイヤがcontinentalGrand Prix 4000Sなので、単純にホイールの比較はできませんが、その分効果も大きいんじゃないかと。

よく、ホイールのインプレ記事など読んでいると、「踏み出しの軽さに驚く」とかあるじゃないですか。
もちろんそれを期待して、はじめのひと踏み。

ん??
あんまりかわんないんじゃない・・・。

どうなんだ、そういえばR500ってどんなだっけ?
なんかリアルタイムで乗り比べればはっきりするのでしょうが、記憶の中の乗り味ってイマイチどんなだっけ??

そういううちに、なんとなく涼しい。
ってうか、もしかして雨??
まさかあ~^^

角を曲がって、100mくらい走ったら、はっきりと雨。
雨降るんだあ・・・。

ここまできたけど、っていうか家から200mくらい?でUターン。
そこで、サイコンが動いていないことに気づきます。

そうだ、マグネットつけるの忘れてた。

家に帰って、天気予報を見ると「これから1,2時間で雨はやみ、夜になってまた降りだす」ということです。
ならば、用事を先にかたずけちゃって、午後走るか。

というわけなのですが、出先の船橋でも雨が降ったり止んだり。
なんだかはっきりしないわけであります。
しかし、午後になって日が差してきたじゃありませんか。

これは急いで帰らねば。
雲の隙間から見える青い空に心弾ませながら握るハンドルの軽いことよ。

も、つかの間。
家に近づくにつれ雲行きが怪しくなってゆきます。
それでも、帰り着き雨は降っていないので、きっとたぶん大丈夫だろうと速攻でスタート。

しかし、道半ばにして、まさかまさかの雨が降ってきました。
これは、先週のデジャブ??
先週と同じ天候、同じコース。
2週続けての雨天走行であります。

もういいや、濡れちゃったもんは仕方ない・・・。
そう開き直って、おNEWのホイールが雨デビューであります。

結局、先週と同じ、ウグイスライン経由大仏通り周りで帰ってきました。
山では雨でしたが、家に近づくと晴れてきたところも先週と同じ。そういう地形なのかなあ??

で、ホイールのインプレはどうだったのか!!

変わったかも?と思えること

・平地での巡航スピードが気持ち上がった(ポラシボー効果の可能性大)
・踏み出しも前よりは軽い(はず)

変わったと思えること

・登りが楽になった
・ダンシングが軽やかになった
・乗り心地の向上

軽量化の賜物か、登りに関しては確かに効果が認められたと思います。
ギア1枚とまではいかないまでも、以前よりは楽になりました。
ダンシングも軽くグイグイ登れるイメージです。

乗り心地に関しては、ホイールの効果もあるのでしょうが、タイヤを変えたことも大きな要因ではないかと推測されます。
私のロードはカーボンフォーク&カーボンバックで基本アルミなので、ちょうどいい結果になったのかもしれません。
他の方のRS80のインプレで、剛性がなくフニャフニャという記述も見かけたことがありますが、カーボンのフレームだとそう感じるのかも?

正直な第一印象を申せば、「平地はあまり変化なし。登りが若干楽になったよ」ってとこでしょうか。

やっぱり自転車はエンジンが物をいうわけです。
このRS80、私にとっては十二分のスペック。もし、これ以上のホイールをつけたとしても、そんなに劇的な変化はないのだろうな・・・ということを教えてくれたような気がします。
雨というコンディションで、しかもちょい乗りしただけなので、本当のインプレは後日に譲ることにします。

MY BIKE  Bianchi Via Nirone7 Al/Ca 105 Compact + SHIMANO WH-RS80 は、私にとって最高のBIKEに仕上がりました。
あとは、この自転車と一緒に出かけ、鍛えてゆくのみであります。

本日の走行 30km。

備忘録として、WH-RS80・continentalGrand Prix 4000S オドメーター 3,518kmにて交換

↓ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
2010.10
10
めでたくホイールからの異音も消え、リスタート。
タイヤは一度はめたので、わりとすんなりはまってくれてやっと前輪だけ完成。

さて、いよいよ後輪にとりかかるです。

やっぱり、まずはタイヤをつけちゃいます。
さすがに連続3回目なので、サクッとタイヤ装着。

問題のスプロケ移植です。

とりあえず、R500を自転車から後輪をはずすのですが・・・。
はずれません。

なんで??

ウンともスンともいわないのです。
これは、R500が「どうしてもこの自転車から離れたくないよ~」という自己主張なのでしょうか。

よくよくみれば、クイックリリースのバネが車体にかんでいてひっかかっています。
これはもう、バネ切るしかない。

ビヨーンとバネを伸ばして切って、ずらして切ってとやりながら取り除くことに成功。
なんとも、変なところで手こずるのです。

元バネのはりがね
101008e.jpg

ホイールと一緒に買った、「スプロケットリムーバー」と「ロッキング抜き」登場。

101008c.jpg

ネットでやり方を学習していたので、手順はわかっています。
が、なんか思いのほかねじが固い。
「しめつけはあまり思い切りしめない」とあったのですが、こんなに固くていいのか?

というわけで、スプロケをはずした順に並べるです。

101008f.jpg

一枚一枚きれいに拭いて、新しいホイールに装着。
自転車にホイールをつけたら出来上がり。

before
101008d.jpg

after
101008g.jpg
101008h.jpg

地味といわれるshimanoながら、スポーティになったような感じがします。
チェレステに白や黒使いなので、Racing 3の赤よりは似合っているのかも・・・と言ってみる。


↓ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
2010.10
09
英国からやってきたホイール・shimano-RS80を今までのR500と交換。
スプロケは今までのものを流用します。スプロケ取り外しなど、ちょいとメカ好きな方にはなんともない作業でしょうが、機械音痴な私のことどうなることやら・・・。

eightyってウルトラマンか!!
101008b.jpg

スプロケ移植のまえに、作業しやすいようにまずはタイヤを取り付けます。
ホイールも新しくなるので、この前買ったContinental・GP4000Sを装着します。

タイヤ交換は、比較的慣れているので問題ないと思います。
新しいタイヤなので折癖がついてやりにくいですが・・・。

まずは前輪から。
GP4000Sは、タイヤに矢印がついていて方向が決まっているので、ちょっと注意が必要です。
タイヤを伸ばして、リムにはめてゆきます。
チューブも通して、ぐいぐいはめてゆきます。

途中までは難なくはまりますが、問題は残り少しになったところ。
手のひらを使いはめようとしますが、なかなかうまくはいりません。
手が痛くなってきますが、気合でぐいぐいいくと、パコッとはまりました。

チューブがかんでないか確かめてるときに、なにか変な音が・・・。
リムの中から聞こえてきます。
なにか小石か金属片が入っているような音です。
ホイールを回せば、カランという乾いた音が。もひとつ回すとコロンという軽い音。
明らかに、なにか入っている。

ちなみに後輪のホイールからはそのような現象はありません。

気になる。
やっぱり気になる。

せっかくはめたタイヤですが、もう一度はずしてこの異音の原因を取り除かなければ。
タイヤレバーを使ってはずそうとしいますが、硬い。
なんとかタイヤレバーを入れますが、タイヤがはずれません。
こんなことで、時間を浪費してちょとぐったり・・・。

うんしょうんしょとやっていたら、なんとかタイヤはずれました。
タイヤとチューブをはずして、サイド確認してみます。

やっぱり、リムの中で何か小さいものが動いているようです。
チューブのバルブいれる穴から出ないものかと、なんども試みますがまったく出ない。
っていうか、これってこの穴から出ない所に入ってるのかな???

なんとも埒が明かないので、ネットで検索してみます。
まずはshimanoのHP。

当然、お客様センターは時間外。
で、なにか不具合があれば物によって1年から3年保障するとあります。
が、気になる一文が・・・。

「小売店からシマノ製品(新品部品)を購入されたお客様に対し・・・」と。
これって、通販はダメよってことかしらん。
しかも、海外通販はなおのこと??

通販はこういうリスクがネックですよね。
他に、同じような事例はないかと、ググッてみますとありました。

まったく同じ現象。
それによると、タイヤ・チューブをはずしてバルブの穴から異物が出たということです。

やっぱそうか、この穴から出るんだな。
勇気100倍で、ホイールをあっちにこっちに動かします。
しばらくなんの手ごたえもなく、むなしい作業がつづきましたがある瞬間に「ポトッ」となにかが飛び出す音がしました。
結局なにが入っていたのか、確かめようとしましたがそれはどこかに転がってしまったようで見つかりませんでした。

↓ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

2010.10
08
先月末にポチッとしたホイールが、本日無事英国からご到着いたしました。

今回は、WiggleではなくChain Reaction Cycles(CRC)というやっぱり英国の通販を使いました。
9/30深夜にポチッとして、本日(10/8)に到着。Wiggle同様、1週間でのお着きであります。

大阪の通販会社で注文して5日ほどで配達されることを考えれば、ものすごくお早いお着きなのではないでしょうか。

梱包もしっかりしています
101008a.jpg

ゆっくり組み立てますか・・・メカ音痴で自信ないですが。

↓ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
2010.10
07
Category : 自転車雑談
先日、ポチッとしてしまったShimano - Ultegra RS80でどのくらい軽量化できるのか??
ブツはまだ来ていませんがちょいと計算してみました。

ホイールを変えるにあたって、タイヤもこのまえ買ったコンチに変更しようと思っています。
これは更なる軽量につながるでしょう。

現在  shimano WH-R500   1,870g  タイヤ Vittoria Zaffiro            310g チューブ MICHELIN AIR STOP BUTYL  89g 計 2,668g
交換後 shimano Ultegra RS80 1,521g タイヤ continentalGrand Prix 4000S 205g チューブ MICHELIN AIR COMP Ultra Light 70g 計 2,071g -597g

交換用に買ったチューブは店にこのチューブしか売っていなかったので、これでいいやと・・・。
ほんとはもっと軽量チューブにしたかった気もしないでもないのですが。

しかし、約600gのダイエットは効果あるのではないでしょうか!!と期待です。

今回、お役御免となったWH-R500ですが、第二の人生をぐら号(R3)でがんばってもらおうと思っております。
ぐら号についてるホイールは、もともとデフォでついてたGIANT SPINFORCE 2,193gです。これも323gのダイエットですね~。

↓ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


2010.10
05
先週の休みも雨で、今週も雨だということだったので、ちょうど飲み会に誘われて飲みに行っちゃう。

何時に帰ったか定かではないが、目覚めたら曇り?うす曇??
とにかく雨は降っていない。

え~~、天気予報のいけず~。

しかし、もう8時過ぎてたし、二日酔いぎみで気持ち悪し・・・。
こんなことなら、飲みになんかいかなかったのに。

昼間は所用があり出かけることになっていて、出ると雨が降ってきました。
雨は徐々に激しくなって、ついに雷を伴う土砂降りに。

でも、ザーーーっと降った雨は、昼過ぎにあがり家に帰るとなんとなく晴れています。
時刻は3時近かったので、近所の練習コースでも走りに行くかと速攻で支度。

ウグイスラインを目指して走っていると、なにやら不穏な雲がモクモクと現れます。
まさか雨は降らないだろうと思っていたのですが、ウグイスラインに入った途端に、明らかなる雨雲。

いつもは、川在の交差点から原田に向かうのですが、今回初めて逆方向に向かいました。
だって、いつ降ってきてもおかしくない空模様だったので、急いで帰るです。

未走部分のウグイスラインは、なかなか楽しいコースでした。
しかし、路面が濡れているところがあり、ちょっと怖い。

ときにうす曇ったり、ときに青空が顔をみせると黒い雲が空を覆ったりと、くるくる変わる気象状況。
とにかく先を急ぎます。
が、ついにポツポツ・・・からザーっときました。

おいおい、勘弁してよお~。
ザーはすぐやみ、霧雨になったり止んだりを繰り返しながら、福増経由で帰ってきました。
家に近づくほどに、また晴れてきて夕焼けがきれいだったり。

本日の走行は、30kmでした。

やっぱり自転車は雨には勝てませんね。

↓ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

2010.10
03
新しいホイールを買うという妄想は、一旦終了したのですが、

「海外通販ってwiggleだけなの?」という疑問がわきあがります。
ちょいとググッてみると、CRCというサイトがあるといいます。 

ここはwiggle同様の有名サイトらしい。
しかし、日本語化されていないので、ちょっとばかり敷居は高いか??
値段は日本円表示されます。

CRCの使い方というサイトもあって、そういうものを参考にしながらポツポツ見てゆきます。
やっぱりホイールね。

ここでは、wiggleで扱っていないMavicの品もあります。
でも、やっぱりRACING3、ZONDAが気になります。

RACING3は47,272円 ZONDAは48,807円。
wiggleのが安いじゃん。

じゃ、RS80は・・・38,408円。

えっ?

安い・・・よね。
wiggleより7,500円くらい安い!!

なぜか、前後バラでの値段はwiggleより高いのだけど、セットで買うとこのお値段。

しか~し・・・在庫切れ。

バラでは在庫があるのに、セットだと在庫なし。
なんか釈然としないのですが、そういうことになっています。

でも、定価で66,000円が38,408円って魅力的。
ちょうど誕生日特別補助金も少し入るので、とすると・・・自己負担分は結構安いぞ!!

もし、在庫が戻れば考えちゃうな~、かなり真剣に。

というわけで、数日間は頻繁にチェックの日々。
在庫が入ったら、メールで知らせてくれる設定もしてなんとなく盛り上がってまいります。

そんな中、ある情報が入ります。
なんでも2011年モデルのRACING3は1,500g台まで軽量化されるというじゃありませんか。
なら、RACING3のがいいかなあ。でも、値段がいくらになるのか??と、また悩みの種が。

どうもホイールのインプレなどを見ていると、FULCRUMのが重くても剛性があって進みが良い・・とか、チューブレスはチューブの抵抗がなく乗り心地、軽さなど一度乗ったらもうクリンチャーには戻れない等さまざまな情報の海におぼれてしまいます。
なんか、わけわかんなくなってきたある日、いつものようにCRCのサイトをチェックしていたら、RS80「在庫あり」表示が出ているじゃありませんか。

どうする??どうするよ???

とりあえず、CRCのユーザー登録をしてみる。(なんで??)

ところが、決済の項目になった途端、エラー。
CRCの指南HP見ながら進めていたのですが、エラー。

なぜ??

支払方法は、クレジットカードとpaypalというシステムがあって、カードがだめならpaypalでやってみっかとばかりに、こちらのユーザー登録をしてみます。
なのですが、こちらも途中でなぜかエラー。なんで???

もうどうなってんの??
そうなればなるほどに、意地でもユーザー登録させてみせる!!みたいな。

エラーになったくせに、一度paypalに登録したものは、別アドレスで新登録できない仕組みみたいで、またクレジットカード決済でチャレンジ。
いろいろやってみたけど、堂々巡りで同じ結果。

結局、指南HPにあった入力不要の欄に入力してみたらできました。
はい、できましたけど・・・どうする??

なんか、これまでですごく疲れて、やっぱ買わない・・・とかいうノリでもなくなっていたし。
RACING3の2011モデルがいつ売り出されるか?またいくらなのか??ということもわからないし。
クリンチャータイヤ買ったばかりで、チューブレスタイヤまた買うのはさらなる出費だし。
もしチューブレス対応ホイール買うならWH6700しか選択の余地がないのだけど1,652gだし。
RS80のこのお値段は確実にお値打ち価格だし。
自分にとってRS80は十分すぎるスペックだし。

だしだしだし・・・・。

で、ポチッとな。

やってもーた。
本当に今、買うべく時だったのか??という疑問は残りますが、今が買うチャンスだったのかもしれません。
悪い買い物ではなかったとも思います。

実物が来て、実際に乗ってから、この選択が正しかったか間違っていたか、答えが出るのでしょう。

↓ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
2010.10
02
ホイールを買ってしまった過程をここに。

少し前の当ブログの記事でも触れたように、新しいホイールについてはまだ時期尚早ではないかと考えていたのです。
ロードバイクに乗ってまだ2年足らずだし、自分のフォームもペダリングも固まっていない。
速く走るためにすべきことはまだまだあって、ホイールなど軽量化するのはその後であっていいはずです。

一方で、最近ロードのときは坂にばかり行くので、当然ホイールを変えれば楽に登れるようになるかも・・・という甘い誘惑にとりつかれたりもします。
そんな揺れる心に振り回されながら、冷やかしでホイールのリサーチなどしていました。

やっぱり、今使っているSHIMANO WH-R500 よりはいいものが欲しいですよね。
かといって、ちょっとだけグレードが上がっても、「なんとなくよくなったような気がする」程度だと買う意味もない。

だったら、ある程度のものじゃないととピックアップされたものが、FULCRUM RACING3 か、Campagnolo ZONDA 辺りかなあ~などと妄想してみたりして。
やっぱりヨーロッパブランドに目がいっちゃいます。(ここでRacing Zero やShamalなんかに目もくれないところが、半分本気度が混じっている感じ・・・)

FULCRUM RACING3 
2010racing3-01.jpg

Campagnolo ZONDA 
2010zondawoc-01.jpg

しかし、これらはお値段もそれなり。

FULCRUM RACING3  定価 77,175円 国内通販 69,000円程度 
Campagnolo ZONDA   定価 80,850円 国内通販 72,000円程度  

私にはお話しのならないくらい高い。

じゃあ、この前味をしめた海外通販ならどんなもんなの??

wiggleを見てみると、RACING3が45,496円、ZONDAが46,507円。
ほぼ、同じくらいなのね。

さすがに海外通販は安い。定価の半値、まではいかないものの4割引きって感じでしょうか。
国内通販で買うより25,000円程度安い。

しかし、確かに国内通販よりはお得ではありますが、45,000円が自分のお財布から出るという事実があります。
ちょっと考えちゃう金額です。

まあ、この時点では冷やかしで見ているだけなので、「やっぱ買えないね」と思うだけです。
で、冷やかしは続き、触手はSHIMANOへ伸びてゆくのでした。

そこで目に留まったのが、WH-6700。定価 41,300円 国内通販 38,000円程度。wiggleで32,856円。現実的なラインまで下がってきてくれたような。
このWH-6700はクリンチャーとチューブレス両方使えちゃう、いわゆる2wayってやつです。

最近、目に付くチューブレス。
なかなか乗り心地もよく、軽量化もできるということで、いろんな自転車ブローガーさんがチューブレスに代えているようですが・・・。
しかしリスクもあって、まずタイヤがやたらとはめにくい。そしてパンクしたときに大変そう。

私は、先日クリンチャーのタイヤ買ったばかりだし、チューブレスはないかな~。
このWH-6700は、クリンチャーホイールとしても使えるのですが、ネットのインプレなど見ているとクリンチャーとして使うならしごく普通のホイールだとか。
やっぱりこれはチューブレスで使わないと意味ないような気がします。

で、登場したのが、WH-RS80なわけです。
なんでも、デュラエースのホイールと同等のリムを使い、ハブはアルテグラグレードで値段を安くしたというものらしいです。
なんてったって、1,516gというのがステキ。
やっぱり軽くなくっちゃね。ちなみに、RACING3は1,648g ZONDAは1,594gです。今使用中のR500は1,884g。

で、WH-RS80のお値段ですが、定価 66,000円 国内通販 60,000円弱 wiggle 45,853円。
RACING3 ZONDAとほぼ同じか・・・。

この時点で、新しいホイールを買うという妄想は、一旦終了したのでした。


↓ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
2010.10
01
やってもーた。

いや~、インターネット通販ってのは、恐ろしいですねえ。
ボタン一つで、海を越え山を越えブツが空を飛んでやってくるんですから・・・。

買う気はなかったんですよ・・・あんまり。
少しはありましたけどね、もちろん。

初めは、手袋とかウインドブレイクタイツとか見てたんです。自分の誕プレ用にね。
で、やっぱり見ちゃうじゃないですか、ホイールとか。

ロードバイク買って次に欲しいものって、ホイールでしょ?
それは、皆さんも異論はないよねえ。

物欲街道の王道ですよ、このルートは。
まさに正統派なわけです。正統派。由緒正しい道なわけです。

まあ、だからといって買わなきゃいけないっていうものじゃないですが・・・。
もちろん、このときは買う気で見てたわけじゃないんです。
でも見ちゃうと、危険だな・・・という予感はありましたけど。

で、自分でもなんだかわからないうちに(ウソ)こいつをポチッと。

シマノ WH-RS80
rs80.jpg

ホイールはもうこちらに向かっているという手紙を今日の午後いただきました。

↓ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村