RSS
Admin
Archives

ぐりとぐらの本日も自転車日和なり

素人チャリダー夫婦の自転車生活あっちこっち

プロフィール

ぐりとぐら

Author:ぐりとぐら
自転車ど素人夫婦・ぐり(夫)とぐら(妻)が、07年11月 ジャイアント・エスケープR3を衝動買いしてしまって始まった自転車ライフ。09年1月にはBianchiロード・Via Nirone7 Al/Ca 105 Compactとミニベロ・MiniVelo 7を、そして10年3月GIOS VECCHIO も加わってどこまで行くの?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
2010.09
29
ぐらのジオス用に、ジオスのボトルケージを買いました。

ボトルホルダー

実は、ぐらがベッキオを買ったときに、このボトルゲージが欲しいと言っていたのですが、在庫がなく泣く泣くほかのものを買ってつけていたのです。

が、先日、このジオスのが売っていて、買ってしまったわけです。

私としては、ジオスマークがついてるだけで、割高感(\2625)は否めないのですが、まあ自転車は自己満足の世界なので、こういうこともありなんでしょう。

ジオスについてたケージは、ミニベロに移植します。

↓ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村



スポンサーサイト
2010.09
27
Category : 自転車雑談
今日、関東地方は一日中、雨でした。

それは、私のせいです。

なぜなら、今日、久留里のピザ屋さんに出かけようと思っていたからです。
ここに、行こうとすると、必ず雨が降ります。

これで、3回目。
アンガールズ風に言えば

「サ ン カ イ メ !!」

これってもうジンクス?

そういう場所ってありますよね!!??

いつか、行けるのだろうか?ピザ屋さん・・・。

↓ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

2010.09
26
Category : 自転車雑談
油断すると、Wiggleなんかみてホイールなんか眺めたり。
いかんいかん、ユリゲラーの念力で無意識のうちに指が勝手にポチッとしそうであります。

そもそも、何故、自転車に乗る?

自転車に速く乗りたい人は、軽量バイク・ホイールが必要なのかもしれません。
レースで勝ちたい!!という目標があるのならば、レース規定にあった最良のバイクで望めばよりよい結果が出せるかもしれません。

私はレースには出ません。
ほとんど単独走行です。

じゃあ、楽して坂登りたいのでしょうか?
それなら電動自転車になぜ乗らないのでしょうか?
電動自転車は、ズルでしょうか?
じゃあ、ロードバイクもズルじゃない??
ままちゃりで箱根の山に登ってもいいんじゃない??
ままちゃりで箱根は自分の体力だときっと登れないけど、ロードバイクならなんとか登れそうだからそのギリギリのところで満足感をえているのでしょうか??

また、それ以前に、まだまだフォームやペダリングで速く走れる余地がある気もします。
ほんとに最近になって、これが正しい(に近い)フォームなのかな?という感触を得はじめてきました。
巡航速度も以前より上がってきました。
まだまだ、スキルUPする余地は無限にあるようです。

何故、ロードバイクに乗るか?ママチャリじゃだめなの?の問いは、実はわかっていて、私は「ロードバイクに乗ることが好きだから」なのです。
ママチャリとは別次元の、実に爽快に走ることができるロードバイクに乗ることが好きなのです。
軽量なバイク・ホイールに乗ればその爽快さが増すということもわかっています。

でも、今はその時期じゃない。
もっと自分のスキルを上げて、今の鉄下駄で鍛えてからそれにふさわしい道具を使う。
今は、その時なのだと・・・言ってみる。

ってか、金ない・・・。

↓ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
2010.09
24
箱根神社から芦ノ湖湖畔を湖尻に向け走ります。
箱根は平地ってないんですね。微妙にアップかダウンしてる道を進んでゆきます。

桃源台を過ぎて、富士見で富士山の頭をちょこっと見てから仙石原まで下りてきます。
仙石原はもうススキがきれいでした。

100920e1.jpg100920e2.jpg100920e3.jpg


前回来た時は、緑の仙石原でしたがやっぱりススキの仙石原はいいですね。
しばらくススキの海を眺めてから、仙石原温泉を強羅方向に。

強羅に入るとまたアップダウンが厳しくなります。
これぞ箱根の醍醐味。箱根って楽しい。

強羅の駅から箱根裏街道を経て、国道1号に。
ここから下りです。

が、だいぶ車が増えてきました。
やっぱり朝登って正解でした。

下りも車の後をついて湯元まで。
ここから、二度目の箱根攻め。
本日のメインイベント、旧東海道を登ります。

その前に、コンビニで大福エナジーを注入します。
このコンビニ前からいきなり急坂。

国道1号はゆるい登りがずーっと続く感じですが、こちらは急な登りの後に平地がきてまた急な登りが現れるというパターンですね。
しかし、そのパターンもいつしか平地部分が少なくなっていき、急な登りの割合が増えてゆく。そして急な登りとものすごく急な登りが交互に来るに変化。
そして七曲で極まります。

七曲・・・きついっす。
もうスローペースで登っていましたが、さらにスローダウン。
ゼイゼイ、ヒーヒー言いながら登っていたら、サクッとルックのローディーさんに抜かされました。
そして、その仲間たち(女性含む3,4人)に次々パスされ、視界から消えてしまいました。

ま、そもそも私のポリシーは速さではなく、目の前の坂を登りきるということなので、いいか・・・と言ってみる。

やっとこ七曲を抜けて、あのカーブの先は緩斜面になっているだろうと気力を絞りだして行く先にあったのは「12%」の看板。
え~~!!恐るべし旧東海道。

見晴らし茶屋で、さっき抜かされた集団が休憩していましたが、私はとにかく芦ノ湖まではとがんばって進みます。
その先を行く一台の自転車を発見。
私同様、かなりお疲れモードで登っておられます。
徐々に背中が大きくなって、後ろにつくとこのローディさん、かなりのご年配の様子。
抜かしながら、声をかけるとやっぱり60代くらいのお父さんでした。
いや~そのチャレンジ精神に感服であります。

この日は、その他にも年配ローディーを何人か見かけました。
皆さん、お元気ですね!!

お玉ヶ池の登りを過ぎれば国道1号と合流。
本日二度目の芦ノ湖です。

100920f1.jpg100920f2.jpg


湖を見ながら、アイス休憩。

さて、ここから箱根の関所。
100920g.jpg


を、通らずに、大観山を目指します。
実は、ここからちょこっと登れば大観山と思っていたのですが、なかなかどうして登りが続きますよ~。

霧?靄?も立ちこめて、山並みもまったく見えません。
これって、道間違えてる??そんなことないよなあ・・・。

不安になりつつ、ペダルを踏むのです。
箱根と違って、こちらは寂しい道です。
たまに通るのは走り屋仕様の車かバイク。自転車は2人連れのローディーさんを見ただけです。

靄の切れ目から芦ノ湖を望む
100920h.jpg


展望台がありますが、真っ白でなにも見えません。
心細くなりながらも、大観山にたどり着きました。

100920i1.jpg100920i2.jpg


ここからは湯河原まで20kmのダウンヒル。
青色吐息で登ってきて汗びっしょりなのですが、山頂で気温もちょっと低いので若干寒いかな。
サドルバックには折りたためるウインドブレーカーを使わないだろうけど持ってきていたので、せっかくだから着てみる。

あったかい。
やはり風を切るから、ウインドブレーカーあってよかった。
対向車線にはたまに車がくるが、こちらはバイクに一台抜かされただけ。気持ちよく下れます。
麓までさーーっときちゃいます。

湯河原駅
100920j.jpg


なんか久々の街中。
調子よく走っていたら、コンビニの駐車場からバックで出てこようとしている車。
中途半端なところで止まっているので、その後ろを通りぬけているその刹那!!車、急バック。

すんでのところでかわして、ギリギリセーフでしたが、かなり危なかったです。
車は自転車、見てないです。
バックしてくる車に突っ込まれたら、100対0で車の過失だと思いますが、そんなことよりこっちが怪我します。
車は自転車見てないものと思って、こちらが注意して走らないといけませんね。

海沿いの道に出ます。
海が見えると、やっぱりテンション上がります。

が、道、大渋滞。

びっしり車が繋がっちゃってます。
しかも、この道路の白線、デコボコしてるタイプ。
この上はとてもじゃないが走れません。

だから白線と車の間を行かなくてはいけないのですが、狭い。
路面も悪かったりして、トロトロ進まないといけません。
せっかくのナイスビューも見てる暇なし。

西湘バイパス・石橋IC辺りからやっと空きましたが、もうデポ地早川はすぐそこ。

本日の走行は103kmでした。

なんといっても旧東海道、登りきれはしましたが、もうちょっと余裕で行きたいですね。
まだまだ修行が足りません。

車に自転車を積んでまだ1時過ぎだったので、先ほど強羅を通ったときに見かけた日帰り温泉に入りに行こうと、今度は車でヒルクライム。
下りてくる車がずらーっと並んでいます。こりゃあ、大変だあ。

強羅の駅前で、某人気自転車ブログで読んだことがある豆腐屋さん「銀豆腐」を発見。

100920k.jpg


なんでも「しゃくり豆腐」というのが名物とのことで、食べてみました。
これは、持ち帰りはできなくて、その場で食べないとけないんです。

あったかい出来立て豆腐・・・かな。
豆腐好きな人はわかりませんが、私には感動的な味・・・ということでもなかったですね。

そして、お風呂。

強羅館
100920l.jpg


温泉に行って、アルカリ単純泉だったりすると、ちょっと損した気分になっちゃうんです。
ここはにごり湯。あ~これぞ温泉。露天があればなお良かったのになあ。

というわけで、渋滞の国道1号を避け、またまた本日三度目の芦ノ湖経由で箱根新道から帰ってきました。
が、途中から大渋滞。横浜新道までずーーーっと混んでいました。
祭日はこれだからやんなっちゃうんだなあ。

本日のルート


↓ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
2010.09
22
去年の8月に箱根を走りました。
自転車では初箱根でした。

当時はまだ自転車で坂に登ることに、さして面白味も感じなかったのですが、サイクリストとして箱根ってどんなもんかいな?という程度の感覚で行ってみたのです。
結果は散々でした。
国道1号を宮ノ下まで登る途中、大平台の急カーブ手前くらいで力尽き大休憩。その後の足の重いことったら・・・。

計画通り宮ノ下から箱根裏街道で仙石原、湖尻、元箱根を経て国道1号を下って帰ってきました。
しかし、このコースは意外と楽チンだったということを後になって知るわけです。

この箱根体験がきっかけになって、坂の魅力に徐々にとりつかれてゆくなかで、またいつか箱根に登ってみなくてはという想いは募っていたのです。
そして、約1年後にそれは決行されたのでした。

今回は、国道1号と旧東海道を登ってみようと思うのです。
箱根なんてそうやすやすと来れる場所ではないからです。
Wヘッダーでヒルクライムなんであります。

前回は電車で輪行したのですが、今回は車で行くこととしました。
電車だと始発に乗っても小田原に8時過ぎに到着ということになります。もう少し早くから走りたいし、なによりも帰りの電車の混み具合なども気になってしまうから輪行は苦手なんです。

家を午前4時に出て、小田原の隣りの早川に到着したのが午前6時前。

デポ地に駐車して出発
100920a.jpg

本日の第一目的は、旧東海道登りなのですが、国道1号は日中は車で渋滞するのでは?と思い、まずは1号線を登ることにします。
箱根湯元を過ぎ、塔ノ沢辺りから本格的な登りがはじまります。

急坂というよりは、緩めの勾配を進んでたまに斜度が上がる区間が現れるという感じでしょうか。
のんびり登ってゆけば、そう苦しくもなく前回事切れた大平台も通過し、宮ノ下までやってまいりました。

ここからは未走地帯。下ったことはありますが・・・。
下った感じは、かなり急だなあと思いながら走っていましたが、今まできた道と同様にゆるい感じの坂が続きます。
ただ、元箱根まであと7kmという看板を見たときに、まだ7kmもあるのか、あと30分以上はこぎ続けるのか・・・と一瞬脱力しましたが。

国1最高地点看板はまだか?まだか??と思いながらやっとGSが見えてきて、「そういえば見覚えあるこのGS・・・。」
ここを越えるとゴールはすぐそこです。

100920b.jpg


芦ノ湖まで下って、休憩。

100920c1.jpg100920c2.jpg

まだ早いので、人影もまばらです。
朝の空と清らかな芦ノ湖の水面。
のんびりとした時間。

そして、私の大好きな箱根神社にお参り。

100920d1.jpg100920d2.jpg

参道からもうピンと張りつめた空気。
肌で清々とした気を感じながら、身体が清められてゆく感覚。

お参りを済ませて、ゆっくりと境内を見回す。
大きなものに包まれている気分になります。

お隣の九頭龍神社新宮もお参り。

100920d3.jpg


九頭龍神社は、最近のパワースポットブームと婚活ブームの相乗効果で若い女性が毎月13日の月次祭には大挙押し寄せる神社なのです。
この九頭龍神社もまた縁結びにご利益があるとされているらしいです。
箱根神社境内にあるのは新宮で、本宮はまた別の場所にあるのですが。
この日も朝も早よから、若い方の参拝者もいましたよ。

↓ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
2010.09
19
というわけで、本日二度目の鹿野山であります。

今度は更和から。
100914h.jpg

さっき下りてきた田園風景進みます。
徐々に山っぽくなってきて、「マザー牧場まで3km」看板からが本格的な登りスタート。

100914i1.jpg


明らかにこっちの方がきついなあ。
全体的な斜度がこっちの方が急。

それでもえっちらこっちら登ります。
「マザー牧場まで1km」看板辺りからまたきつくなりますね。ってかスタミナ切れか??
最後にやっぱり壁がある。あのミラーがゴールかと思って登ってゆくとまだ先があったりして心が折れそうになります。

ヒーヒー言いながらも登頂しました。
しばしご褒美のいい景色を見ながら休憩。

ここから大貫までダウンヒル。
登るはつらいが、くだりは一瞬。

大貫までサーーッと下りてきちゃいます。
ここからR127を北上。

微妙に登っていますね。
えっちらこっちらやってると、あれ?R127でよかったんだっけ??

遠くに見えるコンビニまで行って、また地図チェック。
・・・違うじゃん。
R127ではなくR465に行かなくちゃいけなかったんだ。
あ~あ、また来た道を戻らなきゃ・・・。
その前にガリガリ君休憩。
無心でガリガリします。

今来た道を戻ってR465へ。
香ばしい匂いがして、醤油屋さんがありました。

100914j.jpg


東京湾観音を過ぎて、大貫の駅に。
さて、目指す神社・吾妻神社はどこかいな??

さっぱりわからないので、歩いているご婦人に場所を尋ねると親切に教えてくださいました。
だいぶ離れているようですが、自転車でかっ飛ばせばほどなく到着です。

吾妻神社
100914k.jpg100914k2.jpg100914k4.jpg


この神社が目に留まったのは、これまで自転車に乗ってきた縁に結ばれてたどり着いたように思われるからです。
始まりは三浦半島の走水神社です。

この神社はヤマトタケルの后・オトタチバナを奉った神社なのです。

100914k3.jpg


ヤマトタケルが房総のアクルオウを倒しに海を渡る時に、海の神が海を荒らし房総へ行くのを邪魔をした。
その時、同船していたオトタチバナが身を投げて海を鎮めたという伝説があるそうです。

その後偶然、、鹿野山を登っているときに、アクルオウの塚の前を通りかかったのもおもしろい出会いです。


伝説のつづきですが、オトタチバナが身を投げる時に、ヤマトタケルに「もし無事海を渡れたら、風鎮めの神を祭るように」との言葉に従って建てられたのが家の近所にある島穴神社だったりします。

木更津や君津という地名の語源も、海を渡ったヤマトタケルがオトタチバナをその地で待った(君さらづ)ことによるとされる説もあり、また袖ヶ浦の由来もオトタチバナの着物の袖が流れついたというところからきたとも。

話が遠回りになってしまいましたが、この吾妻神社にはオトタチバナの遺品の櫛が祀ってあるということです。

というわけで、私のまわりにこの伝説にまつわる場所がたくさんあって、これはぜひとも行ってみなければと思ったわけです。
ま、このようなヤマトタケルの伝説は日本中にあり、探せばどの土地でも似たような状態なのかもしれませんが・・・。ちなみに神奈川にも吾妻神社があって、まったく同じお話で遺品の櫛が祀られているそうなので。また走水神社にも櫛が祀ってあるとのことです。

吾妻神社、なんだか久々に出会った好きな感じ。
高台にあり、ひっそりと落ち着いた雰囲気。
清清しい空気感。

狛犬も年代物。カエルをだっこしていましたよ。
100914k5.jpg100914k6.jpg

県道298を抜け、R127へ行く手前に群ダムがあります。
こじんまりとしたダムですが、とても美しいダムです。

100914l1.jpg100914l2.jpg


国道に入れば、あとは朝来た道を戻るだけ。
今日はほんとに来た道戻りっぱなし。

木更津あたりから向かい風になってきて、つらい。
なんとなく足に攣りそうな気配が感じられたので、コンビニでビタミンゼリー。
「もうすぐ家に着くからいいや」と思いがちなのですが、もうすぐ家に着くくらいが一番疲れているわけだから、きちんと補給しておかないと。

風にも負けず、ひたすら走って走ってやっと帰ってきました。

本日の走行は145km。

コースの一部


最後に、インナーのインプレ。
着心地は、身体にぴったりとフィット。
この日は猛暑というわけではなかったですが、それなりに汗をかきました。

ジャージに染み出る汗は少ないです。身体に汗がひっついて気持ち悪いということはありませんでした。
しかし、インナー越しにお腹を触ると、やっぱり冷たい。
身体が冷えないということはないですね。
でもそれを感じないということは、ある程度効果があるのかも。
「絶対必要」と「あったほうがいい」の間かな。


↓ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
2010.09
18
今回は、ロードひとりポタです。

久々に鹿野山を登ってみたくなりました。
常代側からは久しく登っていなかったので、今回はそこから。

例のごとく早朝、まだ陽も明けないうちに起きたのですが、やっぱり二度寝。
寝ちゃうなら起きなきゃいいのにね。

この日から涼しくなるという天気予報があったので、一日走れるから早起きしなくてもいいやという気持ちもあったんです。
結局6時半頃起きて、7時過ぎに出発。

天気はうす曇です。一瞬「寒っ」と思うくらい涼しかったです。
ひたすら海沿いの旧道を走って、木更津まで。ここからR16、R127と乗り継いでマザー牧場入り口の看板がある常代。

ちょうど空になったボトルに水とアクエリを混ぜたものをつめて、持ってきたアミノバイタルゼリーを喉に流し込みハンガーノック対策万全。
徐々に登り調子になってくる道を淡々と進む。

マザー牧場と鹿野山方面の分かれ道までは、富士スバルラインのようなゆるい登り。
じわじわと疲れますな。

看板を過ぎてからが、本番。
ここから激坂がいつくるかと震えながら登るであります。

が、部分的にちょこっと斜度が上がる部分もあるものの、全体的にはゆるい登りの連続。
で、君津市の看板を過ぎたところで斜度が上がるもちょっと登るだけ。
ここを右へ行けばマザー牧場、左は神野寺方面。

とりあえず神野寺方面の最後の登りを(最後の最後にちょっときつい)上がって登頂成功。

登りきったとこの旅館の金次郎と撮影
100914a.jpg

思ったほど、きつくなかった。
はじめてこの坂を登ったのはクロスでその時の印象が強く、つらい思い出が脳裏にしみこんでしまったようです。

淡々と登れば決して難易度高い坂ではないのかな??

さて、実はここまでの予定しか立ててなかったりします。
とりあえず鹿野山に登る。
この後はその時に考えようと思っていたのですが、どうしよう???

天気がいいから海が見たいかな。
内房の海を走って、保田ぐらいから長狭街道に入って峠を登って久留里経由で帰ろうかな・・・とぼんやりと思っていたのですが、そのルートはなんとなくピンとこないんだなあ・・・。

考えがまとまらないまま、やっぱり海が見たいから上総湊まで下りようとマザー牧場へ。

眺めがよろしい
100914b.jpg100914c.jpg


ここからダウンヒル。
下りながら、ここからの登りのがきついのかな??とか思ってるうちに、せっかくだからこっちからも登ってみようかなと思いつく。
海沿いを少し走って折り返し、湊から登って帰ろう。

千葉県は海に囲まれていながら、海を見ながら走れる道路が少ない。
そんななか、上総湊から富浦辺りまでは絶好のビュースポットを堪能しながら走れる道だったりします。
ただ、特に大型車も含めた交通量が多く、狭い隋道が連続していたりで危険な道路なのがいただけないのですが。

そんな美しくも危ない香りのするR127を走ります。
どこかでUターンすると思いながら走るというのはダメですね。
どうせ引きかえすんだからと、あまり進みたくない気持ちもでてきたりして。

黄金井戸に到着
100914d.jpg

ここは、好きなスポットなんです。
結構お参りしてる人も多いんですよ。

どこまで行こうか・・・躊躇してるうちに金谷まで来ちゃいました。

船がでるぞ~
100914e.jpg


鋸山をみて引き返します。
100914f.jpg


竹岡の駅に寄ってみたり。
意外と近代的な駅でした。無人で1時間に1本くらいしか電車来ないけど。
100914g.jpg100914g2.jpg100914g3.jpg


来た道を帰るというのは、あまり好きじゃないんですがね・・・。
走りながら、ふと、思い出しました。

この辺りに、チェックしていた神社があったような・・・。
携帯のデータフォルダに撮っておいたはず。
確認すると、大貫にあるらしい。

大貫ってどこだっけ??

実は海沿いの地図は持ってきていなかったのです。
大貫ってここより上?下??

コンビニに寄って確認します。
上ですね。
上総湊よりも上。
じゃあ、とりあえず鹿野山登ってから、下りて大貫に行けばいいような。


↓ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
2010.09
16
次に向かうは、上野。
ODBOX御徒町がリニューアルするということで、現在セールをしてるというダイレクトメールが届いたので、ちょっと覗いてみます。

行きすがら、なんか行列。
なんだろう??と思ったら、元巨人軍・元木大介がオーナー(なの?)のラーメン屋でした。なんでもその日までオープニングセールとかで500円で食べられるとか。
お客さんの整理にあたっていたお姉さんにきいてみたところ、2時間くらい待つとのこと。ご苦労様です。

写真には写っていませんが、道路脇に行列が。
100913d.jpg


ODBOXに到着。
セールとかいって、ほぼ10%OFFって感じです。

あまり買う気もないつもりで来たのですが、インナーを購入してしまいました。
この夏の暑さの中、自転車に乗っていて尋常ではない汗をかきました。
この汗がジャージに溜まって、蒸発する前に身体を冷やす感じがして不快だったのです。

先日も、汗でぐしょり濡れたジャージに身体が冷やされ、お腹が冷たくなって具合が悪くなりました。
やっぱり夏でもインナーは必要だと強く感じたのです。

で、冬用あったかインナーで効果大だったクラフトのCOOL版を買おうかなと思ったのですが、サイズがない。
クラフト以外に、オンヨネのインナーもあって、店員さんに詳しい商品説明をしてもらってこちらを買うことにしました。

ONYONE バイクギア ハイグレータリフレクト メッシュアンダー 
100913i.jpg


なんでも、暑いときは繊維が開き温度を逃がし、寒いと繊維が閉じて温度を逃がさないというハイテックな素材なんだとか。
さすがメードインジャパンでございます。

ここから浅草方面に。
合羽橋道具街を抜けます。

100913e1.jpg


さすが道具街。カップのビル
100913e2.jpg


こんな専門店が目白押しなわけです。
100913e3.jpg


そしてかっぱがあっちにもこっちにも。
100913e4.jpg100913e5.jpg100913e6.jpg


合羽橋の由来でありますが、侍が内職で雨合羽を作っていたという説と、水はけが悪かったこの地に掘割工事をした際カッパが手伝ってくれたという説。
まあ、道具街があるくらいだから前者でしょうかね、夢はないですが・・・。

そして、今、縁結びのパワースポットとして名高い今戸神社へ。

パワースポットブーム衰えず。
若い女性がわんさかお参りに来ています。

100913f1.jpg100913f3.jpg


沖田総司の終焉の地だとか。肺を患ってここで亡くなったそうです。
100913f2.jpg


実は、招き猫の発祥地でもあります。
なんだか盛りだくさんな神社です。
招き猫はもちろん、やたら猫ものがありました。

100913f4.jpg100913f5.jpg100913f6.jpg


若い女性軍団に囲まれなんとなく場違い感ありありだったので、早々に退散。

北の丸公園に向けて帰りました。

言問橋から。スカイツリー成長中。
100913g.jpg


例のごとく、丸の内にどうしても行きたいパン屋があるとぐら。
前日にTVで特集されたようで、ものすごい混みよう。

ブーランジェリー・パティスリー・ヴィロン
100913h.jpg


意気揚々と混雑する店内に突入するぐらでありますが、店員さんに「いつ焼きあがるのかわからない」というお言葉にパン屋マニアのハートに火がついて「いつまででも待ってやる」と開き直り。
だったら、私だけ駐車場に車を取りに行ってくると、一人公園に走ったのでした。

公園について、自転車をしまって、パン屋に戻ってもまだまだぐらは列の中。
ぐら号も車に収納し、なんやかんや1時間ほど経過してやっとかのフランスパンが買えたのでありました。

ここまでして買ったぐらの評価はこちら

というわけで、本日の走行は21km。

だいぶ涼しくはなったのですが、まだまだ暑い下町でした。


↓ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
2010.09
15
暑さも一段落したかと思って、下町ポタでございます。
北の丸公園駐車場をデポ地にして、下町方面をふらふらと。
本日の出動車両はぐりぐら号(R3×2)です。

とはいうものの、やっぱりまだ暑いです。
日差しを感じつつ、日焼け止めをぬりぬり出発。

とりあえず目指すは、人形町。
最近、TVドラマの舞台になったそうでプチ熱いスポットみたい。

皇居をぐるっとまわって永代通りへ。
せっかくだからと日本橋を通ってゆきます。

と、その前に、日本橋・うさぎや発見。
ドラ焼きといえば、うさぎやみたいなのですが、今まで上野のうさぎやのドラ焼きしか食べたことがなかったです。

で、上野と日本橋のうさぎやは関係あるのかというと、親子関係みたいです。
上野が親だとか。

ここが日本橋のうさぎや
100913a.jpg

日本橋・うさぎやは2店舗あるようです。私たちが行ったのは「中央通り店」だったみたいです。
上野に比べて、小豆の味が主張しているような気がしました。
個人的には、上野のが好みかな~。

100913a2.jpg

そして、日本橋。

100913b1.jpg


立派な銅像があります。首都高に覆いかぶさってるのがもったいないですね。

100913b2.jpg100913b3.jpg

ここが、国道の基点になっております。
 
100913b4.jpg100913b5.jpg

日本橋を渡って、すぐに右折すれば人形町に着くのに、なぜか直進してしばし迷いつつ大回りで人形町に到着。

弁慶像

100913c1.jpg

今を遡ること三五〇年前、現在の人形町あたりに葺屋町と堺町という街があった。
当時この街では、江戸三座といわれていた芝居小屋のうちの市村座と中村座の二座が歌舞伎を上演しており芝居街と呼ばれていた。また、浄瑠璃による操り人形の芝居小屋も数軒あり、歌舞伎と合わせて庶民の人気を集めていたという。ここで使われた人形の製作と、修理に当たった人形師達はこの周辺に住み人形細工と人形の販売をも業としていた。以上が人形町の名のいわれとされており、ここ人形町界は、今日隆盛をきわめる江戸歌舞伎発祥の地と呼んでも差し仕えないといえる。
この度、緑道の改修に当たって、入口の広場に歌舞伎十八番の内でも人気のある勧進帳の武蔵坊弁慶像を設置するとともに、その背面に関所風の冠木門を設けて江戸情緒をかもしだし、往時をしのばんとするものである。

ということだそうです。

甘酒横丁を進んでゆくと、親子丼で有名な「玉ひで」。
行列のお店として有名なんですってね、知らなかったですが・・・。

100913c2.jpg

そんなに話題のお店ならとちょっと並んでみます。
開店は11時半のようです。今は11時過ぎ。なのに30人くらいは並んでいたでしょうか??

100913c3.jpg

そんなに有名店とは、さぞかしおいしい親子丼が食べられるのか!!と期待増量UP!!
やっと開店時間になって、ぞろぞろとお店の中に吸い込まれてゆくお客さまがた。

私たちものろのろと列にならって歩みを進めます。
しばらくしてやっと店内へ。

靴を脱いであがって、まずは食券を買うのです。
一番オーソドックスとおもわれる「元祖親子丼」をチョイス。@1500円也。

席は相席がデフォ。
まずはお茶と鳥のスープが出てきます。
スープは普通においしかったです。
ほどなく、親子丼登場。

100913c5.jpg100913c6.jpg

半熟卵に鶏肉でおいしそう。
一口ぱくり。

ん!!濃い。っていうかしょっぱい。
食べ進めるごとにしょっぱい感が増してゆく気が・・・。

相席の向かい側の方は、関西人のようでしたが、「関東風の味やね」とおっしゃっていました。
関東人でもこれはしょっぱいでえ~。
これなら、な○兎の親子丼のほうが好きかも・・・。

食べ終わると、入り口とは逆方向に出口があって、なんかベルトコンベアーに乗った雰囲気。
うーん、納得いかん。

ぐらの評価はこちら


↓ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

2010.09
11
ぐり号(R3)の後輪タイヤがパンクしています。

ずいぶんまえに、ぐり号に乗ろうとしたときに後輪の空気が抜けていたんです。
あれ?と思って、空気を入れてその日は乗りました。

無事ポタリングを終えて、掃除して自転車定位置に収納。
翌日、タイヤを触ってみるとなんかちょっと空気圧が甘い??

ちなみに前輪はちゃんとしています。
これってやっぱりパンクでしょうねえ。

でも、数日ほっといたんです。
そしたら、完全に空気抜けています。

で、重い腰をあげてチューブ交換しました。

問題のチューブですが、どこかに穴でも開いてるのかと見てみますと・・・ん??穴開いてないみたい。
ちゃんと水につけて確認してみます。
が、やっぱり穴ないみたいなんだけど・・・。

なんなんでしょうか?
ためしにチューブに空気入れて、放置してみました。
これで数日後に空気が抜けてるのでしょうか??

まあ、多分このチューブ、R3買った時のままのものなので3年くらい使っているはず。
交換しておいた方がいいにはいいですね。
ゴムが全体的に劣化してるとかなのかしらん・・・。

↓ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村



2010.09
09
大多喜、朝ポタの日の夕方。

最近、自転車に目覚めつつある娘が、ぐらのジオスに乗りたいという。
娘には、ジオスはちょっと大きめ。だが、乗って乗れないこともない・・・って感じ。

夕方出発になるのであまり遠くにも行けないし、近所はただ車びゅんびゅんだけの道なので自転車を車載してウグイスラインまで。
近くの公園に車を止めて、そこから走り出す。

ちょっとしたアップダウンを通って、ウグイスラインに向かう。

その坂の途中で娘が、
「わあ~~!!!」
という叫び声。

どうした!!!

前を走っていた私が振り返ると・・・。

靴が脱げた。

え??なんで脱げる??
その靴、ハイカットなんですけど・・・。
もちろんちゃんとはいていたんですけど・・・。

ウグイスラインに入ってジワジワと登って、長いくだり。

娘もなんとなく快調に走っている様子。
原田のセブンイレブンで小休止。

ここから、今来た道を戻るか、遠回りしてぐるっと帰るかのチョイス。
今下ってきたウグイスラインのあの長い坂を登るのがいやだという娘はぐるっと周りを選択。

笠森観音方面を行く。
しかし、またハプニング!!

またも娘、急停止し、「なんかタイヤから変な音がする」と。
タイヤを触ってみると、なんかちょっとやらかい。
あれ??っともうちょっと触ると、みるみる空気が抜けていく。

まさか、まさかのパンクかよ!!
娘の走り方が、どうも道路の白線の内側よりに行く癖があり、何かを踏んだのかもしれない。

幸いにして、予備チューブもポンプもあったので、ここでチューブ交換。

100906e.jpg


タイヤ、パンクして自分でチューブ交換するのは初体験だったり。
まあ、なんとなくスムーズに交換できたのだが、携帯ポンプで空気高圧に入れるのはなかなか厳しい。

実は私が携帯しているポンプは結構かさばるので、小さいのにしようかなと思っていた矢先だった。
どうせ使わないんだし・・・なんて思っていたのだが、こうやって使ってみるとこのくらい大きなポンプじゃないともっと大変そうだ。

チューブ交換してる間にどんどん暗くなってきて、これは大回りとかしてられない。
来た道を戻って、ウグイスラインの坂を登りことにする。

娘はヒーヒーいいながらも、しっかり坂を登っていました。
辺りは真っ暗になってしまって、点滅するばかりで全然前方を照らさないライトは頼りなく、帰宅時間で交通量の多い道をビクビクと帰ってきた。

本日の走行は18km。

娘いわく、クロスバイクより快適とのこと。
いよいよ自転車にはまるのお??


↓ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
2010.09
07
猛暑は~続く~よ~どーーこまでも~♪
9月に入ったとはいえ、夏真っ盛りな日和が続いておるわけでして、日中、炎天下に自転車をこぐのは自殺行為だったりします。

というわけで、今回も朝ポタ。
前回行った月出・大多喜ポタのコースがなかなか走り応えがあったので、今回はその逆周りを走ってみようと思います。
ちょっとアレンジしてみたのは、行きに五井本納線を使って、本納から茂原を通過し大多喜へ抜けるというルートをくわえてみました。

ルートの一部


五井本納線は、クロスバイクに乗り始めたばかりの頃に間違って通ってしまって、散々な思いをした道です。
当然その頃は、坂道は敵だ!という気持ちで自転車に乗っていたので、まさに敵地のど真ん中に飛び込んでしまったような状態だったのです。
もちろん、完全なるノックアウトを食らったわけですが。
それ以来、五井本納線を走る機会はなかったのですが、私のこころの奥底に激坂の強烈な印象を植え付けていったのでした。

前回は、朝の4時に起きて真っ暗だったので二度寝してしまったので、今回は4時半に目覚ましをかけたのですが、起きたら真っ暗でした。
やっぱり二度寝してしまいますが、なんとか5時に起きてサクッと出発。

この時間はさすがに涼しいです。
久しぶりに日の出を見ました。

100906a.jpg

車もまだ少なく、快調に走って五井本納線へ。
まあ、単なる田舎道です。
やがてゴルフ場など出てきますが、よくあるアップダウン。
淡々と進むと本納へ。
しかし、ロードだから成せる技か?クロスならやっぱりきついのかもしれません。

コンビニでおにぎり休憩。
補助食の草もちもサドルバックに補充してスタート。

茂原辺りは通勤時間帯ということもあり車が多く走りづらくなってきます。
街中を抜け、県道27号へ入るとまた田舎道。

日差しが強くなってきます。
走っているとそう感じないのですが、汗を大量にかいている様子。
ジャージがビミョ濡れです。

汗がしみこんだジャージを着たまま、走っていると身体が冷えます。
もちろん気温が高いので寒いということはないのですが、特にお腹を触ってみると冷え冷え。
なんかちょっとお腹いたくなってきます。
ちょっと休憩して、お腹を暖めます。
やっぱり夏でも、インナーは必要ですね。

大多喜街道と交差するコンビニで休憩。
もうガリガリ君。

ここから、山道です。
この山は「伊藤大山」という名前の山でした。
標高は246m。

大多喜側から登ると、ゴルフ場まできつい坂が続いてその後、市原市との境までアップダウン。
大多喜町と市原市の境が山頂のようです。

100906b.jpg

で、その境には、江戸道があります。
100906c.jpg

江戸道とは、ここから市原市月出までの古道の名前です。
伊藤大山からの4kmは江戸時代のままの形が残っているそうです。

こんな道です
100906d.jpg

ただし江戸時代はもっと見晴らしがよかったそうです。
今は木がボーボーですね。

さて、ここからは一気に下ります。
ガーーーーっと下って、ちょこっと登れば、県道173号との分かれ道。
ここを古敷谷方面へ。
こちらも長いダウンヒル。

前回、道を間違えた湯原観音堂のところのヤマザキデイリーで休憩。
草もちでカツを入れます。

今回は、千葉射撃場のほうは通らず、まっすぐ大多喜街道へ。
ここを少しだけ走って、鶴舞方面へ入ります。

えっちらおっちら登りです。
鶴舞桜ヶ丘高校、鶴舞小学校を通過しておなじみ原田のセブンイレブン。

ここからウグイスラインで本日最後の長い登り坂です。
ヨッコラヨッコラ走っていたら、後ろから「お疲れさまです」声をかけられます。

振り向くと、オレンジのジャージをきたローッディーさんでした。
「お先にどうぞ~」と言うと、ローディーさんも「もういっぱいいっぱいです」と後ろからついてきます。

まずい・・・。
もうヘロヘロしてたけど、ちょっと見栄張ってケイデンスちょっこしUP。
なんとか登り切って、あとは下り。
信号で止まると、すぐ後ろにローディー氏がいたので話しかけると、「午前中だけ時間があったので千葉から走りにきた」とのこと。
皆さん、がんばりますなあ~。

そのままウグイスラインをゆくローディー氏とは別れて、帰路についたのでした。
なんか、前回より1時間早く着いたなあ~と思ったら、前回より1時間早く出たんだっけ。
10時頃帰宅。
このくらいの時間に着くのが理想的だなあ。

本日の走行は87km。

今回のコースと前回のコース。
前回の方がきついかな。今回はきつい登りで長いくだり。前回は長い登りで急なくだり。
やっぱりだらだら登りが長いのは、きついっす。

↓ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

2010.09
04
先日、ポチッとしたwiggleから荷物が届きました。

Continental - Grand Prix 4000S
100904a.jpg100904b.jpg

ちょうど一週間前の日曜日・8月29日に注文して9月4日に到着。
はるばる海を渡ってくることを考えれば、早いんじゃないでしょうか。

早々届いてくれたタイヤではありますが、今はいてるのがもうちょっと磨り減ったら交換しようと思います。

↓ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

2010.09
02
うどんを食べて元気100倍ですが、やっぱり暑い・・・。
次の目的地は、五反田であります。

風水では山の隆起を龍脈と言い、その落ち込んだところに気が溜まるということなのだとか。その落ち込んだ場所のことを龍穴と呼ぶそうです。
五反田の池田山公園が、富士山からの龍穴でそれは皇居に続いているというパワースポットなんだそうで・・・。

一度行ってみたいなとは思っていたので、今回寄ってみることにしてまいます。が、そのまえに例のパン屋チェックが入ります。

五反田駅近く・アリエッタ
100830h.jpg

ぐらは、なんやかんや買い込んでおりました。
もちもち系のパンですね。

さあ、パワースポット!!
の前に、むねの木の庭へ。

高級住宅地のなかにひっそりとあるこじんまりとした庭。

100830i1.jpg

ここは、皇后陛下のご実家・旧正田邸跡地であります。

100830i2.jpg

そして、池田山公園

100830j1.jpg


緑がすがすがしい。木立の中は涼しいです。
しかし、まあ凡人の私には普通の公園ですな・・・。

100830j2.jpg100830j3.jpg

小さい公園なのでぐるっとひとまわり。
明らかにパワースポット巡礼と思わしき方もちらほら。

ここからは、帰路。
目黒通りに入り、下ってゆきます。

家具屋さんを横目に走っていると、「はらドーナツ」。
ここで豆乳ソフトクリーム休憩。

100830k.jpg

普通のソフトよりさっぱりしていて好きかも。

目黒通りを下るであります。
すると、おもしろい名前の商店街にぐらが反応。

100830l1.jpg


油面地蔵ってどんなの??

こんなの
100830l2.jpg


おみこしはこの場所にはないそうです。
お祭りのときに、この場所にもってきて担ぐんだそうな・・・という話をぐらが地元の人に聞いていました。

まだまだ目黒通りを下るであります。

そこにあったのは、GIANT STORE。

100830o.jpg

せっかくだから入ってみました。
ここはほぼクロスバイクしか置いてないのですね。

な~んだと思いつつも、こんなものを買っちゃいました。

51N4S5tnKML__SS400_.jpg00170224_1_L.jpg


キャップはぐらのジオス用。
鍵は、ビアンキロード用です。

今までの鍵が重く大きくて、シートチューブにアタッチメントでくっついていたのですが、それもなんとなく見栄えが悪いなと思っていたので。
軽量コンパクトなのはいいですが、安全性にやや問題ありか?でも、ロードのときはあまり危ない場所にとめることが少ないんですよね。

さて、いよいよ最後の目的地・等々力不動。

さすがに暑くてちょっとバテ気味。
やっぱり残暑厳しいです。

しかし、この渓谷はなんとも涼しげ。

100830p4.jpg

不動の滝は修行僧が滝に打たれたということです。
この暑さのなか、修行僧になりたい気分でした。

100830p3.jpg


等々力不動は緑のなかにひっそりとたたずむようにそこにあります。

100830p2.jpg


落ち着いた空間ですね。

ここからは、多摩サイに戻って、駐車場まで。

100830q.jpg


本日の走行は40kmでした。
やっぱりまだ暑い暑い・・・。

今回のポタメシ、ぐらの評価はこちらです。

↓ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
2010.09
01
ひとりMtFUJIヒルクライムの時に食べた「吉田うどん」。
あの独特の麺の固さがおいしくて、ぜひもう一度食べたい!!となったのでした。

しかし、富士吉田市まで行くなんてことは許されざること。
東京で吉田うどんが食べられるところはないのかとググッてみますと、一軒だけ戸越銀座の近くにあるというじゃないですか。
しかし一軒だけなんですね。

というわけで、今回は戸越銀座にポタ先決定。
やっと子供らの夏休みも終わったので、まだ暑いとはいえ出かけたのであります。

アクアラインを使って、多摩川・六郷土手の駐車場に車を止めます。
前回、ここを使った時にはただの空き地的な駐車場だったのですが、今回行ってみたらちょっと整備されていて、土日は有料・平日は無料ということにこの8月からなったそうです。
私たちは平日利用なので、無料でしたが。

100830a.jpg

本日の出動車両は、ミニベロとぐら号(R3)です。
まずは、多摩サイを行きます。
相変わらずロードバイク走っていますね。

多摩川大橋を右折して、第二京浜をひた走ります。
さすがに交通量が多くて怖いっす。

そしてたどり着いたのが、池上本門寺。

100830c1.jpg


立派なお寺です。

仁王さまも大きすぎて顔が見えません・・・。
100830c2.jpg


お墓の中に五重塔。
100830c3.jpg

こんな看板があったのですが、ちょっと進んでも見あたらなかったのですぐにUターン。
プロレスファンでもないし・・・。

100830c4.jpg


第二京浜に戻り、さらに進みます。
しかし、やっぱり暑い。日差しが刺さります。

戸越に近づいてまいりましたが、その前にぐらチェックのパン屋さんへ。

パン工房こみね
100830d.jpg

なんでもあんぱんがおいしいそうです。
確かにあんこが多いです。これは、パン好きな人というより、あんこが好きな人向きかな??

さて、いよいよ吉田うどんです。
が、すっかり店の名前も住所も調べていないことに気づいてしまいました。
この暑さでネジがゆるゆるなんです・・・。

でも、戸越銀座商店街のなかにかのお店はあるということを、うっすら記憶していました。
商店街を行けば、なんとかなんだろうという行き当たりばったりぶり。

100830e.jpg


しかし、行けども行けどもらしき店は見当たらず。
ついに、商店街が終わってしまいました。

あれえ????
ここで、やっと携帯を取り出し(遅い!!)調べてみたら、戸越銀座商店街にはなく中原街道ぞいにあったのでした。

来た道を逆に戻り、やっとたどりついた吉田うどんのお店「まるなが」であります。

100830f.jpg

私たちが店の前に着いた時に、ちょうど開店したところだったので、ある意味グットタイミングでした。

私は肉うどん。ぐらはわかめうどんをチョイス。
ものすごく暑かったので、冷たい麺はないのかと思ったのですが、つけ麺しかないようでした。

カウンター越しの通路に、ロードバイクが置いてありました。
たぶん、このお店の方のバイクだろうと思われます。
サーベロでホイールはたぶんマビック・キシリウム?ガラス越しだったのでよく見えませんでした。

ぐらに「このバイク40万以上はするんじゃない」と言うと、店員のお兄さんに「この自転車、お兄さんのですか?」とすかさず聞いていました。
実はこのお兄さんが、このお店の店長さんだったのですが。
店長さんは、このロードでジデ通していて、休日には100kmほどのサイクリングや多摩サイ・厚木の方までも走りにゆくそうです。

で、うどんができました。

肉うどん
100830g1.jpg


わかめうどん
100830g2.jpg


濃い目の味に硬いうどん。明らかに普通のうどんとは異なります。
しかし、私が富士吉田で食べたうどんは、麺がもっと硬かったなあ。
もうちょっと硬くてもいいかな~。

↓ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村