RSS
Admin
Archives

ぐりとぐらの本日も自転車日和なり

素人チャリダー夫婦の自転車生活あっちこっち

プロフィール

ぐりとぐら

Author:ぐりとぐら
自転車ど素人夫婦・ぐり(夫)とぐら(妻)が、07年11月 ジャイアント・エスケープR3を衝動買いしてしまって始まった自転車ライフ。09年1月にはBianchiロード・Via Nirone7 Al/Ca 105 Compactとミニベロ・MiniVelo 7を、そして10年3月GIOS VECCHIO も加わってどこまで行くの?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
2010.05
28
Category : 自転車雑談
「ツアー・オペレーター/知られざるツール・ド・フランス」というDVDを観ました。

51i--iyYb+L__SS400_.jpg

2000年のツール・ド・フランスのドキュメンタリーです。
ただし、主役はレースではなく、それを支えるスタッフや観客などツールの舞台裏的な内容。

レース中に自転車にまたがりながらの立ちションシーンや、雑然としたサポートカーで予備用のジャージが見つからないとか、なかなかリアルなシーンも出てきて興味深いです。

レースは選手だけでやってるわけではないのです。


↓ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
2010.05
23
Category : 自転車雑談
「エデン」近藤史恵 著 読みました。

41vtLRgz0jL__SS500_.jpg


かの「サクリファイス」の続編です。

続編といっても、お話しが続いている訳ではありませんが。
主人公が同じということですね。

前作よりもミステリー色は薄れて、というかミステリーではありません。
私は、こちらの方が好きです。

ツール ド フランスが舞台です。
自転車ファンなら読みましょう。

↓ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
2010.05
21
自転車用品、欲しいものがあって船橋までやってきました。

船橋・・・というか、東京ベイララポートにはセオサイクルが2店、その隣のビビットスクエアにはY’s船橋が入っております。

え~っと、何を探しにきたかというと、こちらの商品をお買い上げ。

100518a.jpg

フィニシュライン ショールームポリッシュ&プロテクタント
ミノウラ ボトルゲージ
BBB エンドキャップ

です。

ポリッシュは、クロモリロードに長年乗っておられる方に、ぐらがクロモリロード買ったんですよってお話ししたところ、ちゃんと保護した方がいいよってお話でしたので購入。

ボトルゲージもいつまでもベッキオにゲージがなく、不便なので。一番シンプルで色も白にしておきました。

エンドキャップは、前回ポタッタ時に、車載していたビアンキを出していざ乗り出そうとしたら、エンドキャップがないことに気づきました。
まえまえからこのキャップ、ちょっとぬるくてすぐにはずれちゃっていたのですが・・・。
で、ついになくしちゃったわけです。

で、セオにいったら1種類(黒)しかありません。そんで、Y’sに行ったらやっぱり1種類(銀)。
もともと銀色のエンドキャップがついていたので、今度は黒にしておきました。

雰囲気は微妙に変わったでしょうか??

100518b.jpg100518c.jpg

ところで、Y’s船橋の場所が変わりました。

今までビビットスクエアの1F奥に陣取っておりましたが、今度は1Fと3Fの2箇所に分れております。
これって、セオを意識してるの??

1F店は建物の中からは入れません。
京成駅よりに路面店としてあります。、まあ、入りやすくなったっともいえますね。
こちらは、ロード自転車&ロード用品専門店になるようです。

その他の自転車&用品は3Fというわけです。

3Fまで行くのは、ちょっとめんどいぞ~。


↓ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


2010.05
20
そして、本日の神社。

走水神社
100517o1.jpg

少しまえに、かの江原さんがパワースポットとして紹介していました。
そのせいなのか、もともとなのかは知らないのですが、平日だというのに結構な参拝客でした。

手水場の水は、湧き水で御神水として飲めます。
100517o2.jpg


最近、プチマイブームな湧き水。早速飲ませていただきました。
千葉の湧き水にたまにある雑味とは違った、微妙に硫黄のような後味がしたような気がしました。
とてもまろやかな水でした。

手水場の隣に、砂が入った箱(?)があります。
この砂を持って帰ると、神社といつもいられるということらしいです。

100517o3.jpg


急な階段を登ると小さな拝殿があります。
そこでお参りをして、拝殿の裏にまわれば河童大明神。

100517o4.jpg


江原さんいわく、ここが一番パワーが強い場所だということだそうで。
確かに空気感は他の場所とは違いますね。

神社から街と海がを見下ろせます。
100517o5.jpg


お参りも済ませて、横須賀へ。

途中、10%の坂に果敢に挑むぐら。
あくまでもシッテイングにこだわり、フラットペダルでがんばります。

100517p.jpg


海は見えないけれど、海沿いをはしり横須賀へ。
さすがに外人さんの姿が目立ちます。

三笠公園は自転車乗り入れ禁止ですよ~
100517q.jpg


横須賀に来たらこれ!ハンバーガーです。

ハニービー
100517r.jpg

ヨコスカ ネービー バーガーの小を頼みます。

100517s.jpg

ハンバークの表面がかりっとしてる気がしました。
これが特徴なの??

もう一軒、ぐらが情報仕入れていた「三笠焼き」のお店。

100517t.jpg>100517t2.jpg


まあ、大判焼きですね。ただし餡が餡っていうより豆・・・。豆好きにはいいかもです。

ドブ板通りは、普通の商店街とは趣が違いますね。どことなくアメリカンな雰囲気。

100517u.jpg


ここからは、国道16号をひた走り、いくつものトンネルを抜けて駐車場まで帰って参りました。

本日の走行は59km。
思ったより、道は厳しくなかったです。

本日のルート


三浦半島・・・いつも走っている房総とは対岸なのに、なぜかしら垢抜けている気がします。
雰囲気は似ているところはあるのですが、どこか違う。歩道の感じでしょうか?人間の多さ??

ローディーもたくさん見かけました。房総ならほぼ見ない平日であるにもかかわらず。
まだまだ探求の余地のある三浦半島とみました!!


↓ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
2010.05
19
なんかあからさまにお金持ちの別荘然としたお家を抜けて、葉山御用邸まで。
ここから、Uターンするように、国道134号を登って、県道27号に入ります。

ここに、ぐら本日のメインイベントのパン屋さん「プレドール」があるのです。
パン屋命であるぐらが、坂に弱音も吐かずにやってこれたモチベーションがこのパン屋さんだったのでありますが・・・。

100517g.jpg


臨時休業。
定休日はきちんとチェックしてきたのに、いきなりテンションがた落ち・・・。
お昼はここと決めてきていたので、他にお店がわかりません。

しょうがないので、途中にあったお店に入ることにしました。

100517h.jpg


自家製ソーセージのお店ですが、ホットドックもありテラスでも頂けるのです。
メニューは数種類しかありませんが、私はチリドック、ぐらは季節限定・イカ墨ドックにしました。

100517h2.jpg100517h3.jpg


イカ墨はしっかり味がついています。
チリドックは細かく切られたソーセージにたっぷりのチリコンカン。後で知ったのですが、渡辺真理奈ちゃんの本でも紹介されたそうな・・・。
パンもおいしいし、ここのチリドックは正解でした。

さて、気を取り直して久里浜目指して先を進みます。
この辺りは、みどり豊です。
小山がいくつもあって、新緑が眩しいです。

実はこの県道27号が今回のコースの中で一番の難所なのかなって思っていました。
アップダウンがすごいんだろーなと。私が持っていた地図に「滝坂峠」と載っていたので、神奈川の峠はすごいんだろーなー・・・と。
しかし、実際には長い坂道程度のものしかなく、今回のルートではあまり坂がなかったです。

そんな自然の中を走っていたら、ぐらのジオスが急ブレーキ。
どうやら、ぐらの甘いものレーダーの網にひっかかったものがあるようです。

100517i1.jpg

ギャラリーなのにドラ焼きも売っているという変わったお店。
ドラ焼き評論家のぐら。ドラ焼きの看板をみて素通りするわけには参りません。

100517i2.jpg


ドラ焼きと大福も買ってきました。
小ぶりですが、これはなかなかおいしいかったですよ。

ハンガーノック対策も万全として、グングンと進みます。
なんとなく一山越えた感じで、街に入ってゆきます。

久里浜の駅に到着
100517j.jpg


駅前の花壇にポピーが花盛りでした。
100517j2.jpg100517j3.jpg


開国橋を左折して、また海沿いをゆきます。
金谷に向かうフェリーも見えます。

100517k.jpg


キラキラと光る海を見ながら走るのは本当に気持ちのいいものです。
浦賀港には、有名な浦賀の渡し。ただいま工事中でした。

100517l.jpg


観音崎公園では、向こう側に我がホームグラウンド房総の山々が見えます。

100517m.jpg100517m2.jpg

そして観音崎灯台。とっても海の水がきれいでした。

100517n.jpg


青い空、青い海、眩しい緑。完璧な自転車日和。
自転車が気持ちいい~と思う瞬間ですね。

↓ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

2010.05
18
五月のさわやかな天候に恵まれた休日。
三浦半島の上のほう・・・葉山から久里浜、横須賀とポタってきました。

出動車両は、Wロードであります。
まえに、三浦半島の下のほう、久里浜から城ヶ島、油壺辺りを走った時に、アップダウンがきつく苦労した記憶が強烈で、「三浦の道は厳しい」という思いから迷うことなくロードです。

出発地点は、野島公園付近の駐車場。
ここから、県道205号で逗子を目指します。

県道に入ると、住宅街を抜ける細い道。
いつくる激坂・・・と思っているうちに、逗子に着いちゃいました。

100517a.jpg


なんとなく拍子抜けのまま、海に出ようと適当に走っていたらこんな店を発見。

100517b1.jpg100517b2.jpg


アジフライ、ゲットです。
海に出たところが、石原慎太郎の「太陽の季節」の文学記念碑。

100517c.jpg


ここで、海を見ながらアジフライでも食べようか・・・と、一口ぱくっと口に入れた瞬間、野生動物と異常接近です。
なんとトンビが数m先まで、アジフライを狙って急降下してきたのです。

急いでアジフライを隠し、食べてしまいました。
この間、後ろをむいていたぐらは一連の事件にまったく気づかなかった様子。
鳥が苦手な、ぐらだったらフライを取られていたかも??

そんな騒動があったことなど嘘のような、おだやかな風景。

100517d.jpg


浜辺で遊んでいる人たちも気持ちよさそう。
上の写真に、かすかに写っている海の中を歩いている親子。
この推定3,4歳の男の子が、こちらに歩いてきます。
そして、ぐらの脇を通り過ぎて2,3歩過ぎてから、また戻ってきて一言。

「ヤ・ド・カ・リ・・・」

それだけ言って去ってゆきました。
ぐらが「生きてるの?」とか「すごいね~」という言葉をかけてもまったく無視。
う~ん、小さい子って不思議だあ。

海沿いの道を行きます。

この辺りの雰囲気は、我が千葉県の御宿なんかに似ていますね。
いわゆる漁師町ってことですが。

途中で、こんなお店がありました
100517e.jpg

大迫力のディスプレイです。

芝崎海岸にちょっとおりて、磯を探ってみました。

100517f1.jpg100517f2.jpg


ここにウミウシがいるということです。
ウミウシ好きな私たちは、しばらく探索をしましたが結局見つかりませんでした。
ただし、例の「ヤドカリ」はたくさんいました。いろんな貝をヤドカリは選ぶんですね。
今日はヤドカリに縁があるのでしょう。

↓ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
2010.05
13
微妙なアップダウンを越えて、もみじロードも終点。
長狭街道にぶつかります。

ここから県道88号に入って三芳を目指すわけですが、地図で見ればもみじロードとほぼつながった形で県道88号に行ける道があります。
ちょっと近道して、この細道を行くことにします、が・・・。

長狭街道をちょっと右方向にゆくとその細道があるはずなんですが・・・あれ~、横根峠下っちゃってる!!!

長い下り坂を勢いよく、グワ~~~ンと降りちゃってるじゃありませんか。
これ、絶対違う。

坂をおりきってから地図を再確認すると、横根峠の手前に入るべき道があったようなのですが、そんな道あったっけ??
とにかく完全に間違っているという事実は間違っていないようであります。

ガックシ・・・。

どうしよう。
あの下ってきた横根峠はもう登りたくない。

「佐久間ダム方面こちら」という看板があります。
地図を見ると、なんとなく細道で県道88号に抜けられるような雰囲気。
よっし、こっちから行ってみっか。

とはいうものの、いきなり登りなのでありますが。
登りながら、保田まで出て海沿いから行った方が楽かなあ・・・などと思いますが、ここまで登ったのを下るのはくやしい。
もーいっちゃえと登ってゆくます。
地図にもあるトンネルを抜けて、そこまではたぶんあっていたんでしょうが、そのあとが迷います。

とにかく私の持っていた地図は縮尺が大きく細道はかなり大雑把なものなのです。
この道って、これか??とか思いながら野生の勘で突き進みます。
ちなみに私の勘は方向音痴だったのを忘れていましたが・・・。

よく考えれば横根峠と平行した道なので、同じくらい厳しい道なんだから素直に横根峠に戻って方が良かったのです。
軽トラ1台やっと通れそうな道。もちろん標識なし、道を聞けそうな人もいない。路面はガタガタ。

地図にない曲がり角をやりすごすうちに、ここがどこなんだかわからなくなります。
そしてたどり着いた先は、民家。ここで行き止まり。

ああ・・・・。

もういい、戻る。

やっとこやっとこ登ってきた坂を肩を落として下ってゆきます。
もうテンションは急降下。

もう、本日の坂は売り切れ。
これ以上、坂の顔も見たくない。

保田に出て、海沿いを帰ろう。
ほとんど朝来た道だけど、ほんとは同じ道を走るのは好きじゃないんだけど、もう今日はいい・・・。

長狭街道に戻り、保田まででます。
本当はビンゴバーガー食べたかったんだけど、ばんやでいいや。

「ばんや」というのは、保田漁協が直営している食堂です。
地元ではわりと有名どころなので、噂はいろいろ入ってきて知ってはいましたが、行ったことはなかったのでちょうどいいかと。
まあ、賛否両論あるのでけど。

100510l1.jpg100510l2.jpg

平日だっていうのにすごい人。時刻も午後1時半くらいでした。
店内の雰囲気は、大食堂って感じでしょうか?

100510l3.jpg

メニューは、壁に張ってるから、それを見て決まったら店員さんを呼んで注文するという変則パターン。
それって、毎日上がる魚が違うから??
メニューはすべて単品で、ご飯をつけたい人は260円で定食セットを頼まないといけないんだそうです。
価格設定は若干高めかなって気がしました。

私は太刀魚塩焼きに定食セット(ご飯・味噌汁・おしんこ)@1100円にしました。
しばらく待っていたら、登場。

100510l4.jpg

まあ、こんなもんなんでしょうか。
普通ですね。やっぱりコスパは低めかなあ。

お昼も食べたし、もう帰ろ。
保田から少し走れば、朝、道間違えてUターンしたヒカリモ自生地。

100510n.jpg

ここからはずーっと朝来た道を帰りました。
ひたすら漕いで漕いでなんかいろんな意味で疲れましたです。

本日の走行は175km。

自己最長記録に並ぶロングライドです。
が、距離長く走れば偉いのか??と疑問に思う今日この頃です。

目的地まで向かう道中は、車びゅんびゅんで排気ガスを浴びながら、見るべきものもなくただ黙々と移動しているだけ。
帰りも、然り。

楽しむとこだけ自転車に乗って、楽しめる距離を元気よく走ればいいんじゃない?っていう気持ちが大きくなってきました。
当然、自転車を楽しむスタイルは人それぞれ。
自転車に乗り始めた頃は、距離数などがモチベーションになったこともあったのですが、乗っていくうちに私の中で変化し続けているのかもしれません。


↓ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

2010.05
12
そうだ、行きすぎちゃってるじゃん。
海が見えてテンション上がったまま勢いよく来ちゃいましたが、鹿野山に登るには湊で曲がらないといけなかったんだ・・・。

あー、どうしよう、戻るのもなんだかなあ・・・。
このまま保田まで進んで、そこから長狭街道に入って三芳を目指すか・・・。でもなあ~やっぱり戻るか・・・。

というわけで、来た道を戻るという屈辱。
恨むは己の方向音痴であります。
・・・しかし、この方向音痴はまだ序章に過ぎなかったことは、この時点では知る由もなかったのです。

湊の交差点まで戻り県道93号に入ります。
鹿野山の入り口の手前のコンビニで、あんぱんを補給しミニ羊羹をサドルバックへ。
あんこパワーで元気百倍になって、ヒルクライムに臨むです。

100510e.jpg

田園のなかを進んで行くと、マザー牧場まで3Kmの看板。
この辺りから、本格的に傾斜がきつくなっていきます。

久々の山登りだからでしょうか。なかなか厳しいです。
ゼーゼーいいながら、フラフラと登って行きます。
はた目にはのんびり登っているように見えるのでしょうが、本人はいっぱいいっぱいでございます。

あー、もうだめ・・・
もう、足ついちゃう・・・
グ ル ジ イ・・・

と弱音を(心の内で)絶叫しながら、なんとか頂上まで登りきれました。

登りきったご褒美はこれ
100510f.jpg100510f2.jpg


鹿野山の四つの登り口のなかでもこのコースは厳しい方だと感じました。

お決まりの九十九谷公園からの眺め。
この日はなぜかクマンバチがウヨウヨしていたので、早々に引き上げです。

100510k.jpg

秋元郵便局まで一気に下って、国道465号からもみじロードへ。

100510g.jpg

もみじロードに入って、しばらく進むと「滝の不動尊」の名水の看板があります。
案内板どおりに、田んぼの中をゆくとこじんまりとした社殿の先に、ちいさな水場があり水が汲めるようになっています。

100510h1.jpg100510h2.jpg

ちょうど、古船浅間神社で汲んだ水も空になったところだったので、ありがたくいただくことにしました。
ここの水もおいしいです。
でも、個人的には古船浅間神社の水の方が好きかな。ここの水の方が、ほんの少しだけ雑味を感じました。

もみじロードに戻って、先を進みます。
まさに日本の里山という風景が続きます。

里山を走っていると、自分がジオラマに中に入ってしまったような感覚にとらわれることがあります。
ここに山を置いて、まわりに田んぼを敷いて、木をここに植えて、川をここから流す。
糸でつるされた太陽の下で、あぜ道の小さな花までもが、丹念に作られたひとつの世界を感じながら走ってゆく。

今走っているもみじロードは秋にはもみじの名所なのですが、今は当然咲いていません。
しかし、まさに藤ロードになっていました。

100510i.jpg100510i2.jpg

次々と現れる藤の花。
藤といえば藤棚をイメージしていましたが、木の高いところに咲いている藤もきれいです。
色も濃い紫から白いものまでいろいろとあるのですね。

そんな藤ロードを走っていると、また名水が。

100510j1.jpg100510j2.jpg

これって、さっきの場所の出張所??
でも、かなり場所離れちゃってるけどなあ・・・。

ここも、水を汲んでる人でにぎわっています。
さっきの場所も、ポリタンクや4Lペットボトルを何本も持ってきて大量に汲んでる家族がいました。
名水ブームなのか?ミネラルウオーターを買うよりいいということか。

まあ、さっきと同じ水なんだろうと思って、ここはパスしときました。
でも、あとで調べたらこの「志駒不動尊の水」と先ほどの「滝の不動尊の水」とはまったくの別ものだということです。
そして、水の味も違うということでした。
ここいらは地下水が豊富な場所なのですね。

↓ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

2010.05
11
GW中はすばらしい天気が続きましたね。

しかし、連休が明けた途端にお日様がお休みに入ってしまったようです。
週間天気予報ではかろうじて連休明けの月曜日は「晴れ」マークがついていたのですが、いざ日曜日の夕方の天気予報を開けてみれば「曇り」。

まあ、曇りでもいいや。雨は降らないようだし・・・。

というわけで、久々のロングラン。
この日は、ぐらが所用で自転車には乗れないので、私ひとりポタであります。

行く先は、漠然と鹿野山を登って、三芳村のビンゴバーガーを食べにいこうかというルートをつないで計画。
鹿野山には主な上り口が四つあって三っつは体験済みなのですが、上総湊から登るルートが未走なのです。
ぜひとも、ここから登ってみようかと。

そして、三芳村の道の駅にある「ビンゴバーガー」。
いろんな方の自転車ブログなどでも、たびたび登場するビッグハンバーガーのお店です。

鹿野山を登って、三芳村まで行くとなるとロングコースになりそうなので、久々に早起きして早朝に出発しようと目覚ましを4時半にセットします。
そして、しっかり4時半に起きました。
が、なんとなく空が暗いし二度寝。
最近、気合が入っていません・・・。

それでも5時半に起きると、空は薄日が指しています。
ここから準備を速攻で済ませて、6時に家を出ました。

とりあえず鹿野山を目指して走り出します。
途中で、近所の神社の前を通るのですが、ここに藤棚があってきれいに咲いていると新聞に出ていたので、ちょこっと見学。

100510a.jpg

朝も早くから、お参りに来る人がいて信心深い人がいるんだなあ~と感心してしまいました。

鹿野山まで通勤に向かうであろう車に混ざって、単調な道をひたすらに漕いでいきます。
こういう部分は、サイクリングというか単なる移動ですね。

やっと鹿野山が見えてきて、風景も田舎らしくなってきました。
田舎道を走っていると気づくのが、今は花盛りなんですね。

道端の雑草も沿道のサツキも、いきいきと輝いて見えます。

100510b1.jpg

そしてなんといっても、藤が見事です。
朝みたような藤棚の藤ではなく、自生している藤の木があちこちで紫の花をアクセサリーのようにして美しさを競っているように。

100510b2.jpg

ちょうどボトルのアクエリがなくなった頃に、名水の御神水が湧き出る古船浅間神社に到着。

100510c.jpg

ここの水は本当においしいです。
雑味がなくやわらかい口当たり。

前回ここにきたときも水を汲んでる人がいましたが、この日も先客あり。
しばらくここで休憩しましたが、私が出るときにもまた水を汲みに来る人がいたので、なかなかの人気なようです。

さあ、ここからは海が見えます。
海が見えると、やっぱりテンションが上がりますね。

100510d.jpg

気持ちよくペダルを回して、どんどんと進んで行きます。
しばらくすると、竹岡を過ぎて「ヒカリモ」の自生地に・・・。

あれ?ここまで来ちゃって良かったんだっけ???

↓ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
2010.05
09
Category : 自転車雑談
自転車系ブログによく登場する自転車マンガ「弱虫ペダル」

1巻~10巻
SN3D0824.jpg

大人買い!!

ではなく。TUTAYAのネットレンタルで入手。
ゆっくり読もっと。

↓ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
2010.05
04
実家の船橋まで自転車で行ってみました。

最近、自転車に興味ある上の娘と2人です。
ぐらと下の子は車で移動です。

出動車両はぐりぐら号(R3×2)です。
私は、久々のR3となりますが、なかなか快適です。

スピードもロードとさしてかわりませんね。
まあ、エンジンが同じなんだから当然でしょう。これが登りとかだとやっぱり違ってくると思われますが。

絶好の行楽日和のなか、さわやかにサイクリングです。
ロードで走っている人多数見かけるです。

途中、川鉄の時代がかった工場
100503a.jpg

娘は「ハウルの動く城みたい」と言っていました。
確かにそうですねえ。

千葉ポートタワーでアイス休憩

100503b1.jpg100503b2.jpg

以前、ここにきたときに知り合ったゴム飛行機を飛ばす会のかたが今日も活動しておりました。

祭日なのでフリーマーケットをしていて、なかなかの賑わい。

100503b3.jpg

小休憩して、また走り出します。

ハンドサイクルで日本一周しているさんこぶたろうさんとすれ違います。

陰ながら応援です。

そして海。いまいちガスっていました。

100503c.jpg

マリンスタジアムは人がいっぱい。
ロッテのデイゲームがあったようです。
露天がいっぱいです。

100503e1.jpg

休憩もろくにとらず、ぐんぐん走って走ってなかなかのスピードで実家に到着。

走行距離は39kmでした。
帰りは車に自転車積んで帰りましたとさ・・・。

↓ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
2010.05
02
Category : 自転車雑談
この本で、ぐら勉強中です。

自転車でカラダとココロのシェイプアップ 絹代 著
51X3Guc9xPL.jpg

自転車の乗り方から、お料理レピシまで女性向きの自転車入門書です。

↓ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村