RSS
Admin
Archives

ぐりとぐらの本日も自転車日和なり

素人チャリダー夫婦の自転車生活あっちこっち

プロフィール

ぐりとぐら

Author:ぐりとぐら
自転車ど素人夫婦・ぐり(夫)とぐら(妻)が、07年11月 ジャイアント・エスケープR3を衝動買いしてしまって始まった自転車ライフ。09年1月にはBianchiロード・Via Nirone7 Al/Ca 105 Compactとミニベロ・MiniVelo 7を、そして10年3月GIOS VECCHIO も加わってどこまで行くの?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
2010.02
25
Category : 自転車雑談
3月21日「駅からサイクリング」が開催されるそうです。

両国~香取駅間のサイクルトレインを運行するということ。
千葉駅からも乗車できる。(千葉駅乗車の場合、輪行バック必要)

香取~銚子間にサイクリングコースを設定。全長58kmのコース。

専用列車は、

行き 午前8時42分両国ーー9時20分千葉発。
帰り 午後4時32分銚子発。

申し込みは、26日午後2時から。
日帰りコースは、80人募集。

両国発着が大人1人      6,400円
千葉発着(10人募集)     5,800円
両国発宿泊コース(10人募集) 14,800円~18,100円

お問い合わせ JR東日本千葉支社  043(221)8605

↓ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
2010.02
23
Category : 自転車雑談
自転車依存症 白鳥和也 著 読みました。

51GK153XRXL__SS500_.jpg

この本は、「自転車」本っていうより、「自転車に乗ってる人」本です。

自転車が増えちゃう話や、登り坂が好きになっちゃうなんていうのは、大いにうなずけました。
自転車いじりやオーダーの話などはマニアックすぎるし、自転車乗りは他にもオタク趣味があるなどというのは決め付け感も・・・。

まあ、総じてニヤニヤしながら、あるあるとうなずきつつ読める本ですね。

↓ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
2010.02
15
何を隠そう、恥ずかしながら今までチェーン以外に注油ということをしたことがありませんでした。

先日、図書館から借りた「自転車のメンテナンス」という本を参考に、注油すべき箇所に油をさしてみっかとおもいたったのですが・・・。

さす油がない。

パーツクリーナーとチェーン用オイル・フィニッシュライン・テフロンドライしかもっていません・・・。
そこで、メンテループを買いに、先日行った「サイクルハウス ジロ」へ。

が、メンテループが置いていない!!

お店の方(店長?)に聞いたところ、メンテループは扱っていないとのこと。
その代わり、タクリーノ ロード・チェーンオイル がお勧めという。

tcr-b-chainoil.jpg

「コンポをワンランク上げたよう効果あり」
という力強いお言葉に即買い。

ロードチェーンオイルとありますが、ディテイラーなどの注油もOKということだそうです。
もちろん、チェーンにも塗り塗りしましたよ。

これで我が105もアルテに変身か!!??

↓ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


2010.02
10
粟又の滝まできて、その先のルートは考えていなかった。

時間と天候と疲労度と相談して決めようと思っていたのだ。
時刻は午前10時。まだ余裕がある。
天気も快晴。気温も上昇。風もなし。

これは行くしかない。
とりあえず海が見たい。

県道178号をそのまま下る。
途中、麻綿原高原の入り口までは未走。
やはり知らない道を走るほうが好みだ。
そうやって、白地図を塗りつぶすように、未走道路を選んでしまう。

県道178号が県道82号にぶつかって、勝浦方面へハンドルを切る。
勝浦東急ゴルフクラブの脇から海へ降りていった。

海が見えるとテンションがあがる
100208e.jpg

下って下って降りてゆく。
これだけ下ると言うことは、帰り道はこれだけ上るということである。

海 そして魚を干している
100208f.jpg100208g.jpg

勝浦といえば、ビッグひな祭りなのだ。
勝浦の街中に雛飾りがされるという恒例イベントなのだが、期間は2月20日~3月3日ということで、この日は雛人形の影も形もなかった。
当たり前か。

それで、これも勝浦名物・朝市。
ほぼ店じまい。昼前だもの、これも当たり前。

100208h.jpg

勝浦の街を出て、国道297号・大多喜街道で帰路につく。
その前に、昼食をとる。

最近、巷(一部か?)で話題の、勝浦坦々麺。
勝浦市の商工会(?)がご当地B級グルメとして、竹岡ラーメンにつづけとばかりパワープッシュしているのである。

その勝浦坦々麺の有名店「原田商店」へ。
ラーメン店と雑貨屋がひとつにまとまって「原田商店」なのだ。

店の前に着くと、4,5人の姿がある。
さすが有名店、平日のこの時間(11時半すぎ)でも行列ができるのか?それともまだ開店前なのか?

100208i.jpg

そうではなくて、TVの取材だった。
ダチョウ倶楽部の寺門ジモンがそこにいた。

100208j.jpg

自転車を止めて店に入ろうとしたら、撮影中でほんの少し待っていると、ジモン氏自ら「お客さん来たからどいて」とスタッフに言って、私を入れてくれた。
なかなかなナイスガイである。

しかし、店内は満員。
座るところが無い。

店内には店員さんがいなく、しかたなくの厨房に顔を出して、「満員ですか?座れませんかね??」と聞くと団体さんが出れば空くのだけど・・・という。
注文を先にしておいてといわれ、坦々麺を頼む。辛さを聞かれたので普通にしてもらった。

店内に戻ると、カウンター席がひとつ空いていた。
実はこの満員のお客さんの大部分は番組スタッフで、席をつめてくれたようだ。

しばらくすると、撮影が終わったようだ。2つの机を並べた番組スタッフと、近くの武道大学の学生らしき4人組とカウンターの私。
そこへ地元のおじさん2人も入ってきて、大賑わい。

おじさんらは「なんの騒ぎだい?」と私にきくのでTVの撮影みたいですねと言うと、こんな店にTVかい??みたいな。
まあ、地元のおじさんらにしてみれば、首をかしげたくなるのもわかる。

どうやら、この番組らしい。放送日未定。

ほどなく私の坦々麺もきた。

100208k.jpg


真っ赤なスープ。具は玉ねぎをきざんだのをいためたものがぎっしり。ひき肉もはいっているらしいが、私には気づかないほどのもの。

まずスープをすする。
むせる。

勝浦坦々麺といっても、一般的な坦々麺とはまったく別物である。
醤油ラーメン+ラー油スープ+たまねぎというのがその正体だ。

ラー油のスープ。
醤油ラーメンに大量のラー油がそそがれているのか、それとも独特の製法でつくられているのか不明であるが、とにかくラー油味。

「辛い!!」

という第一印象であったが、慣れるとそうでもない。
そうでもないが、むせる。

TVスタップの弁では、「辛さひかえめでこの辛さはないよ~」と言っていたので、人によって辛さを感じる度合いは違うのかもしれない。
ちなみに、私は結構辛口な方である。

これはB級グルメ。すごくおいしいとか、お上品なお味とかいう種類ではない。
が、TVスタッフが帰った後も、地元のおじさん連中や学生客が来て、なかなかの繁盛ぶりであった。

お昼も食べたので、また大多喜街道に出て、まっすぐ家へ向かう。
途中の道で、イノシシが轢かれていたのを目にする。
イノシシの目撃情報が、だんだん我が家付近にも及んでいる。
確実にやつらは増殖している。

前回のポタでも感じたが、基礎体力が落ちている。
帰りはかなりヘロヘロである。
やはりコンスタントに乗らないとだめなのだろう。

本日の走行は、120km。
帰り際の1時間くらい、日が翳って肌寒かったがインナー快適さは確認できた。

本日のルートの一部


↓ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

2010.02
09
インナーとシューズカバーのインプレを兼ねたポタリング。

行く先は、いつもの養老渓谷を抜けて粟又の滝へ。
養老渓谷まではよく行くのだが、粟又の滝へは(自転車では)行ったことがなかった。

午前7時過ぎに家を出る。
快晴だが空気は冷たい。

天気予報によれば、日中は3月の陽気だとか。
風も無い。ポタ日和と言えよう。

養老渓谷までは、国道297号で行くことが多いのだが、今日はうぐいすラインを通ることにする。

我が家は田舎でまわりに何もない思っていたのだが、自転車に乗るようになって辺りを見回せは、ちょうど良い練習コースがわんさかあることに気づいた。

人も車もあまり通らず、アップダウンが激しい舗装された道があちことある。
うぐいすラインもそんな道の一つである。

家からほんのわずかな距離なのだが、道の端が凍っている。この冬、我が家で氷が張ったのは1日だけで、この日も氷は張っていなかったはず。
ほんの少し山に入っただけでも違うようだ。
やはり冬の早朝は危ない。

県道13号から川在でうぐいすラインに入り国道409号へ。
米沢からはいつもの清澄養老ラインへ。

毎度おなじみの道なのだが、下り(?)牛久から養老渓谷へ向かうのは久々だ。
なんとなくきつく感じるのは、こちら側からのほうが登り基調なのか、それとも冬季休養中で身体がなまったのか?
多分後者であろうが。

養老渓谷駅前の金子商店でアンパンを買ってエナジーチャージ。
温泉街を抜け、老川を過ぎ粟又の滝へ向かう。

途中、お寺があり小休止。

水月寺 茅葺の鐘つき堂
100208a.jpg100208b.jpg

そして、その先をしばらく行くと、粟又の滝に到着。
滝までは、急坂をおりてゆかなければならないので、今回はパス。

滝の降り口 かなりインパクトあり
100208c.jpg100208d.jpg

↓ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
2010.02
08
Category : 自転車雑談
先日購入した、クラフトのあったかインナーとシマノのシューズカバーのインプレを兼ねてポタリングに出かけた。

天気予報によれば、日中は3月の陽気、しかも風弱しということで、ポタ日和ということなのだが、出発した午前7時すぎの空気は冷え冷えとしていた。

推定気温は3度くらいだろうか。
インナーとシューズカバーのインプレにはもってこいの気温ともいえなくもないのだが・・・。

早速、そのインプレから報告してしまが、インナーの方は着た瞬間に暖かさを感じることができた。
ユニクロのヒートテックではこうはいかない。

本日の服装は、上半身はインナー・薄手長袖ジャージ・薄手ウインドブレーカー・春秋用ウインドブレーカー。
下半身は、レイパン・レッグウオーマー・シューズカバー。

走り出して、まず感じるのは下半身がスースーする。
これは、前回のポタでも感じたことである。
ただ、30分も走ればそれは収まってしまうのである。

今回も同様、走り出してしばらくすれば寒さは感じなかった。

上半身は、ウインドブレーカー越しに、冷たい風を感じた。
しかし、身体の芯はまでは冷気が届かない感じ。

ユニクロヒートテックの場合、長時間運動していると、汗がたまってそれが冷え寒さを感じたのだが、クラフトの場合、終日そういったことはなかった。
ただ、暖かいという感覚ではなく寒くないというほうが言いえていると思う。

帰宅後、インナーの上に来ていたジャージが、かなり汗で濡れていたので、発汗性が優れているようだ。こんなに汗で濡れているのに寒さを感じないというのはさすがである。

朝は快晴であったのだが、午後からは雲が出てお日様が隠れてしまった。
こういった状況では、今回の服装ではやはり少し肌寒さを感じる。
薄いウインドブレーカーを重ね着でやりすごくというのは、やはり無理があるのか・・・。

一方、シューズカバーであるが、走り出しはカバーのおかげで風がシューズに入り込まないので、カバーなしで走ったときに感じるスースー感はない。

しかし、1時間ほど走ったら、やはり足先は冷たくなってきた。
心拍が上がっても、つま先まではその効果がつたわらないのであろう。
低温の中で回転運動を続けることによって、足先が冷えてしまうのはいたしかたないのか。

この日は、日中気温が上がったので、それ以後は足先の冷えも感じなくなった。
もちろんシューズカバーがまったく無力なのか、といえばそうではなく、やはり一定の効果はあると思う。

とくに、このシューズカバーはパールイズミのものに比べ、足首まで覆われる構造なので、レッグウオーマーと靴下の境目が寒いということもない。

ということで、インナーは期待通り、シューズカバーもこんなものかと納得のいくものであった。

↓ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

2010.02
02
Category : 自転車雑談
前回の初ポタで、ユニクロヒートテックインナーが汗をためて、走っていると寒くなるということと、メッシュのビンディングシューズのおかげで、つま先が凍えるという教訓を踏まえて、あったかインナーとシューズカバーを購入しました。

これさえあれば、冬の寒い朝でもウインドブレイクジャケットがなくとも、なんとかやり過ごせそうな気がします。
希望的観測ですが・・・。

私がよく行く自転車屋さんは、クロスバイクを買ったセオとロードを買ったY'sなのですが、自転車3年生の私には、もう少しアットホームな感じのお店がいいのではないかと感じ始めています。

昨今の自転車ブームからか、大手チェーン店はいつも大忙し。
いつ自転車屋さんに行っても、店員さんはなにやら作業をしていて、こちらが声をかけるのもはばかられる雰囲気です。
また、自転車のメンテなどもじっくり教えていただけるようなお店はないかと探しているところでもあります。

そんななか、私の行動範囲内にあるとある自転車屋さん。
ここは、以前知人の自転車乗りさんからも聞いたことがあったし、また先日読んだ自転車本「実践的サイクルング」の著者もお世話になっているお店ということで紹介もされていました。

この店の所在地が、私のテリトリー内にもかかわらず、この場所に自転車屋さんがあるということにまったく気づいていなかったのですが・・・。

そんなわけで、本日はこのお店「サイクルハウス ジロ」を訪問。

きれいな店内。親切な店員さん。なかなか良い感じであります。
これからこのお店にお世話になろうかな。

今回買ったものはこちら。
PICT0062.jpg

クラフトのインナー(店員さんお勧め)とシマノのシューズカバー(これはセオで購入)。そしてなぜかジオスの2010カタログが!!!

春の予感がします(謎)

↓ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
2010.02
01
Category : 自転車雑談
先日行った2010初ポタのときに、ギアがガチャガチャいうという症状がでておりました。

からっきしメカ音痴な私なので、どこをどおいじってよいものやらチンプンカンプン。
無茶していじくりまわそうものなら、修復不可能なんてことにもなりなねません。

ここは、素直に自転車屋さんに持っていってみてもらおうというわけで、ロード購入店である某○’sへ持ち込みました。

開店時に行ったので、店内は空いていたのですが、店員さんは納車の準備でしょうか、ピカピカの自転車に向かってなにやら作業中。

そこへ、症状を話してちょいとみてもらいます。
さすが自転車店スタッフ。ぐるぐると後輪を回しながら、ワイヤーを引っ張ったりしてあっという間に「これで大丈夫だと思います」と頼もしいお言葉。

私、ちょっと感動しながら「これってどこがいけなかったんですがね??」と尋ねますと、「うーーん、話すと長くなるので・・・。今、メンテの本がたくさんあるので、そういうの読んでもらえばわかると思います」

「・・・そうですか・・・。ところで、普段のメンテでチェーンくらいしか注油してないんですけで、あとはどんなところに油させばいいんですかねえ??」
「動くところは基本的に全部なんですけど・・・(と言葉を濁す)」
「それも、本みればいいですかね」と、私。
「そうですね」

まあ、本みればわかるっちゃ~わかるけどねえ・・・。
そのくらい、自分で調べろってことでしょうね。

というわけで、「自転車のメンテナンス」白井友次 著 を図書館で借りてきました。

7andy_32235349.jpg

この本、オールカラーで、基本的なことから書いてあって、私のような初心者にはとってもよい感じです。
やっぱりメンテ本の一冊くらい持ってないと、まずいでしょう~と今更ながら思っておりますので、この本買おうかなあ~。

↓ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村