RSS
Admin
Archives

ぐりとぐらの本日も自転車日和なり

素人チャリダー夫婦の自転車生活あっちこっち

プロフィール

ぐりとぐら

Author:ぐりとぐら
自転車ど素人夫婦・ぐり(夫)とぐら(妻)が、07年11月 ジャイアント・エスケープR3を衝動買いしてしまって始まった自転車ライフ。09年1月にはBianchiロード・Via Nirone7 Al/Ca 105 Compactとミニベロ・MiniVelo 7を、そして10年3月GIOS VECCHIO も加わってどこまで行くの?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
2009.11
27
いよいよ富山ヒルクライムです。

いきなり急な坂で、みかん狩り農園地帯を通過してゆきます。
なかなかな勾配。先ほどの落ち葉はないものの、こけが生えていてやっぱり滑ります。

091123h1.jpg

みかん農園の地図看板があったので、それを参考にして富山山頂への道をたどってゆきます。

たぶん、ここを右だ!!と思って入ったところが、とあるみかん狩り農家のお家で「富山に行くみちは?」とたずねると、もうひとつさきの角を曲がったところだと教えてくれました。

「でも、ものすごい道だよ~」

と、農家のおじさんの声を背に受け、またも登ります。
教えられたとおり、一本先の角を曲がってまた一段と斜度が上がった感じ。

行く手に分かれ道があってちょっと迷いますが、さらに勾配がきつい右を行ってみます。
またまたぐぐぐ~と勾配UP。
そして、狭い道に軽トラが止まっていて、みかん狩りの人も数人いたので止まってやりすごします。

その時に、農家の人に「富山へはこの道ですか?」ときくとそうだと言います。
う~ん、しかし噂にたがわずきつい坂です。

しかし、本当の富山のすごさは、ここから先にあったのです。

登山者用 貸し出し杖
091123h2.jpg

ここからが、ほんとうの登山道というのでありましょうか?
今までの坂は、ほんのプロローグだっだということか。

確かにこれまでの坂は、あくまでもみかん畑と民家が点在する下界です。
しかし、ここから先は人が住んでいない神の領域といえるのかもしれません。

今までも十分きつい坂でしたが、ここからは段違いです。

091123h3.jpg091123h4.jpg

これまで経験してきた坂と、明らかにレベルが違います。
これぞまさに激坂。
今まで登ってきた坂などは、所詮急坂レベルだったのです。

しかも、路面は前日の雨の影響か濡れていて、こけもところどころにはえてダンシングするたびに後輪が空転します。

しかし、この斜度はきつすぎます。
足を着かずに登り切ろう・・・とかいう考えは一瞬で蒸発してしまいました。

ハーハーゼーゼーいいながら、その場に足をついて息を整えます。
しばらく休んでまた登りますが、また休憩。

そんなことを繰り返しながら、ノロノロと永遠と続くような激坂に挑んでいくのでありました。

そうやって、無人の山中で顔をゆがませ息を切らしてペダルに力を入れた刹那・・・

ツルッ

うわっ!!!

ガッシャン~

転びました。

道を横断している側溝の格子状鉄蓋に後輪が乗ったときに、ちょうど力が加わって滑ったようです。

痛ててて・・・・。

自転車を起こし、はずれたチェーンをかけますが、テンションがた落ち。

はあ~・・・。

気を取り直し、また登りはじめますが体力も気力も途切れてしまいました。

もう、この坂は登れない・・・。
まだまだ続く激坂。

ついには自転車を降りて、おして歩きました。
自転車乗りにあるまじき行為ですが、もう限界。。。

それでも、少しはまた自転車にまたがりノソノソと登っては、降りて押し歩き、またノロノロと漕いでは降りて歩きとずいぶん時間をかけてやっと山頂までやってまいりました。

山頂からの眺めはすばらしかったのですが、達成感は0。

091123h5.jpg091123h6.jpg091123h7.jpg

すごすごと山を下るのでありました。
この坂を自転車で登れる日が、私には来るのでしょうか??
とてもじゃないけど、こんな激坂、登れるとは思えません。

富山の激坂に、乾杯 完敗したのであります。

山を降りて、県道89号に戻ります。

さて、予定では志駒川沿いのもみじロードを行こうと思っていたのですが、時刻は3時。

うわ~、ちょっと無理かも??

とりあえずそちら方面に向かいながら考えます。

もみじロードを抜けて、君津辺りでぐらに迎えにきてもらう。
もしくは、金谷辺りでぐらに迎えにきてもらう。

どっちも、ぐらに迎えにきてもらうということになってるし・・・。

ああ、本来の出発時刻6時に出ていれば、この辺りに12時頃つけていたわけで、やっぱり出る時間が遅すぎたと今更ながら後悔。

やっぱり、計画をきちんと立てて実行しなければいけませんね。

金谷にしろ君津にしろ、もみじロードの基点までは同じなので、そこまで行ってみることにします。
秋の日はつるべ落としとはよくいったもので、みるみる夕方の雰囲気になってゆきます。

これはもみじロードも無理だなあ・・・。

というわけで、ぐらに金谷まで迎えにきてもらうことにしました。

途中、長狭街道は晩秋の里山の風景がつづきます。

091123i1.jpg091123i2.jpg091123i3.jpg

海まで出て、国道127号へ。
夕日が沈む海がきれいです。
そして、富士山も姿を見せてくれました。

091123j1.jpg091123j2.jpg

金谷に着いたのですが、ぐらから「道が混んでいるので遅くなりそう」というメールが。
ならばできるだけこちらも北上するということで、夕闇迫るなかグイグイ漕いで上総湊で合流。

本日のポタはここで終了ということになりました。

今回は、反省点も多くまた、激坂に完敗したという屈辱、いや現実があからさまになったポタでありました。
まだまだ青いでございます。

走行は125km。

↓ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2009.11
26
海沿いの道を、気持ちよく走ります。

空も海も青く、お日様がまぶしいです。
祭日ということで、千葉の平日ポタではほとんど見かけないローディーさんも何組かすれ違いました。

鋸南町を過ぎ、南房総市に入るころには昼近くになっていました。
これは大房岬にはいけないかな、と判断。

とりあえず、本日のメインディッシュ・富山へ向かいましょう。
その前に、「富楽里 とみやま」という道の駅に寄って、ちょっと休憩。

091123e1.jpg

ベンチに腰掛けて、コンビニで買っておいたミニ羊羹を食べて、これから臨むヒルクライムに備えます。

道の駅の駐車場の裏に、コスモス畑が広がっていました。

091123e2.jpg

ほんとうに、ここはのどかです。
高い建物がないので、空が広いこと広いこと。

いよいよ、富山に向かいます。
地図によれば、県道258号から登り口があるようです。

途中に、茅葺の山門の地蔵尊を発見
091123f.jpg

しばらく走ると、看板が出ていました。

091123g1.jpg

富山自然公園の看板もあるので、ここが入り口でしょう。
ここを入ってゆくと「富山中学校」があって、登山道の看板もあります。

ズンズン進んでゆくと、どんどん山深くなってゆきます。
坂の斜度も徐々に上がってゆくようです。

途中、「伏姫籠穴」という穴があります。
ここ富山は、滝沢馬琴の「南総里見八犬伝」の舞台となった地です。

物語で、伏姫がこもったのがこの穴ということになっているらしいのですが、もちろん八犬伝はフィクション。
では、この穴はなんなのか??というのは、謎なんだそうです。

「伏姫籠穴」を過ぎると、本格的な山道です。
前日の雨に、道に生えているコケ。そして大量の落ち葉。日陰は路面も濡れています。
かなりコンディションは悪いです。

一瞬、舗装されてないじゃん!!と思うほど荒れた道もありました。
なにしろすべる。
後輪をツルツルさせながら、進んでゆきます。

こんな道
091123g2.jpg

それでも、坂はそれほどきつくはありません。
これから、すごいのがくるのか??いつくるんだ???

そしたら・・・。

091123g3.jpg

階段出現!!!

え??行き止まり??

ちょうどそこから降りてくる人がいたので、車で頂上までいける道を聞いたのですが、

「頂上に車があったので道はあると思うけど、その道は知らない」

ということでした。
すごすごと、きた道を下ってゆきます。

他のハイカーの方にも聞いたのですが、

「わかんないなあ~。・・・でも、もしかしたら山の反対側にみかん狩りができるところがあって、そこからかもしれない」

という情報を得ましたが、その反対側ってどうやって出るの??
仕方がないので、中学校まで戻ると、今度は地元の人がいて聞いてみます。

私の持ってる地図をみせると、「ずいぶんアバウトな地図だなあ」と言って、地図にはない道を教えてもらいました。
さっき行った「富楽里とみやま」につづく道をゆけばよかったようです。
これは県道89号ですね。

教えてもらった通り行きますと、あったあったみかん狩り。

ここから入ります
091123g4.jpg

↓ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
2009.11
25
曇り空の下、一路君津へ向けて走っております。

ただ、風もなく寒くもないのが救われるところですが、やっぱり天候がイマイチだと気分もイマイチ。

国道127号に入って、しばらく走っていると雲が切れてきて薄日もさしてきました。
10時半頃にやっと青空が見えてきて、気分も盛り上がってきます。

こんな時に、軽く登り坂を登っていると目に入ってきたのが、立派な御神木のある神社でした。
スーーーっと、吸い込まれるように神社に自転車を止めて、ちょっと休憩。

091123a1.jpg091123a2.jpg

古船浅間神社です。
由来を書いた立て札には、「昔、富士山に似た山がここにあって、どこからか分霊した神様をこの地に祭った。しかし、その山は良質な砂が取れたため現在はなくなってしまって、神社だけが残った」というようなことが書いてあったと思います。

そして、手水舎の水が御神水として飲めるようになっているのです。
水道局のお墨付きももらっているということで、手水舎の裏側に蛇口もついていました。

091123a3.jpg

実際、私がこの神社に着いた時に一人、私がいる間にももう一人、この水を汲みに来ている人がいたので、地元ではよく知られているのかもしれません。
ちょうど、私も捨てようと思っていた空のペットボトルを(神のお導きで)持っていたので、水を汲ませてもらいました。

千葉の名水といえば、久留里が有名で私も久留里の水はポタリング中によくいただくのですが、ここの水は遜色なく、いえこちらの方が私好みな水です。

久留里は、独特の癖があります。
それが水の個性でありうまみなのかもしれませんが、ここの水はまったく癖がありません。
しかも、とってもまろやか。本当においしい水でした。

さて、水を飲んで英気を養ったところで、ここから少し走れば海です。

やっぱり青い空、青い海はテンション上がります。

091123b1.jpg091123b2.jpg

竹岡を過ぎたところに、ヒカリモ群生地があります。
この道は、何度も通ったことがあって、このヒカリモも知っていたのですが、立ち寄ったのははじめてでした。

091123c1.jpg091123c2.jpg

日本で初めてヒカリモが発見されたのが、この地だとか。
ヒカリモってなんとなく蛍みたいに緑色に光るのかなっていうイメージあったのですが、実は金色に光るんですって。4月から5月くらいに見られるそうです。

ここの洞窟もなにか厳かな雰囲気がして、とってもすがすがしい気分になれました。

海沿いの道を、気持ちよく走ります。
朝の曇り空で走っているときとは、雲泥の差です。

やっぱり海はテンションが上がりますね。

山の稜線がノコギリのような鋸山
091123d1.jpg

鋸山のロープウエーに乗る人の車の列ができていました。

漁港にて
091123d2.jpg

船に座って、おしゃべりをしていたおじいさん二人。
あまりにもほほえましく、のんびりとした空気をかもし出していたので・・・。

それにしても、空が高いよ
091123d3.jpg

あ~、やっぱり、来てよかった~と思えた瞬間でした。


↓ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
2009.11
24
23日は祭日で、子供らも学校がお休みだったのですが、ぐらと子供らは買い物にでかけるということで、私ひとりポタでございます。

しかし、前日の天気予報によると「午前中は雨、午後からは晴れて暖かくなるでしょう」というチュートハンパな予報。

午前中ってのは、一体何時なんや~!!!

とりあえず、6時に出発するつもりで、行く先は先日「房総 峠めぐりポタリング」で行けなかった富山をメインにしようと思います。

富山というのは、千葉県南房総市にある山でなんでもものすごい激坂があるということです。
千葉の坂を渡り歩いている私にとって、戦わなければならぬ相手なのであります。

そして、ついでといってはなんですが、以前クロスバイクで完全降伏した大房岬の坂と志駒川沿いのもみじロードもちょうど見ごろなのでは??
という辺りを組み合わせて走れたらなあ~と。

しかし、気になるのは天気予報なのであります。
ここのところ、めっきりわたしの中で信用を失いつつあるウエザーニュース。

「晴れて暖かくなる」なんていって、実は一日中曇りor雨だったりしないの??
夜もふけるにつれ、疑心暗鬼になって早起きする気持ちも薄れてゆきます・・・。

翌朝。
子供に7時に起こされます。

空は、低く垂れ込めた雲が一面に覆っておりました。

やっぱり・・・。

しかし、朝の天気予報でも午後から晴れると言っています。
時間帯の予報で、9時には晴れマークがついていたのですが、なんとなく身体が動きません。

だって、とっても寒そうなんですもん・・・。

そんなこんなで、うだうだしていたら8時半をまわってしまって、「あ~あ、どうすんかなあ??」と優柔不断です。

時間も遅くなっちゃったし、輪行で館山までいってそこから走ろうか?
と思って、電車の時間を調べたら館山行きは1時間に1本くらいしかなく、しかも次の電車はまだまだ先です。
その電車に乗っても、たいして時間をかせげない感じなので、重い腰を上げて曇り空の下、走り出したのです。

時刻は9時でした。

ウエアーは上半身、ユニクロヒートテックアンダー・秋用長袖ジャージ・ウインドブレーカー。
下半身、レイパン・レッグウオーマー。
そして、ヘルメットの下に、フェイスウオーマー(ウールの帽子とネックウオーマーが一体化しているやつ)をかぶりました。

このフェイスウオーマーはちょっとやりすぎか?と思ったのですが、前回大福山に行ったときも朝、走っていて耳が冷たくなって、そのうち耳の奥が痛くなり次に頭痛がきて走る気力を奪われるということがあったので、念のため。

しかし、このフェイスオウーマが功を奏したのか、はたまたユニクロヒートテックが効いてるのか、走っていて寒さは感じませんでした。

予報では晴れると言われていた9時になっても、厚い雲に覆われた空。
雨は落ちてきませんでしたが、気分も晴れません。

とりあえず、君津を目指してひた走るのでした。

↓ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

2009.11
20
自転車世界一周の旅は、まだまだ続きます。

世界一周中にそびえたつ東京タワー出現
091117l.jpg

そして、ロシアへ。

ロシア大使館
091117m.jpg

こちらも警備は物々しく、警察官数人でなにやら緊張感ありありでした。

国道1号に出て、三田からオーストラリアへ。

オーストラリア大使館
091117n.jpg

こちらは警備員さん数名。
モダンな建物です。

そこから程近いところに、イタリア大使館。

イタリア大使館
091117o.jpg

警備員さんなし。
閑静なたたずまい。

くしくも、先日のNHK「ブラタモリ」でここを訪れていましたね。
なんでも、昔の大名屋敷だったとか。

麻布を抜けて、有栖川記念公園近くに、ドイツ大使館。

ドイツ大使館
091117p1.jpg091117p2.jpg

警備員さん1名。
ちょうど大使館に入る車がやってきて中に入ってゆきました。
やっぱりBMWでした。

ドイツ大使館の脇をゆくと、そこはフランス大使館。

フランス大使館
091117q.jpg

警備員さんなし。
ひっそりとそこにありました。
フランス大使館のロゴが、いかにもおフランスっていう感じです。

というわけで、ここで世界一周ポタリングは終了。

世界一周とかいいながら、アジアはないし、アフリカはないし、南半球はオーストラリアだけだしと、全然一周感がありませんが・・・。

おもしろかったのは、やっぱり大使館のまわりには、その国の人らしき人物が歩いていたりして、同じ白人でも、イタリア人とドイツ人とアメリカ人はやっぱり違って見えるんですね。私の思い込みもあるかと思いますが。

大使館の建物もモダンなものも多いですが、イタリアやフランスはいかにも、お国のセンスっていうものがかもし出されているような気がしました。

警備体制もそれぞれバラバラ。
警備員さんの場合と警察官の場合とどういう基準で変わるのか??
まったく人気のない大使館もあったりして、まあお国の事情でしょうね。

さて、本来の予定では、ここから渋谷に向かうつもりだったのですが、予想以上に時間が押してしまい今からじゃ無理・・・という結果に。

それじゃあ、せめて神宮外苑の銀杏並木でも見て帰ろうということになって、今まで地図を見ながらウロウロポタから、幹線道路高速ポタへシフトチェンジ。

外苑西通りをひたすら走って、外苑橋まで。
ここまで来たら、銀杏並木は後回しにして、いつか来ようと思っていた「サイクルスクエア北参道」へ。

091117r.jpg

カフェテリアには数組、お客さんが入っていました。
で、他に何があるの??

カフェテリアの脇に、ガラスで仕切られた小さなブースがあってチラシが置いてあります。

ん??これだけ???

平日だからでしょうか。
イベント時には、なにかもう少し華やかなディスプレイがあるのでしょうか??

自転車が壁に飾ってあるただのカフェっていうイメージでした。

滞在時間3分で、外苑銀杏並木へGO!!

外苑ではいちょう祭りが開催中でした。
結構人が出ています。

肝心の銀杏の方はといいますと。

091117s1.jpg091117s2.jpg091117s3.jpg

写真じゃいまいちわかりづらいですね。
黄色の中に、緑の葉が少し混じっているという感じでしょうか。
黄金に輝く銀杏ではありませんが、これはこれで美しいと思いました。

ここから、青山通りで北の丸公園までピューっと帰って、本日のポタは終了。

思ったよりなにげに疲れたポタでした・・・。
本日の走行27km。


↓ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
2009.11
19
山王日枝神社を出る頃には、お昼少し前になっていました。

ブログ上では、トントンと大使館をめぐっているようなイメージですが、実際のところ地図を見ながら迷いさすらい大使館にたどり着き、写真を撮って次に向かうという作業。
思いのほか、時間がかかります。

しかも、やっとたどり着いても、正面玄関の写真を撮るだけで中には入れません。
入れるのかもしれませんが、用もないのに入館するのもなんかね・・・。

というわけで、苦労の割には報われないこの世界一周ポタ。
事前に、調べてきた大使館をすべて回るのはきつそうです。
お腹もすいてきたので、ここは昼食をとりながら作戦練り直しということにします。

といっても、お昼を食べる予定のお店はずーっと先。
下調べなしで、どこか適当なお店をチョイスしなければなりませんが、これがなかなか決まりません。

とにかく、自転車を赤坂サカス付近に止めて、ウロウロとさまよいやっと決めたおみせが、宵の口という鳥料理のお店。

091117h1.jpg

もとは帯屋さんだったという建物は、昭和初期サイズの造りで、廊下の幅もガラス障子の雰囲気もGOODです。
中庭の見えるお部屋もありましたが、私たちが通されたのは2畳ほどの個室でした。
ものすごく落ち着ける雰囲気です。

ランチメニューは3品で、串かつ、親子丼、焼き鳥丼です。
私は、串かつ。ぐらは親子丼。

091117h2.jpg091117h3.jpg091117h4.jpg

ボリューム満点。お上品なお味。とってもコストパフォーマンスがよいです。
ぐらの評価はこちら

お昼を食べながら、世界一周ポタ作戦をねり直し、大胆にルートをカット。
主だった大使館を絞り込み、回ることにしました。

午後は、アメリカ大使館から。

アメリカ大使館
091117i.jpg

たくさんの警察官がものすごく忙しそうに動き回っていました。
建物も、どこかの商社のようなビルですね。

アメリカ大使館の向かいに「日本自転車会館」があります。
なにが入っているのかと、ぐらお得意の「そこにいる人に聞いちゃう」情報によれば、サイクリング協会などの事務所があるだけで、何か展示とかはないようです。

091117i2.jpg

霊南坂を登って、スペイン大使館。

スペイン大使館
091117j.jpg

警備員さんなし。
そのお向かいに、スエーデン大使館。

スエーデン大使館
091117k.jpg

警備員さん1名。
建物は、テーマパーク風でした。
やっぱり北欧デザインはかっこいいです。


↓ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
2009.11
18
今回は自転車で世界を一周してみよう計画です。

といっても、各国大使館めぐりをしようというわけですが・・・。

この企画、クロスバイクを買ったばかりの時に計画していたのですが、なかなか今まで実現できなかったいわば「お蔵入り」企画だったのです。

花の季節になるとあそこがいいだとか、夏ならばここがよいだとか行くうちに、大使館めぐりの企画は後回しにされて、ついには忘れ去られてしまったわけです。

満を持して、今回世界一周ポタと題して、大使館を巡ってみようと思います。

大使館が集中している地域は、皇居の西側~南側に集中しております。
車を、北の丸公園駐車場に止めて、スタートです。

今回の出動車両はぐら号(R3)とビアンキ妹(ミニベロ)です。

北の丸公園 紅葉には少しはやいかも
091117a.jpg

まず初めのお国は「インド」です。
北の丸公園・田安門を出てちょっと行ったところにあります。

インド大使館
091117b1.jpg091117b2.jpg

モダンな建物です。
インド人(?)警備員さん、1名壁によっかかって警戒中。

お次は内堀通りを下って「英国」へ。

イギリス大使館
091117c1.jpg091117c2.jpg

石造りの重厚な佇まい。
歴史と伝統を感じさせる雰囲気ですね。
日本人の警備員さん5,6人が忙しそうに門の外でキビキビと動いていました。

お次は、「アイルランド」。
細い道を行って、ひっそりとありました。
大使館とはなく、「アイルランド ハウス」というプレートが。でも、ここでいいはず。
ちょっとした事務所的な感じで、警備員さんなし。

アイルランドハウス
091117d1.jpg091117d2.jpg

日本テレビ通りに入って、日テレの裏辺りに、イスラエル大使館。
ここは、警察官の警備が1名。
しかも、警備の奥まったところに大使館の門があります。
その警察官が、挙動不審な私たちをなにやら疑惑の目で見ているような気がして、写真撮影しないまま、「ベルギー大使館」へ急ぎました。

ベルギー大使館は、どこ?と探していると、ちょっとした広場があって「Belgium Square」のプレートが。この広場の奥に立っているビルがベルギー大使館です。

ベルギー大使館
091117e1.jpg091117e2.jpg

どんどん行きます。
新宿通りに出て、諏訪坂~三ベ坂を下ってメキシコ大使館。

メキシコ大使館
091117f1.jpg09117f2.jpg

警備員さんなし。
リサイクル業者さんが、なにやら作業していました。
大使館は、高原の別荘風な造り(?)。

日比谷高校の脇を抜けて、溜池方面へ。

ここで、世界一周は、ちょっと休憩。

山王日枝神社にちょっと寄り道。

091117g1.jpg091117g2.jpg

七五三のお参りに来ている人が何組かおりました。
うちもそういう時代がありましたね~。

山王日枝神社の山王とは、山王信仰に基づいて日吉神社から分霊されたとこを意味するようです。
山王信仰では、猿を神の使いとしているそうで、こんな狛犬・・・じゃなくここ狛猿??

神猿像
091117g3.jpg

狛犬は他の場所にちゃんといます。


↓ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

2009.11
15
Category : 自転車雑談
今夜、NHK BShi21時~「熱中時間」で,激坂に熱中してる安田大サーカス団長が登場。

見逃せませんね。

↓ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村



2009.11
13
先日のポタで、サイコンが気まぐれに反応しなくなりました。

原因は電池の交換時期なのか??と思い、早速電池を交換しました。

すると・・・。

データがすべてクリアされてる!!!

オドメーターがクリアされてると、いろいろ困ります。
消耗品の交換時期って、走行距離を目安にするんですよね。

電池抜いても、オドメーターだけはメモリーされているのかと勝手に思っていたのですが、考えてみれば電池抜いたらメモリーするバッテリーないですからね。

後で説明書を見たら、データーをメモッておいて、手入力できると書いてありました。

でも、データーメモッてないし、まったく記憶がありません。
しょうがないから、このブログのデーターを足し算して総距離数をだしました。
ブログに書いておいてよかった~。

しかし説明書には、バッテリーの寿命は一日一回使用で約2年とあります。

私は、月に2,3回使用で、約10ヶ月使用です。
なんか、めちゃくちゃ電池の減りが早いのでは??

説明書によると、表示文字が薄くなってきたら電池の取替え時期だともあります。
うちのサイコンは、表示文字は薄くないです。ただ、突然反応しなくなるのです。

これって、電池の問題じゃなくて、サイコン本体の問題なのか??
次回、走ったときに確認しようと思います。

↓ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
2009.11
12
秋晴れのなか、快調に進みます。

高滝湖を過ぎて、大多喜街道の交差点・米沢までやってきました。
まだ時間に余裕があります。

このまま帰らずにちょっと遠回り。
当初予定していた、クロスバイクを買って2回目のポタで味わった地獄の激坂「秋山牧場までの坂」を登ってみようと思います。

当時、クロスバイクを買ったばかりで、右も左もわからない中、思いもよらぬ激坂ツアーになってしまい坂の洗礼を受けたわけであります。

思えば、クロスバイクを買って初めてのポタのときは、いきなりのパンク事件。
そして、2回目がこの激坂ツアー。しかも超寒い日でした。
よく自転車に見切りをつけなかったな~と今更ながら思います。

今回は、同じ時期にもかかわらず暖かで、快適であります。
あれから2年も経っているわけだし、自転車のスキルも当然上がっているはず。
登ってみれば、なんてことない坂だったりして~。
などと、余裕をかましていたわけです。

米沢を過ぎ、笠森観音方面へ進めます。
うぐいすラインを左に入り、長い登り。
これちょっときつかったです。

登り切って、川在を右折。
針ヶ谷の分かれ道を右折し、すこし走ると秋山牧場へ続く道です。

ここからです
091109i.jpg

7%の坂。
これを上りきると11%の坂が待っています。
やっぱりゼーゼーハーハーいいながら、ゆっくり登ってゆくのです。
11%の坂のゴールが見えてきて、やっと着いた!!と進んでゆくと次の坂が視界に段々と入ってきます。
これはへこみます。

やはり11%くらいの坂でしょうか。
でも、これは短い登りなのでなんとかクリアすることができました。
クロスバイクのときは、当然押して歩きました。

頂上は、牧草地帯
091109j.jpg

坂をちょいと下ると秋山牧場です。
馬がのんびりと草をはんでいました。

091109k.jpg091109l.jpg091109n.jpg

ここをちょっと下ると、茂原街道。
茂原街道・犬成を入ってまたまた山の中。
アップダウンというか、小山を2つばかり越える感じです。

慣性の法則も利用して、なんとかやり過ごしいよいよ我が家の近くまできました。
ここで、痛恨のミス。

右折すべきところを直進してしまい、しかも激坂を下ってしまったのです。
そういえば、2年前も同じ間違いをしたっけ・・・。

下ってしまったので、遠回りで帰るか。もしくは、もう一度あの坂を登って帰るか。
後者を選択した私です。

坂というものは、下っている時はすごく思えても、登ってみれば意外にそうでもないと思えたりする場合もあります。
今回も、そんな感じなのでは??

と思って、上り始めますが、明らかに斜度が桁外れです。
さっき登った11%どころじゃないです。15%くらいはあるような気がします。

ゆっくりというレベルではなく、止まりそう・・・。ロードバイクでBMXの練習をしてるのか?と疑われそうな勢いです。
しかも、坂の途中に砂の採石場があって、ダンプが行ったり来たりしています。

かなり怖い。進まない。

ここはあっさりと足を着いちゃいます。
ゼーゼーいいながら小休止。

また少し登っては、ダンプがきたので足を着く。
そんな感じでなんとか上りきりましたが、これは新たなる宿題を出されてようです。

元の道に戻って、無事、1時過ぎに帰り着きました。

本日の走行は93km+α(サイコン無反応時)
比較的ポタってる時間は少なかったのに、距離は思ったより伸びていました。
しかも、坂が多かったので結構ヘロヘロでございます。

本日のルート(一部)
daifukuzann.png


↓ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
2009.11
11
いつもはひっそりとしている養老渓谷駅。
しかし、紅葉シーズンとあってか、5,6人からなるオートバイツーリンググループやご夫婦と思われるハイカーなどでちょっとした賑わい。

駅でルートマップを一応もらって、大福山へヒルクライムです。
大福山へのルートは3つあって、この養老渓谷駅から登るルートと、県道32号・大福山林道からのルート、亀山湖から登ってくるルートがあります。
亀山湖からのルートは未走ですが、大福山林道よりは養老渓谷駅からのほうがきついです。

いきなり登りがきついです。
道の両脇に楓の並木道があります。

この紅葉
091109b.jpg091109c.jpg


でも、紅葉しているのはこの1本だけでした。
他の木はこんな感じ。

091109d.jpg

やっぱり11月下旬~12月初めが見ごろでしょうか??
大福山に登っても、いつもはひとっこ一人いないのですが、今回はハイカーを4組ほど見かけました。
ゼーゼー言いながら数十分登れば、山頂。

山頂からの眺め
091109e.jpg

ちょっと休憩して、大福山林道を下って月崎まで。
大福山林道には、あまり紅葉する木がないような感じです。

月崎からは、朝来た道を戻ります。

秋の空が高い
091109f.jpg

銀杏も黄色に色づいています
091109g.jpg

柿が花のように咲いていました
091109h.jpg

秋の風景を満喫しながら走っていたら・・・あれ??

サイコンが反応していません。
もしや、また磁石が落ちたか!!??

確認するとちゃんと付いています。
おかしい。

ガチャガチャいじっていたら、なぜか復帰。
よしとばかりに走り出し、しばらくするとまた反応なし。

なんでしょう??よくわからないですが、疑わしいのは電池切れでしょうか。
どうやら、反応がなくなったらサイコン本体と台座をはずして入れなおせば直るということを発見。
やっぱり電池でしょうかね。
でもまだ1年使ってないのに、そんなもんなのか??ジデ通してる人だったら、もっと使用頻度が上がって電池交換が忙しいのでは??

↓ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
2009.11
10
せっかくのお休みですが、午後から用事があるので遠出はできません。
休日前夜の天気予報も、あまりよくなかったのでちょうどいいか。

軽く近所の坂をやっつけに行くかと思って、地図をみながらルートを考えます。
近所の坂といえば、クロスバイクを買って2回目のポタのときに、なにも知らず激坂ルートを通ってしまい死にそうになったことがありました。
今回はそのリベンジで、いまだ印象深い激坂「秋元牧場までの坂」も入れて計画しました。

さて、当日の朝。
どうせご近所ポタだと思って、早起きもせずゆっくり目に起きたら快晴。

あれ??曇りじゃなかったの??

しかも10月の陽気だというじゃありませんか。
これは、ちょっと本格的に走りたいです。

でも、時間はあまりありません。
じゃあ~、養老渓谷にでも行ってみっか。

養老渓谷といえば、日本で一番遅い紅葉ということで有名です。
当然、まだ紅葉は始まっていないと思われますが、どういう状況か確かめに行くのもいいか。

そうと決まれば、急がなきゃです。
速攻で支度して、家を出たのが8時でした。

ちょうど先日、聞いた話なのですが、近所のサイクリングチームのつわものが養老渓谷まで1時間で着いちゃうというのです。話してくれた人は1時間半かかるといいます。

私は、養老渓谷には何度か行っていますが、時間を気にしたことがなかったのでどのくらいかかっているのか、ちょっと計ってみようと思います。

なんて、タイムトライヤルではなのですが、なんとなく時間を気にしちゃって、いつもより明らかにがんばっちゃっております。

こういう走り方はやっぱり向いていません。
見るべきところがない場所はスピーディーに、のんびりと景色を楽しみたいところはポタポタと走るのがやっぱり楽しいかな。

そうおもいつつも、うらはらにがむしゃらにペダリングして高滝湖に到着。
この辺で、かなりバテ気味・・・。

靄がたちこめる高滝湖
091109a.jpg

ここでちょっと休憩をいれてしまいました・・・。
この時点で出発してから1時間近いです。
ここから10km強ある養老渓谷までがんばります。

そして、今回は先日買ったユニクロのヒートテックアンダーシャツをインナーにして走ってみました。
その上には、薄手の長袖ジャージです。

感想は、暖かいという感じはしませんでした。陽気が陽気なので寒むくはなかったですが。
むしろ暑いかな?と思っていたのですが、暑いと思ったことはありませんでした。

また速乾性ですが、イマイチ??
少し汗のべたつきを感じるシーンがありました。
まあ、これはスポーツを想定した商品ではないのでしょうからしょうがないのでしょう。
あくまでも一般生活上の速乾性が対象なのかな。

ゼーゼーいいながら、結局1時間半くらいかかって養老渓谷駅に着きました。
ここまで1時間で走るとは、すごい人たちがいるんですねえ・・・。

↓ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
2009.11
08
Category : 自転車雑談
この時期いろんなメーカーが、2010年モデルを続々発表していますね。

我がビアンキも2010年モデルがHPにアップされています。

私の愛車、2009Via Nirone 7 Alu Carbonはこちらです。

2009niro.jpg

で、2010Via Nirone 7 Alu Carbonはこちら。

2010niro.jpg

カラーリングが若干変更です。
2009はビアンキのロゴが黒で、バーテープ・サドルが白です。
2010はビアンキのロゴが白で、バーテープ・サドルがチェレステ。

プライスも同じで、ほぼ変更点なしのようです。
あくまでも個人的嗜好ですが、2009モデルのほうが好みです。
サドルとバーテープは白の方が素敵だし、ロゴも黒の方が締まって見えるような気がします。

愛車・ニローネの属するC2Cというカテゴリーでは、2009「928 Carbon」から2010「INFINITO」というシリーズ名が変更。

2009 928Carbon
2009929.jpg

2010 INFINITO
2010niro.jpg

928はダウンチューブが湾曲しているのが気になっていたのですが、INFINITOになってまっすぐになって、こちらの方が好みです。
カラーリングは2009の方が好きかな・・・。928にはチェレステがなかったと思います。

そして、女性の方に朗報。
女性のためのカテゴリー・DAMA Bianchiが登場。

2010dama.jpg

コンポ105でカーボンフォーク・カーボンバック。白サドル&バーテープで我が愛車とほぼ同じ。
ロゴが白なのと、スローピングなのがちょっと違いますか。

まあ、新しいバイクにあまり興味はありません。
自転車は走ってナンボでしょうから。

↓ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
2009.11
07
Category : 自転車雑談
2年前に、衝動買い的にクロスバイクを購入。
以来、自転車生活を綴って参りました当ブログも3年目に突入であります。

思えば、唐突に始り嵐のように駆け抜けたこの2年の自転車ライフ。
ちょうど1年前のこのときには想像もしなかったロードバイク購入と、本人でさえ予想のできない展開にハラハラドキドキであります。

この年になって、新たな趣味の世界と出会え、しかもかなりハマッいる自分はきっと幸せなのでしょう。

さて、ここからどう転がってゆくのか、楽しみであります。

↓ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


2009.11
05
Category : 自転車雑談
11月4日まで開催されていた「東京モーターショウ 2009」に行った人の話しでは、ヤマハのブースに電動自転車も展示されていたようです。

YAMAHA PAS er
091105a.jpg

こちらは、たぶん参考出品車でこのまま市販はしないと思いますが、PASでもずいぶんとカッコイイ電動アシスト自転車もあるんですね。

YAMAHA PAS Brace-L Special
091105b.jpg

サイズは26型ということです。タイヤのサイズは26×1.5なのでMTB風なのですが、26型とか言われちゃうとなんかなあ・・・。
ダイヤモンド型強剛性フレームで、素材は不明。

東京モーターショーとは関係ないですが、他のメーカーの電動アシスト自転車をみてみると、会社よってカラーが出ていますね。

ブリジストン RealStream DX
091105c.jpg

こちらのタイヤサイズが26×1.5HEスリックタイヤということで、MTB感がより強く出しているようです。
フレームもアルミ。ブレーキもシマノです。

パナソニック JETEER
091105d.jpg
 
ティアグラ使用です。アルミフレーム。
タイヤサイズも700×32Cで、クロスバイクですね。

そのうちロードの電動アシスト自転車も出るかも・・・なんてことはないでしょうね。
どうやら時速24km以上はアシストしないようになっているようですから。

↓ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
2009.11
02
Category : 自転車雑談
10月31日(土)NHK hiで「茄子 アンダルシアの夏」と「茄子 スーツケースの渡り鳥」が放送されました。

私はこの作品についてまったく知らなかったのですが、偶然放送1時間前に某掲示板で放映を知り、慌てて録画した次第であります。

内容は、「アンダルシアの夏」がブエルタ・ア・エスパーニャを、「スーツケースの渡り鳥」がジャパンカップを舞台にした「チーム パオパオ」のアシスト選手を主人公にしたドラマであります。

テンション上がります。

両作品ともエンディングが忌野清志郎「自転車ショー歌」。GOOD SONGです。

原作本も読みたいな~。




↓ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村