RSS
Admin
Archives

ぐりとぐらの本日も自転車日和なり

素人チャリダー夫婦の自転車生活あっちこっち

プロフィール

ぐりとぐら

Author:ぐりとぐら
自転車ど素人夫婦・ぐり(夫)とぐら(妻)が、07年11月 ジャイアント・エスケープR3を衝動買いしてしまって始まった自転車ライフ。09年1月にはBianchiロード・Via Nirone7 Al/Ca 105 Compactとミニベロ・MiniVelo 7を、そして10年3月GIOS VECCHIO も加わってどこまで行くの?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
2009.01
31
ぐらでございます。


我が家になんともかわいいミニベロが仲間入りいたしました。

しかしながら、残念なことに購入から天気が悪く一切走っておりません、
毎日眺めるだけでございます。。
眺めるだけですと・・・・妄想が・・・・・くるくるくるくる

どこを走ろうかしら・・・・都内、ご近所、まさかまさかのミニベロでツールド千葉いっちゃう~とかとか・・・・

私ぐらの無謀なる欲望には限りがないのでございます。

なんだかんだ、理由をつけて手に入れようと・・・・

ペダル・・・・スタンド・・・・タイヤ・・・・・くるくるくるくる

そんななか、手ぶらでは自転車には乗れないし~
買い物には、バックが必要よね~
肩掛けで大きめのがいるわよね~
イタリアっぽくないけど・・色が合うし~

なんてなんて自分のなかで納得づけをして

買っちゃった!

こちらこちら
このバック

090130b.jpg



初乗りは2月2日月曜日を予定しております。。
晴れますように

↓クロスバイクブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ

banner2.gif

↑自転車ブログわんさかあります

スポンサーサイト
2009.01
30
ロードバイクを買いました。

Bianchiの「Via Nirone7 Al/Ca 105 Compact」です。

自転車屋さんでは、実車を見るためにお取り寄せしていただき1週間まったものの、買ったその日にお持ち帰りできるっていうのは、すごくラッキーなことですよね。

そもそもとりあえず実車を見たいということでのお取り寄せだったので、その時点では買う買わないは未確定だったということを考えれば、そのまま持って帰えれるというのはうれしいです。

R3を買ったときも2週間ほど待たされました。
それでも十分早いほうだと思いますが・・・。

買ったのにすぐに乗れないっていうのは、じれったいです。特にビアンキの場合、メーカーに受注するといつ出来上がってくるのか「神のみぞ知る」状態みたいなのでなお更。

自転車を買ったけど、それだけで乗れないのもまたスポーツバイク。

自転車本体以外の周辺器具などを物色。

まずはペダルです。
ペダルはLOOKのSPDペダルがついてくるので、別に購入しなくてもよいのですが、R3はドノーマルペダルで、いきなりSPDなんて怖いです。

でも、せっかくロードレーサーに乗るんですもの、引き足効果というのも試してみたい。
やっぱりサイクリングが主たる目的の私には、MTB用の歩けるビンディングシューズで十分。そして時にはスニーカーでもいけちゃうのがいいなということで、これにしときました。

PD-A530 SPD  片面はフラット もう片面はSPDビンディング
pda530-01.jpg




それに、スペシャライズドのビンディングシューズを買いました。思う存分ペダルをクルクル回し倒してやりたいと存じます。

それからサイコン。
サイコン初体験です。
どれがいいのか???

店員さんオススメは、無線タイプのものでしたが、ケイデンスがでるのがいいと思ったので店員さんに尋ねると、無線タイプでケイデンスがでるのはかなり高価になりますよっていうことで、有線タイプのものにしました。

キャットアイ(CAT EYE) サイクロコンピュータ CC-RD200 ブラック
cateye.jpg




え~っと、あとは鍵ですか。

ビアンキのチェレステ・ワイヤーロックにしときました
221914d-1.jpg





ヘルメットも新調 OGK リガス マットガンメタ
ogk.jpg




あとは、予備のチューブとライトを買っておしまい。

さてさて、それでは店員さんにセッティングをお願いして・・・。

その時、ぐらの熱い視線を感じます。
その、視線の先には・・・。

MiniVelo 7
m7sb.jpg





先週、このお店に来た際の帰り際に店頭にあったアイボリーのMiniVelo 7に目を留めたぐら。

「これってカワイイね」

そのときはそのくらいの反応でその場を立ち去ったのですが、うちに帰ってきてから急に「呼ばれた」らしいです。

「あのミニベロが私を呼んでいる」

のだそうです。

それからというもの、私の「ロード欲しい熱病」がぐらに伝染したらしく、ミニベロ欲しい病は威力をどんどん増してゆき、遂には売れちゃうと困るからお取りおきおねがいしておこう!!と自転車屋さんに電話をする始末。
しかし、お取りおきはできないということで、ハラハラドキドキの1週間を過ごしていたわけなのです。

まず、お店に着いたときに、MiniVelo 7が売れていなかったことに胸をなでおろしたぐらでした。

とりあえず、店員さんに「MiniVelo 7が気になるって言うので、見せてみらえませんか?」と言って出してもらいました。
サイズも小さいほうが残っていて、大丈夫とのこと。
色はアイボリーしかこのお店には在庫がないということで、その他の色は他のお店に在庫があるか確認しないとわからないというところを、ぐらは、

「アイボリーがいいの」

ともう目が釘付け。

どうしよう、どうしようか???

と言いつつも、欲しいオーラを放っています。
我が家のママチャリもかなりくたびれておりますし、っていうか瀕死状態だし、私だけが自転車を買ってちょっと気まずいし・・・で、

ミニベロまでも、買ってしまいました。

勢いというのは恐ろしいものです。

090126b.jpg





というわけで、我が家にビアンキ兄弟がやってくることになったわけです。


↓クロスバイクブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ


banner2.gif


↑自転車ブログわんさかあります
2009.01
28
Bianchiの「Via Nirone7 Al/Ca 105 Compact」を待つ1週間は、それまでの1週間とは違って平常心を取り戻しておりました。

やっぱりバイク選びで疲れきってしまったのでしょうか??

あまり自転車のことを考えない時間を過ごしておりました。
そして、いよいよ自転車屋さんに、Bianchiを見に行く日が来たのであります。

午前中に早々と自転車屋さんに到着。
この前、接客してもらった店員さんがそこにいて、自転車を見せてもらいました。

お店の奥から、店員さんと供にお出ましする「Via Nirone7 Al/Ca 105 Compact」
チェレステカラーが美しい。
そして、そのスタイリングもナイスです。

やっぱり私は、イタリアンデザインが好きみたいです。
以前もイタリアの小型車・フィアットパンダをそのスタイリングだけで買ってしまったこともあります。
Bianchiもどこか共通する雰囲気を持っているような気がするのです。

実際に跨ってみて、サイズも大丈夫みたいです。

さて、どうしたもんだかね???

どうもこうもないでしょ。

「これにします」


買っちゃいました!!


あまりにもさりげなく、買ってしまっていました。

まあ、はじめから予想・・・というか確信してたんですけど。

見たら買っちゃうな・・・・と。

見る約束してるんだから、見に行くに決まっているのだから、すなわち買ってしまうことは、うすうす・・・というか、ほぼ確信していたわけです。
もし、サイズが合わなければダメだったでしょうけど。

この平常心の1週間、車種はもうBianchiで心は決まっておりました。
やっぱり、一番初めにビビットきたものが、結果的に残ったわけです。

それよりも、考えていたのはロードバイク自体を買うの?買わないの?っていうところでした。

クロスバイク系のブログをみていると、クロスバイクを乗り始めて1年もしないうちにロードバイクに乗り出す人をよく見ます。
そういう記事を読んでいて、自分ならもう少し自転車に慣れてステップアップしてからだろうな・・・とか思っていました。

ところがどっこい!
私ときたら、クロスバイク歴1年と2ヶ月足らずで、ロードバイク買ってるじゃん・・・。

でも、考えてみたのです。

昔は「明日」がいっぱいありました。掃いても捨てても明日は腐るほどある気がしていました。

今は「明日」は背伸びすれば終わりが見えそうな気がします。

自慢じゃないですが、成人式は2度済ませております。
もし、今回、ロードバイクを買わなければ、もうこの先機会を逸してしまいそうです。
たとえば、あと数年後にでも、やっぱりロードバイク始めたいなと思ったとしても、果たして始めるだけの気力が残っているでしょうか??
まあ、その年齢に達してみなければわからないことですが、想像するにきついのではないでしょうか。

自転車の世界に魅了されてしまったからには、ぜひロードバイクも体験してみたい。
だから、始めるなら今・・・でも遅いくらいなんですけど。

という、どっちかっていうと引き算のスタンスで買ってしまったロードバイク。
ですが、いよいよこらからも、ますます楽しみが増えた感じで、ちょっとドキドキワクワクでございます。

そして、次回のブログからはタイトル変更して、新たな気分ではりきっていきたいと思います。
お付き合いのほど、よろしくお願いいたします~。


Bianchi「Via Nirone7 Al/Ca 105 Compact」 と謎の自転車・・・
090126a.jpg








↓クロスバイクブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ


banner2.gif


↑自転車ブログわんさかあります
2009.01
27
そんなこんなで、ちょうどお昼前になってしまいました。

出かける前に、チョチョッとネットで検索したお店を目指して、走っているとぐらが急停止。

ぐらが急停止するのは・・・そう、パン屋さんです。

090119h.jpg






そして、お店の入り口に謎のメニューを発見。

090119i.jpg






はい!U.F.O.です。
ユーフォーってなに??

気になりますでしょ??気になりますとも。

買ってみましたよ~。

090119j.jpg






予想通り(?)形がUFOです。26年前からってことは、やっぱりピンクレディの影響でしょうか??
中はクリームチーズ。伊達に26年もラインナップからはずれていないわけです。

おいしい。
くせになる感じ。
夜中にふと無性に食べたくなる系。

ちなみに、写真隣のパンは、このお店パワープッシュのぶどうパンです。こちらもぶどうぎっしりでした。

さて、ランチランチ!!

目指すお店は、この近く。・・・のはずなんですが・・・。

ない。

探しても探しても・・・・ない。

目で探してだめなら、鼻で探すんじゃ~っと鼻をフンガフンガぴくつかせても・・・ない。
どうしてもない。

駅前の住所案内板で再度確認。でもなかったんだけど・・・。

もしかして、お店なくなった??

念のためにメモっておいた電話番号にTEL。

・・・・呼び出し音があって、出た。電話に出てくれました。

もう一度場所を聞いて、もう一度行ってみます。

なんだ・・店の名前がかわってるじゃないか!!
ってことは、ネットで調べた内容とも違うわけか・・・。そして、先ほどの電話対応もなんかなあ・・・いまいち・・・感じが・・・。

ってことで、このお店はパスさせていただきまさいた。

じゃあ、どこか別のところへ。とはいってもあてもなし。

なんとなく、次の目的地方面に自転車を走らせていたら、カレー屋さん発見。

ちょっとお店の前に止まって、どうしようか???と考えましたが、この先なにもなさそうだし、せっかくだからちょっと変わったものがいいかな~てことでここにしました。

自転車をお店の前に止めていると、中からインド人(たぶん)が出てきて「いらっしゃいませ~」
インド人がやってる本格インドカレーか!!

090119k.jpg






お店の中に入ると、、まだ誰もお客さんはいません。
まあ、11時半くらいだったので。

メニューを見て、先ほどの店員さんにお勧めをきくと、

「オススメ、ゼンブヨ」

ちょこっとたどたどしい日本語です。

カレー屋といえば、以前御徒町をポタッたとき入ったお店を思い出します。
そのときは、豆カレーを注文して甘くて失敗したので、今度は絶対にチキンカレーにします。

ぐらは迷って、ほうれん草のチキンとシーフードのセットにしました。

「カラサハ?」

メニューには、「甘い・普通・辛い・激辛」とあったので、激辛はどのくらい辛いの?ときくと、

「カライ ハ HOT ゲキガラ ハ VERY HOT」

いやいや、それはわかるんだけどさあ・・・どのくらい辛いのいかって知りたかったんだけど・・・まあいいや。

私は辛い。ぐらは普通にしました。

「ノミモノ ハ?」

私はラッシー。ぐらがチャイ。チャイはアイスとホットがあります。
ぐらは「普通インドの人はどっちなんですか?」ときくと、

「HOT ハ アツイ。ICE ハ ツメタイ」

ホットにしました。

何気に通じない日本語。なんだか外国旅行にきた気分です。

すぐにサラダがきて、一口食べたら・・・おいしい。
なんか独特のドレッシング。ゴマ系?複雑なうまさ!!

ほどなくカレー登場。

チキン
090119l.jpg






シーフード&ほうれん草チキン
090119m.jpg






ナンとライスはおかわり自由。
ナンの上の乗ってる辛いチキンは「サービス」です。

一口食べて、おいしい。すごくおいしい。
御徒町のカレー屋さんと比べてもおいしいかも・・・。

店員さんが来て、「カラサ ドデスカ?」
はい、おいしいです!と答えます。

ぐらのシーフードとほうれん草もおいしい。

もぐもぐ食べていたら、ナンがなくなりかけてきて、そこに女性の(インド人)店員さんが「ナン オカワリ?」と言ってくれました。

わたしが、まだいいですよというと、とっても寂しそうな顔をしています。
ぐらは一度にたくさん食べられないので、「そっちのナンをもらうからいいですよ」って言うと納得してくれたようでした。

ぐらのナンをもらっても、ちょっとカレーがあまったので、ナンを半分くださいといってもらうと、え?これで半分??2/3はあるだろ?ってくらいナンをお皿にのせてもってきてくれました。

おかわりしてしまった以上、残すのも悪い気がしてがんばって食べるとかなりお腹いっぱいに。
そして、ラッシーのおいしいことったら!!

今まで、カレー屋さんでのむラッシーって「飲むヨーグルト」と同じでした。
ここのは違う。何かが違う。濃いっていうのかな。とにかく初めて飲んだラッシー。

そして、チャイも同じです。
チャイも単なるミルクティってところばかりでしたが、ここのは生姜が入っています。これが本当のチャイなのか??とにかくものすごくおいしい。

このお店、かなり気に入ってしまいました。おいしいし、店員さんの態度・サービスがとってもGOODです。怪しげな日本語もご愛嬌。


お腹もいっぱいになって、次は「青葉の森公園」へ。

途中こんな看板をみかけましたが、何のお店なのでしょうか?

店主がおばちゃん?おばちゃん向けの商品を扱ってるの?まさかヒョウ柄専門店か??
090119n.jpg






青葉の森公園

090119o.jpg






本当に春ウララな天候で、お散歩してる人がたくさんいました。

そんなお天気に誘われてか、花がずいぶん咲いていました。

蝋梅
090119p.jpg






梅に似た蝋細工でできた花のようだからというわけで、蝋梅だそうです。
この木のまわりには、上品ないい香りが漂っています。
ペット好きの奥さんが、おもわず犬に匂いをかがせていたくらいです。

紅梅も5分咲き。白梅はまだでした。
090119q.jpg






のんびり公園をまわってから、「どうしよう?どうしよう??ロードバイク衝動買い未遂事件?? 1」の自転車屋さんへ向かうのでした。

本日の走行は約30km。
お天気がよくって、ほんとうに自転車日和だったです。




↓クロスバイクブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ


banner2.gif


↑自転車ブログわんさかあります

2009.01
26
ロードバイク購入未遂事件前・・・というか事件当日まで時間はさかのぼります。

この日は、前日までの天気予報がはずれて、よいお天気。しかも気温が4月の陽気というんだから、自転車でおでかけしないわけにはいかない!!・・・と、ぐらが思ったのでしょう。

まだ陽も明けきらぬ時間に、たたき起こされた私。

「お天気だよ~出かけるよ~」

ばたばたと、支度をして準備完了。
でも、どこ行く??

この日は、子供が学校が早く帰ってくる日だったため、あまり遠出もできない。
じゃあ、ご近所の比較的大きな公園を目指しポタッてみましょうか・・・ということに。
(この公園の近くに知人から教えてもらった自転車店もあるので・・・)

なんだかんだで、出発は9時。
ただひたすらに千葉方面へとひた走ります。

通勤時間が近いからなのでしょう、交通量も多くまた道幅か狭い通りをチョイスしてしまったので怖い。

天気予報では、暖かくなるということだったのですが、やっぱり朝は寒いので厚着をしてきてしまってちょっと後悔。
もう暑いかも・・・。でも寒いよりは全然いいです。

第一目的地は、千葉寺。
朝のお寺はすがすがしいですね。

仁王門 1828年の建築らしいです 渋い
090119a.jpg






境内に入ると、目に飛び込んでくるのは、この大きな銀杏の木。
鎌倉の鶴岡八幡宮の大銀杏よりも大きいと言われているそうです。

090119b.jpg







木の枝に垂れ下がってるもの。これを乳柱といって、これを煎じて飲むと母乳の出がよくなるといわれているそうです。確かにおっぱいぽい。しかもいっぱい・・・ってか!!

090119c.jpg






本堂の彫刻が色鮮やかで、日光東照宮っぽいです。
象の彫刻があって、象なんてめずらしいんじゃない??って思ってのですが、あとで家に帰ってから近所の神社の彫刻を改めて見てみれば、いました象。よその神社ばかりでなく、近所の神社もしっかり見なきゃいけません・・・。

090119d.jpg





千葉寺から自転車でちょこっと走ったところに千葉城があります。

090119e.jpg






このお城の形は、本来あった城とは違うようです。
昭和42年に建てられてそうです。内部は郷土館になっていますが、この日は休館日でした。
プラネタリュウムもあって、以前きたことがあります。

というわけで、外から見ておしまい。


千葉の街中に、「きぼーる」っていう科学館みたいなものがあります。
地元誌なんかではよく聞く名前なんだけど、行ってみたことがなかったので、ついでによってみました。

090119f.jpg






ロビーがなんかざわざわしてると思ったら、なにかのCM撮影をしているところでした。

090119g.jpg






肝心のきぼーるのほうは、お子様向けの科学館で、大人二人でうろうろするのは少し場違いで、とっとと退散。
でも、子供連れてくるにはよさそうです。



↓クロスバイクブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ


banner2.gif


↑自転車ブログわんさかあります

2009.01
25
今年初めての自転車でございます。

とってもとってもよいお天気さんニコニコのポタでございます。。


でも、今って・・まだ・・1月・・

今までの自転車のない生活からは考えられません。。

今まででしたら、お休みの日はごろごろ・・・おこた(こたつ)にみかん
もしくは、ウインドウショッピングツアー・・・ママさんランチ会・・・などなど・・・

だ~らだ~らと、1日が過ぎていました。。

ところが、このような私にも、、転機が・・・・それは自転車

まだまだ、まだまだ、未熟者ではありますが、それなりに自転車を楽しんでおります。。
いまいち、自転車の仕組みやらパーツやら・・・・メーカーやら種類やら・・・・
まったくわかりません。。

・・・・・覚える気などさらさらなく、ぐりがなんとかしてくれるかしら・・・なんてあま~い考えで乗っております。。・・・・


楽しいことが1番・・気まぐれな私ぐら。。

こんな私に付き合わされ  今回は近場を散策いたしました。。

今回の私の目的はもちろんおいしいもの

楽しく楽しくポタポタ♪

そして、おいしいケーキはナマモノのため最終地点に・・

満面の笑みをさせながらポタポタ♪

この坂の先に・・・

看板が見えてまいりました。。

ますます 笑顔♪

頭のなかはケーキパラダイス♪



えっ???

臨時休業って???

休業って???なんて意味・・??

なにかしら???



気絶寸前でございます。。
涙も出ません・・・かなしい・・・・
今回は・・・初ポタなのに・・・・

あまりのショックに写真もとっていません


でも、いつかリベンジしこちらで紹介をさせていただきたいと心に誓いたいとおもいます。。




2009.01
25
勢いでロードバイクを見に行った自転車屋さんで、思いもかけずフルカーボンの自転車を薦められて、予想もしていなかった方向に突進中でございます。

はっきり言って、頭の中はいろんな想いでぐちゃぐちゃ。

フルカーボンがいいのか?105じゃないとだめなの??フレーム優先?コンポ優先??
脳みそは、こんなものを全部集めて鍋の中に放り込んで、グツグツグツグツ煮込んで煮込んでスープになって思考回路は溶けてしまいそうです。

「ああ~めんどくさい」

ぼんやりとした頭を抱えて、翌朝を迎え自転車屋さんへ。

今日、アンカーを見せてもらう自転車屋さんに行く前に、他のお店も見てみたいと思って、R3を買ったお店(アンカーのお店と同列チェーン店)にも足を伸ばします。

そして、そのお店の近所にも別のチェーン店があるので、ついでにそっちも。

まずは、その別チェーン店からチェック。

お店の系列が違うと、置いてある自転車のメーカーの品揃えも変わってきますね。
やっぱりそのお店の得意なメーカーとかあるのでしょう。

はじめ候補にしていたFELT Z45が陳列されていて、見せてもらいました。
サイズも大丈夫ということで、これ買っちゃえばいきなりローディーの末席に・・・なんて思いましたが、やっぱりデザインが攻撃的かな??コンポもティアグラだし・・・でもティアグラじゃだめなの???

アンカーのお店では、あんなに品薄だったビアンキもたくさん置いてありました。

「おおおおお~」

あるところにはあるんですね。

ビアンキのフルカーボン「928 Carbon 105 Compact」もあります。
でも、私的にはデザインが・・・かな。色も白・赤・グレーだし。

初めに目に止まった「Via Nirone7 Al/Ca 105 Compact」
これについても、店員さんに在庫を聞いてみました。
調べてもらったら、他のお店にあって来週とりよせて実車を見せてもらうことになりました。

ということで、またまた結果は来週に引っ張ることになってしまいました・・・あ~いい加減疲れました。


ここでお店を出て、R3を買ったお店に。

ビアンキのロードはなし。
やっぱりこのお店は、ビアンキが得意じゃないのかなあ???

特に収穫もなく、アンカーを見に行きます。
正直、この時点で、アンカー熱は冷めていて、やっぱりビアンキかな・・とか。

あ~なんという優柔不断なのでしょう。

我ながら呆れますが、もうたくさん自転車を見すぎて自転車酔い状態。
も~フーラフラのヨ~レヨレです。

アンカーのお店に行ったら、昨日の店員さんがいなくて、他の店員さんがわざわざ電話で呼び出してくれました。
休憩中だったようですが、走って(!!)来てくれて鎮座増しますアンカーRFX8を見せてくれました。

これは本気モードって感じの概観ですね。
早く走らなきゃ許しませんよって雰囲気が感じられちゃうデザインのような気がして、やっぱりパスかな・・・。

無理を承知で、ビアンキの在庫を再度確認してもらいました。
できればこのお店で自転車を買いたいので。

何軒か電話してもらったのですが、全滅でした。

今、注文しても6月以降、またはいつ来るかわからないかも・・・だそうです。
お店によって、違うんですね。もちろん運とかもあるのでしょうけど・・・。

↓クロスバイクブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ


banner2.gif


↑自転車ブログわんさかあります




2009.01
24
アンカー・ RFX8 Equipe を見に行くことになってしまった。

これって、もう衝動買い街道まっしぐらなんじゃない。
テンションもなんだかグググ~ってあがって参りました。
なんだか危ない雰囲気です。

家に帰ってから、改めてアンカーのカタログを見てみます。

そうです、なんと、一軒目の自転車屋さんでアンカーのカタログをもらっていたんです。
これって運命??

カタログもらった時に、まさかアンカーの自転車を買おうなんていう気はまったくなかったのに。
そして、やっぱりネットでの評判が気になります。

なかなか評判いいみたい。
気持ちはグググ~から、グググググ~~~っとアンカーに寄って寄ってより切りそうな気分。

ぐらに「どうよ、どうよ~???フルカーボンなのにとってもリーズナブルだよね!!」

と聞くと、

「2台目なんだから、気に入ったの買っときな」

ぐらは、カーボンとかアルミとかも良くわかんないし、コンポなんかもちんぷんかんぷん。この間も「R3ってなに?」とかいっていたほど、ある意味細かいことには関心がない。

とにかく見た目のかわいさ・かっこよさが唯一の選択条件。(だからデローサのカタログ見て、次これ買うわとのたまわっていました)

簡単にコンポのグレードやフレームの種類なんかをレクチャーすると、
「ビアンキのフルカーボンってどうなの?」
「え??」

フルカーボンなんて高くて買えやしないだろうと思っていて、一体いくらするのかも見ていなかった。
「ものすごく高いんじゃないの・・・」
と調べてみたら、あれ?そんなに違わないや・・・。

BIANCHI  928 Carbon C2C 105 

biankic2c.jpg






ところが、です・・・。

このデザインは・・・。

私的には・・・いまいち??かも??

なんかなあ、ちょっとなあ・・・。

ぐらは、「私が乗るんじゃないから、いいんだけどお」という前置きをつけて

「わたしならこっちのほうがいい」
「こっちのほうが。かわいい」
「このラインがいい」

そう強く主張されると・・・そうかなあ??
これって、実車みないとなんともいえないんだよねえ。
じーーーっと見てると、こっちも良く見えてきたりするから不思議です。

えっ?ちょっと待って!!

買うの前提みたいな話になってるよね、今。

???

明日、買う買わないとかじゃなく、ただアンカー見に行くだけだよね??

そして、もう一度冷静に考えてみると、フルカーボンにしてはリーズナブルでも、明らかに当初の予算からはオーバーしています。

そして、また基本的な問題にかえりますが、「ロードは必要か?」

このことをぐらにぶつけてみれば、

「そんなこといったら、クロスバイクだって必要なの?」

「必要かどうかではなくて、欲しいか欲しくないかだけよ」

は~なんとも男らしい!!ぐら。

そうです。ここで言える事は、私は、

「ロードバイクが欲しい」

これは理論や道理ではなく、生理的欲求に近い感覚で、欲しいのだ!!


というわけで、感情が上がったり下がったりジョットコースター気分の一日(どうしよう?どうしよう??ロードバイク衝動買い未遂事件??1~6は一日の出来事です)でしたが、明日とりあえずアンカー見に行ってきます。

ロードバイク買うのか??

買わないのか???


どうなることやら、今の時点では、先はまったく見えておりません。


↓クロスバイクブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ


banner2.gif


↑自転車ブログわんさかあります
2009.01
23
二件目の自転車屋さん。

ここはいつも行くお店。R3も同じチェーン店で買ったのです。

お店に入ると、店員さんはひとりでなにか作業中です。
この店員さんにも何度かお世話になったことがあったなあ。

陳列してあるロードバイクを見ていきます。
お目当てのビアンキ Via Nirone7 Al/Ca 105 Compactはありません。

「なにかお探しでしたら言って下さい」
という店員さんに、Via Nirone7 Al/Ca 105 Compactのことをききました。

店員さんいわく、注文になるとのこと。納期は未定ではっきりとした返事はできないという。
なんでもビアンキは発注をうけてから組み立てるような感じらしい。

「他にも同じような感じでお勧めはありますか?」ときくと、やっぱりう~んと悩んでしまう。

こちらから、ジオスとフェルトのことを聞いてみたら、ジオスは在庫があるので2週間くらいでとれますということでした。

そうはいっても、やっぱり私の中ではビアンキな気持ちが固まっていたので、心が動かされることはありませんでした。

「サイクリング目的で、お勧めなものはないですか?」
と聞いてみたら、どのくらいの距離乗りますか?と逆に聞かれて、
「100~150kmくらいじゃないでしょうか・・・」と適当に返事をしてしまうと、

「じゃあ、フルカーボンのほうがいいかもしれないですね」

フルカーボン??高いでしょう!!

「アンカーなら、そうかわらないですよ」

アンカーか。

私の中でアンカーは選択肢の中に入っていなかったので、まったくのノーマークでした。
やっぱりなんとなく、海外メーカーのものに目がいってしまっていたんですね。

「アンカーのフルカーボンで・・・○○円くらいですね」

思っていたほど高くない。

もちろんビアンキよりも高いけど。

でもフルカーボンだし・・・。
でもビアンキより5万高いか・・・・。
でもフルカーボンだし・・・。
でも・・・。
でも・・・。

がエンドレスで私の頭の中をクルクルまわる。

店員さん、どこかに電話を掛けて、

「実車があるんですけど、ちょっと見てみませんか?もし、今日お時間があれば」

その日は時間がなかった。
じゃあ、明日かあさってでもどうですか?という店員さん。

「はい、じゃあ・・・あした」

言っちまった。

言っちまったなあ。

明日、アンカー RFX8 Equipe 見に行ってきます。

アンカー








↓クロスバイクブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ


banner2.gif


↑自転車ブログわんさかあります

2009.01
22
ロードバイクの想いを、胸の奥底に感じながらも、また迷いの霧が暗く全体を覆うような心持のまま日々過ごしておりました。

休日の前日は、習慣になっている天気予報のチェック。
予報は、気温は高くなるが曇りのち雨。

これじゃあ、ポタれないなあ・・・。

ぐらが「じゃあ、どうしよっか??」
と聞くので、私の口から出た言葉が、「自転車屋でものぞきに行こうか」

自転車屋に行ってしまうと、衝動買いしてしまいそうな予感もあったのですが、でも見るだけは見てみたい気もします。
もちろん、買いに行く!!というモチベーションではなく、あくまでも見に行く。ですが・・・どうだか・・・。

翌朝、朝も早よから、ぐらに叩き起こされます。

「天気がいいぞ~」

ってもまだ太陽出てない時間じゃない・・・。
でも、天気予報が変わったようで、日中は晴れ、気温も4月の陽気だとか。
こうなったら、ポタるしかないですよ!!

天気がよければ、行く予定だったルートを実行。
そのルートの中に、自転車屋が二件も入っているのは、やっぱり確信犯??ですよね。

その日の、ポタレポートは後日アップしますが、今回は自転車屋での出来事についてだけ触れたいと思います。

まず一軒目は、知人から紹介された個人のお店。
私は、こういう個人のお店って行ったことがないのです。
R3を買ったのも、チェーン展開してるお店だし。

若干、敷居が高い気もしましたが、知人の知ってるお店だしってこともあって行ってみました。

お店の店頭にはブリジストンののぼり。そしてデローサの看板。
確か、ここのお店のご主人、イタリアのデローサで職人してたこともあるって聞いたような、聞かなかったような・・・。(確信はありません)

店内に入ると、年配の温和そうなご主人が「いらっしゃいませ~」
ぐらとふたりで店内にディスプレイされている自転車を物色。

アンカーが多いです。やっぱりブリジストンが日本の個人自転車屋さんでは強いのか??
でも、デローサも一台あるし、わたしの知らないメーカーのカーボンバイクもかざってありました。

「○○さんの紹介で来たんです」
と私がご主人に話すと、へ~そうですか~と。

それから、ぐらがなにげにビンディングの金具を見て、「なんだろう?」といった言葉に、ビンディングについて事細かに説明してくださいました。

「アンカーが多いんですね」ってきくと、高校生の自転車部なんかはアンカーが多いからね~みたいなことをおっしゃっておりました。なるほど~。

「サイクリングが目的で、カーボンバックのフレームで20万円くらいのバイクはどんなもんでしょうね?」ってきいてみたら、ご主人、ちょっと困った様子で、GIANTくらいしかないかな~というお答えでした。

そっか、GIANTか。R3がGIANTだから、できれば他のメーカーがいいんだけどなあ。

帰り際、アンカーとデローサのカタログを頂きました。デローサはどうせ買えないからと言ったのですが、「目の保養になるから」と言ってくださいました。
確かに、目の保養になります。

↓クロスバイクブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ


banner2.gif


↑自転車ブログわんさかあります
2009.01
21
妄想ロードバイク購入ごっこから、なぜかリアルに買う気満々になってきちゃったわけです。

夜な夜な、ヤホー・・・じゃなくてグーグルでロードバイク検索。

おぼろげながら見えてきたのは、「BIANCHI(ビアンキ) Via Nirone AL/Carbon 105」
結局、デザインです。見た目。かっこいいと思える自転車じゃないと愛せないでしょう。(恋愛も一目ぼれタイプです・・・)

で、明けても暮れてもロードバイクのこと考えてる自分に気付いてから、

「え??待てよ・・・」

とか、立ち止まってしまうのも、私の悪い(?)癖。

ふと、ある時点で冷静になってしまうんです。

「果たして、私にロードバイクは必要なのか??」

この命題をすっかり忘れておりました。
っていうか、そもそも妄想ロードバイク選びだったわけですから、そういう命題ははじめから存在しなかったのです。が、ここにきて勝手にリアルモードにスイッチしてしまったので、そこんとこが急にクローズアップ。

私の自転車の楽しみ。

それはポタリング。

都内のおもしろスポット・おいしいお店・神社仏閣などをゆっくり自転車で見て回る。
あるいは、海や川、ときには山にはいって自然を感じる。

そこにはスピードは求められず、むしろゆったりとした時間を大切にしたい。

また、クロスバイクでは許されていたカジュアルな服装。自転車を降りて買い物をしても、食べ物屋にはいっても自然に溶け込める服装。
ロードバイクにそれは許されるのか??

そして、街でも田舎の街道でもいえることですが、どうしても歩道を走らなければいけない状況が発生します。これってクロスバイクでは、ママチャリのふりしてできていたのですが、ロードでは???

不安なことが山ほど出てきて、そして考えれば考えるほどにクロスバイクで十分じゃないか?クロスバイクがベストなんじゃないか??という思いがわき上がってきたのです。

それに、基本的に私はぐらと一緒に自転車に乗っているので、私がロード、ぐらがR3ではそのスピード感が違いすぎやしないか??
ただでさえ、二人が同じR3で走っていても、やっぱりぐらは遅れがちなのに・・・。

そしてそして、けっして余裕あるわけではない、我が家の台所事情。
ロードバイクを買うお金があるならば、他に有効に使うべきものがあるんじゃないか??
完全な趣味のロードバイク、しかもクロスバイクも所有していてさらにもう一台とは・・・。しかもそれが自転車が趣味でない人からみれば、自転車としては常識はずれな金額なのだから。

それまでの数日間、ロードバイク熱に浮かされていたのですが、急速冷凍された私のハート。
しかし、まだ確実にそのロード熱の炎は、私の心の奥底でくすぶっていたのでした。


↓クロスバイクブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ


banner2.gif


↑自転車ブログわんさかあります

2009.01
20
妄想ロードバイク購入ごっこをして、ネットで夜な夜な検索。

しかし、具体的に車種が見えてくると、妄想がいつしか現実味を帯びてきます・・・。
いや、そんなことは初めからわかっていたことなんです。

考えだしたら、もう止まらないということは。
ただ、自分で「これは妄想なんだ」と言い聞かせていた。「妄想だから」ネットで調べてもいいよねと。

妄想のくせに、デローサなんかには見向きもしなかったのが、その証拠です。

で、私の中でどんな思考の道筋をたどったかというと、

まず、レースは出ることはない。
サイクリング・ロングツーリングが主な使用目的。
だからコンフォート系と呼ばれているものがよいのかな。

フレームはカーボンが剛性・重量ともに有利なようですが、予算の関係でフォークだけカーボンでいいんじゃない。またはカーボンバックも値段によってはあり?

コンポは105。
なんだかわかんないけど、皆さん105以上がいいっていいますよね。
上位部品に交換する時の互換性っていうことですが、私の乗り方でそういった状況が出てくるのかも疑問です。

わからんちんながらも、おぼろげに見えてきたロードバイクの輪郭。
具体的にこれはどう??ってあがったのは、

BIANCHI(ビアンキ)  Via Nirone AL/Carbon 105 

biank.jpg







GIOS(ジオス) BALENO(バレーノ)

img10634457930.jpg







FELT(フェルト) Z45

felt.jpg







予算との兼ね合いもあって(っていうかそこが最重要ポイント)、この3台くらいが浮かんできました。

ビアンキとジオスはカーボンバックのフレームです。
フェルトはフルカーボン。

コンポはジオスがほぼ105。ビアンキは105メインで他のメーカーのものもちらほら。フェルトはティアグラ・ソラなど。

で、ここは個人的な好みの問題、でもとってもポイントの高いデザイン。
実はジオスの細身のデザインとジオスブルーがちょっと苦手。フェルトは戦闘的な感じでうーん・・・。やっぱりビアンキがいいなあ。でも、ビアンキが一番車重が重い。

なんかこれだ!!っていうのがないのかなあ・・・。


↓クロスバイクブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ


banner2.gif


↑自転車ブログわんさかあります

2009.01
19
お正月早々、MTB購入未遂事件を起こしたばかりなのですが、本日はロードバイク購入(今のところ)未遂事件です。

MTB購入未遂事件のお話からおさらいしますと・・・

お正月に、いつもひやかすショッピングセンター内にある自転車店に、スペシャライズドのMTBがセール品として並べられていました。

お値段は「34500円」

これはお値打ち!!
そう思った私はさっそくぐらを呼び止めて、「この自転車どーよ??」

我が家ではぐりぐら号の他にママチャリもあって、それが10年選手の超ベテラン。
ベテランすぎて、最近ではかなりくたびれてきた感がプンプンしてるわけです。

以前から、ママチャリの次世代候補としてお値打ちMTBをなにげに探していたのですが、これといったものが見つからないまま時間がすぎていました。

これは春から神様の啓示じゃないか!!

ほんの少し悩みましたが、店員さんを呼んであれこれ聞いて、いざ買おう!!と思いつつも、もう一度だけぐらと二人で最終確認のために店員さんに席をはずしていただいたのです。
それでも、もちろん二人の意見は「買おう」と意気投合して、このMTBを買うために先ほどの店員さんを呼びにいくと・・・。

先ほどとは違う店員さんが接客を代わりました。
違う人なので、もう一度確認的に質問をしてみました。

「私たちは、待ち乗り用にこのMTBを買おうと思っているのですが、どうでしょう?」

「それはまったく用途に合っていません!!」

きっぱり言ってくださいました。

店員さんいわく、MTBとはそもそも山で乗るための自転車で街乗りには適していない。
もし街で乗るならば、タイヤをブロックタイヤからスリックタイヤに代える必要がある。
街で乗るなら、クロスバイクが最適です。
と言って、シラスを薦めてくださったのですが、R3にすでに乗っているので今更もう一台クロスバイクに乗る気にもなれず、テンション急降下して帰ってきた・・・というのが、MTB購入未遂事件です。

私たちは、この的確にご教授いただいた店員さんにものすごく感謝していて、MTBを買わなくて良かったと心から思っているわけです。

そして、やっぱり待ち乗りはクロスバイクかと再認識させられたのでした。

ここで、やっと本題のロードバイク購入未遂事件??の本編に突入するわけですが、前置きがながくなりすぎたので、イントロダクションだけ・・・。

街乗りはクロスバイクか。

そうは思っても、そのためにもう一台クロスバイクを買う気にもなりません。
だったら、ぐり号を待ち乗り仕様にして、ロードバイクの新ぐり号を導入しちゃおうか!!

という、妄想をしておりました。

あくまでも、妄想です。本気じゃないです。

そこで、妄想ショッピング。
もし買うならどんなのがあるのかな??
とかいいながら、ネットでロードバイクをいろいろと検索。

なにぶん、自転車メーカーなんかにも疎い私。検索しだすと、あっちのサイト、こっちのサイトと渡り歩き、夜な夜な新たなる発見と新たなる疑問を膨らませていたのです。

↓クロスバイクブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ


banner2.gif


↑自転車ブログわんさかあります





2009.01
16
Category : 自転車雑談
自転車の乗り方は、人それぞれです。

ロードレーサーでただひたすらに峠を行って帰ってくるのが好きな人。

ミニベロでのんびり下町散歩を楽しむ人。

MTBで野山を駆け下りる人。

私の場合は???

クロスバイクに乗っている人は、次の自分の自転車スタイルを見つける人が多いような気がします。
それは、クロスバイクが自転車ワールドの出発点にしている人が多いからなのでしょう。

ならば、わたしにとっての自転車スタイルってなんなんだろう??

正直まだそのへん、固まっていません。

今は、街や郊外をのんびりポタリングっていうのが楽しい。
ってことは、クロスバイクでいいんじゃない!

スピードはあまり求めていないし(っていうか出せないし)、街中をロードでぽたぽた行くのもなんだかねえ。それにやっぱりそれなりのカッコしないとさまにならないでしょ・・・。

かといって、ミニベロで郊外を長距離行くのもつらい。
目的地と目的地の間は、すみやかに移動したいし・・・。

あ、やっぱりクロスバイクがいいんだ、わたしの場合は。

でも、気になるのは、ツーリング向きのロードレーサー。
ロードレーサーでも、レース向き、ツーリング向きといろいろあるそうで・・・。
そういうのなら、今よりもさらに遠くへ早く行けるのかもな~とか思うと、なんだかまたモヤモヤ。

そういうのも、これから方向性が見えてくるのでしょうか??
なんとも奥深い自転車の世界です。


↓クロスバイクブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ


banner2.gif


↑自転車ブログわんさかあります

2009.01
15
Category : 自転車雑談
自転車に乗っていると感じるのは、自転車以外の「二次的な趣味趣向があぶりだされてくる」ということです。

本来、自転車とは、「どこかへ行くために乗るもの」なのですが、趣味的に自転車に乗り始めてからは、「自転車に乗るためにどこかへ行く」という目的と手段が入れ替わるという現象が発生します。

ただ何の目当てもなく、自転車を乗り出しても右に行っていいやら、左に行っていいやら。
やっぱりどこかを目指して行って帰ってくるということに落ち着きます。

じゃあ、どこに行こう??

自転車に乗り始めた頃、どこに行っていいのやら見当がつきませんでした。
とりあえず初めの一歩は、よく行く公園に行ってみたのですが、その次からもうわからない。

ネットや自転車系の本にでている、ポタリングコースなどを参考にと思ってもいまいちピンときません。
私の場合、知らず知らず「神社仏閣」に目が行くようになりました。

それまで、まったく興味もなかったし行ったこともなかったのにです。
その理由がなんなのか??未だもって解せないのですが、潜在的な関心が無意識の底に眠っていたのかもしれません。

神社仏閣を見てまわるために、自転車に乗る・・・というところまではきていませんが、自転車に乗っていて、神社があったりするとちょっと気になって立ち寄ってみたりもしちゃいます。あらかじめポタコースのなかに神社をいれておくなんてこともしていますけど。

それぞれに皆さん、こだわりのポタアイテムがあるのではないでしょうか??
まあ、なんか不思議な感じですね。



↓クロスバイクブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ


banner2.gif


↑自転車ブログわんさかあります
2009.01
14
Category : 自転車雑談
自転車に乗るのは楽しい。

なんでだろう??

まず、私が自転車に乗り始めた頃、最初に感じたのは、

「自転車って疲れるから楽しいんだ」

っていうことでした。

普通は、疲れるっていうのはネガティブなことなんでしょうけど、素直にそう思ったんです。
それは何故か??

昔、若かりし頃、オートバイに乗ってあちこちツーリングをするのが趣味だったのです。
これって、自転車であちこち出かけるのとかなり近い感じなのですが、決定的な違いは「疲れる」か「疲れない」かです。

もちろんオートバイは一日400km走ってもあまり疲れません。
さすがに日帰りで700km走った時はぐったり疲労困憊しましたけど・・・。

ところが自転車ときたら、数キロだって一生懸命漕ぐと疲れちゃう。
疲れると、休みますね。休まざるを得ない。足が止まっちゃう。

この休む時間っていうのが、とっても新鮮だったんです。

オートバイでは、どんどん前進前進また前進。そろそろ休もうかな~なんて思っていながら10kmも20kmも走っちゃうなんてことはよくあることで。

オートバイでは通り過ぎていってしまった風景の中を、自転車では「疲れた」おかげで休憩ができるのです。

自転車を降りて、なんにもない街道や山の中、水辺に座り込んで息を整える。
暖かな日差しや穏やかな風。森の匂い、水のせせらぎを感じられる幸せ。

そういったものが、とても身近に感じられるのは自転車ならではのスピード感ではないでしょうか。

↓クロスバイクブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ


banner2.gif


↑自転車ブログわんさかあります

2009.01
12
はじめまして、ぐらと申します
一昔前は、文字を書くことがなかなかできない人を“筆不精”と申しておりました。
今のパーソナルコンピューター時代は、なんて言うのでしょう・・・

私ぐらは、パソコンが苦手・・・・
昭和の時代のままでございます。

このままでは進歩がない!
今年の目標としてこんなことをかかげてみました。

『月に一回の登場』

きちんと自転車についての内容で
ときには、脱線してしまうでしょうが・・・・
パンだらけになってしまうかもしれませんが

月に1回の私の登場に寛大なご理解をよろしくお願いいたします。。


さてさて今月ですが、ぐりはすでに初走りをすませております。
私はそのころ夢の国からのお誘いに負け、満喫しておりました。

私の初走りはきっとまだまだ先になってしまいそうなので、
今年必ず行きたい場所をあげてみます。

1、三浦半島お魚苦手だけど・・新鮮なお魚食べたい・・

2、野田お花がきれいって聞きましたので、見てみたい

3、羽田飛行機には乗る機会がないけど・・空弁食べたい

4、房総半島近いような・・しかし遠い・・

昨年は天候に恵まれず、行くことができなかったところです。。
今年こそは、行ってみたいとおもっております。。

そして、おいしいものをたくさん見つけてご紹介できれば・・・って

あ!自転車のポイントも

以上、ぐらでございました。。



↓クロスバイクブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ


banner2.gif


↑自転車ブログわんさかあります

2009.01
08
茂原を出て、海へ。

ここからは田んぼのなかの一本道をひたすらに進みます。
アップダウンはありませんが、景色の変わらない平坦な道もつらいものです。

ただひたすらに漕いで漕いで、海に到着。

一松海岸
090105g.jpg






今回は、特においしいお店なんかも調べてこなかったし、お天気も良いのでコンビにでおにぎりとお茶。
ちょうどエンビのパイプがいい具合に横たわっていたので、それをイス代わりにしてこしかけます。

冬独特の水色の空。
穏やかな風。
寄せてはかえす潮騒。

これは最高に気持ちよいランチになりました。

青い空 青い海
090105h.jpg





サーフィンをしてる人がいました
090105i.jpg







遠くの空から、エンジン付のパラグライダー(モーターパラグライダーというそうです)が飛んできます。

090105j.jpg






それは徐々にこちらに近づいてきて、おおおお~と見ていると、私の方に接近してきます。
みるみる機体は大きくなって、私とすれすれ・・・とまでは言いませんが、かなり近くまで降りてきて過ぎ去っていきました。

その姿を追っていくと、その向こうの人影にも近づいていたので、浜辺の人それぞれに近づいて反応を楽しんでいるのでしょうか??

しばらくして、またUターンしてきたのですが、またまた近くを通り抜けて帰っていきました。

090105k.jpg






そんなこともありつつ、海をぼーっと眺めている私です。

こんな時間は、ほんとうに贅沢なひととき。
自然に囲まれて、自然の風や音、匂い。太陽の暖かさ、眩しさを身体いっぱに感じられることこそ非日常なことになってしまっていたことに、今更ながら気付かされたりして。

私が浜辺に座っていると、おばさんとおばあさんの中間な感じのご婦人が話しかけてきました。
「どこから来たんですか??」
という話から、浜辺のごみ問題、地球温暖化まで話題が広がります。

私は知らない人と話すのは嫌いじゃないのですが、なんだか話題がご近所付き合いのトラブルにまで広がりすぎて、しかもエンドレスに続きそうな予感が・・・っていうかもうずいぶん話してるんだけど。

話しながら、なんとなく荷物をかたして立ち上がり「それでは、行きますね」と言っても、また違う話題を振られたりして。
逃げるようにして・・・っていうかその場から逃げてきました。
あんまりネガティブな話されてもね。

海で帰りのルートを考えようと思っていたのですが、おもわぬ訪問者がきたので帰り道も決まらずに出発。
おばちゃんの追随をゆるさぬ走りでとりあえず適当な場所まで移動。
改めて帰りのルートを考えます。

が・・・。

こっちのルートだとかなりの遠回りになってしまうし、あっちのルートだと来たときの道・茂原街道に合流しちゃうし・・・ってことでルートはひとつしかない感じ。
しかも、そのルートは地図上でみれば緑が濃い!!
ってことは、山ですよ。坂ですよ。

まあ、しかし、しょうがない。
そのコースで帰るとしましょう。

だけどその前に、せっかくの海を堪能していたのに邪魔が入って心残りなので、隣の白子まで行ってもう一度海を眺めに。


こちらは釣り人が多かったです
090105l.jpg






しばしのんびりして、帰りましょう。

海から離れると、日本全国の地方郊外にどこにでもあるような風景のなかを通りぬけていきます。
畑~民家~雑木林~畑~郵便局~小さな商店~民家~パチンコ屋~畑~田んぼ~雑木林~

そして風景が変わります。

090105n.jpg






山モード。ここからはずーーーっと山岳コースです。
いきなりのこの坂。
ちなみに写真に写っている自転車のおじいさんは、電動自転車で軽やかなペダルングのまま激坂をス~イスイと登っていきました。

ここからひとつ坂を登れば、ひとつ下って、下れば登って、ゼーゼーいいながらギアはどんどん落ちていき、ダンシングっていうよりも立ち漕ぎっといった方が合ってる感じ。
それでも、茂原街道の永遠と続くのぼり坂よりは、こっちの方が天国と地獄をみれるからまだましか?
山を二つ三つ、必死の形相でやっつけて(というかやっつけられて)家に辿り着きました。

時間は午後3時。昼に1時間ばかり休憩したわりには早く着いた??
走行距離は、約85km。
結構走ったなあ。でも下り坂とか多かったかも・・・。

そして、なにより、かねてから爆弾を抱えている私の膝が、今回は不発でした。
途中、多少の違和感を感じた場面もあったにはありましたが、今までの痛みと比べれば屁のツッパリでもありませんです。

止まるたびに、膝のストレッチをしていたのがよかったのかなあ。
とにかく、膝が痛くないっていうのは、いいですね!!
これは、神様からのお年玉でしょうか??


↓クロスバイクブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ


banner2.gif


↑自転車ブログわんさかあります



2009.01
07
午前9時。快晴。風もほとんどなし。

自転車を漕ぎ出すと、寒さもさほど感じなくなりました。
とりあえず、近所を流れている川を目指して走ります。

その川沿いに、車は通れない道幅の小道があってそこをたどっていけば茂原街道に出れるという情報を、地元自転車乗りから聞いていたので、そのルートを試してみようと。

教えてもらったとおり、川沿いには小道があって、地元の人がたまに散歩しているのに会う以外はひっそりとしています。
やっぱり冬の川の景色は、どこか寒々しいです。これも冬の風情を感じて好きなんですけどね。

090105a.jpg






しばらく、進むと、普段たまに行くショッピングモールが見えてきます。
車では来たことがありますが、自転車では初です。思っていたより近かったんだなあ~。

そして、その近くに「ほたるの里」という池があります。
外から見ると、なんでもない池のようですが、夏にはほたるがくるのでしょうか。

少しさきを行くと、田んぼの脇にきれいな水が湧き出しています。
これはきっと湧き水かな??違うかなあ??
でも、ほたるって綺麗な水にしかいないっていうはなしだから、ここいらは湧き水が豊富なのかも・・・とか思っていたら、こんな場所が。

どろんこ広場という小さな公園。この池の水も湧き水っぽいです。
090105b.jpg





ここからは、茂原街道を行きます。
茂原街道は、狭いうえにダンプやらトラックやらがガンガン走っていて怖いです。

後ろからエンジンうならせて、プレッシャーをかけてくるダンプをかわすために歩道を走ることになる場面もありますが、この歩道が狭くガタガタしていて、また歩道がきれている部分もあったりで、ここを走るには気合がいります。

ただがむしゃらに走って走って、長柄を少しすぎたころに「長い下り坂に注意」とい看板がありました。
長い下り坂は大好物なので、「い~やっほお~」と楽してどんどんスピードにのって気分よく走っております。

が・・・。
この坂、いつになっても下ってるんです。

途中、傾斜が弱くなったり強くなったりしますが、どこまでも果てしなく下ったまま。
下るのはまことに快適なのですが、この坂を登るのは正に地獄。
反対側を登ってくるローディーさんの苦しそうなこと。
あ~かわいそうに、でもその苦しみはこの先数キロ続きますよ~と教えてあげたくなりました。
そして、絶対に帰り道はこのルートを外そうと心に決めたのでした。

そして下り坂のまま、茂原付近まで来てしまいますと、「長生茂原自転車道路」の看板を発見。

090105c.jpg






いまいちわかりづらい・・・
090105d.jpg








こんなところにCRが??試しに走ってみっかとばかりそちらにハンドルをきります。
田園風景の中をゆく道は、確かにトラックは通りませんが、荒れた舗装に狭い道幅。

090105e.jpg






スピードが出ません。
そして、長生までの道のりも遠回りなようです。
なので、茂原街道に戻って、茂原の駅に行ってみます。

とりあえず、中継地点に茂原を選んでしまいましたが、とりたてて目的があったわけではありません。
茂原といえば、七夕祭りが有名です。それから桜の名所もあるそうです。
あいにくどちらも季節はずしてますね。あえて言えばこりん星がこの地のどこかにあるらしい・・・というくらいでしょうか。

茂原駅 特記事項なし
090105f.jpg





↓クロスバイクブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ



banner2.gif


↑自転車ブログわんさかあります



2009.01
06
2009年もあけまして、走り初めなんていう話題もあちらこちらのブログで語られております。

は~お寒い中、みなさまご苦労様・・・。
って、思っておりましたが、お正月から車で出かけても、自転車で走っておられる方を見かけます。それも、あちこちで。

去年、私の本格的な初乗りは3月でした。
だから、今年も春まで冬眠を決め込んでいたのですが、この前の休日、ぐらと子供らが出かけるというので、ポッカリ時間ができた私。

ここは、ちょいと走り初めか!!??いやいや、まだ寒い寒い・・・。でもなあ、地球も温暖化しているしなあ~とつらつらと考えていて、休日前日の天気予報がよかったので、思い切ってポタリングを決行。

じゃあ、どこ行こう??

なんとなく思いついたのは、銚子。
前回の一人ポタのときに行こうと考えていた地です。
前回は、ちょうどツールド千葉と重なってしまったので、館山に行ってしまったのですが・・・。

銚子となれば、輪行か。
一番電車に乗って、銚子まで行ってそこから帰ってくるか、あるいは朝一で出て銚子を目指し輪行して帰ってくるか・・・。

ここで、ハタと気がついた。

どちらにしても、朝早くから自転車漕ぐことになるんじゃない??
天気予報によれば、日中の最高気温は11度だそうですが、朝の最低気温は1度。

朝早くはキツイ。

やっぱり朝起きてから行くか行かないか考えよう・・・。
といきなり弱気モードです。

そして、翌朝。
午前7時頃、なんとなく外に出てみれば風もなく暖かい感じ。
よし、これは行くしかないな!!

とはいうものの、そこから準備したりなんとなくボーっとしちゃったりで、出発は午前9時になってしまいました。
準備ができて、外に出てみれば、あれ???
7時の時より、寒くなってない??

しかし今更、ここでやめるわけにもいかず、用心してかなり着こんでもいたので、大丈夫と自分に言いきかせ出発。

目的地は、今年初めのポタリングということで、「とりあえず海を見に行く」。
茂原を経由して九十九里浜の白子までとしました。

本当のところは、遅くに出たのでめぼしいところまで行く時間がなかったわけですが・・・。


↓クロスバイクブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ






2009.01
04
Category : 自転車雑談
新年あけまして、おめでとうございます。
本年もつたないブログですが、お付き合いのほどよろしくお願いいたします。

というわけで、お正月休みだったわけですが、渋滞する高速道路にのって帰郷するわけでもなく、海外リゾートでのんびりフローズンカクテルなんかも飲む予定もない我が家。

まあ、正直に申せば家でゴロゴロとして過ごしていたわけですが、そんなゴロゴロにも飽きてどこかに出かけなければならない空気が漂ってくるわけです。

で、出かけるところといえば、普段の休日に行きまくっているショッピングセンターだったりします。
ショッピングセンターは、普段にもまして混雑していて、人人ひとなみ・・・。

人ごみに慣れていなく、また目的があってきたわけでもなかったので、例によって足が向くのは自転車屋さん。
こちらも、特に何かを物色しているわけではないので、冷やかしで店内をフ~ラフラ。

そこで見つけたのが、こちらでございます。

SPECIALIZED  HRXC 08
specia-HRXC.jpg






MTBです。
MTBに興味があったのか??

実はさほどありませんでした。
しかし、我が家のママチャリ、かなり年季が入ってきておりまして、10年選手。
ブレーキは泣き叫ぶし、前かごはいい感じに錆びてしかも現代アート的な大胆なゆがみが入っていて、タイヤもツルツル。

そろそろ買い換えないといけないんじゃないの?さすがに・・・??
って思い始めてはや数年が経過。

かねがね、新しいママチャリ買うなら、ちょっとおしゃれなミニベロかMTB??なんて思っていたものだから、自転車屋さんをひやかすたびに、お手ごろなブツはないかと気にはしていたのです。

MTBでジャイアントのROCKシリーズを密かにウオッチングしていたのですが、いまいち値段が下がらないまま店頭から消えてしまい、09モデルで新たなシリーズ展開をしてしまってお値打ち価格で買う機会を逸してしまっていたのです。

そんなときに出会ったのがこのHRXCです。
お正月価格か在庫セールか定価46,000円のところ34,500円で売られておりました。
これはお安い・・・よね???

しばし、ジーーーーーーッと見つめております。
ぐらが「とりあえず、店員さんに話きいてみれば?」と言うも、話しちゃったらもう買っちゃう確立80%ってことになりそうだったので、やっぱりジーーーーーーッと見つめております。

ぐらと話していて

1.ママチャリは近々買わないといけない
2.ママチャリも安くても1万円はする
3.これは出会いだ!!

総合するとそういう話をして、徐々に買う気度が上昇していきます。
そして、ぐらが店員さんを呼びに走る。

店員さんとお話すると、在庫がなくなりしだい販売しないということ。
HRXCはエントリーモデルのMTBでルック車ではないということなどと話をきいて、あ~もう買いますっていいそうになりましたが、もう一回ぐらと二人で話そうと「3分悩ませてください」と言って、忙しい店員さんは店内へ。

ぐらは「やっぱりこれは出会いだ」と主張して、私ももう「買っちゃおうか」と決意し、再度店員さんを呼ぶと、さっきとは違う店員さんが「接客代わります~」とやってきたので、もう一度最初から話をききました。

私たちは、「街乗りを中心に考えていて、たまにツーリングにでも行けたら」と思っているのですが・・・と言うと、店員さん「これはそういう用途には向いていません」ときっぱり!!

え???

店員さんのお話は、

1.MTBはあくまでも山用にできているので、街で乗るには不向き
  タイヤが太くごつごつしているので、走り出しも止まるときも挙動が遅い
  ごつごつのタイヤは街ではいびつに削られて、乗り味が悪くなる
2.車体が重いのでカーブの遠心力がついて曲がりづらい
3.ギア比が山用なので軽くて進まない

等指摘され、もし街で乗るならスリックタイヤにしないとだめで、タイヤとチューブを交換する必要があるということ。それなりの費用負担が必要。

そういわれちゃうと、急速に買う気は失せてしまいクールダウン。
たぶん、私たちがクロスバイクに乗っていると言ったので、クロスバイクとの比較でのお話だったのかもしれません。
だからといって、もう一台クロスバイクを買う気もありません。

しかし、このすばらしい店員さんのおかげで、街乗りに不向きなMTBを買わなくてよかった~。

ここで問題。じゃあ、街乗りにはやっぱりママチャリ?
う~ん、今のママチャリに限界までまだまだがんばってもらおう・・・。


↓クロスバイクブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ