RSS
Admin
Archives

ぐりとぐらの本日も自転車日和なり

素人チャリダー夫婦の自転車生活あっちこっち

プロフィール

ぐりとぐら

Author:ぐりとぐら
自転車ど素人夫婦・ぐり(夫)とぐら(妻)が、07年11月 ジャイアント・エスケープR3を衝動買いしてしまって始まった自転車ライフ。09年1月にはBianchiロード・Via Nirone7 Al/Ca 105 Compactとミニベロ・MiniVelo 7を、そして10年3月GIOS VECCHIO も加わってどこまで行くの?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
2008.10
29
ちょっとそこまで、のつもりで登ってしまった展望台。
思ったよりも、傾斜がきつく長い道のりだったので、当然ながら同じ道を戻らなくてはいけません。

遭難でもしちゃいそうな雰囲気の林道の坂道を下って、弁天谷池まで戻ると犬達の熱烈なウエルカムワンワン。

早朝の静けさを、取り戻すべく早々に退散。
30mも戻れば、笠森観音の入り口。

081027e.jpg






またこの階段を登らなきゃいけないんです。
これも、結構きついです。

こんな階段をノ登って登って行くんです
081027f.jpg





途中、「名木 三本杉」というのがありました。

081027g.jpg






ご覧のように、根元で3本の杉がくっついているんです。
珍しいんでしょうね、たぶん・・・。

やっと階段を登りきって、山門に到着。

081027h.jpg






風神 雷神像が怖い顔をしておりました。

境内に入ると、誰もいません。
ものすごくひなびた手水場があって、古い神社仏閣フェチな私のハートを鷲づかみ。

081027i.jpg






そして、どーんとでっかい笠森観音。

081027j.jpg






・・・なんですが、参拝は8時から4時までだそうです。
で、今何時??7時前ってことで、中には入れませんでした。
ちなみに靴を脱いであがります。

081027k.jpg







<大きな岩の上に四面を舞台造りにした日本でも珍しい四方懸造という建て方をした観音堂が有名で、61本もの柱で支えられ、堂の上へは75段もの階段を上ることになりますが、回廊からは房総のいくつもの山々を遠望できます。>

だそうです。
登ってみたかったなあ~。

他に、六角堂や鐘付き堂もありました。
名残惜しかったですが、ここらで帰ります。

まっすぐ帰っても良かったのですが、ほんの少しだけ回り道して鶴舞公園へ。

鶴舞公園は桜が有名なのですが、当然今の時期は咲いていません。
山なので、多少アップダウンがありまして、膝にじんわりきますね。
公園に到着するも、やっぱりなにもない。

081027l.jpg







ので、そのまま一路帰路につきます。

ちょうど小学生から中学生、高校生の通学時間にあたって街はずいぶんにぎやか。
国道も早朝とは打って変わって、渋滞しています。
ただでさえ狭い国道なので、道路の端っこをワッセワッセとこぎます。

やっぱり膝が痛いです。
軽いギアで走ってきたのに、何か他に原因があるのかも。
いつも右膝ばかり痛くなるで、その部分に欠陥があるのか、それとも乗り方の癖でそこに痛みがきちゃうのか・・・。
これも宿題ですね。

ハアハアいいながら、長いだらだら坂。
先にママチャリのおばちゃんが走っています。

でも、なかなか抜かせない。
いくら膝が痛いとはいえ、しかも前回の100kmポタのときのようなひどい痛みでもなかったし、クロスバイクに乗ってる私が、ママチャリのおばちゃんに負けるわけにはいきません。
私の名誉、ということよりも、クロスバイクの名が廃ってしまいます。

しかし、おばちゃんとの差はなかなか縮まらず、長い上り坂もまだまだ続き、なかなか力強いおばちゃんのペダリングをにらみつつ、私も必死こいてついていくのがやっと・・・。

信号があって、おばちゃんが停止。そこに追いついた私がみたものは!!!

電動自転車でした。

おばちゃんに

「電動自転車ですか!!速くてついていけませんよ~~」

というと、おばちゃん勝ち誇ったように

「おっほほほほ~~」

と高笑いをされてしまいました。
信号が変わって、おばちゃんより先に出て、抜かされるもんか!!とばかりスパートかけました。クロスバイクの名誉のために・・・。

今日もいい天気になるぞ~とでも言っているような、太陽のもと家に到着。
走行距離は50kmでした。
ちょいポタのつもりでしたが、意外と走っちゃったなあ~。

↓クロスバイクブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ



スポンサーサイト
2008.10
28
ここのところ、休日のお天気にはハラハラさせられていましたが、今回の休日前日の天気予報は、久々の「晴れ」マークがどーーーーんとひとつだけ。
「晴れときどき曇り」とか「晴れ一時雨」とかじゃなくて、「晴れ」お日様マークが燦然と輝いております。

しかし、この日は午後からご用でお出かけ・・・。
こういう日に限って、嫌味っぽく晴れてくれるのは、どんなもんなんでしょうか??

あんまり悔しいので、早朝に出て、早い時間に戻ってくるポタを決行。
子供が学校行事の振り替えでお休みなので、ぐらを置いての一人ポタです。

行く先は、笠森観音。
笠森観音は、むかし車で行ったことがありましたが、その当時は神社仏閣には興味はなく特に感慨もないまま通り過ぎてしまいました。
が、784年に建造された歴史ある観音堂で、古い神社仏閣フェチの今の私にはとっても興味深い地だったりします。

朝、まだ空けやらぬ午前5時半に出発。
暗いです。

暗いといえば、ライト。
そうです、この前買ったライトをはじめて使ってみます。

キャットアイ HLーEL130
ポチっとスイッチON!!

あれ??

これって、光ってる??

光っています。けど、照らしてはいません。
やっぱりLED一灯では、こんな実力か。

まあ、最初から期待はしておりませんでしたけど、予想以上の体たらくに脱力。
まあ、いいや。ライトというよりは、自己主張発信投光機ということで。

ルートは297号線をただひた走る。
特においしいものも、立ち寄るところもなく、もっとも早朝なのでどこもあいてませんね。
交通量もほとんどない国道を、例のクリクルペダリングで進みます。

起き抜けに、いきなり激しい運動をしたからでしょうか?それとも、秋の空気が冷たかったのか、耳の奥が痛くなってきて、途中少し休憩をいれたりしながら・・・。
そして早くも膝に違和感。

え??まだ15kmほどしか走ってないよね。
どうして??

膝に負荷を掛けないように走ってきたつもりだったのに・・・。
う~ん、やっぱり他になにか理由があるのかしらん???

結構、息を切らして、がんばって走りました。
空もだんだんと明るくなってきます。予報どおりの晴天になりそうです。

ハアハアゼイゼイいいつつも、1時間ほどで目的地笠森観音に到着。
笠森観音に行く前に、その先の弁天谷池にて、途中コンビニで買ったおにぎりを食べます。

081027a.jpg






朝も6時半ころなので、誰もいません。ひっそりとした空気のなかで、池の鯉がゆっくりと水中を移動しています。
近所の飼い犬が、私の気配に気づいて、ワンワンと鳴きだして、静寂がとぎれます。

そんななか見てみれば、「展望台」とかかれた看板があります。
時間もあるし、せっかく来たのだからと登ってみることにしました。

081027b.jpg






けど、いきなりこんな急な階段です。
膝がなにげに痛い身には、ちょいときつい。
でも、すぐ展望台でしょ。と登ってみれば、まだ先があります。

も、ちょっと進んでみれば、え??まだ先があるの??
でも、いまさら戻るのもなんか癪だし・・・な~んてやりながら。

081027c.jpg






こんな階段が永遠と続いて、やっと着きました。展望台。

081027d.jpg






展望台からの眺めは、千葉の山深い風景が連なっている景色でした。
しかし、展望台に木が茂っていて、360度のパノラマってわけにはいきませんでした。残念。


↓クロスバイクブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ


2008.10
26
東京都美術館で芸術の秋を堪能したあとは、食欲の秋の番です。

御徒町のカレー屋さん「カナピナ」(東京都台東区東上野1-19-3 コタリビル1F)へ。

11時45分くらいにお店に入りますと、お客様は3組。店員さんも厨房もたぶんインド人。本格カレーが期待できそうです。

メニューを見て、ぐらはチキンカレー。私もチキンがいいな~と思っていたので、迷いましたが、豆カレーにしときました。
店員さんが、辛さをきいてきたのですが、さっき隣の人が「ちょい辛」っていっていたので、私たちも真似をしました。・・・っていうか、他にどう注文すればいいのかわからなかったし。
後から来たお客さんは、「大辛」という声が多かったみたいです。

12時を過ぎると、どんどんお客さんが入ってきて、12時10分には満員。
外には、待っているお客さんもいるようです。
待っているお客さんには、ラッシーのサービスもあるようで、それを知ったぐらは「あーー、来るのが早かったあ・・・」と悔しがっていました。

チキンカレーと豆カレーが一緒に来て、食べてみます。
豆カレーは豆っていうよりは、芋っていう食感。やっぱり野菜の甘さが出るのか、あまり辛くなかったです。豆カレーは大辛くらいがいいのかも??
チキンカレーはちょうどよい辛さ。両方供においしいカレーです。そしてナンも大きくてこれまたおいしいかったです。ちなみにナンのお代わりは自由。これで1000円ほどなので、とってもコストパフォーマンスが良いと思います。

お昼時で、お客さんもどんどん来るので、あまりゆっくりとしてるのも悪い気がして、食べたらお店を出ます。
せっかく御徒町まで来たので、「OD BOX ANNEX店」に行って、自転車用品でも物色。
バック類とウエアー類は充実していますね。でも、部品などは他のお店とあまり変わらない品揃えでした。

さあ、ポタリング再開。

次は早稲田へ。
春日通りを湯島天神の脇を通り抜け、小石川後楽園をやりすごし、目白通りで江戸川公園まで。

081021l.jpg






江戸川公園は神田川沿いの細長い公園なのですが、ここは「自転車は降りてください」の看板。
しょうがないので、川の反対側の小道を行きました。

神田川
081021n.jpg






早稲田に来た目的。それは、
「おいしい鯛焼き屋さんがあるから」

誰がそんなことを言い出すの?もちろん、ぐらです。

それと、もうひとつ。
「都電がみたい」

んだそうです。ぐらは見たことないんだそうです。そうだっけ??車に乗ってる時みたことなかったっけ??

081021m.jpg






道路上に、路面電車と車が並んでいる姿は、やっぱりおもしろいですすね。
でも、ここの区間では車と一緒に走る距離は短くて、すぐに車と電車は分離されてしまいます。
ぐらは、ほんとうは輪行したかったみたいですが、なんかめんどくさいからやめときました。

早稲田にきた目的のひとつは果たせましたが、もうひとつの(こっちの方がメインみたいですけど)目的・鯛焼き屋さんはどこ??
走っていて、どこからともなくあの香ばしい匂いが漂ってきました。

でも、お店の姿がない。鯛焼きというのぼりはあるけど、お店はどこ??
って少し走ると、そののぼりの裏の通りに面して小さな鯛焼き屋を発見。
甘泉園公園の向かい側です。お店の名前は「カタオカ」です。


081021o.jpg






ほんとにどこにでもありそうな、ちいさなお店です。
けれど、私たちがそこにいた10数分の間ですら、お客さんが頻繁に来ていました。
なんでも、通販でも大人気らしいです。

081021p.jpg






私たちも、焼き立てをいただきます。
額縁つきの鯛焼きですね。
皮がとっても香ばしいく、あっさりあんこが美味です。

ここまできたら、次の目的地・池袋まではすぐそこ。
わっせわっせと自転車こいで、池袋に到着。

とはいうものの、なぜ池袋を目指したのか??
なんとなく、大きな街だから・・・というだけで、特に目的はありませんでした。

なので、なんとなく東急ハンズにでも行ってみっか・・・てことにしたのですが、池袋は自転車止めるところがないですね。
しょうがないので、Y`Sのまえに駐輪。
そしてY`Sも物色。

ぐるっと見てから、ハンズ。
もちろん自転車コーナー。
渋谷のハンズの自転車コーナーはそれなりなので、池袋はどうなのかな?って思っていたのですが、規模がちいさいです。
とかいいつつ、ぐらはズボンのすそをとめるバンド(ポパイの絵のついた)を買いました。

と、いうことで、もうお帰りの時間。
どこにも寄らずに、護国寺を抜け飯田橋から九段下まで、ガシガシ走って30分くらいで着いちゃいました。
クルクルペダリングもその頃には慣れて、スピードもある程度は出せるようになった・・・かな?

本日の走行距離は35kmくらいでしょうか。
なんやかんやと盛りだくさんなような、これといったテーマがなかったようなちょっと中途半端なポタリングだったような気もした一日でした。

↓クロスバイクブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
2008.10
25
湯島天神を出て、さあいよいよ美術館へ。

・・・と、思ったら、出ました!!ぐらのお土産リスト店に寄るということで。
湯島天神から上野方面に向かってすぐのうさぎや へ。

実はちょっと迷いまして、ぐらが「この辺なんだけどな~、ちょっとそこのお店で聞いてくる」と入っていった洋品屋さんに、「2軒隣!!」と言われたことはご愛嬌。

081021e.jpg






さすが人気店です。どんどんお客さんがお店の中に吸い込まれていきます。
そして、出てくる人は、ほぼいくつも箱を入れた袋をさげています。

ここはドラ焼が有名なんだそうです。
実は私は、あまりドラ焼ってそんなに好きじゃないんです。おいしいっていったって、大体どこのドラ焼も似たりよったりでしょ~??

なんて、思ってましたが、できたてのドラ焼を二つに割ってぐらと半分ずつ食べてみると、なんともこんなにおいしいの!!!

081021f.jpg








あくまでも私の感想ですが、「ドラ焼の皮の中に、おしるこをとじこめた」みたいな感じです。
食べるならぜひ出来立てをどうぞ!!
夜、うちで同じものを食べましたが、もちろんおいしいですが、普通のドラ焼の範疇にとどまっておりました。
うさぎまんじゅうも買いましたが、これも中のあんこが滑らかでとても良いお味でしたよ。

時間は前後しますが、上野で信号待ちをしていたときの出来事。
隣に自転車のおまわりさんがいて、そのおまわりさんに「この辺で、おいしい和菓子屋さんはありますか?」と男性が聞いていました。私たちは興味津々でおまわりさんがなんて答えるか耳をダンボにしていたら、おまわりさん「うさぎやっていうのが、この先にあって・・・」と教えていました。
ぐらがそのおまわりさんに「さすがに詳しいですね。私たちも、さっきうさぎやさんにいってきたんですよ」と言うと、「仕事ですから・・・」と恐縮していました。
おまわりさんもいろんなこと知らないといけなくて、大変ですね。

ドラ焼を食べて、不忍池へ。
圧倒的な蓮です。

081021g.jpg






鴨が丸々とふとっています。
弁財天にお参りして、ボート乗り場を少し走ります。
ボートなんてあったのか、知らなかった・・・。

上野公園の中はいつも通っているので、目的地の東京都美術館へは、動物園の裏からぐるっとまわって行ってみようということにします。

都立上野高校を曲がると、私の心を鷲掴みにするいい感じに古いお寺を発見。
護国院です。

081021h.jpg






能楽堂があるのです
081021i.jpg





とてもひっそりとしていて、おごそかな空気感がここちよかったです。

そして本日の目的地・東京都美術館へ。いつもは行ったことがない美術館の裏側の広場もはじめてでした。

081021j.jpg





同じ会場でフェルメール展が開催されていて、入場するのに長蛇の列。
芸術の秋ですね~。

美術館の入り口に、こんな人がパフォーマンスしていました。

081021k.jpg






自作の木琴でパフォーマンスしながら、自転車で世界一周をしているそうです。
この人ですね


↓クロスバイクブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ





2008.10
24
鎌ヶ谷大仏ショートポタから連日ポタです。

以前、お世話になった日本画家先生の会派の展覧会が上野であって、毎年ご招待いただいているのですが、今年はぜひ自転車でポタリングしながらと考えておりました。

ちょうど、この日はお天気もよく、子供も学校の帰りが遅い日なので、おもいっきり自転車に乗れそうです。

朝も早よから車に自転車を積んで、北の丸公園駐車場へ。
この駐車場、ここだけの話ですが、都内にしてはかなりリーズナブルですので、お勧めですよ。
駐車場は2つあるのですが、朝9時過ぎでひとつは満車だったので、そのへんちょっと難ありか??

案の定、交通渋滞で予定していた時間より30分押しでスタート。
まずは、神田明神を目指します。
前日、同様、軽めのギアでクルクルペダリングの練習をテーマに走ります。
クルクルには違和感なくなってきました。逆にちょっとでもトルクを感じると、ギアを落としてなかなかスピードに乗れません・・・。ちょっと気にしすぎですかね。

靖国通りを小川町交差点で左折して、坂を登ればすごそこに神田明神。

081021a.jpg






081021b.jpg






綺麗に赤く塗られた神社。平成7年に塗り替えられたそうです。
神社仏閣フェチ、とりわけ古いものが好みな私ですが、創建は720年と文句なしの古さです。しかし、この綺麗に塗りかえられたのが、ちょっと私的には残念ですね~。

おもしろかったのが、おみくじ。

081021c.jpg






お金を入れると、この獅子舞がおみくじをくわえて取ってくれるのですが、お囃子のリズムに乗って、散々踊りまくっておみくじを選んで落としてくれた(UFOキャッチーの要領)あとに、妙にハキハキしてかつぜつのよい男性の声で、
「ご参拝、ごくろうさまでした」
というのです。まあ、機械音であればもっと違和感あるだろうし、女性の声でも違うかな・・・なんて考えれば、この声の男性が、お獅子の中に入って踊っているという設定なのでしょう。
・・・などと、どーーでもよいことを推察しながら、神田明神を後にします。

次は、神田明神のすぐお隣にある湯島天神。
せっかくお隣にあるんだから、ここは行かないと。

081021d.jpg






こちらは学問の神様。
受験生の絵馬が鈴なり。
親御さんやおじいさん・おばあさんらしき方々が、真剣にお守りを選んでいたのが印象的でした。
お守りを売っている場所に、湯島天神と刻印してある鉛筆が売っていて、そういえば私も「受験生の時これ持っていたな~」と思い出しました。
効果があったのかなかったのかは不明ですけれど・・・。


↓クロスバイクブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ




2008.10
23
もう何度もご紹介しておりますが、ぐらは「パン好き」。
パン屋を見れば、入らずにはいられない体質です。
そんなぐらが、ネットで下調べしてきたおいしいパン屋さん。

小麦の郷 ピーターパン  (千葉県鎌ヶ谷市東道野辺3-5-14 )

鎌ヶ谷大仏から自転車で15分弱くらい走った街道沿いに大きなパン屋さんがありました。

081020m.jpg






まだ朝の10時半、しかも平日だっていうのに、広大な駐車場には車がたくさん。店内はお客さんでいっぱいです。

また、お店の外にはテーブルとイスがいくつかあって、そこで買ってきたパンを食べている人でうまっています。

さっそく、私たちも店内へ。
混みあう中を、物色。種類も豊富です。
お客さんが多いので、商品の回転が良いのでしょう、焼きたてパンがあっちでもこっちでも。
試食のパンも大きくそれだけで、お腹いっぱいになりそうな勢いです。

迷いながら、今ここで食べるパンと、うちに持ち帰るパンをチョイス。
ソフトクリームと大仏コロッケがお預けになってしまったので、ここぞとばかりトレイに乗るパンたち。

081020n.jpg






ここで食べるパンを3個選んで、お持ち帰り用も別に買いました。
写真にあるコーヒーは無料です。おかわりも自由だ~。

お店の外にあるベンチのほかに、2階のテラス席もあって、私たちはここで食べました。
お天気もよく、景色も見渡せるテラスで食べるパンは、とてもおいしかったです。

後先考えず、お持ち帰り用のパンを買ってしまいましたが、自転車で来たということをすっかり忘れていました。
そんなとき、前日に届いたドイターのリュックが大活躍。
長めのバタールを入れてもまだ若干の余裕があります。

このリュック「ドイター・クロスバイク」は背中に溝がついていて、熱がたまりにくく背中に汗をかかなくていい感じです。

ゆっくりと、パンを食べて、さあそろそろ出発。
大仏コロッケももうあがっているでしょう。

もと来た道をたどって、大仏コロッケを買いに走ります。
同じ道を通ると、行きよりも帰りのほうが早く感じるのは、私だけでしょうか??
あっという間に、鎌ヶ谷大仏のお肉屋さんに着きました。

11時を過ぎていましたので、コロッケはあがっていて無事購入。
パンを食べてばかりだったので、コロッケは私のリュックに納まりました。

大仏コロッケ
081020o.jpg






大仏のシルエットということですね。いわれないと雪だるま??
ぐらは、大仏の顔がコロッケになっていると思っていたらしく、かなりがっかりしていました。大仏顔のコロッケは怖いと思いますが・・・。

さあ、コロッケをゲットしたら、次はソフト!!

食べ物がかかると、ペダルも軽いよ!とばかりグングン飛ばして、再び佐久間牧場へ。
こちらも平日だっていうのに、結構な人。

ソフトクリームの他にジェラードも10種類ほどありました。
ジェラードは量が多いです。ソフトも若干大きめかな。
やっぱり牧場のソフトって感じで、濃い味です。

081020p.jpg






ソフトを食べながらコスモス畑へ。コスモスがきれいでした。
081020q.jpg







今回はプチポタで、走行距離も16kmと短めではありましたが、内容的には花あり神社仏閣ありグルメありとかなり充実しておりました。
やっぱり、天気がいいと最高!!ですね。

↓クロスバイクブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ

2008.10
22
子供の頃の思い出に、タイムスリップしてしまった御滝不動尊金蔵寺を後にします。

いよいよ本日のメインイベント。鎌ヶ谷大仏を見に行きます。
途中、キャベツ畑やねぎ畑などの田園風景を通り抜けて、秋の風を堪能します。なんか、この匂いも懐かしい。

ほどなく、鎌ヶ谷大仏付近に到着。
だって、いたるところに「○○大仏」や「大仏××」などお店の名前がついているので、ここが大仏のテリトリーなんだろうな~って。

走りながら、大仏を探します。
とりあえず、鎌ヶ谷大仏の駅まで行ってみます。

え~っと、大仏はどこだ??キョロキョロしながら・・・。

駅まで着きましたが、発見できず。
すると、ぐらがずーーーっと後方で、「おーーーい」と手を振っています。

なんだ??と思って、そちらまで戻ると、なんと大仏がそこにありました。
思いっきり、スーーーっとスルーしていました。

通りからちょっと引っ込んだ墓地の中にあるので、気がつかなかったんですね。
ところで、ぐらはこの大仏に気付いたのですが、これは本物の大仏のオブジェで、鎌ヶ谷大仏は他にあると思ったそうです。でも、そのすぐそばのバス停に「鎌ヶ谷大仏」と書いてあったので、もしや?と思ってよくよく見れば、それこそまさに「鎌ヶ谷大仏」だったという。

あまりに小さくて、鎌ヶ谷大仏の前で、「鎌ヶ谷大仏はどこですか?」と観光客に聞かれるという逸話はまんざらウソではないようです。

鎌ヶ谷大仏 アップで撮ると確かに大仏さまです
081020j.jpg







1776年に造られたものだとか。歴史があります。大きさは1.8m。
081020k.jpg






噂には聞いていた、鎌ヶ谷大仏を見られて、第一目標は達成。
ここにきたら、お楽しみがもうひとつあって、それは近所のお肉やさんで売っている「大仏コロッケ」です。

大仏から見回して、お肉屋さんはどこか??と見渡せば、こういうことには目が利くぐら。
あそこだ!!と目ざとく「清田精肉店」を見つけました。

さっそく、お肉屋さんへGO!!

081020l.jpg






意気揚々と「大仏コロッケくださ~い」
すると、揚げ物は11時からということで、またまたお預け。

ぐらの「お腹が空いた~腹減った~」攻撃がはじまりましたが、ここはこらえて次の目的地へ。
ぐらが見つけてきたパン屋さんです。



↓クロスバイクブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
2008.10
21
楽しみにしていたソフトクリームもお預けで、次の目的地へ。

御滝不動尊金蔵寺。

ここは、私が子供の頃よく遊んでいた場所でもあります。
ものすごく久しぶりに行ってみました。

お寺の部分と公園の部分から成っているのですが、公園ではよく遊んだのですが、お寺の方は、今回がはじめてでした。

081020c.jpg






081020d.jpg






081020e.jpg






思いのほか立派な境内でびっくりです。
子供の頃から遊んでいたのに、こんな場所だったとはちっとも知りませんでした。
自転車に乗るようになってから、すっかり神社仏閣フェチになってしまったのですが、このような古いお寺はいいですね。
創建は1423年ということなので、600年近くまえの歴史が香ります。そして銀杏の匂いもプンプンと。

山門をくぐって公園へ。
081020f.jpg






池や
081020g.jpg






081020h.jpg






などは、子供の頃の思い出のまま。懐かしいエピソードなどがよみがえってきましたが、一番びっくりしたのが、これ。

081020i.jpg






鹿。
鹿????

私が子供の頃には、鹿なんていたっけ??
いたかなあ???
いや、いなかった。
昔、今は金網の中であろう場所に、秘密基地を作った記憶がうっすらとあります。

池で鯉にえさをやっているおばさんに、いつから鹿がいるのか?ときいてみたのですが、
「20年くらい前にはいたよ」
と言う。

うーーーーん、30年くらい前にはいなかった(年がばれます)ので、その後鹿を飼うようになったのか?
おばさんの話によると、鹿は20頭くらいいるらしいです。
この日に見たのは、オス2頭だけでしたが。


↓クロスバイクブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ

2008.10
20
先週までの「お休みの日は雨」の負の連鎖から、やっと解放されようです。

先週は、前日の天気予報で「雨の確率30%」などと宣言されてはいたものの、見切り発車的に出かけたら結果的に天気が良かった、ということはありました。

しかし、前もって晴天といわれていた休日は、久しぶりです。
そして、実際にすばらしいお天気に恵まれました。

こんな日は、もちろん自転車でお出かけ気分満々なのですが、よりによって今日に限って子供の下校時間が早い。
なんで??早いの??

そんなものだから、朝早めに出て午後いちには帰るようなプチポタであります。

さて、どこに向かおうか??
かねてから、ぐらが妙に気にしていて、心引かれているスポットがあるのです。

そこは「鎌ヶ谷大仏」

千葉県鎌ヶ谷市にある大仏であります。
ぐらは、なにかというと、この大仏を見てみたい!!というのですが、この大仏・・・っていうのが、小さい。

噂では、大仏の前で、「鎌ヶ谷大仏はどこですか?」とたずねる人がいるとかいないとか・・・。

実は私も実物はみたことがなので、プチポタにはもってこいのコースかと。

船橋まで車で移動。
9時にはスタートです。

今回は、前回のポタで宿題になった、ペダリングの改良を試みたいとも思っております。
なるべく軽めのギアで、クルクル回転させながら走ってみようと。

やってみると、やっぱりなかなか前には進みません。それでも、クルクルくるくる。
皆様からコメントいただいたお言葉を参考にして、それでもくるくるクルクル。

しばらくやっていると、少しは慣れてきて、クルクルに違和感はなくなってきましたが、でもこれってママチャリくらいのスピードかも・・・。

まず目指すは、佐久間牧場のコスモス畑。
新京成「御滝不動」駅近くに佐久間牧場はあります。


走り出してすぐに到着です。
住宅街のなかに、パアーっと開けた場所が現れて、一面のコスモス畑。
想像以上に大きなコスモス畑に思わず「おおお~」と声がでます。

081020a.jpg









牧場といっても牛が放牧されているようなことはなく、牛舎に入っているのでしょうか?
姿は見えませんが、確実に牛の臭いがしますので、確かにそこは牧場なのでしょう。


牧場といえば、ソフトクリームですよね。
ここも、やっぱり名物ソフトがあると聞いていましたので、楽しみにしていたのですが、時間がはやすぎてまだやっていませんでした・・・。
帰りにもう一度寄ることにします。

081020b.jpg






↓クロスバイクブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ



2008.10
19
Category : 自転車雑談
アマゾンで注文していた「ドイター・クロスバイク」やっと届きました。

注文日は9月29日。
そのとき、「1週間から10日で発送」みたいな表示がされていたと記憶しますが、実際はその10日遅れの本日到着。

結構かかったなあ~。

表はこんな
bag1.jpg






裏はこんな
bag2.jpg





裏は溝的なものがあるので、汗かき防止になるのか??
さっそく試してみまっす。

↓クロスバイクブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
2008.10
17
富津岬の食堂で、少し遅めの昼食を食べて、あとは帰るだけ。

富津公園を出て、工場地帯沿いの道へ向かいます。
そのとき、後ろから自転車乗りの人が私を追い抜いていき、追い抜きぎわに「先ほどは、どーも」と。
朝に大房岬で会話した自転車乗りさんでした。
ルートは大体みんな同じなんですよね。
その方は、あっというまにスーーと走り去って、見えなくなってしまいました。

私もがんばって走らなくちゃ・・・とは思うものの、先ほどから感じてはいましたが、気付かないふりをしていた「膝の痛さ」がだんだん無視できない状態に。

なんとなく、お昼近く頃から感じてはいた膝の痛み。
でも、本格的に感じはじめたのは、富津公園を出たくらいからでしょうか。
もしかしたら、クールダウンもせず、昼食で1時間弱休憩したのがいけなかったのかも??

とにかく、痛みは完全に主張しはじめています。
工場地帯のどこまでもまっすぐな道に入っても、特に右膝に力が入らなくて、要するに左の脚力しか使えてない状態なので、スピードも遅いです。

どこまでも見通せる直線の道路は、いくらペダルをこいでも景色が変わりません。
蟻地獄にはまった蟻のように、もがいてももがいても状況は変わらないような気がしてきます。

同じ場所をグルグルとまわっているような感覚。
道路わきに立ってい巨大な鉄塔の番号だけが、自転車が前へと進んでいることを証明してくれているように感じます。

永遠と思われた、工場地帯の直線道路がやっと切れて、木更津に到着。


081013l.jpg






以前、木更津ポタのときに渡った、中の島大橋が見えます。
ここからは、一度通ったことがある道なので、大体様子がわかるので、少しだけ安堵。

特に何もない道を、とにかくひた走りました。
ポジションを変えると少し楽になったりもするので、前傾姿勢をとったりして、たぶんその姿は鬼気迫るものがあったかもしれません。
スピードもママチャリ程度なのに、必死の形相で肩で息をしながら黙々と自転車に乗っているちょっと怪しい人に見られたに違いありません。

こっちは、そんなことにかまっていられる余裕もなく、蝋燭の炎を見つめながら座禅する修行僧のような心境で、無我の境地の世界に行ってしまいそうになりました。

途中何度も、駅の近くを通るたびに、「魔法の袋を使おうか??」とも思いましたが、まあ、もう少し行ってみようか・・・という感じで、結局家まで辿り着きました。
走行距離は、ネットの距離測定で細かく調べた限りでは、104kmでありました。

100km越えポタは初です。もう抜け殻。
自転車を降りると、両膝がガックンガックン。ロボットダンスでございます。

後でやると、絶対にできなくなると思って、最後の力をふりしぼって自転車をかたずけて、ひとりお風呂に入ってやっとひと心地。

ゆっくりと湯船に浸かると、疲労が一気にどどど~っと。
この絶対的な疲労感に包まれて、そこに漂っているのも私は好きなのですが。

しかし、どうやら私は60kmを過ぎたことから膝が痛くなるようになっているようです。
前回の千倉までのポタのときもそんな感じだったような。

ちょっとネットで調べたら、私のペダリングに問題ありなのかもしれません。

ペダリングの基本は、

・縦に踏むペダリングではなく、回すペダリング

・両足の太ももに意識を集中し、軽い負荷で両足のリズムを合わせてスムーズに回転させること

・軽めのギアを選択すること
 重いギアを使うと、膝への負担がかかり怪我をする。また、足に乳酸がたまり筋肉が力を出せなくなる

ということみたいです。
回すペダリングは、基本ビンディングペダル使用を想定していると思われますので、フラットペダルでどれだけ回すペダリングができるか謎ですが・・・。
まあ、軽いギアを使うというのは、やらないとダメみたいですね。

実は、今回、なるべく軽いギアで、クルクルクランク回して走ってみようと当初は思っていたのです。
が、実際にやってみると、なんだか全然前へ進んでくれない気がして、ついつい重いギアに入れてしまって、グイグイ走りたくなってしまったんです。
これがやっぱり、膝にかなり負担をかけていたというわけなんですね。

今後は、肝に銘じて、こま鼠のようにクルクルペダリングで行きたいと思います。

最後に、私のお勧め品。

ファイテン ウオーミングアップジェル
proupgel.jpg






これ、効きますよ。
あんなに痛かった膝が、これを塗って翌日にはほぼ痛みがとれていました。
本当は、こちらの商品は、運動の前に塗るものみたいですが・・・。本来、運動の後に塗るリラックスジェルというのもあるようです。
まあ、もちろん効果には個人差があると思いますけど。
 

↓クロスバイクブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
2008.10
16
ここからの道は、車ではよく通っていたので、知ってはいたのですが、かなり狭いです。
そして、いくつかあるトンネルが、それよりも狭く、しかもダンプがバンバン通ります。
この道は、狭くて怖いという話は、他の自転車乗りのかたからも聞いていました。

でも、この日は祭日だからでしょうか?
あまりダンプに会わなかったです。
でも、やっぱり狭いトンネルの中は、普通自動車でも抜かされるとき、恐怖です。
一度、抜かされるときに、ちょうど路面状態が悪いところにのってしまい、ガタガタとチェーンがはずれそうな音をだして自転車が振動して、生きた心地がしなかった場面もありました。

海を眼下に見下ろしながら、気分よく走っていきます。
ローディーさんのツーリング集団やMTBに乗ったおじさんなどともすれ違い、やっぱりお休みの日は自転車乗りが多いですね。
時刻が10時にせまってきて、ここらでハンガーノック対策(ってほど走ってもないですが)、コンビニで飲み物とおにぎり、そしてレジのところに置いてあったメンチカツがおいしそうだったのでそれも買って、海を見渡せる場所でパクリ。

浜辺では、釣りをしている人が多く、のんびりとした雰囲気が漂っています。
こんな天気の日には、外でおにぎりは最高においしいです。

081013f.jpg







しばらく休憩ののち、またマイペースで走り出します。
似たような景色が続くので、単調ではありますが、このさわやかな天候をかみしめるように味わって、4週連続雨で自転車に乗れなかった分を取り返しています。

金谷あたりでは、のこぎり山のロープウエーに乗る人の車の列がすごかったです。
また、竹岡まできたときに、「竹岡ラーメン」で有名な鈴屋を発見。
ものすごく混んでいてずいぶん並んでいるようでした。
やっぱり祭日なので、観光に来る人が多いのでしょうね。

081013g.jpg






途中、R127から県道256の海沿いの道を行く予定だったのですが、ボーーーーッとペダルをこいでるうちに、曲がるところを曲がらずに、そのままR127に入ってしまい、長いだらだら登り坂の試練を味わったり、東京湾観音の坂をスルーしながら、富津岬まで辿り着きました。

081013h.jpg






公園内にある池。ハスの葉(?)がわんさか

081013i.jpg







岬の端には、変わった展望台があります。
081013j.jpg






浜で、ジェットスキーをする人、バーべQをする人、屋台のとうもろこしを食べる人、まさに休日のビーチな風景です。

自転車こぎながら、ススキの群生地を抜けます。
ススキが風に揺れる音が、なんともいえぬ懐かしさ、物悲しさを呼び起こします。
これは、自転車じゃないと味わえない体験ですね。
車やバイクでは聞こえない音。徒歩ならば感じられるでしょうが、こんなところまで歩いてくるのは大変だし・・・。
自転車ならではの、静けさとちょうどよいスピード感。

時刻は、1時半くらいでしょうか。
10時のおやつに食べたおにぎりとメンチカツで空腹感は薄かったですが、ここで食べないともうなにもないような感じなので、ここらでお昼。

公園に数件ある食堂の中から、「魚貝料理 たかはし」で貝丼。

081013k.jpg






貝が好きな私。
迷わず貝丼です。

しかし、メニューの写真の貝丼と違って、運ばれてきた貝丼は卵でとじられていて、ちょっと予想外。
味は卵丼。そのなかに、貝の歯ざわりがちょっとあるっていった感じです。
貝の風味はまったくなし・・・。チョイス間違えました・・・。
他に貝の刺身定食や、ホタテ貝柱丼(こちらは生みたい)もあったので、そっちにするべきだったか??
一緒についてきたアサリの味噌汁はたいへんおいしかったです。



↓クロスバイクブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
2008.10
15
館山駅に午前8時到着。
輪行袋から、自転車を出して組み立てます。

曇り空。
ちょっと寒い感じもします。

走り出すとすぐに海沿いの道へ。
081013b.jpg







房総半島を北上していきます。
とりあえず、目指すは大房岬自然公園。

しばらく、こいでいると少しづつ空に晴れ間が。
大房岬自然公園へとつづく道に入る頃には、かなり天気がよくなってきました。
っていうか、すばらしい秋空が広がっています。

自然公園へと向かう道。
微妙なアップダウンが続いて、ハアハア息がきれますが、それでもなんとかがんばっています。
そして、いよいよ公園に近づいてきた時、その坂は現れました。
カーブで先が見通せないので、なんだ坂、こんな坂とよいしょよいしょと登っていきます。
あのカーブの先がゴールだろうとエッチラコッチラ登っていけば、次のカーブまで続いている坂。
その先の、カーブの出口まで行けば、まだまだ続く坂。
しかも、傾斜がどんどんきつくなってないかあ??

あっさり、降りました。
自転車押して、登ります。
この坂、半端ないです。
どんどん傾斜がきつくなって、まだまだ続くよどこまでも~って。

自転車押して歩いていくだけで、きついじゃないですか。
ハアハア言いながら、やっと見えてきた坂の終点。
頂上に辿り着いて、先を見れば、ちょっと下ってまたのぼり坂。
え~~~。
でも、公園まであと100mという看板を見つけて、ちょっと安心。
くだりの勢いを借りて、そこを登りきれば公園駐車場です。

で、肝心の公園はどこ?
公園はまだ先みたいで、そこから200mくらい進んだところに、展望台の矢印看板。
でも、なんか木がうっそうとしているだけの場所で、こんなところに展望台なんてあるのか??

半信半疑のまま、案内にしたがってゆけばいきなりひらけた芝生の公園に出ました。
その先に海が見えます。
天気が良かったので、三浦半島なんかも見えます。

081013c.jpg







081013d.jpg






しばらく、休憩も兼ねてそこで海を見ていましたが、他の観光客の皆さんが写真を撮り始めたので、ここは退散。
別に、15mの展望塔があって、登らなくてもいいかとも思いましたが、せっかくだからと上まで行ってみました。

グルグルと螺旋階段が、プチ二日酔いを呼び起こさせましたが、頂上に上ってみれば360度見渡せる大パノラマ。
期待していなかった分、感動も大きかったです。

秋の淡い青空。
高い雲。
きらきらと光る海。
遠く近く見える緑の山。


空が高い
081013e.jpg








さわやかな秋の風が心地よく、この景色を満喫しました。
こんなにすばらしい天候に恵まれたのは、やっぱり携帯の待受け画面を金の美輪さんにかえたからでしょうか??
それにしても、天気予報はあてになりません。

また、駐車場まで戻って、水分を補給しようと自販機でお茶を買っていますと、向こうから自転車に乗った人がやってきて、あいさつします。
「坂がきつかったですね~」
その方がそう言いましたが、私が、降りて押してきましたというと、笑っていました。

公園まで自転車で行けますか?と尋ねられたので、
「大丈夫です。結構遠いので、自転車で行ったほうがいいですよ」
と教えてあげました。
それから、展望塔おすすめですとも伝えておきました。

その方と、そこで別れてあの激坂を一瞬でおりきって、また海沿いの道を行きます。


↓クロスバイクブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ


2008.10
14
せっかく、行く気満々で計画していたポタリング。

ポタ前日午後6時の天気予報で、「曇りときどき晴れ」から「曇りときどき雨」に星一徹ばりの早業でひっくり返された天気予報。

タイミング良いのか悪いのか、飲みの誘いに乗って、酔っ払って帰宅。
携帯の目覚ましで起こされた午前5時。

あ~眠い。
酒、残ってるなあ・・・。
もチョット、寝坊しちゃおっかな・・・。
どうせ雨だし・・・。

という甘い誘惑を跳ね飛ばし、むかつく胃を押さえつつ、準備に取り掛かる。
肝心の天気はどうだ??

暗くてわからん。

まあ、いいや、行ってみよう。

今日は、祭日。
始発電車はさぞや空いていることでしょう。

今回、輪行してからポタリングというのは、目的地に着いてから輪行するよりも電車が空いていて、輪行しやすいだろうという予想のもと。
やっぱり、混んでいる電車に、あの大荷物はちょいときまづい。

電車に乗る前に、コンビニでランチパックを買って、ホームのベンチに座って食べます。
食べながら、しらじらとあけゆく空をみてみれば、薄い雲が覆うもののなんとなく薄日もさしているような、いないような・・・。

電車が来て、先頭車両に乗り込みます。
先頭車両の一番前の座席は2人掛けで、一方は「ちょっと前までお姉さま」って感じのご婦人がお二人並んで座っていました。
その反対側に座って、座席の前に自転車をおきます。

車内は、意外と混んでいて、というか、ガラガラな車内をイメージしていたので、ちょっとビックリ。
祭日の一番電車でも乗ってる人、いるんですね。一番電車だからよけいなのかもしれませんが。
もちろん、席が埋まるほどではありませんけど。

やっぱり少しむかついてくる胃をけん制しながら、目を閉じて眠ろうと思いますが、お向かいのご婦人方の会話が耳に入ってきて、うつらうつら・・・。
たぶん、お茶かお花か着物のお稽古のイベントが館山であって、そのお手伝いに行くようなのですが、そのお稽古の若いお弟子さんの「松尾さん」ときびしい師匠とのいささか滑稽で勇ましい武勇伝を堪能させていただきながら、電車は館山駅に到着いたしました。

時刻は午前8時。
お天気は曇天。ちょっと寒いかも・・・。

081013a.jpg






↓クロスバイクブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ







2008.10
13
4週連続、休日が雨だった私・・・。
さて、今度の休みこそはと連日、天気予報を険しいまなざしでにらみつける日々でありました。

週間天気予報によりますと、私の休日は「曇りときどき晴れ」。
今週は連休でその翌日も休みなのですが、その日は「曇りのち雨」です。

実は「曇りときどき晴れ」の日は、所用があり出かけなくてはなりません。
ですので、「曇りのち雨」の日にどうしても晴れないと、まさかまさかの5週連続雨の休日という笑えない現実が待っていたりします。

休みの日が近づくものの、天気予報は変わりません。
休みまじかの予報もガンコに「曇りのち雨」。

あーーーー、もう、こうなったら、所用の方を変更だ!!

用事をずらして、「曇りときどき晴れ」の日にポタリングに当てます。
ここまですれば、いくら意地悪なお天気の神様もどうすることもできまい!!ざまーみろお!!!

今回は、ぐらは子供達とお約束で、浦安にある夢の国行きが決まっていたので、私の一人旅です。
だから、ちょっとロングポタに出かけようと計画。
いろいろと考えた結果、銚子まで輪行。そこから、海沿いを下って芝山町「はにわロード」というはにわの里を経由して、余裕があれば成田空港に寄り帰宅というルート。
でも、これが総距離130kmくらいあるみたいで、ちょっぴり不安な気もします。

でも、よく考えてみたら、その日は「ツールド千葉」の最終日で、このコースはかなりの区間当日のコースとかぶっています。
ツールド千葉の選手のみなさんや、ギャラリーの前でチンタラ走るのはずいぶんな場違い、勘違い君になります。

よって、コースも変更。
館山まで、輪行して、そこから海沿いの道を北上。富津岬を経由して我が家に帰宅というルートに決定。約100kmのポタになりそうです。

さあ、行くと決まったら、久しぶりの自転車、ワクワク、ドキドキですね。

と、思っていた、休みの前日午後6時。
TVの天気予報官のアンビリーバブルな一言。

「天気予報が変わりました。明日は曇りでときどき雨が降るかもしれません」

はあ~???

なんだそれ???

完全に、私の休日はマークされている。
お天気の神様に、目をつけられている。

しかし、降水確率は30%。
自転車乗りには「降水確率30%までならGO!!」という掟があるようなので、こうなったら破れかぶれだ。
雨が降ったっていいじゃない、行ってやろうじゃないの。

かなりやけくそな状態の時に、携帯がなって友達から飲みのお誘いが。
どーせ、天気も悪いようなので、飲んじゃったっていいやという気分で、飲みに行っちゃう。
一応、ポタリングする準備だけして・・・。

出掛けに、「押さえ気味に飲もう」とこころしておりましたが、3時間後、結構酔っ払って帰ってきた私です。
それでも3時間で帰ってきたのは、翌日のお天気に一縷の望みを託していたからです。

↓クロスバイクブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ



2008.10
06
Category : 自転車雑談
またまたまたまた休日は雨。

4週連続です。

皆様、もうお気づきだと思いますが、私のお休みは月曜日です。

天気予報で、

「土曜日はさわやかな秋晴れ、日曜日まで天気は持ちますが、月曜日はまとまった雨が降るでしょう。火曜日からはま、さわやかな天気が戻ってくるでしょう~」

なぬ~~~。お天気お姉さんの笑顔が、これほど憎らしく見えたことはありませんでした。
もちろん、お姉さんが天気を決めているわけではありませんが・・・。

もう、笑うしかありませんよね~。アハハアハハ~。

ぐらは、「暴れてやるーーーーーーーーーーー、キーーーーーーーーー」と八つ当たり。

そんなわけで、見事に天気予報は的中し、朝からザーザー降りでございました・・・。

一応、毎週、ポタリング計画は立てていて、先週だって「お台場ポタ計画」があったし、今週は、晴れたら「三浦半島ポタ」、万が一曇ったら「羽田空港ポタ」と保険までかけて計画して、希望に胸膨らましていた分、雨の落胆も大きい。

あ~~あ、つまんない。

どーせ、雨だから、どっこも行けないしい~。

こんなとき、足が向くのは、そう、「自転車屋」。

ブレーキレバーのあそびの調整もしてもらいたいし、午後になって雨もあがってきたので、いつもの自転車屋さんへ。
っていうか、ここんとこ毎週そこ通ってるんですけど・・・。
完全に顔覚えられてると思うんだけど・・・。

で、自転車屋さんセオサイクルへ。
「すみませ~ん、ブレーキの遊びがちょっと・・・」
先週、リュックの在庫を聞いたお兄さんが見てくれました。

「ブレーキシュウ、ご自分で代えましたか??」
「はいい~」
「じゃあ、見ときます、15分くらいでできます」

15分後、お店に行ってみると、もうできていて、結局、ブレーキシュウの取り付け方が悪くて、ブレーキのあそびが増えちゃったということでした。
こういう点検も快く引き受けてくれる(しかも無料で)セオサイクルよ、ありがとう!!シロート自転車乗りには心強い味方です。

せっかくだから、いつかは買わなきゃいけないと思っていた、ライトも購入。

キャットアイ HLーEL130
081006a.jpg








結構、いろんな自転車についてるやつ??
LEDが一灯です。同じシーリズでLEDが三灯のものも売っていましたが、色がブラックとシルバーしかないのと、ほとんど夜間走行はしないので、一灯のものでいいかと・・・。やっぱり白がよかったので。
これで、夕闇迫っても、安心して走れます。

↓クロスバイクブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ

2008.10
03
ぐら号 ピンク化計画第一弾として、はじめてのブレーキシュー交換です。

まずは後輪から。とりあえず、Vブレーキを解除。

自転車屋さんでのレクチャーを思い出しつつ、元々ついているブレーキシューを取り外します。

アーレンキーで力を込めて回せば、ねじがくるくるとはずれます。
このとき、ワッシャーの順番を覚えておかないと、いけませんね。

新しいブレーキシューを、取り出して、Vブレーキに取り付けます。
そして、仮止め。

反対側も仮止めして、シューとタイヤリムを合わせます。
シューの下側とリムの下側が合うようにして、ここで固定。

このとき、一人でやると、アーレンキーで硬く締める時に、シューも一緒に動いてしまうので、一人がシューを押さえて、もう一人がアーレンキーで閉めるという二人がかりの作業でした。
慣れてる人なら、このくらいひとりでできるんでしょうね。
このときの硬く締める具合がいまいちわからなくて、強く締めれば締めるほどいいのでしょうか??

反対側のシューも同様に固定して、Vブレーキをはめます。・・・はめます・・・はまらない。

え???

Vブレーキがはまらない。

そんなはずはないよね。もう一回。力をこめて、エイッ!!

・・・手が痛い。

はまらない。

???

ブレーキシューの幅が厚くなったから??そんなこともない。

どこかでワイヤーの調整しなくちゃいけないの?

でも、どーやって??

でも、あとちょっとで、はいりそうで、はいらない。
そんなことないでしょう。どこかをいじればできそうなもんだけど、どうやったらいいもんだか。
とにかくよくわからないから、力任せにはめようとするものの、やっぱり・・・

はまらない。

う~~~~ん。なぜ???

そんなことで、小一時間ほどあーでもない、こーでもないと時間ばかりが過ぎてゆく。
二人がかりで、ワイヤーを引っ張り、ブレーキを押さえて・・・あ~手が痛い痛い。
でも、全然ダメ。あとちょっとなんだけど、入りそうにない。

とりあえず、気分を変えて、前輪やってみよっか。

前輪も作業工程は同じ。
Vブレーキ解除して、元々ついてるブレーキシューをはずして、新しいブレーキシューを正しいワッシャーの順番に入れて・・・。

??

!!!

これって、ワッシャーの順番間違えてない??

正しいワッシャーの順番どおりにセットして固定。Vブレーキをはめる。はまる。

はまるじゃん!!

後輪は?

やり直すと、しっかりはまりました。な~んだ、初歩的なミス。

この順番でワッシャーをいれましょう
0801003a.jpg






というわけで、できあがり。

081003b.jpg 081003c.jpg







あんまり目立たないけど、まあ自己満足な世界で。

それより、なんか前輪ブレーキレバーのあそびが増えちゃったんですけど、これってどうやって直すの??


↓クロスバイクブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ


2008.10
02
ぐら号は、デフォの白R3。

自転車屋さんで、一目ぼれしたピンクのブレーキシューと出会って、ピンク化計画始動です。

とはいうものの、自転車のメンテなんてほとんどやったこともないシロートな私たち。
ブレーキシューの交換ってどうやるの??
そもそも、このブレーキシューってR3につくの???

店員さんに、これがR3につくのか聞いてみますと、大丈夫とのこと。
でも、大丈夫じゃないのがこちらのメンテスキル・・・。

「これって、簡単につきますよねえ??」
と、不安げなまなざしを向けつつ、店員さんに尋ねると、

「作業工程自体は難しくはないですが、ブレーキは命取りになる部分なので、あくまでも自己責任で・・・」
と釘をさされます。

いきなりビビリます。
故障したら、走らないってのが普通の自転車のパーツですが、故障したら止まらないっていうブレーキってのはやっぱり怖いですよね。

あまりにもビクビクな私たちが哀れに思えたのか、店員さん、お店の自転車を使ってブレーキシューの交換をHOW TOしてくれました。

①Vブレーキを解除する

②まず、アーレンキーでもともとついてるブレーキシューをとりはずす。
 その時、ブレーキシューについてるワッシャーの種類と順番を覚えておくこと。

③新しいブレーキシューを正しいワッシャーの順番どおりに入れて仮止めする。

④タイヤリムの下側とシューを合わせて固定。

というようなレクチャーを受けました。
聞いてみただけなら、なんとなく私たちでもできそう?できるのか??

↓クロスバイクブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ

2008.10
01
自転車改造。

誰しも少しくらいは、考えることですよね。

ここへきて、ぐら号改造計画を企てることになりました。

といっても、R3の性能をUPさせるとかいう種類のものではありません。

そもそも、R3は廉価なパーツを組み合わせた自転車なようで、ひとつ性能の良いパーツをつければ、今度は違う部分も代えたくなって、そこも交換すると、次はここも・・・みたいな。
結局、フレーム以外全部交換なんていう改造地獄に陥る方も少なくないとか。

今回の、ぐら号改造計画は、より個性的な自転車にするという趣旨で、わかりやすく言えば、

「ぐら号 ピンク化計画」

なのです。

要するに、小物をピンクのものに交換して、ちょこっとかわいくしちゃえ!!っていう程度なものです。
これを改造と呼んでいいのか?とも思いますけど。

きっかけは、先日、自転車用リュックを見に自転車屋に行った時に、ぐらが花柄のブレーキシューを見つけて、一目ぼれしたことからです。

081001a.jpg








他にも、シートやグリップなどを、ピンク化してかわいく変身させようというわけ。
まず、第一弾として、このブレーキシュー交換。

私は、たまに「価格コム」自転車コーナーの口コミ掲示板を見るのですが、その書き込みの中で、

「R3に初めからついているブレーキシューはかなり悪い」

というのを見つけていたので、この際試しに交換してみてもいいかも、とか思って。
なんでも、R3のブレーキシューは、ブレーキするたびに粉が飛ぶというのです。他の自転車よりも大量に。

うちのR3は白なので、特に目立つのですが、ブレーキ周りに黒いつぶつぶしたものがポタって帰ってくると、かなりついていたんです。
これって、なんなんだろう??って謎だったんですね。勝手にアスファルトがついたものだと解釈していたのですが、実はこれがブレーキシューの粉のようです。

この花柄シューに代えると、粉がでないのか?はたまたピンクの粉がつくのか??

こうご期待!!

↓クロスバイクブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ