fc2ブログ
RSS
Admin
Archives

ぐりとぐらの本日も自転車日和なり

素人チャリダー夫婦の自転車生活あっちこっち

プロフィール

ぐりとぐら

Author:ぐりとぐら
自転車ど素人夫婦・ぐり(夫)とぐら(妻)が、07年11月 ジャイアント・エスケープR3を衝動買いしてしまって始まった自転車ライフ。09年1月にはBianchiロード・Via Nirone7 Al/Ca 105 Compactとミニベロ・MiniVelo 7を、そして10年3月GIOS VECCHIO 16年8月GIANT TCR ADVANCED PRO TEAM も加わってどこまで行くの?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2023.03
28
桜が満開ということで、花見ポタリングにでかけてきました。

出発は、千葉西高校隣の無料駐車場から。

230327b.jpg


まずは、ぐらが行きたがっていた稲毛海浜公園のウッドデッキへ向かいます。

ヨットハーバー
230327c.jpg


薄曇りで少し肌寒いですが、雨は大丈夫そうです。

ウッドデッキ

230327d.jpg


潮風が気持ちよい
230327e.jpg

230327f.jpg


公園内を通ってアクアリンクまで。そこから工場が立ち並ぶエリアへ進みます。

オランダ家 新湊工場売店
230327g.jpg


工場直営の売店です。
って「オランダ家ってなに?」という方もいらっしゃるかと思います。オランダ屋は千葉県内で展開している洋菓子チェーン店です。
戦利品を幾つかゲットして先へ進みます。

千葉みなと 老人と海と自転車
230327h.jpg


なかなか晴れませんが、千葉市街へ。

千葉市美術館
230327i.jpg


千葉市美術館は、千葉市内でも数少ない戦前の建物です。旧川崎銀行千葉支店だったそうです。
現在は、その建物を覆うように新しい建物が建っています。

内部も素敵やん
230327j.jpg


亥鼻城
230327k.jpg

230327l.jpg


桜祭り開催中。亥鼻城は通称千葉城。平日ですがなかなか賑わっていました。

都川沿いの桜並木
230327m.jpg


さて、ランチタイム。
ですが、予定していた店が予約客でいっぱいではいれませんでした。
で、代わりに行ったのがこちら。

カフェ マンチーズ
230327n.jpg


厚切りチェダーチーズバーガー
230327p.jpg


イタリアンハンバーグプレート
230327o.jpg


おいしく頂きました。

午後の部は青葉の森公園へ。

公園内は桜が満開
230327q.jpg


お花見広場は桜の木がたくさんで、圧倒的なピンク。
230327r.jpg

230327s.jpg

230327t.jpg


これまで見てきた桜の銘所では、個人的に泉自然公園だと思っていましたが、青葉の森公園の桜もなかなかのものです。
泉自然公園は桜の木が大きくて立派なのですが、青葉の森公園は木は小ぶりなもののその数で圧倒されます。

ここからデポ地まで戻ります。
途中、稲毛の浜のデッキでマンゴーソルベなどいただき締めとしました。
230327u.jpg





230327a.jpg

ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村



スポンサーサイト



2022.07
18

220718a.jpg

海の日。祭日に私の休みと重なった珍しい日ですが、うれしいような悲しいような。というのも、祭日だと道路やお店が混んでいたりしてそういうことに慣れていない平日休み族の私にはちょっと複雑な気分です。
この連休は天気がいまひとつで、この最終日だけが比較的天気が安定しているということもあって、なおさら混むのではないかなと思ったりして。

なので、普段はあまり立ち寄らないご近所をポタリングすることにしました。
8時半頃出発しようと準備していざ行かんとしていたところ、空模様が怪しくなってきました。雨雲レーダーで確認すると「20分後に雨が降る」とのこと。で、ちょっと待機します。が、結局雨は降りませんでした。
というわけで、1時間ロスしてリスタートします。なので考えていたルートをちょっこしシュートカットすることになってしまいました。

まずは、国分寺に向かいます。
が、その前に戸隠神社があったので、寄り道します。

220718b.jpg

220718c.jpg


こじんまりとした神社ですが、御朱印もありました。
冨士塚もありました。

220718d.jpg


お参りをして、国分寺へ。
国分寺とは、「741年(天平13年)に聖武天皇が仏教による国家鎮護のため、当時の日本の各国に建立を命じた寺院であり、国分僧寺(こくぶんそうじ)と国分尼寺(こくぶんにじ)に分かれる。」とのこと。

220718e.jpg


薬師堂
220718f.jpg

220718g.jpg


ここは銀杏が見事なので、紅葉の時期に来ると良いんです。

ここまで3kmも走っちゃったので、補給します。

パティスリー マリオネット

220718h.jpg


プリン頂きました
220718i.jpg


国分尼寺へ。
こちらは普段月曜日は休館なのですが、この日は祭日なので開いていました。だから私はここに来るのはお初です。

220718l.jpg

220718k.jpg

220718j.jpg


意外と(?)閑散としていました。

お次は、山倉ダムへ。

220718m.jpg


山倉ダムには、「こどもの国」というレジャー施設があります。

220718n.jpg


わが家の子供が小さかった頃には、祭日なんかに行ったら駐車場が満車で大賑わいだったのですが、この日は第二駐車場が閉鎖されているくらい余裕がありました。これはコロナか少子化か?
本当は、ここから長柄ダムへ向かう予定でしたが割愛。
田の中を進みます。

220718o.jpg


もうひと月もすれば稲刈りです。

後ろを走るぐらが悲鳴をあげまして、なにごとかと。
虫がヘルメットの上に留まったとのこと。その虫とはタマムシでした。タマムシみるの小学生以来かも。
前回、大多喜を走ったときも、ぐらの肩に虫が飛んできて、その時はカミキリムシだったので、ぐらは虫を呼ぶフェロモンをもつ(虫界の)魔性の女なのかもしれません。

光風台のポプラ並木と鉄橋
220718p.jpg


撮り鉄の撮影スポットみたいで、カメラを構える方がいました。

養老川沿いにアート作品がたまにあるなと思っていましたが、こんなわけだったのですね。

220718q.jpg


鶴峯八幡宮
220718r.jpg

220718s.jpg


鶴峯八幡宮は「関東三鶴」。関東三鶴(かんとうさんつる)は、「鶴」を社名に関する関東地方を代表する三つの八幡神社・八幡宮の総称だそうです。
けれど、こういう三大なんちゃらというものは、二つ目までははっきりと決まっているものですが三つ目というのは諸説あるものでして・・・。
鎌倉の鶴岡八幡宮と館山の鶴谷八幡宮は動かないですが、富津市の鶴峯八幡神社という説もあるとか。

しかしながら、そんなことは関係なくこの神社はすばらしかったです。
清々しい空気感と神主さんの心意気が伝わる神社でした。

夏参りということで、風鈴。
220718t.jpg


あじさいの花手水
220718u.jpg


水占いというのがしてみたかったですが、この日は社務所が臨時休業(出張日)のため、叶わなかったです。ぜひまたお参りに来た際にはトライしてみたいです。
220718v.jpg


蛇石という珍しいものも拝ませていただきました。
220718w.jpg


ここには、以前一回参ったことがあったけれど、じっくり参拝したのは、今回が初めてで新しい発見でした。

さて、お昼。

CaroBosco
220718x.jpg

220718y.jpg


まずは一杯。
220718z.jpg


冷えた生ビールは最高です。ぐらはスパークリングワイン。

前菜。かぼちゃのスープとグリーンサラダ・キッシュ添え。
220718z2.jpg

220718z3.jpg


ここで、もう一杯。

220718z4.jpg


カジキマグロのソテーとポークソテー
220718z5.jpg

220718z6.jpg


コーヒーとドルチェも頂きまして、大満足。
220718z7.jpg

というわけで、馬立駅まで徒歩移動。
220718z8.jpg


こんなにご近所なのに輪行です。
220718z11.jpg


運賃はかわいくないです。
220718z10.jpg


なんか、いつもとカラーリングが違う汽車がきました。
220718z12.jpg


実は、小湊鉄道に乗るのは初めてだったりします。休日だからか、案外乗客多し。
扇風機、ばりばり現役で回転中。もちろん窓もあけっぱ。これ、コロナ対策じゃなくデフォだと思われます。
220718z13.jpg


そして、なんと車内販売も。夏休み限定だそうです。ここでアユの塩焼き(600円)買う人いるのかなあ??
220718z14.jpg


いつも自転車で走っている風景ですが、車窓から眺めるとまた違って見えるから不思議ですね。
ちょっとした旅気分を味わえました。

ほんの20kmくらいのポタリングだったけれど、なかなかいろんなことがあって内容は濃かったかもでした。


,ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


2022.01
25


220124a.jpg


鵜原理想郷は鵜原駅から歩いて10分弱に位置する明神岬一帯のことを言い、ハイキングコースになっています。
自転車でこの辺りはよく走るのですが、理想郷をハイクしたことはありませんでした。
自転車を置いてちょっと寄ってみようかというには時間がかかるかるし、SPD-SLシューズはもちろんSPDシューズでも歩きにくいと思われます。ハイキングコースの距離は2、3kmと長くはないけれど1時間はかかります。

今回のメインは理想郷ハイクとしますが、自転車も絡めたいのでどこをデポ地にするか悩みました。
まず思い浮かんだのは鴨川有料道路を降りきった場所にある市の駐車場。しかしここをスタートすると走行距離が53kmとなってしまい、ぐらも同行するのでこの距離+ハイクだとちょっと厳しいかと。
次の候補は、興津港海浜公園でそれだと走行距離8km。なんぼなんでも短すぎ。最後の候補地は、安房小湊駅前駐車場です。ここは鴨川市の市営駐車場で広く台数もたくさん駐車でき無料で止めることができます。ここだと走行距離は20kmほどとちょうどよいです。

安房小湊駅前駐車場
220124b.jpg


今回この駐車場の存在を初めて知りました。
デポ地リストに加えておきましょう。

まずは駐車場向かいにあるセブンイレブン・天津小湊店にてドリンクを調達します。
店内には、サーフィンで使うのかなという小物と、CO2ボンベとチューブ、補給食のチョコ羊羹・抹茶羊羹が売っていました。
ちょうどチューブが入用だったのでチョコ羊羹とともに購入しました。

220124c.jpg


10時頃スタートします。
天気予報ではこの頃くらいから晴れマークが出ていたのですが、薄い雲が空一面を覆っていて太陽の光は届きません。

国道128号から小湊誕生寺脇を通っておせんころがしという定番ルート。

おせんころがしからの景色
220124d.jpg


行川アイランドから旧道に入って守谷海岸まで。

守谷海岸は美しいビーチ
220124f.jpg


本日の出動車両はミニベロとデローザ号。訳あって変速パターン。
220124e.jpg


鵜原へ。
ハイクの前に腹ごしらえ。

ファミリーレストランこだま
220124g.jpg


この辺りで昼食をとるとき、圧倒的に安房小湊の「いいとこ」にいくことが多いので「こだま」は初めてです。
この店は「勝浦タンタンメン最古の店」と呼ばれていて、勝タン押しです。勝浦タンタンメンの元祖といえば「江ざわ」ということになっていますが、最古の店という微妙な言い回しにはいろいろな事情があるんだろうななどと想像してしまいます。

チャーシュウタンタンメン
220124h.jpg


魚フライ定食
220124i.jpg


タンタンメンはいわゆる「勝浦タンタンメン」にある醤油ラーメンにラー油を大量に注いだものではなく、辛いは辛いですが深い味わいでとても美味しかったです。普通の勝タンは口に運ぶたびにむせるのが常ですが、こちらのタンタンメンは初めの一口だけむせましたがあとは大丈夫でした。
魚のフライも、やわらかく揚がっていてご飯の盛りも普通の食堂の大盛りほどありコスパは高いです。
開店してすぐに入りましたが、平日にもかかわらず店内がにぎわっていたのが、この店の実力を物語っていました。

鵜原海岸に出て、理想郷ハイクへ。

辨財天女からスタート。
220124j.jpg


本来は反対側から登るのがスタンダードなようです。

トンネルをくぐって
220124k.jpg


いきなり急登
220124l.jpg


黄昏の丘から鵜原海岸と守屋を望む
220124m.jpg


荒々しい崖の風景
220124n.jpg


手弱女平
220124o.jpg


勝浦海中公園
220124p.jpg


整備された遊歩道は歩きやすく、広がる青い海、波に侵食され切り立ったリアス海岸を目にすることができます。1時間ほどのハイクですが、想像以上の満足感を得ることができました。
鵜原館に出て一般道をぐるっとまわって再びサドル上の人となりました。

ここからは来た道を戻ります。

おせんころがしの碑
220124q.jpg


サイクリストがいうおせんころがしは絶壁の道のことをさすことが多いのですが、本当のおせんころがしはこの碑のことをいうのでしょうね。ここに来たのは初めてでした。

小湊誕生寺にも寄り道。

仁王門
220124r.jpg


本堂
220124s.jpg



最近のおみくじはガチャガチャ
220124t.jpg


こんなの出ました
220124u.jpg


大吉
220124v.jpg


天気は薄曇りという一日でしたが、厚着をしてきたのでそれほど寒さも感じず、思いのほか理想郷ハイクが見ごたえあったので楽しめた一日でした。



ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村




2021.11
30


211129a.jpg

紅葉の時期に行きたいと思っていた四方木不動滝へ。

四方木ふれあい館の駐車場をデポ地とさせていただきました。
211129b.jpg


四方木不動滝にも数台駐車場はありますが、そこに至る道が狭いので車でゆくことはお勧め致しません。とはいえ、徒歩で向かうには約1kmの道のりを歩くことになるので「通りがかったからちょっと寄ってみるか」という気軽な気分でたどり着くというわけにもいきません。
ということで、自転車(あるいはオートバイ)で向かうのが吉であります。ただしちょっとしたアップダウンは覚悟していただかなくてはなりませんが。

道幅が狭く車のすれ違いは難しい
211129d.jpg


瀧観不動明王の脇から滝へ降ってゆきます
211129e.jpg


ここから水音が聞こえます。
木道を降ってゆくので、SPD-SLのシューズだと注意して進まなければなりません。私はスニーカーで来たので問題なしでした。

滝が見えてきます
211129f.jpg


急な降りです
211129g.jpg


四方木不動滝
211129i.jpg


水量によって迫力が違いますが、房総の滝としてはなかなかのものではないでしょうか。

滝を見ながら来る途中で買ったパン屋さん「酪」のパンを頂く。

酪は養老渓谷駅近くのパン屋さんで、私たちの休日と定休日が重なるのでなかなか食べる機会が少ないのですが、紅葉の時期だけ臨時開店するのでこの時がチャンスなのです。


211129c.jpg


滝とパンを満喫。
戻ります。ところどころに楓が色づいていました。

211129j.jpg


県道81号に戻り、清澄寺へ。
ずっと登りなのでエッチラ行きますよ。

清澄寺のアプローチの坂で桜みたいな花が見事に咲いていました。
花にはあまり見識がないので、これがなにの木なのか謎ですが。

211129k.jpg


清澄寺
211129l.jpg


大杉
211129m.jpg


歌川広重も描いた海が見える景色
211129n.jpg


ちょいと散策して再び県道へ戻ります。

今年6月、清澄山道ループ橋が開通しました。

ちょっと見学に行こうと山を降りてゆきます。
ほんのそこまでのつもりだったのですが、思いのほか下まで来てしまって復路の登りを思うと気が重くなります。

そして到着。

211129o.jpg

211129p.jpg

211129q.jpg


平成3年に全区間2・7キロの坂本工区の改良事業に取り掛かり、13年からループ橋の建設に着手。20年かけてバイパス区間約700メートル(うちループ橋は192メートル)の整備が完了したそうです。
ずーっと工事中のイメージでした。
正直、ここだけ整備してもこの先の山道が狭く車で走りたくない(実際、この日デポ地に車で来ましたが、帰りは通りたくなかったので鴨川経由を選びました)ので、個人的にはなんだかなあ?という気分もしますが。

しかし、ここから見る景色と美しいカーブを描いた橋は青空とも相まってずいぶんと立派にみえました。

で、登り返します。
ミニベロで来てしまったのを後悔しつつ、デポ地まで戻りました。

養老渓谷を含め、紅葉は見ごろを迎えていて、清々しい空気を感じながらのポタリングとなりました。


ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

2021.03
18


強風。暴風。爆風。
真っ向勝負。自転車が進まない。力いっぱい漕いでも時速10kmくらいしか出ない。
南風なので寒くはないが、うららかな春の日差しを楽しむというわけにはいかない。

風が強いということは承知していた。だから20kmのコースを組んだ。前日に10kmほどトレッキングした回復走程度のつもりだった。袖ヶ浦公園に車をデポして、オシャレなカフェでまったりして春の息吹を感じるポタリングを興じるはずだったのに。

大きくスイングする街路樹、なぎ倒されるまま起き上がることを許されない草花。
交差点を左折すると風は少し弱まった。風と正対するよりはかなり楽になる。田んぼのなかの一本道をヨロヨロと進む。前日、急登で酷使した脚に追い打ちをかけるように力を込めてペダルを踏みしめる。

お目当てのカフェに着いた。10kmくらいしか走っていないけどかなり遠く感じた。しかしカフェは予約客で満席とのことで入れなかった。平日で片田舎のポツンと一軒古民家カフェなのに。もしかして緊急事態宣言下のなか、客数を絞っているのかもしれないけど、まったく予想外だった。

仕方がないので、前から気になっていた近くにある食堂へ目的地を変更する。
JR久留里線・東清川駅近くの「とみ食堂」へ。この店は「絶メシロード」というTVドラマで紹介されたちょっとした有名店。名物は「ポークソテーライス」と「タンメン」。
ド昭和の佇まいの定食屋。シャレオツなカフェとのギャップを感じつつも、続々と来店する客数は流石人気店。注文した品が来るまで結構時間がかかるのは、急に忙しくなってもオペレーションの変更に対処できなかったからか。
味付けは働くおじさん好みの濃イイご飯が進む系。いまどき喫煙OKな店なので再訪はないと思われる。

追い風に背中を押されデポ地まで戻る。本日の走行は20kmほどだったが、距離以上に疲れてしまった。


本日の出動車両
210316a.jpg

フラワーロード 季節の花が咲く
210316b.jpg

予約した方が無難
210316c.jpg

とみ食堂
210316d.jpg

タンメン ちょっと濃い目の味でボリューミー@600円はなかなかのコスパ
210316e.jpg

ポークソテーライス  インパクト大。煮豚はパサパサしてるけど濃いたれをしみ込ませてご飯と食せば相性バッチリ
210316f.jpg



ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村