fc2ブログ
RSS
Admin
Archives

ぐりとぐらの本日も自転車日和なり

素人チャリダー夫婦の自転車生活あっちこっち

プロフィール

ぐりとぐら

Author:ぐりとぐら
自転車ど素人夫婦・ぐり(夫)とぐら(妻)が、07年11月 ジャイアント・エスケープR3を衝動買いしてしまって始まった自転車ライフ。09年1月にはBianchiロード・Via Nirone7 Al/Ca 105 Compactとミニベロ・MiniVelo 7を、そして10年3月GIOS VECCHIO 16年8月GIANT TCR ADVANCED PRO TEAM も加わってどこまで行くの?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2024.02
27
Category : リトルカブ
先週、風に負けて大原から撤退したライドのリベンジです。
とはいうものの、先週に引き続き今回も「強風」とのこと。先週は南風でしたが、今回は北風ですが。そして、早朝までは雨が降る予報なのでリトルカブ出動です。

朝、起きると路面が濡れています。
出発時間を予定よりずらして、8時半頃スタート。

まずは房総満喫ライドの定番コースで長南から大多喜へ。自転車なら坂を回避して遠回りしているルートを、オートバイなので近道で。トーヨーカントリーの坂もへっちゃらで登ります。

大多喜駅
240226b.jpg


大多喜城
240226c.jpg


国道465号のこの川沿いの景色が好きです
240226f.jpg


東総元駅に千葉テレビの「週間バイクTV」ののぼりがあったので、なんだろう?と寄ってみました。

240226d.jpg

240226e.jpg

いすみ鉄道とネーミングライツ契約をして駅名に番組名をいれたということみたいです。

県道77号に入ります。舗装も良く交通量もほぼ無く、のどかな田舎道。お気に入りの道です。カブでは時速45~50kmくらいで流すのが気持ちいいです。

前から気になっていた万葉ロードと大塚山登山口
240226g.jpg


なぜ万葉ロード?と思ったのですが、どうやら登山口から山頂まで万葉の歌が道沿いに掲げられているということらしいです。

県道177号に戻って、安房小湊へ。

定点観測 おせんころがし
240226h.jpg


誕生寺の河津桜は満開
240226i.jpg


ここから南下します。
安房小湊で気になるスポットを探索。

千葉大学 海洋バイオシステム研究センター
240226l.jpg


ここにミニ水族館があって見学できるとここと。
しかし、現在は崖崩れのため見学も通行も禁止とのことです。残念。

その先には美しい景色が広がっているのですがねえ・・・。
240226m.jpg


そして、この景色は広重も浮世絵に描いたそうです。

240226j.jpg

240226k.jpg


国道128号で自転車通行禁止のバイパスに乗ります。バイパスは橋の上なので、風にあおられて怖かったです。

鴨川松島
240226o.jpg

240226p.jpg


ここからはいつも反対側から降ってくる県道89号へ。この県道89号は県道279号の分岐(風早峠と私だけ呼んでいる)から鴨川までずっと降りです。つまり逆に鴨川からだとずっと登りになるので自転車では走りたくないわけです。今日はバイクなのでおかまいなし。

途中、大きな鳥居があってここも前から気になっていたのでちょっと寄り道。
結構な登りが続きます。で、ピークまで来ちゃいました。ここでスマホを取り出して確認すると、神社は過ぎてしまったようです。
で、この道ってどこに繋がっているんだろうと思ったら、前回行くつもりだった江見から登ってくる県道272号に繋がっていました県道272号は県道89号と接続するので。こちら回りで行くことにします。
ちなみに、後日調べたら気になっていた大きな鳥居はこの道の反対側の神社のものだったという落ちがつきました。

県道272号に入ります。
この道は細くて坂が急です。なので自転車では隣の県道186号ばかり使っています。

ほぼ林道レベル
240226r.jpg


途中、棚田が美しい。規模的には大山千枚田よりも大きいと思われます。
240226q.jpg


もうすぐピークというところで、脇に小道があります。そちらへ行くと「山口の滝」方面になるので、もしかしたら滝が見えるのでは?とハンドルを切ります。自転車で走っている時もそうは思いつつも面倒でスルーしていました。
いざ走ってみると、もしかして未舗装になるのでは?というのは杞憂に終わり、完全に舗装されています。しかし軽トラが一台通れるかどうかという細道です。そしてここにも集落が現れます。人間ってたくましい。

細道は県道89号に接続して、風早峠へ。

240226s.jpg


ここから、旧水田家へ向かいます。風早峠から北へ延びる道を進みます。この道も初めて通りますが、なかなか景色が良い道で、周りの山が見渡せるスカイラインといった風情です。
この道は嶺岡林道に接続します。

240226t.jpg


八丁陣屋跡
240226u.jpg


江戸時代は、嶺岡林道がメイン道路だったのでしょう。今は更地です。

その先に、旧水田家への入り口があります。
240226v.jpg


急な坂を降ってゆくとそれはあります。

240226w.jpg

240226x.jpg

240226y.jpg

建物内部も

240226z.jpg

240226z2.jpg

240226z3.jpg



文化庁登録有形文化財で元大蔵大臣で城西大学の創立者 水田三喜男翁の生家です。
学校が管理しているからか、とてもきれいに保存されています。管理人さんも常駐しているようでした。
ここへ来たのも初めてです。なぜって激坂の先にあるからです。

国道410号を挟んで県道89号で富山方面へ。
国道127号に出て、勝山の佐久間川沿いの頼朝桜をチェックします。

240226z5.jpg


どこでも菜の花と河津桜が咲いていて、春らしい風景を作っています。

おどや 鋸南店にて

240226z6.jpg


念願のオドバーガーが売っていました。
数量限定って2個なのか?それじゃあすぐに売り切れますわね。

強風過ぎて食べる場所がなかったので、バイクのかごに積んで先へ進みます。

保田から長狭街道へ。

保田川頼朝桜の里
240226z7.jpg

240226z8.jpg


保田川沿いにも頼朝桜と菜の花の競演。

途中、ゲートボール場があったので、ベンチを借りてオドバーガーを頂きます。

240226z9.jpg


まあ、家庭的なハンバーグに卵サンドの具的なものが挟んでるのですが、皆さんが想像をする味を裏切りません。
値段は安いので、コスパはいいかもですが、私的にはおどやのパンは「リンゴのパイ」が一番おすすめしたいです。

長狭街道を横根峠に向けて走ってゆきます。

途中、佐久間ダムの看板。また気まぐれで佐久間ダムにも寄ってみました。ここから佐久間ダムへは登ったり降ったり大変なのですが、原動機がついた自転車では余裕です。

240226z10.jpg

240226z11.jpg

240226z12.jpg


こちらも花盛りでした。

ルートに復帰して長狭街道から県道88号へ。
木の根峠を越えて、戸面原ダムへ。

ここから「松節林道」で素掘りトンネルを見学しに行きます。
240226z14.jpg


結構登りが続きます。そしてピークに達する頃には未舗装に。聞いてないよお。

林道終点
240226z15.jpg


あれ?隧道は??

こんなに登ったのに空振りとは・・・。まあバイクだからいいけど、自転車ならショックでかいです。
なんで隧道がなかったのか?後で調べたら自分のルートミスでした・・・。これもリベンジ案件に入れなきゃです。

ルートに復帰。
県道88号のアイコン・関尻の大わらじを見学。
と、その前に、大わらじは3つあるそうで、GoogleMapでそのひとつをみつけたのです。

が、それがこの場所。
240226z16.jpg


民家?どうもここは違うようなので、県道に戻りました。

まえから知ってる関尻の大わらじはこちら。

240226z17.jpg


大わらじは毎年2月に作り替えるそうなので、まだ出来立てホヤホヤです。
この周辺には、巨人伝説が色濃く残っているという話も聞くので、さらなる探求心が芽生えます。

国道465号に出たら、上総湊方面へ。
国道127号との交差点にある小泉酒店にて酒粕をお土産に。

ぐらがお気に入りの君津のパン屋さんへも寄って、

240226z18.jpg


千葉フォルニア
240226z19.jpg


風がますます強く、小さなリトルカブは千鳥足でなんとか帰宅。
バイクでも追い風だと早くなるんですね。

こんな風の日に自転車に乗らなくて良かったと安堵したツーリングでした。

走行距離・223KM。ガソリン・5.18L。909円。燃費・43/L。





240226a.jpg

ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村



スポンサーサイト



2024.01
15
Category : リトルカブ

冬は山はダメ。
雪が降らないまでも凍結の恐れがあるので、自転車やオートバイで出かけるとしたら海沿いということになります。
とはいうものの、房総半島はもういいやって感じだし、三浦はこの前ブルベで走ったし、伊豆まで行くとなると遠いし、とかいろいろ考えて大洗に行くことにしました。
東国三社参りでもいいかなとか思ったのですが、それなら自転車でもいいんじゃないかなとか、でも大洗も何度か行ってるしなあ・・・と思いながらも他に思いつく場所もなかったので。

天気予報では、晴れるものの風が強いとのこと。ほんとに風が強かったけど、オートバイならそんなに気にしなくてもいいのです。
6時に出発する予定でしたが、なんだか目が覚めてしまったので5時半にスタート。どちらかというと暖かな朝でしたが、北風が冷たいです。
全身ワークマンのイージズ上下をまとっているので全く寒くはないのですが、それ以外の顔とか手首とか指先とか足首なんかに冷気を感じてちょい辛いです。ってかイージス最強だな。

で、まずは正月のお飾りをお焚き上げしてもらうために神社へ。

飯香岡八幡宮
240115b.jpg


ここはバイク神社でもあります。

ここから鹿島神宮へ向かいます。
ルートはRide with GPSで勝手に引いてもらって自分ではよくわかっていなかったので、走りながら「ああ、ここか」とか「ここってどこ?」みたいな感じで進んでゆきます。
自転車で走るときは、自分の知ってる道を引くのですが(だって余計に登ったり交通量の激しい道は避けたいので)オートバイの時は適当です。

多古辺りで日の出
240115c.jpg


道の駅・多古でトイレ休憩
240115d.jpg


朝日が眩しいです。
東総広域農道などを経由して、
240115e.jpg


利根かもめ大橋
240115f.jpg



利根かもめ大橋は有料道路で、小銭がなかったのでお金を崩しがてらコンビニで小休止。

ローソン 銚子小船木店 8:00

ホットコーヒー

橋の上は一層風が強くて、リトルカブはあおられまくりです。

原付2種は20円。

240115g.jpg


この道初めて通りました。

海沿いに出ると風力発電の風車が整列しています。

240115h.jpg


風が強いせいもあったのかもしれませんが、どの風車も勢いよく回転していました。

神栖市1000人画廊
240115i.jpg

240115j.jpg

240115k.jpg



1000人画廊は市民参加型のまちづくりの一環として、日川浜から鹿島港方面へ続く全長約6kmの南海浜護岸壁面をキャンバスにし、一般公募による神栖市民の皆さんが大きな壁画を描くという試みだそうです。

工場地帯を通過して、いつもの国道124号線で鹿島神宮へ。

240115l.jpg


駐車場がなんだかりニューアルしていました。

オートバイは無料です。
サイクルラックが設置されていました。

240115m.jpg 

240115n.jpg


拝殿
240115o.jpg


参道
240115p.jpg


御手洗池
240115q.jpg


奥宮
240115r.jpg


要石
240115s.jpg

240115t.jpg



と、フルコース。やっぱり清々しいピキッとした空気感が心洗われます。

ここから北上します。
普通は国道51号を使うのでしょうが、それではつまらないので県道242号で。この道は、鹿島臨海鉄道沿いにあります。

県道114号に入ってもなかなか良い道です。アップダウンはあるものの、国道51号よりは楽しいかもしれません。ただし走っていて楽なのは国道ですけど。「楽」なのと「楽しい」のが違うのというのは自転車乗りならわかっていただけるのではないでしょうか。

涸沼へ。
ここはぐらからのお使い指令で、しじみを買います。

240115v.jpg


目をつけていたしじみ屋さんには冷凍ものしかなく、冷凍ものは4時間以内に帰宅(冷凍が解けると)しないと口が開かなくなってしまうんだそうで買うことが出来ませんでした。
もう一軒、別の店をチェックしていたので向かいます。

ヤマキ川魚店
240115u.jpg


こちらのはナマと冷凍があり、無事、生のしじみをゲット。氷もいただて持参した保冷バックにIN。

そして大洗へ。

大洗サンビーチ
240115w.jpg


ここでまたぐらからのお土産指令2。

干し芋です。

干し芋の幸重
240115x.jpg


お店があるかとばかり思っていたのですが、自販機でした。
240115y.jpg


でも、自販機の奥にある家の方では、盛大に湯気があげっていたのでここで製造しているのでしょう。

マリンタワー
240115z.jpg


大洗駅
240115z2.jpg

240115z3.jpg


大洗まで来たので、お昼は海鮮。生シラスでも食べようかなとか思っていたのですが、なんでもシラス漁の解禁は2月かららしいので、今出される生シラスは冷凍もののようだし、その他の海鮮も観光地価格で高いし、魚は房総に限ると思っているので、パン屋さんでメンチカツバーガー。本当はこの店のカツサンド目当てだったのですが、売り切れなのか店頭にはなかったです。

カノウヤ菓子店
240115z4.jpg


この店に来たのは、お芋のお菓子がおいしいとの口コミがあったのでお土産を買うついでもあったのでした。

大洗公園で、メンチカツバーガーを頂きます。
240115z5.jpg


大洗といえば、

神磯の鳥居
240115z6.jpg


大洗磯前神社
240115z7.jpg

240115z8.jpg


ここから、那珂湊へゆくつもりでしたが、もういいかと思って、引き返します。
例のごとく、ちょっと迷いながら県道40号へ。
なんの変哲もない田舎道をひたすら走ります。朝から風は吹いていましたが、午後になってなおさら強くなったよう。軽いリトルカブは木の葉のように揺られながら進んでゆきます。

途中、茨木空港の青看板。
予定外ですが、寄り道してみました。

茨木空港
240115z9.jpg

240115z10.jpg


茨木空港は民間施設の「茨木空港」と、防衛相・航空自衛隊の「百里基地」と供用飛行場です。

霞ケ浦へ出ます。
240115z11.jpg


風が強く湖面に白波。

筑波山と霞ケ浦大橋
240115z12.jpg


国道355号は苦手な道です。
同じような景色と、いつもだいたい向かい風。なぜか今日は追い風でした。
自転車ならなおさらですが、オートバイでもだるい道です。

国道51号に入ります。
佐原にでも寄るかと思っていましたが、何度も佐原に行っているので、もういいかとスルー。

成田空港辺りで、写真を撮っている人がいる公園を発見。

東雲の丘
240115z13.jpg

240115z14.jpg

240115z15.jpg


ここ、知らなかったです。

国道51号から御成街道経由で17時頃帰宅しました。

ガソリンは、

9:13 セキショウ鹿島佐田店  2.75L @182 500円

13:00 エネオス 上石崎店   1.72L @179 307円

15:31 エネオス ニュー酒々井 1.07L 188円

17:03 コスモ五井第一     2.14L 375円

7.68L 1,370円  走行距離 332km 43/L

やはり、冬は燃費が悪いですね。とはいえ、300km走って、1300円なんだら十分っちゃ十分です。




240115a.jpg


ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村



2023.12
18
Category : リトルカブ

自転車にしろオートバイにしろ、冬なので山はもうダメ。
ということで、海沿いのルートを考えます。南房総は散々自転車で走っているので、静岡?大洗?・・・。なんだかイマイチ気分が乗らない。

なんだかんだ銚子へ。
ルートを引くと200kmくらいとなりまして、そんなら自転車でもいいじゃんとか思うのですが、オートバイも乗りたいじゃないですか。

自宅を7時に出発する計画でしたが、早起きしちゃうお年頃なので5時に起きちゃって6時40分くらいにスタート。
この日は寒いということで上半身は、真冬用インナーと薄手フリース、インナーダウンとパット入りジャケット、イージスジャケット。下半身はチノパンとイージスパンツ。で、パツンパツンになってしまったので、インナーダウンは着ないで持ってゆくことにしました。結果、インナーダウンは出番なくカブの前かごに一日中鎮座しておりました。

誉田から東金辺りを抜けて、蓮沼へ。

231218b.jpg


海沿いをひたすらまっすぐ進みます。
自転車では長い長いまっすぐな道をひた走ることになるのですが、オートバイではボケーってスロットルを固定しているだけで飯岡へ着いてしまいます。

飯岡港公園
231218c.jpg


231218d.jpg


飯岡刑部岬展望台からの眺望
231218e.jpg


そこからなぜかやたら細い道を進んでドーバーラインへ。
細道もカブなら余裕ですよ。っていうかこういう道もなんなくこなせるカブはまさに「原動機付き自転車」で大型オートバイにはなし得ない自転車的なよい所を享受できます。

自転車では嫌な道「ドーバーライン」も原動機がついているのでラクチン。
231218f.jpg


屏風浦
231218g.jpg


前々から行ってみたかった長九郎稲荷

入り口はこんなグラベルロード
231218h.jpg


長九郎稲荷
231218i.jpg

231218k.jpg

231218m.jpg



犬吠埼灯台が見晴らせる
231218l.jpg


この神社は、通称「ちょぼくり稲荷」。
鳥居が魚でSNS映えして話題になった神社です。まあ、正式な神社とはいえるのか?疑問ではあります。そもそもはよそからこの地にやってきた漁師が、この漁場を気に入って祭ったみたいな感じみたいです。その後いろいろあってSNSで盛り上がったみたいな・・・。

銚子といえば、ここ。犬吠埼灯台。
231218n.jpg


で、現在時刻10時。
ぐらに銚子に行くといったら、ここでお土産買ってきてというミッションがくだされたのですが、その店の開店時刻が11時。あと1時間あるんですけど・・・。

ウオッセ21というお土産屋に寄ったり、飯沼観音に寄ったり。
231218o.jpg

231218p.jpg

231218q.jpg



飯沼観音は初めて参ったので良かったかも。

河岸公園
231218r.jpg


で、11時にクロッチョカフェへ。

231218s.jpg


お土産とは別に、サーモンとクリームチーズのベーグルサンドをランチで頂きます。
231218t.jpg


さて、ここから復路。

銚子といえば、風力発電群
231218u.jpg


そして、猿田神社へ。
231218v.jpg


成田一番のパワースポットだそうです。

231218w.jpg


清々しい空気に包まれて癒されました。

猿田神社 元宮

231218x.jpg

231218y.jpg


奥宮もあったのですが、下調べ不足でスルーしてしまいました。これは宿題としておきます。

ここからは佐倉へ。
ひたすら走って、佐倉ふるさとひろばへ行った見たのですが・・・。

231218z.jpg


♪♪なんいもないなんいもない、まったくなんいもない♪♪

ここから四街道を経由して3時頃、帰宅しました。

走行距離200kmくらい。まあ、ふつうバイクツーリングってこのくらいがちょうどよいのでしょうね。

燃費は、走行距離212km・ガソリンは6.86Lで、41/L。
だんだん燃費が悪くなってますが、寒いと燃費が悪くなるという説もあるので、まあいいっか。





231218a.jpg

ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


2023.11
15
Category : リトルカブ
ずっと以前から気になっていた古峰神社。
しかしなかなか縁がなく、今回念願かなって参ることとなりました。
このルートも登りが多く自転車でゆく気が失せます。
ということで、リトルカブ出動です。

ざっくりルートを引くと380kmほどだったので、午前2時に出発しようと思いました。深夜に出て帰宅は早めにという私のスタイルです。
でも、2時出発ということは1時に起きなければならず、もうちょっと寝たいので1時間ずらして3時出発に変更。これで19時には帰宅できるはずだったのですが、ぐらのお使い指令の為、ルートを変更していたことを忘れていて、結局438kmのツーリングとなり「あれ?」っとなりました。

前回の「ヤツイチ」の時同様、朝晩は冷えて日中は暑いというのは変わらないのですが、気温のレベルは低く朝は5度以下、日中は17度程と防寒対策をしっかりしないと地獄をみそうです。
そこで今回、新らしい武器「ワークマン・イージス防水防寒スーツ」を導入しました。コスパ最高のワークマンが、バイク用に開発したもので上下セットで4900円という激安品。
この商品が大人気で売り切れ必至の逸品です。私が購入したのはまだ残暑きびしい10月のことでしたが、近隣のワークマンに電話をかけまくりやっと手に入れることができた一着です。

さて、当日。
きっかり3時に出発。

上半身は、真冬用インナー・薄手フリース・パット入りバイクジャケット(防寒性なし)・イージスジャケット。下半身はチノパン・イージスパンツ。真冬用手袋。
これに、レインジャケットと小さく畳めるウインドブレーカー。バラクダとインナー手袋を荷物に加えました。

さぞや寒かろうと覚悟しておりましたが、少し冷気を感じるくらいで寒くはありません。
イージス恐るべき実力。

気分よく走っていたら、千葉みなとで雨。
まったくの想定外ですが、路面を濡らすほどでもなく稲毛海岸辺りで止みました。
国道357号に入ってから、高谷で県道298号。高速道路の脇を走る感じでトラックが飛ばしてゆきます。

道の駅いちかわ 
231113b.jpg


トイレ休憩とそれほど寒くはなかったのですが、せっかく持ってきたのでバラクダとインナー手袋を装着。やはり暖かい。

葛西大橋辺りで江戸川沿いの道を進みます。この道暗くて狭いのでちょっと怖いです。
春日部から国道4号へ。古河辺りから渡良瀬遊水地を経て佐野、足利と進みます。

キグナス セルフ354総和給油所 5:43

2.39L @175 418円

予定していたスタンドではないけれど、給油ランプがついたので補充しておきました。

セブンイレブン 佐野赤坂町店 6:41

カップみそ汁

持参したおにぎりとカップみそ汁で温まります。

渡良瀬橋
231113c.jpg


天気は曇りがちで、はっきりとしません。

赤城山
231113d.jpg


渡良瀬渓谷鉄道沿いの道を日光に向かっての登ってゆきます。

この先ガソリンスタンドがなさそうだったので、念のために大間々で給油。

エネオス 相生給油所 8:06

1.27L @181 240円

だんだん山の中に入ってゆきます。
紅葉はあまりぱっとしません。終わっているのか?そもそも紅葉しない木なのか??

道の駅くろほね
231113e.jpg


水沼駅
231113f.jpg


メロディーライン「うさぎとかめ」がありましたが、バイクではまったく反応なし。
231113g.jpg


ぐんぐん登ってゆきます。自転車なら大変だなあとか思いながら。

草木ダム展望台
231113h.jpg

231113i.jpg


富弘美術館
231113j.jpg


ここだけ、かえでがきれいに色付いていました。
231113k.jpg

231113l.jpg



富弘美術館は、星野富弘さんの作品を公開する美術館で「うさぎとかめ」という作品が切手になったそうです。だからメロディーラインが「うさぎとかめ」だったのですね。

足尾にむけ旧道へ。

大きなお地蔵様
231113m.jpg


違う場所でも大きなお地蔵様をみかけたので、この辺の特徴でしょうか?

足尾観光
231113n.jpg


足尾駅
231113o.jpg


渡良瀬川の最上流辺り
231113p.jpg


足尾といえば足尾銅山鉱毒事件。
小学校の時、教科書に載っていたのを衝撃的に覚えています。

細尾峠はパス。本当に熊が出そう。
231113q.jpg


日足トンネルを通過
231113r.jpg


トンネルを抜ければもうそこは日光。
せっかく来たので、二荒山神社を参拝します。

231113s.jpg

231113t.jpg


輪王寺 大猷院
231113u.jpg


東照宮
231113v.jpg

231113w.jpg

231113x.jpg


東武日光駅にある「明治の館」へ。
231113y.jpg


そもそも日光に来たのは、この店でぐらのお土産指令が出ていたからなのであります。
まあ、給油の関係もあるので、日光に寄るのは都合が良かったのですが。

エネオス 日光駅前SS 11:21

1.26L @187 236円

ハイオクとはいえ、187円はめちゃ高い。

県道14号経由で古峰神社へ向かいます。

雄大な山が青空に映える
231113z.jpg


県道14号から県道58号へ。

ここでランチタイム。

五郎八
231113z2.jpg


天ざる蕎麦
231113z3.jpg


店に入ると先客が二組。配膳を待っている状態でした。しばらくすると一組目の客に「まつたけ御膳」が。そしてまた二組目も「まつたけ御膳」。店内まつたけの香りに包まれました。匂いだけでもまつたけを堪能させていただきました。
肝心の蕎麦はとてもおいしくて、てんぷらもサクサク、ジューシー。今まで食べた野菜のてんぷらで一番おいしかったかもしれません。

さて、ルートに戻ります。

古峰神社一の鳥居
231113z5.jpg


スカイツリーと同じ高さと言われても・・・。
231113z6.jpg


古峰神社
231113z8.jpg

231113z7.jpg

231113z9.jpg

231113z10.jpg


紅葉ももう終わりかけかな
231113z11.jpg


皆さん林道前日光線に行かれる方が多かったですが、私は県道58号へ進みます。

231113z12.jpg

深山巴の宿
231113z13.jpg

231113z14.jpg


ひっそりとした雰囲気。独特の空気感が漂っていました。

少し進むと開けた場所へ
231113z17.jpg


前日光ハイランドロッジへ寄り道します。

231113z15.jpg

231113z16.jpg


景色が良いところでした。
富士山が見えるスポットがあるようですが、どこかわかりませんでした。

粕尾峠
231113z18.jpg


ここから降ります。
県道15号から県道32号へ。そして栃木の街へ。

蔵の街遊歩道
231113z19.jpg

231113z20.jpg

231113z21.jpg


千葉でいうところの佐原的な。観光客を乗せた舟も浮かんでいました。

ここからはひらすら帰るだけ。

セブンイレブン 栃木泉川店 15:12

シュークリーム ホットコーヒー

エネオス カードック栃木SS 15:39

2.3L @187 430円

町へ降りればガソリン代も安くなるかと思いきや、日光と同じ値段。

この辺りから強風が吹いてきました。これが赤城降ろしか!!

231113z22.jpg


と思っていたのですが、この日は東京でも木枯らし一号が吹いたそうで、風の強い日だったようです。

国道4号に入って、往路と同じ道を戻ります。
ちょっと渋滞にはまったりと下道オンリーはつらいよ。

富士山のシルエットが心のオアシスでした。
231113z23.jpg


19時半頃、帰宅。
帰りはそれほど冷えなかったです。

風は強かったらしいけど(オートバイはモーマンタイ)、天気も良くなって絶景を堪能。紅葉にもギリ間に合いました。

これからの時期は、山はもう走れそうにないのでしばらくは海沿いをトコトコ行きますか。

本日の走行は、438km。給油は10.12L。 43/L。 1324円。

燃費悪いけど、満タン法で測っているのであてにはなりません。





231113a.jpg


ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


2023.10
18
Category : リトルカブ
自転車乗りは〇〇一周が大好物です。
そこで、今回目をつけたのが八ヶ岳一周「ヤツイチ」です。

八ヶ岳にはこれまであまり縁がなく、走り出してすぐに雨が降ってDNFしたり、坂&坂に嫌気がさしてぐらに回収してもらったりと散々な思い出しかありません。
前々から国道で二番目に標高が高い麦草峠に行ってみたかったし、絶景ロード満載の「八ヶ岳〇〇ロード」群も走ってみたいです。
しかし、このルートは獲得標高が・・・。自転車でゆくのは腰が引きまくります。

ここで登場するのがリトルカブ号であります。
オートバイならどんなに登らされたってへっちゃらなのです。でも問題はそこまで下道で自走しなければならないということです。
原付2種のリトルカブ号は、高速道路に乗れません。わが家からヤツイチスタート地点の小淵沢まで230kmの道のりを行かねばならず、当然帰りも同じ距離を走ることになります。ヤツイチが100kmほどなので、走行距離は560kmほど。
なかなかなロングライドな上に、時間もかかります。自転車なら車載や輪行で対応できますが、オートバイをトランポする車は持ち合わせていません。
したがって、出発時刻を午前12時としました。

服装選びも悩みます。たぶん最高気温は25度くらい。最低気温は10度以下。自転車ならなんとなくどんな天候でも対応できるスキルがありますが、オートバイは私服なので経験不足で見当もつきません。
私は寒さに弱いので、着込み気味で備えます。上半身は、厚手の長袖Tシャツ・薄手のフリース・薄手のダウンジャケット・パット入りバイクジャケット。バイクジャケットはメッシュなので防寒性は0です。下半身はチノパン。合羽上下セットを荷物に忍ばせます。雨の心配というより予備の防寒着という位置付けです。

前置きが長くなってしまいましたが、ここからが当日の話です。

仮眠を2,3時間して午後11時に起床。
カレーを一杯補給して、もろもろの準備をしてキッカリ12時に出発。
が、10m走ったところで寒いです。ここでこんな寒いんじゃ、長野へ向かうこの先が思いやられます。
もう一度家に戻って、厚手のTシャツを真冬用インナーに交換。バラクダとインナー手袋と小さくたためるウインドブレーカーを荷物に加えました。

結局予定の30分遅れでスタート。
やはりちょっと寒いですが、走っているうちに慣れてきました。また、千葉市に入った頃には気温が上がったようで寒さを感じなくなりました。わが家は田舎で気温が低いのでしょう。

ところで、私のリトルカブ号はライトが暗いです。
世のカブ主さんたちは、ライトをLED化したりして明るくカスタムされている方も多いです。
私はVOLT800を補助ライトとして使えばよいのでは?と考えて今回導入してみました。

カブのライトのみ
231016b.jpg


カブのライト&VOLT800(200ルーメン)
231016c.jpg


結果は良好でした。これで暗い場合は、400ルーメンと800ルーメンにも切り替えられます。ただし通常運行では200ルーメンじゃないとすぐにバッテリーが尽きてしまいますが。

日曜日の深夜なので道路はガラガラです。eTrexに従って淡々と進むのみ。
湾岸道路で平和島まで進み、環七から中原街道で多摩川に出て北野街道より甲州街道へ。

途中、寒くなってきたのでコンビニで休憩。

セブンイレブン 川崎布田店 2:39

コーヒー

ここで合羽上下を着て、バラクダとインナー手袋をします。フル装備です。最後の砦、ウインドブレーカーはまだ着ないでおきました。
走り出すと、まったく寒くなく気分が軽くなります。

リトルカブは100kmほど走ると燃料警告灯が光るので、今回も100kmごとにスタンドで給油できるようにルートを考えてきました。

エネオス捫田店 3:40

2.48L @173 ¥429


暗いのでどこを走っているのかよくわかならいまま、ただただ走ります。
大月を過ぎた頃、電光掲示板の気温計が10度と表示されていました。寒いけれど我慢できないほどでもなかったです。でも寒いので「はやく太陽出ないかな」と。

笹子トンネル
231016d.jpg


笹子トンネルは自転車乗りには鬼門です。私は初めて笹子トンネルを通りましたが、やはりこのトンネルは自転車では厳しいと感じました。
笹子トンネルの先の気温計は8度でした。寒さに震えます。


寒さに耐えながら、淡々と進みます。
やがて東の空が明るくなりはじめます。

山に朝日が当たり赤く染まります。
231016e.jpg


徐々に交通量も増えてきて朝がやってきます。
ふと後ろを振り向いたら、富士山がそこにありました。

231016f.jpg


道の駅はくしゅうでトイレ休憩
231016g.jpg


本当はこの辺りで給油予定だったのですが、計画より早く着いてしまってスタンドがまだ開いていませんでした。
この辺りのスタンドハは24時間営業がありません。仕方がないので先に進みます。

道の駅こぶちざわ
231016h.jpg


そうこうしてる間にヤツイチのスタート地点についてしまいました。
近辺のスタンドの開店時間を調べるとあと15分くらいで開くスタンドがあったので、そこで給油するために向かいます。

エネオス 小渕沢給油所 7:30

2.81L @178 ¥500

給油も済んだので、心置きなくヤツイチスタートです。

まずは八ヶ岳高原ライン
231016i.jpg


天気も最高に良く、お日様が暖かさも連れてきてくれました。

八ヶ岳高原ラインを逸れて、観音平展望台へ向かいます。
231016jj.jpg


ひっそりとした林間を登ってゆきます。朝日に照らされた山が光っていました。

登りきると駐車場になっていて、そこから展望台まで歩きます。

観音平展望台からの眺め
231016k.jpg


正直いまいちです。確かに景色は良いですが、木が展望を邪魔してよく見れませんでした。
ちょっとがっかりして降ります。降る途中に富士見平展望台がありチラ見みてみると、ドーンと富士山が鎮座していました。

231016l.jpg


写真ではまったく伝わりませんが、それはそれは美しい富士山です。

八ヶ岳高原ラインに戻ってからも、富士山はあちこちで見ることができました。

231016m.jpg


まきば公園
231016n.jpg


絶好のツーリング日和
231016o.jpg

231016p.jpg


東沢大橋展望台
231016q.jpg


美しの森展望台
231016s.jpg

231016r.jpg


こちらは閉鎖中でした。

清里へ降りて、平沢峠に登り返します。

231016t.jpg

231016u.jpg


ここは分水嶺なのです。
231016v.jpg


ここで着ていた合羽を脱ぎました。

野辺山駅
231016w.jpg


松原湖
231016x.jpg


八ヶ岳ビューロード
231016y.jpg


ナイスビューなロードでした。
231016z.jpg


紅葉もしていたし
231016z2.jpg


白樺並木も
231016z3.jpg


国道299号 メルヘン街道へ合流します。

白駒の森へ。
この駐車場に入るための渋滞ができていて、係員さんが殺気立っていました。
駐車場に入るのにどのくらいの時間がかかるのでしょうか?
オートバイはさくっと並ばずいれてくれました。

白駒の森。苔が生い茂る森です。

231016z4.jpg

231016z5.jpg

231016z6.jpg


その森の先にある白駒の池。

231016z7.jpg

231016z8.jpg


紅葉が進んでいました。
それにしても人が多かったです。

メルヘン街道へ戻ります。

231016z9.jpg


そして、麦草峠
231016z10.jpg


展望が開けていないのが、残念です。

メルヘン街道から湯みち街道へ抜けるひどいガタガタ道(舗装はしてある)を経て、御射鹿池へ。

231016z11.jpg


御射鹿池はただの調整池なのですが、東山魁夷氏の有名な作品《緑響く》のモチーフになったことで有名になったそうです。

そろそろ給油の時間です。

アポロステーション ニュー蓼科SS 12:11

1.94L @171 ¥333

八ヶ岳エコーラインへ

231016z13.jpg

231016z12.jpg


どこを走ってみ絶景です。

お土産を買います。

パンセ
231016z14.jpg


ベーグル屋さんです。

そして、私もお昼ご飯を食べましょう。

当たりをつけておいた蕎麦屋へ。

12か月
231016z15.jpg


お昼時ということもあってかだいぶ並んでいて、3,40分待つということで退散。

またエコーラインへ戻ります。
231016z16.jpg



231016z17.jpg


こちらも蕎麦屋。こちらもだいぶ待つようです。

ランチ難民かとがっくししたところに、パン屋さんを発見。景色も良いのでここでパンを買って食べよう。

ベルグ
231016z18.jpg


店の中にイートインコーナーがあったのでそこで頂くことにしました。

231016z19.jpg


テラス席からの景色。
231016z20.jpg


ゆったりランチをとって、路上へ。ヤツイチももう少しで終了。

たてしな自由農場でリンゴを買いました。

231016z21.jpg


八ヶ岳エコーラインから八ヶ岳ズームライン、鉢巻道路で富士見高原へ。

さすが富士見高原。富士山がクッキリと。(写真ではいまひとつですが、実際ははっきり見えました)
231016z22.jpg


左を見れば
231016z24.jpg


右を見れば
231016z23.jpg


どこまでも、絶景。

この辺で、ヤツイチも終了。

道の駅 信州蔦木宿から、甲州街道に出ました。

ここからまたひたすら走ります。
往路は夜でしたが、復路は昼間なので景色を眺めながら走ります。

サントリー白州蒸溜所
231016z25.jpg


どこまでどこを走っても、どこかしらから金木犀の香りが漂ってきて良い気分でした。
都内を抜けるのに渋滞するかなと危惧していましたが、わりとすんなり帰ってこれました。
途中2度スタンドに寄りました。

エネオス 大月インターSS 16:00

2.06L @181 ¥373

キグナス 洗足池SS 19:32

1.46L @172 ¥255


わが家に到着したのは21:30頃でした。

結局、走行距離は608km。ガソリンは12.39L。49/Lでした。ガソリン代金は、1923円。

2000円弱で、八ヶ岳まで遊びに行って帰ってこれるってすごいです。他にお昼代とお土産、コンビニで珈琲を飲んだだけ。
まあ、それと引き換えに時間はかかりますが。でも、自転車ならもっと時間がかかるし、補給も50kmくらいごとにするので、ガソリン代の何倍もかかりそうです。原付のコスパは最高。
バイクで行きたい場所が、長野・群馬・新潟・福島と距離が遠いのが厳しいのですが、普通に一泊しろよという話ですよね。





231016a.jpg


ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村