FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

ぐりとぐらの本日も自転車日和なり

素人チャリダー夫婦の自転車生活あっちこっち

プロフィール

ぐりとぐら

Author:ぐりとぐら
自転車ど素人夫婦・ぐり(夫)とぐら(妻)が、07年11月 ジャイアント・エスケープR3を衝動買いしてしまって始まった自転車ライフ。09年1月にはBianchiロード・Via Nirone7 Al/Ca 105 Compactとミニベロ・MiniVelo 7を、そして10年3月GIOS VECCHIO 16年8月GIANT TCR ADVANCED PRO TEAM も加わってどこまで行くの?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
2018.08
28
去年、乗鞍スカイラインを走ろうと計画していたのですが、果たせませんでした。
その時は、乗鞍エコーラインを登って、乗鞍スカイラインを降ろうとしていたのですが、悪天候でスカイラインが通行止め。
今年はそのリベンジで、平湯側から登ってやろうというわけです。

タイトルは「信州絶景ライド」となっておりますが、乗鞍スカイラインは岐阜県です。
しかし、畳平まで登った後、長野県側の乗鞍エコーラインにも行こうと思っているので、タイトルはあえて「信州絶景ライド」とさせていただきました。

乗鞍スカイラインとエコーラインを一日で両方登るという人は少数派だと思われますが、今回はぐらもスカイラインにチャレンジするということなのでその時間調整の意味合いが大きかったりします。

乗鞍は天気が悪いことが多いそうです。
結局、登れるか登れないかは天気次第ということになるのですが、この日は絶好の天候に恵まれました。

松本から乗鞍に向けて車で出発します。
山深くなってきて、トンネル群をぬける辺りではたまに自転車で走っている人を見かけました。
あの道を自転車で走るということは、私には到底できないですね。

安房トンネルを抜けて、あかんだな駐車場に到着。
とりあえず車を降りて、職員の人に乗鞍スカイラインのことを聞いてみますと「スカイラインへはほうの木平駐車場でとめてください」と言われます。
そうです、本当はほうの木平駐車場に行かなければいけなかったんです。

そしてその後、衝撃的な一言が発せられました。

「現在、乗鞍スカイラインは通行止めです」

なんですと~。

「大規模な崖くずれがあって、通行止めです」

いつから通行止めか聞いてみますと、今朝からということ。
なんと、乗鞍スカイラインとは縁のないことか。
天気はばっちり良いのに、まさかの崖くずれとは・・・。

とりあえず、乗鞍スカイラインの入り口まで行ってみることにしました。
結構な登り坂をグイグイ登って、スカイラインの入り口まで来ます。

180822a.jpg

平湯峠
180822b.jpg


ゲートにおじさんがいて、バツ印を出してこちらに歩み寄ってきます、
事情を聞いてみると、今朝の開通前のパトロールで崖くずれを発見し、現在業者が入って修復作業中とのこと。

「あと、1時間くらいで開通すると思うけど」

おじさんが天使に見えました。
山なので崖くずれはしばしば起きることがあり、通行止めになることもあるようですが、大体工事が終わると通行できるようになるらしいです。

1時間なら待ちます、待ちますとも。

車をスカイラインのちょっと下の駐車場に止めて待機します。
ここに駐車場があることは事前調査で知っていたので、あかんだな駐車場でも確認してのですが、そこの職員さんはあくまでも「ほうの木平」をおしてきます。
まあ、ここは止められる台数が少ないので運が悪いと満車の可能性ありです。

180822c.jpg


そんなわけで、まったりとして待つ心づもりでいたら15分くらいで開通の報告がきました。

慌てて自転車を車から出して準備に取り掛かります。
そんな時、一台のMTBがスカイラインに向かって登ってゆきます。
その方は、朝はやくにここまで来たのですが通行止めだったので時間をつぶしてから再度やってきたとのことでした。
この方の他には、駐車場にもう一台車が止まっていて、若者二人組がいましたが、他にサイクリストは見かけませんでした。
やはりエコーライン側から登る人の方が多いようです。

準備を整えて、私たちも出発します。

ゲートのおじさんに、どこから来たのか、もう一度ここに戻ってくるのかなんてチェックされてから、スカイラインへ乗り出します。

この山(たぶん槍ヶ岳?)がゲートから見えているということは、天気が良い証拠なんだとか
180822d.jpg


しばらくぐらと一緒に登ってゆきますが、お互いマイペースで走ったほうが良いということで別行動です。

外来種子防止装置らしい
180822e.jpg


こんな林間の景色の中走ってゆきます
180822f.jpg

夫婦松展望台
180822g.jpg

180822h.jpg


振り向いたり、途中開ける場所もありますが、単調に登ります
180822i.jpg

ひたすらひたすら登ります。

そして10kmほど登ると、絶景ゾーン到来。
180822j.jpg

180822k.jpg


12km地点で通行止めの原因と思われる崖くづれ
180822l.jpg

天空の絶景ロード
180822m.jpg

なかなかこんな素晴らし道はないですね。最高に最高な気分。

畳平へ
180822n.jpg


ここで、ぐらから「現在7km地点」と連絡が入ります。
ということは、あと半分残っているわけで、ぐらの脚では1時間はたっぷり掛かるということで・・・。

乗鞍エコーラインへ向かいます。

ここから長野県
180822o.jpg


エコーラインに入ると風が強く感じました
180822p.jpg


降りなので向かい風も関係なく、絶景を愛でながら降りてゆきます
180822q.jpg

やはりエコーラインを登ってくるサイクリストは多いです。
外人さんの一団も楽しそうに走っていました。

位ヶ原山荘まで
180822r.jpg


ここから登り返します。

たまに追い風にアシストされますが、やっぱり登りはゼーゼー言います。

180822s.jpg

180822t.jpg


ここから岐阜県
180822u.jpg


エコーラインを登っても、ぐらはまだ畳平に到着していないようなので、再度スカイラインを下ってゆきます。
絶景地帯の入り口辺りでぐらを発見。
そこからはのんびりと上がってゆきます。

ぐらはここまで、朝すれちがったMTBの方や駐車場にいた若者たちと一緒にのぼっていたそうで。
180822z2.jpg

当然もう皆さん先に行っちゃってましたけど。

無事、ゴール
180822v.jpg

山頂のカレーがうまい
180822w.jpg

180822x.jpg


涼しくて最高
180822y.jpg


お楽しみのダウンヒル
180822z.jpg

180822z4.jpg

180822z3.jpg


ところどころ絶景を楽しみます
180822z5.jpg

180822z6.jpg


乗鞍スカイラインは、登っているときは林間が目に入りますが、下っていると景色が広がってまるで空を飛んでいる気分です。

ゴール
180822z7.jpg


本日の走行は、46km。

180822aa.jpg




この3日間、天候に恵まれ絶景を堪能しました。
信州というのは、やっぱり自転車天国だなあ~と実感した次第です。
今度は、未走地帯・南信州を走ってみたいなあ。


ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


スポンサーサイト