RSS
Admin
Archives

ぐりとぐらの本日も自転車日和なり

素人チャリダー夫婦の自転車生活あっちこっち

プロフィール

ぐりとぐら

Author:ぐりとぐら
自転車ど素人夫婦・ぐり(夫)とぐら(妻)が、07年11月 ジャイアント・エスケープR3を衝動買いしてしまって始まった自転車ライフ。09年1月にはBianchiロード・Via Nirone7 Al/Ca 105 Compactとミニベロ・MiniVelo 7を、そして10年3月GIOS VECCHIO も加わってどこまで行くの?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
2017.08
26
上高地と乗鞍へ行ってきました。

初めの計画では、上高地も自転車で行こうかと思っていました。

上高地は、一般車両は通行できません。
国道158号から県道24号に入る「釜トンネル」からは観光バスかタクシー、徒歩・自転車が通行できます。
しかし、自転車(バス・タクシーも)で通行できるのは上高地バスターミナルまで。そこから先は自転車も入れません。
上高地バスターミナルまでには大正池もあり、バスターミナルのある河童橋をみて帰ってこようかなんて考えていました。

ところが、そのアプローチである「釜トンネル」が10%もある登りを1.3kmほど進まなければならないのです。
そして観光地である上高地ゆえバスがひっきりなしに通過するということでありますし、しかも路肩がせまいというお約束。
これは自転車で走っちゃいけないトンネルであろうと判断したことと、せっかく上高地まで行くのだから河童橋の先、明神池まで行ってみたいという気持ちもあって素直にバスでむかうことにしました。

というわけですので、自転車ブログ的には自転車が出てこない上高地の話題はスルーしてしまおうかとも思いましたが、まあせっかくなのでサラッと触れておきます。

自家用車で上高地に向かうには沢渡駐車場でバスに乗り換えなくてはなりません。
この日のバスの始発は5時40分だったのですが、駐車場には4時ごろ到着しました。

すると登山に来ていた2人組に声を掛けられて、タクシーを相乗りすることに。
4人でタクシー代を割り勘にすれば、バス代よりも安いし始発のバスを待つよりも1時間くらい早く着けます。
話が決まったところでタクシー乗り場に移動しているときに、もうひとり登山者を捕まえて結局5人でタクシー代を割れたのでかなりお得でした。

5時に釜トンネルのゲートが開くので、それと同時に通過。
私たちだけ大正池で降ろしてもらいました。

朝靄の大正池
170822b.jpg


大正池からは、遊歩道を散策して行きます。
ポロシャツ一枚だったのですが、合羽を着ないと寒くていられないくらいでした。

田代池
170822c.jpg


河童橋
170822d.jpg


雲に隠れて穂高は見れず
170822e.jpg


岳沢湿原
170822f.jpg


明神橋
170822g.jpg


穂高神社 奥宮へ
170822h.jpg

170822i.jpg


明神池 一乃池
170822j.jpg


二乃池
170822k.jpg


明神橋を渡って、河童橋まで戻ってきました。
170822l.jpg


大正池を5時15分くらいに出発して、バスターミナルに戻ったのは10時前。
河童橋まではほほ平坦で、その先はちょっと登るところもあったけれど、ハイキングなどしたこともない私たちが歩けるくらいの難易度でした。
しかし、まあ5時間歩くことなどないので、疲れはしますね。

上高地からバスに乗って駐車場まで戻ります。
宿をとっている乗鞍まで行きます。

時間はたっぷりあるので、善五郎滝を見たり
170822m.jpg


地元の人に勧められたお蕎麦を食べたりして、3時には宿の入ってしまいました。



前置きが長くなってしまいましたが、ここからが自転車ブログ的には本番です。

乗鞍エコーラインから登って、乗鞍スカイラインを降る予定です。

朝起きると、青空が顔をだしていました。
なのに雨が落ちています。

天気雨なので大丈夫だろうなんて思っていたらやっぱりすぐにやみました。
とはいうもののスッキリ晴れるということもなく、出発する段になってもうす曇。

乗鞍観光センターを7:40分にスタート。
170823a.jpg


三本滝までは普通の県道ですので横を一般車両車が通りますが、時間が早いからかほぼ交通量はなしでした。

雲行きが怪しい
170823b.jpg


三本滝からは一般車両規制されます
170823h.jpg


ここで乗鞍スカイラインの「自転車通行止め」を知らされるんです。

実はその前日も乗鞍スカイラインは自転車止めだったようで、ちょっと覚悟はしていたのです。
こうなったら乗鞍エコーラインで畳平まで登ってUターンすることにします。
もしかして登ってみたら天候が回復していて、スカイライン通行止め解除なんてこともあるかもしれませんしね。

三本滝駐車場の自販機でポカリを補充
170823i.jpg


ゲートのおじさんの「いってらっしゃい」という声を背中に受けてペダルを踏み込みます。
レースじゃないので、のんびり登って行きます。激坂とかも出てこないのでまったりモードです。

天気は曇り~うす曇~曇り~うす曇~ちょっとお日様~曇り~うす曇~・・・の繰り返し。
雨は降ってきませんが、いまひとつ天気が悪くテンションも微妙。

170823c.jpg


それでも眼下に見える山には日が差していて美しい景色が広がっていました
170823e.jpg


冷泉小屋辺りからガスが降りてきます。
徐々に目の前が白い靄がかかりはじめてきました。

登っているのに肌寒くなってきます。
登りはじめでは、ジャージの前ファスナーを開けていたものを、閉めます。
ウインドブレーカー着ようか迷うくらいです。

位ヶ原山荘
170823d.jpg


ここを過ぎると、いよいよガスが濃くなってゆきます。
道の外側は真っ白でなにもみえません。

ジャージは霧雨の中を走っているように濡れています。
視界も悪くなってきたので、サングラスを外します。

170823f.jpg


風が強くなってきます。
追い風の時は背中を押される感じで、坂を登るのが楽に感じますが、向かい風の時はちときついです。

ますますガスは濃さを増し、5m先ほどしか見通せない状況に。

方の小屋に着いた時も、ガスでトイレの建物に気づかないほどです。

170823j.jpg


ここから本来なら絶景のラストステージを楽しめるはずなのですが、ガスの濃度はますます濃くなってゆくのです。
えっちら登ってゆくとゴールがどこなのかよくわかりません。

直前になってガスの中から最終カーブがみえて、やっと着いたとほっと一息して曲がった途端、ものすごい風で転びそうになります。

暴風。

足をついて転倒は間逃れましたが、再び自転車に乗るどころじゃありません。
台風のような猛烈な風を受けて、自転車を押し歩き県境の看板までゆきます。

本来でしたらこの県境看板で写真をとるのが定番なのですが、自転車を立てかけた途端に崖の向こうまで自転車が飛んでいってしまいそうです。
写真は諦めて、畳平方向に押し歩いて進みますが、強風に阻まれなかなか進めません。
しかもあたりは真っ白で何も見えないので、それ以上進むのはやめます。

ゲートと自分の身体の間に自転車を挟んで、ウインドブレーカーを着ます。
バタバタとウインドブレーカーが暴れるので、飛ばされないようにやっと着てエコーラインへ戻ります。

その時撮った写真 これを撮るので精一杯でした
170823k.jpg


エコーラインに戻っても、崖側の道を自転車に乗って下るのはあまりにも危険。比喩でなく本当に崖下に飛ばされそうな勢いです。
正直このとき、命の危険を感じました。

エコーラインの壁側に沿って、自転車を押し歩いて降ります。
しばらく降ると、風はぐっと収まります。山で風がさえぎられるのでしょう。

これではスカイライン側が自転車通行禁止なのは納得ゆきます。
この真っ白な視界3mほどでこれだけの強風を受けて自転車に乗るということは、掛け値なしで「自殺行為」です。

しばらく進んで、風もなくなったので自転車に乗ってエコーラインを降ります。
相変わらず真っ白なので、ゆっくりゆっくり降ります。

降るにつれガスが薄くなってきます。
しかし、雨が降ってきました。

170823l.jpg


雨は三本滝でも降っていて、結局ビシャビシャになってしまいました。
こんな雨のなかでも自転車で登ってくる人が何人もいました。

雨の三本滝駐車場
170823m.jpg


ここでぐらが待機しているマイヨジョーヌ号に回収してもらい、本日はここまで33km.

170823aa.jpg


天気がイマイチで景色は楽しめませんでしたが、自然の驚異を身をもって感じたある意味貴重なライドとなりました。
これも良い思いでになりそうです。

冷えた身体を温泉で温めてから、穂高神社に寄ったり
170823o.jpg

170823p.jpg


松本城を見学したりしながら帰ってきました。
170823q.jpg

ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
2017.05
24
起きると天気予報どおり快晴の朝。

昨夜買っておいたサンドウイッチとオレンジジュースで朝食をとって、6時に出発します。

170516c.jpg


去年も宿泊した、ホテルサンルート長野東口。
自転車を部屋に持ち込めます。

小布施をポタリングするぐらとは、今日は別行動。

ちょっと肌寒い長野の町を出発します。
ウインドブレーカーを着るか着ないか微妙なところでしたが、寒いのが苦手なので着用。
ファスナーを開けたり閉めたり調整しながら走ります。

県道58号で千曲川を渡って、須坂から国道403号へ。小布施を通り過ぎます。
途中、「志賀高原右折」の青看板が出ますが、今回は湯田中方向から登る計画です。

渋峠に登る場合、ほとんどの方は草津側から登って行きます。
私も以前、草津から渋峠に登ったことがあったので、今回は未走の志賀高原からトライしてみようというわけです。

中野市を経て国道292号に入った途端登りが始まります。

長くだらだらと続く直線の坂道。
なぜかスピードがあがりません。

今回、edge500を持ってこなかったので斜度がわかりませんが、実はだらだらに見えていて案外5,6%あったのかもしれません。
これってハンガーノックかも?と思って、道路脇のチェーン脱着用の駐車スペースにて休憩。
補給用に持ってきたお菓子を平らげます。暑くなってきたのでウインドブレーカーをここで脱ぐことに。

天気よし ちょっと向かい風
170516d.jpg


これで大丈夫かと思って、出発するとすぐにコンビニ発見して、ガリガリ君だけ食べておきます。
これが後々後悔の元になるのですが・・・。

さて、路上へ。
相変わらず登っています。
っていうか、徐々に斜度が上がって行きます。

170516e.jpg

志賀高原の看板
170516g.jpg


坂から山へ。

170516h.jpg


林間の道をひたすら登ります。

斜度は決して緩くはないと思います。感覚的にですが。。。

途中でちょっと休んだり
170516i.jpg


景色が開けるところで足つきしたり
170516j.jpg


徐々に標高をあげてゆきますが、いかんせん長い。
草津側から登った時には、ちょっと行けは殺生河原に着いて、そこから先は森林限界で景色が開けてきたと記憶しています。

しかし、志賀高原側からの登りは、いつまでたっても景色が開けません。
ごくたまに一瞬山々が見えるポイントもありますが、基本的に林間です。

澗満滝展望台
170516k.jpg

展望台とあったので、良い景色がみれるかとおもっていたら、ここから5分くらい歩かないといけないみたいなのでパスしました。

標高が上がってくると、山桜が満開でした
170516l.jpg


しかし、辛いです。
これって、ハンガーノック?
そういえば朝食のサンドウイッチ以外は、麓で食べたお菓子だけです。コンビニでおにぎりでも食べておけば良かったのかもしれません。
ノロノロとしか進まないので、道端の座って通り過ぎるオートバイの集団とかをお見送り。

一沼を過ぎると、志賀高原。
ここから池が多くなってきました。

琵琶池
170516m.jpg


相変わらずの景色ですが・・・
170516n.jpg


田ノ原湿原・・・かな?
170516o.jpg


まだ着かないのか、、、とヒーヒー登っていますと硫黄のかおりが漂ってきました。

平床大噴泉
170516p.jpg


煙もくもく、大地のエネルギーを感じます。あ~~温泉入りたい。

ここの先辺りから、道路脇に雪が
170516q.jpg


景色も開けてきます
170516r.jpg


しかし、草津側からのような遠くの山々まで見通せるという感じではないので、感動もいまいち。

170516s.jpg


サイクリストを一人も見ないのは、そういったところなのでしょうか。
道も草津側からの方が、緩いみたいです。

雪が残っていて、スキーをする人がチラホラ。
170516t.jpg


横手山ドライブイン
170516u.jpg


横手山からの景色 絶景といえるでしょう
170516v.jpg


ここから少し登ると渋峠ホテル
170516w.jpg


こちらでは有名犬・インディー君&マーカス君
170516y.jpg


やんちゃです
170516x.jpg


やっとありつけたハンバーグカレー
170516z.jpg


ここから、ちょこっと登ると日本国道最高地点
170516z2.jpg


日本国道最高地点からのながめ
170516z3.jpg


ここからは下ります。
ウインドブレーカーとフルフィンガーグローブを装着。

今回、渋峠に来た理由は「雪の回廊」が見れるかもと思ったからです。
しかし、例年ゴールデンウイークが明ける頃には、壁は溶けてしまうよう。

この日は5月16日。
もうすっかりなくなっていてもおかしくはないのです。

事前情報で、「5月8日では観光バスの高さくらいまで雪が残っていた」とあったので、少しはあるのでは?と期待をこめてここまでやってきたのですが、さていかに??

雪の回廊が見下ろせる場所から
170516z4.jpg

壁は残っているようです。
今年は雪が多かったようで、まだ残っていたみたい。
170516z5.jpg

170516z6.jpg

170516z7.jpg


壁は3mくらいでしょうか。
これだけのものを見れたので、大満足です。

クネクネ道は万座道路
170516z8.jpg


今回は万座道路でぐらの待つ小布施へ帰ります。

万座道路の入口 日本ロマンチィック街道です
170516z9.jpg


こんな道を降ってゆきます
170516z10.jpg


そして万座温泉から上り返しです。

この上り返し。
これが誤算でした。

今回の全体図
170516z24.jpg


志賀高原から渋峠までのA区間の長さと比べて、万座道路を登るB区間が短いので、「これっぽっち問題ないでしょ」と高を括っていたのですが・・・。

なかなかどうして、きついんです。
170516z11.jpg


万座温泉からの登りをピックアップすると
170516z25.jpg



8.3kmを250mほど登るんです。
激坂とかはないですが、すでに渋峠で終わった脚には酷過ぎました。

当初、予定したいた自走で340kmとか、高崎発145kmとかだったら酷い目にあっていましたね。。。

毛無峠へと至る県道112号はこの状態。
170516z12.jpg


開通は5月26日だとか。

県道112号を少し過ぎたところがピークで、ここからはドーーンと降ってゆきます。
170516z13.jpg


景色も良いです
170516z15.jpg

170516z14.jpg


小布施までずーーーっと下りでした。

のどかな風景
170516z16.jpg


おぶせ温泉 穴観音の湯
170516z17.jpg


ここでぐらと合流します。
硫黄かおる温泉で気持ちよかったです。
こちらの温泉のご主人は、月に1000km自転車に乗る人でした。

小布施駅から輪行
170516z18.jpg

170516z19.jpg


長野から、はくたか570号にて
170516z20.jpg


おつかれちゃん
170516z21.jpg


本日の走行は、101km。
170516z22.jpg

170516z26.jpg

長野遠征の2日間。
天気も概ねよろしく、一日目の嶺方峠からの絶景、二日目の渋峠・雪の回廊も見れて大満足のライドでした。

ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
2017.05
19
前日のドタバタ劇から一夜明けまして、始発電車に乗って東京駅へ。

170515a.jpg


始発電車とはいえ、結構混んでいるのであります。
平日輪行族はどんなに早く家を出ても、必ずどこかのタイミングで通勤ラッシュに出会うわけで、そこが辛いところです。

東京駅まではそんな感じで、明らかに場所塞ぎな自転車に恐縮しながら東京駅へ。
駅弁などを買っていたら、時間がなくなってしまい滑り込みセーフな感じで、6時52分発北陸新幹線・浅間601号に乗り込みます。

輪行苦手マンな私は、フレームとホイールを別々に収納する作戦です。

三列シートの後ろにかろうじて収まります
170515b.jpg


他に荷物置き場もありますが、自転車は無理か
170515c.jpg


朝から牛肉弁当で気合入魂
170515d.jpg


東京を出た頃には厚い雲で覆われていた空。軽井沢では深い霧で雨粒が車窓に濡らす空模様でどうなることかと心配しましたが、その後晴れて青空もみえる好天気になりました。

定刻通り8時40分に長野駅に到着
170515e.jpg


長野駅で自転車を組み立てて、着替えなどは今夜宿泊するホテルに預けて出発します。

まずは善光寺へ。
とはいっても、参道でお目当てのお菓子を買って、お寺へは行かず・・・。

170515f.jpg

170515g.jpg


国道406号に入ります。
国道406号の長野~白馬間を鬼無里街道といいます。

170515h.jpg


まずはトンネル郡を通過しなくてはなりません。

広く歩道があるトンネルもありますが、路肩がないトンネルもあってなかなか怖いのです。しかし交通量はそれほどないのでなんとか通過できます。
170515j.jpg


出発した時は青空も見えていたのですが、不安定な天候で曇ったり太陽が顔を出したと思ったら天気雨が降ったりと忙しい。
嶺方峠の絶景は晴れていないと見れないので、賭けです。

実は去年の今頃も嶺方峠まで行ったのですが、雲がかかってその絶景を見ることは出来なかったのです。
今回はそのリベンジでもあるのですが、結果はいかに・・・。


ところで、長野から嶺方峠までずっと登っています。
事前にネットで調査した結果では、登りはするけれど緩いのでたいしたことないとのことでした。
しかし、結構キツめの上りもチラホラあってぐらはもう虫の息です。

ぐらいわく「午前中のほうが天気が良さそうだから、雲で山が隠されないうちに先に行って」と。
口ではそう言っていますが、私の後ろからの無言のプレッシャーを感じている様子。
というのなら、お言葉に甘えてお先に失礼つかまつります。
ここでぐらとは別行動になります。とはいっても一本道の同じルートですが。

ここから、少しペースを上げて走ります。
しかし、空からポツリポツリと。

空は青いのですが、雲が早く移動しています。
その風に雨が乗って降ってきたのでしょうか?
天気雨です。

そのうちに止むだろうとペダルを漕ぎつづけます。
向かい風が強くなってきて、空も雲が覆い始めてきました。

そして雨。

カッパも持っていないし、困ったなと思いながらも、そのうちに止むだろうという希望的観測をもって進んで行きますが、いよいよ本降りになってきました。
ちょうどトンネルがあったのでそこで雨宿りをします。
別れたぐらは大丈夫だろうか?と心配しますが、どうすることもできずに15分くらい足止めです。
後で聞いた話によると、この時ぐらが走っていた場所では雨は降らなかったようでした。

雨が止んで陽もさしてきました。

出発します。
川が流れていますが、水が濁っているのは水量が増しているからでしょうか。

170515k.jpg


いくつかトンネルを通り抜けると、鬼無里の町へ。

有名なおやきの店 いろは堂
170515l.jpg


写真だけ撮ってパス。

先に進みます。
しかし、「鬼無里 最終の店」の看板名を見て、ドリンクが乏しいので補給することにしました。

170515m.jpg


自販機でドリンクを補充。
アイスでも食べたいなと思って、店内を捜索しますがアイスは無いとのこと。
しかたがないので「まるごとバナナ」を充填します。

お店のおばあちゃんに「今日は嶺方峠、景色どうでしょうね?」とたずねると、今日はいいんじゃないと頼もしいお言葉。
でも、外にいたおじいさんは「この雲だからどうかなあ・・・」

まるっきりだめでもないとのことだったので、とりあえず行ってみましょう。
しかし、曇天です。

町をでると、のどかな田舎道。
170515o.jpg



いつしか山道に入ってゆきます
170515n.jpg


その間、天気は陽が差したり曇ったりパラパラと雨が降ってきたりとめまぐるしい。
そして遂に、白沢トンネルが見えてきました。

170515p.jpg


このトンネルの先に絶景があるはずなのですが。。。

しかし、登りながら空はどんより曇っています。
8割がた無理だなと思いつつ、トンネルに入って行きます。

トンネルの先には絶景が待っているのでしょうか???

          ・・・・・

          ・・・・・

          ・・・・・

          ・・・・・

          ・・・・・

          ・・・・・


170515t.jpg


おもわず感嘆の声が出ます。

「おお~やったあ~」

曇りがちではありますが、北アルプスの山々が鎮座しております。

170515q.jpg


170515s.jpg


念願の絶景を見ることが出来ました。

さて、ここでぐらを待ちます。
絶景が見れなければ、ここからUターンして帰ろうと思っていましたが、せっかくの景色ですからぐらにも堪能させてやらねば。

ラインで絶景の写真を送ります。
ぐらは8km手前辺りにいるらしいです。
「そこから1時間くらい漕げば着く」とメッセージします。

その間、絶景を前にひとり。

そうしている間に、車が何台か通過したり、止まって写真を撮る人がいたり。
天気も曇りから、晴れ、土砂降りになってまた晴れたりと忙しいです。

晴れたときに撮影したもの
170515u.jpg


そろそろぐらが着く頃か?という時間をみはからって、峠を下ってみると1km先くらいを登坂するぐらに会いました。
地球大好きなので、なめるように坂を堪能してきたそうです。

そして、ぐらも絶景とご対面。

170515v.jpg


恒例の双眼鏡での観察
170515w.jpg


さて、ここからどうするか。

予定では、白馬方面にちょこっと降って大町街道から長野に戻るつもりでしたが、ぐらの「ここから先、一切の坂を容認しない」宣言。
来た道をUターンすることにします。
まあ、戻っても多少登りはありますが。。。

バビューンと下ります。

相変わらず、不安定な天候ですがおおきく崩れることはありませんでした。

170515x.jpg


鬼無里まできて、いろは堂へ。

なぜかぐらが、おやきも食べていないのに、自転車乗りだけがもらえるステッカーをもらってきたので、ここは寄らなきゃです。

170515y.jpg


サイクルラックもありますよ
170515z.jpg


囲炉裏を囲んだ席でいただきます
170515z2.jpg


定番の野沢菜とうどをお願いしました。もう一個はサービスのぶなしめじ。
170515z3.jpg


実は、私、おやきって苦手なのです。
でも、ここの違いました。生地にそば粉が入っているとのことで、もちもち食感。とってもおいしいかったです。

そして、ステッカーもいただきました。今年バージョンです
170515z7.jpg


いまごろ田植えなのですね
170515z4.jpg


下り基調ですが、登りもちょっとあります
170515z5.jpg


ぐらは、小野田坂道くんのよろしく登っていても笑顔です。
しかし、これは笑顔ではなく口が開いちゃってるだけなんだそうで・・・。

トンネル郡をやり過ごして、長野へ。

本日の走行は、80.4km

170515z8.jpg

170515z9.jpg


とにもかくにも、念願の絶景がみれて良かったです。


宿に戻って、シャワーをあびたらお疲れちゃん会
170515z6.jpg

明日は、渋峠です。

ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村



2016.08
21
八ヶ岳ライドの途中で雨に降られDNFした翌日。
天気は「曇り」予報。
とりあえず雨はなさそうなので、胸をなでおろします。

8時過ぎに白樺湖へ。

160816b.jpg


ぐらは前日の雨ライドに懲りて本日はDNS。
予定では、ちょびっとビーナスラインを走るはずでしたが、心折れたようです。

というわけで、私ひとり旅でビーナスラインへGO。

160816c.jpg


曇っていますが、青空も部分的に見えたりして案外コンディションはいいかも。

白樺湖を眼下に見下ろして
160816d.jpg


ユルユルと登りっぱなしですが、見晴らしの良いビーナスラインは走っていて気持ちいいです。

160816e.jpg

160816f.jpg


車山高原
160816g.jpg


高い木がないので見晴らしがよく登りの苦しさも帳消しです
160816h.jpg

160816i.jpg


反対側の道はもう下りです。ピークは近いぞ。
160816j.jpg


ピークまで登ると,霧が峰まで一気にくだります。
寒いのでウインドブレーカーを着ます。

160816k.jpg


霧が峰から県道194号に入り、美ヶ原方面へ。
ここからはアップダウンの道になります。

高校生くらいのキャンプ道具を満載した自転車グループを抜かして、先へ。

街がみえました
160816l.jpg


諏訪湖もチラリと
160816m.jpg


登っては下ってを繰り返して、なかなか楽な道ではありません。
しかし激坂とかはないので、ジワジワ進んでゆくんです。

次第に霧が湧いてきて視界が悪くなってきました。
160816o.jpg


三峰大展望台は霧の中
160816n.jpg


扉峠で補給
160816p.jpg


ここも景色は楽しめませんでした。

それまで小さな峠を登っては降っての繰り返しでしたが、いよいよ県道178号に入ると九十九折れ区間に入ります。
斜度も若干上がって、苦しい道が始まります。

160816q.jpg


ゼーゼーハーハいいながらも標高を稼いでゆきます

それほど距離はないので、いつかピークへ
160816r.jpg


霧の中、休憩していると霧が晴れてきて美ヶ原高原美術館のオブジェが姿をあらわします
160816s.jpg

160816t.jpg


ここから降ります。
県道178号をズーーーと下りです。

こちらは観光客の姿はなく、林道のような道をひたすら降ります。

路面は悪いです
160816w.jpg


アップダウンはなく、降るのみ。
川沿いの道。せせらぎを聞きながら。

160816x.jpg

160816y.jpg


降るにつれ気温の上昇を体感します
160816z.jpg


国道142号にぶつかって、佐久方面へ。

160816z2.jpg


本当はここは右折して白樺湖へ戻る予定だったのですが、なんかもうアップダウンとか走りたくなくてぐらに途中まで迎えにきてもらいました。

本日はここまで
160816z3.jpg


国道152号の交差点でぐらと合流。

本日の走行は、57km。

ビーナスライン。
天気が良ければ最高に気持ちよい道だと思います。
今回、半分は霧の中を走った感じになってしまいましたが、それでも十分楽しめました。
個人的な感覚ですが、西伊豆スカイラインを長くした感じとでも言えばよいでしょうか。
それなりにアップダウンがあるので、だれもが楽しめるということはないかもしれませんが、ある程度坂を登れる人には最高のロケーションだと思います。

ぐらと合流した後は、白樺湖のお蕎麦屋さんでお昼を食べてから車で再度ビーナスラインを走って諏訪湖まで。

諏訪湖で、映画「テルマエロマエ」のロケ地にもなった「片倉館」でお風呂に浸かって帰ってきました。
160816z4.jpg




160816a.jpg

ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

2016.08
17
夏休みを利用して、信州まで足を伸ばしてきました。

かねてから「ビーナスライン」を自転車で走ってみたいと思っていて、今回やっとでかけることができました。

しかし予定していた日の天気がいまひとつです。
一日目は午後から天気が崩れそう。二日目は雨は降らないようですがスッキリとは行かない様子。
当初の予定では、一日目に「ビーナスライン」を、二日目に「八ヶ岳の麓をまわる」コースでと考えていました。
メインイベントである「ビーナスライン」は二日目に回して、初日は「八ヶ岳ライド」とすることにしました。

早朝、自宅を出て8時過ぎに茅野市運動公園へ。
駐車場をデポ地とさせていただきました。

天気予報とは違って、良い天気です。
これなら、ビーナスラインに行っておけば良かったかもなんて思ったりもして。

いきなり坂
160815b.jpg


雲がかかっていて八ヶ岳の姿はみえません
160815c.jpg


原村をすぎてもずーっと登り続けています。さすがに山国。
160815d.jpg


ときどき標高が書いてある看板が出てきます
160815e.jpg


まっすぐに続く道。
これが気持ちいい道なのか?はてしなく見える先まで登らないといけない苦しい道なのか??
160815f.jpg


八ヶ岳エコーラインを過ぎて、
160815g.jpg


白樺のこみち
160815h.jpg


八ヶ岳鉢巻道路へ
160815i.jpg


ここまではずーっと登ってきましたが、ここから降り。
なのですが、路面がガタガタで走りずらいったら。

本来なら八ヶ岳の雄大な風景がみれるはずなんでしょうけど・・・
160815j.jpg


八ヶ岳カントリーキッチン
160815k.jpg


ここでパンでも買おうかと立ち寄りましたが、予約分以外は売り切れとのことでした。ガックシ。

お昼を食べるにはまだ時間が早かったので、先を進むことにしました。

・・・が。

ポツン。

さっきまであんなに天気が良かったのに、急に雲が空を覆ってきました。

そして、ポツン、ポツン、、、ザアーーーーーーー。

普通、ポツンときて少しポツンが続いてから雨が強くなるものですが、今回はいきなりザアーっときました。
様子を見ようかとかいう余裕もなく戦意喪失。

予報より早いタイミングで降ってきました。
「曇ってきたな、危ないからここらでルートを回避するか」とかいう間もなく土砂降り。

「今日はもうだめ」

ということになりましたが、ここからどうする??

本来の予定は、小淵沢~八ヶ岳牧場~清里~野辺山。
野辺山から輪行で茅野まで戻る計画でした。



なので、輪行袋は持っています。
スマホで一番近い駅まで行くことにします。

写真ではわかりずらいですが、どしゃぶりです
160815l.jpg


ガーーーーッと下って行きます。
下ってゆくだけだからまだいいか、と思っていたらプチットクライムもあったりしてかなり過酷です。

160815m.jpg


途中、屋根があって雨宿りができるところがあったので様子をみますが、いっこうに止む気配は無いのでまた雨の中へ。
カッパも持っていなかったので、全身ずぶぬれです。

富士見駅
160815n.jpg


駅に着く頃には、雨も弱くなっていました。

電車は5分後にくるということですが、当然それには間に合いません。
その次の電車は1時間後。

実はここからデポ地までは13kmほどです。
もう雨も小降りだし、ここまで濡れたし、電車を待つより走ってしまおうということにしました。

国道20号に出て、茅野を目指します。

途中のコンビニの駐車場に、御柱が鎮座しておりました
160815o.jpg


デポ地近くまで来るとまた雨が強くなってきます
160815p.jpg

やっとこ、デポ地に到着。
本日の走行は、40km。




160815a.jpg




160815bb

結局、この後は茅野の街でコインランドリーを探したり、コインランドリーで洗濯して乾燥したりして時間がつぶれました。
そのまま、宿に入り終了。

二日目は、ビーナスラインです。

ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村