FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

ぐりとぐらの本日も自転車日和なり

素人チャリダー夫婦の自転車生活あっちこっち

プロフィール

ぐりとぐら

Author:ぐりとぐら
自転車ど素人夫婦・ぐり(夫)とぐら(妻)が、07年11月 ジャイアント・エスケープR3を衝動買いしてしまって始まった自転車ライフ。09年1月にはBianchiロード・Via Nirone7 Al/Ca 105 Compactとミニベロ・MiniVelo 7を、そして10年3月GIOS VECCHIO 16年8月GIANT TCR ADVANCED PRO TEAM も加わってどこまで行くの?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
2019.04
19
次の休みは日光方面へ行こうと計画を立てていた。
しかし、数日前に季節外れの雪が降って山は走れないかもしれないということになってしまった。

以前から行きたかったリストのなかで「茅ケ岳広域農道」を絡めてルートをつくることにした。
勝沼をスタート地点として、塩山、太良ヶ峠を経て昇仙峡、茅ケ岳広域農道に抜けて清里から平沢峠へという山岳コースである。
一番標高が高い平沢峠の雪の影響が心配であったが、事前に調べてみるとどうやら問題なく通れるようだ。

勝沼IC近く、塩山フルーツラインから出発。サポートドライバー・ぐらとここで別れる。

190415b.jpg


いきなり絶景
190415c.jpg


フルーツライン
190415d.jpg


はなっから登りだけど、景色が良いので気分も上々。

塩山駅
190415e.jpg


桃の花が満開
190415f.jpg


あちらこちらで桃。青空にピンクの花が映える。

富士山がひょっこり顔を出していた
190415g.jpg


県道31号に入る。
太良ヶ峠にむけペダルを踏んでゆく。

諏訪大社下社春宮にある万治の石仏に似た石仏を発見
190415h.jpg


どうも甲府周辺にはこのような石仏がいくつかあるようだ。

ここは秩父裏街道というのか。
190415i.jpg


なんでも武田信玄の時代には、軍事上の秘密道路だったそう。

太良ヶ峠
190415j.jpg


クリスタルラインと合流する
190415k.jpg


ここでも富士山が拝めた
190415l.jpg


甲府盆地を見下ろす
190415m.jpg


降りは寒いのでウインドブレーカーを着込む。
朝と日中、標高の差など気温の差が大きいので着るものに困る。

桜はまだ満開
190415n.jpg


きれいに舗装されていた道もいきなり細くなってガタガタ。
190415o.jpg


武田神社の手前で細道に入り、県道104号にスイッチする。
ここから風が強くなってきた。登りで向かい風だとかなり萎える。

展望台より
190415p.jpg


千代田湖
190415q.jpg


南アルプスが白く輝く。
しかし、自転車が振られるくらいの強風。これが続くとなると大変だと思ったが、しばらく進むと弱くなっていった。

昇仙峡
190415r.jpg


道は二股に分かれる。計画では県道7号ではなく川沿いの道を進むことになっていたが、かなり降っていたので急遽県道7号にルートを変更した。
降るということはのちに登るということだろうと考えたからだ。しかし県道7号もしばらく走ったら降ったのでどちらも同じだったのか?

このような風景の中を進む
190415s.jpg


昇仙峡ライン
190415t.jpg


この辺りでお昼を食べないと、補給ポイントがないのだけれど、時刻はまだ10時半でちょっと早い。
とりあえずロープウエイ乗り場に飲食店があるのでそこを目指す。
しかし、えっちら登っていたら荒川ダムの入り口まで来てしまった。ロープウエイ乗り場を通り過ぎてしまったのだ。
今回のライドでは飲食店が少ないのはわかっていたので、補給色をたんまり持っていた。今日はこれで凌ぐことにしよう。

金櫻神社
190415u.jpg

190415w.jpg


富士山遙拝所から
190415v.jpg


金櫻神社を過ぎるとほどなくしてピークへ。道は降りへ転じる。
降りきるとクリスタルラインの分岐。ここを進むと観音峠に至る。

190415x.jpg


昇仙峡ラインは、ここからポッチ峠への登りが始まる。
なかなか厳しい登りだ。4km登って平均斜度は8.5%。ゆっくり登ってゆく。

ホッチ峠
190415y.jpg


峠までは無風だったが、峠を境に強風が吹いていた。
峠で少し休憩しようと思っていたが、冷たい風が吹き荒れているのでじっとしていられない。

長い降りが始まる。ぐんぐん急坂を落ちてゆく。途中、南アルプスが顔を出しこれから向かう茅ケ岳広域農道の景色に期待感が増す。

途中の小学校で絶景
190415z.jpg


長かった昇仙峡ラインとお別れして、茅ケ岳広域農道へ。
190415z5.jpg


茅ケ岳広域農道は噂にたがわず絶景の連続であった。

190415z2.jpg


銀河鉄道展望公園より
190415z3.jpg


この公園、夜景がきれいなんだとか。

広域農道ということで、勝手に平坦な道を想像していたのだけど、なかなかどうしてアップダウンしてゆく。これは想定外だった。
しかし、南アルプス連峰と八ヶ岳連峰の雄大な景色と背後にそびえる富士山の美しさにペダルも軽く回る気がする。

190415z6.jpg


もう勘弁して~、見惚れて自転車ぜんぜん進まんってくらい、絶景に目の前、横、後ろから囲まれる。

190415z7.jpg

190415z9.jpg

190415z10.jpg

190415z11.jpg

190415z12.jpg


橋の左には南アルプス連峰 右には八ヶ岳連峰
190415z13.jpg

190415z14.jpg


八ヶ岳広域農道で清里へ向かう
190415z15.jpg


国道141号へ。

道の駅 南きよさと ではこいのぼりの団体さんが泳いでいた
190415z16.jpg


清里ライン
190415z17.jpg


清里ラインという一見さわやかなネーミングとは裏腹に、登りがずーっと続く。
まったくスピードが出ない。あんまり力が出ないのでハンガーノックを疑う。自転車を降りて残っている補給色を喉に詰め込む。
国道なので激坂はないはずだけど、ペダルの重さが脚に堪える。

登坂車線が現れる。坂がきつくなるということだ。
ヒーヒーいいながら、絶景がたまに姿を見せてくれるも、もうあまり力をくれない。
三度目の登坂車線が迫った時、心が折れた。心が折れたのは久しぶりだ。

ちょうどぐらがこの辺りにいたという状況もあったとか、獲得標高を見間違えていた(現在地の標高1200mを獲得標高と勘違いしていて「これだけ登って1200mか」と1200mくらいでバテている自分に絶望した)とかあるけど、もうこれ以上坂を登りたくないという気持ちが身体じゅうに充満していた。

ぐらに連絡するとすぐそばの観光施設にいるとのこと。

今回のゴールはこことする
190415z18.jpg


本当はこのあと、平沢峠とJR鉄道最高地点に行く予定であった。
せっかくなので、車で下見へ。

平沢峠
190415z19.jpg


JR鉄道地点
190415z20.jpg


宿題を残したが、天候に恵まれ絶景を堪能できたすばらしいライドだった。

本日の走行は、90km。
190415a.jpg





ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2018.11
22
天気予報によれば、絶好の天候とのこと。
雪をかぶった富士山を見たいと思って、絶景スポットをまわって富士山三昧しようという計画です。

大月からスタートするのがスマートですが、今回はちょっとタイトなスケジュールなので富士急行大月線・東桂駅からスタート。

東桂駅
181120b.jpg


天気は晴れっていえば晴れていますが、雲が広がっている範囲は青い空よりも多いです。
気温は10度くらいでしょうか。冬仕様で来たのでそれほど寒くは感じませんでした。

まず向かうは、二十曲峠。

県道713号から林道細野鹿留線へ
川沿いの林道を進んでゆくと、未舗装路が現れます。
はじめはフラットなダートなので、自転車に乗ってノロノロ走っていましたが、前方に一人のローディーさんが押し歩いていましたので、私も降車。

181120c.jpg


八王子から来られた方でした。
二人で会話をかわしながら徐々にガレてきた道をガタゴト歩きます。

鹿留川
181120d.jpg


やがて舗装路になり、今度はサドルの上で二人でおしゃべりしながらのんびり登ってゆきました。
登りながら天候がいまひとつだったので、果たして富士山はみえるのか心配でしたが・・・。

二十曲峠からの景色
181120e.jpg


まったく富士山の姿は見えませんでした。

181120f.jpg


富士山がみえない富士山絶景ポイントに立つという脱力感は、峠を登ってきた達成感に勝るのか??

答えは「否」

ここで、八王子ローディーさんと別れ、次のスポットへ。

富士山は午前中に見れない場合、一日中見れない確率が高いので、本日のモチベーションはすでに低空飛行なのです。しかし幸いなことに雲はあるものの晴れていると思い直しペダルに力を込めます。

忍野村から鳥居地トンネルを抜けて、富士吉田の街中へ。

時刻は10時半と少し早いですが、ランチを取ります。
ここで食べておかないと、補給できる店がないかもしれなので。

みうらうどん
181120g.jpg


この店は10時から営業しているので、早起きの自転車乗りにはありがたいです。
その日のルートやスケジュールでほとんどの吉田うどんの開店時間である11時~11時半であると、入店をあきらめざるを得ないなんてこともしばしば。

肉うどん大盛
181120h.jpg


私は吉田うどんを頼むときはいつも「大盛」です。
大盛でも「若干多いかな?」というくらいで、食べきれないということはないです。

しかし、このみうらうどんの大盛は盛大に大盛です
麺も吉田うどんらしく固め。つゆもしっかり濃い目で、汗をかいた身体に染みわたります。

補給も十二分にとれたので、リスタートします。
目指すは、御坂峠。

新倉河口湖トンネルから御坂みちに入ります。
181120i.jpg

旧道から御坂峠を登ってゆきます
181120j.jpg


この峠は、ゆるゆると登ってゆくまったり系なので、こちらもまったり気分で。
181120k.jpg


前回、峠御坂に来た時も富士山は見れなかったので、こことは縁がないなと思いながらも登頂。

御坂峠から景色
181120l.jpg


ああ、やっぱり雲に隠れて見えないや・・・。

・・・??

よくよく見ると

181120m.jpg

あーたまを 雲の~ うえに だあし~ ♪♪

ふーじーは にっぽん いっちの やま~ ♪♪

雲が切れて、その姿をみせてくれました。
やっぱり、雪化粧の富士山はうつくしいですね。

天下茶屋
181120n.jpg


御坂峠を降ります。
登りでは、暑くてウインドブレーカーとジャージのファスナーを大きく開けてきたのですが、一転降りは寒くて寒くて凍えます。

国道137号に合流。
気温は6度。
181120o.jpg


少し降った先で、林道蕪入沢芦川線に入ります。
181120p.jpg

林道入口から15%くらいの坂がお出迎え。
その後、斜度は落ち着きますが全体的にちょいキツイ林道です。

ひっそりとした林道
181120q.jpg


しかし標高が上がるにつれ景色が開けてきます
181120r.jpg


どことなく奥只見を彷彿とさせる佇まいです。

ドンペイ峠から先は「市営・林道蕪入沢芦川線」となります。
それまでは同じ林道蕪入沢芦川線ですが県営なのです。

新道峠との分岐
181120s.jpg


新道峠までは、行きどまり林道です。

到着した場所
181120t.jpg


ここから徒歩でこんな道を10分ほど登ります。
181120u.jpg


ここかは富士山の絶景ポイントということなのですが・・・。

新道峠第二展望台
181120v.jpg


やっぱり富士山は見れませんでした。

しかし河口湖を眼下に見て、その奥に山中湖も見えます
181120w.jpg


ここにドーンと富士山があったらとイメージしながら、山を下ります。

市営・林道蕪入沢芦川線に戻ります。
ここからは降りなのですが、路面がひび割れていてガタガタです。

181120x.jpg


県道719号へ。
若彦トンネルで河口湖へ。

181120y.jpg


楓がきれいに色づいていました
181120z.jpg

181120z2.jpg


ジワジワ登って山中湖へ
181120z3.jpg



ここで一瞬富士山が頭を出してくれましたが、すぐに隠れてしまいました
181120z4.jpg


籠坂峠を登って
181120z5.jpg


本日のゴール、御殿場まで一気に降ります。
ぐらと待ち合わせているアウトレットには日が落ちた5時前になってしまいました。

本日の走行は、123km.

181120a.jpg


富士山絶景を堪能しようとしたライドでしたが、富士山はほぼ雲に隠れていた一日でした。
よって富士山絶景スポット(富士山は見えなかったけど)ライドとさせて頂きます。




ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村



2017.09
22
KIKUさんから「富士林道が楽しい」と教えてもらって、いつか行きたいなと思っていました。
行くなら天気が良い日に、富士山をドーンと眺めたいものです。

天気予報が晴れマークで並んだ休日にいざ出撃。
自転車車載した車で向かう高速道路上では、くっきりきれいな富士山が姿をみせていて期待度UPUP。

7時半、デポ地とさせてただいた富士北嶺公園に到着。
170919c.jpg

しかし雲が広がり富士山の姿は拝めませんでした。
ちょっと肌寒さを感じるくらいの気温です。

雲が出ていますが、雨が降るような気配はなく、雲の切れ目から薄日もさしてきます。
これから天候が回復することを祈りつつ出発します。

公園を出て、まずは県道701号へ。
なぜかスピードが出なくて、おかしいなと思い斜度を確認すると5%。
見た感じはほぼ平坦に見えたので、これが富士山マジックでしょうか。
林道までのこの県道が意外にきつかったです。

中の茶屋まできました
170919d.jpg


ガーミンにあらかじめ入れておいたルート(KIKUさんのルートラボデータを拝借)では、ここを直進なのですが・・・。

道がありません。まさかこの砂利道ではないはず。
170919e.jpg


左には舗装された道があります
170919g.jpg


林道 滝沢線
170919f.jpg


選択肢はひとつしかありませんから、ここを登ってゆきます。
ガーミンによれば、この先からも本来の道にゆける脇道があります。

わりときつい坂をひたすら登ります。
ガーミンの地図上では、どんどん正式ルートから外れてゆきます。
やっと正式ルートに至る脇道までやってきました。
しかし、そこは獣道のような林道でした。
170919h.jpg


さすがにここは通れません。一旦、中の茶屋まで戻ります。

もちろん中の茶屋まで戻っても状況は同じ。
もしかしてこの砂利道なのかも?と自転車を押して進んでみます。

すると茶屋があって、なかに人の気配が。
170919i.jpg


ご主人と思われる方がいらして、富士林道のことをきいてみるとこの先を行って右とのこと。
それはガーミンのデータ通りです。

ずっと砂利道ですか?と尋ねると「ここだけちょっとで、あとは舗装」と教えていただきました。
なんとも砂利道の先に舗装路があるとは。

この先に舗装路があるらしい
170919j.jpg


砂利道区間は30mくらいでしょうか。
その先は、確かに舗装路ですがかなり荒れたというかボロボロで苔むしています。
170919k.jpg


それでも自転車に乗ることができるので、ふらつきながらもゆっくり走ってゆきます。
道はどんどん斜度を増してゆきます。
相変わらずの悪路なので、路面を注意深く穴や苔をさけてゆきます。
なにげに10%くらいの坂になっているので、漕ぐだけで必死です。

ふとガーミンに目を落とすと、ルートから外れているではありませんか。
右に曲がるタイミングを逃していました。

ガタガタ道を下ります。
ガーミンを見ながら曲がるポイントまでゆくと、道しるべがあってそこに注目していたので道を見落としてしまったようです。

こんな道なので、なおさら見落としがち
170919l.jpg


ここを曲がると、やっとまともな舗装路が現れました
170919n.jpg


林道 富士線
170919m.jpg


ゆるく登ってゆきます。
しばらく行くとスバルラインと並走。
170919o.jpg


下りながらスバルラインと交差します
170919p.jpg


ここからは富士山の絶景を期待しながら走りますが、雲に覆われてまったくその姿は見えませんでした。
普通に林道をサイクリングしているいつものパターンです。

天気が良ければ、ここから富士山がドーンと見えるのかなあ??
170919q.jpg


だいたい4~7%くらいの坂を登ってゆきます。
ときより路駐している車があったり、むこうからやってくる車と遭遇したりします。

地味にまったり進んでゆくとちらっと山らしきものが
170919r.jpg


これって富士山ですよねえ。

徐々に標高をあげてゆきます。
空が青くなってゆき、日の光が強くなってきます。

はやくも紅葉がはじまっていました
170919s.jpg


ちょっと開けた場所に出たときついに富士山がその姿を現してくれました
170919t.jpg


下界が見渡せる景色を眺めていると、雲が帯のように連なっています。
これがあるために下から見ると富士山がみえないのですね。
その雲の帯をぬけたから富士山が見えてきたというわけです。
170919u.jpg


さらに標高をあげてゆくと、きれいな富士山が拝めました
170919v.jpg


この雲が下界からの富士山を隠していたのですね
170919w.jpg


ところでこの植物
170919z3.jpg


雑草のようにあちこちでみかけましたが「フジアザミ」という富士山周辺で咲く日本固有種だそうです。

先に進みます。

170919x.jpg


ここがピーク
170919y.jpg


標高は1832m(ガーミンによる)
170919z2.jpg


ここから一気に下ります。
下ってゆくとまた雲の中に入ったのか富士山の姿はそのあと見ることはできませんでした。
路面はあまりよろしくなし、グレーチングで自転車が跳ねるので注意が必要です。
狭い林道ですが、自衛隊の幅広トラックが通りますのでやっぱりご用心。

林道の終点
170919z6.jpg

170919z5.jpg


スキー場の入り口?
170919z7.jpg


ここを下って国道139号にでます。
そろそろお昼を食べたいところ。
やぱりここへ来たら吉田うどんがいいなあ。

国道を走っていたらうどん屋さんの看板を発見して左折します。
どんどん下って行って店に着くと「本日定休日」の看板が・・・。

これを登り返すのがいやなので、スマホで検索して別の店に。

小池うどん
170919z8.jpg


定番の肉うどん(大盛)
170919z9.jpg


おいしくいただきました。
吉田うどんはこちらに来た時にしか食べられないので。

ここから御坂峠へ。
河口湖大橋を渡ります。

170919z10.jpg


河口湖
170919z11.jpg


国道137号 御坂みち
170919z12.jpg


国道を走っているとトンネルの手前でなぜかガーミンの地図が細い道へと案内します。
なぜだかわからないけれど(自分でルートを作ったのですが)素直にしたがいますと、河口浅間神社の前を通りました。

せっかくなのでお参りしてゆきます。

河口浅間神社
170919z13.jpg

170919z14.jpg

170919z15.jpg

参拝を済ませて、ふたたびサドルの上へ。

結局、また国道に戻されて新御坂トンネルの手前で旧道に入ります。
170919z16.jpg

斜度は大体5%くらいがずっと続く感じです。
170919z17.jpg


えっほえっほとのんびり登ります
170919z18.jpg


すれ違う人もなく車に2回ほど抜かされただけ。
静かな林道です。

峠には天下茶屋
170919z19.jpg


天下茶屋は、太宰治の「富嶽百景」の舞台になった場所です。

御坂峠からみる富士は美しいと聞いてきたのですが、今回はその姿は見れませんでした
170919z20.jpg


御坂隧道
170919z21.jpg


照明はありますが、暗い隧道を通り抜けます。
峠を下って、再び国道137号にはいります。

ここから長い長い下り坂。
甲府盆地が見下ろせる気持ちが良い道です。
これを登るのはぞっとしますが・・・。

170919z22.jpg

170919z23.jpg


下るにつれて、気温が上がってゆくのが体感できます。

国道20号までずっと下って、甲府方面へハンドルを向けます。
国道20号は、交通量も多く怖いので県道314号で国道411号にスイッチ。

笛吹橋
170919z24.jpg


笛吹川
170919z25.jpg


甲府までやってきました
170919z26.jpg


甲府駅
170919z27.jpg


武田神社へ
170919z28.jpg


ここで車できているぐらと合流。

本日の走行は、93km。

170919a.jpg

170919b.jpg


ところでぐらとは別行動でした。

ぐらはぐらで、

忍野八海へ行ったり
170919z29.jpg


北口本宮富士浅間神社へ行ったり
170919z32.jpg


吉田うどんを食べたり
170919z31.jpg


かき氷を食べたり
170919z30.jpg


満喫したようです。

ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村





2017.07
20
海の日に、日本一の山・富士山へ。
かねてから、富士スバルラインに登りたいと懇願していたぐら。
富士スカイラインは走ったことがあって、「次はスバルだ!!」と張り切っております。

今回、ご一緒いただいたのは、ぶっちょさん、ひろさん、げんぞうさん、KIKUさん、とぐりとぐら、娘のおはるさんの7名。

私たち親子はマイヨジョーヌ号で、ぶっちょさんの車にひろさんが同乗して地元を5時に出発します。
170717a.jpg


げんぞうさんは神奈川県から車載で、KIKUさんは神奈川県から自走で集合しました。

富士北麓公園に集合

170717b.jpg


集合時間は8時とさせていただきました。
なぜにこんなに早いのか??

なんせ、我が家の女性陣が富士スカイラインの24kmの登りを何時間かけて登るのか想像できないからであります。
ちなみに3年前にも娘は富士スバルラインにチャレンジしていますが、2合目でDNFしています。

ここまでの道中、雨が降ったり曇ったりしていましたが、いざスタートとなると空は晴れて富士山もその姿をくっきりと見せてくれました。

公園からちょっと登ってスバルライン入口へ。
170717c.jpg


ここから、のんびり登るのです。
170717d.jpg


今回、私はミニベロで参戦です。
どうせぐらとおはるさんのペースに合わせるのでスローペースであろうし、ミニベロでスバルラインを登るのも一興かと。

170717e.jpg


祭日なので自転車乗りがたくさんいます。
普段、平日ローディーな私が走っていても、ほとんど自転車乗りに出会わないので、ちょっとテンションあがりますね。

スバルラインは序盤が苦しいのです。
EDGE500はおろかサイコンも装着していないミニベロなので、斜度どころかスピードもわからぬままみんなについてきつめの坂を登ってゆきます。
富士山の姿を目の前にしながら、緑に囲まれたスバルラインをゆきます。

一合目下駐車場
170717f.jpg


駐車場ごとの休憩しますよ。
何分で坂を登るとかは、私には無縁なことなので。

ぐらはマイブームの双眼鏡を覗いていましたが、特になにか見えるとは思えませんね。
170717h.jpg


まだまだ序盤なのできつめの坂が続きますが、頑張ってゆきましょう。

170717g.jpg


次に現れるのが、一合目看板です。

これを見ると「まだ一合目か」と心折れるスポットです。
170717i.jpg

二合目はこんな感じだったみたい
170717j.jpg


この辺りでは、集団が縦に伸びていて私は最後尾にいたのですが、先頭を走っているぶっちょさんの姿が見えません。
二番目に走っていたひろさんに「ぶっちょさんは?」と聞くと、先に行ったと。

そこで、ぶっちょさんを追いかけることにしたのです。
路上にはロードバイクに乗った方々が多くいらっしゃいましたが、こちとらそれまで脚を温存しておりましたものですからゴボウ抜きにしていい気になって走っていたら、いつの間にかひろさんがピタリと背後についていて、
「さすがにミニベロは重そうですね」と不敵な笑みでプレッシャーをかけてきます。
思わず「次の駐車場はまだか??!!」と弱音を吐き吐きゼーゼーい言いながら、樹海台駐車場へ滑り込みました。

170717k.jpg


ぶっちょさんはそこで待っていてくれて、絶景を眺めながらしばし座り込んで休憩。

170717l.jpg

しばらくすると、KIKUさんに連れられたぐらとおはるさんも到着しました。

樹海台駐車場を出てからは、またスローペースでまったり登ります。
徐々にこころなしか坂も緩くなってきたような気もします。
170717m.jpg


三合目看板
170717n.jpg


トライアスリートさんに写真を撮ってもらいました。
泳いで自転車乗ってマラソンするなんて気が遠くなりますね。

だんだん富士山の姿も大きくなってゆくよう。
170717p.jpg


この日はずっと富士山もみえたし駐車場からの景色も見下ろせたのですが、これって珍しいのでは?

大沢駐車場
170717o.jpg

ここは自販機があるので、水分を補給できます。

大沢駐車場を出ると、すぐに4合目看板
170717q.jpg


ここをスタートすると、ぐらがひとり遅れ始めました。
皆さんには先に行ってもらって、わたしとおはるさんでしばらくぐらを待っていたら、スマホに電話がかかってきます。

なにかアクシデントでも?と電話に出ると、脱水を起こしかけているローディがいるのでドリンクを持ってきてほしいとの依頼。
私もドリンクは乏しかったのですが、おはるさんのボトルももって下ります。

脱水ローディーさんとぐらをみつけて、とりあえず私のボトルに1/3程度残っていたポカリを脱水ローディーさんが差し出すボトルにそそぐと一気に飲み干してしまいました。
それでも脱水ローディーさんの手が震えているように見えたので、ぐらがもっていた梅仁丹とおはるさんのボトルに半分残っていたポカリをすべて渡しました。
ぐらは私がくるまえに自分の水を少しと(少ししか残っていなかったそうで)ゼリーをあげていたそうで、それだけ補給できたので少しは回復するだろうと思われ。

「ちょっと休んでから登ったほうがいいですよ」と声をかけて私たちはリスタートしました。
ぐらのお菓子ポケットが人様のためになっためずらしい事例になりました。

えっちらこっちら登ってゆくと、平坦区間に出て5合目に到着。
皆さんお待たせいたしました。
結局4時間半くらいかかってしまいました。
170717r.jpg


無事、ゴール  ・・・あれ?左端のひとは??
170717s.jpg


ここから自走で帰るKIKUさんは、時間が押してしまいここでお別れです。
毎度毎度、お世話をおかけして申し訳ございません。。。
なんていいながら、次の機会もよろしくお願いします。

残った者たちは、五合目を散策。
相変わらずアジア系の外国人の方が多いのですね。
170717u.jpg

小御嶽神社を参拝
170717t.jpg


名物のふじさんメロンパン
170717v.jpg


ここから下りますよ。
降るも24kmあるので、長いんですね。

五合目は涼しかったのですが、下まで来ると暑いです。

デポ地の北麗公園まで戻りました。
本日の走行は55km。

お付き合いいただいた皆様、ありがとうございました。
今回は、ミステリーがあまりなかったので、さみしかった?

※一部KIKUさんから写真提供させていただきました

ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村



2016.10
20
連休にロングライドをする予定でしたが、お決まりの「雨」。
あれ?それって先月の話じゃ??
はい、先月も今月もです。

計画では、自走で箱根から長尾峠を越えて山中湖、富士みちで裏道志を経て帰ってくるというおよそ370kmのルートでした。
このルートの目玉は「箱根・林道足柄幹線、長尾峠、富士みち、裏道志」といったところです。これらの道を走ってみたかったので組み合わせてプランニングしました。

先月は私の休日である月曜・火曜ともに雨で乗れなかったのですが、今月は火曜日は雨は降らないという予報だったので、この目玉スポットだけつないで計画を再構築してみました。
まあ、考えてみれば自宅から目玉スポットまでの自走区間を削ればすむ話なのです。

翌日は仕事なので、自転車を車載することにします。
輪行も考えたのですが、まだ新しい自転車を輪行中に傷つける自信満々なので、ここは車載一択でした。

さて、どこに車をデポろうか?と地図を広げますとルート上にヤビツ峠が近いことを発見。
我が家からヤビツ峠はちょっとアクセスしずらい場所にあるので、なかなか行く機会がありません。
今回はちょうど良いタイミングなので、ヤビツもルートに加えました。

ヤビツのデポポイントとしてはじめに頭に浮かぶのは、菜の花台展望台の駐車場、あるいはヤビツ峠の駐車場。
しかし、そこに止めた場合ライドの最後に峠道を登らなければいけないということになります。

総距離が180kmを越えるルートになりそうなので、疲労した脚で最後に峠越えは厳しいでしょう。
ならばと目をつけたのが「弘法山公園」の駐車場です。
ここは以前ヤビツにきたときにもデポした公園です。
この公園も山の上にあるので、最後に登らないといけないのですが、峠を行くよりはましでありましょう。

そんなわけで、夜中に家を出て4時半頃、弘法山公園駐車場に到着。
まだ真っ暗で霧も出ているのでグズグズ準備していたら出発は5時をまわってしまいました。

ライトを二灯つけて公園から激坂をくだって国道246号へ。
ほどなくヤビツ峠の入口「名古木」交差点。

名古木交差点
161018b.jpg


ヤビツ峠といえば、TT(タイムトライヤル)のメッカで、峠まで何分で登れるかがヒルクライマーの間で基準とされるほどの場所です。
しかし、今回私はロングライドの序盤も序盤でありますので、TTなどといった酔狂な真似はいたしません。
のんびりサイクリングを楽しみますよ・・・なんて考えながら走っていたら。。。

お腹痛い・・・。

さっきまでなんでもなかったのに、お腹痛いんです。
もうコンビニ過ぎちゃってますけど。

次の補給はヤビツを登って降りた宮が瀬ダムのコンビニを予定していました。

こそまで、もつかな???

いや、もちそうもない。やばい。。。

そんな気持ちとは裏腹に、お腹の具合はますます切迫した状態になってきます。
そんな時に目の前に現れたバス停の公衆トイレ。
地獄に仏とはまさにこのこと。

洋式トイレでトイレットペーパーも完備されていてほんと良かったです。
スッキリしてトイレから出ると、外は薄明るくなり始めていました。

161018c.jpg


そして霧雨。

天気予報では日中は晴れるということだったし、海のほうは明るく薄い雲がたなびいているだけだったので、それほど雨脚が強まることはないだろうと自転車にまたがりました。
しばらくはのんびりペダルを踏んでいたのですが、スッキリしたはずのお腹にまさかの第二ウエーブが襲います。

次のトイレスポットは菜の花台です。タイムトライヤルはしていませんが、トイレトライヤルTTの始まり。
といってもスピードがでるはずもなく、マイペースで進んでゆくしかありません。
霧雨は小雨に。雨に濡れながらペダルを休める訳にはいいません。

しばらく行くと菜の花台が見えてきて、トイレにピットイン。

ここで事件発生。
トイレにはスロープがついていて、トイレの入口まで自転車で上がろうとしてスロープに差し掛かった瞬間、スルッとすべってTCRで初落車です。

161018e.jpg


すぐさま起き上がり自転車のキズの確認、落ちてしまったサングラスの確認、ジャージが切れていないか確認。全部セーフ。最後に自分も怪我はありませんでした。
スロープに土がたまっていて、雨で濡れてすべりやすくなった上に乗ってしまったようです。

横着しないで安全な場所に駐車すればいいことなのですよね。

さてさてそんなこともありながら、トイレに急がねば。

こちらも洋式・トイレットペーパー完備で良かった。
こんどこそスッキリ。この後はすっかりお腹の調子も良くなりました。

些少ではありますが、感謝の気持ちをそえて募金させていただきました
161018f.jpg


菜の花台からの景色
161018d.jpg


気分一新。
小雨降る峠を行きます。

ヤビツ峠は苦しいというイメージですが、ゆっくり登ればなかなか良い峠です
161018g.jpg


傾斜が緩い区間もあるし、景色が開ける場所もあります。
161018i.jpg


太陽がうす雲越しに。しかし、このときも霧雨。
161018h.jpg


そして峠
161018j.jpg


ここから裏ヤビツを下ります。

以前裏ヤビツを走ったときは、ずいぶん路面がガタガタだったと記憶していました。
しかし、今回はきれいに舗装されて快適に走ることができました。

鹿の群れを2回見ました。
どちらもメスと子供のようで、さっと林の中に逃げてくれましたが、オスに出くわすと怖いですね。

161018k.jpg


清川村に入ると、路面はちょっと荒れてきます。
川沿いの景色を眺めながら、ダウンヒル。路面が濡れているので、水を巻き上げてお尻と靴と靴下が濡れて寒いです。

161018l.jpg


山を下ると晴れてきます。

宮が瀬ダム
161018m.jpg


ひさしぶりに青空と力強い太陽の光を見たような気がします。

サンクス 津久井宮が瀬店 7:24

肉まん おにぎり

貴重なコンビニで補給。
サイクリストが多いのか、サイクルラックが4台もありました。
ちなみに、このコンビニ、トイレありませんでした。

補給もしたし、裏道志を目指して出発。
太陽が上がってきて暑くなってきました。
ちょっと厚手のロングスリーブジャージで来てしまったので、前ファスナーを開け閉めして対応します。

県道64号からアップダウンが始まって、国道413号を跨いで県道518号に入ると牧馬峠への登りがはじましります。

161018n.jpg


今回のライドで一番辛いとおもったのが、この牧馬峠だったかもしれません。
距離はそれほど長くはないですが、斜度がきついところがあったような。

山に雲がかかっていたりを見ながら、ヒーヒー登ってゆきます
161018o.jpg


ピークまで登り、降ると県道517号、県道35号に入ればそこは裏道志です。

裏道志は、道志みちと違って民家が点在した生活道路です。なので自販機はところどころにあって、ドリンクの補給には困りません。
しかし、コンビニはないので補給食は持参した方がいいでしょう。

基本こんな感じ
161018r.jpg

山梨県にはいります
161018p.jpg

全体的に緩いアップダウンが延々と続く感じです。

交通量は道志みちより少ないです。通る車は道志みちのようにオートバイやロードバイクは見かけないで、そこで生活している人達のものが圧倒的に多いように思われます。
走っておもしろいか?と問われれば「道志みち」の方がおもしろいかな。

161018q.jpg


「裏道志」などと呼ばれているこの道ですが、こんな看板をみつけたのでこちらの方が正式名称?
161018s.jpg


山深くなってきて
161018t.jpg


新雛鶴トンネルがピーク
161018v.jpg


ここを越えると都留市
161018u.jpg


国道139号まで下ります。
161018w.jpg


国道139号、大月から富士吉田まで「富士みち」と呼ばれています。
まさに富士山がどーんと顔を出してくれました。

161018x.jpg


しかし、こちら側から進むとずーっと緩く登って行きます。
それでも、こんなに大きく富士山を拝めて、テンションがあがるのでそれほど辛くはありません。

今回のライドで、一番きれいに富士山が見れた場所
161018y.jpg


この後は雲に隠れて、その姿は見えなくなってしまいました。

さて、ここからランチスポットへ寄り道します。
富士吉田といえば「吉田うどん」です。

あらかじめ調べておいたお店に向かいます。
お店の近くまで走ってきて、時刻は11時前。ちょうどいい感じ・・・だと思ったら、そのお店は11時半開店でした。

ここで30分ロスするのももったいないので、他のお店を検索。
10時半からやっている「玉喜亭」さんへ。

161018z.jpg


吉田うどんの基本、肉うどん(大盛り)
161018z2.jpg


独特の腰の強いうどんを堪能。失った塩分を補給するために汁まで飲み干して完食しました。

国道138号に乗って、山中湖へ向かいます。
ここは交通量もあって、なぜかそちこちで片側規制して工事をしているので、渋滞ぎみ。
どうせちょっと登っているので、スピードはでませんけど。

この辺りからスマホのバッテリーが怪しくなってきました。
今回は200km以下だと思ってモバイルバッテリーは持ってこなかったのですが、これは誤算でした。

ブロガーの末席を汚すものとして、写真を残せないということは致命的です。
ここからは、なるべくポイントの写真撮影のみにして、それ以外はスマホの電源を切っておきました。
なので、以下記事から写真少なめです。

12時まえに山中湖に到着
161018z3.jpg


やたら暑かったので、入道雲が出ていて山の方は明らかに雨が降っているであろう黒い雲に覆われています。
まさか、ここから雨に降られるのでは?とびくつきながら、籠坂峠を登り始めます。

籠坂峠は下るととても短く感じるのですが、それでもやっぱりそこそこ登りますね。
籠坂峠辺りでは黒い雲が空にありましたが、幸い雨が落ちてくることはありませんでした。

161018z4.jpg


ここから御殿場まで長い降りが始まります。
あっという間に、須走を過ぎて自衛隊基地を通り過ぎ、御殿場へ。
東名高速をくぐると、箱根の登りが始まります。

国道138号をそのまま進むと、乙女トンネルに至ります。
乙女トンネルは回避して、県道401号に入り長尾峠からアプローチします。

どこにでもありそうな林道ですね。
もし富士山が見えれば絶景も味わえたでしょうが、今回は雲の中なので淡々とペダルを踏むのみ。
たまに車が通りますが、ほぼ無人の林道をゆっくりゆっくり。斜度もそれほどなく道幅が広いところもあって走りやすいです。

長尾峠
161018z5.jpg


峠の看板などはなく、長尾隋道がピークです。
・・・もしかしたら、箱根スカイラインに看板があるのかな?とにかく自転車ではここがピーク。

長尾隋道の先は神奈川県。
161018z6.jpg


芦ノ湖
161018z7.jpg


下ります。しばらく下りです。

仙石原の交差点を右折。
仙石原がちょうどススキの時期であろうから、ちょっと寄り道。

161018z8.jpg

161018z9.jpg


この時期しか見れない旬ですからね。

ススキみたから、Uターン。
箱根裏街道に戻って強羅までくだります。

そして、林道・足柄幹線へ。

161018z10.jpg

箱根に登る場合、国道1号か旧道かどちらかを選ぶことが多いと思います。
しかし、この第三の選択肢「足柄幹線」をいつか走ってみたいと思っていました。

いずれにせよ、強羅からは下りなんだろうと思っていたら、なんと登るんです。
長尾峠で今回の登りは閉店がらがらと思っていたところへ、この登り返しはショックでかいです。

写真じゃわかりずらいですが、登っています
161018z11.jpg


きいてないよ~と泣きべそかきながら、ヒーヒー登って行きます。
登りっぱなしではなく、アップダウンを越えながらピークらしき場所出ます。
ここからは下りっぱなしでした。

これが噂のキャットアイ
161018z12.jpg


何箇所かあります。
降る方は要注意です。

下りきったと思ったら、またちょっと登らされたりしてなかなか厳しい道です。
交通量が少ないことはメリットですが、国道1号登った方が楽かなあ。

小田原の街から県道を繋いで国道246号へ。
国道246号は、アップダウンが疲労した脚に厳しく「名古木はまだかまだか」と唱えながら走ってきました。

やっとこ4時過ぎ名古木に到着。
しかしデポ地・弘法山公園の激坂がだめ押し。
蛇行走行して駐車場にたどり着きました。

161018z13.jpg

161018z14.jpg


本日の走行は、187km。

この日は、季節はずれの暑さでしたが、朝ヤビツで小雨にあった以外は天気は概ね良かったです。
距離に対して獲得標高がたかいですが、牧馬峠以外は激坂とかなかったのでそれほど厳しい印象はなかったです。
最後の246号にアップダウンがが精神的にはやれてましたね。

今回は、なんとなくマイナーな道を辿ってゆきましたが、マイナーな理由がわかったような気もします。
どこも地味でした・・・。



161018a.jpg


ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村