fc2ブログ
RSS
Admin
Archives

ぐりとぐらの本日も自転車日和なり

素人チャリダー夫婦の自転車生活あっちこっち

プロフィール

ぐりとぐら

Author:ぐりとぐら
自転車ど素人夫婦・ぐり(夫)とぐら(妻)が、07年11月 ジャイアント・エスケープR3を衝動買いしてしまって始まった自転車ライフ。09年1月にはBianchiロード・Via Nirone7 Al/Ca 105 Compactとミニベロ・MiniVelo 7を、そして10年3月GIOS VECCHIO 16年8月GIANT TCR ADVANCED PRO TEAM も加わってどこまで行くの?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2019.12
15
午後から時間ができたので回復走に行ってきました。
江戸サイを葛西臨海公園まで下ろうと思います。

デポ地は江戸川河川敷にある小岩菖蒲園駐車場にしようと思ったのですが、前回同様ゲートは閉まったままで河川敷に降りられませんでした。
というわけで、また里見公園駐車場を利用させていただきます。

191210a.jpg


江戸川
191210b.jpg


まずは江戸川・左岸(千葉県側)を進みます。CRなので基本平坦。ちょっと追い風で快走。
途中工事で迂回する場面もありますたが、おおむね順調。私が車にカバンを忘れてとりに往復する以外は・・・。

狭い行徳橋を渡って、旧江戸川へ。

水門を渡ります
191210c.jpg


ここからは市街地脇をゆくような細い道。

191210d.jpg


川も江戸川より細く変化がある景色もまた楽し。

191210e.jpg


葛西臨海公園へ
191210g.jpg

191210f.jpg


ここから来た道を戻ります。

旧江戸川と江戸川の分岐まできて、今度は江戸川・右岸(東京側)を行きます。

ポニーランド
191210h.jpg


子供は無料でポニーに乗れます。
191210i.jpg


市川橋を渡って里見公園まで戻りました。

本日の走行は、44km。
191210j.jpg




ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


スポンサーサイト



2019.08
14
7月は雨ばかりでまったく自転車に乗れなかった。
8月に入ると梅雨は明けたけれど、酷暑が待っていた。
一ヶ月間自転車に乗らないと「なんでこんなに暑いなか走らなきゃいけないの?」という言葉が心と身体から湧き上がる。
しかし、来週は遠征する予定もあるので、ここでしっかり乗っておきたいという思いもあって重い腰を上げることにした。

行く先は奥多摩。
奥多摩にも未走区域があって、そこを絡めて走ってきた。

台風10号の影響により天候は不安定で、出発間際まで雨雲レーダーや天気予報とにらめっこしていた。
直前まで天気が安定していた大洗方面も視野に入れていたけれど、当日出発前に雨雲レーダーを確認してみると、途中一か所だけ弱い雨雲が出現するようだが、そこを抜けてしまえば雨雲はないし、降ったとしても弱いようなので強硬突破することにした。これが吉と出るか凶と出るかはまさに「天に任せる」ことになる。

輪行も考えたけど、やはりナイトライドすることにした。
この日は祝日なので、通勤ラッシュに巻き込まれたりはしないはず。しかし輪行自体が苦手なのでどうも腰が引ける。
出発は午前0時とした。ただし帰りは輪行しようと思う。輪行袋をボトルゲージに納めた。

夜空に星は見えない。
なんとなく重たそうな雲に覆われているように見える。
たぶんこの辺りでは雨は降らないと思われるが、不安な気持ちを抱えてスタート。
気温はそれほど高くない。自転車を走らすには快適ともいえる。

国道16号の一本中に入った県道を繋いで千葉方面へ。
お盆休み中だからか、夜中でも人が歩いている。暗いので注意して走らないとぶつかりそうになる。
第二湾岸で船橋方面へ向かい、湾岸道路にハンドルを切る。湾岸道路は空いていた。

原木中山方面へ入る道は、いつも迷う。
高速道路の下を走るので、ルートを作成するときに自転車で走れない道を引いてしまうことがあるからだ。
今回もちょっと迷って正規ルートに復帰。夜中にウロウロするのはいかがなものか。

今井橋を渡って東京にIN 2:00
190812a.jpg


新大橋通りを進む。
スカイツリーがまったく見えない。雲に覆われているようだ。
靖国通り経由で九段下から早稲田通りへ。

190812b.jpg


青梅に向かうには、新宿から青梅街道を使うより早稲田通りを使う方が気に入っている。
途中、信号無視クロス男と抜きつ抜かれるしながら青梅街道に合流。
ここまでとにかく信号峠が厳しく、時間のわりにまったく進めていない。


すき家 練馬関町南店 3:46
190812c.jpg


家を出る前におにぎり一個。途中ウイダーインゼリー一個でここまできたので、がっつり補給。

ここを出る辺りから雨が降っている予報。
うっすら明るくなりかけた空はどんより暗い。しかし、振り返ると雲の隙間から空も見えている。

私の鬼門は5時。どうしても眠くなる。

セブンイレブン 武蔵村山三本榎店 5:11
ホットコーヒー

少し休憩すると眠気もおさまってくる。朝になって明るくなれば頭も冴えてくる。

青梅に差し掛かると路面がぬれてた。
しっかり降ったようだが、どうやら雨雲は行ってしまったらしい。ここを抜けてしまえばもう晴れエリアのはずだ。

山がみえてきた
190812d.jpg


コンビニ皆無地帯に突入するまえに、補給食をゲットしておく。

セブンイレブン 青梅二俣尾店 6:23
アンパン ポカリ

徐々に登り区間に入ってゆく。
トンネルをいくつかくぐって奥多摩へ。

190812e.jpg


山登りの人たちが駅からどこかへ向かって歩いてゆく。
サイダーを飲んでここから日原街道へ。

日原街道は「東京都道204号日原鍾乳洞線」といい、東京都で最北に位置する道路だそうだ。
主に釣りや日原鍾乳洞に向かう人たちが使う道路と思われる。
祭日でもあったので、鍾乳洞へ向かう車が何台かまとまって通り、乗客を満員にした路線バスも登って行った。

190812f.jpg


基本的には景色が開けたりしないので、同じよう風景のなか登ってゆく。
日原街道の入り口から少しはきつい登りがあるけれど、その後は降りもあって尾根伝いを登ってゆく感じか。

190812g.jpg


倉沢橋
190812h.jpg


東京都が管理している橋で一番高いそうだ
190812i.jpg


橋の下をのぞき込んでみたが、緑の葉で覆われ見下ろせなかった
190812j.jpg


日原トンネルをくぐる。
このトンネルが長くて登っているし、車も通るのでかなりきつかった。

そして日原鍾乳洞へ
190812k.jpg


その先まで行くと、日原街道の起点
190812l.jpg


日原街道は通り抜けが出来ず、行きどまりなのでここから折り返す。
なかなか折り返すルートは組まないので、今まで来たことがなかったのだ。

来た道を降る。
途中、コンビニで買ったアンパンを補給しながら奥多摩まで帰ってきた。
ここから、青梅街道を奥多摩湖方面へ進む。
本当は、大ダワにも興味があるのだけど、工事中で通行止めらしいので入り口をスルーした。

しかし、バイクが多い。
自転車もちらほら見かけるが、数は圧倒的にバイクだ。
大麦代園地の駐車場にもバイカーが多くいた。
ここでアイスとポカリを補給。

190812m.jpg


暑いことは暑いが、酷暑には届かない。ギリ自転車日和と言える。
湖畔の景色が涼しさを演出してくれる。

190812n.jpg


国道139号。都民の森方面との分岐からは交通量は減ってくる。

山梨県へIN 9:33
190812o.jpg


青梅街道だけど大菩薩ラインと名を変える
190812p.jpg


道の駅 たばやま
190812q.jpg


コーラを飲んで、ポカリを補充。水分ばかり飲んでいるので、持参した塩をなめる。

ここから柳沢峠までが長い。
すっかり脚が終わってるので、ダラダラと登っていると、イキのいいローディーに抜かされる。
出るのはため息ばかりで、自分の荒い呼吸だけがまとわりつく。

清流沿いなのでさわやかなはずだけど・・・
190812r.jpg


そろそろドリンクがなくなりそうだと思いながら、エッチラ登っていると自販機を発見。
地獄に仏とはこのこと。

コーラを飲んで、スポーツドリンクを補充。
座り込んで休憩していて「はて、この店はなんだ?」と。

ドライブイン ふるさと
190812s.jpg


どうやら食堂らしい。
お客はだれもいないけど、広間でだれか昼寝してる。
お昼に近かったので、ここでランチとしよう。

店に入ってメニューをみると「うどん系」が多い。店の人(昼寝の人)に「冷たい麺はないか?」と尋ねる「もりそば」しかないようだ。
もりそばを注文して、水を飲む。
暇なのでネットでこの店を検索してみると「山女魚」がおいしい店らしい。
単品で「山女魚の塩焼き」があったので追加注文した。

ざるそば
190812t.jpg


山女魚の塩焼き
190812u.jpg


山女魚の塩焼きはうまかった。
ざるそばに関しては聞かないでほしい。

さあ、もうひとふんばりゆきましょうと重いペダルを踏む。
峠はまだか?という思いだけでゆっくりゆっくり登ってゆく。「これなにが楽しい?」とか思ってはいけない。
ゆっくりでも進んでいけば当然ながら峠がやってくる。

柳沢峠 12:36
190812v.jpg


ここから盛大に降り。
いままでのうっ憤を晴らすように降ってゆく。

そして、ここから

190812w.jpg


上日川峠へ。
この県道201号が凶悪な道らしい。

実はもう脚は終わっている。だからこのまま勝沼方面へ降ってしまおうと脳裏をよぎった。
しかし、ここで降ってしまうと宿題を残すことになるし、宿題はいつかやらなきゃいけないし。
そして、この道の先にある温泉に入ってから帰るという計画もある。勝沼まで降ってからまた温泉まで登り返すのは嫌だ。

そんなわけもあって、満身創痍で上日川峠に挑むこととなった。

初っ端からこれ
190812x.jpg


写真ではわかりずらいが、相当な激坂。気持ちが折れる折れる。
なんとかここを乗り切ったものの、10%前後の坂が続き5%でも脚がガクガク状態。


200mごとに峠までの距離看板あり
190812y.jpg


自転車には一台も会わず、ごく稀に車が降りてくる。
それ以外は孤独。

大菩薩ラインのループ橋が見える
190812z.jpg


脚を着き塩を舐め水を飲む。

脚を着き塩を舐め水を飲む。

脚を着き塩を舐め水を飲む。

脚を着き塩を舐め水を飲む。

脚を着き塩を舐め水を飲む。

脚を着き塩を舐め水を飲む。

何度この行為を繰り返したことか。

やっとのことでたどり着いた先には、峠看板がなかった。

190812z2.jpg


かろうじてバス停に「上日川峠」の文字が。
190812z3.jpg


「さあ、終わった終わった、温泉、温泉」とギアをアウターにしてペダルを踏んでゆく。

すると・・・

あれ?まだちょっと登ってる。
登っているといっても3%ほどのユルイ坂。まあ少しくらい我慢してやろうという広い心で走ってゆく。
そして待望の降り区間へ。

しかし・・・

また登り始めた。しかも今度は坂がキツイ。12%とかある。
これには「マジ勘弁」

それでもそこを乗り越えて、本当の降り区間へ突入。
190812z4.jpg


そして温泉へ吸い込まれた
190812z5.jpg


さっぱりして、また降って国道20号へ。

甲斐大和駅から輪行する
190812z6.jpg


パッキングが苦手な私だがなんとか収まった
190812z7.jpg


輪行のお楽しみ、ビールをぐびっとしよう。
と、駅の周りを見渡すと、シャッターの閉まった山崎デイリーしかない。かろうじてあるのは駅の自販機。
力なくコインを自販機に落としてお茶を煽る。

甲斐大和は遠かった。
高崎まではわりと空いていたが、そこから快速東京行きは案外混んでいたので立川から自転車の見張り番で立ちんぼ。
東京から京葉線に乗り換える。東京駅はごった返している。そして京葉線ホームは遥か彼方。ここでモノ申したい。

「東京駅構内に京葉線ホームまでのシャトルバス出してくれ」

重い輪行袋を担いでの移動。
道中、輪行袋の中でガシッという鈍い音がして何か事件が起きた様子。
肩に食い込む紐を押さえつつ、やっとたどり着いた京葉線ホームではもうすでに輪行袋は自立する力を失っていた。
揺れる車中で輪行袋を押さえながら鈍行電車は律儀に各駅に停車。ああ我が家の遠いことよ。

家に帰って、確認すると、また一つ輪行の勲章ができていた。
私は輪行するたびに思い出を刻む。

190812z8.jpg


たぶんカーボンまではいっていないだろう。ジオスのタッチペンで修復しておいた。
190812z9.jpg


もう輪行はしない。。。

190812z10.jpg



ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

2017.06
16
今年は梅雨入りしたかと思えば、雨があまり降りません。
自転車乗りとしては歓迎すべきことなのでしょうが、水不足になってもいけないなあ・・・などと心配もしますが、せっかく晴れた休日なので出かけてきました。

目指すは「風張峠」。
風張峠へのアプローチとしては、奥多摩周遊道路を使うのが普通です。
風張峠は「東京で一番高い道路」ということで自転車で登る人も多く、その道程は10%前後の坂が10kmほど続くのでヒルクライムの名所ともなっています。

私は以前、奥多摩周遊道路で風張峠には行ったことがあります。
なので以前から気になっていた「風張林道」からトライしてみようかと。
風張林道は、北秋川渓谷・桧原村から県道205号を経て風張峠に至る林道です。

地図にも載っていないこの林道は、奥多摩地区の激坂ポイントとして有名で、20%ほどの登りも現れるという怪物です。
風張林道の魅力は、激坂だけではなくピーク近くにみることができる奥多摩の山々を望める絶景スポットがあるということです。
っていうか、私は激坂マニアでも坂ばかでもないので、この絶景を見たいがために今回イヤイヤこの林道を行くことにしたのです。

車載で五日市近くにデポ。

170612c.jpg


6時出発です。
今回の行程は100km程なので、通常なら6時間で消化できる距離です。
しかし、山&山であるので時間が読めません。というわけで6時出発なのであります。

まずは、秋川。釣り人多し。
170612d.jpg


県道33号・桧原街道を行きます。
170612f.jpg


とりあえずコンビニでドリンクと補給食を調達。

セブンイレブン あきる野戸倉店 6:43

つぶあんぱん4P ポカリ おにぎり2ヶ

おにぎりを一つ食べて、ジャージポケットにアンパンとおにぎりを入れて出発。

桧原街道を進みます
170612e.jpg


林間のいい雰囲気。
ちょっと肌寒いですが、それも心地よし。

桧原村役場
170612g.jpg


ここを過ぎると、この交差点を右折して県道205号へ。
170612h.jpg


ここから山道ゾーン。
といっても、アウター・ローで凌げる程度なので気持ちの良いサイクリングです。

170612i.jpg


しかし段々山がちになってきて、インナーにギアを落とすことになってきます。

そして遂に行き止まり看板
170612j.jpg


行くはこの行き止まりの先なのですけど。

山道を進んで行きます。
やたらサルがいます。一匹でいたり、群れでいたり。
こちらに気づくと茂みに逃げたり、壁にしがみついたりして襲ってきたりはしませんが、なんとなく怖いですね。

ちょっと登っていってネットで見ていた登り口へ。

170612k.jpg


ここが噂の風張林道のアプローチだなと、気合を入れて登ります。
いきなりの○坂。

ズンズン登ると斜度は20%に。噂にたがわず厳しいなあなどヒイコラ行くのですが、なんだか様子がおかしいのです。
eTrexをみるとルートから外れています。

んん・・・。これって道間違えてるんじゃないの。

はい、間違えていました。
坂のアプローチがネットで事前調査していた景色と酷似していたので、ここだと思い込んでしまいました。
無駄に20%の坂を登って、消耗してしまいました。。。

ここから、また林間の道をしばらく登って、本物の風張林道の入口にたどり着きました。
170612l.jpg


一呼吸おいて登りは始めます。
グングン斜度は上がってあっという間に15%ほどになります。

しかし、この後edge500の調子が悪く斜度が表示されなくなるというアクシデント。
斜度を測るために持ってきたのに、意味無し。

ハナから「足つき無し」とか思っていないので、景色が開けたところで写真撮影。
170612m.jpg

170612n.jpg


この先辺りから、さらに斜度が上がってたぶん20%の区間がやってきます。
直線で20%が続くところがあって辛いです。
でも激坂によくある路面の悪さがないので、登りやすいです。
20%以上あるような道は、たいがい路面も荒れていてその不安定ゆえにバランスを欠いて登れないというパターンが多いんですね。

20%の激坂を凌げばきのこセンター。

170612o.jpg


ここに自販機があるという話だったのですが、見当たりません。
もうちょっと先にあるのかな?と進んでみましたがすぐに林道の入口についてしまいました。
ボトルの残量が微妙だったので、きのこセンターまで戻って敷地内に入ってみました。

自販機発見
170612q.jpg


ここが最後の水分補給場所なのでチェックしておきましょう。

ボトルも満タンになって、いよいよ風張林道へ。

ここからスタートなのです。
170612p.jpg


看板には「一般の車両の通行はご遠慮ください」とあります。
「通行止め」と断言されていないのですが、ここは自己責任で判断してください。

実はここからの道より、きのこセンターまでの20%の方が厳しいということらしいのです。
でも余裕で15%は越えてきますけど。

これがいわゆる「巻貝」というやつですね
170612r.jpg


たまには緩斜面もあったりして、それほど凶悪という感じでもない林道です。
林間を進むと、絶景ゾーンへ。

東京のマチュピチュ
170612t.jpg

170612s.jpg


ガードレールが無いので、高所恐怖症の人は足が震えるかも。
絶景を眺めながら、おにぎり一個補給。

ここから少し登れば、終点。4.5kmの林道なので激坂だけど激苦しくも無い。
170612u.jpg


鍵がかかって出られないよ~。
でも大丈夫。脇の歩行者用の出入り口から出れます。

170612v.jpg


風張峠
170612w.jpg


ここからウインドブレーカーを着こんで、奥多摩湖方面へ下ります。
奥多摩周遊道路は、オートバイがローリングしていますのでご用心。

深山橋を渡って、国道411号・青梅街道へ。
奥多摩湖湖畔沿いをサイクリング。

170612y.jpg


山梨県に入ると、緩やかだった坂が厳しくなってきます。
170612z.jpg


山の雰囲気満々になってきました。
170612z2.jpg



道の駅たばやまを越えた信号を左折。
県道18号へ。

ここから今川峠へ。
丹波山村役場を過ぎると、20%越えの「ローラー滑り台坂」が現れます。

これがキツイです。
風張林道のきのこセンターの20%より長く直線です。
道路沿いにある店のおばちゃんに「がんばって~」と声援を送られてなんとか登頂しました。

その後は、わりとなだらかな林道を行きます。
170612z3.jpg


最後に小菅村の看板があって10%くらいの登りをやり過ごせば今川峠。

峠を示すものはなし
170612z4.jpg


小菅方面へ下ります。こっちから登った方がきついのかも??

国道139号に入るとまた登って、道の駅・こすげ。
ここで昼食とします。

170612z5.jpg


なんか肌寒かったので、あたたかなうどん
170612z6.jpg


さっきまで雲行きが怪しく、ポツンポツンと雨も落ちてきていましたが、うどんを食べている間に晴れてきて元気を取り戻しました。

ここでハプニング発生。

いざ出発と思って、クリートカバーを外してジャージのポケットにしまおうとしていた刹那、手が滑って落下。

この穴の中に吸い込まれてゆきました
170612z7.jpg


そもそもコントロールには自信が無い私なので、たぶん狙ってもこの穴にINさせることは無理だと思われるのですが、なぜだかスポッと入ってしまいました・・・。

気を取り直して、リスタート。
次に目指すは鶴峠です。

170612z8.jpg


松姫峠は松姫トンネルの開通と伴に、大月側への通り抜けが出来なくなってしまったようです。
峠までは行けるようですが、その先は通行止めだとか。

一瞬、松姫峠を登って折り返してから鶴峠に行こうかと脳裏をよぎりましたが、やめておきました。
この判断が、正しいものだったと後で知ることになります。

県道18号へ左折。
ちょっと急な坂を下って行きます。
これから登るとわかっているので「こんなにくだらないでぇ~」と悲鳴に近い思いでブレーキを握ります。

一旦下りきると、登りが始まります。
鶴峠はまあたいしたこと無いだろうと高を括っていたのですが、どうしてこれが侮れません。
10%以上の激坂区間と緩斜面区間が交互にきて、徐々に緩斜面がなくなてゆくという「箱根旧道」タイプ。

170612z9.jpg


サラ脚ならまだしも、これまでの20%越えの坂をやっつけてきて完全に終わった脚には過酷なクライムです。

鶴峠には「鶴峠」というバス停あり
170612z10.jpg


さあ、ここから一気に降って県道33号、甲武トンネルの登りを越えるだけ。
バビューンと行っちゃいましょう。

というつもりだったのですが・・・。

バビューンといったのはつかの間、アップダウンが始まります。

あれ?
想定外です。

まあ、でも下り基調でしょうとがんばってペダルを踏みます。

が・・・。

登りが始まりますよ。
登りというか、これはあれですね、「峠」ですな。

この名もなき峠には「聞いてないよ~」でした。
地図で見ると、奥多摩周遊道路と山を挟んで反対側に位置しています。
っていうことは、それなりに険しい山ってことですよね。
だれかこの名もなき峠に命名して地図に載せてください。

※あとで調べたらこの峠は「田和峠」という名前だそう。地図には載っていなかったので降りだと勘違いしていました。

県道33号まで楽々降ると思っていたところで、この伏兵にやられて身も心もズタボロ。
県道33号に入ると、さっそく登りが始まります。

登れば降り、降れば登る。平地はないのか!ここは西伊豆か!!

甲武峠も辛いです。
私は以前この峠を登ったことがあるのですが、その時も和田峠を登った後での登坂だったのでかなりきつかった思い出があります。
そもそもこの辺りに来るには、どこに行くにせよ幾つかの峠を越えなければならないので、辛さは2倍3倍ですね。

まえ来た時、ここでへばって休んだな~とか思いながら、ヘロヘロになりながら甲武トンネルへ到着。

170612z11.jpg


もう一つ先の栗坂トンネルから東京都
170612z12.jpg


ここからは、もうほんとに降りだけで桧原街道に入ってデポ地まで戻りました。

本日の走行は108km。

車に自転車を積んで、日帰り温泉へ。
170612z13.jpg


シャワーで水を出して、腿とふくらはぎをアイシング。
ほのかに香る硫黄のお湯に浸かって、疲れをとりました。

100kmほどでありますが、獲得標高は2400m弱。もう登りはお腹一杯です。

170612aa.jpg

ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
2012.07
11
「東京湾一周」というワードは、自転車ブログ的にはおいしそうなネタです。
しかし、実際には市原市の我が家から反時計回りに走るとして、千葉、東京、横浜と交通量が激しい国道を繋いで、ビルの谷間を黙々とペダルを踏むだけの区間が続くだけ。
横須賀から久里浜までも走ったことはあります。フェリーに乗って金谷から富津、我が家までもよく走るコースです。

ということで、実際にはあまり楽しくないのでは?しかもほとんど平地だし距離も200km弱。
なにか新しさがないんだよなあ・・・。

といいつつも、「東京湾一周」というワードだけで、出かけてしまうのは自転車ブロガーの悲しい性ですね。

当日。
午前4時に起きて、卵かけご飯で炭水化物を投入。
午前4時半過ぎに出発。
梅雨の晴れ間で、天候が崩れる心配はありません。

市原市の自宅から反時計回りに東京湾を一周します。
千葉へ向けまだ車の少ない街を漕ぎ出します。

国道16号は車が少ないながらも路肩が狭く、大型トラックも飛ばしてくるので、陸側に並行する県道24号で蘇我まで。

蘇我からは幕張メッセ方面、県道15号で行きます。
追い風が吹いていて、なかなかいいペースです。
稲毛海浜公園辺りからは海が見えてきます。
今日はこの海を囲むように走るわけですが、海を見ながら走る場面は、実は少なかったです。

この頃から、私の下半身後部をノックする気配が・・・。
次のコンビニでピットインすればいいか。

しかしマリンスタジアムが見えたくらいから、ノックの気配が激しくなってきます。
これは緊急事態発生です。
確か、次の信号を曲がったところに公衆トイレがあったはす。
ダンシングでダッシュします。

そしてかの公衆トイレ発見。
ギリギリセーフ!!かと思いきや、シャッターが閉まっていました。

な、なんですと~。

この公衆トイレは時間限定で昼間しか開いていないようです。
もう切羽詰りさらに激しくなるノック。
まさかここできじ撃ちできるはずもありません。
わかんないけど、この先にコンビニあるかもとスパートをかけます。

そして、ついに発見したコンビニ。
やったあ!!間に合いました。
しかし、ちょっと時間ロスしてしまいました。

気を取り直して、コースに復帰。
花輪インターから国道14号に入ります。
国道357号は、自転車では恐ろしくて走れないトラック天国。
国道14号も路肩が狭く走りにくいのですが、こちらの方がまだ安全です。

ここから信号に引っかかりながら、車の脇をすごすごと進んでゆきます。
道が狭いので、乗用車の後ろ角っちょに位置すると、ドラフティング効果でスピードが出ます。
が、車にアシストされてもおもしろくないので、離脱し一人旅を楽しみます。

江戸川・市川橋を越えると、東京都に入ります。
市川橋を越えて信号でとまっていると、脇から クロモリのデローザに乗った人が私の前に出ました。
信号が青になって、後ろにつかせてもらいます。

これがとんだ特急列車。
追い風の影響もありますが、時速40kmくらいで巡航です。
途中、橋に登る坂があって引き離しにかかられたのかダンシングで加速されますが、ここは離されるわけにはいかんと食らいつきます。

そしてまた40kmオーバーで巡航。
再度の引き離しで、デローザさん下ハン握って50kmにまで達していました。
それでもついてゆくと、平井大橋の途中で下に降りていってしまいました。

車にアシストされるのは罪悪感がありますが、自転車だとそうでもないところが不思議です。曳いてい ただいたデローザさんには悪いと思いましたが・・・。
しかし、この方の前に出るほど脚はないし(ついてゆくのがやっと)かといって、同じ方向走っているので・・・。
おかげさまで、稲毛でトイレロスした分を完全に取り戻せました。
ただし心拍も170を越え脚を使ってしまいましたが。

スカイツリー
120709a.jpg

亀戸から新大橋通りに入り、築地まで。
築地で2回目の朝ごはん。

ロングライドのコツとして「前半食べられるうちにガッツリ食べておけ」というのに習い、胃腸が元気なうちにエナジーチャージです。
築地といえば、きつねやさんのホルモン丼なわけです。

120709b.jpg


味のイメージとしてホルモン丼というより、タンシチュー丼と言ったほうがより実像に近いです。
アツアツご飯はデフォで、猫舌の私にはちょいと厳しいですが美味しいさこの上なし。

ハンガーノック対策も万全で、国道15号、第一京浜に進路をとります。
追い風が気持ちよくて、ここでも踏み踏みしてしまい調子こいて走ってていいのか??と自問しながらも高速巡航。

東京タワー
120709c.jpg

多摩川を渡って神奈川県入り。
横浜でちょっと休憩。

120709d.jpg

ここからちょと向かい風を感じたのですが、すぐに追い風に。
国道15号の終点まできて、今度は国道16号に乗り換えます。

あとはまっつぐ国道16号を行けばいいのですが、天性の方向音痴をここで発揮。
気がつけば県道21号へ迷い込んでいました。
なんと国道を見失う失態でございます。

ちょうど止まったところがホテルの前で、そこの警備員さんに国道16号までの道を聞いて戻ることができました。
警備員さんに「16号の分岐ってどこだったんでしょう?」って聞くと、ずーーーっと向こうだよと教えてくれました。

国道16号に復帰して、どんどこ進みます。
横須賀、ヴエルニー公園で小休止。

120709e.jpg


あんまり暑いので、かき氷投入
120709f.jpg

青い海を眺めながらのカキ氷は最高です。

この辺りから海を見ながら走れます。
やはり気分がいいですね。

観音崎を通過
120709g.jpg

浦賀から久里浜へ。
12時前にフェリー乗り場に着いて、12時20分のフェリーに乗れました。

フェリー乗り場で会った自転車乗りさん。
120709h.jpg

自転車で日本一周を果たして、千葉に渡ってサーフィンをしにゆくとか。
荷台を自転車で牽引していて、確かにサーフボードも乗っていました。
これで日本一周したのかあ・・・。

我がピンチェレ号も乗船
120709i.jpg

ここから11.5km、40分の船旅です。
船に弱いので甲板に出ます。

120709k.jpg

暑いので誰もいません。
横浜海軍カレーパンで栄養補給。

120709j.jpg

船が出ると、サイコンも反応。
時速は20kmくらいみたいです。

120709m.jpg

ほけ~っとしていたら、あっという間に金谷に到着。

久里浜から金谷で運んでくれたかなや丸
120709n.jpg

金谷に着くと、もう地元気分です。
日本一周さんは富浦に向かうということで、ここでお別れ。

ここからも海沿いを富津岬めがけて走ります。
上総湊まで、国道127号。
ここから県道256号へ。

THE房総っていう道です。
120709o.jpg

狭い道幅。両脇は田んぼの緑。細かいアップダウン。誰も通らない道。
落ち着きます。
今日は、ずーっと都会の道を走ってきたので、こういう道がとっても落ち着きます。

これまで追い風にまかせてハイペースで走ってきましたが、速く走るのがばかばかしくなって、いきなりポタリングモードです。
佐貫から国道465号。富津岬まで。

これまで追い風だったので、千葉に入ったら向かい風なんだろうと覚悟していたのですが、ここでも追い風でした。
ペダルも軽く富津岬。

120709q.jpg

暑いので塩タブレットと梅干シートの補給は忘れません。

富津岬を過ぎると、進む方角が変わって今度こそ向かい風だろうと。そして富津の工業地帯の長い長い直線を向かい風で走るのはさぞやキツかろうと心して向かうも、またも追い風。
今日は風運最高です。

サクッと木更津まで。
さらりと来てしまいましたが、空にはギラギラ太陽が輝いております。
暑いこと暑いこと。

120709r.jpg

コンビニで最後の補給
120709s.jpg

ハロハロで一息ついて、もうちょっとで我が家。東京湾を一周です。
とここで、右膝上辺りにちょっとした痛み。

実はこの違和感は、今日朝イチで感じていたのです。
自転車に乗ってすぐに「あれ?ちょっとへん?」というくらいのわずかなもので、しばらくすると消えてしまいました。
しかし、たまにこに違和感はあらわれては消えるという感じで続いていたのですが、ここにきて違和感から痛みへと変化してきました。
この辺りで距離は180kmほど走っていたので、このくらいからあちこち弱くなってくるのでしょう。

膝前の痛みということで、たぶんサドルが低いのかもと思い、2mmほどサドルを上げてみました。
まあ、さっきよりはちょっといいかも??といった程度ですが、少しは改善されたようです。

最後の最後まで追い風で、ラクラクライドでした。
本日の走行は、211.45kmでした。うち船が11.5km含まれますので大体200kmですね。

120709deta.jpg

本当に風に恵まれたので、200km走ったといっても実際の疲労度はかなり低いです。
これが逆周りだったらと、想像しただけでも恐ろしいです。

補給は、

 4:00 卵かけご飯 味噌汁 ポカリ600ml
 7:20 ホルモン丼
 7:40 りんごジュース1L
10:40 カキ氷
12:20 カレーパン
14:50 ハロハロ
その他 水500ml ×3本  塩タブレット・梅干シート ×数個

胃腸が元気なうちに食べとく作戦はいいかも。





ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

2011.10
11
いつも平日休みの私ですが、10月10日は祭日で私の休みともぶつかります。
そこで、普段は使えないJR東日本の「ホリデーパス」なる休日限定のフリーパスを使って輪行してみようというわけです。
この「ホリデーパス」は、2,300円でフリーパスエリア内なら乗り降り自由。しかもそのフリーエリアが広いんです。
南は茂原・成田空港。西は平塚・大月・奥多摩。北は熊谷。東京を起点にするとお得感は薄まりますが、千葉県在住の私にしてみれば、大月なんて片道切符代で行けちゃうんです。

私は普段、ほとんど輪行したことがありません。
というのは、朝は始発でもそれなりに電車内は混んでいます。そして目的地に近づく頃にはまさに通勤ラッシュアワー。以前、小田原まで輪行したときには、満員電車の中大きな輪行袋が大迷惑をかけてしまった経験もあります。
そして、帰りは帰りでよっぽど早く帰らない限り、夕方の混雑に巻き込まれます。
そういったことが億劫で、なかなか輪行しようという気にならないのです。

しかし、休日ならば通勤のラッシュというものはないはず。
のんびり車窓の風景を眺めながら、目的地までひとっ飛びしてるというわけです。

目的地は、坂バカの聖地・和田峠。八王子から表和田を攻めてみる計画です。
そして、せっかくここまで来るのだから、奥多摩にも行ってみよう。甲武トンネル経由で風張峠を経て奥多摩湖から青梅で輪行して帰る予定。
そう思って、フリーパスエリアを見ていたら、フリーエリア終着駅に大月があります。・・・ってことは、と地図を眺めていると「松姫峠」という魅惑的なワードが。
松姫峠経由で大月までの距離数と、青梅までの距離数でそんなに差がなかったので、体力次第で決断することにしました。こういうことが出来るのも輪行ならではの強みですね。

当日の朝を迎えます。
朝、4時半に起床。外は真っ暗。
しかし、路面が濡れています。水たまりもあるくらいに。
まさか、雨か?と疑いましたが、すでに雨は上がっているようです。TVの天気予報は「関東地方は雲がかかっていますが、お昼前には晴れてくるでしょう」という中途半端なもの。晴れるの?晴れないの??
でも、雨は降らないようなので、出かけることにします。

始発電車よりすこし早めに駅に着きましたが、すでにホームには乗客がチラホラと並んでいます。
始発電車は、休日も平日もないのでしょうか?
電車が駅に入ってきて、先頭車両の運転席後ろの壁をゲット。
これで千葉駅まで座って行けます。

千葉駅から東京駅までと、東京駅から八王子までも先頭車両確保に成功。

111010a.jpg

東京駅からの中央線快速では、私が自転車を定位置に置いたあと、カップルの自転車乗りさんが、私と同じタイオガ・コクーンの輪行袋で登場。
既に私が場所をとってしまったあとなので、巨大なコクーンを置く場所がありません。こういうのも輪行のリスクですよね。
私が「輪行袋重ねちゃっていいですよ」と声をかけ、置いてもらいました。
このお二人は純粋なポタリニストのようで、服装も普段着で中野で下車されました。

そんなわけで、車内はあまり混むこともなく私が爆睡しているうちに八王子に到着。
中央線に乗ってるうちに、陽がさすくらい天気は回復していて、絶好の自転車日和になっていました。

8時前に八王子に到着
111010b.jpg


自転車を輪行袋から取り出して、まずはコンビニへ。
一人輪行で一番困るのが、トイレです。
誰かと一緒なら、自転車を見ていてもらってトイレにも行けるのですが、一人だと自転車を置き去りにしてトイレにも行けず、鍵をかけて行くのもなんか・・・。
なので、駅に着いたらまずコンビニなのです。

コンビニで飲み物と補給食を買って、おにぎりを頬張り出発。
結局8時半に和田に向け走り出します。

国道20号から県道521号・陣馬街道に入ってゆきます。
まずは街中を行く感じですが、走るうちに徐々に山の雰囲気が濃くなってゆきます。
道沿いに、小川が流れていて水がきれい。

111010d.jpg


和田峠というと、どうしても激坂をイメージしてしまいますが、サイクリングを楽しめる気持ちの良い道だと思いました。
そして、「夕やけけ小やけふれあいの里」で一休み。

111010c.jpg


ここは、童謡「夕焼小焼」の作詞家の出身地ということから出来たそうです。

この先も山あいを登ってゆきますが、まだ激坂の片鱗は伺えません。
いい感じのアップダウンで気持ちよく走れます。

陣馬高原下バス停からいよいよ本格的な上りです。
111010e.jpg


ちょうどバスが着いたばかりなのか、ハイカーが多く歩いています。
誰もいない木立に囲まれた坂を登るよりは、ギャラリーがいたほうが励みになります。
いきなり坂は急になっていて、もうダンシングしちゃってます。

裏和田から登ったローディーが何人か下ってきます。
しかし、表から登ってくる人には会いませんでした。
表和田は道も狭く、急でしかもこの日は路面が濡れていたので、気を付けないとハイカーと事故を起こしそうで危険です。

表和田は前半は若干斜度はゆるめですが、進むごとに激坂度がアップしてゆきます。
ハイカーの姿もまばらになってきて、ひとりゼーゼーハーハー言いながらジワジワと登ってゆくのです。
確かに「なんじゃこりゃ」と叫びたくなる激坂も出現。
事前に第3ヘアピンと第4ヘアピン辺りまでがキツいと調査していたので、ここを抜ければ大丈夫!と信じて亀走行でしのぎます。

超激坂区間を抜けて、エッチラコッチラ走っていたら、木造の建造物が見えてやっとゴール。
表和田峠を制覇しました。
・・・制覇と言っても、私の場合時間は関係なく「足つきなし」を制覇と呼ぶのですが。

お約束の
111010f.jpg


茶屋でしばらく休憩後、さてそろそろ下るかと思っていた時に、悲鳴に近い荒い吐息で猛ダッシュして登ってくるキャノンデールのローディーさん。
タイムトライアルをしているのでしょう。私はこんな坂でそんなことしようとは思いません・・・。

裏和田へ下ります。
裏和田の道から富士山が顔を出していました。写真ではよくわかりませんね。

111010g.jpg


裏和田は表よりも道幅も広くハイカーもいません。
和田峠を登るなら、表より裏からの方が楽しいよというお話もきいたことがあります。
確かに走りやすそうだし、表のような激坂もないですね。

ずーーっと降って、藤野北小学校の先を右方向へ。
ここからまたアップダウン。和田を登った後だけに、このくらいの勾配ではびっくりしません。

途中で分かれ道。
ちょっと迷いますが、ここは道なりでしょうと進みます。
すると、国道20号に出てしまいました。
あれ???ここがどこなんだか、まったくわからなくなります。

ちょうど信号待ちをしていたおじさんに「甲武トンネルはどっちですか?」と聞くと「甲武トンネルってなんだっけ?」と聞き返されてしまします。
まあ、普通トンネルの名前なんか知らないですよね・・・。
「奥多摩に行きたいんですけど」と言うと、右方面だよと教えてくれました。

家に帰ってから調べたところ、さっきの分かれ道が本来進むべき道で、ちょっと遠回りをしてしまいました。
地図を見た自分のイメージでは右折する感じに見えたのですが、実際には本線から外れるような感じの道だったので、これは違うと思い込んでしまったんですね。方向音痴はこれだからいけません。

国道20号を上野原方面へ。県道33号に入って甲武トンネルを目指します。

景色が素晴らしい
111010h.jpg


気持ちの良い道でした。
自転車に乗っていて良かったと思える瞬間です。これも道を間違えたから味わえた??

県道18号と県道522号、県道33号が交わる交差点。本来ここに出るはずだったんですね・・・。
ここを過ぎるとまた登りになってゆきます。

驚くほどの坂ではないのですが、脚が回りません。
速度もノロノロ。実は和田峠で思った以上に疲労していたようです。
ハアハアいいながら、ダンシングでノソノソ上がってゆくのですが、なかなか進まないし、疲労困憊。
見上げる先の坂が三角定規みたいになっているのを目にしたとき、完全に心が折れました。

何もないただの路上に自転車を転ばして、へたりこみます。
朝コンビニで買っておいたシリアルバー・1本満足シリアルホワイトを投入。
これで気持ち的には、多少上がりましたが、脚は相変わらず回りませんでした。
走り出してすぐに甲武トンネル前の見晴台で、そこからトンネルもすぐでした。

甲武トンネル
111010i.jpg


トンネルの中も登りだとばかり思っていたのですが、トンネル手前がピークです。
ここから一気にダウンヒル。

111010j.jpg


一気に下まで降り切ります。
そして、ここからまた登り。県道206号・檜原街道です。
ここからは登りっぱなし。
やっぱり和田で脚が終わっていたので、もう惰性で登るだけです。
もう苦痛以外のなにものでもありませんね。

途中で一人のローディーさんに、音も無く抜かれてゆきました。
その方は下ハンの端を握って、一定のペースで淡々と登ってゆくのです。
こういう人を「速い人」と言うんだろうなあ。
私もその方の走り方を真似て、下ハンを握って漕いでみましたが、確かにケイデンスが上がってスピードが上がりましたが、脚が疲労してやっぱりダンシングでノロノロと。

追い抜かれたローディーさんは、その方一人ですが、反対方面から下ってこられる方は多数いました。
奥多摩から登ってくる方が一般的なんでしょうか?

檜原街道が終わって、奥多摩周遊道路に入ります。

111010k.jpg


ここで小休止。
だってその先に見える道は、こんななんですから・・・
111010l.jpg


それでも、進まなけらば1cmも先には行けません。
まったりのんびり行くしかないのです。

しかし、この登りは長い。
長すぎる。檜原街道に入ってからピークの風張峠まで15kmあります。
とりあえず、途中の都民の森を目指して進むのですが、「都民の森まで○km」の看板距離を見るたび凹みます。

しかしノロノロでもどうやら都民の森に到着して、駐車場のおじさんに導かれるままここで休憩。

111010m.jpg


ソフトを頼みましたが、これはアイスをグルグルしただけでは?
111010n.jpg


ここで休んでいると、ローディーさんがどんどん入ってきますね。やっぱり下る人なのか?それとも登りの人??
休憩したので、重い腰を上げて再び風張峠を目指します。

都民の森を出たあとは、若干坂の傾斜がゆるくなっている気がします。
今までは登る一方だったのですが、アップダウンも。
脚が休めるアップダウンはありがたや~。

そして、やってきました風張峠
111010o.jpg


風張峠の文字はありませんが、どうやらここがピークなようです。
ここからは一気に下りです。
さっき通り過ぎた気温計では15度になっていました。これは登っているときにはちょうどよいのですが、下りとなるとちょっと寒い。
ウインドブレーカーを着込んで、今までのウサを晴らすように高速でダウンヒル。

登りも長かったけど、降りもロングです。
時々、オートバイが抜かしていくので危ないのですが、基本的に交通量は少なめで爽快です。

奥多摩湖が見下ろせます
111010p.jpg


下までやってきました
111010q.jpg


ここから国道139号を左折すれば、松姫峠なのですが「滅相もございません」。
こんなヘロヘロではじめに予定していた青梅までどころか奥多摩から帰ろうかな・・・とか弱気です。

ここからは下り基調でスピードもガンガン出るのですが、案外と交通量が多く、またスピード防止のために路面に凸凹処理がしてあり走りにくいです。しかもトンネルの連続。
トンネルの中は車が怖いので必死で漕いで猛スピードで抜けてゆきます。
なんだかそんなのが、カッタルイしもう疲れたので、とりあえず奥多摩駅まで行って時刻表を確認してみることに。

時刻は2時半だったのですが、次の電車は2時42分。これは無理だな。
その次は3時6分・青梅行き。その次は3時26分・快速東京行き。

快速東京行きに乗りたいけど、ほぼ1時間後です。
これはやっぱり青梅までゆくか?
でもなあ・・・。

と迷った挙句、やっぱり奥多摩から輪行することにしました。

111010r.jpg111010s.jpg


青梅行きの電車に乗るとまた乗換えが面倒なので、ここはやっぱり快速で帰ります。
奥多摩が始発なので、ずいぶん前からホームに電車は待っているので、先頭車両に自転車置き場を確保してのんびりと座席に座って発車を待ちます。
奥多摩駅は山登りの人が多く利用しているようですが、混雑するようなこともなく東京まで行けました。
東京からも、乗り換えをしたくないあまり我が家の駅まで直接乗り入れている直通電車を待ったりして、家にたどり着いたのは7時を過ぎてしまいました。
でも、ウトウトしながら家まで連れていってくれる輪行はやっぱり楽ちんだあ。

本日の走行距離は、89.37km。

自転車日和の中でのポタであったはずなのですが、そんなことよりも目の前の坂ばかりに気が取られるばかりでした。
正直、和田峠よりも、そのあとの甲武トンネル手前の登りや風張峠の方がキツく感じたのは、和田峠で脚が売り切れてしまったからでしょう。
坂もほどほどにしないと、まったく楽しくないただの苦行ポタリングになってしまうことを思い知りました。

本日のコース



ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村