RSS
Admin
Archives

ぐりとぐらの本日も自転車日和なり

素人チャリダー夫婦の自転車生活あっちこっち

プロフィール

ぐりとぐら

Author:ぐりとぐら
自転車ど素人夫婦・ぐり(夫)とぐら(妻)が、07年11月 ジャイアント・エスケープR3を衝動買いしてしまって始まった自転車ライフ。09年1月にはBianchiロード・Via Nirone7 Al/Ca 105 Compactとミニベロ・MiniVelo 7を、そして10年3月GIOS VECCHIO も加わってどこまで行くの?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
2017.10
19
10月といえばサイクルシーズンど真ん中であるはずです。
が、今年は二度目の秋雨前線襲来ということで、連日の雨であります。
しかし、北関東でつかの間の晴れ間があり、そこを見逃さず出走することにします。

コースはいろいろと考えたのですが、先日nobsun3さんが走っていた「利根沼田望郷ライン」と赤城山クライムを織り交ぜたものを計画しました。
天気予報によれば、沼田の天気は午前4時には曇りに、午前10時以降は晴れマークがずらりと並んでいます。
午前6時には昭和村にある道の駅「あぐりーむ昭和」に到着すべく、自転車を車に詰め込んでまだ明けきらぬ雨の中関越へと進んで行きます。

空が白々とあけて、昭和村に着こうかという頃になっても雨は降り止みません。
出発する前にチェックした天気予報もしれっと7時まで雨とかになっているし・・・。

雨の中走るのは嫌なことはもちろん、気温も10度ほどと寒いので雨がやむのを待つしかないのです。
時間潰しといってはなんですが、前から行きたかった榛名神社へ参拝してみようかと思い立ちます。

渋川伊香保ICで高速をおりて、伊香保温泉から榛名湖へむかいます。
なかなか厳しい山道で、自転車でこれを登るのは大変ですね。

榛名湖から望む榛名富士には雲がかかって、雨もシトシト降り止みません。
山を少し降った先に榛名神社があります。

榛名神社
171017c.jpg


山門には拝観時間が7時から17時とあります。
171017d.jpg


拝観時間があるなんて珍しいなと思いながら、川沿いの細い道を歩いてゆきます。
171017e.jpg


確かにここは暗いうちには歩けませんね。

滝や
171017f.jpg


岩に囲まれた独特の雰囲気
171017g.jpg


拝殿
171017h.jpg


御姿岩 ご神体です
171017j.jpg



参拝を終えた頃、雨は止んでいました。
これも神のご加護でしょうか。

榛名富士もくっきり
171017k.jpg


途中の展望台からは、雲海のパノラマが広がっていました
171017l.jpg

171017m.jpg


さて、本来の目的地である昭和村の道の駅に向かいます。

道の駅・あぐりーむ昭和
171017p.jpg


厚い雲が空を覆っていますが、雨は大丈夫そうです。
計画では6時にここを出発して、赤城山を登って反対側に降りてからっ風街道から県道62号で戻り利根沼田望郷ラインに入るはずだったのです。
しかし、このコースは獲得標高が4000mほどのキツイものだったので、もし赤城山頂に着いた時に10時を過ぎていなければ行こうと思っていたところ。
出発が9時半になってしまったからには、赤城山を登るのは無理かな?なんていう気持ちで走り出します。

道の駅の前はすでに望郷ラインなので、それに沿って走り出します。
望郷ラインは案内板が充実していて、曲がり角で迷うことはありません。
これなら地図なしでも迷わず安心して走ることができます。
171017r.jpg


景色が良いはずの望郷ラインですが、こんな有様。
171017q.jpg


ただの畑の中の道。
しかもなんだかスピードがでません。
なんでかと斜度をみてみれば7%ほど。
のんびりした景色だったので、見た感じは平坦に思えるほどでしたが、意外と登っています。

県道251号との交差点で一旦望郷ラインとはお別れして、赤城山へむかうことにしました。
景色が見れない望郷ラインを走ってもおもしろくないからです。
赤城山に行くことによって、時間がロスしてしまったら望郷ラインをショートカットすればいいやとか思いながら。

赤城山に向かうだけあってやっぱり登って行きます
171017s.jpg


この道は「上毛三山パノラマライン」という別名があるのですが、景色は拝めませんでした。

エイコラエイコラ登ってゆくと、ピークに登頂。
ここからグワーっと降ります。せっかく登ったのに降るとはなんとももったいない。
というか、ここ帰りに登り返すのかと思うと憂鬱です。
しかし、帰りはこの道ではなく県道62号を通ることを思い出し安堵します。

県道62号に繋がる道まで降ると、そこからが本格的な赤城山クライムの始まり。
ゲートを通過すると15%くらいの坂がお出迎えです。
だいたい7%から10%くらいの坂が続いて、5%になると平坦か?と感じるほど。たまに15%くらいもきますので結構キツいです。

171017t.jpg


いつのまにかカーブ看板があらわれますが、ピークが何番なのかわからないので、あまり意味が無かったです。

登ってゆくうちに日も差してきて、青空もちらりと。

紅葉をしている木もありますが、まだまだ色づきはじめというところでしょうか。(2017.10.17の状況)
171017u.jpg


沼田市との市境がピーク
171017v.jpg


大沼にゆくには降らなきゃいけません。
登り返すことを考えるとイヤになりますが、ここまできたので行ってみます。

大沼と赤城山神社
171017w.jpg

171017x.jpg


11時半だったのでお昼にしちゃいます。

名物だというお切り込みうどんをいただきます。山価格でちょいとお高め900円。
171017y.jpg


お腹もいっぱいになったので午後の部スタート。
さっき降ってきた道をちょっと登り返して、長い降りに入ります。
路面はウエットだし、濡れた落ち葉がたくさん道路に溜まっているし、九十九折れだしで落車の危険率UPUP。
慎重に山を降ります。

県道251号から県道62号に繋がる道もずっと降って、薗原湖が見えてきます。
171017z.jpg


県道62号に入って、薗原湖方面に行く県道267号は登っているのだけど、ちょっと寄ってみようとまたエッチラ。
でもなんか普通のダムだし、適当なところで引き返すことにしました。

171017z5.jpg


再び県道62号に戻って、望郷ラインに復帰します。
171017z6.jpg


望郷ラインからは、のんびり景色を見ながらポタポタ走ろうと。
天気も回復して、遠くに山々もそびえています。

171017z7.jpg


しかし、ここで誤算に気づくのです。

・・・なんか、登り多くない??

平坦があまりありません。
登っているか降っているか。

「望郷ライン」というほのぼのした名前から、景色の良い田舎道をイメージしていたのですが、坂ばっかりです。
しかも、7,8%はざらで10%もしばしば現れます。
うっかりぐらでも連れてきたら、ブッ飛ばされること間違いなかったです。

それでもよい景色を眺めながら、ノコノコ行きます。
171017z8.jpg


長いのぼりの後、展望台からの眺め。
171017z9.jpg


山の名前に疎いのが残念ですが、きっと名山なのかなあ??

道の駅・川場田園プラザにて
171017z10.jpg


ここでソフトクリームでもと思い立ち寄りましたが、この日はお店がお休みでした。
ここでドリンクの補給をしないと、このあと自販機もないのでご注意を。

風景はのどかです
171017z11.jpg


トンネルを抜けた先に水車
171017z12.jpg


この先の長いトンネルを抜けると一気に降って、望郷ラインもそろそろ終点
171017z13.jpg


関越・月夜野インター辺りから国道291号に入り、沼田まで降り基調。

沼田駅
171017z14.jpg


ここから昭和村まで帰るのですが、最後まで楽させてくれません。
沼田駅前の15%の坂を登ったり、林道のような丘をひと登りしたりしながら、デポ地の道の駅に到着。

171017z15.jpg


本日の走行は93km。

利根沼田望郷ライン、健脚でないと走破は厳しいかと。
当初計画の赤城山を向こう側に降りるルートだと酷いことになっていたでしょう。


171017b.jpg

171017a.jpg


また、今回、簡易フェンダーを試してみました。

マジックワン オリジナルフェンダー
171017z16.jpg

171017z4.jpg

フェンダー上部、半円形のところのくぼみにサドルのレールを挟み込めばしっかり装着できます。
今回のようなウエットの道路においては、一定の効果はあると思います。
雨が降ったときはどうなんでしょうね?
白いジャージなどを着ているときの泥はねはいやなものですから、無いよりはあったほうがいいかな、くらいのものかも。

ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
2017.10
11
体育の日。
自転車仲間を募って、ポタリングしてきました。
本日の目的は、ずばり「御宿の秘境ラーメン」です。

集合を茂原公園8時半としました。
今回は走行距離70kmほどのポタリングです。

私はせっかくのお休みなので、ちょっと早めに出て遠回りして集合場所にむかうこととしました。
6時に出発します。

なんか朝もや?朝霧??がすごいんです。

171009c.jpg


走っているとジャージがしっとり濡れてきて、ちょいと寒いです。
それでもウインドブレーカーを着るほどでもなく、30分もペダルを回していればちょうど良い心地です。

幻想的な養老川
171009d.jpg


牛久から高滝湖へ向かいます。
太陽は出ていますが、霧に阻まれてよわよわしい光を灯している太陽。

高滝湖に到着
171009e.jpg

171009f.jpg


ここから県道168号で国道297号へ出ます。
鶴舞に登り県道171号で蔵持へ。
この辺りから霧が晴れて、すっきりした青空が広がってきました。

国道409号で集合場所の茂原公園へ。
8時半集合でしたが、8時5分前くらいに着いてしまいました。

さすがに一番乗りだろうと思ったら、車載してきたぐらがすでに到着していました。
ほどなくヨタリさんもやってきます。

その後、皆さんぞくぞくと集合。
本日お集りいただいたのは、到着順にヨタリさん、kiroさん、nobsun3さん、ぶっちょさん、ひろさんとぐりとぐらの7名です。

171009i.jpg

171009h.jpg

171009g.jpg


御宿へ向けスタートします。
風もなく青空。絶好のサイクリング日和です。
はじめ茂原の街中を行きますが、祭日なのでそんなに車も走っていなくてよかったです。

今回、7名の編隊となりました。
7名が一列に並んで走行するのは、車の追い抜きなどで危険な場面が出てきます。
ですので、先頭は私が先導し、サブリーダーとしてぐらが列の真ん中に入りスピードをコントロールして列を分断させます。
ぐらの絶妙なスピードコントロール(単純に遅くてちぎれただけ)により、4人チーム、3人チームに分かれて安全に走行することができました。

茂原駅前から南総広域農道に入り、芝原交差点で県道148号睦沢方向に左折します。
睦沢運動公園の先のパン屋さんで休憩。

のはずが、休みでした・・・。
171009j.jpg


のどかな田舎道をポタポタ行きます。
広がる田園風景はこころ癒されます。

岩瀬十字路で県道85号へ。
国道465号に入ってから、午前中しばりのkuroさんが途中離脱します。

またご一緒お願いいたします
171009k.jpg


県道176号に入ってちょっと走ってところで、変わった名前の神社。

尾骨神社
171009l.jpg


ここでぷちっと休憩
171009m.jpg


ぐらえもんポケットからお菓子の配給です。

いすみ地区はのどかな道のオンパレード。
秋の枯れた田んぼ、山の緑、青い空に白い空が浮かんでいます。

御宿町上布施で県道176号へ。
本当はこのまま秘境ラーメン屋方面の県道273号に向かう予定でしたが、思いのほかサブリーダーぐらが、がんばりの走りをみせ時間が余ってしまいました。
そこで予定を変更して海へ。

御宿駅へ
171009n.jpg


月の砂漠公園
171009o.jpg

171009p.jpg


平日しか走らない私には、混雑した御宿の賑わいがちょっと新鮮でした。

さて、秘境ラーメンへ向かいましょう。
海まで下ってきてしまいましたので、ちょいと登ることになります。
県道273号に入って、いすみ方面へ戻るとそこにあるのは「お食事処 順子」です。
まだ閉まっていたので、しばし雑談しながら開店を待ちます。

30分ほどで開店。

171009q.jpg


25食限定か
171009r.jpg


この店の特徴は、なんといってもメニューにあります。
171009s.jpg


実谷とは、このお店の住所ですが、その他のメニューはその味のイメージでしょうか??

他にもあるみたいですが、今はやっていないみたい
171009t.jpg

171009u.jpg


そして実食。

ぐらは、実谷ラーメン(しょうゆラーメン)
171009v.jpg


私は、源氏物語(野菜 塩ラーメン)とミニチャーシューごはん
171009w.jpg


実谷ラーメンは濃い色のスープをしていますが、食べてみればあっさりしていて、大きなチャーシュウがこれまたジューシー。
源氏物語は、ゴロゴロと入った野菜とやさしい塩味がきいて上品。

正直、このラーメン屋さんにはメニューのインパクトだけを面白がってきたところもあったのですが、どうしてどうしてとてもおいしいラーメンをいただきました。
こってり系や豚骨系のラーメン屋が多い昨今ですが、昔ながらのあっさりとした味が楽しめるのは中年男性の疲れた胃袋には貴重な存在です。

ちなみに百姓一揆(みそタンタン麺)を食べたメンバーは、辛い辛いと大汗を流しながら食べていました。
ミニチャーシュごはんは、細かくきったチャーシュウが混ざった炊き込みご飯で、これまためずらしいものですね。

さて、食事を終えてポタ再開。

県道273号から南総広域農道に入って、さっきお昼食べたばかりだけどカフェでお茶します。

ホタルカフェ
171009x.jpg

171009y.jpg


こんな辺鄙な(といっては失礼ですが)場所なのに満員でちょっとばかり店の前で待ちます。
ほどなく席を用意いただいて席に落ち着くことができました。

暑かったので、私はラズベリー&オレンジのソーダ割をいただくことにしました。
171009z.jpg


皆さんはドリンクとタルトも平らげていました
171009z2.jpg


このお店、土日月曜日しかやっていなくて、月曜日休みの私にはありがたいですね。

しばらくまったりして、午後のひと時を過ごします。
そしてまた路上へ。

このまま南総広域農道で茂原まで帰れますが、これだと朝来た道と同じになってしまうので、ちょいと北西方向へスライド。
これがいくつかの丘を越えることになって、ちょっとしたアクセントになりました。言い方を変えれば「無駄に登ったり降ったりした」とも言えますが・・・。

そんなわけで県道27号に入ると、あとはまっすぐ茂原公園まで。

ここで皆さん解散となりました。
これに懲りず、また一緒に走りましょう。

171009z3.jpg


車できたぶっちょさんとぐらと、nobsun3さんとはお別れして家が近い私とヨタリさんひろさんで列車を組んで帰ってきました。

本日の走行は、144km。

171009a.jpg

171009b.jpg


ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村




2017.10
01
Category : 3本ローラー
1709deta1.jpg

1709deta2.jpg

実走は距離は稼げなかったものの、遠征できて充実した内容だったのでよしとしましょう。
ローラーはがんばりました。ローラーが習慣化してきたので、このペースでゆきましょう。

ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


2017.09
28
Category : 動画



ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


2017.09
22
KIKUさんから「富士林道が楽しい」と教えてもらって、いつか行きたいなと思っていました。
行くなら天気が良い日に、富士山をドーンと眺めたいものです。

天気予報が晴れマークで並んだ休日にいざ出撃。
自転車車載した車で向かう高速道路上では、くっきりきれいな富士山が姿をみせていて期待度UPUP。

7時半、デポ地とさせてただいた富士北嶺公園に到着。
170919c.jpg

しかし雲が広がり富士山の姿は拝めませんでした。
ちょっと肌寒さを感じるくらいの気温です。

雲が出ていますが、雨が降るような気配はなく、雲の切れ目から薄日もさしてきます。
これから天候が回復することを祈りつつ出発します。

公園を出て、まずは県道701号へ。
なぜかスピードが出なくて、おかしいなと思い斜度を確認すると5%。
見た感じはほぼ平坦に見えたので、これが富士山マジックでしょうか。
林道までのこの県道が意外にきつかったです。

中の茶屋まできました
170919d.jpg


ガーミンにあらかじめ入れておいたルート(KIKUさんのルートラボデータを拝借)では、ここを直進なのですが・・・。

道がありません。まさかこの砂利道ではないはず。
170919e.jpg


左には舗装された道があります
170919g.jpg


林道 滝沢線
170919f.jpg


選択肢はひとつしかありませんから、ここを登ってゆきます。
ガーミンによれば、この先からも本来の道にゆける脇道があります。

わりときつい坂をひたすら登ります。
ガーミンの地図上では、どんどん正式ルートから外れてゆきます。
やっと正式ルートに至る脇道までやってきました。
しかし、そこは獣道のような林道でした。
170919h.jpg


さすがにここは通れません。一旦、中の茶屋まで戻ります。

もちろん中の茶屋まで戻っても状況は同じ。
もしかしてこの砂利道なのかも?と自転車を押して進んでみます。

すると茶屋があって、なかに人の気配が。
170919i.jpg


ご主人と思われる方がいらして、富士林道のことをきいてみるとこの先を行って右とのこと。
それはガーミンのデータ通りです。

ずっと砂利道ですか?と尋ねると「ここだけちょっとで、あとは舗装」と教えていただきました。
なんとも砂利道の先に舗装路があるとは。

この先に舗装路があるらしい
170919j.jpg


砂利道区間は30mくらいでしょうか。
その先は、確かに舗装路ですがかなり荒れたというかボロボロで苔むしています。
170919k.jpg


それでも自転車に乗ることができるので、ふらつきながらもゆっくり走ってゆきます。
道はどんどん斜度を増してゆきます。
相変わらずの悪路なので、路面を注意深く穴や苔をさけてゆきます。
なにげに10%くらいの坂になっているので、漕ぐだけで必死です。

ふとガーミンに目を落とすと、ルートから外れているではありませんか。
右に曲がるタイミングを逃していました。

ガタガタ道を下ります。
ガーミンを見ながら曲がるポイントまでゆくと、道しるべがあってそこに注目していたので道を見落としてしまったようです。

こんな道なので、なおさら見落としがち
170919l.jpg


ここを曲がると、やっとまともな舗装路が現れました
170919n.jpg


林道 富士線
170919m.jpg


ゆるく登ってゆきます。
しばらく行くとスバルラインと並走。
170919o.jpg


下りながらスバルラインと交差します
170919p.jpg


ここからは富士山の絶景を期待しながら走りますが、雲に覆われてまったくその姿は見えませんでした。
普通に林道をサイクリングしているいつものパターンです。

天気が良ければ、ここから富士山がドーンと見えるのかなあ??
170919q.jpg


だいたい4~7%くらいの坂を登ってゆきます。
ときより路駐している車があったり、むこうからやってくる車と遭遇したりします。

地味にまったり進んでゆくとちらっと山らしきものが
170919r.jpg


これって富士山ですよねえ。

徐々に標高をあげてゆきます。
空が青くなってゆき、日の光が強くなってきます。

はやくも紅葉がはじまっていました
170919s.jpg


ちょっと開けた場所に出たときついに富士山がその姿を現してくれました
170919t.jpg


下界が見渡せる景色を眺めていると、雲が帯のように連なっています。
これがあるために下から見ると富士山がみえないのですね。
その雲の帯をぬけたから富士山が見えてきたというわけです。
170919u.jpg


さらに標高をあげてゆくと、きれいな富士山が拝めました
170919v.jpg


この雲が下界からの富士山を隠していたのですね
170919w.jpg


ところでこの植物
170919z3.jpg


雑草のようにあちこちでみかけましたが「フジアザミ」という富士山周辺で咲く日本固有種だそうです。

先に進みます。

170919x.jpg


ここがピーク
170919y.jpg


標高は1832m(ガーミンによる)
170919z2.jpg


ここから一気に下ります。
下ってゆくとまた雲の中に入ったのか富士山の姿はそのあと見ることはできませんでした。
路面はあまりよろしくなし、グレーチングで自転車が跳ねるので注意が必要です。
狭い林道ですが、自衛隊の幅広トラックが通りますのでやっぱりご用心。

林道の終点
170919z6.jpg

170919z5.jpg


スキー場の入り口?
170919z7.jpg


ここを下って国道139号にでます。
そろそろお昼を食べたいところ。
やぱりここへ来たら吉田うどんがいいなあ。

国道を走っていたらうどん屋さんの看板を発見して左折します。
どんどん下って行って店に着くと「本日定休日」の看板が・・・。

これを登り返すのがいやなので、スマホで検索して別の店に。

小池うどん
170919z8.jpg


定番の肉うどん(大盛)
170919z9.jpg


おいしくいただきました。
吉田うどんはこちらに来た時にしか食べられないので。

ここから御坂峠へ。
河口湖大橋を渡ります。

170919z10.jpg


河口湖
170919z11.jpg


国道137号 御坂みち
170919z12.jpg


国道を走っているとトンネルの手前でなぜかガーミンの地図が細い道へと案内します。
なぜだかわからないけれど(自分でルートを作ったのですが)素直にしたがいますと、河口浅間神社の前を通りました。

せっかくなのでお参りしてゆきます。

河口浅間神社
170919z13.jpg

170919z14.jpg

170919z15.jpg

参拝を済ませて、ふたたびサドルの上へ。

結局、また国道に戻されて新御坂トンネルの手前で旧道に入ります。
170919z16.jpg

斜度は大体5%くらいがずっと続く感じです。
170919z17.jpg


えっほえっほとのんびり登ります
170919z18.jpg


すれ違う人もなく車に2回ほど抜かされただけ。
静かな林道です。

峠には天下茶屋
170919z19.jpg


天下茶屋は、太宰治の「富嶽百景」の舞台になった場所です。

御坂峠からみる富士は美しいと聞いてきたのですが、今回はその姿は見れませんでした
170919z20.jpg


御坂隧道
170919z21.jpg


照明はありますが、暗い隧道を通り抜けます。
峠を下って、再び国道137号にはいります。

ここから長い長い下り坂。
甲府盆地が見下ろせる気持ちが良い道です。
これを登るのはぞっとしますが・・・。

170919z22.jpg

170919z23.jpg


下るにつれて、気温が上がってゆくのが体感できます。

国道20号までずっと下って、甲府方面へハンドルを向けます。
国道20号は、交通量も多く怖いので県道314号で国道411号にスイッチ。

笛吹橋
170919z24.jpg


笛吹川
170919z25.jpg


甲府までやってきました
170919z26.jpg


甲府駅
170919z27.jpg


武田神社へ
170919z28.jpg


ここで車できているぐらと合流。

本日の走行は、93km。

170919a.jpg

170919b.jpg


ところでぐらとは別行動でした。

ぐらはぐらで、

忍野八海へ行ったり
170919z29.jpg


北口本宮富士浅間神社へ行ったり
170919z32.jpg


吉田うどんを食べたり
170919z31.jpg


かき氷を食べたり
170919z30.jpg


満喫したようです。

ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村