FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

ぐりとぐらの本日も自転車日和なり

素人チャリダー夫婦の自転車生活あっちこっち

プロフィール

ぐりとぐら

Author:ぐりとぐら
自転車ど素人夫婦・ぐり(夫)とぐら(妻)が、07年11月 ジャイアント・エスケープR3を衝動買いしてしまって始まった自転車ライフ。09年1月にはBianchiロード・Via Nirone7 Al/Ca 105 Compactとミニベロ・MiniVelo 7を、そして10年3月GIOS VECCHIO 16年8月GIANT TCR ADVANCED PRO TEAM も加わってどこまで行くの?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2020.02
19


200218a.jpg

強烈な向かい風の利根川CRは地獄だったけれど、手賀沼で反転するとそこは天国になった。
天国と地獄は表裏一体。明けない夜はない。やまない雨はない。

いや、行きも帰りも向かい風だったこと、あるなあ・・・。


筑波山越しの利根川CR
200218e.jpg

県道だけど自転車道
200218c.jpg

吉岡茶房さんでランチ
200218d.jpg


ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



2020.02
14


200211a.jpg

いつも走り慣れている房総ですが、走ったことがない道というものはまだまだあります。
そんな未走地帯を繋げて走ってみようということでルートを引いてみました。

地元の山らしい山といえば「大福山」です。
大福山を登るメジャーなルートは4つあります。養老渓谷駅からの林道加茂線。月崎駅方面県道32号からアプローチする林道養老線。亀山湖から林道坂畑線。養老渓谷温泉街からの大福山林道。
この他にも国道465号・蔵玉トンネル手前に入り口がある戸面蔵玉林道や大久保駅方面から入る林道大久保線など支線がいくつかあります。支線は上記4つのいづれかの林道に接続して山頂までゆくことができます。

今回、林道大久保線を登ってみようと考えました。
この林道は10年ほどまえに一度降ろうとして途中未舗装路になっていたので断念したことがあります。あれからずいぶん時間も経っているので舗装されているかもという希望を込めて行ってみたのですが、台風15号の影響で房総の林道は通行止めが頻発していて、林道大久保線も然りでした。

林道大久保線の隣にも林道が伸びています。
この林道は石塚という集落に続く道で、道路わきに通行止め看板が寝ころんでいますが、なんとなく行けそうな気もするので進んでみました。この林道も東日本大震災の際、橋が「崩落の危険がある」ということで通行止めになっていた以来走っていなかったのでずいぶんとご無沙汰しています。

軽トラが一台進める程度の道幅しかないですが、生活道路として機能しているのか荒れた感じはありません。途中、鹿が崖から藪に飛び出してきたり雉がカラスに追いかけられたりするのを横目に見ながら林道養老線と合流しました。この林道は後半にきつきなって最後は短いながらも18%の坂が現れます。

大福山山頂の東屋まで一旦行ったあと、大福山林道で降ります。
大福山林道から途中分岐する林道坂畑線を通って亀山湖へはよく行くのですが、大福山林道を最後まで走ったことはなかったのです。というのも大福山林道は未舗装だからです。
坂畑林道の分岐からどのくらいの区間未舗装なのかわからないですがとにかく行ってみることにしました。
しかし、思っていたよりも長く未舗装路が続きました。未舗装と言っても堅くしまった道というよりは、大き目の石がゴロゴロしているような道で、パンパンに空気を入れた23Cのタイヤでは難儀しました。もうこの道を通ることはないでしょう。
大福山林道は戸面蔵玉林道と接続して、養老渓谷温泉街へと抜けました。

この辺りで補給できる貴重な「太田商店」でヒヤリハット。
補給食を買って代金を払おうとウインドブレーカーの前ポケットから財布を取り出そうとしたとき。このウインドブレーカーのポケットにはファスナーがついていて中のものが飛びださないようになっているのですが、ファスナーが開けっぱしになっていました。あのガレた道を走ってきてよく財布が落ちなかったものだと肝を冷やしました。

上総中野方面へハンドルを切ります。
県道177号と県道178号は並んでいます。ここを連絡している道が2本あっていつか走ってみたいと思っていました。
県道177号を走り、まず一本目は軽トラ1台通れるくらいの細い道。登りが続いてトンネルが現れると宇野辺という集落に出ました。県道178号に出てしばらく進むと2本目。こちらの方が距離が短いです。
県道177号に戻ったところで、筒森林道から興津に抜けようと思ったのですが安定の通行止め。しかし、この道は未舗装で自転車では走れそうもなく荒れているのでもともと通行できなかったですね。
興津から守屋海岸へ。
守屋海岸はすばらしく海の水がきれいです。いつまでもこの場所に座って海を見つめていたいくらいです。

お昼にソーキそばを頂いてから、午後の部スタート。
鵜原理想郷にも行ったことがなかったので、寄り道してみました。
鵜原海岸の先に車は通れない低いトンネルをくぐると理想郷の入口があるのですが、ここは階段状になっていて自転車では行けないのでパスしました。

御宿から山に入ります。
ここも走ったことがないルートで、林道を含む登りばかりの道が続きます。
まだ100km少ししか走っていないけど向かい風もずっと吹いていて、なんだか疲れたのでショートカットします。
国吉経由を予定していましたが、国道297号・大多喜街道に出ることにします。これが楽なのかどうかはいまひとつ微妙ですが、ちょうど近くにあったクインズケーキでシュークリームを補給して喝を入れます。

大多喜街道からはチンタラ走って帰宅。
距離も獲得標高も凡庸ですが、ヘロヘロになったのは心拍管理しなかったからでしょうか??

林道大久保線
200211b.jpg

大福山林道
200211d.jpg

筒森林道
200211e.jpg

守谷海岸
200211f.jpg


だいにんぐ清~さや~ ソーキそば全部乗せ
200211g.jpg

鵜原理想郷へ抜けるトンネル
200211h.jpg


ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


2020.02
13


200210a.jpg

筑波リンリンロードや霞ヶ浦にサイクリングロードを整備している茨城県へ。
霞ヶ浦・道の駅たまつくり辺りにデポしようと思っていましたが、ぐらの脚を考えて涸沼をスタート地点としました。

涸沼はシジミが有名なようで漁をしている船がたくさん出ていました。
湖畔を回って大洗へ。

神が降り立った地といわれる神磯の鳥居は撮影スポットとして賑わっていました。
そしてこの時期、大洗と言えばあんこう鍋ですね。
街からちょっと離れた銀泉さんへ。鍋は一人前から頼めるのですが、このボリュームは二人前と言ってもよいのでは?

湊大橋を渡って那珂湊へ。
生牡蠣一個200円。おいしくいただきました。他にもお土産を買って持参したリュックの中へIN。

県道6号沿いは海が見渡せるビュースポット。
気分上々、ペダルも軽いよ。

ひたちなか海浜公園から水戸へ。
水戸駅でまたお土産を買って、偕楽園、千波湖と回って涸沼まで戻りました。

涸沼では美しい夕日が出迎えてくれました。


大洗マリンタワー
200210b.jpg

神磯の鳥居
200210d.jpg

銀泉 あんこう鍋
200210c.jpg

那珂湊おさかな市場
200210e.jpg

平磯 くじらの大ちゃん
200210f.jpg

ひたちなか海浜公園
200210g.jpg

自転車専用道 走りやすい
200210h.jpg

涸沼の夕暮れ
200210i.jpg


ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

2020.02
12
Category : 自転車雑談
et.jpg

 「エスケープ・トレイン」 熊谷達也 著 読みました。

下手なサイドストーリーもなく、ロードバイクレースを淡々と追った話で楽しく読めました。
お勧めです。

ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
2020.02
01
Category : ローラー
2001deta.jpg

実走は、662km。ブルベなどが効いてます。冬は天気が安定していますので、なにげに走行距離が伸びます。
まあ、今年もぼちぼち行きましょう。

ポタリングブログいっぱいあります
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村